〔新撰字鏡〕

〈尸〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0431 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00444.gif 〈禿字同、他各反、尻太牟良、〉

〔倭名類聚抄〕

〈三/身體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0431 臋〈http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00445.gif 片附〉唐韻云、尻〈苦部反、和名之利(○○)、〉臋也、〈徒渾反、俗云井佐良比(○○○○)、〉坐處也、㞘〈音竺、字亦作http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00445.gif 、辨色立成云、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00445.gif 片之利無多、今按鳥獸之尻也、〉尾孔也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/身體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0431 下總本作古刀反、那波本作苦部反、按苦刀與廣韻合、在平聲六豪溪母、古屬見母、部在上聲四十五厚、作古作部並非、醫心方、肛同訓、〈○中略〉廣韻引説文曰、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00446.gif 也、按http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00446.gif 臀同、亦見廣韻〈○中略〉山田本作音屯、並與廣韻合、谷川氏曰、井佐良比、與膝行爲佐利同語、〈○中略〉廣韻、臋、廣雅云、臀謂之脽、亦謂http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00446.gif 也、説文作http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00447.gif 、髀也、又作http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00446.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00448.gif 、段玉裁曰、髀者股外也、許云、髀者專言股後、按釋名臀殿也、高厚有殿遻也、尻廖也、尻所在廖牢深也、是臀在尻外、尻在臀内、呂氏春秋觀表篇、許鄙相http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00449.gif 、高誘注、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00449.gif 後竅也、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00449.gif 卽俗尻字、漢書東方朔傳、結股脚連脽尻、説文、脽http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00450.gif 也、以股脚脽尻、亦知臀尻二物、説文統言之耳、〈○中略〉廣韻㞘作豚、又載http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00445.gif云、俗、龍龕手鑑、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00445.gifhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00445.gif 也、㞘俗、則知㞘http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00445.gif 皆俗豚字、但豚字亦古所無、玉篇、豚尻也、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00445.gif 俗豚字、王念孫曰、爾雅釋畜、馬白州驠北山經、倫山有獸焉、其州在尾上、郭璞注並云州竅也、廣雅臗、尻州、豚、臀也、豚與州聲相近、又楚語、日月會于龍、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00451.gif 文選東京賦注、引賈逵注云、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00451.gif 龍尾也、玉篇作http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00452.gif 、音丁角切、義與豚相近、按http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00445.gif尾下、竅、則知http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00445.gif 是鳥獸肛門也、轉爲人肛門之稱、故辨色立成訓http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00445.gif、爲之利太无良http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00445.gif 片蓋謂尻旁大肉也、然以http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00445.gif尾下竅、故源 君曰、鳥獸之尻、以示本非人體之字也、那波本之利太无良、作之利無太、按之利太无良與類聚名義抄、伊呂波字類抄、新撰字鏡合、欽明紀尻臀、醫心方尻臀肉、字鏡抄、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00445.gif 字臀字、撮壤集髖字皆訓之利多不良、今俗有毛々太夫良之語、又類聚名義抄膊字、訓之利牟多、撮壤集臂字、訓之利不多、今俗呼之利古夫良或呼之利倍多、蓋之利古夫良、卽之利太无良之譌、之利倍多、卽之利無太之譌也、

〔物類稱呼〕

〈一/人倫〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0432 尻しり 相模の三崎にてでんぼ(○○○)と云、備後にてこつべ(○○○)といふ、伊豫にてつべ(○○)といふ、

〔伊呂波字類抄〕

〈爲/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0432 臋〈井サラヒ、唐作http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00453.gif 、音豚、亦作尻䐵臋宜 @km0000m00454、、〉

〔同〕

〈志/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0432 雎〈尻也〉 㞘〈シリタムラ、鳥獸尻也、亦作http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00445.gif 、〉 臋 居行〈已上同〉

〔增補下學集〕

〈上二/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0432 臋(サラヒ/シリ)

〔下學集〕

〈上/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0432 臗(シリ)、臀、尻、〈三字義同〉

〔身體和名集〕

〈以〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0432 イサライ 〈イシキ〉 臋

〔身體和名集〕

〈遠〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0432 ヲイド(○○○) 尻

〔增補下學集〕

〈上二/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0432 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00445.gif 片(シリブタ) 㞘(シリフタ/ジリボタ)

〔經穴纂要〕

〈五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0432 周身名位骨
尻〈人鏡曰、八髎盡分各處爲尻、金鑑曰、尻骨者、腰骨下、十七椎十八椎十九椎二十椎二十一椎五節之骨也、上四節絞之旁、左右各四孔、骨形凹如瓦、長四五寸許、上寛下窄、末節更小、如人參蘆形、名尾閭、一名骶端、一名橛骨、一名窮骨、肚門後、其骨上外兩旁形如馬蹄、附著兩骨上端、俗骻骨、〉

〔古事記〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0432 食物乞大氣津比賣神、爾大氣都比賣、自鼻口及尻(○)種々味物取出而、種々具作而進時、速須佐之男命、立伺其態、爲穢汚而奉進、乃殺其大宜津比賣神

〔古事記傳〕

〈九〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0432 尻、同書〈○倭名抄〉に尻和名之利とあり、此如く訓べし、〈尻を、古書に、凡て加久禮(カクレ)と訓めるは、之理てふ言を俚しと思ひて、嫌へるものなり、そが皇の大前にして、書紀などを讀奉る時に、忌はしき言、鄙き言などをばえりて、あるは異さまに゜讀直し、あるは漏てよまずなとありし例なり、信にさるときこそ然あるべけれ、本にさへ其訓をつけむことはいかヾなり、之理てふ言も、古はつ丶まであまた言き、尻字は尻久米繩など、其餘もみな之理と云に用ひたれば、異さまの訓あるべからず〉書紀に は、保食神乃廻首嚮國、則自口出飯、又嚮海、則鰭廣鰭狹亦自口出、又嚮山、則毛麁毛柔亦自口出とありて、鼻尻より出ことは見えず、

〔日本書紀〕

〈十九/欽明〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0433 二十三年七月、是月、〈○中略〉同時所虜調吉士伊企儺、爲人勇烈、終不降服、新羅鬪將拔刀欲斬、逼而脱褌、追令尻臋(シリタフラ/○○)日本、大號叫〈叫咷也〉曰【K三日本將齧我臗脽(シリ/○○)卽號叫曰、新羅王啗我臗脽、雖苦逼、尚如前叫、由是見殺、其子舅子亦抱其父而死、伊企儺辭旨難奪皆如此、

〔陰德太平記〕

〈三十八〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0433 富田城下三箇所合戰之事
只今爰へ來リ候へ、手幷ノ程ヲ見スベキゾト訇リケレ共、敵耳ニモ不二聞入、散々ニ射ル、其時木原、生膚ニテ居ケルガ、尻ヲ高ク撅ゲ、尼子ノ臆病者共、是ヲ喰ヘヤトテ、二ツ三ツ扣キテ見セケレバ、敵是ヲ見テ、憎キ族原ガ振舞哉、アレ射殺セトテ、鳥銃一度ニ兩落ト放チ係ケレ共、曾テ一モ不中ケリ、木原汝等ガ鐵炮ハ尻ニサへ不中ト荒言吐テ、此ヲシホニシテ率引ントテゾ、打連テ退ケル、

〔貞丈雜記〕

〈二/人物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0433 一古の中間小者は、きやはんをはき四幅袴を著し、十德又はすあふひたヽれなど、時によりて著しける也、今時の中間小者は、主の供するに、衣服のすそを高く引き上げ、腰にはさみて尻を出し(○○○○)、赤すねなどあらはしきたなげなり、

〔塵塚談〕

〈下〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0433 養生所へ甲戌〈○文化十一年〉十一月十日來病人之事
本郷春木町三丁目嘉右衞門店
安五郎
戊四十一歳
右之者戌七月便毒を煩ひ、平愈の後に陰毛中へ大豆程なる腫物出來、膏藥にて早速に愈たり、其後骨痛を發し養生所へ願出、逗留罷在の所、十一月十五日、湯風呂屋の縁側にて、尻餅をつよくつき(○○○○○○○○)けるが、いさヽかのさヽはりもなく入湯いたし、部屋へ歸りふせりけり、其夜小便に起立しに、頭骨がた〳〵から〳〵みし〳〵と、つよき音いたし、痛强く眩量し、それより起臥出來かね、おき あがると、頭がまへにたれ下るにより、頰杖を兩手につき、頭を抱へ起座す、〈○下略〉

肛門

〔書言字考節用集〕

〈五/肢體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0434 肛門(コウモン)〈大便竅〉

〔和漢三才圖會〕

〈十二/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0434 肛門〈音香〉 魄門
大腸門曰肛門、自唇所一レ入、至尻肛門所一レ出、長六丈四寸四分、大腸小腸共三十二曲行也、形似車肛故名、

〔倭名類聚抄〕

〈三/莖垂〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0434 屎 野王案、糞〈府問反、和名久曾(○○)、〉屎也、説文云、屎〈音矢、字亦作http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00455.gif 今案、俗人呼牛馬犬等糞如弓矢之矢、是http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00455.gif 之訛也、〉大便也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/莖垂〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0434 今本玉篇、方問切、字異音同、〈○中略〉按神代紀訓注、送糞此云倶蘇磨屢、久曾蓋以臭名之、醫心方遺屎訓多禮波利須、遺糞訓之比利久曾、〈○中略〉所引文、〈○屎也〉今本玉篇無載、只云、除也、物汚穢也、按説文、 @km0000m00456棄除也、从廾、推http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00457.gif采也、官溥説似米而非米者矢字、題糞本訓除、曲禮凡爲長者之禮、是也、轉謂糞除之汚穢物糞、再轉謂人大便亦爲糞也、〈○中略〉玉篇、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00455.gif矢同、俗又作屎、按古無http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00455.gif、本作http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00458.gif 、經典多通借弓矢字、左傳文十八年、埋之馬矢中、莊子人間世篇、愛馬者以筐盛矢、史記廉頗傳、頃之三遺矢、説文 @km0000m00456字注、官溥説似米而非米者矢字、皆借矢爲http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00458.gif 、後俗從尸、以別弓矢字耳、是http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00458.gif 正字、矢假借、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00455.gif 俗字也、源君以矢爲譌、反誤、〈○中略〉原書〈○説文〉無屎字、玉篇http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00458.gif 俗作屎、則知屎俗http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00458.gif 字、原書艸部有http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00458.gif、云糞也、則此所引訓語、亦與原書同、疑源君誤引他書也、按屎蓋從尸從http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00458.gifhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00458.gif艸從http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00459.gifhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00459.gif 穀府也、從肉、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00460.gif 象形、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00460.gifhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00461.gif 、所謂似米而非米者、又毛詩唸㕧俗作殿屎、遂混無別、又按説文訓http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00458.gif糞、糞者謂糞除之穢物、其字從艸、可是義、凡糞田多用除之穢物之、故云糞、是知http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00458.gif糞除之穢物、訓爲人大便者轉注也、

〔類聚名義抄〕

〈七/尸〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0434 屎〈許伊反、呻吟反、又式規反、又音矢、クソヤ、和シ、〉http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00462.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00455.gif 〈二正〉http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00463.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00464.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00465.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00466.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00467.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00468.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00455.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00469.gifhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00470.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00471.gifhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00458.gif 説之〉

〔同〕

〈七/米〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0434 糞〈音忿、クソ、亦糞、和フン、〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00472.gif 〈亦〉http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00473.gif 送糞〈クソマル〉

〔伊呂波字類抄〕

〈久/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0434 糞〈クソ〉

〔下學集〕

〈上/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0434 屎(クソ) 矢〈二字同糞也〉

〔身體和名集〕

〈加〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0435 カニグソ(○○○○) 〈カニバヽ(○○○○)〉 胎屎

〔身體和名集〕

〈宇〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0435 ウンコ(○○○) 屎

〔日本書紀〕

〈一/神代〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0435 素戔鳴尊之爲行也甚無狀、〈○中略〉秋則放天班駒、使伏田中、復見天照大神當新嘗時、則陰放http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00455.gif 於新宮(○○○○○)

〔正字通〕

〈三/尸〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0435 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00455.gif 〈同屎、古借矢、〉

〔古事記〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0435 爾速須佐之男命、〈○中略〉亦其於看大嘗之殿、屎麻理(○○○)〈此二字以音〉散、

〔古事記傳〕

〈八〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0435 屎麻理、書紀に、送糞此云倶蘇摩屢とあり、麻理は大小便をすることなり、万葉十六〈十八丁〉に、屎遠麻禮(クソトホクマレ)、竹取物語に、燕の麻理置る舊糞などあり、〈今世に、大小便を取器を、麻留と云るも此言ぞ、〉猶傳五〈五十九葉〉考合べし、散は知良須と訓べし、下なるも同じ、〈阿加都と訓は惡し〉是所爲を中卷神功后段〈大祓詞古語拾遺同〉には屎戸と云り、〈此事は、彼段に委云、〉書紀には、陰放http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00455.gif 於新宮とも、於新宮御席之下陰自送糞云々ともあり、凡て爾閉する時は、萬を愼み齋こと、上に云が如し、新宮とあれば、此料に宮をも新に造たまふことヽ見ゆ、、然處へ如此穢はしき行し給ふは、暴惡給ふことの甚きなり、

〔延喜式〕

〈八/祝詞〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0435 六月晦大祓〈十二月准之〉
天津罪〈止〉畔放、溝埋、樋放、頻蒔、串刺、生剝、逆剝、屎戸(○○)、許々太久〈乃〉罪乎、天津罪〈止〉法別〈氣氐、○下略〉

〔大祓詞後釋〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0435 屎戸(クソへ) 後釋、戸は借字なり、久曾閉と訓べし、閉(へ)は閉理(ヘリ)の理(リ)を省ける言也が、くさまの理は、省く例多し、日並知と申す御名を、ひなめしと申すがごとし、さて屎閉理(クソヘリ)とは、古事記に屎麻理とあると同事にて、屎をするをいふ、和名抄に、痢久曾比理乃夜万比(クソヒリノヤマヒ)、また放屁倍比流(ヘヒル)とある、比理(ヒリ)と閉理(ヘリ)と通音にて同言也、今の俗言にも、小き虫などの、卵を生出して物につけおくを、へりつくるといふも是也、さてこはもと須佐之男命の犯し給へるは、大嘗の殿を穢し給へるによりての罪なれば、此國土にして、人のうへにても穢すまじき所を、此わざをして穢す を、罪とはするなるべし、此戸字を斗(ト)と訓て、古語拾遺をはじめ、みな其意に解るはひがごと也、又考〈○祝詞考〉に、處の意とせられたるもわろし、罪の目に、屎戸屎處などのみいひては聞えぬことなり、天〈ツ〉罪七つを擧げたる六つは、みな放埋蒔刺剝(ハナチウメマキサシハギ)と、其なせるわざの言をあげて罪の名とせれば、これも閉理といふわざの言をいひてこそ、餘の例の如くにはあれ、又屎を久志(クシ)と訓るは、久曾(クソ)といふ言の俚きを避けたるなれど、そは後の事也、古書には久曾と云言多く見えて、嫌ひたることなし、万葉の言にもあり、又師の曾を濁音によまれたるもよしなきこと也、

〔古事記〕

〈中/仲哀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0436 故天皇坐筑紫之訶志比宮、將熊曾國之時、天皇控御琴而、建内宿禰大臣居於沙庭、請神之命、〈○中略〉未幾久而、不御琴之音、卽舉火見者、旣崩訖、爾驚懼而坐殯宮、更取國之大奴佐而、〈奴佐二音以音〉種種求生剝、逆剝、阿離、溝埋、屎戸(○○)、〈○中略〉之罪類、爲國之大祓而、〈○下略〉

〔古事記傳〕

〈三十〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0436 屎戸は久曾幤(クソべ)と訓べし、〈屎をクシと訓るは、くそと云ことを、惡み避たるなれど、後世のことなり、古はさることなし、書紀にも.送糞此云倶蘇摩屢とこそ見えたれ、戸を斗と訓るもわろし、〉此は上卷に、亦其於看大嘗之殿、屎麻理散とある是なり、戸は、〈字は借字〉幤理の理を省けるにて、〈かく活く理を省く例多し、知を斯、渡を和多と云類なり、〉卽麻理散を云、和名抄に、痢久曾比理乃夜万比、〈又放屁、和名倍比流と見え、また嚏(ハナヒル)、これらの比流も本同言なり、又俚言に、屎の滑なるを、毘理屎と云、〉此比理と通ひて同言なり、卽今俗語に、小虫などの卵を生出して、物に著置を、幤理著(ヘリツク)ると云も此なり、

〔日本書紀〕

〈五/崇神〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0436 十年九月壬子、彦國葺、射埴安彦、中胸而殺焉、〈○中略〉其卒怖走、屎漏于褌、乃脱甲而逃之、知免、叩頭曰、我君、故時人、號其脱甲處、曰伽和羅、褌屎處、曰屎褌、今謂樟葉訛也、

〔宇治拾遺物語〕

〈五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0436 これも今はむかし、ある人のもとになま女房のありけるが、人に紙こひて、そこなりけるわかき僧に、かな暦かきてたべといひければ、僧やすき事といひてかきたりけり、はじめつかたはうるはしく、かみほとけによし、かん日くゑ日などかきたりけるが、〈○中略〉またある日、はこ(○○)すべからずとかきたれば、いかにとはおもへども、さこそあらめとて念じて過す程に、なが くゑ日のやうに、はこすべからず〳〵とつヾけかきたれば、二日三日まではねんじゐたるほどに、大かたたゆべきやうもなければ、左右の手にてしりをかヽへて、いかにせん〳〵とよぢりすぢりするほどに、ものもおぼえずしてありけるとか、

〔鋸屑譚〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0437 壒囊抄、輕刑屎を遍身に塗りて、山野に追ひ放つ律あり、蓋、中臣祓屎戸の事に似たり、

〔陰德太平記〕

〈五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0437 大内勢取圍銀山櫻尾兩城附次休藏主事
一休是ヲ見テ、御邊〈○次休〉ハ魚ヲ又本ノ魚ト咸セリ、是劉綱ガ盤中ニ唾シテ、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00474.gif 魚トナシヽ手段ヲ用給、吾ハ又此魚ヲ佛トナシヌベシトテ、裳ヲ高ク掲ゲテ、座上ニ糞ヲシ給テ(○○○○○○○○)、万法ハ歸一、食ハ盡ク歸糞、サレバ三世ノ議佛ハ、屎中ノ蟲ナレバ、這裏ニ秘在セリ、

〔安齋隨筆〕

〈前編九〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0437 一休和尚之歌
世の中はくうてはこして寐ておきてさて其後は死ぬるばかりぞ〈一休物語に見へたり、はこするは、屎ひる事也、はこは糞筥也、しのばこと云也、又これをまるとも云ふ、丸く細長きゆへなるべし、〉

〔倭名類聚抄〕

〈三/莖垂〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0437 屁 四聲字苑云、屁䊧http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00475.gif 、〈匹鼻反、三字通也、楊氏漢語抄云、放屁、和名倍比流(○○○)、〉下部出氣也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/莖垂〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0437 按屁䊧同、見廣韻http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00475.gif屁、見廣韻、皆同字異體、非通用、源君云三字通、非是、按倍、以放屁之音響之、比流與放糞呼久曾比流同、〈○中略〉按類篇引字林云、䊧下出氣也、與此略同、曲直瀨本、下總本http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00476.gifhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00475.gif 、那波本同、與集韻合、按屁䊧並以比費聲、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00476.gif 亦當未爲一レ聲、從示恐非是、

〔類聚名義抄〕

〈七/尸〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0437 屁〈或䊧正、匹鼻反、ヘヒル、ヘ(○)、〉 放屁〈ヘヒル〉

〔伊呂波字類抄〕

〈部/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0437 屁〈へ疪〉 䊧〈ヘヒル〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00475.gif 放屁〈已上同〉

〔增補下學集〕

〈上二/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0437 屁(ヘヒル)〈下部出氣也〉

〔書言字考節用集〕

〈五/肢體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0437 放屁(ヘヒル)〈順和名〉屁(へ)〈字苑、下部出氣也、〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00475.gif (同) 䊧(同) 𥧔(同)

〔貞丈雜記〕

〈十五/言語〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0437 一屁をひると云ふ事を、古代はならす(○○○)といひし也、古今著聞集、宇治拾遺物語など の類、古き物語にならしけりといふ事見えたり、今世女の詞におならをすると云は是れなり、

〔松屋筆記〕

〈九十六〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0438 屁を奈良といふ、オナラ(○○○)、アヤマリ、
今俗放屁をおならといへり、おもじは、女房詞の敬辭なり、奈良は鳴の通音なり、ヒル音によりていへる詞也、舊本今昔廿八の十語に、武員僧ノ御前ニ蹲に、久ク候ケル間ニ、錯(アヤマリ)テ糸高ク鳴シテケリと見ゆ、

〔大鏡〕

〈二/左大臣時平〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0438 此左大臣、〈○時平〉ものヽおかしさぞえねんぜさせたまはざりける、わらひたヽせ給ひぬれば、すこぶる事もみだれけるが、北野、〈○菅原道眞〉によをまつりごたせ給ふあひだ、ひだうなる事おほせられければ、さすがにやむごとなくてせちにし給ふ事をば、いかヾはとおぼして、このおとヾのし給ふことなれば、ふびんなりとなげき給ひけるを、なにがしの史が〈○史が原作する今據一本改〉ことにも侍らず、をのれがかまへにて、かの御事をとヾめ侍らんと申ければ、いとあるまじき事、いかにしてかはなむとの給はさせけるを、だヾ御覽ぜよとて、ざにつきて、ことさびしくさだめのヽしり給ふに、この史、ふむばさみにふみはさみて、いらなくふるまひて、このおとヾにたてまつるとて、いとたかやかにならして侍りける(○○○○○○○○○○○○○)に、おとヾ、ふみもえとらずして、わなヽきて、やがてわらひて、けふはすちなし、右のおとヾ〈○道眞〉にまかせ申とだにいひやり給はざりければ、それにこそすがはらのおとヾの心のまヽにまつりごち給ひけれ、

