〔新撰字鏡〕

〈魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1465 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01943.gif 〈薄佳反、知奴、又和爾(○○)、〉 鰐鱷〈同五各反、和爾、〉

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1465 鰐 麻果切韻云、鰐〈音萼、和名和仁、〉似鱉有四足、喙長三尺、甚利齒、虎及大鹿渡水鰐擊之皆中斷、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1465 按臭都賦劉逵注引異物志云、鰐魚長二丈餘、有四足鼉喙長三尺、甚利齒、虎及大鹿渡水、鰐擊之皆中断、麻果蓋本之、鱉恐鼉之誤、説文鰐作http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01944.gif 、云似蜥易長一丈、水潛呑水卽浮、出日南、按鰐魚皇國不産(○○○○○○)、和邇鮫魚之一種(○○○○○○○)、大頭巨口、大者呑人、漢名未詳、

〔類聚名義抄〕

〈十/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1465 鮕鮧〈ワニ〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01945.gif 〈ワニ〉 鰐〈音萼ワニ〉 鱷〈或〉http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01946.gif 〈正〉 鰐http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01947.gif 〈オホワニ〉

〔下學集〕

〈上/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1465 鰐(ワニ)〈大口魚也、食人産生百卵、〉

〔倭訓栞〕

〈前編四十二/和〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1465 わに 神代紀、新撰字鏡に鰐をよめり、四足ありて鼈の如し、首大に口濶く、利齒刃の如、人を食ひ虎を擊といふ、よて諺に鰐の一口といへり、春雨鈔に、
世中はわに一口も恐しや夢に鮫よとおもふばかりぞ
かせわには鋸沙魚、猫わには狗沙魚也といへり、神代紀に熊をよめり、又熊鰐とも見えたり、史正義鯀之羽山、化爲黃熊于羽淵といひ、發蒙記に、鱉三足曰熊と見えたれば、くまとは別物なるにや、洽聞記にも、鰐魚熊能制之、秋化爲虎三爪、出南海と見えたり、

〔本朝食鑑〕

〈九/江海無鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1466 鰐〈與鱷同、或作http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01948.gif 、訓和仁、〉
集解、源順曰、似鱉有四足喙足三尺、甚利齒、虎及大鹿渡水、鰐擊之中斷、韓文所謂潮州惡溪之潭有鰐焉、齒如刀鋸、大者長二三丈、四足如守宮、韻書曰、似蜥蜴而大、今按似鱉而頭平扁、足如守宮、前三指後一指、偃額大眼、觜尖而長、口甚濶大、齒牙如刃、一嚙物無捷斷、故狸諺稱鰐之一口喰也、背上有刺鬣而黑、無鱗有沙、脇肚灰白、尾長似鱝尾、尾皮足皮掌甲倶黑而沙、小者一二尺、大者及二三丈、能食人、然謂尾去洎中流而食亦不僞、海濱之人常懼之、本朝上古有八尋鰐、一尋鰐、則呼名者久矣、今神祠拜殿簷下懸銅鉦鰐口、綯布如繩、下垂引而打鉦、鉦形如二鉦裏面、使腹空濶、而下有大口鰐之頭口、故曰鰐口、凡拜神祠之人、先打鰐口而後拜、是據出見尊騎鰐之事乎、未何故也、
肉、氣味、甘酸有毒、主治、勞療勞瘧者食之乃佳、按是民間傳稱未之、凡若鱶鮫鰐者悉民間雜食、不廟堂之上、而水中常餌穢惡之物、故暴熱厚膩、豈可人之臟腑乎、於是民間多屬風天泡之癈疾、乃可戒者乎、

〔古事記〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1466 大穴牟遲神、見其菟言何由汝泣伏、菟答言、僕在淤岐島、雖此地度因故、欺海和邇(○○)〈此二字以音、下效此、〉言吾與汝競欲計族之多小、故汝者隨其族在悉率來、自此島于氣多前、皆列伏度、爾吾蹈其上走乍讀度、於是知吾族孰多、如此言者、見欺而列伏之時、吾蹈其上讀度來、今將地時、吾云、汝者我見欺、言竟卽伏最端和邇、捕我悉剝我衣服、因此泣患者、〈○下略〉

〔古事記傳〕

〈十〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1466 和邇〈○中略〉此魚の事、古書に多く見ゆ、〈宇治拾遺に、虎の海へおちいりける足を、和邇のくひきりけるを、その和邇つひに虎にくひ殺されたる物語なのせたり、〉甚大なるが有と見えて、記中に八尋和邇などあり、〈漢籍にも長三丈など見ゆ〉又熊鰐とは、其猛を云る稱なり、凡て熊某と云は、みな猛を云る例なること、上熊曾の處〈傳五の十六葉〉に云が如し〈凡て北國の海には、今も和邇多しと云り、又遙西の外烟にも、此魚多き處ありと云り、〉

〔日本書紀〕

〈一/神代〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1466 一書曰、〈○中略〉事代主神、化爲八尋熊鰐(○○○○)三島溝樴姫

〔古事記〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1467 海神、〈○中略〉悉召集和邇魚、問曰、今天津日高之御乎虚空津日高、〈○彦火々出見尊〉爲將出幸上國、誰者幾日送奉而覆奏、故各隨己身之尋長、限日而白之中、一尋和邇(○○○○)白、僕者一日送、卽還來、故爾吿其一尋和邇、然者汝送奉、若渡海中時、無惶畏、卽載其和邇之頸送出、故如期一日之内送奉也、其和邇將返之時、解佩之紐小刀、著其頸而返、故其一尋和邇者、於今謂佐比持神也、〈○中略〉於是海神之女、豐玉毘賣命、自參出白之、妾已妊身、今臨産時、此念、天神〈○彦火々出見命〉之御子不海原、故參出到也、〈○中略〉於是其産殿未葺合、不御腹之急、故入坐産殿、爾將方産之時白其日子言、凡侘國人者、臨産時、以本國之形産生、故妾今以本身産、願勿妾、於是思其言、竊伺其方産者、化八尋和邇(ヤヒロワニ/○○○○)、而匍匐委蛇、

〔日本書紀〕

〈二/神代〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1467 後豐玉姫、果如前期、將其女弟玉依姫、直冒風波到海邊、逮臨産時、請曰、妾産時、幸勿以看之、天孫猶不忍、竊往覘之、豐玉姫方産化爲龍(○○○)、而甚慙之、

〔出雲風土記〕

〈意宇郡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1467 安來郷、〈○中略〉北海有毘賣埼、飛鳥淨御原宮御宇天皇〈○天武〉御代、甲戌〈○三年〉七月十三日、語臣猪麻呂之汝子、遙〈○遙上恐腕逍字〉件埼、邂逅遇和爾賊不切、〈○切恐歸誤〉爾時父猪麻呂所賊女子斂毘賣埼上、大發聲憤、號天踊地、行吟居嘆、晝夜辛苦無斂所、作是之間經歷數日、然後興慷慨志、麻呂箭鋭鋒撰便處居、卽撎、訴和、天神千五百萬、地祇千五百萬、並當國靜坐三百九十九社及海若等、大神之和魂者、靜而荒魂者皆悉依給猪麻呂之所一レ乞、良有神靈坐者、吾所傷助給、以此知神靈之所一レ神者、爾時有須臾而、和爾百餘靜圍繞一和爾、徐率依來從於居下、不進不退猶圍繞耳、爾時擧鉾而刃中央一和爾殺捕、已訖然後百餘和爾解散、殺割者、女子之一脛屠出、仍和爾者殺割而挂串立路之、垂也、〈安來(ヤスキ)郷人語臣等之父也、自爾時以來至于今日六十歲、〉

〔出雲風土記〕

〈仁多郡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1467 戀山、郡家正南廿三里、古老傳云、和爾戀阿伊村坐神玉日女命而上到、爾時玉日女命以石塞川、不戀、故云戀山

〔肥前風土記〕

〈佐嘉郡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1467 一云、郡西有川、名曰佐嘉川、〈○中略〉此川上有石神、名曰世田姫、海神、年常(ワニ)〈謂鰐魚〉逆流 潛上到此神所、海底小魚多相從之、或人畏其魚者無殃、或人捕食者有死、凡此魚經二三日、還而入海、

〔今昔物語〕

〈二十三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1468 相撲人私市宗平投上鰐語第廿三
今昔、駿河國ニ、私市ノ宗平ト云左ノ相撲人有ケルガ、〈○中略〉此宗平、駿河國ニテ四月許ニ狩ヲシケルニ、鹿ノ背ヲ被射テ内海ノ有ケルヲ游ギ渡リテ、向ノ山樣ニ逃ムト爲ルヲ、宗平游ギ行テ鹿ニ付、鹿ハ三四町計リ游ギ渡リケルニ、宗平立游ギヲシテ鹿ニ追付テ、鹿ノ尻足ヲ取テ肩ニ引懸ケテ游ギ返ルニ、奧ノ方ヨリ白浪ノ立テ宗平ガ方樣ニ來リケリ、濱ニ立タル射手共音ヲ高ク擧テ、游來ル、宗平ニ、其浪ハ鰐ニコソ有ラメ、被噉殺ナント爲ルハト云テ集テ喤シルニ、其浪宗平ガ許ニ來テ、浪宗平ニ打懸ルト見ル程ニ、今ハ宗平ハ被噉タラント思フニ、浪本ノ方へ返ル、亦宗平本ノ樣ニ鹿ヲ捧テ來ルニ、陸今一町計ニ成タルニ暫計リ有テ、亦此ノ浪宗平ガ許樣へ來ル、前ノ如ク宗平ニ打懸ルト見ル程ニ、暫許リ有テ浪亦返ル、宗平尚鹿ヲ捧テ渚今一二丈許ニ成ル程ニ、陸ノ者共見レバ宗平鹿ノ尻足二ソ腰骨トヲ捧タリ、暫計有レバ亦此ノ浪立テ來ル、陸ノ人集テ宗平ニ疾ク上リ子ト喤ルニ、宗平耳ニモ不聞入シテ立テリ、浪旣ニ近ク來ルヲ見レバ、鰐目ヲ鏡ノ樣ニ見成テ、大口ヲ開テ齒ハ劒ノ如ク也、近ク寄リ來テハ宗平ヲ噉フト見ル程ニ、宗平持タル鹿ノ足ヲ鰐ノ口ニ入ルヽマヽニ、鰐ノ頭ノ腭ニ手ヲ指シ入テ低(ウツフ)シニ成テ、相撲ヲ投ル如ク音ヲ叫テ、陸樣ニ投上タレバ、鰐一丈計陸ニ被投上テフタメクヲ、陸ニ立テ見ル射手共箭ヲ射立ケレバ、鰐ノ鹿ノ足ヲ噉へ乍ラ射殺レツ、其ノ後射手共集リテ、宗平ニ何カニシテ不噉リツルゾト問ケレバ、宗平ガ云ク、鰐ハ物ヲ噉フニハ、其コニテ不噉シテ、持行テ必ズ己ガ栖ニ置キテ、其ノ殘リ有ルヲ亦返リテ噉ニ來ル也、然レバ其レヲ知テ、前ノ度ニ噉ヒニ來タリツルニ鹿ヲ指遣リタリツレバ、鹿ノ頭頤〈○頤一本作頸〉ヲ噉ヒ切テ返シツ、次ノ度ニ來タリツルヲ、前足腹骨ヲ噉ヒテ遣リツ、次ノ度ニ來タリツルニハ、尻足ヲ持テ噉セテ投上ゲタリツル也、此ヲ此ク不知ル者ハ、一度ニ皆手 ヲ放テ皆噉セテ、次ノ度ハ我必ズ被噉ナントス、案内ヲ不知ン人ハ、此ノ樣ニ難爲也、又力无ラン人ハ指遣テ噉セム程ニ、必ズ突倒サレナムトゾ云ケル、此レヲ聞ク射手共、希有ノ事ニゾ云合ヘリケル、隣ノ國マデ此ヲ聞テ、讃メ喤リケリトナム語リ傳ヘタルトヤ、

〔今昔物語〕

〈三十一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1469 近江國鯉與鰐戰語第卅六
今昔、近江ノ國志賀ノ郡古市ノ郷ノ東南ニ心見ノ瀨有リ、郷ノ南ノ邊ニ勢多河有リ、其ノ河ノ瀨也、其ノ瀨ニ大海ノ鰐上テ江ノ鯉ト戰ケリ、而ル間鰐戰負ヌレバ返リ下テ、山背ノ國ニ石ト成テ居ヌ、鯉ハ戰ヒ勝ヌレバ江ニ返リ上テ、竹生島ヲ繞リ居ヌ、此ノ故ニ心見ノ瀨ト云フ也ケリ、彼ノ鰐ノ石ニ成タリト云フハ、今山城ノ國郡ノニ有ル此レ也、彼ノ鯉ハ于今竹生島ヲ繞テ有トゾ語リ傳ヘタル、心見ノ瀨ト云ハ、勢多河ノノ瀨也トナム語リ慱ヘタルトヤ、

〔以曾都堂比〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1469 菖蒲田はまをへて松が濱にいたる、爰は濱々の中に分てめでたき所なりき、松が浦しまなどいふは、こゝの分名なりけり、〈○中略〉此海にはわにざめなどいふ荒魚のすめば、こゝなる海士は恐て底迄はいらで、さゝやかなるをのみとりて有しを、此あまはさることもしらざりし故、水底に入て取つるを、あやぶきことゝこゝなる人は思居しに、はたして大わにみつけて追し故、命をはかと眞手かたいとまなく、浪かき分つゝ逃つれども、いとはやくおひ來て、こゝなる岸にのぼりて、松がねにとりすがりてあがらんとせし時、わに飛付て引おくれたるかたの足を食たりしを、海士はあがらん、わには引いれんとすまふほどに、あしをつけねより引ぬかれて、くるひ死にしにけり、わにはあら波卷返して逃去けり、子はまだ廿にたらぬほどにて有しが、岸にたちてみつれどもせんすべなければ、唯泣になきけり、其からをおさめてのち、父の仇をむくひんとて、日毎にをのまさかりをたづさへて、父がすがりし松が根にたちて、まじろぎもせず海をにらみて、わにや出るとうかゞひゐけるを、人々孝子也とて哀がりけり、さて年半ばかりも過たる ころ、釣のわざをようせし海士の修行者に成て、國めぐりするが、こゝにやどりけり、かゝることの有といふことは人毎に語りつれば、そのすぎやうざも聞しりていと哀がりてをしへけらく、わにをとらんとおもふに、をのまさかりはふようならめ、よきはがねにて兩はにとげたる尺餘の大釣針をうたすべし、夫に五尺のかなくさりをつけて、肉をゑにさして沖に出て釣すべし、わに必より來ぬべしとつたへけり、孝子いたくよろこびて、敎しごとくにまうけなして釣せしに、くじらの子をえしこと二度有、幾としゆきかへりて、父がくはれし時をかぞふれば、十餘三とせに成にけり、其日のめぐりこしゝ時、法のわざねもごろにして、來つどひたる浦人に向ひ、けふぞ必わにをえて、父に手向んとちかひて、力あはせ給はれとかたらひつゝ、としごろ飼置し白毛なる犬の有しをよびて、父の仇をうたんといましが命をこふなり、われとひとつ心に成て、主の仇なるわにをとれといひ聞せつゝ、涙を拂て首打落し、しゝむらを切さきて、釣針につきつらぬきて、沖にいでゝ針おろせしに、孝子の一念やとゞきつらん、あやまたず大わにはりにかゝりしかば、思ひしことよと悦つゝ、浦人にもかくと吿て、まうけおきたるからさんといふものにかけて、父がくはれし切岸に引よせて、つひにわにを切はふりけり、そのわにの丈は七間半有しとなん、かゝることの聞えかくれなかりし故、國主にも聞し召つけられて、松が濱の孝子とほめさせ給へる御言書を給はりて、わにをつりし針はながく其家のたからにせよと仰くだりつれば、今も持たり、わにのかしらのほねは、海士人を埋し寺の内におきたり、獅山公の御代のこと成きこのふたつのものは、いまもまさしう有て、道ゆく人はよりてみつ、かゝることも有けりと思へばかしこし、
人とりしわにゝ增りてたくましや仇をむくひし孝の一(オ)念は

〔下學集〕

〈上氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1470 鱐(シヤチホコ)

〔壒囊抄〕

〈一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1471 魚類字 鱐(サチホコ)

〔書言字考節用集〕

〈五/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1471 魚虎(シヤチホコ)〈本草、頭如虎、皮如猬、有刺著人、如虵咬、老則變爲鮫魚、〉土奴(同)魚〈本草〉鱐(同)〈石玉雜記〉

〔本朝食鑑〕

〈九/江海無鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1471 鯨〈○中略〉
一種有鱐斬者鱐者小魚不丈許、觜如鉾頭、頭以下略類鰆而大、其肉麁脂多、漁人不鯨則采鱐熬膏、世稱、鱐頭面如龍、餘似鯉之肥、以銅鑄形置城樓頭搏風之上兩端相對、是未何故、然同名異物乎、

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1471 鴟尾(シヤチホコ) 事物紀原云、唐會要海中有魚、虬尾似鴟、激浪則降雨、遂作其像於屋、以厭火災云云、今以瓦爲之、蘇鶚演義曰、蚩海獸也、蚩足水精能辟火災、可之堂殿、今人多作鴟字、又俗間呼爲鴟吻、墨客揮犀注爲獸、蚩尾或海魚トシ或海獸トス、海魚ニシヤチホコアリ、此魚日本ニテハ伊勢海ニアリ、西州ニハマレ也、全體黑色也、或子ズミイロナリ、又黑トンバウ(○○○○○)ト云、此魚性剛ニシテヨク海鰌ヲツキテ追フ、クジラ恐レテ逃グ、一切ノ魚ヲ食ス、牙齒スルドナリ、大サ五七尺ヨリ三四間ニイタル油多シ、皮ニ牡蠣生ズ、群游ス、今城門樓閣寺院ノ棟ノ端ニ瓦ニテツクリ立ツ、卽此魚ナリ、又魚虎ヲシヤチホコト訓ズルハ非ナリ、本草ニ云處ニ不合、元升翁曰、シヤチホコハ龍頭魚ナルベシ、

〔和漢三才圓會〕

〈四十九/江海有鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1471 魚虎(しやちほこ) 土奴魚 鱐〈音速〉俗用鱐字詳、鱐乃乾魚之字、 俗云奢知保古 按西南海有之、其大者六七尺、形略如老鰤、而肥有刺鬐、其刺利如劒、其鱗長而腹下有翅、身赤黑色、 離水則黃黑白斑、有齒食諸魚、世相傳曰、鯨食鰯及小魚大魚約束、故魚虎毎在鯨口傍之、 若食大魚則乍入口、囓斷鯨之舌根、鯨至斃故鯨畏之、諸魚皆然矣惟鱣鱘能制魚虎市已、如入網則 忽囓破出去、故漁者取之者稀焉、初冬有于汀邊矣、蓋以猛魚虎名爾、猶蟲蠅虎蝎虎之名、非 必變爲虎者、〈本草有變爲虎者、之有字以可考〉鱣鱘鯉逆上龍門龍亦然矣、
城樓屋棟瓦作置龍頭魚身之形之魚虎、〈禾其據〉蓋置嗤吻於殿脊以辟火災者所以、〈嗤吻、詳于龍下、〉

鮫/名稱

〔新撰字鏡〕

〈魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1472http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01831.gif 〈(中略)佐女(○○)〉 鮫〈今作蛟、古希反、有文可刀劒、佐女、〉

〔段注説文解字〕

〈十一下/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1472 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01949.gif 海魚也、皮可刀、〈今所謂沙魚、所謂沙魚皮也、許有魦字云、从沙省、蓋卽此魚、陳藏器曰、沙魚狀兒非一、皆皮上有沙、堪木如木賊、蘇頌曰、其皮可刀靶、按其皮可磨錯、故通謂之䱜魚、音措各切、有鐇䱜、有横骨、在鼻前、如斤斧形者也、有出入錯子朝出求食、暮還入母腹中者也、淮南子鮫革犀兕爲甲冑、中山經有鮫魚、郭云、卽此魚、中庸黿鼉鮫龍、本又作蛟、〉从魚交聲、〈古肴切二部、〉

〔本草和名〕

〈十六/蟲魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1472 鮫魚〈仁諝音交〉一名䱜魚皮、〈仁諝音倉各反、裝刀靶者也、〉一名http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01950.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01951.gif 、〈位迷二音〉一名http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01952.gif 雷、一名靑目、一名黃頭、〈已上四名出兼名苑〉一名鯊魚、一名http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01894.gif 甲、〈出拾遺〉和名佐女、
按(頭注)、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01950.gif 、順抄作http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01928.gif 、位作低、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01950.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01928.gif 同、位當http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01954.gif 、按http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01952.gif 字無攷御覽引南越記䱜魚、南越謂爲壞雷魚、知http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01952.gif 乃 壤之訛、本草綱目作環雷

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1472 鮫 陸詞切韻云、鮫〈音交、和名佐米、〉魚皮有文、可以飾刀劒者也、兼名苑云、一名http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01928.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01955.gif 、〈低迷二音〉本草云、一名䱜魚、〈上食各反〉拾遺云、一名鯊魚、〈上音沙字、亦作魦、〉

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1472 按廣雅云、河http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01928.gif 魠也、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01928.gif 音齒之、玉篇云、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01928.gif 尺尸切、鮪http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01928.gif 也、廣韻云、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01928.gif 處脂切、魚名、音義並異、恐非同字http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01955.gif 字玉篇廣韻集韻皆不載、鮫一名http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01928.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01955.gif 、未本、按玄應音義云、抵彌律中低彌皆作迷字、應帝彌祇羅、此云大身魚也、則知坻彌魚名、梵語對譯、後人從魚作http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01928.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01955.gif 、龍龕手鑑、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01950.gif 音低、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01956.gif 俗音彌、當是蓋以其大魚爲鮫一名也、兼名苑又以摩竭鯨一名、其意略同、〈○中略〉證類本草蟲魚部下品云、鮫魚皮卽裝刀靶䱜魚皮也、本草和名云、鮫魚一名䱜魚皮、此云一名、則源君蓋從本草和名之也、説文無䱜字、蓋是魚皮交錯故名錯魚、後从魚作䱜也、〈○中略〉證類本草引作沙魚、本草和名引與此同、按説文云、魦、魚名、出藥浪潘國、从魚沙省聲、玉篇、魦、鮫魚、六書故云、鯊海中所産、以其皮如一レ沙而得名、則魦或作沙、或作鯊也、又毛詩云、魚麗于罶鱨鯊、正義引陸璣疏云、魚狹而小、常張口吹沙、故曰吹沙、爾雅云、鯊鮀、郭注云、今吹沙小魚、廣韻云鯊魚名、今之吹沙小魚、魦上同者、與此所云鯊同、其所以得一レ名亦異、

〔類聚名義抄〕

〈十/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1473 鮫〈音交サメ〉 鮐〈音台サメ〉 䱜魚〈音䱜、鮫一名䱜〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01957.gifhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01958.gif 〈俗今正〉 鯊〈或音沙、魦正、鮫一名魦、〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01959.gif 〈サメ〉

〔下學集〕

〈上/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1473 鮫(サメ)〈皮爲刀鞘、又名淵客、泣涙成珠者也、〉 鰄(カイラキ/○)〈刀鞘用之、日本俗所作也、又云梅華皮也、〉

〔運歩色葉集〕

〈魚/名〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1473 鰄(カイラキ) 梅花(同)皮

〔東雅〕

〈十九/鱗介〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1473 鮫サメ〈○中略〉サメの義不詳、古語にサといひしは狹也、小也、其眼の小しきなるを云ふに似たり、

〔倭訓栞〕

〈前編十/佐〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1473 さめ 鮫魚をいふ、新撰字鏡に鮐、又鰹などもよめり、鮐延喜式も同じ、狹眼の義也、體よりは眼の至て細きものなり、出羽の方言さがばふ(○○○○)といふ一説に鯊皮の音轉也ともいへり、朝夷の義秀、水練の聞えありて、海中に入て鮫三喉を提げ出し事東鑑に見えたり、志摩國伊雜宮の田殖の神事に、鮫二喉づゝ浦口まで來り、又立歸る、例年の事也とそ、〈○中略〉刀劒のhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01899.gif 鞘などに用るは、本草音義に、鮫魚皮、裝http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01899.gif 也と見え、後漢志に以白珠鮫http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01960.gif 口之飾といひ、呉都賦の鮫函をさめざやと訓しは、歐陽公が、魚皮裝貼香木鞘といへる者也、呉物志に、背上有甲珠文、堅弦可以飾刀、可以爲一レ鑢と見えたり、西土の刀裝も日本にひとしといひ、今も骨角をおろすにも用ゆ、ねこざめ(○○○○)は虎鯊、あゆざめ(○○○○○)は胡沙魚也といへり、倭名鈔に散豆帶あり、壼井氏さめのおびとよめり、鮫珠をいふにや、

〔物類稱呼〕

〈二/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1473 鮫魚さめ 播州にてのそ(○○)といふ、越前にてつの字(○○○)と云、その故は此魚捕て磯へ上れば、假名のつの字の形に似たりとて、越前の方言につの字となづくとや、大和にてはふか(○○)と云、さめと鱣魚(ふか)とは大に同じくしてすこしく異也、ふかの類多し、或は白ぶか(○○○)、うばぶか(○○○○)、かせぶか(○○○○)、鰐ぶか(○○○)、もだま(○○○)、さゞいわり(○○○○○)等有、皆さめの類なり、四國及九州にさめの稱なし、すべてふかと呼、又江戸にて一種ぼうざめ(○○○○)と云有、下野國宇都宮邊にてはさがぼう(○○○○)とよぶもの也、江戸にて云ほしざめ(○○○○)を、西海にてのうそう(○○○○)と云、江戸にてしゆもくざめ(○○○○○○)と云を、西國にて念佛坊(○○○)といふ、是土佐の國 にて云かせぶか(○○○○)なり、又土州にて一種なでぶか(○○○○)といふ有、船端に人立時は、必尾をもてなで落すと也、