〔福富草紙〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0438 ふくとみは七條のぼうのとね也、この秀武といふやつのするさうをたヾ殿原めでさせ給うなり、すやつは福富のかたはしをおしへたるをだに、殿原は、めでさせ給なりま、してふくとみははしなれおさめの、てをたてヽひる、つヾけんは、殿原はめでさせたまひなんと申といへば、いそぎて、ましに入ぬれば、めしをまちて、たてる程に、いぬ打のかたにむかひて、秀武がおしへつるやうに、かう〳〵ていはうひち〳〵と三たびねうじたてり、

〔蒹葭堂雜録〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0439 安永三年、東武より曲屁福平といへる者、浪花に上り、道頓堀において、屁の曲撒(きよくひり)を興行し、古今無雙の大當なりし、尤屁の曲といへるは、昔より言傳へし階子屁、長刀屁などいへるものは更なり、三絃、小唄、淨瑠璃にあはせ、面白く屁を放わけたり、實に前代未聞の奇觀なり、委くは風來山人の放屁論に見へたり、是を以て證とすべし、放屁論云、先頃より兩國橋の邊に、放屁男出たりとて、評議とり〴〵町々の風説なり、夫熟惟ば人は小さき天地なれば、天地に雷あり、人に屁あり、陰陽相激する、の聲にして、時に發し時に撒るこそ持まへなれば、いかなれば、彼男むかし言傳へし階子屁、數珠屁は言も更なり、碪、すがヽき、三番叟、三ツ地、七草、祗園囃、犬の吠聲、鷄屁、花火の音は、兩國を欺き、水車の音は淀川に擬す、道成寺菊兒童、端歌、めりやす、伊勢音頭、一中、半中、豐後節、土佐、文彌、半太夫パ外記、河東、大薩摩、義太夫節の長き事でも、忠臣藏、矢ロの渡、のぞみ次第、一段づつ、三絃淨瑠璃に合せ、比類なき名人出たりと聞よりも、見ぬことは咄しにならずと、いざ行て見ばやとて、二三輩打つれて、横山町より兩國橋の廣小路に渡らずして、右へ行ば昔語花咲男とことごとしく幟を立て、僧俗男女押あひへし合ふ中より、先看板を見れば、怪しの男、尻をもつ立たる後に、薄墨に隈どりし彼道成寺三番叟なんど、數多の品を一所によせて畫きたるさま、夢を畫く筆意に似たれば、此沙汰しらぬ田舍者の、もし來かヽりて見ならば、尻から夢を見とや疑はんとつぶやき乍ら、木戸をはいれば、上に紅白の水引ひきわたし、彼放屁男は、囃方と共に小高き處に座す、其爲人中肉にして色白、三日月形の撥鬢奴.縹の單に緋縮緬の繻伴、口上さはやかにして、憎氣なく、囃に合せ、先最初が目出度三番叟屁トツハイヒヨロ〳〵、ヒツ〳〵〳〵〳〵と拍子よく、次が鷄東天紅をブウブツと撒わけ、其あとが水車ブウ〳〵、〳〵と放ながら、己が身を車がへり、さながら車の水勢に迫り汲ては移す風情あり、サア入替り〳〵と打出しの太鼓と、共に立出云々、是は浪華へ上る以前、江戸兩國橋の邊にて興行せし評判なり、右にて其藝品の大概を推て 知べし、尤大入大繁昌にて、諸の芝居を撒潰せしよし、同書に見へたり、放屁論云、〈上略〉加樣の曲庇を放ことを聞ず、又仕掛ならんとの疑ひ、尤に似たれども、竹田の舞台に事かはり、四方四面のやりはなし、しかも不埓の取しまり、何に仕掛の有とも見えず、數万の人の目にさらし、仕掛の見えぬ程なれば、譬仕掛ありとても、眞に放と同前なり、衆人眞に放といはヾ、其糟をくらひ、其泥を濁らして放と思て見がよし、扨つく〳〵と按ずれば、斯世智辛き世中に、人の錢をせしめんと、千變万化に思案して、新しき事を工とも、十が十、餅の形、昨日新しきも今日は古く、固古きは猶古し、此放屁男ばかりは、咄には有といへども、眼前見ことは、我日本神武天皇元年より、此年安永三年に至つて、二千四百三十六年の星霜を經といへども、舊記に見へず、言傳にもなし、我日本のみならず、唐土、朝鮮をはじめ、天竺、阿蘭陀、諸の國々にも有まじ、於戯思ひ付たり、能放たり云々、

蟻門渡

〔書言字考節用集〕

〈五/肢體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0440 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00477.gif (トワタリ) 〈兩股之間〉會陰〈同〉

〔倭訓栞〕

〈前編二/阿〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0440 ありのとわたり 蟻の門渡の義、とわたる舟などいふに同じ.其往來道あるを以ていへり、山家集に、
篠深み切みつぐきを朝立てなびきわづらふ蟻のとわたり、前陰と肛門との間を會陰とす、是をも俗に名を同うす、其一道のすぢあるをもてなり、

〔塵塚物語〕

〈五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0440 赤松律師兵書之事
一手の中と、ありのとわたり(○○○○○○○)とかゆくなりたれば、大事ありと知べし、但し右の手の中かゆくば吉也、

〔經穴纂要〕

〈五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0440 周身名位骨
簒〈金鑑曰、横骨下兩股之前、相合共結之凹也、前後兩陰之間、名下極穴、又屏翳穴會陰穴、卽男女陰氣之所也、人鏡經曰、簒内深處爲下極穴、〉

〔倭名類聚抄〕

〈三/莖垂〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0440 陰 釋名云、〈今案、玉莖玉門等之通稱也、〉蔭也、言其所蔭翳也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/莖垂〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0441 原書無其字、按神代紀、陰訓保止、保是含包之言、卽所謂在陰翳之義、止處也、按説文、陰闇也、水之南山之北也、陽高明也、段玉裁曰、高明闇之反也、不山南曰一レ陽者、陰之解可錯見也、説文又云、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00588.gif 雲覆日也、从雲今聲、又載侌字云、古文或省、

〔日本靈異記〕

〈下〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0441法華經經師爲邪婬以現得惡死報縁第十八〈○中略〉
http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00478.gif 〈シナタリクポ○中略〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00479.gif 〈マラ〉

〔塵袋六〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0441 ホソトハヘソヲ云歟、男ヲホゾツキタルモノト云フハヘソノツキタル歟、然者女ニトテモヘソナカルベキニ非ズ如何、
ヘソヲホソト云ヘドモ、陰ヲモホソト云、陰ニハ三ノヨミアリ、一ニハホド、二ニハホゾ、三ニハクボナリ、ホソツキタルモノトハ、男根ツキタルモノト云フ心ナリ、クボト云フハ女根ノ異名ナルベシ、

〔新猿樂記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0441 本尊聖天、供如驗、持物道祖、祭似應、野干坂伊賀專男祭、叩蚫苦本(アハビクボ)舞、稻荷山阿小町之愛法、鼿http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00480.gif 破前(ウセテカハラハゼヲ)喜、

〔身體和名集〕

〈加〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0441 カクシトコロ 前陰

〔今物語〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0441 念佛者の中に、つちゆいふけつと云僧有けり、〈○中略〉人々女房など見をこせたるに、はだかなる法師の、かくし所も打出して、あなぬるのふろや、たけ〳〵といひてゐたりける、

〔倭名類聚抄〕

〈三/莖垂〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0441 玉莖(○○) 房内經云、玉莖、〈男陰之名也〉楊氏漢語抄云、 @km0000m00477、〈破前、一云麻(麻下一本有前字削)、良今案 @km0000m00477臀骨也音課、可玉莖、之義不見、〉日本靈異記云、紀伊國伊都郡、有一凶人、不三寶、死時蟻著其閇、〈今案、是閇字也、俗云或以此字男陰、以開字女陰、其説未詳、〉

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/莖垂〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0441 房内經無攷、按治玉莖痛方、出千金方、又醫心方所引醫門方、療卒陰卵腫疼痛灸方、亦謂男陰玉莖、〈○中略〉破前、見本朝文粹鐵槌傳、及新猿樂記、古語拾遺男莖形、訓乎波世加多、麻良亦見鐵槌傳、所引玉篇今本同、按訓破前麻良之 @km0000m00477字、疑从尸从裸省聲、皇國諧聲字、然則此 @km0000m00477字當音裸、蓋麻良之省、鐵槌慱、題雁門太守羅泰、卽省麻良羅也.今俗或呼爾、與玉篇 @km0000m00477字音義皆不同也、日本國善惡現報靈異記三卷、蘂師寺僧景戒撰、所引中卷文、原書伊都作伊刀、死時蟻著http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00479.gif 、作卒爾http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00479.gif蟻嚼痛死、郡下人下寶下、並有若干字、此節文、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00479.gif 俗閇字、見龍龕手鑑、下總本、刻版本、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00479.gif閇非、按以開字女陰、見新撰字鏡屎字注、新撰字鏡又云、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00481.gif 山女也、阿介比、卽源君所言蔔子、草生山中、其子熟罅坼、狀似女陰、故謂之山女、或謂http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00481.gif 、蓋皇國會意字、是亦以開爲女陰也、

〔類聚名義抄〕

〈七/門〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0442 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00482.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00479.gif 〈二俗マラ〉

〔伊呂波字類抄〕

〈末/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0442 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00479.gif 〈マラ、 @km0000m00477破前、一云、万良、今 @km0000m00477 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00479.gif 字也〉 @km0000m00477〈髀骨也、亦作髁、〉 届 裸 玉莖〈已上同、男陰也、〉

〔下學集〕

〈上/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0442 陰莖(インキヤウ)〈男前陰〉

〔增補下學集〕

〈上二/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0442 玉莖(タマグキ)

〔書言字考節用集〕

〈五/肢體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0442 男根(ヘノコ)〈男陰、外腎、玉莖、陰莖、並同〉人勢(同)〈本草〉㞗(同)〈字彚、男陰異名、〉屌(同)〈同上〉

〔身體和名集〕

〈邊〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0442 ヘノコ 陰莖〈玉莖〉

〔身體和名集〕

〈知〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0442 チンボ 男根

〔身體和名集〕

〈良〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0442 ラ 男根

〔貞丈雜記〕

〈十五/言語〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0442 一陰莖をまらと云ふは、近世の俗語にはあらず、古代よりの名也、古今著聞集、古事談、宇治拾遺物語等の古き書にまらとあり、源順が和名抄莖垂類の部に、玉莖の二字を出だして、和名をば出ださず、半馬體の條に、陰脉の二字を出して、俗云麻良佐屋(マラサヤ)とあり、然れば順の時代もまらと云ひし也、又今の世は、まらの事をへのこと云ふは非也、和名抄には、陰囊の二字を俗に布久利(フクリ)と記し、陰核の二字をば俗云篇乃古(ヘノコ)と記したり、陰核は今の世に云ふきんたまの中のくりくり也、そのくり〳〵を古はへのこといひし也、然ればまらの事をへのこと云は稱違也、これらの名にも故實あり、何事も古今違の事あり、

〔松屋筆記〕

〈九十四〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0443 犢鼻褌
麻良(マラ)も、破留(ハル)の通音にて、張ふくるヽよしの名にても有べし、

〔松屋筆記〕

〈八十一〉

陽物をしヾといふ
隱莖をしヾといふは、もと縮(シヾミ)たるさまよりいへるにて、關東にては小兒童の陽物にかぎれる詞也、新撰狂歌集〈下卷〉雜部に、敎月僧ある、時、女院の御所御庭せばきとて、此人の地をとり、て、御庭のまへをひろげ給へば、
にようゐんの御まへのひろくなる事はけう月ばうがしヾのいるゆゑ、四至(シヾ)の入に陽物(シヾ)の入をよせたり、

〔倭名類聚抄〕

〈三/莖垂〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0443 陰核(○○) 食療經云、食蓼及生魚、或令陰核疼、〈陰核、俗云篇乃古、〉刑德敎云、丈夫淫亂割其勢、〈勢者則陰核也〉

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/莖垂〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0443 醫心方引養生要集云、食蓼噉生魚、令氣奪、或令陰核疼至一レ死、與此所一レ引文略同、金匱要略、蓼和生魚之、令人奪氣、陰核疼痛、按醫心方陰核陰卵、萬安方卵同訓、按核覆假借字、詳見果蓏具、〈○中略〉刑德放、尚書緯也、今無傳本、撰人卷數並不詳、太平御覽引無亂字、按尚書呂刑、苗民五虐之刑曰、法殺戮無辜、爰始淫、爲劓刵椓黥、正義引鄭玄云、椓謂破陰、又云、蓋謂椓陰若於去勢、又韻會、外腎爲勢、折骨分經、外腎睾九也、菽園雜記、明道雜志、快雪堂集、亦皆以外賢睾丸、是可勢非一レ陰、故源君以勢爲陰核、其説是也、西土後世宮刑、割去陰莖者誤、皇國今俗謂陰莖篇乃古、亦誤、

〔類聚名義抄〕

〈六/阜〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0443 陰核〈ヘノコ〉

〔伊呂波字類抄〕

〈部/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0443 陰核〈へノコ〉 勢〈同屁、ヘノコ、見孝經、〉

〔增補下學集〕

〈上二/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0443 陰核(ヘノコ) 勢〈同上〉

〔書言字考節用集〕

〈五/肢體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0444 睾丸(キンタマ)〈續字彚、陰丸也、〉陰核(同)

〔倭名類聚抄〕

〈三/莖垂〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0444 陰囊(○○) 針灸經云、陰囊〈俗云布久利、其義見病類陰頽下、〉大素經云、天有十日、人手有十指、辰有十二、足有十指莖垂之二、以應之、〈今案莖者玉莖、垂者陰囊也、〉女子有陰、而不二節、故得子也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/莖垂〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0444 按陰囊出千金方及醫心方所引葛氏方醫門方玉房秘決、醫心方同訓、按不倶利之名、見鐵槌傳、宇治拾遺、又按陰頽條不其義、此所謂未詳、〈○中略〉按張介賓類經、莖者宗筋也、垂者睾丸也、與源君所一レ釋合、〈○中略〉按靈樞邪客篇、天有十日、人有手十指、辰有十二位、人有足十指莖垂以應之、女子不二節、以抱人形、其所言略同、

〔類聚名義抄〕

〈六/阜〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0444 陰囊〈フクリ〉

〔伊呂波字類抄〕

〈不/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0444 陰囊〈フクリ〉 囊 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00483.gif @km0000m00477 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00484.gif 莖 垂 屆 脹 腹 痮〈已上同〉

〔增補下學集〕

〈上二/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0444 陰囊(フグリ)

〔松屋筆記〕

〈百〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0444 松ふぐり陰囊(フゲリ)
新撰犬筑波春部に、春風にぶらめき渡る松ふぐり、同冬發句部に、霜風にふるひおとすや松ふぐり、同雜部に、山に千年川に千年、ふぐりまでうしほにうつる峰の松、又まつふぐりとや人はいふらん、住吉の岸によりたる蛸を見て、又ふぐりのあたりよくぞあらはん、むかしより玉みがヽざれば光りなし、又手綱もかヽぬ高砂の浦、しほ風にぶらめきわたる松ふぐり、按に松ふぐりは、松實にて、其形陰囊にも似たれば、いふ歟、和名抄莖垂類部に、針灸經云、陰囊、俗云布久利云々、またはかりの錘有、

〔倭名類聚抄〕

〈三/莖垂〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0444 玉門(○○) 房内經云、玉門、〈女陰名也〉楊氏漠語抄云、屎、〈通鼻、今案俗人或云朱門、竝未詳、〉

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/莖垂〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0444 按謂女陰玉門、見外臺秘要引素女經、及病源候論婦人帶下候、〈○中略〉各本屎作𡱖、按新撰字鏡云、𡱖音朱、久保、久保亦女陰之名、見日本靈異記訓釋、則屎爲𡱖字之譌疑、今 改、又按𡱖蓋從尸從朱門之朱、皇國會意字、恐非漢語也、朱門見鐵槌傳、按義楚六帖引廣弘明集道士張陵云、男女行朱門玉柱、然則朱門亦非國俗之語、但今本廣弘明集、不引文

〔伊呂波字類抄〕

〈都/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0445 陰〈ツヒ、玉莖、玉門等之通稱〉 屎 開 玉門 朱門 玉泉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00478.gif 〈已上同〉

〔同〕

〈久/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0445 陰〈クホ、クラ、催馬樂是也、〉髀子 朱門

〔下學集〕

〈上/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0445 玉門(キヨクモン)〈女前陰也〉

〔撮壤集〕

〈下/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0445 玉門〈女陰〉

〔書言字考節用集〕

〈五/肢體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0445 女陰(へヽ)〈女根、陰戸、朱門、並同、〉玉門(同)〈順和名、女陰名、〉http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00503.gif (同)〈字彚、女人陰戸、〉也(同)〈韻會、女陰、〉

〔身體和名集〕

〈保〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0445 ボヾ 〈ホド〉 女陰

〔身體和名集〕

〈鬥〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0445 ツビ 〈ツボ〉 女陰

〔身體和名集〕

〈邊〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0445 べヾ 陰門

〔催馬樂〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0445 律 隱名〈一段、拍子十、近來不之〉
くぼのなをば、なにとかいふ、くぼのなをば、なにとかいふ、つびたり、けふくなう、たもろ、ひのなかの、ひつきめな、けふくなう、たもろ、

〔催馬樂譜入文〕

〈中〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0445 抄曰、くをは、くぼとも云、奥深く隱れたる所を云、おちくぼ、谷くぼなど云が如し、下の詞ども未審、尋ぬべし、考曰、此うた、とくべきよしなし、

〔物類稱呼〕

〈一/人倫〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0445 陰へへ〈つび〉 奥羽及越路、又尾張邊にてべヾといふ、〈關西關東ともに、ベゞといふは、小兒の衣服の事なリ、〉上總下總にてそヽといふ、此外男女の陰名、國々異名多し、略す、〈江戸にて物のそゝけたつなどいふ詞有、和泉及遠江邊にては、ぽゞけたつと云、江戸にてはさいはれぬ詞なり、〉

〔松屋筆記〕

〈九十四〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0445 女陰を豆といふ事
室町日記十九〈三丁ウ〉德永法印吐之事條に、西行の歌見ゆ、豆ドロボウなどもいふめり、

〔倭名類聚抄〕

〈三/莖垂〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0446 吉舌(○○) 楊氏漢語抄云、吉舌、〈和名比奈佐岐〉

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/莖垂〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0446 吉舌無聞、按素問骨空論、督脈者、起於少腹以下骨中央、女子入繋廷孔其孔溺孔之端也、王冰曰、繫廷孔者、謂窈漏近、所謂前陰穴也、以其陰廷繫屬於中、故名之、又曰、孔則窈漏也、窈漏之中、其上有溺孔焉、端謂陰廷、在此溺孔之上端也、則繫廷陰廷、可訓比奈佐岐、廷挺也、謂陰中挺出也、今俗呼佐禰、又按烏帽子前邊窈http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00485.gif 之處謂之眉、其中央尖高處、呼爲比奈佐岐、與此形狀相似、而同其名也、又按淸劉奎説疫、雜疫鴉子掙條云、男挑龜頭、女挑鷄冠、出血卽愈、自注難冠陰戸之心、是亦陰廷之今名耳、

〔撮壤集〕

〈下/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0446 吉舌(ヒナサキ)

〔增補下學集〕

〈上二/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0446 吉舌(ヒナサキ)

〔身體和名集〕

〈左〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0446 サネ〈シヤネ〉 陰舌

〔經穴纂要〕

〈五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0446 周身名位骨
廷孔〈類經曰、女人溺孔在前陰中横骨之下、男子溺孔亦横骨之下中央、爲宗筋所一レ函不見耳、馬註曰、廷孔也、其孔卽溺孔之端、蓋窈漏之中有溺孔、其端正在陰廷、乃溺孔之端也、〉

〔倭名類聚抄〕

〈三/莖垂〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0446 精液(○○) 房内經云、交接之時、精液流漾、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/莖垂〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0446 按童子敎云、赤肉者母淫、白骨者父淫、卽謂淸液淫也、今昔物語亦同、

〔類聚名義抄〕

〈七/米〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0446 精液〈俗云淫〉

〔倭名類聚抄〕

〈三/莖垂〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0446 月水(○○) 針灸經云、月水不通則灸氣穴、〈月水、俗云佐波利、〉

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/莖垂〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0446 鍼灸甲乙經云、月水不通云々、氣穴主之、與此所一レ引略同、素問上古天眞論、二七而天癸至、任脈通、太衝脈盛、月事以時下、故有子、李時珍曰、女子陰類也、上應太陰下應海潮、月有盈虧、潮有朝夕、月事一月一行、與之相符、故謂之月水、風雅集和泉式部歌、謂之月乃佐波利、空物語俊蔭卷、謂之計賀禮、醫心方月經衣訓計加禮乃毛乃、本居氏曰、云障云穢、皆謂月水出之時、非指云 月水、月水宜佐波利乃知、或佐波利乃毛乃

〔書言字考節用集〕

〈五/肢體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0447 月水(ツキノサハリ) 天癸(同)〈時珍云、女子二七天癸至、七七天癸絶、〉

〔身體和名集〕

〈鬥〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0447 ツキノサハリ 〈ツキヤク ツキノミヅ〉 月水

〔段注説文解字〕

〈十二下/女〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0447 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00580.gif 婦人汚也、〈謂月事及免身及傷孕是也、○中略〉从女半聲、〈博幔切、廣韵又音判、十四部、〉漢律曰、見姅變祠、

〔古事記〕

〈中/景行〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0447 倭建命〈○中略〉還來尾張國、入坐先日所期美夜受比賣之許、於是、獻大御食之時〈○中略〉爾美夜受比賣其於意須比之襴〈意須比三字以音〉著月經、故見其月經、御歌曰、〈○中略〉那賀祁勢流(ナガケセル)、意須比能須蘇爾(オスヒノスソニ)、都紀多知邇祁理(ツキタチニケリ)、爾美夜受比賣答御歌曰、多迦比迦流(タカヒカル)、比能美古(ヒノミコ)、夜須美斯志(ヤスミシヽ)、和賀意富岐美(ワガオホキミ)、阿良多麻能(アラタマノ)、登斯賀岐布禮婆(トシガキフレバ)、阿良多麻能(アラタマノ)、都岐波岐閉由久(ツキハキヘユク)、宇倍那宇倍那(ウベナウベナ)、岐美麻知賀多爾(キミマチガタニ)、和賀祁勢流(ワガケセル)、意須比能須蘇爾(オスヒノスソニ)、都紀多多那牟余(ツキタタナムヨ)、〈○下略〉