〔本朝食鑑〕

〈九/江海無鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1474 鮫〈音交、訓佐米、〉
釋名、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01928.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01951.gif 〈音低迷、兼名苑、〉鮐、〈延喜式、(中略)按http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01928.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01951.gif 字未詳、錯魚李時珍曰、其文交錯鵲駁、故有諸名、古曰鮫、今曰沙、其實一也、或曰本名駁、訛爲鮫、鯊魚溪澗中小魚吹沙而遊者也、非鮫之名、韻書曰音沙、鮫魚也、不當矣、飴音台、又音怡、義同、延喜式訓佐米、鮐本河豚名、爾雅曰、河豚一名鯸鮐、本草亦同、或以式之所言者、而爲鯸鮐皮詳、〉
集解、形類鱶而無鱗、黑色有沙、鰭近頭者如翅、近尾者不然、背上有鬣刺、靑目赤頰、味雖甘不美、今所採之大者不丈許、皮上黑沙如小砂、剝皮曝乾治骨角堅木、故工商爭蓄之、漁人亦貨之、是時珍所謂踞沙乎、本邦未刀劒、自南蠻阿蘭陀來者有白沙、鹿沙、虎沙之類、皆用飾刀鞘、其飾刀柄者別一種乎、又俗有鰄者訓加伊良岐、如白花片之點一レ地、有蝶鮫者、磨磋則如胡蝶之栩栩、若許之類不少矣、

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈三十/無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1474 鮫魚 サメ シヤカボウ 一名海鯊魚〈通雅〉 潮鯉〈廣東新語〉 皮、一名鮐 魚皮、〈千金方〉
鮫魚ハ、フカノ類ナリ、故ニ宗奭鮫魚沙魚形稍異而皮一等ト云フ、沙魚ハフカナリ、鮫魚ノ形フカニ似テ色黑ク、沙アリテ鱗ナシ、故ニ一名魦フカニモ沙アリ、故ニ通ジテ鯊ト云フ、故ニ時珍古曰鮫、今曰沙ト云フ、今唐山ノ俗稱魴、臺灣府志ニモ魴ノ字ヲ用ユ、鮫魚ノ鰭頭ニ近キ者ハ翅ノ如シ、尾ニ近キ者ハ然ラズ、背上ニ鬣刺アリ、目ハ靑ク頰ハ赤シ、味甘ナレドモ美ナラズ、佐州ニテハ油ヲ取ル、今捕者大サ丈許ニ過ギズ、皮上ニ黑沙アリ、細沙ノ如シ、皮ヲ剝曝乾シ、用テ骨角ヲ治シ、堅木ヲ揩磨ス、ソノ劒範ヲ飾ル者ハツカザメ(○○○○)ト云フ、和産ナシ、年年舶來アリ、八閩通志ニ、鮫鯊鼻長以蛟、皮可劒靶、俗呼錦鮫ト云フ、其品一ナラズ、尖頭(チヤンバ)ヲ上品トス、ヲヤザメ大小順ナリ、珠粗クシテ徵黃、玉蜀黍(ナンバンキビ)粒ノ如シ、山東美(ナントメ)ハ大小順ナラズ、又狂http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01961.gif (カスタ)、谷サメ、礁閣(アイノモノ)、ハビロ、泥魴(ウミコ)ノ品アリ、ソノ刀鞘ヲ飾ル者ハ鞘皮ト云フ、縐紗(チリメン)皮ヲ上品トス、背チリメン、ワリチリメン、梅錦(バツパ)、錦魴(カイラギ)、刺魴(セカイラギ)、シモフリ、 産世奇(ガンゼキ)、花ナシ、川サメ一名ウミゴ、南蠻ゴロ、ヒハラ、エノ尾、ヌキサメ、カハリガシゼキ、唐松、カノコ、虎魴、靑鯊、〈閩書〉大アイザメハ駿州豆州ニアリ、小アイザメハ豆州蒲原ニアリ、蒲原ザメト云、魚小ク皮薄ク蠻産ニ及バズ、コロザメ一名アイコロハ、常陸及越後ヨリ出、常陸コロトモ云フ、潛龍鯊(テフザメ)〈廣東新語、キクトヂノ脊ニアル大片ヲ磨シ成ス、〉キクトヂ、〈蝶ザメノ全身ニアル、小珠ノ花斑ノ形菊ノ如シ、蝦夷ヨリ出、〉以上皆鞘皮ノ品(○○○○)ナリ、〈○中略〉若州ノ人言フ、ヲナゴザメハ油多クシテ味美ナリ、皮ニ白沙アリ、淡乾シテ毎年禁中ニ貢スト、乾鮫、ヲ貢スルコト延喜式ニ見タリ、凡フカ類ハ皆腮五ツニ切レ、口ハ頷下ニアリ、

鮫種類

〔倭訓栞〕

〈前編十/佐〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1475 さめ 品にかつをさめ(○○○○○)、靑いらぎ(○○○○)、あぶらこ(○○○○)、ひら頭(○○○)、猫ざめ(○○○)、こちざめ(○○○○)、氷ざめ(○○○)、又星ざめ(○○○)、蝶ざめ(○○○)等あり、食品に野まぎ(○○○)、撞木ざめ(○○○○)あり、土佐にいふかせふか(○○○○)也、

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈三十/無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1475 鮫魚〈○中略〉
凡フカ類ハ〈○中略〉ソノ品甚多シ、鮧鯊(○○)、〈寧波府志〉ハフカ、一名シロブカ、ムギカラサメ、〈勢州白子〉サガ〈水戸〉ナハクリ、〈豐後〉ノウクリ、〈藝州〉ノウサウ、〈播州〉ノソ、〈同上〉モサバ、〈防州〉長サ二三尺、細沙アリ、灰白色、味尤美ナリ、齒モ沙ノ如ク、メウガ介ニ似テ極テ細カナリ、白眼鯊(○○○)〈寧波府志〉ハメジロブカ、一名ダレ、〈雲州〉形狀シロブカニ似テ、齒微ク粗ク尖レリ、鰭ニ剌ナク沙細カナリ、剌鯊(○○)〈寧波府志〉ハツノジ一名ツノ、〈九州〉ハリサガ、〈水戸〉形メジロブカニ同クシテ、鰭ゴトニ一剌アリ、沙最細ク灰色ナリ、長ナ三四尺、北土及因州丹後ニアリ、肉ニ脂多ク味佳ナラズ、賤民是ヲ食フ、肝大ニシテ油多シ、北土ニハ燈油トス、淡乾スル者ヲ九萬疋(クマビキ)〈同名アリ〉ト云フ、京師ニテハ上巳ノ節物トス、但州ニテハ田ノ肥トス、劒鯊(○○)〈福州府志〉一名劒尾魦〈閩書〉ハハクザメ、勢州一名ツノジ、〈食療正要〉沙ナクシテ色白ク、光アリテ銀箔ノ如シ、背鰭ニ長キ鋸刺アリ、尾ハ漸ク細長ニシテ絲ノ如ク、帶魚(タチウヲ)ノ尾ニ似リ、几上ニ置ク時ハ草書つノ字ノ形ノ如シ、故ニツノジト名ク、刺鯊ノツノジト義異ナリ、此一種淡褐色ナル者ヲテングザメ(○○○○○)ト云フ、犂頭鯋(○○○)、閩書一名犁到鯊〈寧波府志〉黍頭鯊〈野記〉ハ、カイメ、〈大和本草〉一名スキノサキ、〈同上附錄〉スキサキ、〈豫州〉カイ メザメ、カイメブカ、サカタ、〈攝州〉ナガエイ、〈同上〉カスベ、〈若州〉サキエイ、〈讃州〉エンコウボウ、〈同上〉ホウゼウ、〈佐渡〉長サニ三尺、體扁ク薄ク、牛尾(コチ)魚ニ似テ細沙アリ、色モ亦牛尾魚ノ如シ、頭濶大ニシテ扁ク、急ニ尖リテ犁頭(カラスキノ)ノ形ノ如シ、兩邊ハ薄クシテ魟魚(エイ)ノ如シ、尾ニ岐ナシ、口ハ頷下ニアリ、目ハ頭上ニアリ、肉白ク皮ニ近キ處ハ赤シ、味鯋魚(フカ)ニ似テカロシ、生ニテモ煠テモ軒膾(サシミナマス)ト爲シ食べシ、帽鯊(○○)、〈閩書〉一名雙髻鯊、雙髻紅〈共同上〉了髻鯊〈寧波府志〉バカセブカ〈大和本草〉一名シユモクザメ、シユモクブカ、子ンブツブカ、〈肥前〉ハラヒザメ、〈大阪〉カイメウ、〈豐前〉ソノ首横ニ廣ク、兩端ニ眼アリテ撞木(シユモク)ノ形ノ如ク、横首杖(カセヅエ)ノ頭ニ似タリ、大和本草ニ、形經緯ヲ卷トコロノカセト云器ニ似リト云フ、、咽機哆魚(○○○○)〈坤輿地圖〉ハコバンザメ一名コバンウヲ、コバンイタダキ、フナシトギ、アヤカシ、ワラジザメ、〈水戸〉フナイトリ、〈丹後〉フナスイ、〈能州〉舟トリ、〈薩州〉舟トメ、ヤスダ、〈土州〉長サニ三尺、皮ニ細沙アリ、形圓ニシテ黃赤微黑色、頭ハ微扁ク上平ニシテ、二十三ノ横刻連ルコト三寸許、小判ノ形ノ如シ、刻ゴトニ刺沙アリ、コノ處ヨク物ニ粘著シテ離 レズ、故ニ此魚數多ク船底ニ粘スル時ハ、舟動カズシテ害ヲ爲、已ニ死スル者モ肉几上ニ粘著ス、肉ハ食べシ、〈○中略〉熨斗鯊(○○○)〈寧波府志〉ハナヌカザメ、〈紀州熊野〉一名ヲウセ、〈筑前〉此魚上大ニ下少ク、科斗(カイルノコ)形ニ似タリ、水ヲ離レ十日ニ至テ死セズ、先年紀州ニテ捉得、七日ニシテ人ヲ食フ故ニ七日ザメト呼ブ、大和本草ニヲホセ、離水日久不死、肉ヲ片片ニ切ドモ不死猶活動ス、肉白ク味良ト云フ、ソノ沙(サメ)物ヲ鰟(ヲロス)スニ用ユ、黃鯊(○○)〈閩書〉一名黃頭鯊〈寧波府志〉ハハタザメ、一名天蓋ザメ、猫ザメ、〈攝州〉メウブ、〈筑前〉形佛幡ニ似リ、褐色味美ニシテ臭氣ナシ、生食モ亦佳ナリ、此皮物ヲ鰟スルニ上トス、他沙ニ勝レリ、鋸鯊(○○)一名狼籍魚、〈潜確類書〉䱟魚〈廣東新語〉ハホコブカ、ホコワニ、ダイギリサガ、〈水戸〉ソノ上唇短ク下唇甚ダ長ク扁クシテ、長刺左右ニ排別ス、蠻來ノ者ハ至テ大ナルモノアリ、閩書ニ鋸鯊上唇長三四尺、兩旁有齒如鋸ト云、正字通ニ、羅願蘇頌皆云、大而長喙如鋸者曰胡沙、性善肉美、小而皮粗者曰白沙、肉强有小毒、又似鋸沙、卽胡沙非別有鋸沙之名、李説亦未盡信ト云ヘリ、星(○) ザメ(○○)ハ一名糟五郎、背ニ細白圓點アリ、味佳ナリ、又身ニ黑星アル者ヲホシサガ〈水戸〉ト云フ、ウバザメ(○○○○)ハ一名ウバブカ、大ナル者ハ長サ六七尋、灰白色皮ニ皺アリ齒ナシ、燕尾鯊(○○○)〈寧波府志〉ハコツウヲ、〈備後鞆〉サガボウ、〈羽州山形〉全身釘ノ形ニ似タリ、沙アリ、皂白色口頷下ニアリ、四五寸ヨリ二丈餘ニ至ル、尾ノ形燕尾ノ如シ、カツタイザメ(○○○○○○)ハ虎頭鯊ニ似テ、口邊ニ小肉贅アリテ醜シ、體灰赤色ニシテ微黑ヲ帶、斑アリテ癩癬ニ似リ、味佳ナリ、齒イタミ(○○○○)〈豐前〉ハ甚齒ヲ愛ス、釣鉤齒ニ中レバ動コト能ハズ、形甚大ナリ、大和本草ニ、一チヤウ口廣食人甚猛貪物ト云モノ是ナリ、コメザメ(○○○○)一名メウガ、熊野方言ワニ、卽大和本草ノワニブカニシテ鱷魚ナリ、此外ニ品類尚多シ、

〔一話一言〕

〈十一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1477 メウガザメ(○○○○○)
安永六丁酉年秋中ノコトナリシガ、相州小田原ノ海中へ大魚來ル、其丈凡四五十間、横八九間バカリニテ、背ニ蠣トコブシナド付テアリシトゾ、名ヲメウガザメト云ヨシ、如何ナル大舶ニテモ、クツガヘスト云リ、其頃ハ獵師モ海へ出ザリシユへ、甚不獵ニテアリシトゾ、〈池田氏雜記〉

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈三十/無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1477 鱣魚〈○中略〉
安永八年己亥九月二日、阿州名東郡津田浦ニテ、網獲スル所ノザウザメ(○○○○)一名ザウブカコレニ近シ、其尾目ヨリ尾ニ至マデ長サ七尺、鼻長キコト三尺餘ニシテ、象ノ鼻ニ似タリ、口バ頷下ニ近シ、背上ニ大甲アリテ相連ル、色銀硃ノ如シ、身ニ六稜アリ、稜ゴトニ角アリテ相連リ、形トビグチノ如シ、其堅キコト鐵ノ如シ、背ニモ甲ゴトニ岐角アリ腹ニハ雙葉細辛ノ葉ノ形ノ甲相連レリ、

〔採藥使記〕

〈下〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1477 重康曰、加州越川ノ海中ニアヤカシ(○○○○)ト云フ魚アリ、其形チ鮧ニ似テ、小キハ一尺バカリ、大キナルハ一丈計モ有リ、全身鱗ナク、頭ノ上ニ圓ク高キ所アリテ、段々ノ象アリ、小判ノキザノ如シ、故ニ一名小判魚(○○○)トモ云フ、其魚多ク集リテ、彼ノキザノ所ヲ船ニ吸ツケテ船ヲトムルコトアリト云、 光生按ズルニ、此魚東國ニテイマダ見ズ、江都ニテ稀ニ小判鮫(○○○)ト云フ魚ヲ捕リ得ルコトアリ、 形狀大抵相似タリ、アヤカシト同物カ、或曰利瑪竇ガ坤輿圖ニ載スル所ノ、咽機哆ナルベシト 云ヘリ、

〔八丈物産志〕

〈二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1478 ツノサメ(○○○○)ハ深海ニスム、背ニ角ノ如クナルモノアリ、長三尺餘、膽ヲ煎ジテ油トスルニ六七合アリ、海底冷ル時ハ自ラ取得ンコト多シ、
ソコザメ(○○○○)ハ丈ケ七八尺ヨリ一丈餘ニ及ビ、折節網ニテ取ル、又油ヲトルニ二三斗ニアマル、

鮫産地

〔延喜式〕

〈二十四/主計〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1478 凡諸國輸調、〈○中略〉久惠䐹、鮫䐹(○○)、各卅三斤五兩、 肥後國〈○中略〉中男作物〈○中略〉鮫楚割(○○○)、V 延喜式

〈二十三/民部〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1478 交易雜物
但馬國〈(中略)鮐皮(○○)一百五十斤、○中略〉 因幡國〈(中略)鮐皮(○○)八百廿五斤〉

〔延喜式〕

〈二十四/主計〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1478 凡中男一人輸作物、〈○中略〉鮐皮(○○)、〈○中略〉雜魚腊各二斤、
但馬國〈○中略〉中男作物、〈○中略〉鮐皮(○○)、 因幡國〈○中略〉中男作物、〈○中略〉鮐皮(○○)、 伯耆國〈○中略〉中男作物〈○中略〉鮐皮(○○)、

〔毛吹草〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1478 駿河 神原http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01962.gif 鮫(カサメ) 常陸 比鮫(コロサメ)

〔本朝食鑑〕

〈九/江海無鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1478 鮫〈○中略〉
近頃駿豆海濱出阿伊鮫、魚小皮薄不蠻國産、是亦飾刀鞘也、本朝古來賞之、延喜式神祇有鮫楚割、則爲神供者乎、主計部有鮫䐹、肥後獻楚割、但馬、因幡、伯耆獻鮐皮、此皮定識非沙皮而別有采處、今世海西送傳于乾鮫肉、其味不佳焉、

鮫利用

〔宜禁本章〕

〈坤/蟲魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1478 鮫肉 平補五臟、作鱠作鮓食之、甘鹹主心氣鬼疰蟲毒吐血、謂之沙魚、有二種、〈大而長喙如鋸謂胡沙肉美、小而皮麤曰白沙、肉强小毒、〉食品之美者、食之益人、去沙翦晡、皮以飾劒、日用本草切肉作絲晒乾、食品中爲佳、善動風氣

〔本朝食鑑〕

〈九/江海無鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1479 鮫〈○中略〉
肉、氣味、甘温有毒、主治、益氣壯力、孟詵曰、作鱠、補五臟、功亞于鯽是未之、今漁市食之中毒者、如酒之熱醉、或嘔吐泄瀉、未補益之治也、

〔雍州府志〕

〈七/土産〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1479 鮫皮 凡鮫魚皮、阿蘭陀人齎來長崎港、京師二條商賈行買之歸二條店、浸水數日、而纖細割竹尺許、以麻苧束之、是稱編竹、以是洗鮫皮於水中、則其色潔白、其磥砢狀大而其粒相齊者粧刀柄、是謂柄鮫、又粒間交花點狀者謂梅花鮫、又小點帶靑白色者是謂鱗鮫、此等類有數品、是稱室鮫、則粧刀室外其上

〔延喜式〕

〈四十一/彈正〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1479 凡白玉腰帶、聽三位以上、及四位參議著用、玳瑁、馬腦斑犀、象牙、沙魚皮(サメ /○○○)、紫檀、五位已上通用、

鮫事蹟

〔吾妻鏡〕

〈十六〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1479 正治二年九月二日乙卯、勿林〈○源賴家〉令覽小壼海邊給、〈○中略〉海上粧船獻盃酒、而朝夷名三郎義秀有水練之聞、以此次其藝之由有御命、義秀不辭申、則自船下浮海上往還數十、結句入波底暫不見、諸人成恠之處、提生鮫(○○)三喉、浮上于御船之前、滿座莫感、羽林以今日御騎用之龍蹄〈名馬、諸人爲競望、〉給義秀之處、〈○下略〉

皮剝魚

〔和漢三才圖會〕

〈五十一/江海無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1479 皮剝(かははぎ)魚 正字未
按此魚形狀甚醜、而頭似方頭魚、狀略似鮫、全體薄扁灰白色、無鱗、皮厚有沙口極小、鰓鰭亦小、背上有鬣、腹下有翅、背中目上一刺、尾無岐、從尾末皮、乃皮裏靑而肉潔白、炙食〈淡甘〉味美、傳云、用皮擦錢瘡能治、春夏京師希見之、蓋此鮫之屬乎、

〔百品考〕

〈下〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1479 獨魚 一名毒魚、一名、碡魚、〈雜字簿〉 和名カハハギ(○○○○)
臺灣府志、獨魚大者如掌、皮粗、曬乾可木器、 閩書、毒魚其皮可以磋
海魚ナリ、大サ尺ニミタズ、身扁シテ鯧魚(マナガツヲ)ノ如ク、背鬣ノ第一ノ處ニ角アリ、長サ一寸許、周身鱗 ナクシテ砂(ザラツキ)アリ、色灰白ニシテ皮厚シ、皮ヲ剝テ食フベシ、故ニカハハギト云、其皮ヲ曝乾スレバ砂アリテ、器物ヲミガクベシ、品類多シ、形狀少シヅヽ殊ナリ、邊海諸國共ニアリ、

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1480 鮝魚 辨色立成云、鮝魚、〈布可(○○)、居媛反、今按未詳、〉

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1480 按鮝字諸書無見、據居媛反則其字蓋從http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01963.gif、與卷拳等字同、正字通載鮝字、然是俗鮝字、鮝息兩切、蓋從養省聲、則非是字也、〈○中略〉按以鮝魚布加、未據、

〔類聚名義抄〕

〈十/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1480 鮝〈音朕フカ〉

〔下學集〕

〈上/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1480 養魚(フカ)

〔東雅〕

〈十九/鱗介〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1480 鮝フカ〈○中略〉フカの義は詳ならず〈(中略)或説に東璧本草の鱣魚はフカ也となり、もしさらばフカとは、東璧の説に、鱣出深水處とも、其行也在水底、去地數寸とも見えし如くに、そのある所の深きをもて、此名ありしに似たり、また正字通に據るに、騰は魚名、鮝は乾魚をいふと見えたり、さらば鰧に作るひ正とすべし、〉

〔本朝食鑑〕

〈九/江海無鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1480 鱶〈訓布加○中略〉
集解江海處處有之、小者三四尺、大者及一二丈餘、能取人、以鉾刺而采之、狀頭平圓觜鋭、眼大口在頷下而濶大、有齒牙而堅利、背有三骨甲、煗有岐、鰭亦硬、無鱗皮厚、外面灰白色如鮫之沙、小者肉潔白味稍美、西海之人嗜鱠之用其鰭、而煗之則黑皮脱去、刺如素線、大魚之鰭如銀針、倶軟脆可賞耳、大者好取人、運舶之人海中誤出手足于舷、則動者鱶跳出掣入水底而食、或醉漁獨釣熟睡倚舷、必掣投水抵、或嬰兒戯海邊而被取者多矣、昔一http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00023.gif 使語予曰、去秋http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00023.gif 九州時、過防州海路遙視舟人相鬪于孤洲、一人擧棹打之、又如一巨人長過丈者、張兩臂而敵之、兩方相挑不決、予暫望之改觀、予之舟子視之驚嘆相共言、此人唯今投水中魚腹、可憐可憐、於是問舟子、舟子曰、是一人者漁夫也、一者非人而大鱣魚也、海涯大鱶逐孤漁者如此、若漁人戰疲則掣入水中而食之、語未畢自蘆荻之叢處、篙孤舟來、舟中四五人相叫、上洲人人拔刀振鉾、竟倒丈許之大鱣也、漁夫九拜于衆、而各分割鱣魚訣去、實如舟子之言矣、漁夫値衆之助、而得必死之命、于嗟天哉、今海俗得之切肉以鬻、割皮裏肉外之黃脂及諸腸、煎之釆 油貪利、其油黃濁不澄、故有黃魚蠟魚之名、小者網之送于江都漁市、當民間之食最下品也、
肉、氣味、甘大温有毒、〈本草曰、甘平有小毒、愚按平則小毒又何有乎、然今通俗間食之多無害、故不大毒、乃嗜食之者不癩疥癰疔之患、孟詵曰、發氣動風發瘡疥、寗源曰、多食生熱痰、亦不人、此二説爲當、李時珍所謂服荊芥藥不食、是未之、然與河豚性則不毒也、〉主治、少食則益氣壯力、本草曰、利五臟美人、其利五臟者如何哉、

〔本朝食鑑〕

〈十/華和異同〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1481
鱶者鱣也、詳見各條、陳藏器曰、逆上龍門能化爲龍也、是似理而不然、鱣能食人龍豈有人之理、或曰、是楊震之三鱣也、御覽所謂顏氏家訓曰、後漢書云、鸛雀御三蟬魚、〈音善〉多假借爲蟬鮪之蟬、俗之學士因謂鱣魚、按魏武帝四時食制、鱣魚大如五升奩、長一丈、郭璞注云、鱣長二三尺、安有鸛雀能勝一者、況三頭乎、鱣又純灰色無文章也、鱣魚長者不三指、黃地黑文、故都講云、馳蟬卿大夫服之象也、續漢書及搜神記亦説此事、皆作鱓字、孫卿云、魚鼈蟬鰌及韓非説苑皆鱣似虵、蠶似蠋、並作鱣字、假鱣爲蟬其來久乎、然則非此鱣而爲黃鱔者明矣、

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1481 フカ 其類多シ、凡フカノ類皆アギノ下ニ口アリテ、其皮ニサメアリ、鮫魚ノ類ナリ、其子胎生ス、卵生セズ、白フカ味尤美ナリ、ヒレ長ト云アリ、ヒレ甚長シ、一チヤウト云フカアリ、口廣クシテ人ヲ食フ、甚タケクシテ物ヲムサボル、ウバブカ六七尋アリ齒ナシ、カセブカ其首横ニヒロシ、甚大ナルアリ、ヲロカト云大フカアリ人ヲ食フ、鰐フカハ四足アリ鼈ノ如シ首大ナリ、能人ヲ食フ、李淳風曰、河有怪魚、乃名曰鰐、其身已、朽、其齒三作、此卽鱷魚也、南州志云、斬其首之極、去其齒而更生、〈○中略〉ヲホセ其形守宮ニ似テ見苦シ、又蟾蜍ニ似タリ、海水ヲ離レテ日久シク死ナズ、首ノ方大ニ尾小ナリ、其肉ヲ片々ニ切レドモ不死猶活動ス、味ヨシ肉白シ、カイメフカノ類ナフ、形扁ク薄シ、頭尖リ薄シ、フカノ如クサメアリ、ツノジヨリ横ヒロクシテ、コチニ少似タリ、口ハ頷下ニアリ、目ハ背ニアリ、是皆フカノ類也、凡モダマフカノ類、イヅレモ皮ヲ去、薄ク切、指身トシ、 狒湯ニヨク煮熟シ、色白クナルヲ、芥子薑醋ミソニテ食之味美シ、皮モ煮テサメヲ去、肉ト同ク食ス、又生肉ハ肉餻トスべシ、但性冷利ナリ、温補ノ益ナシ、虚冷ノ人不多食、諸魚ハ皆卵生ス、只フカサメエイタナゴ皆腹中ニテ胎生ス、卵生セズ、其驚クトキハ母ノ腹中ニ入ル、就中フカノ子ハ胎中ニテ大ナリ、一胞ノ内ニ三四尾生ズ、