〔古事記傳〕

〈二十八〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0447 月經は、〈婦人の月水を、月經とも經水ともいへり、〉如何に訓べきにか、和名抄に、月水俗云佐波利、うつぼ物語〈俊蔭の卷〉に、何時よりか御けがれはやみ賜ひし云々、〈妊める月數を問たるにて、月水は何の月より止しそといへるなり、〉風雅集〈神祇〉に、もとよりも麈に交はる神なれば月の障も何か苦しき、此は和泉式部熊野へ詣たりけるに、障にて奉幤かなはざりけるに、晴やらぬ身の浮雲の棚引て月のさはりとなるぞ悲しき、とよみて寐たりける夜の夢に、告させ賜ひけりとなむなどあれど、障と云も穢と云も、月水の出ることを云る稱にして、正しく其物を指て云るには非ず、されば佐波理著(サハリツキ)たりなど云むは、いかにぞや聞ゆ、故今は姑く佐波理能母能(サハリノモノ)と訓つ、〈又は佐波理能知とも訓むべし、知は血なり、延佳も師(加茂眞淵)も、御歌に依て、ツキと訓れたれど、其は非ぬことなり、其由は御歌の處に云ふべし、○中略〉一首の凡ての意は、吾大君よ、先に契りおき賜ひしより、年の經ぬれば、其ほどに月次は多く經ぬれば、君を待かね奉て、月の立て見え侍らむは、まことに然あるべきことなり、理なることよと云るなり、月のかはれば天なる月も立て見え初る物な ればなり、〈王の御歌に、月立にけりとあるは.たゞ天に月の見ゆる意のみなるを、此歌にては其を月次のかはりて、初て月の見えそめたるに取なしたるにて、朔てふ名の意なり、〉さて此歌に依て思へば、此月經は初めて見えたる遍にやありけむ、されば初事にて習ざる故に、心せずて意須比にも著て、人の御目にもかヽりけるにやあらむ、〈されどかくまで推度らむは、あまり精きに過て、いかがにもやあらむ、〉

〔輟畊録〕

〈十四〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0448 上頭入月
今世女子之笄曰上頭、而倡家處女初得寢於人亦曰上頭、花蕋夫人宮詞、年初十五最風流、新賜雲鬟使上頭、又天癸曰月事、黄帝内經、女子二七而天癸至、月事以時下、又曰、女子不月、史記濟北王侍者韓女病、月事不下、診其腎脈、嗇而不屬、故曰月不下、又程姫有避不進、注天子諸侯群妾以次進御、有月事者止不御、更不口説、故以丹注面目、的々爲識、令女史見一レ之、王察神女賦、施玄的々、卽上所云也、然入月二字尤新、王建宮詞、密奏君王知月、喚人相伴洗裾裾

〔台記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0448 久安三年八月十七日戊申、今日有月事之女在局、又不女、自余同昨日

〔永正記〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0448 一婦人月水七个日
但血氣未止者、不七日、血氣止經二个日之後、三个日之精進終、而免參宮也、〈血氣之落付物等掃除事、下卷載之、次合宮衣裳、同火日限、燧火等事、左載之、〉
月水精進事、譬者一日成月水女姓、迄五日血氣、六日血氣止之間、八日過之後、十一日免參宮也、但十日迄宿館參、無苦見歟、〈宮中維南維北、可思慮也、〉
浴鹽之條無定法、宜于意哉、洗髮事者勿論也、相構過時毎日可火、也、齋内親王御月水事、見本文矣、
次成月水女姓、縡一兩日之後、雖血氣止、於七个日者忌之也、
次七个日以後過明、又七个日之内、只一度有血氣又出、是者經中二个日過明也、是雖指所見、近 代如此忌來也、血氣及度々者非此限、又可七个日也、但依老病血臨時流出者、不月水、但穢惡物者、鬼神所惡也、縱雖月水、血氣非淸淨物、當神事者、隨時可斟酌也、次月水過夜、引繩出別屋、翌日入家中也、若無便宜別屋者、八日以後過女性宿廂間之條、强非制法、是者家主女姓事也、於從女者非此限、雖人、從女者動依不信事也、過于七个日女、次日計同火忌之、地體從女者、過明之後、隔中一日也、

〔和漢三才圖會〕

〈十二/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0449 月水(つきのさばり) 天癸 月經 經水 月事 月信 和名佐波利
時珍曰、女子以血爲主、其血上應太陰、下應海潮、月有盈虧、潮有朝夕、月事一月一行、故謂月水、或先或後或塞、其血病也、復有常者、只吐血衂血、或眼耳出血者、是謂逆行、 有三月一行者、謂之居經、 有一年一行者、謂之避年、 有一生不行而爲胎者、謂之暗經、 有受胎之後月月行經而産子者、謂之盛經、〈又名垢胎〉 有受胎數月血忽大下、胎不隕者、謂之漏胎、〈此等雖氣血有餘不足、而亦異于常矣、〉
女子二七天癸至、七七天癸絶、其常也、有女年十二十三而産子、亦五十六十而産一レ子、此又異常之尤者也、
凡女人入月、惡液腥穢、故君子遠之、爲其不潔、能損陽生病也、持戒修錬性命者、皆避忌之、博物志云、扶南國有奇術、能令力斫不一レ入、惟以月水刀便死、此是穢液壞人神氣、故合藥忌之、此説爲據、
婦不一レ妒法 取婦人月水布、裹蝦䗫、于廁前一尺地五寸埋之、
按、伊勢加茂等大社地女、及大内宮女皆臨經行時、蟄居別室七日、謂之待屋(タイノヤ)、〈俗云太夜〉

〔皇大神宮儀式帳〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0449 種々〈乃〉事忌定給〈支○中略〉血〈乎〉阿世〈止〉云、〈○中略〉如是一切物名忌道定給〈支〉、

〔大神宮儀式解〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0449 血〈乎〉阿世〈止〉云は、知〈乎〉阿世〈登伊比〉とよむべし、〈○中略〉雜事記、永承元年云云、齋王俄御汗御座云云、直御汗殿(ミアセドノニ)、御輿可奉仕之由云云とあり、是月事を汗といへり、

〔皇都午睡〕

〈三編上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0449 上方にて買(かう)て來るを、江戸にては買(かつ)て來る、〈○中略〉月役を猿猴坊、

〔塵塚談〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0450 月役は田舍にて婦女の經行之節は、別居して、其節の仕業に、屋根へつかふわり木を拵へしものゆへ、月役と號しとなり、

尿

〔倭名類聚抄〕

〈三/莖垂〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0450 尿 説文云尿、〈奴弔反、和名由波利(○○○)、〉小便也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/莖垂〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0450 下總本注末有日本紀私記作http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00486.gif 和溲九字、按http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00486.gif神代紀上、和溲字恐有誤、醫心方溺溲並同訓、按神代紀訓注、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00486.gif 此云愈磨理、今俗牛馬尿呼波利、蓋由波利之上略也、神代紀、送糞訓倶蘇磨屢、謂放爲磨屢、然則由波利、湯磨理之義.〈○中略〉原書尾部作㞙、按玉篇云、今作尿、原書小便上有人字

〔類聚名義抄〕

〈七/尸〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0450 尿〈奴弔反、ユハリ、又音雖、和子ウ、〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00487.gif 〈二正、溺或http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00488.gif 非、〉http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00489.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00490.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00491.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00492.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00493.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00494.gif 〈六俗〉

〔伊呂波字類抄〕

〈由/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0450 尿〈ユハリ小便、〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00486.gifhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00495.gifhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00495.gifhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00495.gif 少便也、亦謂之前http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00495.gif 、〉溺定〈已上同〉

〔倭訓栞〕

〈前編十一/志〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0450 しと(○○) 紫式部日記、淸少納言に、小兒の小便をいへり、今しヽ(○○)といふ是也、しとる義なるべし、細流にしと筒見えたり、

〔日本書紀〕

〈一/神代〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0450 一書曰、伊弉冊尊且火神軻遇突智之時、悶熱懊惱因爲吐、此化爲神、名曰金山彦、次小便(ユマリ)化爲神、名曰罔象女、次大便(クソマリ)化爲神、名曰埴山媛

〔日本書紀〕

〈一/神代〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0450 一云、伊弉諾尊乃向大樹http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00486.gif (ユマリシ玉フ)、此卽化成巨川、泉津日狹女將其水之間、伊弉諾尊已至泉津平坂

〔常陸風土記〕

〈那賀郡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0450 平津驛家、西一二里有岡、名曰大櫛、上古有人、體極長大、身居丘壟之上、採蜃食之、其所食貝、積聚成岡、時人取大朽之義、今謂大櫛之岡、其大人踐跡、長卌餘歩、廣廿餘歩尿、穴趾(イハリノアト)、可廿餘歩許

〔續日本紀〕

〈一/文武 〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0450 四年三月己未、道照和尚物化、天皇甚悼惜之、遣使卽弔賻之、和徇河内國丹比郡人也、俗姓船連、父惠釋少錦下、和尚戒行不缺、尤尚忍行、嘗弟子欲其性、竊穿便器、漏汙被褥、和尚乃微笑 曰、放蕩小子、汙人之床、竟無復一言焉、

〔看聞日記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0451 應永廿三年七月廿六日、抑傳説記録雖比興、風聞巷説記之、〈○中略〉又去五月之頃、河原院聖天へ女房一人參詣シケリ、七日ニ滿シケル日、御前ニ所作シテ居タリケルガ、ツイ立テ出ケリ、良久見ヘザリケレバ、寺僧アヤシミテ見ケルニ、藪ニ向テ小便(○○)ヲシケルガ、ヨリスヂル風情ヲシケレバ、アヤシクテ暫見ケルニ、此女タヾナラズ、惱亂シケレバ、人々ニツゲテ寄テ見タリケルニ、大ナル蛇、小便ノ穴へ入テケリ、法師ドモ寄合テ女ヲアヲノケテ、蛇ノ尾ヲ取テ引ケレドモ出ズ、四五人力ヲ出シテ引ケル時、蛇ノスキサシノ邊ヨリ切テ、頭ノ方ハ腹へ入ヌ、女房ハ死セルガ如クニ成タリケリ、イヅクノ人ゾト問ケレバ、息ノ下ニシカ〴〵ノ所ト云ケレバ、人ヲツカハシテ告ケリ、輿中間ナドアマタ來テ、女房ヲ取テ歸ケリ、ヤガテ死タリトキコユ、容顏モヨニ尋常ナル女ニテゾ有ケル、何事ヲ祈請申ケルヤラン、聖天ノ罰カトゾ沙汰シケル、カヽル不思儀ドモ滿耳、

〔松屋筆記〕

〈七十一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0451 小兒の尿(エバリ)するをしう(○○)をすると云詞
小兒に小便せさするに、シイヲセヨといひ、シユウトヘヨウグルなど云俗語あり俊賴散木集十の卷、隱題歌に、拾遺抄、
しとねにはしふゐせうとぞおもひつるしたりがほにもつもる花かな、此歌は下根を通はしてしとねといひ、それに尿音(シトネ)をよせ、しふゐせうに、尿(シト)せんといふよしをよせ、したり顏に、尿(シト)をしたりがほとよせたるなり、尿をしふゐといへるは、その尿するおとのシユウといへばなり、然てシイヲスルなどいふもこれ也、シトといふも、尿(イバリ)をしとヽ垂出(タレイダ)す音よりいへる名也、古くはシトといひ、さて轉りては、シフイともきヽ、シイともきくは、その垂出す音によれるなり、花木の下根に立よりて、尿をせんとおもひつるに、はやくもしたり顏に花がちりつもりたるよしの歌なり、

〔塵塚談〕

〈下〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0451 小便は世人は勿論、醫者も湯茶の飮水下るものと思ふがおほし、左にはあらず、尤湯茶 の飮水より起るといへど、湯茶のみにてはなし、穀肉の食物が小便となる物也、予〈○小川顯道〉五十二歳の時、養生所へ本郷五町目より四十三歳の女來り、我等治療す、此もの病といふは.煎藥は勿論、湯茶一滴もすヽる時は卽ち吐し、飮水少しも口中へ入る事あたはず、飯を喰ふに、箸を汁へひたし、飯へふりかけ喰ふ、外に疾病なし、此一事のみにして、小便の通じ壯歳の婦女のごとし、たヾ遠きのみ也、予いろ〳〵と考へ、蘂を用ひけれど治せずして歸りたり、或は寢小便する若輩ものを見るに、大食なるものにて、飮水はすこしなり、馬を豆葉枯草糠大豆のみをはませ、飮水はあるかなきかにして、小便は夥しく通ず、鼠なども右のごとし、又石蘂鹿角の類のうるほひのなきものよりも、脂をとれば出るなり、是等を以て、小便の飮水のみにあらざるを推て知るべし、世人の小便は、飮水のなる物と思ふもむべ也、香月先生云、小便は、湯茶の飮水より小便となると説り、名ゐる良醫なれど、穀肉より小便の生ずる事に心付給はず、知る者の一失ともいふべし、

〔類聚名義抄〕

〈九/支〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0452 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00496.gifhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00497.gif 〈俗今正、章移反、エタ(○○)、〉

〔伊呂波字類抄〕

〈江/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0452 肢〈エタ亦作税日肢、〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00498.gif 〈エタ〉

〔令義解〕

〈二/戸〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0452 凡〈○中略〉一支癈、如此之類、皆爲癈疾

〔標注令義解校本〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0452 一支廢、手足を合せて四支(○○)といふ、こヽは手足のうち一つ折て用られぬをいふ、

〔日本書紀〕

〈十四/雄略〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0452 二年七月、百濟池津媛違天皇將一レ幸、淫於石河楯、天皇大怒、詔大伴室屋大連來目部張夫婦四支於木、置暇庪上、以火燒死、

〔古事記〕

〈中/景行〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0452 爾天皇問賜小碓命、〈○中略〉答白、朝署入厠之時、〈○大碓〉持捕搤批而、引闕其枝(ソノエダテヒキカケテ)薦投棄、

〔古事記傳〕

〈二十七〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0452 枝(エダ)は手足を云、書紀雄略卷に、張夫婦四支於木、置假庪上火燒死〈三代實鎌卅に、美作守四支王と云人見えたり、異なる名なり、若は誤字にや、印本には、王字を脱せり、古本にあり、〉とある支と同じ、和名抄形體部に、野王按肢四體也、 和名衣太(エダ)とあり、手足は樹枝と同じさまなる物なる故に、共に延陀(エダ)と云なり、〈樹の枝を本にて、其に准へて云には非ず、此も彼も本よりの名なり、さて此の枝字を、延佳は可肢乎と云れども、延陀と云名同じければ通はして枝とも書るは、古の常なり、漢籍にすら、孟子に、爲長者枝と云るを、趙氏注、には、折枝按摩手節也と云ひ、後漢書王襲傳注にも、劉煕云、孟子云、折枝若今按摩也と云り、凡て支、枝、肢は、皆本は同じくて、相通ふ字なリ、〉

〔東大寺正倉院文書〕

〈二十三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0453 御野國本簀郡栗栖太里太寶貳年戸籍
下政戸刑部書戸口十三〈○中略〉 忍勝甥物部廣世〈年卅九、一支廢(○○○)、廢疾、〉

〔東大寺正倉院文書〕

〈十二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0453 山背國愛宕郡雲下里計帳〈○神龜三年〉
戸主出雲臣文田年漆拾貳歳〈○中略〉 妻出雲臣族粳䖝賣年陸拾捌歳 一支廢女(○○○○)

〔類聚名義抄〕

〈三/手〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0453 手〈音守、テ、〉

〔伊呂波字類抄〕

〈天/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0453 手〈テ、足手、〉

〔萬葉集〕

〈二/挽歌〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0453 天皇〈○天智〉崩時婦人作歌一首 姓氏未
空蟬師(ウツセミシ)、神爾不勝者(カミニタへネバハ)、離居而(ハナレ井テ)、朝嘆君(アサナゲクキミ)、放居而(サカリ井テ)、吾戀君(ワガコフルキミ)、玉有者(タマナラバ)、手爾卷持而(ヲニマキモナテ/○○○○○)、衣有者(キヌナラバ)、脱時毛無(ヌグトキモナケン)、吾戀(ワガコフル)、<ruby><rb>君曾伎賊乃夜</rb></rb>キミゾキソノヨ</ruby>、夢所見鶴(イメニミエツル)、

〔萬葉集〕

〈十一/古今相聞往來歌〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0453 正述心緒
朝宿髮(アサネガミ)、吾者不梳(ワレハケヅラジウ)、愛(ヅクシキ)、君之手枕(キミガタマクラ/○○)、觸義之鬼尾(フレテシモノヲ)、

〔古事記〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0453殺迦具土神之於頭所成神名正鹿山〈上〉津見神、〈○中略〉次於左手(○○)成神名志藝山津見神、〈志藝二字以音〉次於右手(○○)成神名羽山津見命、

〔古事記傳〕

〈五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0453 手は執(トリ)なり〈登理な切れば知なれど、凡て第二音に切る語は、第四に轉る例多し、〉

〔日本書紀〕

〈三/神武〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0453 己未年二月、高尾張邑有土蜘蛛、其爲人也、身短而手足長、與侏儒相類、

〔源平盛衰記〕

〈三十七〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0453 一ノ谷落城幷重衡卿虜事
東西ヨリ火ニ責ラレ人ニ被責テ、皆舟ニノラント、渚ニ向テ落行ケルモ、海ヘノミコソ馳入ケレ、 助船有ケレ共、餘ニ多コミ乘ケレバ、大船三艘ハ目ノ前ニ乘沈メケル、然ルベキ人々ヲバ乘スレドモ、次樣ノ者ヲバ、不レ可レ乘ト訇ケレ共、暫シノ命モ惜ケレバ、若ヤ〳〵トテ舟ニノラント取付ケルヲ、太刀長刀ニテ薙ケレバ、手折落サレ、足切折レテ、皆海ニゾ沈ケル、角ハセラレテ死ケレドモ、敵ニ組テ死スル者ハナシ、多ハ御方打ニゾ亡ニケル、

〔太平記〕

〈十一H 五大院右衞門宗繁賺相模太郎
義貞已ニ鎌倉ヲ定テ、其威遠近ニ振ヒシカバ、束八箇國大名高家、手ヲ束テ(○○○○)膝ヲ不屈ト云者ナシ、〉

〔徒然草〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0454 もろこしに、許由といひつる人は、更に身にしたがへるたくはへもなくて、水をも手してさヽげて、のみけるを見て、なりひさごといふものを、人のえさせたりければ、ある時木の枝にかけたりけるが、風にふかれてなりけるを、かしがましとてすてつ、又手にむすび(○○○○○)てぞ水ものみける、いかばかり心のうちすヾしかりけん、

〔陰德太平記〕

〈五十一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0454 荒木村重屬信長幷村重討讐敵
荒木善大夫、同善兵衞、佐伯庄右衞門、安部仁右衞門、山脇加賀守、同源大夫、星野新左衞門等ニ下知シテ、一人モ不レ殘討果ス、渠等ガ家人一人村重ニ切テ懸リケルヲ、村重時節白井河原ニテ蒙タリシ手疵ノイマダ愈ザリケレバ、矢手(メテ/○○)刀ヲニ刺ケルヲ、弓手(ユンテ/○○)ニテ拔打ニ切殺シケリ、

〔松屋筆記〕

〈十〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0454 手ふりをして
顯季家集に、霞たつ、くらまの山の、薄櫻手ふりをしつヽなをりぞわづらふ云々、按手ふりをしては、手を振さま也、手をふるといふこと、袖中抄の都の手ぶりの條、まだ袋草子三の卷廿葉などにも見ゆ、

〔松屋筆記〕

〈九十一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0454 手ぐすね(○○○)引、天鼠矢(クスネ)、 保元物語參考〈三卷百十二丁右〉爲朝鬼島渡りの條に、爲朝折節大事ノ所勞ヲシテ、八十餘日臥ケルガ、宜 シク成テ廿日許ノ事也、弓勢事ノ外弱テ覺ケレドモ、大鏑ヲ打クハセテ、手グスネ引テタメラヒ見ル程ニ云々、井蛙抄、〈六卷廿八丁右〉雜談條に、西行と申ものにて候、法華會結縁のために來て候ヽ今は日くれ候、一夜此御奄室に候はんとて、參て候といひければ、上人内にて、手ぐすねを引て、おもひつる事かなひたる體にて、あかり障子をあけて被出けり云々、此文、水蛙眼目〈群書類從本廿六丁右〉にも見ゆ、物草太郎草子に、物ぐさ太郎是を見て、爰にこそわが北の方は出きぬれ、あつはれとくちかづけがし、いだきつかん、口をもすはヾやとおもひて、手ぐすねにをひき、大手をひろげて待居たり云云、これ今俗力をいれんずる時、手につばきばして物を執るを、手油をかふとも、又手ぐすねを引ともいへり、くすね黐(モチ)などの類にて、物を付るに、離れざれば、手に執物の落ざるやうに、掌に唾を加ふを、手ぐすねと云へるなり、

〔倭名類聚抄〕

〈三/手足腕〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0455 陸詞切韻云、腕、〈烏(烏原作鳥、今據一本改)段反、和名太々無岐(○○○○)、一云宇天(○○)、〉手腕也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0455 應神紀、腕訓多々牟岐、神代紀、允恭紀、訓多不左、仁德紀兩訓、新撰字鏡、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00499.gif 字訓太々牟支、醫心方腕訓多々牟岐、又訓宇天、按多陀牟岐、見舌事記八千戈神歌、〈○中略〉按説文作掔、云手掔也、玉篇廣韻並云腕、手腕、玉篇又云、腕又作腕、又云、掔椀同上、又按儀禮士喪禮注、掔手後節中也、史記索隱、掌後曰捥、急就篇注、腕手臂之節也、釋名、腕宛也、言可宛屈也、今俗呼宇天久比(○○○○)、是也、下條詳之、

〔伊呂波字類抄〕

〈宇/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0455 腕〈ウテ、又タヽムキ、亦作捥〉

〔下學集〕

〈上/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0455 腕(ウデ)

〔義經記〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0455 べんけいむまるヽ事
師の仰にもしたがはず、〈○中略〉うで(○○)をし、くび引、すまうなどぞこのみける、

〔新撰字鏡〕

〈肉〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0455 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00500.gif 〈古弘反、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00501.gif 也、肩也、加比奈(○○○)、〉

〔伊呂波字類抄〕

〈加/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0456 肘〈カヒナ〉 髆〈亦作膊〉 膊〈已止同〉

〔日本書紀〕

〈二/神代〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0456 一書曰、〈○中略〉使太玉命弱肩(ヨワカイナ/○○)太手襁而、代御手以祭此神者、始起於此矣、

〔倭訓栞〕

〈前編三十六/與〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0456 よわかひな 神代紀に弱肩をよめり、弱は太手繦にむかへたる謙辭也、今云ふ二の腕(○○○)也、一説に、左の肩也といへり、よつかたとよむべし、續紀に、弱き身に重さ任する事を詔したまへり、

〔空穂物語〕

〈あて宮〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0456 うちにめしいるとて、宮女君たち、しぞきたまへるものおぼえぬ、きみの御手にこの御文をおしいれて、をよびのさきして、かいな(○○○)にかきつく、

〔陰德太平記〕

〈十一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0456 南條吉田合戰之事
互ニ鎗長刀ノ切先ヲ汰、火華ヲ散シテ攻戰、南條豐後守ハ、左ノ手ノ無リケレバ、二ノ腕(○○○)ニ三間柄ノ鎗ヲ繩ニテ結付、右ノ手ニテ石衝ヲ執テ衝ケルニ、元來聞ユル大力ナレバ、兩手ニテ突ヨリモ猶輕ゲ也、吉田左京亮眞先ニ進テ南條ト渡シ合、〈○下略〉

臂/肘

〔新撰字鏡〕

〈肉〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0456 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00502.gif 〈張柳反、上、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00501.gif 節也、比知、〉

〔倭名類聚抄〕

〈三/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0456 臂 廣雅云、臂〈音秘〉謂之肱、〈古弘反、〉四聲字苑云、肘〈陟柳反、或作䏔、和名比知(○○)、〉臂節也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0456 曲直瀨本秘作比、按臂在去臂五寘、秘在六至、比在上聲五旨、又平聲六脂、去聲六至、其音並不同、〈○中略〉所引釋親文、原書作肱謂之臂、玄應音義再引與此同、按説文、臂手上也、又云、厷臂上也、厷或从肉、又云、肘臂節也、則知上謂之肱(○○○○)、下謂之臂(○○○○)、其間節謂之肘(○○○○○○)也、肘訓比知從、臂宜多々牟岐、古事記仁德紀御歌、辭漏多娜武枳、謂臂之絜白、則多々牟岐、非腕可知也、神代紀、雄略紀、天武紀臂、齊明紀手臂、皆訓多々牟幾、俗呼宇天、肱宜加比奈(○○○)、今俗所謂二乃宇天是(○○○○)也、新撰字鏡臂訓太々牟岐、肱訓加比奈、並爲得、廣雅云、肱謂之臂者、混言之耳、又按靈異記訓釋云、臂可比那、後撰集戀部三平定文歌小序、榮花物語、狹衣物語、亦謂臂爲加比奈、蓋中古混同無別、今俗有<ruby><rb>加 多加比奈</rb>○○○○○</ruby>之語、蓋謂肩肱、非臂、反與古合、釋名、臂裨也、在旁曰裨也、〈○中略〉曲直瀨本作音中、按陟柳與廣韻合、在上聲四十四有、中在平聲一東、又去聲一送、此作音中恐非、下總本作陳柳反、按陟屬知母陳屬澄母、作陳亦似非、玉篇、肘䏔同上、新撰字鏡同訓、醫心方臂同訓、神武紀肱脛訓比知、恐非、〈○中略〉按説文、肘臂節也、四聲字苑蓋依之、釋名、肘、注也、可隱注也、

〔伊呂波字類抄〕

〈太/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0457 臂〈タヽムキ〉 腕〈同俗云ウテ〉

〔下學集〕

〈上/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0457 肘(ヒヂ) 肱 臂〈三字義同〉

〔延喜式〕

〈八/祝詞〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0457 祈年祭
御年皇神等〈能〉前〈爾〉自〈久〉、皇神等〈能〉依〈左志〉奉〈牟〉奥津御年〈乎〉、手肱(タナヒヂ/○○)〈爾〉水沫畫垂、向股〈爾〉泥畫寄〈氐〉、取作〈牟〉奥津御年〈乎〉、八束穗〈能〉伊加志穗〈爾〉、皇神等〈能〉依〈左志〉奉者、〈○下略〉

〔古事記〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0457 爾其沼河日賣未戸、自内歌曰、〈○中略〉阿佐比能(アサヒノ)、惠美佐迦延岐氐(エミサカエキテ)、多久豆怒能(タクヅヌノ)、斯路岐(シロキ)多陀牟岐(タヾムキ/○○○○)、阿和由岐能(アワユキノ)、和迦夜流牟泥遠(ワカヤルムネヲ)、曾陀多岐(ソダヽキ)、〈○下略〉

〔日本書紀〕

〈三/神武〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0457 己未年二月辛亥、或曰、〈○中略〉磯城八十梟帥於彼處屯聚居之、〈○註略〉果與天皇大戰、遂爲皇師滅、〈○中略〉賊衆戰死而僵屍枕臂(○)處、呼爲頰枕田

〔日本書紀〕

〈十/應神〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0457 初天皇在孕両天神地祗授三韓、旣産之、宍生腕上(タヽムキ)、其形如鞆、是肖皇太后〈○神功〉爲雄装之負上レ鞆、〈肖、此云阿叡、〉故稱其名譽田天皇

〔太平記〕

〈十六〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0457 正成首送故郷
母急ギ走寄テ、正行ガ小腕(○○)ニ取付テ、泪ヲ流シテ申ケルハ、栴檀ハ二葉ヨリ芳トイヘリ、汝ヲサナク共父ガ子ナラバ、是程ノ理ニ迷フベシヤ、〈○下略〉

〔陰德太平記〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0457 毛利先祖附元就卿之事
母公〈○毛利元就母〉ハ福原内藏大夫ガ息女ニテ、明應六年丁巳誕生シ給フ、母公或時御身熱シク惱マセ 給テ、晝間ノ程玉臂(○○)ヲ枕トシテ、トバカリ眞眠給ケルニ、夢中ニ日光懐中ニ入ト覺工テヨリ、懐胎シ給フ、

手節

〔伊呂波字類抄〕

〈太/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0458 髆脘〈タフサ(○○○)〉

〔雅言集覽〕

〈二十二/太〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0458 たぶさ、〈手拳〉俗ニ手ブシ(○○○)トイフ、

〔日本書紀〕

〈十三/允恭〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0458 元年十二月、季冬之節、風亦烈寒、大中姫所捧鋺水溢而腕(タフサ)凝不堪、以將死、V 萬葉集

〈一/雜歌〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0458于伊勢國時留京柿本朝臣人麿作歌〈○中略〉
釧著(クシロヅク)、手節乃崎二(タブシノサキニ)、今毛可母(イマモカモ)、大宮人之(オホミヤビトノ)、玉藻苅良武(タマモカルラム)、

〔後撰和歌集〕

〈一/春〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0458 彌生ばかりの花のさかりみちまかりけるに 憎正遍昭
おりつればたぶさにけがるたてながらみよの佛に花たてまつる

〔倭名類聚抄〕

〈三/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0458 拳 唐韻云、拳〈權反、和名古不之(○○○)、〉屈手也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0458 山田本作渠員反、按音權與廣韻合、渠員與玉篇合、字異音同、然此引唐韻音權是、新撰字鏡同訓、〈○中略〉按玉篇、拳屈手也、孫氏蓋依之、説文、手拳也、拳手也、段玉裁曰、舒之爲手、卷之爲拳、其實一也、故手拳互訓、

〔類聚名義抄〕

〈三/手〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0458 拳〈音懽、コフシ、〉搼〈コフシ〉

〔增補下學集〕

〈上二/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0458 拳(コブシ)

〔身體和名集〕

〈仁〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0458 ニギリコブシ 拳

〔倭訓栞〕

〈中編八/古〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0458 こぶし 拳をよめり、小節の義成べし、新撰字鏡に捧ともみゆ、的矢に一こぶしと云ふ事、太平記に見えたり、

〔源平盛衰記〕

〈二十三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0458 忠文祝神附追討使門出事
爰ニ忠文大惡心ヲ起シテ、面目ナク内裏ヲ罷出ケルガ、天モ響キ地モ崩ルヽ計ノ、大音聲ヲ放云 ケルハ、口惜事也、同勅命ヲ蒙テ同朝敵ヲ平グ、一人ハ賞ニ預リ、一人ハ恩ニ漏ル、小野宮殿ノ御計、生々世々不忘、サレバ家門衰蔽シ給テ、其末葉タラン人ハ、ナガク九條殿ノ御子孫ノ奴婢ト成給フベシトテ、高ク訇リ手ヲハタト打テ、拳ヲ握リ(○○○○)タリケレバ、左右ノ八ノ爪、手ノ甲(○○○)ニ通リ、血流レ出ケレバ、紅ヲ絞リタルガ如シ、ヤガテ宿所ニ歸リ飮食ヲ斷、思死ニ失ニケリ、

〔倭名類聚抄〕

〈三/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0459 掌 四聲字苑云、掌〈賞反、和名太奈古々呂(○○○○○)、一云太奈曾古(○○○○)、〉手心也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0459 顯宗卽位前紀訓注、手掌摎亮、此云陀那則擧謀耶羅々儞、此所引卽是、神代紀、掌中訓多奈宇知、允恭紀、掌訓多奈宇良、皇極紀、掌中多奈己々呂、多奈宇良、兩訓.按多奈己々呂、謂手之中心、猶池之中心爲伊計乃古々呂、今俗呼天乃比良、〈○中略〉按説文、掌手中也、卽此義.釋名、掌言排掌也、

〔類聚名義抄〕

〈三/手〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0459 掌〈音賞、タナコヽロ、タナウラ、タナソコ、〉

〔伊呂波字類抄〕

〈太/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0459 掌〈タナコヽロ、亦タナソコ、〉

〔日本書紀〕

〈一/神代〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0459 一書曰、日神與素戔鳴尊、隔天安河而相對、乃立誓約曰、汝若不姧賊之心者、汝所生子必男矣、如生男者、予以爲子而令天原也、〈○中略〉已而素戔鳴尊、含其左髻所纏五百箇統之瓊、而著於左手掌中(タナウチ/○○)、便化生男矣、則稱之曰正哉吾勝、故因名之、曰勝速日天忍穂耳尊、複含右髻之瓊、著於右手掌中、化生天穗日命、復含嬰頸之瓊、著於左臂中、化生天津彦根命

〔日本書紀〕

〈十三/允恭〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0459 四年九月戊申、詔曰、〈○中略〉諸氏姓人等、沐浴齋戒、各爲盟神探湯、則於味橿丘之辭禍戸http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00044.gif 探湯瓮而引諸人赴曰、得實則全、僞者必害、〈盟神探湯、此云區訶陀智、或埿納釜煮沸、攘手、探湯埿、或燒斧火色、置于掌(タナウラ/○)〉

〔日本書紀〕

〈十五/顯宗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0459 白髮天皇二年十一月、播磨國司山部連先祖伊與來目部小楯、於赤石郡親辨一新嘗供物、〈○註略〉適會縮見屯倉首縱賞新室夜繼上レ晝、〈○中略〉億計王起儛旣了、天皇次起自整衣帶、爲室壽曰、〈○中略〉旨酒、餌香市不以直買、手掌慘亮(タナツコモヤラヽニ)〈手掌慘亮、此云陀那則(○○○)(則一本作都)舉謀耶羅羅伱(○○○○○○)〉拍上賜、吾常世等

〔太平記〕

〈一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0460 中宮御産御祈之事附俊基僞籠居事
山門横川ノ衆徒、款狀ヲ捧テ、禁庭ニ訴ル事アリ、俊基彼奏狀ヲ披テ、讀申サレケルガ、讀誤リタル體ニテ、楞嚴院ヲ慢嚴院トゾ讀タリケル、座中ノ諸卿是ヲ聞テ、目ヲ合テ、相ノ字ヲバ、篇ニ付テモ、作ニ付テモ、モクトコソ讀ベカリケルト、掌ヲ拍テゾ笑ハレケル、俊基大ニ耻タル氣色ニテ、面ヲ赤テ退出ス、

〔徒然草〕

〈下〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0460 愚者の中のたはふれだに、しりたる人の前にては、此さま〴〵のえたる所、詞にてもかほにても、かくれなくしられぬべし、ましてあきらかならん人のまどへるわれらを見んこと、たなごヽろの上の物を見んがごとし、

手文

〔新撰字鏡〕

〈肉〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0460 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00589.gif〈花和反、掌内文理也、或作贏、手之阿也(○○○○)、〉

〔倭名類聚抄〕

〈三/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0460 腡 四聲字苑云、腡〈落戈反、和名天乃阿夜、〉手指文也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0460 新撰字鏡同訓、今俗呼天乃須知(○○○○)、〈○中略〉所引文廣韻同、按玉篇、腡、聲類曰、手理也、與此義同、

〔伊呂波字類抄〕

〈天/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0460 腡〈テノアヤ、手相文也、〉 紋〈同〉

手子

〔倭名類聚抄〕

〈三/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0460 手子 遊仙窟云、手子、〈師説云、太奈須惠(○○○○)、〉

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0460 原書云、手子膃腯、此所引卽是、説文、手拳也、象形、釋名、手須也、事業之所須也、按神代紀、手端此云多那須衞、則知太奈須惠、手末之義、謂手之端、其手子卽手也、宜氐、本居氏曰、氐、執之急呼、

〔類聚名義抄〕

〈三/手〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0460 手子〈タナスエ〉

〔伊呂波字類抄〕

〈太/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0460 手子〈タナスエ、タナウラ、〉

〔古事記〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0460 故爾問其大國主神、今汝子事代主神、如此白訖、亦有白子乎、於是亦白之、亦我子有建御 名方神、〈○中略〉其建御名方神、千引石擎手末而來言、誰來我國而、忍々如此物言、然欲力競、〈○下略〉

〔古事記傳〕

〈十四〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0461 手末は、書紀神代紀に、手端此云多那須衞とあり、和名抄に、遊仙窟云手子、師説云太奈須惠とあるによらば、たヾ手と云ことなれども、こヽは末と云るを重く見るべし、〈俗言に手さき(○○○)と云におなじ、〉

〔日本書紀〕

〈五/崇神〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0461 十二年九月己丑、始校人民、更科調役、此謂男之弭調、女之手末(タナスエノ/○○)調(ミツキ)也、

〔倭名類聚抄〕

〈三/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0461 脚足 釋名云、脚、〈居灼反〉言坐時却在後也、足〈卽玉反〉言踵續也、趾〈音止、和名並阿之(○○)、〉言行一進一止也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0461 原書言作却也以其四字、按説文、脚脛也、段玉裁曰、東方朔傳、結股腳、謂跪坐之狀、股與腳、以䣛爲中、腳之言卻也、凡卻歩必先脛、然則腳宜波岐、不阿之也、〈○中略〉原書作續也言脛也、此恐誤、按説文、足人之足也、在體下、〈○中略〉原書、言上有止也二字、按古無趾字、只作止、説文、止下基也、象艸木出有一レ阯、故以止爲足、漢書刑法志、當左止者笞五百、注、止足也、又借爲停止字、後人足止字從足、以分停止字、是足趾二字、訓阿之允、

〔類聚名義抄〕

〈五/足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0461http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00504.gif 〈上通、下正、子欲反、アシ〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00505.gif 〈正〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00506.gif 〈古〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00507.gif 〈俗〉

〔伊呂波字類抄〕

〈安/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0461 足〈アシ、趾足也、〉 脚〈キヤク、カク作腳、〉 趾 随〈已上同〉

〔增補下學集〕

〈上二/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0461 脚足(アシ)

〔倭訓栞〕

〈前編二/阿〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0461 あし 脚足をいふ、いやしの義、いや反あ也、倭名抄に趾もよめり、獸の四足を伊豫にてやでといへり、源氏に御あしまゐりといへるは、足をさする事なりといへり、

〔日本書紀〕

〈一/神代〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0461 一書曰、伊弉諾尊斬軻遇突智命五段、此各化成五山祇、一則首化爲大山祇、二則身中化爲中山祇、三則手化爲麓山祗、四則腰化爲正勝山祇、五則足(アシ)化爲䨄山祇

〔日本書紀〕

〈二/神代〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0461 一書曰、〈○中略〉於是天孫於邊床則拭其兩足、於中床則據其兩手、於内床則寛坐於眞床 覆衾之上

〔古事談〕

〈二/臣節〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0462 一條攝政與朝成卿共競望參議之時、天暦多陳伊尹不用之由、其後朝成參一條攝政第、爲申大納言闕也、丞相良久不相逢、數刻之後適以面謁、朝成立申大納言一條々之理、丞相無答、而曰、奉公之道尤可與、昔競望同官時、多雖訴訟、今度大納言事可予心云々、朝成懐耻、成怒退出、乘車之時先投入笏、自中央破裂、其後攝政受病遂薨逝、是朝成生靈云々、今一條攝政子孫不朝成舊宅三條西洞院也、〈所謂鬼殿歟〉朝成卿爲一條攝政、發惡心之時、其足忽大ニ成テ不沓、仍足ノサキニ掛テ退云々、

〔空穗物語〕

〈俊蔭二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0462 我はまことの孝の子なりけりとかたる、ちいさき子のふかき雪をわけて、あし手はえびのやうにて、はしりくるを見るに、いとかなしくて、なみだをながして、などかくさむきにいでヽありくぞ、かヽらざらんおもひでヽありけになけばくるしうもあらず、

〔空穗物語〕

〈藤原の君〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0462 こヽは大將殿、あて宮いまみやものまゐる、すのこに侍從の君とのごもれり、ごたちすのうちにゐて物いふ、しヾう松の枝をりてもち給へり、やがて、あて宮にふみ奉りて、あしずりをしてなく、君だちふたどころ、兵衞の君などゐて、人の御返聞えたり、

〔源氏物語〕

〈四/夕顏〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0462 との〈○二條院〉のうちの人、あしをそらに思まどふ、うちより御つかひあめのあしよりも、げにしげし、おぽしなげきおはしますをきヽ給ふに、いとかたじけなくて.せめてつよく覺しなる、

〔源氏物語〕

〈九/葵〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0462 わが御かたにわたり給て、中將の君といふに、御あし(○○○)などまゐりすさびて、おほとのごもりぬ、

〔太平記〕

〈五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0462 大塔宮熊野落事
大塔宮二品親王ハ、〈○護良中略、〉、般若寺ヲ御出在テ、熊野ノ方ヘゾ落サセ給ケル、〈○中略〉數日ノ間、斯ル嶮 難ヲ經サセ給ヘバ、御身モ草臥ハテヽ、流ルヽ汗如水、御足ハ缼損シテ、草鞋皆血ニ染レリ、御伴ノ人々モ、皆其身鐵石ニ非レバ、皆飢疲レテ、ハカ〴〵敷モ、歩得ザリケレ共、御腰ヲ推、御手ヲ挽テ、路ノ程十三日ニ、十津河ヘゾ著セ給ヒケル、

〔太平記〕

〈十八〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0463 越前府軍幷金崎後攻事
葉原ヨリ深雪ヲ分テ重鎧ニ肩ヲヒケル者共、數刻ノ合戰ニ入替ル勢モナク戰疲レケレバ、返サントスルニ力盡キ、引ントスルニ足タユミヌ(○○○○○)、サレバ此彼ニ引延テ、腹ヲ切者數ヲ不知、

〔伊呂波字類抄〕

〈奴/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0463 蹐〈ヌキアシ(○○○○)、脛旋行也、〉

〔詩經〕

〈下/小雅正月〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0463 謂天蓋高、不敢不一レ局(クヽマ)、謂地蓋厚、不敢不一レ蹐(ヌキアシ)、
○按ズルニ、蹐ノ傍訓ハ道春點本ニ據ル、

〔松屋筆記〕

〈八十五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0463 ぬけ足
安元御賀記〈群書類從五百廿九卷、十一丁左、〉に、我もとへ鞠くれば、ぬけあしをふみてにげられき云々、今俗ぬき足といへり、加賀見山といへる淨瑠璃本に、ぬきあしさし足とあり、おとせぬやうに脱足する也、

〔貞丈雜記〕

〈一/禮法〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0463 一今時貴人の御前へ參る時、送足(オクリアシ/○○)と云足づかひをする人あり、其足づかひは、太刀目録、又盃、其の外何にても持て參る時、御前の敷居際までは、常の如く歩み來て片足を上げ、敷居を越さうにして越ず、其足を引て、ふみなほして、扨敷居を越る也、是を送足と名付て、專ら稽古する人有、

〔新撰字鏡〕

〈肉〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0463 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00508.gif 〈苦故反、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00509.gif 也、人乃毛々(○○○○)、〉

〔倭名類聚抄〕

〈三/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0463 股 唐韻云、髀〈傍禮反、上聲之重與䏶同(/○○)、辨色立成云、團股、毛々、〉股也、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00510.gif 〈公戸反、上聲、〉古文股字也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0463 山田本、曲直瀨本、陛作䯗、那波本同、按䯗髀同字、䯗髀同音、此作陛爲是、曲直瀨本、下總本、圍髀作團髀、與類聚名義抄合、那波本作圍股、刻版本作團股、未孰是、醫心方䏶同訓、 新撰字鏡、髀、䏶訓毛々、股訓宇豆毛々、股髀也、〈○中略〉廣韻同、按説文、髀股也、孫氏蓋依之、釋名、髀卑也、在下稱也、股固也、爲强固也、廣韻云、股、髀股、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00510.gif 、上同、按説文玉篇無http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00510.gif、廣韻亦不古文、此恐非唐韻原文