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈三十/無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1482 鮫魚 サメ シヤスボウ 一名海鯊魚〈通雅〉 潮鯉〈廣東新語〉 皮、一名胎魚皮、〈千金方〉
凡サメ及フカノ鰭鬣皮ヲ去テ食品トス、フカノヒレト云フ、淸商多ク買歸ル、長崎ニテハ常ニ用テ鱠ニ雜ユ、閩書ニ、鬐鬣泡去外皮絲、亦用作膾、色晶瑩若銀絲〈烏頭鯊ノ下〉ト云フ、黃白二色アリ、皆透徹シテ光アリ、長サ一二三、寸二頭尖リテ針ノ形ノ如シ、食ヘバ硬脆味淡シ、黃ナル者ハ金針紀州ト云、一名金スヂ、〈食療正要〉金ピレ〈長崎〉、是肇慶府志ノ金絲菜ナリ、白キ者ハ銀針紀州ト云、一名銀スヂ、〈食療正要〉銀ピレ〈長崎〉、是廣東新語ノ銀絲菜ナリ、黃白皆自然ノ色ナヅ、閩書ニハ總ジテ鯊翅ト云、雜字簿ニハ鯊魚翅ト云フ、凡鮫皮(サメ)及鯋魚(フカ)ハ皆胎生ナリ、數品アリ、一胞一子ニシテ、卵ヨリ絲出テ子ノ臍ニ連ル者アリ、子大ナル者ハ卵甚小ク、子小ナル者ハ卵太ナリ、卵形ハ鷄卵ノ如ク、子大ニナルニ隨テ卵小クナルナリ、又一胞數子ナルアリ、大小伯仲等カラズ、出テ母ニ從ヒ行ク、驚ク時ハ母ノ口ヨリ腹ニ入ル、デイリコト云フ、筑前ニテハモダマノデイリコト云フ、ソノ子大ナル者ハ七八寸以下、小ナル者六七尾、一胞中ニアリ、加州ニテハツノジノデイリコト云フ、備後ニテハフカノデイリコト云フ、〈○中略〉フカノ鹽引ヲタレ勢州ト云フ、犂頭鯊(カイメ)ナリ、又タリトモ云フ、朝廷ニハ正月元日ヨリ十五日ニ至ルマデ、酒芼(サカナ)ト爲ス者ヲ黃鱘ト云、セレタカブカナリ下云フ、

〔四條流庖丁書〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1482 一諸魚ノ鰭ヲ立ル事、フカノサシミノ時、鰭立ム事可成、尤此ヒレノ名ヲバシラカトモ申、

〔實隆公記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1483 明應五年七月八日癸丑、統秋送鮮魚〈フカ〉一折、則遣齊藤遠江守了、

〔朝倉亭御成記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1483 一於會所參ル進物、幷獻立の衣第、〈○中略〉
四、ふか、御汁鯛、

〔毛吹草〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1483 長門 横首鮝(カセブカ/○○○)

モダマ

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1483 フカ〈○中略〉 モダマ(○○○)、是亦フカノ類ナリ、サメアリ、灰色白星アルモアリ、長三四尺、肉白シ、肝ニ油アリ、其大ナルヲイナギ(○○○)ト云、長サ一丈バカハアリ、其乾タルヲノウサハ(○○○○)ト云ツノジフカノ類ナリ、北土及因幡丹後ノ海ニアリ、其、皮鮫ノ如クニシテ灰色、長三四尺アリ、筑紫ニテモダマト云魚ニ似タリ、肉ニ脂多シ、味ヨカラズ、賤民ハ食フ、其肝大ナリ、肝ニ油多シ、北土ニハ是ヲ以燈油トス、西土ニテツノト云モ同物ナルベシ、背ニ刀ノ如ナルヒレアリ、

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈三十/無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1483 鮠魚 モダマ モダモ(○○○)〈加州〉 ノウソウブカ(○○○○○○)〈備前〉 一名白戟魚〈時珍食物本草〉 民魚〈東醫寶鑑〉 白頰〈楊州府志〉 白鮚〈大倉州志〉 白河豚〈寧波府志〉 槐子魚〈盛京通志〉 濶口魚〈本經逢原〉 鮜〈正字通〉http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01964.gif 〈同上、鮠ノ俗字、〉
モダマハ鯋魚(フカ)ノ族ニシテ海産ナリ、形鮧魚ニ似テ大ナリ、皮ニ細沙アリ、灰色又白星アルモノアリ、長サ三四尺、大ナル者ハ丈餘ニ至ル、コレヲイナギト云、肉色白ク肝ニ油アリ、乾カス者ヲノウサバト云フ、

榮螺破魚

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1483 フカ〈○中略〉 サヾイワリ(○○○○○)ト云魚アリ、フカノ類ナリ、頭大ニ兩目ノ上ノキハニタテニカド各一スヂアリテ首方ナリ、細齒多シ、腮ハヨコニ五キレタリ、兩鼻アリ、背ニ鰭二、各大ナル刺アリテ尖レリ、口バ腮ノ下ニアリ、兩ワキニ大ナルヒレアリ、腰ニモ小ナルヒレ二アリ、尾ハ小岐アリ、凡常ノ魚ノ形ニカバレリ、皮ニサメアリ色斑ナリ、薄ク切酒ノ糟ヲ加へ羮トシテ食ス、又指身ニシテ最ヨシ、ツノジフカニマサレリ、

〔和漢三才圖會〕

〈四十九/江海有鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1484 榮螺破(さゞいわり)魚 正字未
按榮螺破魚形色似藻伏魚而頭圓肥脊中有沙、其齒如河豚魚齒、能咬食榮螺故名之春出於西海、肉味淡甘、筑前多有、

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈三十/無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1484 鮫魚〈○中略〉
虎頭鯊〈海鹽縣圖經〉ハ子コザメ(○○○○)、〈江戸〉一名サヾヒワリ、〈サヾエワリ共云〉サヾエワニ(○○○○○)、〈雲州〉桔梗ザメ、此魚頭大ニシテ兩眼ノ上際竪ニ稜アリテ方ナリ、桔梗ノ、蕾(ツボミ)及猫面ノ形ニ似タリ、兩鼻アリ、其齒至テ硬强、拳螺(サヾヒ)ノ殼モヨク嚼破ル、故ニサヾエワリト名ク、齒形襄荷笋(メウガノコ)ノ如シ、故ニメウガ介ト名ク、大ナル者ハ長サ五六寸、小ニシテ寸以下ノモノハ目貫ト爲ベシ、色白シ、背ノ兩鰭各大尖刺アリ、兩脇ニ大翅アリ、腰ニモ小鰭ニアリ、尾ハ小岐アリ、周身黃褐色ニシテ、黑斑アリ、沙微ク粗シ、

〔和漢三才圖會〕

〈五十一/江海無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1484 鱘〈音尋〉 鱏〈音尋〉 碧魚 俗云加知止乎之(○○○○○○○)
本綱鱘鱣屬也、岫居長者丈餘、至春始出而浮陽、見日則目昡、其狀如鱣而背上無甲、其色靑碧、腹下色白、其鼻長與身等、口在頷下食而不飮、頰下有靑斑紋梅花狀、尾有岐如丙、肉色純白、味亞於鱣、鬐骨不脆、又云、其頭大移口似鐵兜鑒、其肉〈甘平有毒〉作鮓、雖珍亦不人、〈○中略〉
按鱘嘴尖利如鐵、海舶値之則可突拔、故俗呼名柁通

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈三十/無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1484 鱘魚 詳ナラズ 一名食寵侯〈水族加恩簿〉䲁〈正字通〉http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01965.gif 䲋〈俗字〉 鮉http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01966.gif 〈共同上、俗字、〉 鱘龍魚〈廣東新語〉
カヂドヲシニ充ル説ハ非ナリ、カヂドヲシバ一名カヂキドヲシ(○○○○○○)、ケンウヲ(○○○○)、ノウラギ(○○○○)、熊野ナイラ(○○○○)ギ〈土州〉ナイラゲ(○○○○)、〈同上〉長サ三四尺ヨリ丈鈴ニ及ブ、形シイラニ似テ尾ニ岐アリ、上下ノ鰭長シ、上唇ハ狹クシテ、長橢體堅クシテ角ノ如シ、皮ニ細沙アリ、竪ニ剖テテツキウト爲ス、下唇ハ至テ短シ、風波ノ時海面ニ浮テ、横ニ飛行スルコト矢ノ如シ、廻舟コレニ遇ヘバ、多クハ舟ヲ破ラル、或ハ 潮ニ乗ジテ上唇ヲ土石ノ間ニ投ジ、拔クコト能ハバシテ死スル者アリ、是臺灣府志ノ旗魚ナリ、

鯨/名稱

〔新撰字鏡〕

〈龜〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1485 鼇〈五勞反、久知良(○○○)、〉

〔同〕

〈魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1485 鯢〈五嵆反、平、女久地良、〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01967.gif 〈女久地良〉

〔本草和名〕

〈十六/蟲魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1485 鯨〈其京反、出崔禹、〉一名鯢、一名鯤、〈音昆〉一名魚伯、一名海鰌、一名麻竭〈已止五名出兼名苑〉和名久知良、

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1485 鯨鯢 唐韻云、大魚雄曰鯨、〈渠京反〉雌曰鯢、〈音蜺、和名久知良、〉淮南子曰、鯨鯢、魚之王也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1485引文原書〈○淮南子〉無載、按慧琳音義引淮南子云、鯨魚死而彗星出、又引許叔重曰、鯨、魚之王也、則此所引是許愼注文、而單引淮南子是、而鯢字亦恐衍、又按鯨魚死而彗星出、見天文訓及冥覽訓、説文、䲔、海大魚也、春秋傳曰、取其䲔鯢、又載鯨字云、䲔或从京、不鯢字、別有鯢字刺魚者、非此用、按淮南子西京賦薛綜注皆云、鯨大魚、宣十二年左傳正義引裴淵廣州記、呉都賦劉逵注引異物志、並云、雄曰鯨雌曰鯢、又劉逵云、一説曰、鯨猶鳳、鯢猶皇也、王念孫曰、雌鯨之爲鯢、猶雌虹之爲一レ鯢也、

〔類聚名義抄〕

〈十/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1485http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01968.gif 鯨〈今或正、巨京反、クヂラ、ヲクヂラ(○○○○)、雄曰鯨、〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01969.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01970.gif 〈俗〉http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01971.gif 鯢〈俗正、音蜺、クヂラ、メクヂラ(○○○○)、雌曰鯢、〉

〔下學集〕

〈上/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1485 鯨鯢(ケイゲイ)〈二字義也、魚之至大者也、鼓浪成雷、噴沫成雨霧、其長數千里也、或開口呑舟者也、四足之魚也、鯨雄鯢雌也、〉

〔日本釋名〕

〈中/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1485 海鰌(クシラ) 黑白(クロシラ)也、其皮黑く其肉白し、順和名抄にはくぢらとあり、しとちと通ず、

〔東雅〕

〈十九/鱗介〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1485 鯨クヂラ〈○中略〉 クヂラの義不詳〈(中略)古語に黑色をクといひ、白色をシラといひけり、シ又轉じてチといひしも多かり、クジラとは、クヂラといふ語の轉ぜしにて、此魚皮肉之間、黑白相層りて、極めて分明なるを云ひしと見えたり、〉

〔古事記〕

〈中/神武〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1485 故爾於宇陀、有兄宇迦斯〈自宇以下三字以音、下效此也、〉弟宇迦斯二人、〈○中略〉爾大伴連等之祖道臣命、久米直等之祖大久米命二人召兄宇迦斯、罵詈云、伊賀〈此二字以音〉所作仕奉大殿内者、意禮〈此二字以音〉先入、明白其將爲仕奉之狀、而卽握横刀之手上、矛由氣〈此二宇以音〉矢刺、而追入之時乃己所作押見打而死、爾卽控出斬散、故其地謂宇陀之血原也、然而其弟宇迦斯之獻大饗者、悉賜其御軍、此時歌曰、宇陀能多加紀爾(ウダノタカキニ)、志藝和那波留(シギワナハル)、和賀麻都夜(ワガマツヤ)、志藝波佐夜良受(シギハサヤラズ)、伊須久波斯(イスクハシ)、久治良(クヂラ/○○○)佐夜流(サヤル)、〈○下略〉

〔冠辭考〕

〈二/伊〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1486 いすぐはし 〈くぢら〉
くぢらは鰐などの如く畏げにはあらねど、潅南子に、これを魚王也ともいへる如く、大(オホ)魚の長なれば、ほめて勇魚(イスナ)とはいふべし、さて本のくぢらてう名に、ほむる辭を冠らせたまひしなり、伊斯(イス)は伊左武(イサム)なるを左武反須なれば、つゞめて伊須といへり、仍て萬葉に、其を勇魚と書り、久波斯(クハシ)とは、名細(ナクハシ)、花細(ハナクハシ)などいふ如く、其物をほむる語なり、

〔古事記傳〕

〈十九〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1486 久治良佐夜流(クヂラサヤル)は鯨障(サハル)にて、鴫羂(シギワナ)へ鯨の罹れると云なり、如此譬たまへる意は、思ひがけぬ大軍の來て、小謀(チヒサキハカリゴト)の違へるとなり、〈○中略〉さて鴫の小に對へて云むには、大に猛き物は鳥にも獸にもあるべきに、羂に似つかはしからぬ、海物の鯨をしも作(ヨミ)賜へるは、徒に大なる物を擇出賜へるのみにはあらず、此は此大饗の御饌物の中に、鴫と鯨とのありしに就て、卽其物に寄て詔へるなり、〈然らざれば、羅に鯨は似つかず、〉

〔日本書紀〕

〈十三/允恭〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1486 十一年三月丙午、幸於茅淳宮、衣通郎姫歌之曰、等虚辭陪邇(トコシヘニ)、枳彌母阿閉椰毛(キミモアヘヤモ)、異舍儺等列(イサナトリ/○○○○○)、宇彌能波摩毛能(ウミノハマモノ)、余留等枳等枳弘(ヨルトキトキヲ)、

〔冠辭考〕

〈二/伊〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1486 いさなどり 〈うみ はまなだ〉
伊佐奈は鯨をほめたる辭にて、且海つ物の中に、かの魚王の鯨とるをもて、大海の稱言(タヽヘコト)として冠らせしなるべし、〈魚な那と云は古ことなり〉さてその海とつゞくるより轉(ウツリ)て、濱とも灘ともいふは冠辭の例なり、

〔萬葉集〕

〈二/挽歌〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1486 大后御歌〈○天智天皇大殯之時〉
鯨魚取(イサナトリ/○○○)、淡海乃海乎(アフミノウミヲ)、奧放而(オキサケテ)、榜來船(コギクルフネ)、〈○下略〉

〔萬葉集〕

〈二/相聞〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1486 柿本朝臣人麻呂從石見國妻上來時歌
鯨魚取(イサナトリ)、海邊乎指而(ウミベヲサシテ)、和多豆乃(ニギタヅノ)、荒礒乃上爾(アリソノウヘニ)、香靑生(カアヲナル)、玉藻息津藻(タマモオキツモ)、〈○下略〉

〔萬葉集〕

〈十七〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1487 天平二年庚午冬十一月、太宰帥大伴卿被大納言、〈兼帥如舊〉上京之時、陪從人等、別取海路
京於是悲傷覉旅、各陳所心作歌十首、
昨日許曾(キノフコソ)、敷奈底波勢之可(フナデハセシカ)、伊佐魚取(イサナトリ)、比治奇乃奈太乎(ヒヂキノナダヲ)、今日見都流香母(ケフミツルカモ)、

〔本朝食鑑〕

〈九/江海無鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1487 鯨〈渠京切、音擎、〉
集解、江海處處見之、冬自北行南、春自南行北、是海人之通稱也、狀肥圓長大、色蒼黑而無鱗、頭圓肥長大、大抵如牛頭之形、鼻上骨高起、頂上頸前有潮之穴、口濶上唇短、下唇長出于頷前、舌亦長廣齒大如屐齒之尖、眼纖近于口珥而下、烏珠子如水精之磨、雖佩飾而軟、古有但馬國獻鯨珠、然則堅而如珠、亦有之乎、其鬣漁家呼號筬、而純黑色削磨有光、長自三四尺丈餘、廣五六寸或尺許、厚三四分或寸餘、出口中之兩邊、一鯨之鬣數有三百六莖、是工匠造器多用之、婦人之笄楴及尺秤之類亦用也、鬐漁家呼號達波、色外黑内白、長自八九尺丈餘、廣四五尺、有迸肉圓骨、呼號法師骨、此亦漁家採油處、尾有岐而黑色、海上運舶若觸此尾鬐必覆、一説、狀似泥鰌、亦可是也、金樓子李時珍之説詳于華和名同、漁俗曰、鯨不于諸魚、諸魚不鯨、倶避鯨口及鰭尾、鯨亦惟嗜鰯耳、嘗聞、諸浦間有寄鯨者、數百長鯨衝上于沙洲歸去而乾死、其一浦村大喜而貨之、其縣之守令亦大富焉、傳稱、若斯者大概直甲鯨、自澳逐鯨來、乘潮而衝上也、又或久霖連雨颶風度海之後有泊于溢濤而至者、是不獨眞甲而餘鯨亦然焉、餘鯨則浦村之賑給已十倍之、誠不險危自得天幸者哉、

〔本朝食鑑〕

〈十/華和異同〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1487
鯨鯢者海鰌也、唐李昉御覽載金樓子曰、鯨鯢一名海鰌、穴居海底、鯨入穴則水溢、溢爲潮來、鯨旣出入有節、故潮水有期也、劉恂嶺表錄、洪邁夷堅志等曰、廣州發船過南蕃賀易路、經海心深濶處、忽見十餘山、乍出乍沒、篙工曰、非山也、海鰌魚背也、目如閃電、鬐鬣者簸朱旗、日中忽雨霡http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01972.gif 、篙工曰、此鰌魚噴氣、水散於空、風勢吹來若雨耳、李時珍曰、海鰌生海中極大、江鰌生鰌中、泥鰌生湖池、南産志曰、海鰌巨能 呑舟、其來也、移若山嶽、舟行日中閃鬐鬣、若相値必鳴金鼓以怖之、布米以厭、間有沙上、梯而臠之刳脂爲油、艌船甚固、陸佃云、遒健好動故名鰌、按華人未鯨之利、如李時珍亦不詳論、但有泥鰌海鰌之辨、其江鰌者何哉、言小鯨游于江乎、故海人所謂泥鰌之狀全類鯨者、泥鰌入海長作鯨、是似時珍之説乎、或曰、華人不鯨之利亦有故乎、鯨利唯在脂油、寧從身于江海而覔上レ利、不若辛苦種柏麻矣、

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈三十/無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1488 鰌魚〈○中略〉
海鰌ハクジラナリ、古字勇魚(イサナ/○○)〈萬葉集〉イサナドリ(○○○○○)、〈古歌、大和本草ニ詳ナリ、〉唐韻ニ雄ハ鯨雌ハ鯢、正字通ニ䲔ハ鯨ノ本字、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01970.gif ハ俗字、鰍ハ鰌ノ俗字ト云フ、一名鱌鰌、〈水經註〉海燕、〈南齊書〉海中鰌、〈爾雅翼〉浴鯇、〈潛碓類書〉鰌魚、〈同上〉浮礁、〈寧波府志〉海龍王、〈瓊州府志〉海龍翁、〈雷州府志、香山縣志、〉

鯨種類/鯨産地

〔本朝食鑑〕

〈九/江海無鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1488 鯨〈○中略〉
凡漁家有六種之鯨名及雌子六種者、世美、座頭、小鯨、長須、鰯、眞甲、就中以世美(○○)上品、形色如前、其大者七八丈十餘丈許、過之者未之、中者五六丈、小者三四丈、世美子鯨形色略與親同、以其不一レ長形色亦淺薄、大者不二三丈、頭尾鬐鬣隨形之小也、唯自仲冬中旬之際夏四月鯨、傳稱、草木萌後、鯨力甚剛矣、采鯨若遇子鯨而行者、先使子鯨必全不一レ之、要以半死、子鯨全死則母鯨必逃去、子鯨半死則母鯨不去、而以身掩子愛惜者甚、故半殺子鯨而刺母鯨、全殺母鯨而後采子鯨、是刺鯨家之定法也、座頭鯨(○○○)者本朝通俗呼瞽者座頭、此魚之背有方二尺許之鰭、如琵琶之形、漁家呼謂疣也、遠郊村巷之瞽者負琶而行乞食里落、勢州最多、故以座頭而名乎、或曰、座頭鯨取目之象、故韻書引異物志曰、鯨鯢或死沙上皆無目、俗言目化爲明月珠、是不的當、異物志以死後無一レ目而言、雖怪詭亦於理不害、今座頭鯨有目、然何以目之象而言乎、其大者不四五丈、中三四丈、小二三丈、鬐長一丈餘、一片黑一片白、肚皮重重作畦、如竹片、呼謂簀子皮(スノコカハ)也、其餘與世美同、座頭子鯨者大不二三丈、形色與親同、小鯨(○○)者淡黑或灰白色、鬣白長一尺五六寸、廣三寸許、厚二三分、呼號白鬚、小鯨之子略類親、而 大者不一二丈也、長須鯨(○○○)者形色似世美、此亦有疣䰇、大者十餘丈或七八丈、常沈水底而浮者稀矣、故漁人不之、鰯鯨(○○)者常逐鰯而來、故名、大者不二三丈、脂少肉薄、好不之、眞甲鯨(○○○)者形色長大、略類諸鯨、而有大牙牛犢角、此亦好逐鰯而浮來、世稱、紀勢及總常江海有之、西海不之、此亦脂少肉麤、好不粂之、一種有鱐斬(シヤチキリ/○○)者、鱅者小魚不丈許、觜如鉾頭、〈○中略〉鱐魚數十相聚衝鯨之頰腮、其聲聞于外、久而鯨因迫開口則小鱐入口、嚙斷鯨之舌根、而群繡爭引鯨舌喰盡而去、鯨竟窮死、此謂鱐斬、漁人偶海上獲之、愚按華人自古迄今不之不之、華人常厭魚之濕熱、而妄不大魚、則其不食者宜矣、貪江海之利之而貨者危乎、陶朱猗頓等貨殖亦不省、唯言舟吸川之大、或謂、大者長數千里、小者亦數千尺、眼睛爲明月珠、鼓浪成雷、噴沫成雨、水族皆驚畏而逃匿、莫敢當者、是擬莊叟任公之鯤鼇乎、於是諸本草及李時珍亦不主治形色也、然華有柏油而勝于鯨脂、有牛豕而勝鯨肉、故不鯨乎、惟本朝自古盛稱、或采之、舒明帝時有大伴鯨連者、柿本人麿從石見國上歌、讃岐狹岑島歌、同謂鯨魚取笠朝臣金村歌、越海之(コシノウミノ)、角鹿乃濱從(ツヌカノハマへ)、大舟爾(オホフ子二)、眞梶貫下(マカヂヌキオロシ)、勇魚取(イサナトル)、然則古越前之浦邊亦采鯨歟、近代勢州之海上多之、紀州亦同希采之、六七十餘年以來、肥之諸島平戸大村海上多采之、常州總州亦采之者不五十年、然采者不三四丈、過之者亦有不之乎、北國海上亦雖常見一レ之、而未之、其輕船鉾劒諸器及舟子群役之餱糧給料、非國守縣吏大家富商之計策、則不興營也、〈○中略〉凡會鯨之浦者、納屋之商主、漁家、羽指、舟子、傭夫、及交易群賈都三百五十人、悉是交易于鯨油及肉鬣牙腸等而貨殖之也、俚諺所謂一浦獲一鯨、則七郷之賑、或謂一歲之中獲一鯨、則價采鯨之費、一歲之中獲二鯨則足采鯨之聚給、一歲之中獲三鯨則得多之利、餘積鉅萬不勝計、實本朝漁家之巨富也、然放樂耽遊日費千金而不素封之殖、于嵯悼哉、〈或所謂以鉾號森者、以鉾形象森字畫乎未詳、〉

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈三十/無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1489 鰌魚〈○中略〉
此魚勢州及紀州ノ三輪崎太地浦、肥前ノ平戸大村、筑前、常州、總州ニテ漁ス、其品十餘種アリ、食料 ニハセビクジラ、〈内ニ油少ナシ〉ザトウクジラ〈油多シ〉ヲ用ユ、筑前ニテハザトウクジラヲ上品トス、品類ノ形色ハ、鯨志平戸及大地ノ鯨圖等ニ詳ナリ、

〔毛吹草〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1490 伊勢 鯨

〔慶長見聞集〕

〈八〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1490 關東海にて鯨つく事
聞しは今唐國に鯨鯢と云魚は、長さ數千里あり、波をたゝひて雷をなし、沫をはきて雨霧をなす、舟をものむと也、四足の魚と古記に見えたり、扨又日本に鯨と云魚有、けい〴〵のたぐひと知られたり、長さ三十ひろ五十ひろ有、日本に是に過たる生類なし、愚老〈○三浦淨心〉若き比、關東海にて鯨取事なし、死たる鯨東海へ流れよるを、人集て肉を切取、皮をば煎じて油をとる事、度々におよぶ、然ば昔貞應二年五月、鎌倉近邊の浦々へ、名をも知ぬ大魚死て浪に浮び、三浦崎六浦の海邊へ流れよる、鎌倉中にじうまんす、人こぞつて是を買取る、家々に是をせんじて油を取、異香りよこうに滿り士女是を早魃の兆ざしと云、此魚の名知らず先規になし、是たゞ事ならずと文に記せり、貞應の比まで關東海に鯨有事を人知らざる、也、今は鯨江戸浦まで來て、うしほを空へ吹上るを見れば、海上にやく鹽屋の烟かとうたがはる、是は息をする魚にて、海底に計りは居られぬと知られたり、古歌に、
うしほ吹鯨の息と見ゆる哉沖に一村夕立の雲、是はつのゝ浦によめり、江戸浦にては沖に幾村立雲とこそ詠侍らめ、鯨をもりにてつくに鯨とるといふ、鰹は釣にてつるなるを、鰹とるといふ、是は海人共のそゞうごとゝ思ひしに、八雲抄に鯨とる鰹とるとよめり、くじら大魚なれ共、伊勢尾張兩國にてつく事有、是より東の國の海士はつく事を知らず、然に文祿の比ほひ、間瀨助兵衞と云て、尾州にて鯨つきの名人相摸三浦へ來りたりしが、東海に鯨多有を見て、願ふに幸哉と、もり絶を用意し鯨をつくを見しに、鯨は子を深く思ふ魚也、故に親をばつかずして子をつきと めいかしをく、二ツの親子をゝのが腹の下にかくし、をのが身を水の上にうかべ、劔にて肉を切さくをわきまへず、親子共に殺さるゝ、哀なりける事共也、