〔類聚名義抄〕

〈二/肉〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0464 䏶〈歩米反、モヽ、〉 膇〈俗、モヽ〉 腿〈音退、ウワモヽ、モヽ、〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00511.gif 〈音古、モヽ、ウチモヽ、〉 腂〈音果、モヽ、〉

〔伊呂波字類抄〕

〈毛/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0464 股〈モヽ、又作http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00510.gif 、〉髀〈又作䯗〉

〔下學集〕

〈上/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0464 股(モヽ)

〔古事記〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0464 爾天照大御神〈○中略〉弓腹振立而、堅庭者於向股(○○)蹈那豆美、〈○下略〉

〔古事記傳〕

〈七〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0464 向股、和名抄に股毛々とあり、私記に、兩股是正相向、故云向股耳とあり、祈年祭祝詞に、手肱爾水沫畫垂、向股爾泥畫寄氐と見ゆ、〈此語、廣瀨の大忌祭祝詞にもあり、〉字鏡にhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00512.gif 脛腹也、古牟良、又牟加波支〈拾遺集物名にも、行縢を隱くして、向脛とよめり、避案抄に、むかばきは、凡人のむかひすねと云ことをよめるにや、〉とも見ゆ、何れも古言なり、

〔日本書紀〕

〈二十五/孝德〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0464 大化二年三月甲申、詔曰、〈○中略〉凡人死亡之時、若經自殉、或絞人殉、及强殉亡人之馬、或爲亡人寶於墓、或爲亡人髮刺股(○)而誄、如此舊俗一皆悉斷、〈○下略〉

〔延喜式〕

〈八/祝詞〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0464 廣瀨大忌祭
皇神〈能〉御刀代〈乎〉始〈氐〉、親王等、王臣等、天下公民〈能〉取作奥都御歳者、手肱〈爾〉水沫畫垂、向股(○○)〈爾〉泥書寄〈氐〉、取將作奥津御歳〈乎〉、八束穂〈爾〉皇禪〈能〉成幸賜者、〈○下略〉

〔太平記〕

〈十八〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0464 金崎城落事
由良長濱二人、新田越後守ノ前ニ參ジテ申ケルハ、〈○中略〉見苦シカラン物共ヲバ、皆海へ入サセラレ候ヘト申テ、御前ヲ立ケルガ、餘リニ疲レテ足モ快ク立ザリケレバ、二ノ木戸ノ脇ニ、被射殺伏タル死人ノ股ノ肉ヲ切テ、二十餘人ノ兵共、一口ヅヽ食テ、是ヲ力ニシテゾ戰ケル、

〔陰德太平記〕

〈三十三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0464 石州川上之松山落城事 太郎左衞門ガ草摺ノ外レシタヽカニ突所ヲ、彌三郎太刀振翳シ、透間ナク切テ懸リケル間、福島鎗ヲ捨、太刀ヲ拔ントスル所ヲ、彌三郎、左ノ高股(○○)ヲ寸ト切タリケレ共、福島少モ不疼、彌三郎ガ内胄シタヽカニ切タリケリ、

〔新撰字鏡〕

〈足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0465 跨〈苦化反、去、踞也、股也、躡也、渡癈也、越也、万太乃佐々比(○○○○○○)、〉

〔倭名類聚抄〕

〈三/身體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0465 胯 唐韻云、胯〈袴反、和名萬太(○○)、〉兩股間也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0465 説文、胯、股也、廣韻同、按希麟音義引切韻、與此同、

〔類聚名義抄〕

〈二/肉〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0465 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00513.gifhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00514.gif 〈音http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00515.gif モヽ、マタ、音袴、〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00516.gif 〈俗〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00517.gif 〈俗歟〉

〔增補下學集〕

〈上二/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0465 胯(マタ)

〔倭訓栞〕

〈前編二十九/末〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0465 また 股字をよむは間立の義にや、和名抄に胯をよめり、

〔古事談〕

〈二/臣節〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0465 伴大納言善男者、佐渡國郡司從者也、於國善男夢〈爾〉見樣、西大寺與東大寺ヲ跨ゲテ立タリト見テ、妻女ニ話此由ヲ、妻云、ソノマタ(○○)コソハサカレンズラメト合ニ、善男驚キテ、無由事ヲ語テケルカナト恐思テ、主ノ郡司宅へ行向之處、都司極タル相人ニテ有ケルガ、日來ハ其儀モナキニ、事外饗應シテ圓座トリテ出向テ召昇ケレバ、善男成怪、我ヲスカシノボセテ、妻女ノイヒツル樣ニ跨ナドサカンズルヤラント恐思之處、郡司云、汝ハ無止高相ノ夢ミテケリ、而無由人ニ語テケリ、必大位ニハ至ドモ、定依其徴不慮之事出來有坐事云々、然間善男付縁京上、果至大納言、然而猶坐事、不郡司言云々、

〔倭名類聚抄〕

〈三/身體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0465 腿 宿耀經云、左右腿股、〈腿音退、和名宇知阿波世(○○○○○)、〉

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/身體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0465 原書秘密雜要品、今本云、若觸右腿䏶者屬室宿、若觸左腿䏶者屬壁宿、古抄本作右邊腿脾、左邊腿脾、此所引卽是、按䏶脾一聲之轉、此引作股、恐誤、慧琳音義腿、正體從骨作骽、字書、髖也、按髖訓兩股間廣韻、故訓宇智阿波勢、言兩股可一レ擊也、新撰字鏡、股訓宇豆毛々者、與此 同、今俗呼宇知毛々(○○○○)

〔倭名類聚抄〕

〈三/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0466 膝 野王按、膝〈音悉、比佐(○○)、〉脛頭也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0466 今本玉篇肉部同、説文、䣛脛頭節也、釋名、膝伸也、可屈伸也、

〔類聚名義抄〕

〈二/肉〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0466 膝〈音悉、ヒサ、〉

〔倭訓栞〕

〈前編二十五/比〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0466 ひざ 膝をいへり、引ゐざるの義なるべし、物に小膝といふ事見えたり、佛者の右膝著地は胡法かといふに、樂記に臥坐致右(ヒザマツク)とあれば、三代も亦此禮ありと、濟北集に見ゆ、倭名抄に膝䯊をひざのかはらとよめり、今ひざヽらといへり、

〔物類稱呼〕

〈一/人倫〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0466 膝ひざ 豐州にてつぶし(○○○)といふ、中國にてはひざのさら(○○○○○)といふ、薩摩にてひざつぶし(○○○○○)と云、奥州南部にてひざかぶ(○○○○)と云、越後にてぶしやかぶ(○○○○○)といふ、

〔古事記〕

〈中/垂仁〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0466 爾沙本毘古王謀曰、汝寔思我者、將吾與汝治天下而、卽作八鹽折之紐小刀、授其妹曰、 此以小刀、刺殺天皇之寢、故天皇不其之謀而枕其后之御膝、爲御寢坐也、

〔古事記〕

〈下/淸寧〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0466 爾山部連小楯、任針間國之宰時、到其國之人民名志自牟之新室樂、於是盛藥、酒酣以次第皆儛、故燒火少子二口、居竃傍、令其少子等、爾其一少子曰、汝兄先儛、其兄亦曰、汝弟先儛、如此相讓之時、其會人等、咲其相讓之狀、爾遂兄儛訖、次弟將儛時、爲詠曰、〈○中略〉所賜天下、伊邪本和氣天皇之御子、市邊之押齒王之、奴末爾、卽小楯連聞驚而、自床墮轉而、追出其室人等、其二柱王子、坐左右膝上、泣悲而、集人民、作假宮、坐置其假宮而、貢上驛使

〔日本書紀〕

〈二十七/天智〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0466 七年〈○齊明〉十二月、高言、惟十二月、於高麗國寒極溴凍、故唐軍雲車衝棚、鼓鉦吼然、高麗士卒膽男雄壯、故更取唐二壘、唯有二塞、亦備夜取之計、唐兵抱膝而哭、鋭鈍力竭而不拔、筮臍之耻非此而何、

〔本朝世紀〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0466 寛和二年六月十日丁未、次少外記光輔、率神祇史一人、入同門、並立案前、外記束、神祇西、 並北面、爰史指笏、取御卜、卽跪授於外記、外記指笏、突片膝(○○)之、

〔太平記〕

〈五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0467 相模入道弄田樂幷鬪犬事
月ニ十二度、犬合セノ日トテ被定シカバ、一族大名御内外樣ノ人々、或ハ堂上ニ坐ヲ列ネ、或庭前ニ膝ヲ屈シテ見物ス、

〔太平記〕

〈十三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0467 兵部卿宮薨御事附干將莫耶事
淵邊畏テ承候トテ、山ノ内ヨリ主從七騎引返シテ、宮〈○大塔宮護良〉ノ坐ケル籠ノ御所へ參タレバ、宮ハイツトナク闇ノ夜ノ如ナル土籠ノ中ニ、朝ニ成ヌルヲモ知セ給ハズ、猶燈ヲ挑テ御經アソバシテ、御坐有ケルガ、淵邊ガ御迎ニ參テ候由ヲ申テ、御輿ヲ庭ユ舁居ヘタリケルヲ御覽ジテ、汝ハ我ヲ失ントノ使ニテゾ有ラシ、心得タリト被レ仰テ、淵邊ガ太刀ヲ奪ハント走リ懸ラセ給ケルヲ、淵邊持タル太刀ヲ取直シ、御膝(○○)ノ邊ヲシタヽカニ奉打、宮ハ半年計籠ノ中ニ、居屈ラセ給タリケレバ、御足モ快ク立ザリケルニヤ、御心ハ八十梟(ヤタケ)ニ思召ケレ共、覆ニ被打倒、起擧ラントシ給ヒケル處ヲ、淵邊御胷ノ上ニ乘懸リ、腰ノ刀ヲ拔テ、御頸ヲ搔ソトシケレバ、宮御頸ヲ縮テ刀ノサキヲシカトhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00518.gif サセ給フ、

〔陰德太平記〕

〈六十二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0467 播州大村合戰之事
彈正是ヲ見テ、如斯テハ敵ト打違ル迄モナク、馬ニ蹈倒サレヌベウ覺ルゾ、倡ヤ方便テ當ノ敵ヲ可打取トテ、各差違ヘタル樣ニシテ、芝居ニ取組ヲ伏居タリ、敵十四五騎馳來テ、眞ニ死タルト心得、首取ント近付クヲ、皆傍ニ置タル太刀ヲツ取、伏乍拂切ニシタリケレバ、敵五人諸膝(○○)薙サレタリ、是ヲ見テ殘黨惘レテ扣タルヲ、起上リ追散シ、心地好ト高聲ニ訇テ、カラ〳〵ト笑、各首共膝ノ上ニ置、一同ニ自害シテ失ニケリ、

〔松屋筆記〕

〈百六〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0467 膝とも談合 俗に膝ともだんがふといへり、東明寺百首に、 何事も心一つにはからふなだんがふしてぞこうくわいもなき

〔貞丈雜記〕

〈一/禮法〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0468 一古は貴人の御前に伺候するには、左のひざを立、右のひざをふせて座しける也、宗五一冊拔書に云、人の相伴の事、貴人の前にては、ひざを左の方を立てあるべし、すはり候物の時は、ひざなほしくふべし云々、左のひざ立るは、たヾ座する時、貴人の前にては如・此する也、酌をとる時は、右のひざを立る也、條々聞書酌幷記等にあり、今の世にては、かたひざ立るを、無禮の樣に心得る也、古はかたひざ立るを禮とす、

〔古事記〕

〈下/顯宗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0468 初天皇逢難逃時求其御粮猪甘老人、是得求、喚上而、斬於飛鳥河之河原、皆斷其族之膝筋(○○)

〔古事記傳〕

〈四十三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0468 膝筋は、膝の裏〈俗に云、ひつかゞみ、〉の筋なるべし、和名抄に、膝比佐、また筋須知とあり、書紀神功卷に、拔新羅王臏http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00502.gif (アハタコ)、云々〈和名抄に、膝良、師説、比佐乃加波良、髖膝骨也、阿波太古、俗云、阿波太、今按、髕與膝䯊名異實同とあり、これは今云膝頭なり、〉とあるは、筋には非れども、似たる事なり、

膝胢/髕

〔新撰字鏡〕

〈骨〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0468 」髕〈蒲忍反、膝之骨也、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00520.gif 同、比佐加美乃阿波太(○○○○○○○○)、〉

〔倭名類聚抄〕

〈三/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0468 膝䯊 宿耀經云、膝䯊、〈師説、比佐乃加波良(○○○○○○)、今案、胢、宜䯊、音苦何反、見唐韻、〉野王按、髕〈蒲忍反、上聲之重、字亦作臏、阿波太古(○○○○)、俗云阿波太(○○○)、今案髕與膝胢、名異實同、〉膝骨也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0468 原書秘密雜要品、今本云、若觸膝胢者屬奎宿、此所引卽是、而珂從肉作胢、蓋俗䯊字、古抄卷本作http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00521.gif、與源君所一レ見同、興福安礙新撰宿曜經亦作http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00522.gif、按廣韻、珂馬腦、䯊膝骨、二字音同義異、唐韻蓋與廣韻同、故云䯊也、然古無䯊字、故經借用珂字、非誤也、源君云宜䯊、經今本作胢者、皆不假借之理、改以俗字也、苦何反、廣韻同按比佐乃加波良、與髗訓加之良乃加波良同、今俗呼比佐乃佐良、又比佐加之良、〈○中略〉廣韻髕臏上同、醫心方髕訓比佐、又訓安波太古、又膝 臏訓加波良、神功紀臏肋、訓安八多古、新撰字鏡、髕訓比佐可美乃阿波太、〈○中略〉今本玉篇骨部云、髕人生朞而膝耑生、與此所一レ引不同、按髕膝骨也、見荀子正論注、説文、髕䣛耑也、

〔經穴纂要〕

〈五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0469 周身名位骨
臏骨〈説文膝端也、釋骨曰、蓋骨也、膝蓋之骨曰http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00520.gif 、經絡全書曰、膝蓋骨也、又名連骸骨、又釋骨曰、輔骨旁不輔、曰連骸、骸上者http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00282.gif 之上端也、説文曰、骸脛骨、圖翼曰、膝下内外側大骨、〉

〔類聚名義抄〕

〈二/肉〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0469 膝䯊(ヒサカハラ)

〔增補下學集〕

〈上二/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0469 膝䯊(ヒザカハラ)

〔日本書紀〕

〈九/神功〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0469 九年、〈○仲哀〉皇后從新羅還之、〈(中略)一云、禽獲新羅王于海邊、拔http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00520.gif匐石上、〈○下略〉

〔日本書紀通證〕

〈十四/神功〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0469主〈ノ〉臏http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00502.gif (アハタコノヲ)〈倭名抄、野王按、髕膝骨也、字亦作http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00520.gif 、和名阿波太古、俗云阿波太http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00502.gif 肋同當筋、古事顯宗記曰、斷其族之膝筋、筍子捶笞http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00520.gif 脚、註http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00520.gif 脚則其膝骨也、鄒陽曰、司馬喜賸脚於宋、漢書師古註、白虎通曰、犯臏者、以墨蒙其臏、象而畫之、髕去膝盍骨也、〉

〔倭名類聚抄〕

〈三/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0469 胻 説文云、胻〈胡郎反、和名波岐(○○)、〉脛也、釋名云、脛〈胡定反〉莖也、言似物莖也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0469 山田本、昌平本、郎作良、按胡郎與廣韻合、在十一唐、良在十陽、作良恐非、新撰字鏡、腨字跮字踁字髖字並訓波支、靈異記膊、醫心方脛䯒亦同訓、今俗呼須禰、〈○中略〉原書肉部作脛耑也、玉篇引説文同、並不輿此引、按廣韻、胻脛也、與此合、疑引唐韻、誤爲説文也、又説文云、脛胻也、或此胻脛誤倒、或曰、説文胻字次載腓字云、脛腨也、疑今本説文、渉之而誤衍耑字也、〈○中略〉原書似上有直而長三字、那波本似上有言字、按原書無、恐非是、

〔類聚名義抄〕

〈二/肉〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0469 胻〈戸郎反、又下更反、ハキ、和音行、〉

〔伊呂波字類抄〕

〈波/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0469 胻〈ハキ〉 脛 腨 㬵 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00524.gif 骹〈已上同〉

〔下學集〕

〈上/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0469 胻(ハキ)

〔增補下學集〕

〈上二/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0469 脛(ハキ)

〔古事記〕

〈中/垂仁〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0469 故大帶日子淤斯呂和氣命〈○景行〉者、治天下也、〈御身長一丈二寸、御脛長四尺一寸也、〉

〔徒然草〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0470 世の人の心まどはす事、色欲にはしかず、〈○中略〉久米の仙人の物あらふ女のはぎのしろきを見て、通をうしなひけんは、誠に手あしはだへなどの、きよらに肥、あぶらつきたらんは、外の色ならねばさもあらんかし、

三里

〔書言字考節用集〕

〈五/肢體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0470 三里(サンリ)〈炎穴〉

〔和漢三才圖會〕

〈十一/經絡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0470 足陽明胃經〈左右〉九十穴
三里 在膝眼下三寸、胻骨外廉、大筋内宛宛中、坐而堅膝低跗取之極重、按之則跗上動脉止矣、小兒忌之、反生疾、三十歳外方可灸、治諸病、能下氣、

〔俗説正誤夜光珠〕

〈下〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0470 三里は皿の口といふ説
俚言に、三里は皿の口とて、兪穴ひろく、灸所すこし違ひてもくるしからずといふこと、據なき誤なり、又膏肓は、血の口といふ人もあり、何れの灸穴にても、廣きといふはなきことなり、すべて經絡兪穴はよく考がへ正して、誠にても灸にてもすべし、若兪穴の差ひあれば、徒に良肉を破るのみにあらず、禁鍼禁灸の穴にあたれば、却て害あり、〈又阿是の穴といふは、秘傳あろ事也、〉されば始めて下す灸點を、委く知れる人に賴むべきなり、禮記の經解篇に易に曰はく、君子は始を愼む、差ふこと若毫http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00525.gif なれば、繆るに千里を以てすとは、此之謂也といへり、

〔新撰字鏡〕

〈肉〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0470 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00526.gif 〈國音曲脚中也、宇豆阿志(○○○○)、〉

〔倭名類聚抄〕

〈三/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0470 膕 大素經注云、膕〈戈麥反、和名與保呂(○○○)、〉曲脚中也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0470 榮花物語月宴卷、日蔭鬘卷、空穗物語樓上下卷、並言與保呂、與此同、仁德紀膕訓與保呂久保、新撰字鏡、㬹訓與保呂乃須知、膕訓孛豆阿之、與保呂須知、見宇治拾遺物語、或曰與保呂、弱折之轉、今俗呼比加々美、按又訓丁爲與保呂者、以脚力是名、猶今俗呼丁爲人足也、〈○中略〉黄帝内經太素三十卷、唐楊上善撰、所引人合篇注文、是書宋至明淸、至者録著、知西土早逸亡 也、今所傳亦缺七卷、所存二十三卷、按素問骨空論注、膕謂膝解之後、曲脚之中、委中穴、至眞要大論注、膕謂膝後曲脚之中也、與太素經注略同、荀子富國篇楊倞注、膕曲脚中也、王念孫曰、膕曲貌也、靈樞經通天篇云、太陰之入、其狀膕然末僂是也、

〔伊呂波字類抄〕

〈與/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0471 膕〈ヨホロ〉

〔雅言集覽〕

〈十九/與〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0471 よほろ〈足ノ折カヾミノ所ナリ〉

〔日本書紀〕

〈十一/仁德〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0471 六十五年、飛驒國有一人、曰宿儺、其爲人、〈○中略〉其有膝而無膕踵(ヨホロクボ)

〔空穂物語〕

〈樓の上下一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0471 八九ばかりなるをのこら、かみもよおろ(○○○)ばかりにて、〈○下略〉

〔倭名類聚抄〕

〈三/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0471 踵 唐韻云、跟〈根反、和名久比須(○○○)、俗云岐比須(○○○)、〉足踵也、踵〈音膧〉足後也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0471 醫心方、踵跟並訓久比須、按岐比須、見空穗物語貴宮卷、新撰字鏡、踝字趾字、古本跟字、仁德紀踵字、並訓久比々須、新撰字鏡㬹、訓支比々須乃須知、今關東俗呼加々登(○○○)、〈○中略〉廣韻作足後踵也、按説文玉篇並云、足踵也、孫氏蓋依之、廣韻後字、疑丘雍等所增、〈○中略〉按玉篇、踵足後、孫氏蓋依之、釋名、足後曰跟、在下方地、一體任之、象木根也、又謂之踵、踵鍾也、鍾聚也、體之所鍾聚也、按説文、歱跟也、又云、踵追也、一曰往來貌、二字不同、後人變止從足、二字混同無別、

〔類聚名義抄〕

〈五/足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0471 踵〈歱、クヒス、キヒス、音腫、〉

〔伊呂波字類抄〕

〈久/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0471 踵〈クビス〉 跟〈同、亦作垠、〉

〔物類稱呼〕

〈一/人倫〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0471 跟きびす〈くびす〉 關西にてきびす(○○○)と云、關東にてかヾと(○○○)と云、安房にて平三郎(○○○)と云、遠江にてあぐつ(○○○)と云、信州にてあくつ(○○○)と云、陸奥及越後にてあぐ(○○)といふ、九州にてあど(○○)ヽ云、

〔倭訓栞〕

〈前編八/久〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0471 くぼ 日木紀に踵をよめり、靈異記に凹をよみ、攝洲東生(ナリ)郡撫凹村と見ゆ、

〔倭名類聚抄〕

〈三/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0471 踝 唐韻云、踝〈胡瓦反、上聲之重、和名豆不奈岐(○○○○)、俗云豆布々之(○○○○)、〉足骨也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0471 神武紀、景行紀、踝訓川不奈幾、新撰字鏡、醫心方踝訓豆夫不志、並與此合、新 撰字鏡、又趺訓豆夫不志、又豆夫奈支、谷川氏曰、豆不々之、粒節之義、俗呼都久夫之、按今俗呼久留(○○)不之、〈○中略〉按説文、踝足踝也、釋名、踝确也、居足兩旁、磽确然也、亦因其形踝々然也、急就篇注、踝足之内外踝也、

〔類聚名義抄〕

〈五/足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0472 踝〈胡瓦反、ツフナキ、俗云ツフハシ、〉䟿〈俗〉

〔倭訓栞〕

〈中編六/久〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0472 くるぶし 俗に踝をいふ、轉節(クルブシ)の義なり、

〔物類稱呼〕

〈一/人倫〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0472 踝くろぶし〈つぶし〉 長崎にてとりのこぶし(○○○○○○)といふ、播磨にてつくるぶし(○○○○○)と云、遠江にてうちめぬき(○○○○○)、そとめぬき(○○○○○)と云、三河にてくろこぶし(○○○○○)と云、仙臺にてたヽみいぼ(○○○○○)と云、上總にて、うちいしなご(○○○○○○)、そとでいしなご(○○○○○○○)といふ、

〔倭名類聚抄〕

〈三/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0472 蹠 説文云、跖〈音尺、字亦作蹠、和名阿奈宇良(○○○○)、〉足下也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0472 玉篇跖蹠同上、按説文、蹠楚人謂跳躍蹠、是跖蹠二字不同、以、蹠爲跖者、蓋假借、非或字也、按阿奈宇良、見榮花物語音樂卷玉臺卷、新撰字鏡訓是乃宇良http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00527.gif 字趾字蹄字古本蹠字皆同、所引足部文、

〔類聚名義抄〕

〈五/足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0472 蹠〈音尺、アナウラ、〉 跖〈正アナウラ〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00528.gif 〈俗〉

〔伊呂波字類抄〕

〈安/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0472 蹠〈亦作路、足下也、〉 跏趺 跖〈已上同〉 跡〈アト、亦作迹、〉 蹤〈蹤跡〉 武〈已上同、堂上接武、〉 躅勝〈アト〉

〔增補下學集〕

〈上二/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0472 蹠(アナウラ/アシノコウ) 跖〈同上〉

〔倭名類聚抄〕

〈三/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0472 腓 陸詞曰、腓〈音肥、訓<ruby><rb>古無良、見周易、〉脚腓也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0472 腓見周易咸卦及艮卦、醫心方腨、新撰字鏡腨字、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00512.gif 字同訓、今俗呼不久良波伎、按訓轉筯古无良加倍利、謂腓筋之轉也、又古事記雄略條、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00529.gif御腕、御歌云、多古牟良爾、阿牟加岐都岐、多古牟良、蓋謂臂肉手腓之義、〈○中略〉按説文、腓脛腨也、腨腓腸也、卽此義王念孫曰、腓之言肥也、易咸六二咸異腓、鄭玄注、腓膊腸也、荀爽作肥、齊策、徐子之狗、攫公孫子之http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00530.gif 而噬之、並字異而 義同、廣韻引字林云、啓腨腸也、海外北經、無䏿之國、爲人無http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00531.gif 、郭璞曰、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00531.gif 肥腸也、

〔伊呂波字類抄〕

〈古/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0473 腓〈コムラ〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00512.gif 腨〈同〉

〔物類稱呼〕

〈一/人倫〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0473 腨こむら 東國にてふくらぱぎ(○○○○○)といふ、信濃にてたはらつばき(○○○○○○)といふ、中國にてひなますぼ(○○○○○)といふ、讃岐にてすぼき(○○○)といふ、伊豫にてふくら(○○○)と云、

〔倭名類聚抄〕

〈三/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0473 跗 儀禮注云、趺〈方倶反、字亦作跗、和名阿奈比良(○○○○)、〉足上也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0473 玉篇、跗跌同上、新撰字鏡、醫心方同訓、按阿奈比良、蓋足平之義、今俗呼阿之乃古布(○○○○○)、〈○中略〉儀禮注十七卷、漢鄭玄撰、所引士葬禮注文、原書趺作跗、按説文無跗趺、有柎、云闌足也、轉爲足上、故从足作跗、詩小雅釋文、柎亦作跗是也、後人諧聲又作趺也、

〔經穴纂要〕

〈五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0473 周身名位骨
覈〈釋骨曰、跗内下爲覈骨、一名核骨、圖翼曰、足大指本節後内側、圓骨、醫學綱目曰、本節後約二寸内踝前約三寸如棗核于足、内踝赤白肉際者是也、〉

〔伊呂波字類抄〕

〈安/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0473 跗〈アナヒラ、亦作跌足也、〉

〔古事記〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0473 是以、此二神〈○建御雷神、天鳥船神、〉降到出雲國伊那佐之小濱而〈伊那佐三字以音〉拔十掬劒、逆刺立于浪穂、趺(○)坐其劒前、問其大國主神言、〈○下略〉

〔古事記傳〕

〈十四〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0473 趺坐は阿具美韋氐(アグミイテ)と訓べし、〈宇知阿具美と、打てふ言を添るもよし、志理宇多牙と訓るはかなはず、〉書紀海神宮段に、寛坐とあるをも然訓り、阿具美は足る結(クム)と云ことにて、今俗に丈六かくと云坐樣なり、〈丈六かくとは、丈六の佛像の趺坐より出たるなるべし、又是を予郷の方言に、阿具良加久とも、阿受久美加久とも云り、阿受久美は足組にて、阿具美に同じ、さて踞は、阿具美韋と訓は宇にあたらず、踞は志理宇多牙なり、志理字多牙とは、尻打擧にて、跖を地に著て膝を立て、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00532.gif な浮擧て坐をも云べけれど、書紀欽明卷に乘踞胡床、敏逹卷に踞坐胡床などあるは然は聞えず、是は俗に腰懸ると云ものなり、物語文などには尻懸とあり、そは足を垂て、臀を物に上坐るなれば、尻打擧と云なるべし、字書に、據物坐日踞とある是なり、據物とは、俗にもれれかヽうと云ことには非ず、腰を懸ることなり、漢にては腰懸るをも坐と云、常のことぞ、熱れば書紀に踞其鋒端とあるは、劒鋒に腰を懸坐を云るにて、此記とはいさヽか異なり、〉趺字は、佛書にも結跏趺坐など常に云て、阿具美によく當れり、〈さて此阿具美居に二あり、組たる足の末を膝下に敷と、股上へ擧て跖を仰げて組となり、又膝を脇へ 張て、左右の足掌を合せても坐る、此も趺の類ひなり、〉さて今此神の如レ此爲たまふは、皆天神の御使の、絶れて奇く靈き威德あることを示せるなり、

〔豫章記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0474 益躬夷敵退治事家先例トテ勅ヲ承リ、九州發向シ、見給フニ味方一人モナシ、〈○中略〉鐵人モ乘興足擧、馬ノ上ヨリ遠見シテ彼是問、〈○中略〉袖下ニ隱持タル矢ノ鏃ハ綿繰也名掃鬼以今度亦擧處ヲ、抛矢被投ケレバ、趺(○)ヨリ頭迄徹ケルホドニ、馬ノ上ヨリ眞倒落、〈○下略〉

〔太平記〕

〈十〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0474 鹽飽入道自害事
三郎左衞門忠賴、〈○中略〉袖ノ下ヨリ刀ヲ拔テ偸ニ腹ニ突立テ、畏タル體ニテ死ケル、其弟鹽飽四郎是ヲ見テ、續テ腹ヲ切ラントシケルヲ、父ノ入道大ニ諫テ、暫ク吾ヲ先立、順次ノ孝ヲ專ニシ、其後自害セヨト申ケルヲ、鹽飽四郎拔タル刀ヲ收テ、父ノ入道ガ前ニ畏テゾ候ケル、入道是ヲ見テ、快ゲニ打笑、閑々ト中門ニ曲彔ヲカザラセテ、其上ニ結跏趺坐(○○○○)シ、硯取寄テ、自ラ筆ヲ染メ、辭世ノ頌ヲゾ書タリケル、〈○下略〉

戻脚

〔增補下學集〕

〈上二/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0474 戻脚(ワニアシ) 捲足〈同上〉

痿痹

〔倭名類聚抄〕

〈三/病〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0474 痿痺 蒼頡篇云、痿痺〈萎婢二音、俗云、比留無夜末比(○○○○○○)、〉不行也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/病〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0474 山田本、昌平本、婢作俾、按痺俾並屬幫母、婢屬並母、作俾爲是、然喉痺條云、侯婢二音、諸本同、則作俾疑非源君之舊、〈○中略〉醫心方痺疼並訓比留无、萬安方訓之比留、〈○中略〉慧琳音義引云、痿不行也、玄應音義引云、痺手足不仁也、二字異訓、素問亦痿論痺論各爲篇、可見痿與痺不同、按説文、痺溼病也、素問云、風寒溼三氣雜至、合而爲痺也、今俗呼志毘流是也、漢書哀帝紀賛卽位痿痺、末年寢劇、注、如淳曰、病兩足不相過痿則知痿、痺者、謂寒風溼氣、手足不仁、竟不行也、説文、痿痺也、統言之也、古多痿痺聯言、故源君擧痿痺、但引蒼頡篇、痿痺聯者非是、

〔增補下學集〕

〈上二/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0474 痿痺(ヒルムヤマ/シビリキルヽ)〈不能行也〉

〔日本後紀〕

〈八/桓武〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0475 延暦十八年二月乙未、贈正三位行民部卿兼造宮大夫美作備前國造和氣朝臣淸麻呂薨、〈○中略〉淸麻呂脚痿(○○)不起立、爲八幡神、輿病卽路、及豐前國宇佐郡楉田村、有一野猪三百許、挾路而列、徐歩前駈十許里、走入山中、見人共異之、拜社之日、始得起歩、神託宣賜神封綿八萬餘屯、卽頒給宮司以下國中百姓、始駕輿而往、後馳馬而還、累路見人、莫歎異

〔倭名類聚抄〕

〈三/病〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0475 蹇 説文云、蹇〈音犬、訓阿之奈閉(○○○○)、此間云、那閉久(○○○)、〉行不正也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/病〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0475 按新撰字鏡、攣訓手奈戸、癖訓足奈戸、靈異記攣躄同、蜻蛉日記有那閉久那閉久之語、今俗呼知牟婆、或呼毘都古、新撰字鏡、䮿訓足奈戸久馬、〈○中略〉原書足部云、蹇跛也、又云、跛行不正也、今引説文、以行不一レ正訓蹇字、恐誤、或行不正上脱跛也跛三字

〔類聚名義抄〕

〔五/足〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0475 蹇〈音犬、アシナヘ、〉

〔伊呂波字類抄〕

〈安/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0475 蹇〈アシナヘ、アシナヘク、〉 跛〈跛足也〉 躄 痿〈已上同.痿人不忌起具也、〉

〔書言字考節用集〕

〈五/肢體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0475 躄(アシナへ) 蹇(同) 跛(同)

〔倭訓栞〕

〈前編二/阿〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0475 あしなへ 靈異記に躄、和名抄に蹇をよめり、萬葉集に足疾をよめる歌に、葦若末乃足痛吾勢と見ゆ、あしなへのあなへぐわがせとよむべし、葦苗を蹇にいひかけたるなりといへり、新撰字鏡に、䮿をあしなへぐ馬とよみ、鼈をあしなへがめとよめり、

〔和漢三才圖會〕

〈十/人倫之用〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0475 踦(ちんぱ)〈音紀〉 㞆〈同〉 跛〈音波〉 蹇〈音堅〉 拐脚、〈俗云知牟波、又云阿之奈倍、〉
字彙曰、踦一足行也、 按、患鶴膝風踦者多、假杖以爲一足、故曰拐脚

〔古事記〕

〈中/垂仁〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0475是天皇患賜而御寢之時、覺于御夢曰、修理我宮天皇之御舍者、御子必眞事登波牟、〈自登下三字以音〉如此覺時、布斗麻邇邇占相而、求何神之心、爾祟出雲大神之御心、故其御子令其大神宮、將遣之時、令誰人者吉、爾曙立王食卜、〈○中略〉卽曙立王、莵上王二王、副其御子遣時、自那良戸跛盲大坂戸、亦遇跛盲、唯木戸是掖月之吉戸卜而、出行之時、毎到坐地品遲部也、

〔古事記傳〕

〈二十五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0476 遇跛盲は、阿斯那閉米志比阿波牟と訓べし、〈盲爾と、爾を添へて云は、雅言の格に非ず、此事は、上卷傳十六の廿一葉に、例どもを引て委く云り、〉和名抄に、説文云、蹇行不正也、訓阿之奈閉、此間云那閉久と見え、跛をも、説文には同く行不正也と注し、一書に足偏廢とも注せり、又思ふに、此に云るは、俗にいふ腰拔居去(コシヌケイザリ)にもあらむか、字書に、躄を跛甚者とも注し、兩足不行也とも注せれば、不能行者(エアルカザルモノ)をも、足那閉(アシナへ)と云つべし〈万葉二に、葦若生乃足痛吾勢とある足痛をも、師(賀茂眞淵)はアシナへ(○○○○)と訓まれき、〉盲は和名抄に、盲和名米之比とあり、〈字鏡には、瞶http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00534.gifhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00535.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00358.gif をみな目志比としるせれど、心得ぬ字どもなり、又眊を目暗ともしるせり、今世にも目久良と云り、〉さて首途に、跛盲の行遇ふを不吉とするは、跛は行くことあたはず、盲は前途を見ることあたはざる者なれば、共に旅行に殊に忌嫌ふべければなるべし、〈師は此跛盲二字を、二共に路眚の誤として、ミチマケと訓むべし、字鏡に、眚先定反、去、生目翳也、麻介とあり、こヽは道のまどはしに遇はむと云ことなりと云れしは、心得がたし、かの麻介は目翳とこそあれ、道のまどはしをいかでか然云む、又道のまどはしにあふと云も、何事ならむ、たしかならず、且諸本みな跛盲とこそあれ、路眚と作る本はなし、たゞ舊印本に、下なる跛を路と作れども、其も上なるをば、跛と作れば、路は、決く誤字なり、〉

〔古事記〕

〈下/顯宗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0476 初天皇逢難逃時、求其御粮猪甘老人、是得求、喚上而、斬於飛鳥河之河原皆斷其族之膝筋、是以至今、其子孫上於倭之日、必自跛(○)也、

〔筆のすさび〕

〈二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0476 一菅谷何某 河相周二が話に、赤穂義人のうち、菅谷何某、國除の後、備後三次にありしが、足跛(○○)、耳聾にて、毎日いでヽ魚を釣り遊ぶを、市童あつまり嘲笑す、かくて半歳ばかりにして、近隣に暇乞ひて出でしが、其後三次の郊外二里ばかりにて、三次の人、他所より歸るに行き逢ひければ、聊の用によりて、故郷へ歸るとていとま乞して過ぎし、其顏色常よりもゆヽしく、足も跛ならず(○○○○○○)、耳もよくきこゆと見ゆ、其人あやしみて人に語りしが、後におもひあはすれば、復讎の前、さらぬ體にもてなし居たるなるべし、

膝行

〔增補下學集〕

〈上二/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0476 膝行(イザリ)

〔書言字考節用集〕

〈五/肢體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0477 坐行(井ザリ)〈左傳〉膝行(同)〈活法〉

〔貞丈雜記〕

〈一/禮法〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0477 一膝行と云ふは、ひざにてあるきはひ出て、又はひ退く事也、貴人の御前へ進み出るにも、御前近くにては、立て進み退くは、無禮なる故、貴人よりこなた迄立ちて行きて、扨座しつくばひ、手をつきてひざにてはひ寄りはひ退く也、三手三足ばかりはひ進む也、退く時も同じ、

〔倭訓栞〕

〈前編四十三/爲〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0477 ゐざる 膝行をいふ、坐ながら行の義也源氏にゐざり出など見えたり、拾遺集に、かたゐざりするみどり子ともよめり、

〔和漢三才圖會〕

〈十/人倫之用〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0477 躄(ゐざりこしぬけ) 〈音碧〉 躃 〈俗云爲左利、用滕行二字、〉

〔日本書紀〕

〈十三/允恭〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0477 雄朝津間稚子宿禰天皇、瑞齒別天皇〈○反正〉同母弟也、天皇〈○中略〉及壯篤病、容止不便、六年〈○反正〉春正月、瑞齒別天皇崩、爰群卿議之曰、方今大鷦鷯天皇之子、雄朝津間稚子宿禰皇子與大草香皇子、然雄朝津間稚子宿禰皇子、長之仁孝、卽選吉日跪上天皇之璽、雄朝津間稚子宿禰皇子謝曰、我不天、久離篤疾歩行、且我旣欲病、獨非奏言、而密破身治病、猶勿差、由是先皇責之曰、汝患病、縱破れ身、不孝孰甚於茲矣、其長生之、遂不業、〈○下略〉

〔日本靈異記〕

〈中〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0477 行基大德携子女人視過去怨淵示異表縁第卅行基大德令開於難波之江、而造船津、説法化人、道俗貴賤集會聞法、爾時河内國若江郡川派里有一女人、携子參往法會法、其子哭譴不法、其兒年至于十餘歳、其脚不歩、哭譴飮乳、噉物無間、大德告曰、咄、彼孃人、其汝之子、持出捨淵、

〔古今著聞集〕

〈十二/偸盜〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0477 中納言兼光卿、十二月廿八日に、撿非違使別當になりて、廳務ことにおこし沙汰ありけるに、賤きものヽ小屋にちいさき釜のうせたりけるを、隣なりける腰居(○○)がぬすみたりけると云つぎありて、贓物をさがし出したりけるに、腰居申けるは、手をもちてこそゐざりありき 候へ、手をはなれていかでか取侍べき、他人ぞ盜てをきて侍らんと陳じければ、まことに申所理なりと沙汰有けれども、ぬすまれたる者の訴訟つよくて、大理の門前に召出して内問有けり、相論事ゆかざりけるに、別當謀をめぐらして、此腰居中所不便也、たヾ此釜をば腰居にとらすべしと仰下したりければ、腰居悦びて、かしらにうちかつぎていざり出けるをみて、實犯なりけり、かたわ(○○)の身なれども、かくしてぬすみてけるとさとりて、科にをこなはれけり、ゆヽしかりけるはかりごと也、

〔雲萍雜志〕

〈二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0478 ひとりの躄を車に載せて、十三四歳の子とおぼしきが、綱を肩にかけて曳き、蹙が妻とおもふ女の、幼子を背負ひ、六七歳なる子の手を引きて、道路に食を乞ひぬるを見て、ある人予〈○柳澤里恭〉にいひけるは、かく乞食の分際として、多くの子をまうけ、引つれてよわたりすること、せん方なきものなるべしと笑ふに、予おもへらく、よはさまざまの草の露、うつせばうつるいろいろなれど、よにある人の、親子、兄弟、夫婦の中に、へだてありて、國所を別にして、住居する輩にくらべては、たとひ乞食してなりとも、互にむつまじく、此乞食が如くありたきものなり、おもふに、車をひける子は孝子なり、子を負ひし妻は、貞婦ともいふべしといへば、その人笑をとヾめぬ、

〔漫遊雜記〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0478 痿躄(○○)初發、其人無黴毒曁疲血之諸症、而其心下痞鞭弦急者、多是氣疾也、須吐法後長服瀉心之方

行遲

〔醫心方〕

〈二十五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0478小兒數歳不一レ行方第九十九
病源論云、小兒生自變蒸、至於能語、随日數血脉骨節備成、其臏骨成則能行、骨是髓之所養、若禀生血氣不足者、卽髓不强、故其骨不卽成、而數歳不行也、

〔萬安方〕

〈四十〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0478 行遲〈ヲソクアリクナリ〉

手足指

〔倭名類聚抄〕

〈三/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0478 指 唐韻云、指、〈旨反、和名由比(○○)、俗云於與比(○○○)、〉手指也、扐〈勒反、和名於與比乃萬太(○○○○○○)、〉指間也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0479 於與比見源氏物語帚木卷、〈○中略〉按説文、指手指也、孫氏蓋依之、〈○中略〉神代紀、指間訓多奈萬多、廣韻作筮者著蓍指間、按説文、扐易筮再扐而後掛、玉篇、扐、易曰歸奇於扐、凡數之餘謂之扐、此似筮者著蓍字、然易釋文引馬融云、指間也、唐韻或依之、不廣韻也.