鯨利用

〔本朝食鑑〕

〈九/江海無鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1491 鯨〈○中略〉
肉、氣味、甘酸大温無毒主治、補腎益脾、調胃厚腸、止虚泄久痢、煖沈寒痼冷、若多食則動火生熱、不瘡瘍之患
發明、海中大魚無鯨者、其濕熱所蓄亦甚矣、然性不惡物、唯呑潮食鰯、非鱶鰐之比、故味甘鹹有滋腎煖胃之功、尚可助火動血之害耳、
脂、集解、鯨之黑皮兼赤肉間有白脂、潔白甘脆、是人之所嗜食、而采油之處也、又熬肚腸筋膜鬐頭之類亦膏油多矣、鯨油比餘魚則色淸臭少煙亦希、故民間好爲燈油、或販麻油之商合此油而亂之、以當價之賤也、比麻油之香潔則尚有臭氣油不相及、於是不諸士以上之家、雖農商之家而富饒之屋不之也、凡鯨油者世美大鯨一箇之油、以水二斗之木樽而量之、則自三百樽六七百樽、若魚瘠者減之、子鯨者樽數不二三十也、座頭大鯨一箇之油百四五十樽、子鯨者樽數不四五十、小鯨之大一箇之油、自七八十百樽、子鯨者樽數不十四五、此皆擧其大概也、采油法大抵用水六斗之大釜、熬鯨脂皮十二枚、一枚者方一二尺、或七八寸也、油涌後以一丈二尺之大竹筧五箇、弐第續列之、別擁水二石五斗之磁壼二十四箇、懸五箇之竹筧、自釜至壼口、而流來于熬油後待壼内之冷木樽也、氣味、甘大温有毒、主治、大抵與肉同、〈臓腸腑骨尾亦氣味主治略相同〉
附方、白屑風瘡、〈用登部羅米煎濃汁、而洗頭後狼骨灰或狼糞灰和鯨油而傳之、〉
腸〈附臓腑〉集解、鯨之腹内者、予不其地詳見、故難之、老漁語予曰、膽呼謂加羅幾毛、外白内蒼黑、人不之、采油空棄之耳、大小腸倂稱帶腸、又號百尋、其腸長五十丈許、凡一尋者五尺、故曰百尋、圍一尺六七寸、而色白䱒之乾之而食、世以賞之、謂能止久泄也、有姫腸者、圍一尺許、長三四尺、外赤内白、 有烏賊腸者、厚一寸許、圍二尺餘、如筩之無一レ底而褐色、有圓腸者赤色、有福腸者、外白内赤、有豆腸者赤色、以上五腸者、皆漁家常食、而謂味美、益人之氣血者也、采油亦多、又有丁子腸者、色最赤、倶取油處、凡此數腸者、百尋之外悉是臟腑、然不其形容則難之、
牙、集解、狀類象牙猪牙而堅白可切磋、近時齒醫有新造牙齒而入老人落牙齒之痕、彼工巧極奇緻著齒齦、能嚙堅骨、略動搖之亦不落、世稱入齒醫以推擧之、其新造牙者鯨牙最好、故世人賞之、凡鯨之有牙者獨眞甲、而未餘鯨有芽者也、或好事者製牙染紅、以亂于珊瑚珠、而言非鯨牙者不眞也、骨、集解、頭腮、胸腹、脇背之骨、及扇骨大骨爲用、但有圓斬骨者、厚一尺餘、圍三尺許而白色、漁家呼謂蕪骨、如蕪菁根形、細切曝乾、用之時浸熱湯者久澄白如氷、和醋醬而食味、淡甘可愛耳、
尾、集解、凡魚尾之上圓肥處俗謂尾筩(ツヽ)、鯨之尾筩呼號尾脛巾、訓於波波岐、是鯨肉中之最美味、故賞鯨肉者、先覔此尾脛巾之外黑内白脂、其味極甘美不言、是熊蹯鴈肪之類乎、

〔明良洪範〕

〈十七〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1492 十三郎市人ト成リ、後年芝露月町ニテ、鯨ノ髭細工ナドシテ暮シケルト也、

〔甲子夜話〕

〈五十九〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1492 予〈○松浦淸〉領内ノ俗、鯨皮ヲ謂テテエラ(○○○)ト云フ、鯨皮尤モ膏液多シ、煮テ油トナシテ漁人ソノ利ヲ得、或日行智梵文ノコトヲ談ズル中、梵ニ油ヲhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01973.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01974.gif (テエラ)帝羅ト云フ、然レバ鯨ヲテイラト謂ハ油多ノ稱ナリト、イカニモ當レリ、慈覺大師將來梵語雜名ニモ帝羅ノ譯見ユ、
又曰、鯨皮三寸四方許ヲ重一斤トス、煮テ油ヲ得ルコト一升許、餘ハコレヲ推テ量ルベシ、又皮縱二尺四寸、横一尺二寸、高八寸、油ヲ得ルコト二斗バカリ桶ニ充ツベシ、

鯨事蹟

〔常陸風土記〕

〈行方郡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1492 郡南七里男高里〈○中略〉南有鯨岡、上古之時、海鯨匍匐、而來所臥、〈○下略〉

〔日本紀略〕

〈一/醍醐〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1492 延喜十七年九月八日甲寅、太宰府言、對馬島下縣郡碁子濱、鯨乍生將寄、其後九月上旬、隣賊數舶、將發來者、

〔大外記師遠記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1492 大治二年五月廿六日、未刻師安朝臣、爲院御使來示云、肥前神崎御庄、死鯨被打寄、萬 人切取之間、腹中有珠、件珠所進上也、

〔親元日記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1493 寬正六年二月廿五日癸卯、小原刑部少輔殿〈伊勢國〉鯨荒卷廿、鳥二番、御返事整、〈松田〉
文明十三年四月廿五日己巳、法光房鯨荒卷十進上、御返事あり、

〔廻國雜記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1493 七月十五日、〈○文明十八年、中略、〉あふみ川、〈○越後〉かさ島など打過て、鯨なみといへる濱を行けるに、折節鯨の潮吹けるを見て、
わきてこむこの浦の名にたつ鯨波曇るうしほを風も吹なり

〔御隨身三上記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1493 永正九年二月廿九日、鯨を可下のよし、式部少輔殿より書狀如此、
夜前者申來候、本望存候、仍鯨藥上候、若御所望に可下候、尋可申之由、御懇之儀御面目候御 返事重而可申候、〈○中略〉
三月朔日朝は出仕不申候へ共、昨日廿九日、鯨之儀及晩參候、式部少輔殿へもまかり出候て、上意忝よし申候、 四月廿九日、李部より書狀にて、鯨百被下由在之、忝由申候、 卅日、晝番に祗候仕候御用なし、李部を以、昨日の鯨の御禮忝よし申上候、

〔晴豐記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1493 天正十年二月廿七日、二條之御所參、伊勢一身田より禁裏へ三合三荷進上、〈くじら桶二ツ〉親王御方〈江〉くじらの桶一ツ進上、余に鯨桶一ツ、狗狀十帖、文箱一ツ、入道殿へ鯨桶一ツ、れうし卅帖、

〔駿淸遺事〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1493 慶長十六年五月廿一日、久能濱へ鯨寄、大サ十一間程有、

〔老の樂〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1493 二月中旬頃より〈○享保十九年〉行德へ鯨貳本寄る、江戸より見物群集なす、わけて廿四日おびただしき鯨見物のよし、しかも彼岸中日なり、但廿日歟、よみ賣に廿日として出す、

鯨雜載

〔山陽詩抄〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1493佐嘉諸儒見要會飮有鯨肉之供、席上用得韻戯作長句
互鬣掀潮噴雪花、萬夫攅矛海門譁、肥海、捕鯨耳曾熟、何料鮮肉到齒牙、片片肪玉截芳脆、金虀玉膾曷能加、他日所食非眞味、鹽藏況經運路遐、君不見先侯戈鋋殪豕蛇、此物戢鬐上銕叉、多士方遭偃武日、 取侑文酒柔嘉、羨君筆力能掣渠碧海涯、恨吾酒量不渠吸百川波

滑魚

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1494 滑魚(ナメリ) 一名波ノ魚(○○○)、形マルクシテ海鰌ニ似タリ、黑色ナリ、鰌ノ形ニモ似タリ、長五六尺或二間バカリ、海上ニ背ヲサシ出スヲ鐵炮ニテウツ、油多シ、食スベカラズ、漁人煎ジテ油ヲトル、漢名未詳、

〔和漢三才圖會〕

〈五十一/江海無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1494 鮠〈音危〉 鮰魚 鱯魚 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01975.gif 魚 䲚魚 俗云奈女魚(○○○)〈和名抄訓波江謬也〉
按鮠狀似鱣亦如鮎而身圓、其大者長至二三丈、灰色無眼、但頭上有二穴而吹潮、其尾似鯨尾、肉味亦略如鯨脂多、熬取燈油

蜉飾

〔新撰字鏡〕

〈魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1494 鮪〈榮美反、上、伊留加(○○○)、〉

〔倭名類聚抄〕

〈十九/鱗介〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1494http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01777.gif 臨海異物志云、䱐http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01777.gif 、〈浮布二音、和名伊流可、〉大魚色黑、一浮一沒也、兼名苑云、一名鯆䱝、〈甫畢二音〉一名http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01976.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01977.gif 、〈敷常二音〉野王按一名江豚、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1494 臨海異物志無傳本、按太平御覽引魏武四時食制云、䱐http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01777.gif 魚黑色、大如百斤猪、黃肥不食、數枚相隨、一浮一沈、與此所一レ引同、按廣韻、鯆字注云、鯆鮮魚名、亦作http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01777.gif 、晉書廣雅云、鱄䱐http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01979.gif 也、而鱄亦鯆字異文見廣韻、則䱐http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01777.gif 似、倒然四時食制作䱐䰽、則與此略同、〈○中略〉按鯆http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01978.gifhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01976.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01977.gif 二名諸書無見、太平御覽引四時食制云、䱐䰽一名敷常、則知http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01976.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01977.gif 卽敷常俗字、〈○中略〉今本玉篇魚部云、鱄䱐魚一名江豚、欲風則踊、此所引卽是、晉書夏統傳作鯆䱐、何超音義引埤蒼云、鯆䱐http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01979.gif 魚也、一名江豚、多膏少肉、説文http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01979.gif 魚也、出樂浪番國、一曰http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01979.gif 、出九江、有兩乳、一曰漙浮、則知鱄䱐、鯆䱐、䱐http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01777.gif 、䱐䰽皆漙浮之俗字、酉陽雜爼奔䱐亦語之轉耳、證類本草引陳藏器云、江㹠狀如㹠、鼻中爲聲、出沒水上、海中舟人候之、知大風雨、按江㹠卽江豚、出沒水上、卽異物志之一浮一沒也、又有海豨、一名海豘、一名奔䱐、江賦云、江豚海豨、注引臨海水土記云、海稀豕頭、身長九尺、陳藏器云、海豘生大海水中、候風潮出沒、形如豘、鼻中爲聲、腦上爲孔噴水直上、百數爲群酉陽雜爼云、奔䱐一名瀱、大如船、長二三丈、 色如鮎有爾乳在腹下、頂上有孔通頭氣出、嚇々作聲必大風、行者作爲候、

〔類聚名義抄〕

〈十/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1495 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01777.gif 〈音沛 魚名、食之殺人、イルカ〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01920.gif 〈イルカイハシ〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01227.gif 〈イルカ〉

〔伊呂波字類抄〕

〈伊/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1495 江豚〈イルカ〉 鯆䱐 䱐http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01777.gif 〈臨海異物志云、伊流可、大魚也、黑、一浮一沒也、〉 鯆䱝 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01976.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01977.gif 〈已上同〉

〔尺素往來〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1495 巡役之朝飯明日可勤仕候、此間依霖雨美物雖得候、〈○中略〉魚類者〈○中略〉海鹿(イルカ)、

〔下學集〕

〈上/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1495 鮼(イルカ)〈玉篇、七尋切、〉

〔東雅〕

〈十九/鱗介〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1495http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01777.gif イル力〈○中略〉 イルカといふ義不詳〈(中略)古事記に據るに、イルカと名づけいひしし、また血臭(チノカ)の魚といひしなるべし、血の臭をもて浦の名とせしに、一轉して都奴賀どいひて、角鹿としるし、再轉して都留賀と云ひて敦賀としるすが如し、チノカと云ひし語、轉じてイルカなりしと見えたり、〉

〔本朝食鑑〕

〈九/江海無鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1495http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01777.gif 〈訓伊留加
釋名鯆http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01978.gif 〈音甫畢〉http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01980.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01977.gif 、〈音敷常、兼名苑、〉䱐〈俗稱、塩囊〉江豚〈野王〉海豚〈李時珍曰、海豚江豚皆因形命名、又作艀飾、音敷沛也、按魚類豚形、江海倶有、此魚隨其在處而名、又右江豨江猪、水猪之名、〉
集解、形似豚鰭如足、尾有岐而硬、背有鬣而刺、無鱗靑黑色、頭上有潮之竅、鼻向上而有聲、漁人采之投岸則有聲、是鳴鼻乎、候風潮出沒、行則成群、一浮一沒爲上下二隊、或一浮一中一沒爲上中下三隊、傳稱有雌雄、雌有兩乳其然乎、未知、形大肉肥味不甘美、故食之者少、唯煎脂采油、以爲民間之日用耳、肉氣味、鹹微甘而腥、主治未詳、〈近頃世俗治痔脱肛、同未曾煮食最妙、〉

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈三十/無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1495 海豚魚 イルカ ユルカ(○○○)〈南部筑前〉 マイルカ(○○○○) 一名勿乙可致〈郷樂本草〉
イルカハ身圓ニ肥、長サ六七尺、黑色ニシテ鱗ナク、甚鯨ニ似タリ、頭後ニ竅アリ、潮水ヲ吹キ直上ス、ソノ觜細長ニシテ上下相當シク、牙齒相連レリ、鰭尾ノ形ハ鯨ニ異ナラズ、風潮ヲ候ヒ出沒ス、行ク時ハ群子列ヲナス、〈○中略〉俗ニユルカノ宮詣ト云、其鼻上ニ向フ、漁人捕ヘテ岸ニ躑トキハ鳴ク、ソノ皮厚クシテ油多シ、漁人煎ジテ燈油トス、肉ハ赤色ニシテ鯨肉ノ如ナレドモ、油少クシテ味劣レリ、皮モ鯨ニ僞レドモ味劣ル、久ク煮時必釋盡クル、、一種子ズミユルカ(○○○○○○)バ鼠色ナリ、ソノ鳴 クコト鼠聲ノ如シ、肥前一種ハンドウユルカ(○○○○○○○)ハ黑色ナリ、ソノ鳴ク聲モウト言ガ如シ、〈同上〉一種入道ユルカ(○○○○○)ハ、觜上短下長ク潮孔左右ニアリ、腹下ニ筋ノ如キ者出ヅ、末尖り長サ八寸許、引出セバニ尺餘アリ色赤シ、是雄ナル者ナリ、〈佐州〉一種スヂイルカ(○○○○○)ハ竪ニ白條アリ、紀州一種カマイルカ(○○○○○)ハ、形ノ似タルヲ以テ名ク、同上此外尚品類アリ、

〔古事記〕

〈中/仲哀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1496 故建内宿禰命率其太子〈○應神〉爲禊、而經歷淡海及若狹國之時、於高志前之角鹿假宮而坐、爾坐其地伊奢沙和氣大神之命、見於夜夢云、以吾名御子之御名、爾言禱、白之恐隨命易奉、亦其神詔、明日之旦應於濱、獻名之幣、故其旦幸行于濱之時、毀鼻入鹿魚旣依一浦、於是御子令于神去、於我給御食之魚、故亦稱其御名、號御食津大神、故於今謂氣比大神也、亦其入鹿魚之鼻血臰、故號其浦血浦、今謂都奴賀也、

〔古事記傳〕

〈三十一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1496 此魚の依れるは、大神の太子に、御饌の料に獻り給へるにて、卽是かの易名の幣の物なり、さて今此魚の悉く鼻の毀れたる所以は、大神の旣に捕らしめて獻り給ふ由なり、〈その令捕賜ふは、幽事なれば、人の目には見えず、〉さるは古に此魚を捕るには、鼻を衝てぞ捕つらむ、故鼻の毀れてはありしなり、〈(中略)入鹿はいかにして捕にかしられども、此段を以て思ふに、古必鼻を衝て捕しなるべし、組國の熊野浦の漁人の語りけらくは、此魚多くは長八九尺ばかりあり、中に最大なるは一丈二三尺ばかりなるもあるなり、入鹿の千本づれと云て、頭をもたげて、おびただしく群來る物なり、逃こといと早くして、船をいかに早くこぎても追及がたし、故これを捕るには、毛理と云物に、夜那波、とて四十尋の繩をつけ、其端に泛を付て、その毛理を投る、此毛理を負ながらなほにぐるを又二の毛理を投て捕なり、さて一ッ捕れば必二ッ捕らるゝなり、其故は一ッが毛理を負て逃るに後れぬれば、友をあはれむにやあらむ、群の内の今一ッ必後れて遠くは去らざろ故に、それをも捕なりと語りき、抑毛理は虚空へ高く投上げれるが、魚の上に至りて、そらよりまくだりに落降りて其魚を衝物なり、かくて入鹿は、鼻の上に向ひたれば、その鼻を衝べきなり、然らざれば毀鼻と云こと由なし、谷川氏が、蓋此魚鼻向上而有聲、故云毀鼻と云るは心得ず、こはから書に海豚鼻在腦上聲噴水直上と云るに依て云るなれど、其は凡て此魚の常なれば、分て殊に、毀鼻と云べきに非るをや、〉

〔出雲風土記〕

〈島根郡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1496 凡南入海所在雜物、入鹿〈○中略〉海松等之類至多、不名、

〔源平盛衰記〕

〈四十三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1496 知盛船掃除附占海鹿幷宗盛取替子事 海鹿ト云大魚、二三百モヤアルヤラン、鹽フキ立テ食テ來ル、安倍晴延ト云、小博士ヲ召テ、イカナルベキゾト尋給フ、晴延占文披ヒテ、此海鹿食返バ源氏ニ有疑食通バ御方ニ無憑ト申ケルニ、此魚一モ不食返、平家ノ船ノ下ヲツイクヾリ、ツイクヾリ、食テ過ヌ、小博士今ハカウ候トテ涙ヲハラハラト流シケレバ、人々聲ヲ立テゾオメキ給フ、

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1497 鮪 食療經云、鮪〈音委〉一名黃頰魚、〈和名之比(○○)〉爾雅注云、大爲王鮪、小爲叔鮪

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1497 按毛詩、魚麗于罶鱨鯊、正義引陸璣疏云、鱨一名黃頰魚、又東山經云、番條之山減水出焉、其中有鱤魚、一名黃頰、未鮪又名黃頰、不食療經何據、〈○中略〉按呂氏春秋注、鮪魚似鯉而大、禮記正義、引郭注爾雅云、似鱣而小、建平人呼鮥子、一本云、王鮪似鱣、口在頷下、音義似鱣長鼻、體無鱗甲、毛詩正義引陸璣疏云、鮪魚形似鱣而靑黑、頭小而尖、似鐵兜鍪、口亦在頷下、其甲可以摩一レ薑、大者不七八尺、益州人謂之鱣鮪、肉色白、味不鱣也、鮪未詳、然據口在頷下、其甲可薑、肉色白、則鮫魚之類、非之比、訓鮪爲之比、未允、之比、万具呂之屬、嶧山君曰、大倉州志金鎗魚可以充之毘

〔類聚名義抄〕

〈十/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1497 黃頰魚〈シビ〉 鮪〈音委、シビ、一名黃頰魚、〉

〔壒囊抄〕

〈二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1497 魚類字 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01981.gif (シビ)

〔下學集〕

〈上/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1497 鮪(シビ)

〔物類稱呼〕

〈二/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1497 王鮪しび 畿内にてはつ(○○)と稱す、江戸にてまぐろ(○○○)とよぶ、江戸にてまぐろのすきみといふものを、畿内にてはつのみと云、又江都の魚店にてしび、まぐろ、びんなが等の品有といへども、東國の俗皆まぐろと云、然共至て大なるなし、むかしは注都の魚市にて、まぐろを賣買ふこと有しが、近來は來らずとなん、又びんなが(○○○○)といへる物は、あぶらを去て肉糕(かまぼこ)となすもの也、又二尺以下の小なるを、江戸にてめじか(○○○)と云、一名そうだ(○○○)と云、ひらそうだ(○○○○○)、丸そうだ(○○○○)など二種有、京 都難波の俗、目ぐろ(○○○)といふ是なり、又二尺已下のものは、相摸にてよかご(○○○)といふ、一尺餘りなるは、同國にてめだいしび(○○○○○)と云、本草、鼻肉作脯名鹿頭、又名鹿肉と有、是目鹿(○○)となづくる故有に似たり、一説に目ぢかとは其眼の近きなり、まぐろと云ものゝ小(すこ)しきなるをいふ、まぐろとはその眼の黑き也、

〔皇都午睡〕

〈三編上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1498 上方にて買(かう)て來るを、江戸にては買(かつ)て來る、〈○中略〉はつのみをまぐろ、上をきわだ、中をかぢき、下をしび、

〔本朝食鑑〕

〈九/江海無鱶〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1498 鮪〈訓之比〉附、眞黑、目鹿、
集解、江海處處有之、就中西北海濱多采之、自古釆之、山部赤人歌、藤井乃浦爾鮪釣、萬葉見漁夫火光歌鮪衝等海人之燭有、或武烈帝朝、有平群鮪臣者、是賞魚之大而名乎、頭大觜尖、鼻長口有頷下、兩頰腮如鐵兜、頰下有靑斑、死後眼出血、背有刺鬣、無鱗而蒼黑、肚白如雲母、尾有岐而硬、上大中圓下小、大者一二丈、小者七八尺、肉肥厚而淡紅、背上肉左右有黑血肉兩條、呼稱血合味不佳、故屠之者必棄而不食、凡采之釣之刺之、海西諸州之濱以鐵耙懸而采之、熊手鴟口之類也、此魚頭甚有力、頭向陸尾向海、則懸頭而采之難、頭向海尾向陸、則懸尾而采之易、是尾無力之故也、乘煖而浮、見日而眩來則成群、漁人獲之、采脂油或作脯而貨之、或膾鮮而食、炙肉而食、倶味稍佳、禮月令、季春天子薦于廟、故有王鮪之稱、是賞魚之味歟、賞魚之大歟、未之、
眞黑魚及目鹿、集解、小鮪四五尺許、呼號眞黑、形全與鮪同、但以肉之紅http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01982.gif 眞黑、味亦勝于鮪、凡士以上之人者不之、近頃及堂廡之筵膾作炙、或爲楚割、京師俗不之、海西海東之人嗜食之、世以作膾則似堅魚、作炙則似師魚、故最賞之、然味不二魚也、目鹿者京師難波俗呼蔕目黑、或曰目付、義未詳、眞黑二三尺許、呼號目鹿、味比眞黑則稍淡而復佳、作膾作炙作煮倶好、斯魚三四月多出矣、以于堅魚而最被于世也、或謂、眼眶肉味美如鹿肉、故曰目鹿、是似故、李時珍本草鮪鼻肉作脯、名鹿頭、 亦名鹿肉美也、按郭璞爾雅注曰、大者名王鮪、小者名叔鮪、更小者名鮥子、〈音洛〉今本朝鮪小者曰眞黑(○○○○○)、其最小者曰目鹿(○○○○○○)、然則眞黑者叔鮪、目鹿者鮥子歟、
肉、氣味、甘温無毒、主治、未詳、俚俗所謂治婦人滯下、是雖試、而孟詵曰、治血淋、陳藏器曰、補虚令人肥健、則有血之力乎、眞黑者味厚氣盛、多食發瘡疥、患下血痔漏、目鹿者主治未詳、

〔本朝食鑑〕

〈十/華和異同〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1499
鱘也、鱏也、〈尋淫二音〉一曰碧魚、此魚名據形故、讀尋讀覃、皆延長之義、其色靑碧故名碧魚也、羅願曰、鱘狀如鬵鼎、上大下小、大頭哆口似鐵兜鍪、是足容之、李時珍曰、頰下有靑斑紋梅花狀、尾岐如丙、肉色純白味亞於鱣鬐骨不脆、此亦詳説、但肉色純白不相當、鮪肉非鱶肉純白可賞者、必帶赤爾、

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1499 シビ 日本ニ昔ヨリ鮪ノ字ヲシビトヨム、鮪ハ鱘ノ別名ナリ、本草ニ時珍曰、鱘其色靑碧腹下色白、是ハシビニ似タリ、又曰其鼻長與身等、口在頷下、肉色純白、是皆シビトカハレリ、シビノ口ハ頷下ニナシ、今シビト云魚ハ、其形鰹ノゴトク略マルシ、皮ノ色カシラ尾ノ形モ鰹ノ如シ、有鱗口トガレリ、皮色淡白頭扁シ、長一間バカリ肉赤シ、肥大ナリ、味ブリノ如シ、毒アリ、往々人ヲ醉シム、西州ニハ五島平戸ニ多ク捕ル、本草ニヲイテ別ニシビノ、如ナル魚ミエズ、但鮪ニ別種アリテ本邦ニアルシビモ鮪ナルカ、鱘魚、牛魚、鮠魚ナド本草ニ載タリ、シビモ此類ナルベシ、マグロ是シビノ小ナルヲ云、プリ子(コ)ヲハマチト云ガ如シ、シビトマグロト非二物、又マルタ(○○○)トモ云、大ナルハ長三四尺アリ、其最小ナルハメジカト云、又鰹ニ似テ大ナリ、肉赤シ、小毒アリ、味アレドモ下品ナリ、漁人ホシテカツヲトス、味堅魚ニヲトル、爾雅注郭璞ガ説ニ鮪大小ヲ分テ三等トス、本邦ノシビ、マグロ、目ジカモ大小三等アリ、然ラバ王鮪ハ、シビ、叔鮪ハマグロ、鮥子ハメジカナルベシ、