〔類聚名義抄〕

〈三/手〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0479 指〈音旨、ユヒ、俗云オヨヒ、〉 指〈正〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00537.gif

〔伊呂波字類抄〕

〈由/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0479 指 拇〈同〉

〔同〕

〈於/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0479 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00537.gif 〈オヨヒ、亦作指、〉

〔增補下學集〕

〈上二/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0479 <ruby><rb>指</rb>ユビ/ヲユビ

〔身體和名集〕

〈以〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0479 イビ 指

〔安齋隨筆〕

〈前編三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0479 および 指の事なり、古き物語などには、多くおよびと書けり、和名抄に、指和名由比、俗云於與比と見えたり、然ればゆびと云ふは本名にて、およびと云ふは俗語なり、およびを大指と心得、又小指と心得るはあやまり也、

〔和漢三才圖會〕

〈十二/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0479 指〈音止〉 指〈和名由比、〉扗〈音母〉 扐〈和名指乃末太〉 腡〈音羅、和名天乃阿夜、〉
手足指(○○○)十以通十二經 指間曰扐 指文曰腡 手足指節鳴曰http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00538.gif 〈音博〉
巨指大指也、足大指曰拇、食指人指之指也
將指中指也、俗云長(タケ)高指、 無名指、俗云紅粉付指、 季指小指也、
左傳注云、手中指爲將指、足大指亦爲將指、言其將領諸指也、足之用力、大指居多、手之取物中指爲長故也、

〔和漢三才圖會〕

〈十一/經絡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0479 指同身寸法
男左、女右手大指、與中指曲屈如環、而以中指第一第二横文盡處一寸、凡手足之寸、及背部之横寸、皆用之、其他宜其處處骨度

〔土佐日記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0479 廿日、〈○承平五年正月〉きのふのやうなれば、船いださず、みなひと〴〵うれへなげく、くるしく 心もとなければ、たヾ日のへぬるかずを、けふいくか、はつか、みそかとかぞふれば、および(○○○)もそこなはれぬべし、

〔武德編年集成〕

〈六十六〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0480 慶長十九年九月廿九日、駿府ノ獄舍ニ於テ、邪蘇ノ徒淸安、同獄ニ有ル罪人兩輩ヲ宗門ニ勸メ入、是ニ依テ、淸安ガ十指ヲ斷(○○○○)テ、額ニ十文字ノ燒印ヲ成シテ放逐セラル、

〔倭名類聚抄〕

〈三/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0480 拇 國語注云、拇〈母反、和名於保於與比(○○○○○)、〉大指也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0480 皇極紀、頭指訓於保與比非、頭指之非大指、食指條詳之、醫心方母指訓於保由比、按於保於與比、今俗呼於也由比、〈○中略〉國語注二十一卷、魏韋昭撰、所引楚語注文、按説文、拇將指也、段玉裁曰、足以大指拇、手以中指拇、手足不稱、引大射禮注左傳注易咸卦舊注證、然此列在腡後食指前、明以拇爲手大指、蓋其説不同、易解卦釋文引王肅、以拇爲手大指、或源君依之、

〔類聚名義抄〕

〈三/手〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0480 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00539.gif 〈オホユヒ、オホキナリ、〉 母http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00539.gif 〈同〉 大http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00539.gif 〈同〉

〔伊呂波字類抄〕

〈於/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0480 拇〈オホオヨビ、大指也、亦作挴〉

〔增補下學集〕

〈上二/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0480 拇(オホヲユビ/ヲヽユビ)〈大指〉

〔倭訓栞〕

〈中編三十/於〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0480 おやゆび 大拇指をいふ、孟子の巨擘も同じ、

〔續古事談〕

〈五/諸道〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0480 昔ハ諸道ノ博士ナドハ、裝束執スル事ナカリケルニヤ、光榮ト云ケル陰陽師、上東門院ノ御産ノ時、アサマシゲナルウヘノキヌ指貫ニヒラグツハキテ、ビムモカヽデ中門ヨリイリテ、ハシガクシノ間ヨリノボリテ、フトコロヨリ白虫ヲトリ出シテ、高欄ノヒラゲタニアテヽ、大ユビシテ殺シケリ、ウヘノキヌノシタニハ、布ノアヲトイフ物ヲゾキタリケル、

〔吾妻鏡〕

〈二十八〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0480 寛喜三年三月二日、晩景、將軍家、御足大指(○○○○)以刀令突切給之聞血出、諸人群參、御所中騷動云云、然而無殊御事云云、

食指

〔倭名類聚抄〕

〈三/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0480 食指 左傳云、食指〈楊氏漢語抄云、頭指、比止佐之乃指(○○○○○○)、〉第二指也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0481 漢書云、左氏傳三十卷、左丘明、今所傳晉杜預集解、食指見宣四年傳、按外臺秘要引崔氏云、患殗殜等病必痩、脊骨自出、以壯丈夫、屈手頭指及中指、夾患人脊骨、従大椎下盡骨、極指復向上、來去十二三廻、又弘決外典抄云、五指主五藏、故大指主肝、頭指主肺、中指主心、無名指主脾、小指主腎、皆謂第二指頭指楊指説合、皇極紀云、常世蟲大如頭指許亦謂第二指、今蠋大如許、今本訓於保與比者誤、〈○中略〉今本玉篇手部云、春秋傳曰、食指動、謂第二指也、知是條左傳、玉篇所引、下條儀禮孟子、亦蓋顧氏所引證也、

〔類聚名義抄〕

〈三/手〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0481 頭指〈ヒトサシノオヨヒ〉 食指〈ヒトサシヒトサシノユヒ〉

〔增補下學集〕

〈上二/支體H 食指(ヒトサシノヲヨビ/ヒトサシユビ) 〈第二指也〉〉

中指

〔倭名類聚抄〕

〈三/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0481 中指 儀禮云、中指〈和名奈加乃於與比(○○○○○○)〉第三指也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0481 中指見既夕禮

〔類聚名義抄〕

〈三/手〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0481 中指〈ナカノヲヨヒ〉

〔伊呂波字類抄〕

〈奈/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0481 中指〈ナカノユヒ〉

〔增補下學集〕

〈上二/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0481 中指(カカノヲヨヒ)〈第三指也〉

〔松屋筆記〕

〈五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0481 たか〳〵指〈幷〉くすり指
同書〈○禰津松鷗軒記〉に、大鷹のをば、たか〳〵ゆびにくらぶべし、又小鷹の緒は、薬ゆびに三分みじかくすべしと云々、按にたか〳〵指は中指也、

〔身體和名集〕

〈太〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0481 タカ〳〵ユビ 中指

〔身體和名集〕

〈奈〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0481 ナカユビ 中指

無名指

〔倭名類聚抄〕

〈三/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0481 無名指 孟子云、無名指〈和名奈々之乃指(○○○○○)〉第四指也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0481 漢書云、孟子十一篇名軻、今所傳趙岐注十四卷、無名指見告子上篇、按尊圓 親王臨池抄、謂之須之由比、今俗呼久須利由比

〔類聚名義抄〕

〈三/手〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0482 無名指〈ナヽシノヲヨヒ〉

〔伊呂波字類抄〕

〈奈/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0482 無名指〈ナヽシノユヒ〉

〔下學集〕

〈上/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0482 無名指(ナゝシノヲヨビ)〈第四指也〉

〔倭訓栞〕

〈前編二十七/倍〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0482 べにさしゆび(○○○○○○) 孟子に無名指と見ゆ、又くすりゆびといへり、蒙引に第四指也、非人所緊要、故謂無名指と見ゆ、

〔身體和名集〕

〈邊〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0482 ベニツケユビ 無名指

〔今昔物語〕

〈十一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0482 天智天皇建志賀寺語第二十九
今昔、天智天皇近江ノ國志賀郡粟津ノ宮ニ御マシケル時ニ、寺ヲ起テムト云フ願有テ、寺ノ所ヲ示シ給ヘト祈リ願ヒ給ヒケル、〈○中略〉明ル年ノ正月ニ、始テ大ナル寺ヲ被・起レテ、丈六ノ彌勒ノ像ヲ安置シ奉ル、供養ノ日ニ成テ、燈盧殿ヲ起テ、王自ラ右ノ名无シ指ヲ以テ(○○○○○○○)御燈明ヲ挑給テ、其指ヲ本ヨリ切テ、石ノ筥ニ入テ、燈樓ノ土ノ下ニ埋ミ給ヒツ、是手ニ燈ヲ捧テ彌勒ニ奉給志ヲ顯シ給フ也、

季指

〔倭名類聚抄〕

〈三/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0482 季指 儀罐云、季指〈和名古於與比(○○○○)〉小指第五指也、

〔類聚名義抄〕

〈三/手〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0482 季指〈コオヨヒ〉

〔伊呂波字類抄〕

〈古/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0482 季指〈コオヨヒコユヒ〉

〔下學集〕

〈上/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0482 季指(コテヨビ/コユビ) 小指

〔身體和名集〕

〈古〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0482 コユビ 小指

〔陰德太平記〕

〈六十六〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0482 淸水宗治自害附秀吉與元春隆景和睦事
秀吉事急ナル仔細アリ、早々互ニ起請文ヲ取替スベシ、安國寺往來モ六箇敷カルベシ、吾先起請 文ヲ可認トテ、牛王ノ裏ニ大小ノ神祗ヲ載テ、盟文ヲ書、小指(○○)ノ血ヲ淋テ、安國寺ガ目前ニテ、判形ヲ居、秀吉ガ心底如此、斯上猶疑心アラバ無力、若無別條ハ、和僧元春隆景ノ誓書持來レト宣ヘバ、安國寺馳歸テ、秀吉ノ判形ヲ見セ申、

指間

〔類聚名義抄〕

〈三/手〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0483 扐〈音勒オヨユヒノマタ〉

〔伊呂波字類抄〕

〈由/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0483 扐〈ユヒノマタ〉

〔同〕

〈於/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0483 扐〈オホオヨヒノマタ〉

〔古事記〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0483是伊邪那岐命、拔御佩之十拳劒、斬其子迦具土神之頸、〈○中略〉集御刀之手上血、自手俣(○○)漏出所成神名、〈訓漏云久伎〉闇游加美神、

〔古事記傳〕

〈五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0483 手俣(ミタナマタ)は、師の多那麻多(タナマタ)と訓れたるに依べし、上に美を添るは御の意なり、〈本に多能麻多と訓、又書紀に、指間を多麻々多と訓る所もあり、いかゞ、〉那(ナ)は之(ノ)に同じ、手心、手裏、手末など云例なり、さて記中の俣字、延佳本には、すべて股と作り、こはさかしらに改つるなり、俣は字書には見えねど、此方の古書にあまねく用ひて、今も猶地名などには、此字をのみ書來れり、改むべきにあらず、〈此外も漢國になき字又あれども、あらぬ意に用ひたるなど、古書には此類いと多し、〉

〔倭名類聚抄〕

〈三/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0483 爪甲 四聲字苑云、爪〈音早、和名豆女(○○)、〉手足指上甲、〈(甲下一本有也字)和名豆女乃古布(○○○○○)、〉

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/手足〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0483 按豆米、端末之義、謂橋端波之豆米、爪甲在手末故名、謂屋邊軒乃都萬亦同語、摘訓都牟、撮訓都萬牟、皆爪之活用者、〈○中略〉急就篇捲捥節爪拇指手、注爪指甲也、釋名、爪紹也、筋極爲爪、紹續指端也、按説文覆手曰爪、又云、㕚手足甲也、二字不同、經典皆借爪爲㕚、㕚字遂癈、那波本、也下夾注和名豆女乃古布七字、按載一訓、宜注末、今載在條末、又類聚名義抄、伊呂波字類抄、皆無是訓、知是後人所增、非源君舊文

〔類聚名義抄〕

〈九/瓜〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0483 爪〈音早 ツメ和サウ〉

〔伊呂波字類抄〕

〈都/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0483 爪〈ツメ〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00540.gif 〈音戰〉 甲〈同〉

〔撮壤集〕

〈下/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0484 爪(ツメ)〈和名〉 甲(コウ)〈ツメ〉

〔倭訓栞〕

〈前編十六/都〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0484 つめ 爪をよめり、角芽といふにや、爪甲とも見ゆ、爪は長くなれば、剪棄るものなるをもて、神代より棄(キラヒ)物といひ、又收るのりも見えたり、侍中群要に、御爪切了令御生氣方と見ゆ、土佐日記に、爪ののびたるを見て、日をかぞふと見ゆ、また異邦にては、賤しき人は爪をとり、貴き人は爪とらでながし、今もしかりとぞ、又文官は爪をきらず、武官は爪をきるともいへり、

〔和漢三才圖會〕

〈十二/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0484 爪〈音早〉 甲〈音夾〉 叉〈音〉 筋退 和名豆女
爪者手足指上甲也、内經云、爪甲者筋之餘、膽之外候也、爪厚色黄者膽厚、爪薄色紅者膽薄、爪堅色青者膽急、爪耎色赤者膽緩、爪直色白者膽直.爪惡色黑者膽結、
氣味、〈甘鹹〉治衂血、〈細刮吹之〉淋病及尿血〈燒灰水服〉針折入肉及竹木刺者、〈刮爪細末用酸棗擣爛塗之次日定出、〉目生花瞖〈爪細末和乳點之〉 字彙載説文云、爪覆手取物曰爪、爲抓爪之爪手足甲、作叉字亦誤也、
按爪卽象形爲正字、故从爪字甚多也、別有爪字、〈音掌乳持〉疑所謂覆手取物、抓之本字是矣、蓋爪爪以相似誤註者乎、
甲者草木初生之莩子也、又介甲之甲也、人爪與介蟲甲略似、故稱之爪甲耳、
叉〈與瓜同字〉又者古之手字也、二點象爪形、〈會意〉凡治手足爪、蚤、曲禮云蚤鬋者是也、

〔日本書紀〕

〈一/神代〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0484 諸神歸罪過於素戔鳴尊、而科之以千座置戸、遂促徴矣、至使髮以贖其罪、亦日拔其手足之爪之、已而竟逐降焉、
一書曰、〈○中略〉卽科素戔鳴尊千座置戸之解除、以手爪吉爪棄物、以足爪凶爪棄物(○○○○○○○○)、乃使天兒屋命其解除之大諄辭而宣之焉、世人愼收己爪者此其縁也、

〔日本書紀〕

〈十六/武烈〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0484 三年十月、解人指甲(ヒトノナマツメ)使暑預

〔源平盛衰記〕

〈十二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0484 敎盛夢忠正爲義事 平中納言敎盛ノ夢ニ見給ヒタリケルハ、〈○中略〉新院〈○崇德〉ノ御貌ヲ奉見バ、足手ノ御爪長々ト生、御髮ハ空樣ニ生テ銀ノ針ヲ立タルガ如シ、御眼ハ鵄ノ目ニ似サセ給ヘリ、

〔太平記〕

〈十五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0485 園城寺戒壇事
承保元年十二月十六日ニ、皇子御誕生有テケリ、帝叡感ノ餘ニ、御禱ノ勸賞宜依請ベシト被宣下、賴豪年來ノ所望也ケレバ、他ノ官祿一向是ヲ閣テ、園城寺ノ三摩耶戒壇造立ノ勅許ヲゾ申賜ケル、山門又是ヲ聽テ、欺狀ヲ捧テ禁庭ニ訴へ、先例ヲ引テ停廢セラレント奏シケレドモ、綸言再ビ不復トテ、勅許無リシカバ、三塔嗷議ヲ以テ谷々ノ講演ヲ打止メ、社々ノ門戸ヲ閉テ、御願ヲ止ケル間、朝議難默止シテ、無力三摩耶戒壇造立ノ勅裁ヲゾ被召返ケル、賴豪是ヲ忿テ、百日ノ間、髮ヲモ不剃爪ヲモ不切、爐壇ノ烟ニフスボリ、嗔恚ノ炎ニ骨ヲ焦テ、〈○下略〉

〔太平記〕

〈三十五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0485 北野通夜物語事附青砥左衞門事
是ヲ聞テ十文ノ錢ヲ求メントテ、五十ニテ續松ヲ買テ燃シタルハ、小利大損哉ト笑ケレバ、青砥左衞門、眉ヲ顰テ、サレバコソ、御邊逹ハ愚ニテ、世ノ費ヲモ不知、民ヲ惠ム心ナキ人ナレ、錢十文ハ只今不求バ、滑河ノ底ニ沈テ永ク失ヌベシ、某ガ續松ヲ買セツル五十ノ錢ハ、商人ノ家ニ止マテ、永不失、我損ハ商人ノ利也、彼ト我ト何ノ差別カアル、彼此六十文ノ錢一ヲモ不失、豈天下ノ利ニ非ズヤト、爪彈ヲシテ申ケレバ、難ジテ笑ツル傍ノ人々、舌振テゾ感ジケル、

〔九條殿遺誡〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0485 先起稱屬星名號七遍、〈○中略〉次除手足甲(ツメ)、〈丑日除手甲、寅日除足甲、〉

〔土佐日記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0485 廿九日、〈○承平五年正月〉ふねいだしてゆく、うら〳〵とてりてこぎゆく、つめのいとながくなりにたるを見て、ひをかぞふれば、けふは子日なりければきらず、

〔雲萍雜志〕

〈一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0485 ある人の妻、夫の爪を取ぬるをとヾめて、けふは辰の日なり、爪を取り給ふべからずといふ、傍の人これを聞きて、いかなることにかと問へば、辰は龍なり、龍は爪なくてかなふべか らず、大切の日なりといふ、かたはらの人笑ひて、さあらばそのもとは、酉の日ばかりに時をつくりて、雄鳥をすヽめらるヽにやといへば、その妻大いにいきどほりぬ、

〔諼草小言〕

〈二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0486 曲禮、不蚤鬋ノ註、蚤讀爲爪鬋鬋鬢也、疏曰、謂爪、又曰以治手足爪也、鬋剔治鬚髮也トアリ、除爪トミルトキハ、古ハ爪ヲ除キ去リシナリ、

〔松屋筆記〕

〈二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0486 爪を剪事
同卷〈○眞俗雜記問答抄卷廿〉に、人剪爪必細剪捨事、問如何、答唯識述記第十云、若剔毛剪爪如初月、犯偸蘭遮〈文〉推云、爲初月形細切云可之歟云々、與淸按に除爪日の事、土左日記、九條殿遺誡などに見ゆ、

五臓六腑

〔倭名類聚抄〕

〈三/藏府〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0486 五藏 中黄子云、五臟、肝心脾肺腎也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/臟腑〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0486 按文子微明篇、中黄子曰、天有五方、地有五行、聲有五音、物有五昧、色有五章、人有五位、羅泌路史注引之云、古有中黄子、道家有中黄經、叙釋云、中黄眞人著、今撿道藏目録盡字號、有大淸中黄經二卷、素問金匱眞言論、肝心脾肺腎五臟皆爲陰、白虎通五藏者何謂也、肝心肺臂脾也、按藏字、説文作臧、云善也、段玉裁曰、凡物善者必隱於内也、故轉爲臧匿字、从艸作藏、以別臧善字、藏匿又轉爲藏府字、俗或从肉作臟、

〔倭名類聚抄〕

〈三/藏府〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0486 六府 中黄子云、六府大腸、小腸、膽、胃、三膲、膀胱也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/臟腑〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0486 素問金匱眞言論、膽、胃、大腸、小腸、膀胱、三焦、六府皆爲陽、白虎通六府者何也、謂大腸、小腸、胃、膀胱、三焦、膽也、周禮疾醫注、六府胃小腸、大腸、膀胱、膽、三焦、以其受盛、故謂之爲府、按説文、府文書藏也、轉爲藏府字、俗或从肉作腑、

〔伊呂波字類抄〕

〈古/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0486 五藏〈五藏、肝、肺、心、腎、脾、〉

〔同〕

〈呂/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0486 六府〈俗作腑〉 〈大膓心府 胃脾府 旁光肺府 三焦腎府 膽肝府〉

〔下學集〕

〈上/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0486 五臟(ゴザウ) 六腑(ロツプ)〈先論五臟者、左心肝腎、右肺脾命門也、命門與腎同位也、五臟有六腑、心小膓腑、肝膽腑、腎膀胱腑(ハウクワウ)、肺大膓腑、脾胃腑、命門三焦腑也、〉

〔醒睡笑〕

〈二/躻〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0486 腑のぬけたる仁に、ゑびをふるまひけるが、赤を見てこれはむまれつきか、又朱にてぬ りたつものかととふ、生得は色があをけれど、かまにていりて、あかふなるといふをがてんしゐけり、ある侍の馬にのりたる先一二間半柄の朱鑓、二十本ばかりもちたる中間どものはしるをみ、てうつてさても世はひろし、奇特なる事やと戚ずる、なにをそなたはかんずるやととひたれば、其事よ、今の鑓のえのいろは、火をたひてむいたものぢやが、あれほどながひなべが、よふあつた事やと、

三膲

〔倭名類聚抄〕

〈三/藏府〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0487 三膲 中黄子云、三膲、〈焦反、和名美乃和太(○○○○)、〉孤立爲中漬之府、〈○府下一本有野王案上中下謂之三膲也十一字、〉

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/臓腑〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0487 山田本注首有膲字、下總本有下字、醫心方同訓、〈○中略〉昌平本夾注上膲中膲下膲也七字、曲直瀨本、下總本、上中下三字作上膲中膲下膲六字

〔類聚名義抄〕

〈二/肉〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0487 膲〈音焦 液膲 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00541.gif 膲 ミノワタ〉三膲〈ミノワタ〉

〔伊呂波字類抄〕

〈見/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0487 三膲〈ミノワタ六府也、〉

〔增補下學集〕

〈上二/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0487 三膲(ミノワタ)〈孤立爲中瀆之府

〔黄帝八十一難經疏證〕

〈下〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0487 三十一難曰、三焦(○○)者、何禀何生、何始何終、其治常在何許、可曉以不然、三焦者水穀之道路、氣之所終始也、上焦者在心下下膈、在胃上口、主内而不出、其治在膻中、玉堂下一寸六分、直兩乳間陷者、是中焦者在胃中脘、不上不下、主熟水穀、其治在齊傍、下焦者、當膀胱上口主分別淸濁、主出而不内、以傳導也、其治在齊下一寸、故名曰三焦、其府在氣街、一本曰衝、

〔醫心方〕

〈六〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0487三膲病方第廿
病源論云、三膲盛爲餘、則脹氣滿於皮膚、内輕々然而不窂、或小便澀或大便難、是爲三膲之實也、則宜之、三膲氣不足則寒、氣客之病遺尿、或泄利、或胷滿、或食不消、是三膲之氣虛也、宜之、

〔和漢三才圖會〕

〈十一/經絡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0487 三焦(さんせう) 手少陽三焦 〈和名美乃和太、少血多氣、〉
三焦者、決瀆三官水道出焉、與手厥陰表裏、 上焦有心下、下鬲在胃上口、主内而不一レ出、上焦不治則水泛高原
中焦有胃中脘、不上不下、主熟水穀、中焦不治、則水留中脘
下焦在膀胱上口、主出而不内、以傳道也、下焦不治則水亂二便
三焦共氣治、則脉絡通、而水道利焉、然於十二臟之中惟三焦獨大、諸臟無與匹者、故名曰是孤之府也、密理厚皮者、三焦膀胱厚、 麤理薄皮者、三焦膀胱薄、
勇士者、目深以固、長衡直揚、三焦理横也、
怯士者、目大而不減、陰陽相失、其理縱也、

〔倭名類聚抄〕

〈三/藏府〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0488 肺 白虎通云、肺〈廢反、和名布久不久之(○○○○○)、〉金之精也、色白、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/臟腑〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0488 新撰字鏡胊字膎字脯字胇字並同訓、〈○中略〉白虎通肺之爲言費也、説文肺金藏也、釋名肺勃也、言其氣勃鬱也、

〔類聚名義抄〕

〈二/肉〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0488 肺〈芳吠反、音廢、フクフクシ、キモ、〉

〔伊呂波字類抄〕

〈不/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0488 肺〈フタノシ、五藏一也、〉

〔和漢三才圖會〕

〈十一/經絡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0488 肺〈音費〉 手太陰肺 〈和名布久不久之、多氣少血、〉
肺者、相傳之官治節出焉、乃氣之本、魄之居也、蓋肺與心皆居膈上、位高近君、肺主氣、氣調則營衞藏府無治、故曰治節出焉、
肺形四垂附著於脊之第三椎、六葉兩耳凡八葉、其葉白瑩以覆諸藏、虛如蜂窠、下無透竅、吸之則滿、呼之則虛、一呼一吸、消息自然、司淸濁之運化、爲人身之槖籥也、中有二十四空、行列以分布諸藏府淸濁之氣、而爲之華蓋、陽中之太陰而開竅於鼻、其病在背及皮毛

〔技癢録〕

〈二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0488 肺附
肺附史記武安君僅、蛤以二肺附京師相、中山王靖傳得肺附、劉向封事臣幸得肺附、注並曰、如肺 肝相附著、此説甚乖乎人身、夫肺肝其間有隔膜限、固不相附近、註家蓋錯視大學如一レ其肺肝以作説、殊不知大學只是欲人身底裏、故特擧其内藏大者而統小者、本非其附近也、且若以肺肝相附著者、則莊子何不肺肝胡越而曰肝膽胡越邪、曰然則肺附云何解之、曰肺者統内藏之、肺附猶内屬也、又按、正字通曰、肺腑、或作肺附肺胕、則肺腑似是本字、其爲肺腑、當是藏腑之意、乃看如心腹股肬爪牙之例亦通、

〔倭名類聚抄〕

〈三/藏府〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0489 心 白虎通云、心火之精也、色赤、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/臟腑〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0489 白虎通又云、心之爲言任也、任於思也、説文、心人心、土藏在身之中象形、博士説以爲火藏、釋名心纖也、所識纖微、無物不一レ貫也、

〔類聚名義抄〕

〈六/心〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0489 心〈音深、コヽロ、〉

〔伊呂波字類抄〕

〈古/人髓〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0489 心〈コヽロ、五藏心也、火藏也、〉

〔增補下學集〕

〈上二/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0489 心(コヽロ)〈火之精也、色赤、〉

〔和漢三才圖會〕

〈十一/經絡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0489 心〈音辛〉 手少陰心 〈少血多氣〉
心者、君主之官神明出焉、心居肺管之下、膈膜之上、附著脊之第五椎、心主神、乃生之本、神之變也、心象尖圓、形如敷蓮花、其中有竅、多寡不同、以導引天眞之氣下無透竅、上通乎舌、共有四系、以通四藏、〈肝、腎、肺、脾、〉
心外有赤黄裏脂之心包絡、心下有膈膜、與脊脇周廻、相看遮蔽濁氣、使薰心肺、所謂膻中也、

〔倭名類聚抄〕

〈三/藏府〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0489 胃 中黄子云、胃、〈謂反、和名久曾和太布久呂(○○○○○○○)、〉爲五穀之府

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/臟腑〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0489 按久曾布久路與類聚名義抄、伊呂波字類抄、新撰字鏡、撮壤集、字鏡抄、醫心方旁訓合、〈○中略〉説文、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00459.gif 穀府也、从http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00460.gif 象形、釋名胃圍也、圍受食物也、

〔類聚名義抄〕

〈二/肉〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0489 胃〈音謂、クソフクロ、〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00542.gif 〈正〉 @km0000m00543〈俗〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00544.gif 〈俗〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00545.gif 〈俗通クソフクロ〉

〔伊呂波字類抄〕

〈久/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0490 胃〈クソフクロ胃管http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00455.gif

〔增補下學集〕

〈上二/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0490 胃(クソワタフクロ) 〈爲五穀之府

〔和漢三才圖會〕

〈十一/經絡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0490 胃〈音位〉 足陽明胃 〈和名久曾和太布久呂、氣血倶多、〉
胃者倉廩之官、水穀之海、六腑之大源也、胃之上口名賁門、飮食之精氣從此上、輸於脾肺、宣播於諸脉胃之下口、卽小腸之上口、名幽門、正中爲中脘、胃形大一尺五寸、紆曲屈伸、長一尺六寸、徑五寸、横屈受水穀三斗五升、其中之穀常留二斗、水一斗五升而滿、

〔倭名類聚抄〕

〈三/藏府〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0490 肝 白虎通云、肝〈干反、和名岐毛(○○)、〉木之精也、色青、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/臟腑〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0490 本居氏曰、古總稱臟胕岐毛、今俗呼肝膽皆爲岐毛、古名之遺者也、五臟六腑各有和名、非古、至鳥獸臟腑、今猶總稱岐毛、按欽明紀刳肝斮趾、不其快http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00262.gif 骨焚屍、不其酷、謂藏府肝、蓋古訓藏府岐毛、故以後世訓岐毛之肝字之也、推古紀汝肝稚之、以肝爲心、又古歌以肝向群肝心之枕詞、今俗謂焦心歧毛以留、謂大膽歧毛不登之、謂膽力歧毛都夫須、皆可本居氏之説也、〈○中略〉所引情性篇文、下同、説文、肝木藏也、釋名肝榦也、於五行木、故其體狀有枝榦也、凡物以木爲榦也、按今尚書歐陽説、肝木心火脾土肺金腎水、古尚書説、脾木肺火心土肝金腎水、白虎通用今尚書説、鄭玄注月令亦同、楊雄大玄經、從古尚書説、高誘注呂氏春秋及説文、兼用今古説

〔伊呂波字類抄〕

〈幾/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0490 肝〈キモ、木藏、〉 膽 丹田〈已上同〉

〔增補下學集〕

〈上二/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0490 肝(キモ/カン)〈木之精也、色青、〉

〔倭訓栞〕

〈前編七/幾〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0490 きも 肝をいふ、氣の元(モト)なるべし、又木の精也といへば、木元の義なるにや、

〔和漢三才圖會〕

〈十一/經絡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0490 肝〈音干〉 足厥陰肝、 〈和名岐毛、多血少氣、〉
肝者將軍之官、謀慮出焉、屬風木性、動而急也、故爲將軍之官、木主發生、故爲謀慮所一レ出矣、肝者罷極之 本、魂之所居也、
肝者木之精也、人怒則無色青目䀼張者其效也、又云肝主仁、仁者不忍、
肝形、左三葉、右四葉、凡七葉在右脇右腎之前、並胃著脊之第九椎、其系上絡心肺、下亦無竅、通春氣、爲陽中之少陽

〔源平盛衰記〕

〈六〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0491 内大臣召兵事
馬ニ乘モノラザルモ、弓ヲ取モ取ラザルモ、出家遁世ノ古入道ニ至迄馳參ケレバ、洛中邊土ノ騷斜ナラズ、保元平治ノ逆亂ニ物懲シテ、貴賤上下肝ヲケス(○○○○)、

〔源平盛衰記〕

〈九〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0491 宰相申預丹波少將
人ノ思歎ヲ休、物ノ所望ヲ叶サセ給ナバ、皇子御誕生有テ、家門ノ榮花モイヨ〳〵開ヌト相存ズ、誠ニ人ノ親トシテ子ノウレへ歎ヲ見聞シ程ニ、身ニシミ肝ヲ焦ス事、何カハ是ニマサルベキ、

〔太平記〕

〈二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0491 僧徒六波羅召捕事附爲明詠歌事
爲明卿ノ事ニ於テハ、先京都ニテ尋沙汰有テ、白狀有ラバ關東へ註進スベシトテ、撿斷ニ仰テ、已ニ嗷問ノ沙汰ニ及ントス、〈○中略〉爲明卿是ヲ見給テ、硯ヤ有ト尋ラレケレバ、白狀ノ爲カトテ、硯ニ料紙ヲ取添テ奉リケレバ、白狀ニハアラデ一首ノ歌ヲゾ書レケル、
思ヒキヤ我敷島ノ道ナラデ浮世ノ事ヲ問ルベシトハ、常葉駿河守此歌ヲ見テ、戚歎肝ニ銘ジ(○○○○)ケレバ、泪ヲ流シテ理ニ伏ス、東使兩人モ是ヲ讀テ諸共ニ袖ヲ浸シケレバ、爲明ハ水火ノ責ヲ遁レテ、咎ナキ人ニ成ニケリ、

〔太平記〕

〈十三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0491 兵部卿宮薨御事
淵邊シタヽカナル者ナリケレバ、〈○中略〉宮〈○大塔宮護良〉少シ弱ラセ給フ體ニ見ヘケル處ヲ、御髮ヲhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00330.gif テ引擧テ、則御頸ヲ搔落ス、〈○中略〉去程ニ御カイシヤクノ爲、御前ニ候ハレケル南ノ御方、此有樣ヲ見 奉テ、餘ノ恐シサト悲シサニ、御身モスクミ、手足モタヽデ坐シケルガ、暫肝ヲ靜メ(○○○○)テ、人心付ケレバ、〈○下略〉

〔倭名類聚抄〕

〈三/藏府〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0492 膽 中黄子云、膽〈都敢反、和名伊(○)、〉爲中精之府

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/臟腑〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0492 欽明紀同訓、説文、膽、連肝之府、

〔伊呂波字類抄〕

〈伊/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0492 膽〈イ、肝膽、膽六府一名也、〉

〔下學集〕

〈上/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0492 膽(キモ)

〔增補下學集〕

〈上二/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0492 膽〈イ、爲中精之府

〔和漢三才圖會〕

〈十一/經絡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0492 膽(たん) 足少陽膽 〈和名伊、多氣少血、〉
膽者、淸淨之府、中正之官、決斷出焉、主藏而不瀉、凡他十一臟、皆取決於膽也、肝膽二者司勇、
膽形如懸瓠、居肝之短葉間、水色金精無出入竅、不六腑、傳化而爲淸淨之府、受水之氣坎同位、〈屬甲木東方之震、〉
今人悲則涙出者、水得火而煎、陰必從陽也、老人膽汁慳哭則無涙、笑則有涙、火盛水虧也、故膽熱亦流涙、膽氣虛亦溢爲涙、凡膽熱則多眠虛則不眠、

〔倭名類聚抄〕

〈三/藏府〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0492 脾 白虎通云、脾〈俾名移反、和名與古之(○○○)、〉土之精也、色黄、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/臟腑〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0492 新撰字鏡同訓、谷川氏曰、寄來之義、謂化食物也、〈○中略〉白虎通、脾之爲言裨也、説文、脾土藏也、釋名脾裨也、在胃下、裨助胃氣、主穀也、

〔伊呂波字類抄〕

〈與/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0492 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00294.gif 〈ヨコシ〉

〔增補下學集〕

〈上二/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0492 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00294.gif (ヨコシ/ヒ)〈土之精也、色黄、〉

〔和漢三才圖會〕

〈十一/經絡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0492 脾(ひ) 足太陰脾〈和名與古之、多氣少血、〉
脾者倉廩之官五味出焉、又謂諫議之官知周出一レ焉、 脾主運化、胃司受納通主水穀、故皆爲倉廩之官、 五味入胃由脾布散、脾、胃、大腸、小腸、三焦、膀胱者、倉廩之本營之居也、化糟粕味而入出者也、主血温五臟、主意與一レ智掩乎大倉、附著于脊之第十一椎聲則動、動則磨胃、而主運化、脾形如刀鐮、與胃同膜而附其上之左、廣扁三寸長五寸、

〔倭名類聚抄〕

〈三/藏府〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0493 腎 白虎通云、腎〈時忍反、和名無良止(○○○)、〉水之精也、色黑、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/臟腑〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0493 谷川氏曰、賞聚處之義、言精氣所聚之處也、説文、腎水藏也、釋名腎引也、腎屬水、主水氣注諸脈也、廣雅腎堅也、

〔伊呂波字類抄〕

〈无/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0493 腎〈ムラト、五臟之一也、〉

〔增補下學集〕

〈上二/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0493 腎(ムラト/ジン)〈水之精也、色黑、〉

〔和漢三才圖會〕

〈十一/經絡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0493 腎〈音辰〉 足少陰腎 〈和名無良止、少血多氣、〉
腎者作强之官、伎巧出焉、屬北方之水精、精爲有形之本、精盛形成則作用强、故爲作强之官、水能化生萬物、精妙莫測、故曰伎巧出一レ焉、而藏之本精之處也、父母構精未形象、先結河車中間透起、一莖如蓮蕋初生、乃臍帶也、蕋中一點、實生身立命之原、卽命門也、此兩腎者乃生命之蒂至陰之位也、雖水藏而相火寓焉、象水中龍火、因動而發、左右開闢、正如一一門中棖闑之像、靜而闔涵養乎一陰之眞水、動而開鼓舞乎龍雷之相火、水爲常、而火爲變、
腎有兩枚形如豇豆、相並而曲附於脊之兩傍、相一去各一寸五分、外有黄脂包裹、各有帶二條、上條繫 於心下條趨脊下大骨、在脊骨之端如半手、中有兩穴、是腎帶經過處、上行脊髓腦中、連於髓海

〔類聚名義抄〕

〈二/肉〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0493 膓〈昔長、ハラワタ、〉 腸〈音通、下正、〉

〔伊呂波字類抄〕

〈波/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0493 膓〈ハラワタ、腸、〉 䐗 腸 肚 陰〈已上同〉

〔下學集〕

〈上/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0493 膓(ハラハタ)

〔倭訓栞〕

〈前編四十二/和〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0493 わた 膓をよめり、回垂(ワタルヽ)の義成べし、綿をよめるも膓の義成べし、

〔增鏡〕

〈十三/今日の日影〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0494 太郎なりけるをのこは、南殿の御帳の内にてじがいしぬ、おとヾの八郎といひて、十九になりけるは、大床子のあしのしたにふして、よるものヽあしをきり〳〵しけれども、さすがあまたしてからめむとすれば、かなはで自害するとて、はらわたをばみなくりいだして(○○○○○○○○○○○○○○)、手にぞもたりける、そのまヽながらいづれをも、六波羅へかきつヾけて出しけり、

〔太平記〕

〈二十一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0494 鹽冶判官讒死事
木村源三一人付順ブ有ケルガ馬ヨリ飛ブヲリ、判官ガ首ヲ取テ、鎧直垂ニ裹ミ、遙ノ深田ノ泥中ニ埋テ後、腹カキ切腸繰出シ(○○○○)、判官ノ首ノ切口ヲ陰シ、上ニ打重テ懐付テゾ死タリケル、

大腸

〔倭名類聚抄〕

〈三/藏府〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0494 大腸 中黄子云大腸〈長反、和名波良和太(○○○○)、〉爲傳送之府

〔箋注倭名類聚抄〕

〈三/臟腑〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0494 醫心方同訓、胴腸亦同訓〈○中略〉按素問靈蘭秘典論、膽者中正之官、脾胃者倉廩之官、大腸者傳道之官、小腸者受盛之官、三焦者決瀆之官、膀胱者州都之官、難經三十五難經云、小腸者受盛之府也、大腸者傳寫行道之府也、膽者淸淨之府也、胃者水穀之府也、膀胱者津液之府也、靈樞本輸篇、大腸者傳道之府、小腸者受盛之府、膽者中精之府、胃者五穀之府、膀胱者津液之府、又云、三焦者中瀆之府、五行大義引河圖、與靈樞同、但中瀆作内瀆、鍼灸甲乙經、亦與靈樞同、中精作淸淨、無三焦異、據上件諸書、傳送似傳道之誤、然華佗中藏經、大腸者爲傳送之司、素問歟論次注云、大腸爲傳送之府、陳言三因方、大腸者傳送之官、變化出焉、醫方類聚引神巧萬全方云、大腸者肺爲表裏、名傳送之府、又引五藏六府圖云、肺呼吸之津、傳送之官、則不傳送上レ誤也、説文、腸大小腸也、釋名、腸暢也、通暢胃氣滓穢也、廣雅腸詳也、

〔類聚名義抄〕

〈二/肉〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0494 大膓〈ハラワタ、オホワタ、〉

〔伊呂波字類抄〕

〈波/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0494 大膓〈中黄云、波良和太、〉

〔和漢三才圖會〕

〈十一/經絡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0494 大腸(だいちやう) 手陽明大腸 〈和名波良和太、氣血倶多、〉 大腸者、傳導之官、變化出焉、居小腸之下、主糟粕、故爲變化之傳導也、大腸之上口、卽小腸之下口也、
廻腸 當臍左廻十六曲、大四寸、經一寸、寸之少半、長二丈一尺、受穀一斗、水七升半、以廻疊之、
廣腸 傳脊以受廻腸、乃出滓穢之路、大八寸、徑二寸、寸之大半二尺八寸、受穀九升三合八分合之一、
直腸 廣腸之末節也、下連肛門、是爲穀道後陰
肛門 一名魄門、〈前見于伏人臟之圖

小腸

〔倭名類聚抄〕

〈三/藏府〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0495 小腸 中黄子云、小腸、〈和名保曾和太(○○○○)〉爲受盛之府

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/臟腑〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0495 醫心方同訓

〔類聚名義抄〕

〈二/肉〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0495 小膓〈ホワタ〉

〔增補下學集〕

〈上二/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0495 小膓〈爲受盛之府

〔和漢三才圖會〕

〈十一/經絡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0495 小腸(ぜうちやう) 手太陽小腸、〈和名供曾和太多血少氣、〉
小腸者、受盛之官、化物出焉、其體大二寸半、徑八分分之少半、長二丈二尺、受穀二斗四升、水六升三合、合之大半、小腸後附於脊、前於臍上、左廻疊積十六曲、其上口接胃之下口、近脊水穀由此而入、復下一寸、外附於臍上一寸、卽水分穴、是小腸下口也、則大腸之上口、至是泌別淸濁、其水液淸者滲入膀胱、渣滓濁者流入大腸、處名闌門

膀胱

〔倭名類聚抄〕

〈三/藏府〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0495 膀胱 廣雅云、膀胱〈旁光二反、脬名由波利不久呂(○○○○○○)、〉脬也、唐韻云、脬〈胞反〉腹中水府也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈二/臓腑〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0495引釋親文、原書作膀胱謂之脬、説文、脬膀光也、釋名胞http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00546.gif 也、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00546.gif 空虛之言也、主虛承水汋也、或曰膀胱、言其體短而横廣也、淮南子説林訓、旁光不俎、高誘注、旁光胞也、按胞卽俗脬字、非胞胎字、膀胱古蓋作旁光、是疊韻字、形容是腑也、後人从肉與脅之膀字混、

〔類聚名義抄〕

〈二/肉〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0495 膀胱〈旁光二音ユハリフクロ〉

〔伊呂波字類抄〕

〈由/人體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0495 膀胱〈ユハリフクロ水府也、六府之一也、上又髈〉

〔下學集〕

〈上二/支體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0496 膀胱(ユバリフクロ)〈腹中水府也〉

〔身體和名集〕

〈以〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0496 イバリブクロ 膀胱 〈尿胞〉

〔和漢三才圖會〕

〈十一/經絡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0496 膀胱 足太陽膀胱 〈和名由波利不久呂多血少氣〉
膀胱者脬也、州都之官、津液藏焉、氣化則能出矣、其體縱廣九寸、口廣二寸半、當十九椎、居腎之下大腸之前、有下口上口、當臍上一寸水分穴處爲小腸、下口乃膀胱上際也、水液由此別廻腸氣瀝入、其出其入皆由氣化、其入氣不化則水歸大腸而泄瀉、其出氣不化則閉塞下竅、而癃腫、是經在干壬在支亥、〈或謂上口下口、或謂上下倶有口者皆非也、〉

丹田

〔和漢三才圖會〕

〈十一/經絡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0496 任脉
關元〈次門下紀〉 在石門下一寸、〈任脉足三陰同、陽明之會、〉小腸募也、此穴臍下三寸、當人身上下四旁中、〈又名大中極〉男子藏精女子畜血之處、如婦人針之則無子、〈但赤白帶下者、多灸之有效、〉
石門 〈丹田(○○) 命門 精露 利機〉 在氣海下五分、〈臍下二寸〉三焦募也、婦人禁針灸、犯之終身絶孕、
氣海〈脖肤下盲〉 在陰交下五分、〈臍下一寸五分〉男子生氣之海也、
藏氣憊一切眞氣不足、疝氣結成塊等皆多灸之佳、〈三十壯至百壯〉止孕婦禁灸、

〔書言字考節用集〕

〈五/肢體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0496 氣海(キカイ)〈同上(灸穴)臍下〉

〔經穴纂要〕

〈五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0496 關元
關原〈神農皇帝針灸圖經〉丹田〈資生經集注〉下紀〈本事方〉次門〈甲乙經〉大中極〈資生經〉三結交〈寒熱病論〉
六十六難集註曰、丹田者人之根本也、精神之所藏、五氣之根源、太子之府也、男子以藏精、女子主月水、以生養子息、合和陰陽之門戸也、在臍下三寸方圓四寸、附著脊脉兩腎之根、名曰大海、一名溺水、一名大中極、一名大涃、一名崑崙、一名持樞、一名五域、
類經曰、道家以先天眞一之炁乎此、爲九還七返之基、故名之曰丹田、醫家以衝任之脉於此、則 月事以時下、故名之曰血室、又曰、凡人之生唯氣爲先、故又名爲氣海、然而名雖同、而實則一、子宮耳、子宮之下有一門、其在女者可手探而得、俗人名爲産門

〔夜船閑話〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0497 漆園曰く、眞人の息は是を息するに踵を以てし、衆人の息は是を息するに喉を以てす、許俊が云く、蓋し氣下焦に在る則は其息遠く、氣上焦に有る則は其息促まる、上陽子が曰く、人に眞一の氣あり、丹田(○○)の中に降下する則は一陽また復す、若人始・陽初復の侯を知らむと欲せば、暖氣を以て是が信とすべし、大凡生を養ふの道、上部は常に淸凉ならん事を要し下部は常に温煖ならん事を要せよ、


Last-modified: 2019-05-05 (日) 13:31:30 (335d)