〔和漢三才圖會〕

〈五十一/江海無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1499 鮪(はつ/しび)〈音委〉 王鮪〈其大者、和名之比、或云波豆、〉 叔鮪〈其小者、俗云目黑、〉 鮥子〈更小者、俗云目鹿、○中略〉 宇豆和〈一名茶袋〉 小鮪一尺以下者、作胾(サシミ)以芥醋食味甚佳、 目鹿 二尺以下小鮪、亦可胾、 目黑三尺以下者多爲http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01913.gif 、〈凡宇豆和目黑共爲http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01913.gif 、則通俗名目黑、〉
末黑 三四尺以上者至此時形略扁、色亦稍黑、爲http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01913.gif 冬月民間賞之亞于鰤、又鮮肉作脯贋鰹節
波豆 四五尺以上者與鮪無異、惟腹鬐〈鮪黃赤色、波豆蒼黑、〉異身、其鱸和州人嗜食之、以一枚馬一駄

〔日本山海名産圖會〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1500 鮪(しび)〈大なるを王鮪、中なるを叔鮪、〉〈俗ニメグロト云〉〈小なるを鮥子(めじか)といへり、東國にてはまぐろと云、〉
筑前宗像讃州平戸五島に網する事夥し、中にも平戸岩淸水の物を上品とす、凡八月彼岸より取はじめて、十月までのものをひれながといふ、十月より冬の土用までに取るを黑といひて是大也、冬の土用より春の土用までに取るをはたらといひて、纔一尺二三寸許なる小魚にて、是黑鮪の去年子なり、皆肉は鰹に似て色は甚赤し、味は鰹に不逮、凡一網に獲る物多き時は、五七萬にも及べり、是をハツノミと云は、市中に家として一尾を買者なければ、肉を割て秤にかけて、大小其需に應ず、故に他國にも大魚の身切と呼はる、又是をハツと名付る事は、昔此肉を賞して纔に取そめしを、まづ馳て募るに、人其先鋒を爭ひて求る事、今東武に初鰹の遲速を論ずるがごとく、此を以て初網の先馳をハツとはいひけり、後世此味の美癖を惡んで終にふるされ、賤物に陷りて饗膳の庖厨に加ふることなし、されども今も賤夫の爲には、八珍の一ツに擬てさらに珍賞す、〈○中略〉此魚頭大にして嘴尖り、鼻長く口頷の下にあり、頰腮鐵兜のごとく、頰の下に靑斑あり、死後眼に血を出す、背に刺鬣あり鱗なし、蒼黑にて肚百く雲母の如し、尾に岐有、硬して上大に下小なり、大なるもの一二丈、小なる者七八尺、肉肥て厚く、此魚頭に力あり、頭陸に向ひ尾海に向ふ時は、懸てこれを採り易し、是尾に力らなき故なり、煖に乗じて浮び、日を見て眩來ける時は群をなせり、漁人これを捕て脂油を作り、或は脯に作る、

〔古事記〕

〈下/淸寧〉

平群臣之祖名志毘臣、立于歌垣、取其袁祁命〈○顯宗〉將婚之美人手、其孃子者菟田首等之 女名大魚也、爾袁祁命亦立歌垣、〈○中略〉爾王子亦歌曰、意布袁余志(オフヲヨシ)、斯毘都久(シビツク)阿麻余(アマヨ)、斯賀阿禮婆(シガアレバ)、宇良胡本斯祁牟(ウラゴホシケム)、志毘都久志毘(シビツクシビ)、如此歌而鬪明各退、

〔出雲風土記〕

〈島根郡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1501 宇由比濱、廣八十歩、〈捕志毘魚〉鹽道濱、廣八十歩、〈捕志毘魚〉 澹由比濱、廣五十歩、〈捕志毘魚〉加奴夜濱、廣亠ハ十歩、〈捕志毘魚〉 美保濱、廣一百六十歩、〈西有神社北百姓家、捕志毘魚、〉

〔萬葉集〕

〈六/雜歌〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1501 山部宿禰赤人作歌一首幷短歌
八隅知之(ヤスミシヽ)、吾大王乃(ワガオホギミノ)、神隨(カムナガラ)、高所知流(タカシラシヌル)、稻見野能(イナミヌノ)、大海乃原笶(オホウミノハラノ)、荒妙(アラタへノ)、藤井乃浦爾(フヂ井ノウラニ)、鮪釣等(シビツルト/○○ )、海人船散動(アマブ子サワギ)、鹽燒等(シホヤクト)、人曾佐波爾有(ヒトゾサハナル)、浦乎吉美(ウラヲヨミ)、宇倍毛釣者爲(ウベモツリハス)、濱乎吉美(ハマヲヨミ)、諾毛鹽燒(ウベモシホヤク)、蟻往來(アリガヨヒ)、御覽母知師(ミマスモシルシ)、淸白濱(キヨキシラハマ)、

〔萬葉集〕

〈十九〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1501漁父火光歌一首
鮪衝等(シビツクト/○○)、海人之燭有(アマノトモセル)、伊射里火之(イザリビノ)、保爾可將出(ホニカイデナム)、吾之下念乎(ワガシタモヒヲ)、

〔近世畸人傳〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1501 中倉忠宣
夏冬は門戸を閉、書をよみて、あへて人にまじはらず、四條高倉の南に獨居せる時、〈○中略〉折ふし門を過る雜貨買有しをよびて、ありあふ衣服を錢壹貫文にうり、さて此錢のある限、鮪といふいをを買て、明くれたゞ是を喰て過せり、友だち折々うかゞふに、もの音もせねば、もし飢て死たるもしらずと、門の戸を破りて入て見るに、かの魚を喰ひて居しかば大にわらひぬ、

〔毛吹草〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1501 筑前 鮪

〔類聚名義抄〕

〈十/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1501 鰆サハラ

〔下學集〕

〈上/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1501 鰆(サワラ)

〔壒囊抄〕

〈一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1501 魚類字 鱲(サハラ)

〔和爾雅〕

〈六/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1501 馬鮫(サハラ)〈鰢鮫、章鮌、擺錫並同、〉 靑箭(サゴシ/○○)〈馬駮小者、名靑箭、〉

〔日本釋名〕

〈中/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1501 馬鮫魚(サハラ) さは狹なりせばき也、はらは腹也、此魚長大なれども腹せばく小也、

〔本朝食鑑〕

〈九/江海無鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1502 鰆〈訓佐波羅
釋名、鱲〈壒囊〉小曰佐古之、〈鱲字未詳、俗稱乎、漢語抄曰http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01983.gif 魚子、訓太古之、按訓相似、亦同物乎、字書曰、鰆音春、海魚名、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01983.gif 音唐魚名、倶未其名狀也、〉
集解、江海處處采之、頭鋭嘴尖眼大腮硬、無鱗、深靑色、背有靑斑圓紋、而肚白無背紋亦有鬐硬刺、尾有岐、尾前兩片有角鰭大鋸齒、大者四五尺、肉白脂多味最甘美也、小曰左古之、色最鮮靑如箭、俗稱靑箭、或曰江都芝濱、相州鎌倉之漁俗稱若菜子者是也、然未詳、鰆之大曰沖鰆、狀偏長六七尺、廣一二尺、味最劣、漁人亦采之者希矣、
肉、氣味、甘温有小毒、〈或曰、無毒、能治疝積、按多食則動濕熱、故瘡疹熱腫患眼之人不之也、〉
唐墨(○○)〈鰆子也〉集解、鰆多子胞如刀豆之莢、曝乾似華墨之古、名曰唐墨、切之則騮色有光膩、味亦甘美、多食則辣粘牙唇而澀、或令人嘔、此亦動氣生熱之故乎、近代爲賀儀之佳肴而賞之、擬其多子乎、土佐阿波讃岐國守獻之、漁家亦貨之、鯔魚之唐墨味勝于鰆、事詳于鯔魚條下、或疑不華墨而何獨言唐乎、曰然也、本朝初與漢魏通、後盛通好者自唐高祖始、故有遣唐使之事于數代焉、於是唐字訓加良、而至今民俗以華物唐之類乎、 附方、産後腹痛、〈方見鯔條、其功勝于鯔、〉

〔本朝食鑑〕

〈十/華和異同〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1502
鰆字彙曰、昌脣切、音春、海魚名、卽馬鮫也、南産志曰、馬鮫、靑斑色無鱗有齒、又名章鮌、連江謂之、章胡、閩人方言山、食鷓胡麞、海食馬鮫鯧、蓋兼美之、鯧、細口扁身而團、無鱗無腸、馬鮫、鋭口圓身而長、無鱗有腸、又一種名濶腰、一種名靑貫

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1502 馬鮫魚〈○中略〉 閩書曰、靑斑色無鱗有齒、其小者謂靑箭、今案ニ五月以後十月以前多シ、味美ナレドモ病人食スベカラズ傷寒熱病有瘡瘍、及患食積人不食、其子ホシテ酒肴トス、味ヨシ、多ク食フベカラズ、滯氣、名ヅケテカラスミト云、鯔魚ノ子ノ如シ、ヲキサハラ(○○○○○)ハ長六七尺アリ、味ヲトル、東海西海有之、ミコ魚(○○○)ハサハラノ如ニテ大ナリ、背ニヒレアリ、ヒレノ長キ事四五尺 バカリ、其ヒレ常ニハ背筋ノ内長ククボキトコロニタヽミ入テアリ、形狀馬鮫魚ニ同、只ヒレノ長キノミ異トス、

〔百品考〕

〈下〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1503 塗魨 和名オキザワラ
臺灣府志、塗魨形類馬鮫而大、重者二十餘斤、無鱗、味甚美、自十月淸明多有、
馬鮫魚(サワラ)ニ似テ鱗ナク、至テ大ニシテ長サ七八尺ニモ至ル、味モ亦馬鮫魚ニ同ジ、稀ニ京師魚店 へ出スコトアリ、馬鮫魚、塗魨靑箭(サゴシ)ノ三物、相同シテ大小ノ異アリ、

〔庖丁聞書〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1503 一向の菜は五種の削物、燒鳥、からすみ(○○○○)、數の子などを、龜甲又は土器に高立して盛也、

〔毛吹草〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1503 讃岐 鰆(サハラ)

鱧魚

〔新撰字鏡〕

〈魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1503 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01925.gif 〈波(○○)无〉

〔本草和名〕

〈十六/蟲魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1503 蠡魚〈陶景注云、今作鱧字、〉一名調魚、〈楊玄操音重〉一名鮪〈大者也、古今注、〉和名波牟、
按蠡(頭注)魚、本草一名鮦魚、鮦音重、知是調乃鮦之訛、又按古今注、鯉之大者曰鱣、鱣之大者曰鮪、乃知一 名鮪大者也、古今注九字、當是在前鯉條

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1503 鱧魚 本草云、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01833.gif 魚〈上音禮、和名波無、〉味甘寒無毒者也、陶隱居注云、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01833.gif 今作鱧字也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1503 按玉篇云、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01833.gif 鱧同上、與陶氏所一レ言合、然説文云、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01833.gif 鮦也、卽本草所載者、説文又云、鱧鱯也、據爾雅郭注、是卽下條鮠魚、則http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01833.gif 鱧二物不同、蓋後俗http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01833.gif 字諧聲作鱧、與鱯魚之鱧混也、又按證類本草蠡魚條引陶云、舊言是公蠣、蛇所變、然亦有相生者、至難死、猶有蛇性、圖經云、蠡魚生九江池澤、今處々有之、淅中人多食之、埤雅云、鱧今玄鱧是也、諸魚中唯此魚膽甘可食、有舌、鱗細有花文、一名文魚、與蛇通氣、其首戴星、夜則北向、爾雅翼云、鱧魚圓長而斑點有七點、作北斗之象、李時珍曰、形長體圓、頭尾相等、細鱗玄色、有斑點花文、頗類蝮蛇、有舌有齒有肚、背腹有鬣連、尾無岐形、形狀可憎、氣息鮏惡、食品所卑、郝曰、爾雅鰹大鮦也、小者鮵、然則中者名鱧也、文化元年、淸舶載來活http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01833.gif、 今江戸官園養之、按本草綱目日華曰、生海中、類鰻鱺而大、是可以充波无也、

〔類聚名義抄〕

〈十/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1504 蠡ハム http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01984.gif 魚ハ厶 鱧〈音禮、ハム、ナヨシ、〉 鱧魚〈ハ厶〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01833.gif 〈正〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01925.gif 〈ハム〉

〔伊呂波字類抄〕

〈波/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1504 鱧魚〈ハム、本草云、蠡魚上音禮、和名波无、味甘寒无毒、亦乍鱺者也、〉

〔下學集〕

〈上/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1504 鱧(ハモ/○)

〔日本釋名〕

〈中/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1504 海鰻(ハモ) 唐音なり、和語にあらず、

〔東雅〕

〈十九/鱗介〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1504 鱧ハム〈○中略〉 今俗にヤツメウナギといふ是也、漢人之説に、鱧魚頗似蝮蛇といふ事あり、〈李東璧が説也〉古の俗、蝮蛇をよびてハミといふ、ハミといひ、ハムといふは轉語也、ハムとは其形の蛇に似たるを云ひしと見えたり、又鱧魚、首左右各有七竅、如七星ともいふ也、〈載同が説○中略〉今俗にハモといふものはこれにあらず、卽海鰻也、ハモとは漢音をもて其字を呼びしなり、
○按ズルニ、鱧魚ヲヤツノウナギト訓ム事ノ非ナル説ハ、載セテ次下引ク所ノ重修本草綱目 啓蒙ニ在リ、宜シク參看スベシ、

〔大上﨟御名之事〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1504 女房ことば
一はも ながいおなま(○○○○○○)

〔本朝食鑑〕

〈九/江海無鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1504 鱧〈訓波母、古訓波無
集解、形長體圓、頭尾相等、無鱗黑色、有斑點花文、頗類鰻鱺、背有鬣連尾、尾無岐、形狀可惡、而味最美、肉白且潔、大者三四尺、小者一二尺、今擂硏鮮肉以作蒲鉾、最爲殺中之珍、或作白鮝小不大、倶貨四方、江東未之、雖希見一レ之而瘠狹不食、攝之難波、泉之堺、住吉、岸和田、紀播丹後但州之江海多采之、肉、氣味、甘寒無毒、〈或甘平〉主治、能袪諸風、逐遍身浮腫、下大小便最有效、妊娠者時時宜食、或療五痔頑癬疥癩一切濕症及手足痺
發明、鱧性逐水下氣、故除濕毒、近世紀州之俗、用乾鱧之煎汁而洗兒、預除痘疹、最有奇驗、今江都俗亦 遍用此法、是李時珍附方載楊拱醫方摘要曰、除夕黃昏時、用大烏魚一尾小者二三尾、煮湯浴兒遍身、七竅倶到、不鯹、以淸水洗去也、若不信留一手或一足不洗、遇出痘時、則未洗處偏多也、此乃異人所傳不輕易、想夫此除去肌膚之濕毒故乎、凡痘者胎毒深潛兒之臟中、因時氣而發肌膚、則縱雖肌膚之邪惡、曷可臟腑之舊瘀哉、然滌表則外熱去、故有輕者愈輕、重者亦達表後不重之理爾、從外攻外者無于内、然則外面預防而不擊于http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00289.gif 理之氣血者少、隨流俗矣、
附方、一切浮腫、〈玄魚一箇、冬瓜去穰半顆、葱白十根、赤小豆十兩、大蒜三顆、蘿蔔三根、細切入瓦甕固封、燒存性、入胡椒末五分、空心温湯下、一晝夜飮盡、明日洩盡惡氣而愈、〉癬疥痔瘡、〈干鱧、蒼耳、濃煎、入鹽少許頻頻洗之、〉
膽、氣味、甘平無毒、凡諸魚膽苦、惟此魚膽與安康魚膽、味甘可食爲異也、喉痺欲死者點入少許卽差、

〔本朝食鑑〕

〈十/華和異同〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1505 鱧一名蠡魚鱧、玄、烏鱧、鮦魚、文魚、時珍曰、鱧首有七星、夜朝北斗、有自然之禮、故謂之鱧、又與蛇通氣、色黑北方之魚也、故有玄黑、其小者名鮦魚、又曰、形長體圓斑點花紋、此則本邦鱧魚也、但疑與蛇通有蛇性者、予〈○平野必大〉常尋繹之海人、無之者也、

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1505 鱧魚 順和名ニハムト訓ズ、アヤマレリ、ハモハ海鰻ナリ、唐音ナリ、鱧ハ筑紫ノ方言ウミウナギ(○○○○○)ト云海魚アリ、本草ニイヘルゴトク形長ク體圓ク、頭ト尾ト同大サニテ相等シク、細鱗玄色ニシテ星アリ、形少蝮蛇ニ似タリ、尾マタナク、其形ミグルシク可惡、日本人ハ食セズ、本草ニイヘルニ能合ヘリ、又別ニ一種ウミウナギ(○○○○○)ト云物アリ、ソレハツ子ノウナギニ似タリ、食スベシ、鱧ニハアラズ、或曰、長崎ニキダコ(○○○)ト云魚、鱧ナルベシト、今其形狀ヲ見ルニ鱧魚ニアラズ、又或曰、丹後ノ海ニツノジ(○○○)ト云魚アリ、コレ鱧ナルベシト云、非也、ツノジハ、フカノ類、皮ニサメアリ、筑紫ニテモダマト云魚ニ能相似タリ、鱧トハ別也、
海鰻 唐音ハモ、本草曰、海鰻鱺似鰻鰻而大トイへリ、日本ニアヤマリテ鱧魚ヲハモト訓ズ、長崎 ニテ中華人ハモヲ海鰻ト云、ウナギヲ淡鰻ト云、國俗ハモノ小ニシテ肉ウスキヲゴンギリ(○○○○)ト云、脯トス、生海鰻肉餻トシテ尤佳シ、

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈三十/無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1506 鱧魚〈止字通二音里〉 黑鯉魚〈通名〉 一名鰹〈埤雅典籍便覽〉 烏鯉魚〈事類全書、八閩通志、〉 黑火頭〈同上〉 河精〈事物紺珠〉 烏蠡魚〈醫學正傳、東醫寶鑑、〉 黑火柴頭魚〈附方〉 烏魚〈同上〉 花魚〈廣東新語〉 七星魚〈本草備要、廣東新語、〉 黑魚〈潛確類書、本經逢原、〉 黑鯉魚〈昊氏食物本草通雅〉 䱰魚〈同上〉 水厭〈發明〉 人厭〈典籍便覽〉 斑魚〈南寧府志〉 魰〈正字通〉 伭鯉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01833.gif 〈共同上〉 加母致〈郷藥本草〉
和産詳ナラズ、稀ニ舶來アリ、淸商ハ九里魚ト云、古渡風乾ノ者ハ長サ一尺許、形烏魚(ボラ)ニ似リ、頭ハ狗母魚ノ頭ニ似テ長ク、三停(ミツワリ)ノ一也、口大ニシテ細齒多ク列レリ、目上ニ七ツノ小孔アリ、外ニ小孔數多シ、身ハ狗母魚ヨリ短シ、鱗ハ狗母魚ノ如ク脈條多シ、背ニ黑斑アリ、尾ハ圓ニシテ岐アラズ、安永庚子ノ年ニ、鹽藏ノ者渡ル、大ナル者ハ長サ二尺、小ナル者ハ長サ五寸許、文化元年活鱧魚大小十餘頭渡ル、大ナル、者ハ長サ一尺餘、小ナル者ハ數寸、其形頭尾同キ大サニシテ腹大ナラズ、體粘滑ニシテ黃顙魚ノ如シト云、嘗テ聞ク江州朽木ノイモウヲ形鱧魚ニ似テ斑ナシ、土人食用ス、卽山(ヤマノイモ)藥根ノ化スル所也ト、又南海ノヤマイモウヲ長サ五六寸灰白色鱗アリ、頭圓ニシテ尾ハ銕魚ノ如ク、肉柔ニシテ味佳ナラズ、狗母魚ニ類スト云フ、此二魚鱧魚ニ似クリト云傳レドモ、予未ダ親ク目擊セズ、鱧魚ヲハモト訓ズルハ非ナリ、ハモハ海鰻鱺ナリ、又ヤツメウナギト訓ズルモ、非ナリ、ヤツメウナギハ漢名詳ナラズ、〈○中略〉
海鰻罐 ハム〈古名播州〉 ハモ〈海鰻ノ唐音ナリト大和本草ニ云リ〉 ガワサヨリ(○○○○○)〈雲州〉 一名海鰻〈呉氏食物本草〉 猧狗魚〈事物異名〉 海蛇〈同上〉 慈鰻〈八閩通志〉 龍鰻〈郷談正音〉
ハモハ攝、州大坂、住吉、泉州堺、岸和田、紀州、播州、丹後、但州等ヨリ多ク出ス、江戸ニハ無シ、稀ニ小ナルモノアリ、形ハ鰻鱺ニ似テ大ナリ、觜尖長クシテ齒多シ已ニ捕タル者モ能人ヲカム、大ナル者 ハ長サ三四尺、ソノ小ニシテ肉薄キ者ヲゴンギリバモ(○○○○○○)ト呼ブ、開キ乾ス者ヲヒバモ(○○○)ト云フ、京大坂ニテハ生肉ヲ取リ擂碎シ、燒或蒸シテ魚肉糕トス、大坂ニハ數種アリテ、肉糕ニ宜シキハモ一品アリ、僞造ノ肉糕ハ狗母魚、海魦魚、火魚等ノ肉ヲ用ユ、京ニテハ諸魚ノ賣レ難キ者ヲ集メテ僞造ス、ソノ膘乾シ裂キテ弓弦ニ造ルベシ、甚ツヨシト云フ、又造膠勝於諸膠、弓人貴重之ト、食療正要ニ言ヘリ、
增、海鰻鱺ノ腸中ニ大肉片ヲナスモノアリ、俗ニハモノキモト呼ブ、赤味噌ノ汁ニテ煮食ヘバ、能ク雀目ヲ治ス、輕キ者ハ一七日、重キ者ハ半月ニ過ギズシテ平復ス神方ト謂フベシ、

〔魚鑑〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1507 はも〈○中略〉 攝泉紀播海中多く産す、狀うなぎに似て灰色、腹白く嘴長く尖り齒尖(するど)く、肉中に岐骨多し、大なるもの四五尺、東都近海もまゝ是あり、味淡甘して美し、魚餅に造るを最上とす、其骨切(ほねきり)と稱るもの、醬油にて燒ときは、うなぎの蒲燒よりは上品なり、京攝に於ては實に殽中の珍とす、その鰾をば膠となすべし、又小にして肉薄きものをごんぎりといふ、古へは割ずに全(まる)にて、煮燒して食しやと思わる、ごんぎりは五寸切なり、小竹を長さ五寸に切り、前後互に拍て歌の節をなすものをごんぎりこといふ、其調理の形、これに似たるをいふにや、

〔毛吹草〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1507 攝津 水鱧(ハモ) 紀伊 大鱧

〔攝陽群談〕

〈十六/名物土産〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1507 同〈○西宮〉干小鮦(ハモ) 同所〈○武庫郡西宮〉ノ漁者捕之、小キ鮦ノ干物重合セテ小鮦ト號ケ、市店ニ送リ、

〔三代實錄〕

〈十八/淸和〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1507 貞觀十二年十二月廿五日壬寅、制、〈○中略〉諸國工匠役夫、米鹽之外、加給鱧〈○鱧原作醴、今改、〉魚和布等

〔畠山亭御成記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1507 永正十五年三月十七日、畠山式部少輔順光亭へ御成、〈○中略〉
獻立〈○中略〉 八こんはむ(○○)、ゑい、くる〳〵、

〔浪花の風〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1508 土地の人ははもを殊更に珍重し、骨切とて細かに庖丁目を入て、照り燒にしたる抔、專ら賞玩す、淡味にしてあしからざれど、江戸人の口には適せず、骨切よりも却て肉羹とせしもの美なり、夫も蒲鋒に作りしものは美なれども、こはくして老人の齒には合難し、はんぺん、また土地にてあんへんと唱ふるものに製せしは、大によろし、

〔宜禁本草〕

〈坤/蟲魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1508 蠡魚(ハム) 今作鱧甘寒主濕痺面目浮腫、下大水五痔、有瘡者不食、令人瘢白、孟詵云、鱧魚下大小便壅塞氣、作鱠治脚風、爾雅鱧鮦也、釋者曰鱧鯇也、

アナゴ

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1508 アナゴ 鰻鱺ニ似テ可食、味ウナギ不及、海ウナギトモ云、鱧魚ヲモ海ウナギト云、然ドモ別ナリ、

〔和漢三才圖會〕

〈五十一/江海無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1508 阿名呉(あなご) 正字未
按阿奈古狀似海鰻而色淺於海鰻不潤、從頂至尾有小白點如星者、兩邊相連各百有餘、其味〈甘平〉脂少不美、漁人炙之僞鰻鱺

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈三十/無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1508 鱒魚〈○中略〉
アナゴハ一名ウミウナギ(○○○○○)〈筑前豫州〉 デンスケ(○○○○)〈攝州〉 デスケ(○○○)〈豫州〉 ベイスケ(○○○○)〈讚州〉漢名詳ナラズ、形ハ鰻鱺ニ似テ黃黑色、脇ニ白星一條相連リ尾ニ至ル腹白シ、長サ一二寸ヨリ二尺許ニ至ル、一尺許ナルモノ秋多シ、燒食ヘバ油少クシテ味鰻鱺ニ劣レリ、讃州ニテハ多ク肉糕ニ造ル、肉ヲ取リ味醬汁ニテ烹食テ癇症ノ藥トス、乾觜ヲ用テ牙杖ト爲ス時ハ、能齲齒ヲ治スト云フ、紀州熊野ニ産スル者ハ色全ク白シ、方言シラハス(○○○○)又シロウナギ(○○○○○)、レイスケ(○○○○)ノ名アリ、

ヒダカ

〔大和本草〕

〈十三/海魯〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1508 ヒダカ 大如指、身マルシ、黃白色長三四尺、ウナギニ似テ小ナリ、食フベシ、ウナギノ類ナリ、本草所載鱓魚是ナルカ、

鱓魚

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈三十/無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1508 鱓魚 ウツボ(○○○)〈紀州〉 ウミグチナハ(○○○○○○)〈豆州熱海〉 ナマダ(○○○)〈房州〉 一名單長福 〈事物紺珠〉 冬乙藍虚里〈郷藥本草〉 鱒鰻〈正字通〉
鱔ハ俗字䱇同鱓、本草李時珍䱇音旦誤ト正字通ニ言ヘリ、ウツボハ南海ニアリ、鱗ナク海鰻鱺(ハモ)ノ形ニ似テ、黃質黑斑目至テ小シ、ソノ齒甚鋭ナリ、漁人コレヲ畏ル、賎民捕食フ、大ナル者ハ徑三寸ナル者アリ、一種コメウツボ(○○○○○)ハ全身紅色ニシテ深紅斑アリ、海中ニ游泳スルモノ甚美觀ナリ、此條ヲアナゴト訓ズ、穩ナラズ、

ナキリ

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1509 ナキリ 長七八寸身甚薄シ、横一寸許首小ナリ、ウナギニ似テ扁シ、尾ハ如鯰、又似鰌、紫斑アリ、素質也腹赤シ、子バリ多シ、不食、藻ノ中ニスム、クサヒ(○○○)ト云魚ナリ、ナキリノ類ナリ、ナキリヨリ廣シ、

ぎんぽう

〔魚鑑〕

〈下〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1509 ぎんぽう 一名海どせう(○○○○)、狀どせうに似て扁く、全身黃色、背に黑斑あり、粘滑もどせうに同じ、まへは食ふ人なし、近來は民間の食となりぬ、味ひよけれど下品なり、

ゑらぶ鰻

〔世事百談〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1509 ゑらぶ鰻(○○○○)
琉球よりわたる三味線の皮は、實は海蛇皮にはあらで、かの國に産するゑらぶ鰻とて、漢名を慈鰻と云ふものゝ皮なり、ゑらぶは島の名にて、その島は薩摩と琉球との間にありて、口のゑらぶ、中のゑらぶなどゝ唱へて、二つ三つある島と見えたり、中山世譜などにも島の圖はありとおぼゆ、この島に住むゆゑに、名づけてゑらぶ鰻といへりとそ、いと得がたきものにて、常に島の岩窟に海よりあがりて住み、ことに冬にいたれば、かの鰻の總身へ、落葉をまとひつけて、窟の中にかくれ臥す、そこへは島に住める人といへども、なか〳〵往きがたきけはしき海岸なり、琉球よりは十里ばかり、南にイトマンといふ島あり、その島人つねに裸にて、海中を自由に往來すといへり、その島人が楠の獨木船に乘り、かのゑらぶ島にわたり、小刀を携へ、水中より海岸の窟にのぼり、かの鰻をとらへて、刀にてさしとほし〳〵して取るといへり、小さきは二三尺、大きなるは壹 丈にあまれり、その大きなるものは三尺ほどづゝに切りて、舟に積みかへると、中陵翁のものがたりなり、

河豚

〔本草和名〕

〈十六/蟲魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1510 鯸〈胡溝反、犯卽怒、怒則腹痮、浮出水上、出崔禹、〉和名布久(○○)、

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1510 鯸䱌 崔禹錫食經云、鯸䱌〈侯怡二音、和名布久、一云布久閉(○○○)、〉犯之則怒、怒則腹脹、浮出水上者也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1510 按本草和名不布久倍之名、按脹訓布久留、是魚怒則腹脹、故名布久、腹脹如匏、故或名布久辨、京及江戸俗譌呼布具(○○)、〈○中略〉按鯸䱌見廣雅、説文作鮐、䱌字蓋後人諧聲字、呉都賦云、王鮪侯鮐、王侯相儷、後人从魚耳、故説文無鯸字、然則鯸䱌可單呼䱌魚、不單呼一レ鯸、本草和名無䱌字、非是、證類本草載食療餘鯸鮧魚云、此魚行水之次、或自觸著物、卽自怒氣脹、浮於水上、與崔氏所一レ説略同、劉逵呉都賦注云、鯸鮐魚狀如科斗、大者尺餘、腹下白背上靑黑、有黃文、性有毒、雖小獺及大魚敢餤一レ之、蒸煮餤之肥美、豫章人珍之、

〔類聚名義抄〕

〈十/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1510http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01831.gif 魚〈フク、一云フクへ、中音夷、イシブシ、チヽカフリ、今云、俗歟、〉

〔運歩色葉集〕

〈魚名〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1510 河㹠(フク)

〔和爾雅〕

〈六/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1510 河豚(フク)〈又作河㹠河魨、鯸鮧、鰗鮧、䲅魚、鯸䱌、䰽魚、嗔魚、吹吐魚、氣包魚並同、〉

〔東雅〕

〈十七/鱗介〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1510 鯸䱌 フグ 倭名鈔に〈○中略〉フク一にフクベといふと注せり、並に義不詳、〈フグとは卽其腹脹れぬるをいひ、フクべとは水上浮び出づる事の匏瓜に似たるを云ひしと見えたり、脹讀てハルといふは張也、俗にフクルといふは、もとこれ韓地の方言に出づ、卽これ豐の字の韓音と見えたり、卽今も朝鮮の方言これに似たり、豐腹痴をハラフクレなどいふ如きも此義也、鯸䱌をフグといひ、匏瓜をフクベといふ、並に同じ、卽是河豚魚と見えし者なり、〉

〔倭訓栞〕

〈中編二十二/不〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1510 ふぐ 和名抄に鯸䱌をよみ、常に河豚をよめり、ふくれたる魚なり、古へはふくべといひ、西國四國にてふくとう(○○○○)ともいへり、蝦夷にふつほ(○○○)といふ、皮にてふといふ虫つけり、其形蝶に似て甚强し、ある人疊紙にはさけたりしに、二三十枚を通したる物語あり、凡て魚品に目を動かすは河豚のみ也、毒魚たる知ぬべし、かまへよりとなどの品類あり、まふぐは冬賞す、近 ごろ世人貪り嗜む者多し、西土にも同じきにや、梅聖兪が詩に、春洲生荻牙、春岸飛楊花、河㹠當此時、貴不魚鰕、と見えたり、荻牙よく毒を解すといふ、上野砥の粉もよし、又梔子を食ふて助會せるものあり、此物に就て一國侯古今の卓識あり、藥選に載て詳なり、すゞめふぐは、食物本草にいふ綳魚也といへり、又かはこふぐあり、異品なり、又はりふぐ、いばらふぐともいふ、針あり、背に虎斑あるを虎ふぐといふ、至小の品を麥はらふぐとも、しほさいふぐともいふ、又川ふぐあり、和名抄武藏の郷名に、鮎浦をふくらとよめり、鮎の字誤りか、

〔物類稱呼〕

〈二/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1511http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01985.gif ふぐ 京江戸ともにふぐとよぶ、西國及び四國にてふぐとうと云、又江戸にて異名をてつぽうと云、其故はあたると急死すと云意也、又しほさいと云有、小しきなる物なり、肥前の唐津にてちんぶくとうと云是也、又まふぐといふ魚は冬の内賞翫す、とらふぐと云は、春夏ともに喰ふ也、

〔皇都午睡〕

〈三編上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1511 上方にて買(かう)て來るを、江戸にては買(かつ)て來る、〈○中略〉名古屋鰒(ふぐ)を鹽さい鰒(○○○○)、

〔庖厨備用倭名本草〕

〈八/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1511 河豚〈○中略〉 河豚味甘性温大毒アリ、虚ヲ補ヒ、濕ヲサリ、腰脚ヲ調へ痔疾ヲサリ蟲ヲ殺ス、又云、味珍美トイへ共修治其注ヲ失スレバ人ヲ殺ス、又皮膚厚生ノ人ハ食スベカラズ、海中ノハ大毒アリ、江中ノハ其次也、食禁煮時ニ、煤始入タルハ食スベカラズ、服藥ノ人ハ食スベカラズ、常ニ病アル人ハ食スベカラズ、肝子ハ食スベガラズ、解河豚魚毒、橄欖木魚、茗木、蘆根、烏蓲、草根煮汁ヲ用テ其毒解スベシ、元升〈○向井〉曰、解毒アリト云ドモ、全ク食スベカラズ、
綳魚〈○中略〉 元升曰、俗ニ云スヾメフグ(○○○○○)、
綳魚味甘性平毒ナシ、中ヲ補ヒ氣ヲマス、多食久服スベカラズ、瘡疥ヲ生ズ、目疾アル人ハ食スベカラズ、

〔本朝食鑑〕

〈九/江海無鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1511 鯸䱌〈音侯怡、訓布久、古訓布久閉、〉 釋名、河豚、〈豚、言其味美也、〉
集解、鯸䱌狀類鯒魚而肥大、肚腹最大、眼有金色而能開闔、觸物卽嗔腹脹浮起、齒强能斷釣綸、無鱗無腮、背黑肚白、背上有小鬣、尾無岐而細、肉白不脂、味淡而最美、大骨兩邊有赤血肉、煮炙則變黑、腹腴最美、古人雖西施乳、而腹中有毒、故避之不食、凡腸胃倶有毒、就中腸胃後傍大骨胡蝶之形、而靑白色、味亦甘、若誤食之則忽殺人、猫犬亦食之則乍斃、故生割魚腹而釆之、然蝶尚不死投水如動、此物古人未之乎、無一言之論、是河豚爲毒之最也、疑是鯸之肝歟、王充謂、鮭肝死人、陳藏器曰、入口爛舌、入腹爛腸者乎、今庖人去腹腴腸胃及蝶子之類而煮之、百無一死、若有些之鮟氣則無醉倒、惟海邊之人擧網釣鮮、偶得相喜洗淨江水、不腸蝶、不頭尾、細切混投之鼎中煮熟漫食之、雖女兒竟未死者、彼鮮與餒馴與馴之不同者若斯乎、噫釋賛寧言無毒、陶九成言有毒、李時珍謂、寧從陶説庶不悔者宜矣、今漁市販之者、能識其毒之所一レ有而悉去之、以懇誓中而賣之、一種背上有虎斑者呼曰虎鯸、最有毒、故不之、又一種大過尺者、芝濱品川江上采之、此曰品川鯸、其味不美故不之、肉、氣味、甘温有大毒、〈凡煮之時勿使煤炲、落、若誤入一點則必死人、與荊芥、桔梗、菊花、甘草、附子烏頭相反、宜菘菜、荻芽、蔞蒿、畏橄㰖、甘蔗、蘆根、糞汁及糠漬茄子、生海鼠濁醪、今煮之先去腹腴腸骨及蝶子頭尾、細切浸濁酒者一二刻、取出別以濁酒鼓汁而煮之則不其毒、若中毒者以至寶丹或龍腦浸水皆解之、又俗言用宇爾加宇留亦良、多食鯸䱌則縱雖毒、令筋骨而痿弱也、〉
主治、一切冷症、冷積、寒疝、腹痛、婦人腰痛滯下癥瘕、
乾鯸、氣味、甘温無毒、主治、感寒腹痛調虚痢久瀉、凡冬月腹痛者食煮乾鯸宜、〈乾鯸俗稱藥物、故用之爲上饌、其咏亦佳、以色白者上、〉
子、氣味、甘大温有毒、大抵河豚之子最有大毒、其毒甚於蝶子、魚生鮮則蝶子亦不中者多矣、於其子則無中、藥亦無解、陳藏器論之者相當焉、梅聖愈詩、春洲生荻芽、春岸飛楊花、河㹠當是時、貴不魚鰕、蘇東坡詩、蔞蒿滿地蘆芽短、正是河㹠欲上時、於是華人至春二三月甚珍賞之、本朝以冬月甚珍賞之、是以春月有一レ子之故也、

〔本朝食鑑〕

〈十/華和異同〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1513 鯸䱌
鯸平鉤切、音侯、䱌戈枎切、音移、鯸䱌魚名、背靑腹白、其肝殺人、李時珍曰、鯸鮧一名http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01986.gif 鮐、鰗鮧、䲅魚、一作鮭嗔魚、吹肚魚、氣包魚、侯夷狀其形醜也、䲅謂其體圓也、吹肚氣包象其嗔脹也、又曰、呉越最多、彼人春月甚珍貴尤重、其腹腴呼爲西施乳、嚴有翼藝苑雌黃云、河豚水族之奇味、世傳其殺人、余守丹陽宣城、見土人戸戸食一レ之、但用菘葉、蔞蒿、荻芽三物之、亦未死者、南人言、魚之無鱗無腮無膽有聲、目能脡者皆有毒、河豚備此數者、故人畏之、按華人重腴本邦知毒去肚不食、是幸歟不幸歟、未知、

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1513 河豚 冬月春初味美シトテ衆人多ク食フ、三月以後魚ヤセテ味アシヽ、凡魚ハ皆マタヽキセズ、目ヲフサガズ、只河豚ノミ、目ヲウゴカス、此事本草ニイヘリ、此魚大毒アリ、愼身人不食〈○中略〉一種サバフグ(○○○○)長一尺許、ツ子ノフグヨリ小ニシテ短カシ、毒スクナシ、五月味ヨシ、褐色ニシテ紋アリ

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈三十/無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1513 河豚 フクベ〈和名鈔〉 フク〈加州〉 フグ〈京江戸〉 ブク(○○)〈雲州、佐渡、豫州、筑前、〉 フクト〈攝州〉 テツポウ〈江戸讃州〉一名黃駒〈雨航雜錄〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01989.gif 魚 鯸 鴟夷〈共同上〉 黃薦可〈小族加恩簿〉 春榮小供奉〈同上〉 夷魚〈海鹽縣圖經〉 鶘夷〈閩書〉 烏狼〈通雅〉 探魚〈同上〉 河魨〈正字通八閩通志〉 豚魚 鯸䱌 鯸鮐 鯸鮐 鮐〈音台〉 䱮 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01987.gif 〈䱮同〉 䱦魚 鯸䱦 維鯺〈共同上、大者、〉 魨魚〈訓http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01988.gif 字會〉魺魨〈同上〉 伏只〈郷藥本草〉
海産ナリ、寒中ヨリ釣ル、菜花開ク時ハ釣レズト云フ〈○中略〉此魚腸胃倶ニ毒アリ、就中腸胃ノ後梁骨(セボネ)ニ傍テ蝴蝶ノ形ナル者アリ、誤テ食ヘバ立ニ死ス、〈○中略〉俗ニフグノ蝶ト云、一名サバリジラミ、雲州大サ七八分、形圓ニシテ薄ク魚鱗ノ如シ前ニ二ノ小凹アリ、後ニ一ノ小凹アリ、表ハ色白ク透徹ス、裏モ色白シ、上ニ兩眉ノ形アリ、眉下ニ圓眼左右相並ブ、其下ノ中央竪ニ長ク微ク起テ鼻ノ如シ、其左右各四足アリテ皆動搖ス、眼下ニ足ノ如キ者、左右ニ各一ツアワテ動カズ、又フグノ 子ハ大毒アリ、マフグハ好事者冬賞ス、乾カス者ヲヒフグト云、色白キ者ヲ以テ上トス、味佳ニシテ毒ナシ、加州ニテヒウチフグト云、又シウチフグトモ云、皮ヲ剝ギテ乾シタルヲフグヒト云、加州ヨリ多ク出ス、此魚品類多シ、一種サバフグ(○○○○)ハ長サ尺許、常ノフグヨリ小ニシテ短ク毒少シ、褐色ニシテ紋アリ、五月味佳ナリ、一種トラフグ(○○○○)ハ背靑シテ虎斑アリ腹白シ、左右ノ鰭白ク、背腹ノ鰭及ビ尾黑色ナリ、好事者春夏共ニ食フ、一種品川フグ(○○○○)ハ、武州芝及ビ品川ニテ捕フ、大サ尺ニ過グ、然ドモ味美ナラズ、故ニ、食ハズ、一種アカメフグ(○○○○○)ハ一名ドクフグ、筑前三原フグ攝州キタマクテ、同上此魚ヲ擲ツ時ハ必北ニ向フ、故ニ此名アリ、目赤ク背ニ靑黑紋アリテ雲ノ如シ、腹色白ノ四鰭尾倶ニ黃ナヲ、二三寸ヨリ一尺二三寸ニ至ル、秋多シ、毒最甚シ、一種勢州ニテ北マクラ(○○○○)ト呼ブ者ハ、大サ四五寸、全身黃色ニシテ黑斑アリ、肌ハ薑擦子(ワサビヲロシ)ノ如クニシテ透徹ス、已ニ死スル者ヲ器ニ入レ置時ハ、悉ク水ニ化シ、骨モ殘ラズ、大毒アリト云フ、一種モウフグ(○○○○)ハ、形圓ニシテ尾本細シ、目赤ク頭黑シ、背ハ黃質黑章腹白シ、左右ノ鰭赤ク、尾上ノ鰭黃黑色、下ノ鰭白シ、大サ二三寸ニ過ギズ、八九月ニ出、一種ナゴヤフグ(○○○○○)ハ一二寸ヨリ八九寸ニ至ル、秋冬コレアヲ、目白ク背淺靑黑ニシテ紅ヲ番テ黑斑アリ、左右ノ鰭黃色、上ノ鰭赤ク下ノ鰭下尾ハ背色ニ同ジ、豫州ニテナゴヤフグト呼ブモノハモウフグナリ、一種タカトウブク(○○○○○○)〈筑前〉ハ、志州ニテヨリトフグト云フ、形小ク背灰色腹黃色毒ナシ、廣東新語ニ、自虎頭門茭塘六七十里許、其河魨小色黃而味甘少毒、與他縣大而板牙色白者異ト云フ、一種シヤウナイフグ(○○○○○○○)〈江戸〉ハ、一名スヾメフグ、マメフグ、〈豫州〉シホサイ、〈同上〉イソフグ、〈佐州、豐後、〉コメフグ、〈加州〉チンブクトウ、〈肥前〉ヲハリフグ、〈讃州〉カツント、小フグ、アブラフグ〈食療正要〉チブク、〈豐前〉是時珍食物本草ノhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01990.gif 魚ナリ、一名http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01990.gif 魚、〈正字通俗字〉形小ニシテ毒ナシ、海邊ノ人釣獲テ斜ニ腹ヲ切リ去テ食フ、此魚能脹スルコト、尋常ノ河豚ヨリ甚シ、若シ脹ザレバ口ヨリ氣ヲ入敲ク時ハ脹ス、食物本草ニ瞋則腹脹大圓緊如泡、仰浮水面ト云フ、一種佐州ノハリフグ(○○○○)モ亦

〔魚鑑〕

〈下〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1515 ふぐ 崔氏食經に鯸䱌の字を用ゆ、一名ふくべ、下總銚子の俗とみといふ、これ江戸にてつぼうといふと同意なり、漢名河豚、綱目に出づ、これ又種類多し、虎ふぐは時珍黃縷ありといふ ものなり、まふぐは卽斑魚、又綱目にいづ、しほさいは綳魚、時珍食物本草にみゆ、鹿の子ふぐ、目赤ふぐ一名苗代ふぐ大毒あり、又鮫ふぐは虎ふぐの一種なり、かつをふぐ靑色、かつをのごとし、薩摩の海に産す、日向山中澗水出て、薩海に入る、その間五十里、急流の大河なり、海を距ること三里、兩岸村落相列るところを河内川といふ、冬春の際に里人河に網して河豚を得るとなん、これ潮より淡水に入るものなり、關東は冬のみ食て春は珍とせず、長州雲州は春も猶食ふ、且その肝を食へども、終に毒に中るをきかず、蓋し風土によれるか、又はこふぐ漢名しれず、皮肉丁字樣の骨ありて、周身に聚束す、東海稀にあり、その肉を食ふ、島ふぐ頭圓く身扁くして、沙皮鱗文あり、又黑圓點あり、薩海に産す、或は狡兒其皮を天竺流沙河の鯉の皮なりとて人を誑、これ刀鞘を飾のみ、すゞめふぐ海牛なり、本草原始にいづ、この類に鯛の婿の三八郎といふあり、又ゑびすだひともいふ、みのかけふぐ魚虎なり、綱目に出づ、その刺伏して蓑を著たるが如し、その刺の直立するものは、はりせんぼん、はりふぐ、これ綳魚の類なり、

〔慶長見聞集〕

〈九〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1516 鰒の肉に毒ある事
見しは今知人四五人同道し、愚老所へ尋來り給ひぬ、われ出逢、たまさかの御出、何をかもてなし申さん、あたらしき肴はなきかと、ひとりごといへば、客の中に一人申されけるは、亭主は我等を馳走ぶり見えたり、餘の物は無用、皆々鰒汁好物なれば、肴町に鰒有べしたヾ鰒汁よといへる處に、又一人鰒汁のもてなしならば、鶴白鳥にもまさる成べし、たゞ鰒のあつ物よと口々にいへり、愚老聞て、鰒汁安き御所望也、然共爰に物語の候、我知人に中嶺源右衞門と云人、常に鰒汁を好みしが、去年の夏鰒の肝にあたつて血をはき忽死たり、愚老それを見しより、鰒はおそろしく候、又當年傳馬町にて彦三と申者、鰒を好みしが、有時干鰒をくひ死たり、扨又此程こあみ町にて鰒をくひ、親子けんぞく七人家一ツにて死たり、是を見しより、われをくびやう心にや、鰒の沙汰を聞 ば身の毛よだつ也、此度鰒汁をばゆるし給へと申ければ、其中に竹田庄右衞門と云年比五十計の老士聞て、亭主の申處理りしごくせり、唯今思はずしらず鰒のさた有しに、若き衆たはぶれ事に所望なり、我も此已前人の相伴に鰒汁をくひつるが、くふうちにも少心にかゝり、食して後も何とやらん忘がたかりし、鰒を食しては酒をのみたるがよきと聞つれば、われ下戸なれ共酒を多くのみたりしに、却て酒に醉て胸とゞろく、是は鰒故か酒故かと、しばしが程心元なく思ひつれば酒さめたり、鰒食しては誰がおもはくも同じかるべし、然ときんば客に鰒をもてなす亭主は無分別者成べし、鰒無用と申されければ、若き衆是非のさたなし、爰に或老人此物語を聞ていひけるは、醫書に鰒は大温肝に毒ありとしるしたり、然るに去年通町にて人々寄合、鰒料理せしが、此鰒人だめならずとて、手つから生鰒をあらひ肝を取て捨、血あひ骨迄も切捨て、みところ計をよくこしらへ、にごり酒に一時ひたし、料理して八人寄合しよくせしに、其内五人は則時に死三人は十日ほど病て後本腹す、此人々町にても人にしられたる人也、鰻をくひあまた死たると沙汰あらば、かばねの上のちじよく成べし、時のくひちがひとてさだもせず、

〔塵塚談〕

〈下〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1517 河豚鰶魚、我等〈○小川顯道、享保頃人、〉若年の頃は、武家は決て食せざりしもの也、〈○中略〉河豚は毒魚をおそれて也、二魚とも卑賤の食物にて、河豚の價一隻錢拾二文ぐらい、鰶魚は二三錢にて有しが、近歲は二魚とも、士人ももてはやし喰ふゆゑに、河豚は上市(ハシリ)一隻貳百銅三百銅にして、賤民の口へは思ひもよらず、〈○中略〉河豚も乾ふぐは、貴富も少しもおそれず喰ふ、

〔秋里隨筆〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1517 備後鞆津鰒汁
爰に備後鞆の津は、近邊船だよりよき湊にして、日夜入出の船おふき繁津なり、かゝる海濱なれば諸魚の價下直にして、全く自由をなす、時に此地別て鰒おふく食すことなり、餘國に異て、當地歷々の人だに是をいとはず食すに、尺にたらざる鰒は料せず、焚火にくべ、よき時分引出して、皮 を剝て柚醬油などにて食す事なり、わきて鰒は頗毒なれば、料理第一に念入、或は鹽水にさらしあぶらをぬきて食すに、折とし時としてこれがために命を落すものすくなからず、しかあるに此當地のもの、いにしへより鰒にあたりて死たるものかつてなきよしをいふ、一應不思議の事なり、予〈○籬島秋里〉つら〳〵鰒魚を思ふに、他の魚に異りて毒おふかるべし、されどこれを食しかならず命を失ふと決しがたし、加之俗説に北向の鰒を食せばかならず死すといひ、或は料理杜撰なれば毒にあたると、〈○中略〉決定せしものならば、蓋鰒を恐るゝことなし、此説全く虚成べし、是如何といふに、料理いかにも丁寧をつくし、且魚の新古をわきまへ食するに、折として魚毒にあたり、命を失ふ者まゝあり、亦別條なきものあり、されば魚の新古によらず、料理の丁寧杜撰にもかぎるべからず、己腹中虚時是を食すれば、魚毒のあたりつよくして、命を落すなるべし、亦鰒を食すれば、決て寒を防ぐなどいふ、元來鰒魚は温なるものなれば、極寒の節是を食すれば、寒さをしのぐこと全く自然の理なり、或は仲春の頃より下春にいたりては、菜たね鰒といひて、かならず毒おふしといふ、案るに都て立春より草木陽氣をふくみて芽たゝんとす、況人は万物の靈なれば、是におなじく陽氣の時いたれるに、温物を食すがゆへ、おふく是がために死す成べし、此理如何といふに、醫療に太陽より陽明病にいたり熱になる時は、大黃劑の寒藥を用、大陰小陰にいたり、熱陰に閉る時は、附子劑の温藥をもて病を治す、しかるに表性の陽病なるに、温藥の附子を用へば、かならず命危し、亦裏性の陰なるに、寒藥の大黃を用ば、決て命保こと不能、將馬犬に附子烏頭の温藥を食せば忽死す、牛猫これを食すとも不死、蚕く馬犬は陽獸なり、牛猫は陰獸なるがゆへなり、此理をもつて陽氣にいたる時節に鰒を食すれば、かならず命危きを考ふべし、蓋鰒を毒魚としつて食す者は大膽、毒なきものとこゝろへ食す者は愚人也、かならずしも主親につかふる人は、是を食すことなかれ、はからず不忠不孝の名を下すべし、且其人品を損ふことなり、

〔牛馬問〕

〈一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1519 河豚(フグ)魚、本草綱目無毒と有、時珍の食物本草には、大毒有と見へたり、此魚きはめて氣有ものあり、又毒のなきもの有、故に世上其説まち〳〵也、若此毒にあたる時は、藥物の解しがたきなり、近代薩州太守入國の時、西海にて小舟一艘、御座船を呼はり〳〵漕よする、何事やらんと猶豫の間、ほどなく御座船に近付、御船を見かけて願ひ奉る也、砂糖を下し賜はりなば、衆人の命たすかり候、御慈悲を以て頂戴仕度旨ねがひける、其子細を尋させ賜へば、河豚魚の毒にあたり、九死一生に候、今少し時さりなば、一人も活する事を不得、砂糖だに候へば、みな〳〵命たすかり申由願ふ、此、事太守にも聞しめされ、人の命を救ふに於ては、砂糖を賜はりなん、猶其實否を見屆參るべき由被仰付、彼小舟に御近臣を添らる、急漕出し、彼が所に至り見れば、衆人惱亂して其言の如し、扨右の砂糖を白湯に探(カキサガ)し用るに、暫くの間に、こと〴〵く快然を覺て御高恩を謝しける、其妙なる事太守へ申上けると也、此事を尾州にても試たる人有しが、尤妙に彼毒を解したりと也、しばらく爰にしるして後人に備ふ、
河豚は喰合の毒甚だ多し、又藥物と敵す、此魚を食ふ人は、一日の中藥を服す可らず、猥に他物を食べからず、腹中の碎を西施乳といふ、是は西施が美にして國を亂を、此魚の昧美にして毒あるに比するなるべし、魨の字を正とす、

〔老の長咄〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1519 京橋邊に名を得し彫工師あり、その隣家にてや、師走の煤はらひし、振賣の鰒を買ひて、其儘庖丁させるを、彫工師見てあれば、此鰒にたまさかありける、てふとなんいへるむし、鰒につきしをば見つけ、何ともいはず、かしこの肴屋へはしりて、鯛をつくらせもちて、煤はきし家に至り、今求られし鰒を我に給はり候へ、かはりにはこれをもて、けふのいはひに遣はれよとさしおき、鰒をもち歸り、少し空地に穴を掘つゝ、かの鰒を埋め、土をよくならし、よろこびなせしとかや、能も心を遣ひけり、

〔兎園小説〕

〈十二集〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1520 犬猫の幸不幸
いぬる十一月廿三日、内藤新宿なる旅籠屋橋本總八が家にて、河豚を料理ける時、その骨腸を家のうちなる子犬と、家に飼うたる猫と食ひけるに、忽口より白き淡をふき、くる〳〵とめぐり、七轉八倒して、いとくるしげに見えし程に、犬はそのまゝ死しぬ、猫は座敷へよろめき上りつゝ、折ふし座敷の腰張をせんとて、つのまたといふものを煮て、盆に入れて置きたるを、此猫そのつのまたを啖ひけるに、見るが内にくるしみの氣色うせて、平日のごとくになりけり、これつのまたは魚毒を解すものなるか、それをしりて猫の食ひけるか、又はくるしさのまゝに、何となくくらひしか、自然とつのまたの功によりて魚毒を解したるにや、

〔燕石雜志〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1520 近屬醫師のみづから本草に誇るものありけり、患者禁好物を錄し人を遣してこれを問ふに、そのうちに鰒(ハク/フク)あり、河豚の和訓をフクといふ、俗人音を借て鰒(フク)に作る、醫師これをしらず、讀てアハビとして、これを許せしかば、患者歡びて、やがて河豚を食ふ程に、その夜暴に死せりといふ、

〔梅園日記〕

〈二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1520 河豚
秉穗錄云、石林詩話に、河豚方出時一尾直千錢、然不多得、非富人大賈、預以後噉漁人致、二月後日益多、一尾纔百錢耳と、今江戸にてかつをゝ買ふと同じ、松陰快談云、東都人嗜松魚、其出在春末夏初、始出一尾直萬錢、都人爭買之、中下之戸最先食之、以晩食恥、傾囊典衣、惟恐得也、至四五月之際出益多、一尾纔百錢耳、石林詩話曰云々、是彼此相似者、河豚有毒往々殺人、松魚亦有微毒、其不鮮者能中傷人、鮮者亦不多食也、按ずるに、爾雅翼に䲅今之河豚、其出有時、率以冬至後來、毎三頭相從、號爲一部、喭云得一部一袴、言烹和所用多也とあるも、亦快談の典衣といへるに似たり、又江戸の卑賤の者、河豚の鐵炮といふは、あたれば卽命を失ふとの意なるべし、

〔蒹葭堂雜錄〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1521 河豚の毒にあたりたるには、烏賊魚の墨を呑べし、又河豚の善惡を知るは、肉を少し火に炙て試るべし、燒やすきものは毒なし、燒がたきものは必毒あり、食すべからず、干鰒に製するも、毒ある魚は乾きがたく、乾き安きは毒なしとぞ、
按ずるに、河豚の説區々ありて詳ならず、尤浪華に於は怖るもの半に過尢れども、兵庫の津の邊にては、恐るもの些し、是は其料理を能心得たるが故に、中毒ものなしと云、則腹中にある臟腑の類ひを、殘らず取すて、肉の餘は食せざるがよし、本草綱目に、其肝及子有大毒といへるに符合せり、一説に眞䱊(まこ)に毒ありて結䱊(しらこ)には毒なしと云、其形鯛䱊に彷彿たり、故に一年利潤に惑へる賤き魚商賣、鰒眞䱊を鯛䱊と僞り賣しを、其價の賤を以て、需て食せし者忽死、せしとなり、是によつて其魚賈も咎を蒙りしよし、〈すべて諸魚とも、䱊は煮がたきものなれば、再三煮たゝせざれば、人にあたること、河豚のみにあらず、〉又或云、播州赤穗の邊にては、只一個も食する者なし、必ず毒に中といひて、若漁夫の網に入ことあれば、則海に放つとそ、此故は赤穗郡の山中に、櫁の多く生る處ありて、其子自然に谷に落、爾して海に流れ出る、其子を喰ひし河豚は齒黑く染と也、是を喰へば忽死す、尤其實をおの〳〵喰ふにはあらざれども、其字其葉のおち散て流るゝ水、海に入ゆへ、いづれも此水にて育し鰒なれば、すべて毒あるに決すといふ、櫁は至つて河豚に合すれば、毒を發する故、櫁の木にて鰒を煮焚することを禁ずとなん言傳ふ、又長州赤間ケ關の邊にては、河豚は福の音義なればとて、祝儀事の贈物に用ひて、大に珍重するよし、斯有は一概にも言がたし、其中る者は料理の精疎にもより、又時候にもより、又食する者の身軆、壯健と不快とにも寄べし、旣に時候を辨へず、利潤に惑ひて賣ることを禁じ給ふ御觸わたしもあれば、時候の心得第一なるべし、

〔雲錦隨筆〕

〈四〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1521 魚の毒に中りたるは、山梔子を煎じ用ゆべし、鰒に中りたるは烏賊の黑みを飮べし、

〔毛吹草〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1521 相摸 江島江豚

〔續江戸砂子〕

〈一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1522 江府名産〈幷近在近國〉
品川鰒(ふぐ) しほさひといふ、大サ四五寸計、又尺くらいも有、味ひ淡、

〔烹雜の記〕

〈前集上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1522 多湊ぶり
佐渡に三十種の異魚ありといふ、〈○中略〉針千本(○○○)〈○圖略〉かたちはしほさへふぐの如くにして、總身の刺は栗のいがの如し、 箱フグ(○○○)〈○圖略〉海すゞめに似て、かたちもつとも四角なり、

〔鶉衣〕

〈前篇拾遺〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1522 百魚譜
鰒とは先名のふつゝかなり、いかで無比の美味をそなへて、あやしき毒をもたりけむ、その味ひと毒の世にすぐれたれば、くふ人を無分別ともいひ、くはぬ人を無分別ともいへり、

雀魚

〔本朝食鑑〕

〈九/江海無鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1522 雀魚〈訓如字〉
集解、狀類雀而首短、額有一小角、觜尖如鳥啄、無足有四鰭、尾向上、背腹方有四稜鱗、如鮫皮而有龜甲紋色灰白、大不三四寸也、相豆房總諸浦漁舟、來于江都漁津、其雜魚籃中間有之、芝濱品川漁夫希采之海西諸濱亦有之、日本紀言、齊明帝時獻雀魚者一物乎、世人未之、故無氣味主治矣、

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1522 綳魚(スヾメフク) 李時珍食物本草註曰、處處有之、形似河豚而小、背靑有斑紋、無鱗尾不岐、腹白有刺、戟人手、亦善瞋、瞋則腹脹、大圓緊如泡、仰浮水面、味甘平無毒、主中益氣、不多食、久食發瘡疥諸癬、有目疾者不之、肝味甘補肝益筋、河豚ニ似タレドモ毒ナシ、但食之人マレナリ、下ニ所圖〈○圖略〉之二物、亦細ノ類ニテ河豚ニ少似タリ、薄殼アリ、上ノ圖ハ龜紋ノ如ク、三角四角ノ如ナルへダテアリ、逅身皆短キ鍼アリ、耳ノアル處ニ小ナルヒレアリ、口小ナリ、尾ハ後門ノ上ニアリテ甚小ナリ、遍身褐白色、カラ少カタクシテ介類ノ如ニモ見エタリ、サレドモ口ハ鳥ノ嘴ノ如クニシテ目アレバ介ニハ非ズ、下ハ背淡黑腹白、遍身栗毬ノ如クナル針アリ、栗ノイガヨリスクナシ、口小ナリ、尾甚小ナリ、形ハ魚トモ見ヘズ、然共又目ト嘴アリ介ニアラズ、二物共ニ河豚魚ノ方ニ近 シ、本草原始ニ海牛アリ、形狀似タリ、海牛ニハ角アリ、此二物ニハ角ナシ、一種http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01990.gif 魚ノ類其形方ナル事、雙六ノ賽ノ如シ、方一寸許、カドニ口アリ、尾ノ長五分許皆異物也、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01990.gif 魚ノ類猶アリ、不盡知、日本紀齊明紀出雲國言、北海濱魚死而積、其大如鮐、雀啄針鱗、名曰雀魚、コレhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01990.gif 魚ナルベシ、

〔日本書紀〕

〈二十六/齊明〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1523 四年是歲、〈○中略〉出雲國言、於北海濱魚死而積、厚三尺許、其大如鮐、雀喙針鱗、鱗長數寸、俗曰、雀入於海、化而爲魚名曰雀魚

鮟鱇

〔和爾雅〕

〈六/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1523 華臍魚(アンカウ)〈泉州府志云、一名老婆魚、一名綬魚、蓋其腹有帶如帔、子生附其上、故名綬魚、其形如科斗、而大者如盤、呉都賦曰、琵琶魚無鱗而形似琵琶、冬初始出者俗多重之、至春則味降矣、今按俗云鮟鱇是也、〉

〔書言字考節用集〕

〈五/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1523 華臍魚(アンガウ)〈老婆魚、綬魚並同、〉鮟鱇(同)〈和俗所用〉

〔本朝食鑑〕

〈九/江海無鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1523 鮟鱇〈音安康、字義未詳、〉
集解、江東多有之就中駿豆相總最多、自冬初春末之、夏秋不至、其狀平團如盤、肉厚肚大、背黑腹白、眼鼻向上、口濶大而鬣鬐短弱、骨亦極軟、尾無岐而長、斯魚皮肉鬐骨腸膽皆可食、腸膽色黃味亦最美、煮膽則色赤黃、惟胃與頭不食、凡劃鮟鱇法、庖人秘之、妄不傳授、呼曰釣切(ツルシ)、其法以繩貫下唇于横梁、大杓波水、自口投胃者可五六升、待其水自口溢一レ外而止、先斷頸喉之外皮、次第剝盡周身之黑白皮、還割盡兩邊鬐及周身之肉、後采膽割腸斷骨、而以刀刺胃則水迸出、急洗庖刀去、若不此法妄割鮟鱇、則内著皮骨腸膽破壞不用、故庖人秘之、近世作上饌、以冬月初采者獻之、公庖亦賞之、故價亦貴、至春價賤以爲衆人之賞耳、
肉、氣味、甘平無毒〈和濁醪則肉美、骨逾軟弱尚佳、〉主治、補腎、益胃、煖腸、壯筋骨、强腰膝、膽、氣味、甘温無毒、按與鱧膽同味甘、然比鱧膽則味厚、多食覺澀味動蟲積也、

〔本朝食鑑〕

〈十/華和異同〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1523 鮟鱇
鮟烏肝切、音按、魚名、鱇未考得、此魚華人未言焉、或曰、南産志謂、水蓋魚乎、背羗薄於http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01992.gif 、刳之多水、此亦 未眞、

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1524 華臍魚〈○中略〉 國俗鮟鱇ト稱ス、未出處、恐可妄稱、坂東ニ多シ、尤珍賞ス、西州ニハマレナリ、膽トシテ食フ味甚スグレタリ、上品トス、冬ハ味ヨク春ハ味ヲトル事、寧波府志ニ云ガゴトシ、性温補無毒、百病不忌、

〔魚鑑〕

〈下〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1524 あんこう 俗に鮟鱇の字を用ゆ、漢名華臍魚、一名琵琶魚、一名蝦蟆魚、中華には、形琵琶と見、蠻夷には蝦蟆と見て名く、或書に出たり、夏月の堅魚に對て、冬月の上饌なり、貴賤となく、好事家の欲(ほ)りする所、寒中その價尤貴し、その吻上に兩長鬚あり、名づけて釣竿といふ、常には額に冠り、時ありて鯅のぶれば、綸を垂に似たり、其末蠕々して、虫の游が如しとなん、其性游流連緩にして、他魚のごとく迅疾ならず、因て食を求ること易からず、飢ればかの釣竿をのべ靜止(いごか)ず、小魚その蠕々たるを見て、香餌ならんと爭ひ群れ來るとき、口をくわつとひらき、一吸にしてその釣竿をもとの如く納、緩々然たるを、かの孜々汲々終日にして、纔に飢を凌ものに似ずといへり、扨この振舞には、右の釣竿を必ず上客に薦る習せなり、東海多しといへども、就中相豆常州多し、皮肉鬣腮骨腸膽みな食ふべし、

〔毛吹草〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1524 常陸 鮟鱇

〔享保集成絲綸錄〕

〈三十六〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1524 慶安四卯年正月
一鮟鱇之肝を拔手くろういたし賣申間敷事〈○中略〉
正月

〔鶉衣〕

〈前篇拾遺〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1524 百魚譜
鮟鱇の唐めきて子細らしきに、つるし切とはいぶせくして、桀紂が料理めきたり、かれは本汁にゑちまれ、鱈はかならず二の汁の大將にて、搦手をぞうけ給りぬ、

韶陽魚

〔新撰字鏡〕

〈魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1525 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01993.gif 〈其之反、編平魚、衣比(○○)、〉

〔本草和名〕

〈十六/蟲魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1525 鱓魚甲〈音徒何反〉 今http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01994.gif 龜甲、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01995.gif 肉、〈己上二種、出陶景注、〉和名古女(○○)、一名衣比、
韶陽名、一名http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01996.gif 、〈奴答反〉一名鱕、〈鱕是鯤之名、朝出求食、夕還入母腹中者曰鱕、音閉晏反、〉鯆魚〈夫禹反、出崔禹、〉和名古女、

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1525 鱏魚 文字集略云、鱏〈音尋、一音淫、和名衣比、〉似鱣而靑、長鼻骨者也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1525 按本草和名云、鱓魚甲、音徒阿反、和名古女、一名衣比、又云、韶陽魚、和名古女、蓋輔仁不定二魚、同訓以存疑也、陶隱居云、鱓卽今鼉甲也、皮可以冐一レ鼓、蜀本圖經云、生湖畔土窟中、形似守宮而大、長丈餘、背尾倶有鱗甲、今江南諸州皆有之、卽今俗所謂鼉龍是也、輔仁訓爲古女一名衣比者誤、韶陽魚訓古女得、衣比亦古女之一名、則衣比之名亦可以歸之韶陽魚也、源君見本草和名韶陽魚訓古女、鱓魚甲訓古女一名衣比、乃謂二魚同訓、韶陽魚依輔仁古女、鱓魚甲删和名古女衣比之、別古女衣比二物誤矣、又源君所見本草和名誤鱓作鱏、遂引文字集略鱏字注、其誤尤甚、鱏卽上文所載鮪魚之一名、山海經注云、鮪卽鱏也、似鱣而長鼻、毛詩正義引陸璣、云、鮪魚形似鱣而靑黑、文字集略蓋本之、源君別鮪鱏ニ、訓鮪爲之比、訓鱏爲衣比、非是、衣比卽下文所載韶陽魚是也、

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1525 韶陽魚 崔禹錫食經云、韶陽魚、〈和名古米〉味甘小冷、貌似鱉無甲、口在腹下者也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1525 本草和名引崔禹云、韶陽魚一名、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01996.gif 、不形狀、按説文、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01996.gif 魚似鼈、無甲有尾、無足、口在腹下、食經所説蓋依之、按古米卽衣比也、輔仁擧本草鱓魚甲云、和名古米一名衣比、又擧崔氏食經韶陽魚云、和名古女、蓋輔仁不定二魚、幷訓古女、以存疑也、而古米或呼衣比、故鱓魚甲條云、和名古女、一名衣比、衣比之名以旣擧於鱓魚甲條、故韶陽魚條單訓古女、不出一名、〈○中略〉按證類本草載陳藏器餘云、海鷂魚似鷂有肉翅、能飛上石頭、一名石蠣、一名邵陽魚、生束海、又云、邵陽魚尾刺人者、有大毒、三刺中之者死、二刺者困、一刺者可以螫、候人溺處之、令人陰螫腫痛、拔去卽 愈、總有肉翅、尾長二尺、刺在尾中、逢物以尾撥之食其肉、而去其刺、是充衣比爲允、

〔類聚名義抄〕

〈十/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1526 韶陽魚〈コマ或本コメコマメ(○○○)〉 鱏鱏〈俗正音尋、一音淫、エヒ〉

〔伊呂波字類抄〕

〈江/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1526 鱏魚エヒ 䗅〈エヒエイ〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01997.gif 魚〈已上同〉

〔東雅〕

〈十九/鱗介〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1526 韶陽魚コメ〈○中略〉 今俗にエヒといふもの是也、コメといひ、エヒといふ並に不詳、〈東璧本草に、韶陽また邵陽とも少陽ともしるす、まれ鱝魚、荷魚、赤魚、鯆魮魚、蕃蹹魚、海鷂魚、銅盤魚、鑊㔶魚、鍋蓋魚等、其方俗に隨ひて、名づけ呼びしと見えたり、此にコメといひ、エヒといふが如きも、其形似たれば鱉(カメ)といふ語を轉じて、コメといひ、其尾長ければ、燕尾(エビ)といふ語を轉じて云ひしと見えた(○○○)り、〉

〔物類稱呼〕

〈二/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1526 海鷂魚えい 上方にてえぎれ(○○○)と云、江戸にてあかえい(○○○○)と云、今按に京にてえぎれ(○○○)といへるは、江戸にて赤えいのたちうりといふに同じ、えいに種類有、武之品川芝浦にて、まえい(○○○)、よこさえい(○○○○○)、がんぎえい(○○○○○)などいふ、まえいは上品なり、又よこさえいは、菱形にして色白し、故にまえいの血をぬりて、裁賣となす、がんぎえいは下品也、其形丸く惡臭有、また眞鰾(えい)の子いまだ腹に在時は、刺(はり)を中につゝみて、たとはゞ卷葉の如くにて有、又よこさえいの子はあみがさの如く、二折になりて、刺(はり)を中に隱す物なり、

〔庖厨備用倭名本草〕

〈八/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1526 海鷂魚 倭名鈔ニ海鷂魚ナシ、多識篇ニオホトビウヲ、考本草一名邵陽魚、海中ニ生ズ、形鷂ニ似テ肉翅アリ、ヨク飛テ石頭ニ上ル、尾ニ大毒アリ、物ニ逢テハ尾ニテ揆テ是ヲ食フ、其尾人ヲサセバ毒甚シク死スルモ、アリ、〈○中略〉元升〈○向井〉曰、此説ヲミレバ、海鷂魚ハ俗ニ云エイ也、倭名鈔ニ韶陽魚ト云アリ、和名ヲコメト云、海鷂魚ノ一名ヲ邵陽ト云、邵ト韶ト音同ジ、倭名鈔ノ説ニ、韶陽魚ハ貌似龞口バ腹下ニアリト云々、是モ亦本草ノ形盤ノ如ク荷葉ノ如クト云ニ同ジ、然ル時ハ海鷂魚ハコメト云ウヲ也、又本草ニ鷂子魚トイヘルアリ、嘴ノ形鷂ニ似テ鱗ナシ、色ハ鮎魚ニ類ス、尾ハトガリテ長シ、風濤ニハ風ニ乘テ海上ニトブ、又鼠尾魚、地靑魚アリ、倶ニ肉翅アリ、尾中ニ刺アリ、食スル時ハ刺ヲ去テ用フ、又蕃蹹魚アリ、皆一類ニシテ相似タリ、元升曰、 此説ヲミレバ皆エイ也、古ハ此魚ヲコメト云ケラシ、
海鷂魚味甘鹹性平毒ナシ、人ニ益ナシ、男子ノ白濁膏淋玉莖澀痛ヲ治ス、齒尾トモニ病ヲ治スル功アリ、尾ハ毒アリ、齒ハ毒ナシ、

〔本朝食鑑〕

〈九/江海無鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1527 鱏〈音尋、又音淫、訓惠伊、〉
釋名、韶陽魚、〈源順〉海http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01998.gif 、〈此俗稱據本草乎、源順訓韶陽古米、本草及諸書悉爲今之惠比者無疑、古稱古米乎、又別以鱏訓衣比、謂音尋、一音淫、文字集略曰、似鱣而靑、長鼻骨者、按陸佃稗雅曰、鱣大魚似鱏、李時珍曰、此魚延長、故從尋樅覃、皆延長之義、然則爲鱣之別名必矣、順載集略言亦鱣也、然鮝訓布可、鱣訓無奈木一魚三種三名、未其魚狀、而傳世人之誤歟、當世魚名不分明歟、後世誤稱訓音歟、衣比惠伊訓音相近、故今通用乎、〉
集解、源順載食經曰、貌似鼈足無、口在腹下者也、古人擬盤及荷葉、大者圍七人尺、無足無鱗、背蒼黑腹白、目在額上口在頷下、言口在腹下者過矣、尾長如鼠尾之大、皮有沙、大者如花片、以飾刀鞘、尾中有刺螫人、魚之四圍有肉鬣而帶黃色、鰭骨皆脆軟可食、江東常采之、夏秋之際最多、諸州亦同常有、
肉、氣味、甘微温無毒〈源順曰、甘冷、本草曰、甘鹹平、時珍曰、有小毒、按治肝脾之虚者、非温難補、狀扁尾有刺則似毒、然未毒、〉主治、專調虚泄及肝虚雀目、或小兒疳瀉眼疾尤宜、膽及諸腸有驗、

〔本朝食鑑〕

〈十/華和異同〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1527
鱏者海http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01999.gif 魚也、邵陽魚、或作少陽荷魚、或名魺鱝〈音忿〉魚、鯆魮魚、石礪、蕃蹹〈音肖〉魚、御覽作蕃踰、嶺表錄異曰、鷄子黃、陳藏器曰、鼠尾魚、地靑魚亦此類也、南産志曰、牛魚尾如牛尾、味美在肝、俗呼䱋魚、口在腹下鱗、軟骨紫黑色、尾長於身、毒能螫人、此亦海http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01999.gif 乎、

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈三十/無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1527 海鷂魚 コメ〈和名鈔〉 エイ エギレ(○○○) エヽ(○○)泉州 エウ(○○)仙臺 エブタ(○○○)〈紀州〉 エ(○)〈播州、四國、佐州、勢州、〉 ナベブタウヲ(○○○○○○)〈豫州〉 マエイ(○○○)〈攝州〉 メタカエイ(○○○○○)〈同上〉 一名http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m02000.gif 魚〈海鹽縣圖經〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m02001.gif 魚〈雨航雜錄〉 蒲魚〈廣東新語〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01876.gif 〈同上〉 紅魚〈閩書〉魺魚〈正字通〉 䰸〈魟同〉 䱋〈共同上同上〉 鍋蓋魚〈雜字簿〉エイハ四時常ニアリ、夏秋最多シ、形扁薄クシテ圓ニ、荷葉及ビ團扇ニ似タリ、周邊ニ鰭アリ、骨ト 共ニ柔ニシテ食フベシ、首ハ蟾蜍ニ似テ眼大ナリ、鱗ナクシテ口バ頷下ニアリ、尾ハ細長ニシテ尖リ鼠尾ノ如シ、尾本ニ一刺アリ、長サ二三寸、大ナル者ハ五六寸、皮ヲ去レバ潔白ニシテ象牙ノ如シ、形扁クシテ本濶ク、末ハ細ク尖リ、左右ニ逆齒アリ鋸ノ如シ、甚毒アリ、若螫サルレバ、大ニ痛ミ脹死スル者アリ、樟腦或ハ樟木奇南香ヲ燒テ薫ベシト大和本草ニ云リ、又樟腦ノ煎汁ニ浸シ、或ハ樟腦ヲ塗傅、或ハ樟枝水ニテ煎ジ服スルモ可也、生刺〈刺テ探テ魚ヲ放ツヲ云〉ヲ採テ、蛇傷及狐祟ヲ治ス、魚大ナル者ハ七八人ニシテ擔フ者アリ、此魚胎生ス、一胞ニ數子アリ、大ナル者ヲ捕へ、陸上ニ置時ハ子自ラ出、品類多シ、アカエイヲ上品トス、一名キエイ、仙臺ニテアカエウト云フ、背ハ淡黑黃赤色、腹ハ白シ、中ニ紅斑相對ス、邊ハ淡赤黃色、尾モ同色、鰭ハ淡黑色、是閩書ノ黃貂魚、正字通ノ黃魟ナリ、
一種トリエイ(○○○○)ハ一名ツバクラエイ(○○○○○○)、ツバクラエ(○○○○○)、ツバクラエブタ(○○○○○○○)、トビエイトビエイ(○○○○○○○○)、形鳥ノ翼ヲ張ルガ如ク、頭ハ龜首ノ形チノ如ク、又鳥ニモ似タリ、故ニ鳶エイト云、又海上ヲヨク飛行ス、故ニ又トビエイトモ云、背ハ色黑クシテ海鰍皮ノ如シ、腹ハ白色、尾ハ細小ニシテ長ク末尖レリ、大ナル者ハ濶サ五尺、尾長六七尺餘、耳廣クシテ兩耳貫通ス、ソノ味カロク脂アリテ、アカエイニ勝ル、明和庚寅、紀州ニテ大ナル者取ル、横四間、長サ三間アリト云フ、一種ウシエイ(○○○○)ハ、一名クロエ(○○○)、〈勢州〉ウシエウ(○○○○)、〈仙臺〉色黑シ、大ナル者ハ六尺許アリ下品トス、是閩書ノ牛魚ナリ、一種ハトエウ(○○○)〈仙臺〉ハ、色鴿ノ如シ、下品トス、一種カラカイ(○○○○)〈仙臺〉ハ、一名ヒエイ(○○○)、〈攝州〉大サ七八寸刺ナシ、色黑クシテ黃色ノ處ナシ、冬ヨリ三月マデ食フ、風乾スルモノ炙揉テ、大口魚ヨリ色白シ、一種スブタエイ(○○○○○○)ハ、犂頭鯊ニ似テ扁大ナリ、目口鰭尾皆犂頭鯊ニ同ジ、一種サエイ(○○○)ハ色赤黑色、一種カヾミエイ(○○○○○)〈勢州〉ハ形圓ナリ、大ナルハ五尺許ナル者アリ、人食ハズ、一種コツポウ(○○○○)〈加州〉ハ、背綠色腹白色、賤民食フ、

〔鶉衣〕

〈前篇拾遺〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1528 百魚譜 齒にもたまらぬゑいの骨は、何の爲に持たるや、それも海月のなきにはまされるか、

ウキヽ

〔書言字考節用集〕

〈五/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1529 浮龜(ウキキ)〈正字未詳〉

〔本朝食鑑〕

〈九/江海無鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1529 楂魚〈訓宇岐岐
釋名〈此魚無名字、故據俚語字、楂者浮木也、〉
集解、常奧海濱釆之、狀類海鰩、大者方一二丈、小者五六寸、無鱗色白、性愚不死、漁人遇江上則懸長鉤而留、使魚不一レ動躍、用小刀魚背白腸而歸、其腸長丈餘、呼號百尋(○○)、其肉味亦不惡、小者海俗食之稱佳而下品、然肉易餒敗時、故漁人不肉而去、其腸作䱒作糟、或乾曝而鬻之、國守亦貢獻之
腸、氣味、甘温無毒、主治、專宜癰疽瘰癧之類、癰疽全不食者、用未醬而煎之、食肉啜汁則必進食、

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1529 マンボウ(○○○○) 奧州ノ海ニアリ、形方ナリ、長六尺ヨコ三尺バカリ、大小アリ、其肉潔白ナリ、油多ク味ヨシ、
ウキ木 奧州常州ノ海ニアリ、形狀海鷂魚ニ似テ大ナリ、方一二丈、漁人刀ヲ以切テ其肉ト腸トヲトル、動カズ味ヨシ、他州ニハナシ、然レドモ北海ニ雪魚(○○)アリ、方一丈餘、其形鰈ノ如シ、其肉白シテ如雪潔シ、脂ナシ、好デ睡于海上、是浮木ノ類乎、

〔提醒紀談〕

〈五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1529 烏紀々(うきゝ)
陸奧國岩城の海中に滿方(まんばう)といふ大魚を産す、世に烏紀々といふものは、その腸にして、土人は百葉(ひやくひろ/○○)と云、さるを他邦の人は滿方と云ものなるを知らずして、たゞ烏紀々とのみ稱するは訛れり、然れども俗間に稱する如きは、もとより論ずるに足らず、貝原氏が大和本草に烏紀々を別物とす、蒙説といふべし、〈○中略〉抑この魚冬春かけて少くして夏秋は多し、その大なるもの二三丈ばかりもあるべし、これを捕へ得るものことに希なり、尋常のものは七八尺より三尺に足らざるも のに及べり、その性甚鈍くして、海上に浮みながら熟睡して、獵船の近くをも知らず、かゝれば漁人輕舟に乗りて、銛を以て抛てこれに中て、多くの人力を併せて捕るなり、さてすぐれて大なるは、海上にて切割て、これを配分するなり、〈牛魚圖説〉

〔採藥使記〕

〈中〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1530 重康曰、奧州オナノ濱ト云フ所ヨリ、ウキヽト云フ魚アリ、其魚ノ餌袋ヲトリ、乾シテ久痢ニ煎ジ用ヒテ功アリト云フ、袋計取テ外ハ皆ナ五穀ノ糞培ニ用ユルト云フ、
光生按ズルニ、ウキヽ魚奧州常州ノ海濱多ク是レヲ採ル、其形チ海鰩(エイ)ノ如ク、小キ物ハ五六寸、 大キナルハ一二丈計、此魚性愚ニシテ死ヲシラズ、漁人熊手ヲ以テ留メ採ルニ、動躍スルコト ナシ、浮木ノ水面ニ有ガ如シ、故ニ名ヅク、古今類聚常陸國志ニ曰、査(ウキ)魚大者一丈計、小者五六尺、 扁形細鱗背上ニ堅皮アリテ鮫ノ如シ、三四月ノ間出ルト云ヘリ、或曰、大穰海志ニ載スル所ノ 鮔䱹ナルベシ、

〔甲子夜話〕

〈三十五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1530 東海ノウキヽト云ル魚ハ、未ダ形ヲ見ルコトモ無リシガ、辛亥ノ東勤中、長崎ノ宿老德見茂四郎モ東來シテ、予〈○松浦淸〉ガ邸ヲ訪ヒ、水戸侯へ參リテコレヲ食シタルト語リ、又ソノ臣ニ請テ、眞圖ヲ得タリトテ示ス、予卽其圖ヲ寫ス、〈小記ヲ附ス〉ウキヽ本性ノ文字ナシ、故ニ獻上ニモ假名ニテ認上ル也、魚ノ大サ二間四方、或ハ三四間餘モ有リ、夏取ル魚ナリ、常陸ノ沖ニ夏氣ニ至リウカム、俗ニ浮龜鮫ト云、〈餘錄〉コレヲ林氏ニ語レバ夏バカリコノ魚ノ採ラルヽコト、今マデ知ラザリシガ、ソレニテ解シタリ、年々七月十二月水戸侯ヨリ贈物アルガ、其添品七月ハウキヽ、十二月ハ鮏糟漬ナリ、是ニテ冬ハウキヽ無キコト思ハルヽトノ談ナリ、〈水戸ニテハ、サケニハ鮏ノ字ヲ用ルコト也、〉

〔毛吹草〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1530 常陸水戸浮龜(ウキヽ)〈魚也〉

〔新撰字鏡〕

〈魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1530 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m02002.gif 〈止比(○○○)乎〉

〔倭名類聚抄〕

〈十九/鱗介〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1530 鰩 陸詞切韻云、鰩〈音遙、和名止比乎、〉魚之鳥翼能飛也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1531 廣韻云、鰩文鰩魚、鳥翼能飛白首赤喙、常遊西海、夜飛向北海、按西山經云、泰器之山觀水出焉、西流注于流沙、是多文鰩魚、狀如鯉魚、魚身而鳥翼、蒼文而白首赤喙、常行西海、遊於東海、以夜飛、陸氏蓋本於此、證類本草引陳藏器云、文鰩出南海、大者長尺許、有翅與尾齊、一名飛魚、群飛水上、海人候之當大風、臭都賦云、文鰩夜飛而觸網是也、説文無鰩字、依常行西海於東海、則古蓋用遙字

〔説文〕

〈十一/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1531 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m02003.gif 〈文鰩魚名、从魚䍃聲、余招切、〉

〔類聚名義抄〕

〈十/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1531 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01999.gifhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m02004.gif 〈俗今正、音遙、トビヲ、〉

〔下學集〕

〈上/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1531 鰩(トビウオ/○)

〔壒囊抄〕

〈一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1531 魚類字 鰩(トビイヲ)

〔運歩色葉集〕

〈魚名〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1531 飛(トヒ)魚 鰩(トヒイヲ)

〔物類稱呼〕

〈二/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1531 文鰩魚とびうを 中國及九州にてあご(○○)といふ、婦臨産の月是を帶れば産やすしと見えたり、今又乳のたるゝ藥なりとて、婦女は珍重する也、

〔宜禁本草〕

〈坤/蟲魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1531 文鰩魚 無毒、娠婦臨月帶人令産、亦臨時燒爲黑末酒下一分匕、長尺許有翅與尾齊、一名飛魚

〔本朝食鑑〕

〈九/江湖無鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1531 鰩〈和名訓止比乎
集解、處處有之、狀似小鯉鰭長薄、披之如鳥翼而能蜚、蒼黑文、白首赤啄、成群夜飛、故呉都賦曰、文鰩夜飛而觸網是也、生食不佳、乾鮝雖臭氣而味好、四方貨之、
肉、氣味、甘平無毒、主治、婦人難産、故通俗姙娠者不斷食之、以爲流例

〔本朝食鑑〕

〈十/華和異同〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1531
鰩者文鰩魚也、呉都賦云、文鰩夜飛而觸網是也、陳藏器曰、大者長尺許、海人候之當大風、李時珍曰、 西山經狀如鯉、林邑記大者丈餘、一統志狀如鮒、按本邦未見許大者、南産志飛魚頭大尾小有翅善跳、福人名緋魚、以其色紅如一レ緋、本邦飛魚亦略帶紅色乎、

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1532 文鰩魚(トビウヲ) 鰭長シテ能飛ブ、乾テ遠ニ寄ス、無毒病人食之而無傷、婦人産前ニモ可食、薩摩ノ産ヲ美トス、四月中旬ヨリ五月下旬マデ多シ、故漁人曰、文鰩魚多ケレバ鯛魚少シ、蓋鯛ハ三四月ニ多シ、五月以後スクナケレバナリ、

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈三十/無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1532 文鰩魚 トビヲ〈和名鈔〉 トビウヲ アゴ〈筑前〉 ツバクラウヲ(○○○○○○)〈長州〉ツバメウヲ(○○○○○)〈石州〉 一名鰩魚〈典籍便覽〉 五色魚〈同上〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m02005.gif 〈正字通俗字〉 鯡〈同上〉
此魚長サ尺許、兩鰭長クシテ尾ニ至ル、能海上ヲ飛行ス、碧背白腹、江戸ニハ鮮ナル者多シ、京師ニハ鹽乾ノミヲ貨ス、四月中ヨリ五月下旬ニ至マデ多ク出、一種薩州ノ飛魚ハ兩鰭相亠父ル、一種サイハク(○○○○)一名トビウヲ(○○○○)、〈仙臺〉トビキス(○○○○)、〈同上〉ミノカナゴ(○○○○○)、〈讃州〉シマヲコゼ(○○○○○)、山ノカミ(○○○○)、〈紀州〉クソ(○○)ッボウ(○○)、〈淡州〉ナヌカバシリ(○○○○○○)、〈藝州〉ウミテウテウ(○○○○○○)、〈豫州松山〉ホゴ(○○)、〈同上吉田〉形ヲコゼニ似テ長サ尺許、紅色ニシテ横ニ赤黑色ノ虎斑密ニアリ、兩鰭濶長ニシテ斑アリ、能海上ヲ飛ブ、死スル時ハ紅色消盡ス、是閩書ニ、飛魚頭大尾小、有翅善跳、福人名緋魚、以其色紅如一レ緋ト云フモノナリ、

〔新撰字鏡〕

〈魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1532 魟〈子紅反、似鱉、乎己自(○○○)、〉

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1532 鰧魚 唐韻云、䲍〈直稔反、與朕同、漢語抄云、乎古之、〉魚名似鰕而赤文、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1532 按鰧從朕、説文作http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m02006.gif 、隸省作朕、故或作䲍或作鰧、玉篇鰧、大曾切、魚似䰽蒼文赤尾、廣韻鰧直稔反、音義皆不周、並其物未詳、嶧山君曰、雜字簿所載虎魚、可以充乎古世也、

〔類聚名義抄〕

〈十/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1532 鰧〈音朕、ヲコジ、〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m02007.gif 〈魚ヲコシ〉

〔本朝食鑑〕

〈九/河湖無鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1532 䲍〈音朕、訓乎古之、〉
集解、形類河豚而全身灰色赤文、面如虎猫而有稜、無鱗、赤斑背有長刺尾、尾亦長而赤色、鰓後長鰭 如翅亦赤、大不二三寸、其中首尾一寸者、海俗呼號山神䲍(○○○)、或不寸混謂山神䲍者非也、若海上連日風濤惡不網釣、漁人手捧一寸䲍敬供山神、而禱曰風穩波靜釣網有一レ便、則明日必海上平穩漁人多獲矣、此魚相豆房總海濱入雜魚之網來、海西諸濱亦希得之、一種狀似河豚而不濶腹、頭面亦稍小、不怪不稜、背灰白有白斑紋虎鯸之文、海俗呼號武島䲍(○○○)、味甘淡略似河豚、剝皮煮肉以雖河豚而不、美、故嗜河豚而恐毒者食之、江東三四月八九月多采之、肉、氣味、甘温有小毒、山神䲍者人未之、武島䲍者常食之、

ハタハタ

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1533 ハタハタ 奧州ニ多シ、白シテ長七八寸、頭廣ク尾小ナリ、色銀箔ノ如シ、味淡クシテ美ナリ、爲鮓爲鹽淹、十月ニ多ク捕ル、

〔魚鑑〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1533 はた〳〵 一名かみなりうを(○○○○○○)、古へは常陸水戸に産す、今は出羽秋田に多し、、この魚性雷聲を好めり、ゆへに酉陽雜爼にこれを雷魚(○○)といふ、

〔採藥使記〕

〈中〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1533 重康曰、奧州又羽州サカノ島邊ニハタ〳〵ト云魚アリ、一名雷魚、一名佐竹魚(○○○)トモ云フ、其形チ鱈ニ似テ七八寸計、鮓ニシテ食フ、味ヒ好ト云フ、
光生按ズルニ、此魚ノ鮞ヲフリ〳〵(○○○○)ト云フテ賞味トス、土人ノ曰、此魚ムカシヨリ佐竹氏ノ領 スル所へ、何國へモ、ウツリ生ル、故ニ一名佐竹魚トモ云フ、此魚九十児雷ノ鳴ル時、必多ク是ヲ 捕ル、中華ニモ雷ノ鳴時出ル魚アリ、興州工雷穴ト云フ所アリ、雷ノ鳴ル度ニ、其穴ヨリ魚多ク 流レ出ルヨシ、圓機活法ニモ引ケリ、

〔一話一言〕

〈十一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1533
鰰(ハタ〳〵) 魚の形少さく、鱗の中に富士山のもやふを生じ候故、めでたき魚と祝し、文字はいつごろよりか、魚篇に神と書なり、もとは常陸の水戸に生じ候、秋田へ國替を仰付られ候て、秋田の先祖秋田へ被越候節、領主につきて右の魚も秋田へこし候よし、秋田杉直物語にみへたり、〈秋田家那阿思左衞門と〉 〈云る姦臣、國を亂る事を記せる俗記也、〉

〔毛吹草〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1534 出羽 ハタ〳〵鮨〈䱞ニ似タル魚ナリ〉

䱾鯘

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1534 䱾鯘(アイノウヲ) 其色黃褐ナリ、長一尺許、味ヨカラズ、一二月ノ比トル俗民ノ説ニ此魚多ケレバ民飢饉スト云、䱾鯘ハ俗字ナリ、未出、

ツカヤ

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1534 ツカヤ 若狹ノ大島ノ海ニアリ、他處ニナシト云、長三四寸ヨリ一尺ニイタル、鮒ニ似テ少セバシ、鮒ノ類ニアラズ、味ヨシ、腥カラズ、鮓トナシテ尤美ナリ、無毒、

キダコ

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1534 キダコ 長二三尺、無鱗、色ハ淡黑斑點アリ、尾ニマタナシ、頭大ニ尾小ナリ、下腮少長シ、目小ニシテナキガ劾シ、身ハマルカラズ、長崎ニアリ、或曰鱧ナラント云ハ非也、本草ノ鱧ノ形狀ト同カラズ、

トクヒレ

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1534 トクヒレ 奧州ノ海ニアリ、長一尺三四寸、魚ニヨリテ大小アリ、横ハセバシ、其身鱗皮段々アリテ横ニ連レヲ、背與腹ノカドニ短キ刺多ク連レリ、尾ノ方ハカド五アリ、ヒレ背腹兩方ニ長ク連レリ、各三寸半許、肉ニ筋多クシテ傘ノ骨アルガ如シ、觜ハ下腮短シ、首ハ不大、性味漢名不知、甚他魚ニ異レリ、奇品ナリ、

子ツヽポウ

〔魚鑑〕

〈下〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1534 ねつゝぽう 江中の小鱗なり、好て水岸に來り、餌を弄し、釣徒を妨ぐ、狀全く牛魚(こち)に似て、大者二三寸、小者一二寸、滿身に涏を帶ぶ、肉味よからず、

禿骨畢列/龍宮鷄/鉦敲魚

〔烹雜の記〕

〈前集上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1534 多湊ぶり
佐渡に三十種の異魚ありといふ、〈○中略〉禿骨畢列(○○○○)〈とこひれ魚(○○○○○)○圖略〉 解〈○瀧澤〉按ずるに、方言とこひれとは長鬣魚の義にや、ヌ鋭鰭の義にや、こときと通ず、この物鮫の種類ならん歟、目は黃なり、頭より背に至て、すべて薄靑色也、鰭の端は褐色にて、その餘は水色に薄黑を帶て、斑に點あり、腮の端少許紅、或記云、此魚全體文鰩魚に似たり、六の稜あり、稜に小なる刺あり、刺毎に細脈、龜甲の紋の如し、 その質堅硬乾枯たるものは、年を經れども壞れず、經ること、久しければ、褐色に變ず、漁人肉を食ふことをしらず、只乾脂として玩物に供るのみ、長大なるものは長尺餘なり、上下の長鬣、これをひらけば兩傘の如し、他魚とおなじからずといふ、
龍宮の鷄(○○○○)〈○圖略〉 或のいへらく、龍宮鷄とは佐渡の方言也、これ鬼頭魚の奇品なるものなり、頭に冠ありて鷄に似たり、横肚に小なる方點高起て、刻鏤る如し、乾枯したるものは、堅硬して海馬に似たり、今按ずるに全體その色薄紅にして火魚の如し、實におこしの種類なるべし、
鉦敲魚(○○○)〈○圖略〉 この魚は佐渡のみにあらず、相豆の海中に多かり、或いへらく、魚の形大小一ならず、大なるものは尺許に至るもあり、鱗なし、その色薄黑に靑と黃を帶て光澤あり、横肚は水色の中に薄紅を帶たり、鰺の如し、兩面に黑圓紋あり、この魚脂ありて味美なり、相豆の海中冬春の交、多くこれを獲る、江戸これを的魚(○○)といふ、又賀陀比(○○○)と呼ぶとぞ、
今按ずるに、これ江戸にていふ加々美多比(○○○○○)の奇品なるべし、

䰴魚

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1535 䰴魚 玉篇云、䰴〈居迄反、漢語抄云、古都(○○○)乎、本朝式用乞魚二字、〉魚名也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1535 按備後鞆、浦有許都宇乎(○○○○)、蓋是小野蘭山曰、許都宇、色皇白、口在頷下、小者長四五寸、大者至二丈餘、尾如燕尾、當是寧波府志所載燕尾鯊、錦小路嶧山君曰、燕尾鯊俗呼左賀菩宇(○○○○)、〈○中略〉按乞魚見主計寮式、或作許都魚、乞魚許都魚、並是假借字、源君以爲玉篇䰴字、亦恐屬牽强

〔類聚名義抄〕

〈十/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1535 乞魚〈コツヲ〉 䰴䰴〈今正、音訖魚名、コツヲ、〉

〔圓珠庵雜記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1535 䰴 こつをといふは、こつは字の音、をは魚の略なり、

〔延喜式〕

〈五/齋宮〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1535 月料 乞魚皮十五斤

〔延喜式〕

〈二十四/主計〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1535 凡中男一人輸作物、〈○中略〉許都魚皮、〈○中略〉雜魚脂各二斤、
備前國〈○中略〉中男作物、〈○中略〉許都魚皮、備中國〈○中略〉中男作物、〈○中略〉許都魚皮、備後國〈○中略〉中男作 物、〈○中略〉許都魚皮、

〔延喜式〕

〈三十九/内膳〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1536 供御月料 乞魚皮二十斤十三兩、

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01983.gif

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1536 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01983.gif 唐韻云、〈音唐、漢語抄云http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01983.gif 魚子、太古之(○○○)、〉魚名也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈十八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1536 按太古之未詳、唐韻同、玉篇http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01983.gif 魚名孫氏蓋依之、

〔類聚名義抄〕

〈十/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1536 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01983.gif 魚子〈タコシ〉

比佐魚

〔延喜式〕

〈一四/時祭〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1536 大忌祭一座、〈廣瀨社、七月、准此、〉 比佐魚(○○○)一斗五升
風神祭二座〈龍田社、七月准此、〉 比佐魚一斗五升、

久惠

〔延喜式〕

〈二十四/主計〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1536 凡諸國輸調、〈○中略〉久惠(○○)䐹、鮫䐹、各卅三斤五兩、
紀伊國〈○中略〉調、〈○中略〉自餘輸〈○中略〉久惠腊、 阿波國〈○中略〉中男作物〈○中略〉久惠䐹、

諸泊魚

〔續日本紀〕

〈三十八/桓武〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1536 延曆四年正月戊午、安房國言、以今月十九日、部内海邊漂著大魚五百餘、長各一丈五尺以下一丈三尺以上、古老相傳云諸泊魚(○○○)、

海馬

〔大和本草〕

〈十四/蟲〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1536 海馬 海中ニ生ズル小蟲ナリ、頭ハ馬ノゴトク腰ハ蝦ノ如ク尾ハトカゲニ似タリ、〈○中略〉貯へ置テ婦人ノ産スル時、是ヲ手裏ニ把レバ、子ヲ産ヤスシ、〈○下略〉

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈三十/無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1536 海馬 カイバ(○○○)、〈讃州〉ミツチノコ(○○○○○)、〈同上〉リウグウノコマ(○○○○○○○)〈豐後○中略〉タツノヲトシゴ(○○○○○○○)〈佐渡○中略〉ジヤノコ(○○○○)〈加州○中略〉ウミウマ(○○○○)〈長府○中略〉
海馬ハ海礒ノ藻中ニ多シ、又魚網中ニモ雜リ入ル、〈○中略〉身ノ長五六寸ナルハ稀ナリ、大海馬ナリ、一二寸ナルハ多シ、小海馬ナリ、勢州二見ニテ多ク賣ル、雌ナルハ腹フクレ、雄ナルハ腹瘠、〈○中略〉産家ニ雌雄一對ヲ以、小錦囊ニ納豫佩レバ、産シ易シト云フ、

〔栗氏蟲譜〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1536 海馬〈琉球産奇品〉リウグウノコマ タツノヲトシゴ 臺灣府志所載ノ海龍ナリ、其書曰、海龍産澎湖澳、冬日雙躍海灘漁人獲之、號爲珍物、首尾似龍、無牙爪、長不徑尺、〈○下略〉

〔山槐記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1537 治承二年十一月十二日辛未定成〈○和氣〉朝臣獻御乳付雜貝、〈○中略〉納手箱一合、所儲置之御藥雜物等、〈○中略〉海馬六、〈入道(平淸盛)獻之○下略〉

〔新撰字鏡〕

〈魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1537 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m02008.gif 〈豐粉反、小鰕、衣比(○○)、〉

〔本草和名〕

〈十六/蟲魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1537 鰕〈出七卷食經〉一名魵、〈出兼名苑〉和名衣比、

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1537 鰕 七卷食經云、鰕〈音遐、和名衣比、俗用海老二字、〉味甘平無毒者也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1537 按爾雅云、鰝、大鰕、郭注、鰕大者出海中、長二三尺、鬚長數尺、爾雅翼、蝦、多鬚、善游而好躍、今閩中五色蝦、長尺餘、具五色、梅蝦梅雨時有之、蘆蝦靑色、相傳蘆葦所變、白蝦靑蝦各以其色

〔類聚名義抄〕

〈十/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1537 鰕〈音遐エヒ〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m02009.gif 鰝〈或正、音浩、大鰕、エヒ、〉

〔伊呂波字類抄〕

〈江/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1537 鰕〈エヒ〉 海老〈同〉 魵〈出兼名苑、已上エビ、〉

〔下學集〕

〈上/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1537 鰕(エヒ)〈玉篇云長鬚虫也、或作蝦、又海老、〉

〔壒囊抄〕

〈一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1537 魚類字 鰕(エヒ)

〔和爾雅〕

〈六/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1537 鰕(エビ)〈蝦同〉 鰝(イセエビ/○)〈紅鰕、海鰕、龍鰕並同、〉 天鰕(コエビ/○○)

〔東雅〕

〈十九/鱗介〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1537 鰕エビ〈○中略〉 義不詳〈エビとは其色の蒲萄に似たるをいひ、俗に海老の字を用ひしは、其形の老人の長鬚傴僂たるに似たる故也、アミとは卽小鰕也、東璧本草に、鰕凡數種、米鰕、糠鰕、靑鰕、白鰕、梅鰕、泥鰕、海鰕、天鰕あり、又閩中の五色鰕、兩々乾之、謂之對鰕と見えたり、ま六閩中の産に、赤鰕、黃鰕、河鰕、水潢鰕、斑節鰕、狗鰕、蘆鰕、龍鰕、苗鰕、醬鰕等の名見えて、此餘綠鰕、蠶鰕、謝豹鰕の如き、凡三十餘種、其方俗に隨ひて、名異にして物同じく、物異にして名同じきもありと見えたり、此に産する所も其類殊に多し、それが中、海鰕は此俗にいふウミエビ、又はイセエビなどいふものなり、其大きなるものを、龍鰕といふと見えたリ、閩志によれば、對鰕は泥鰕の大なる者な、對し插むなり、朱舜水は對鰕とは、是を煮る時は、頭尾相對する故なりといひき、此説の如きは、此にいふクルマエビといふ者此也、〉

〔倭訓栞〕

〈前編五/衣〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1537 えび 鰕をいふ、式に蚙をよめり、字書に蝦蟹距也とみえたり、倭名抄に俗用海老二字とみえたり、伊勢えびは龍蝦也、むかしより賀壽饗宴の席、正月の蓬萊盤中に必ず此物ある は、海老の名によりて、祝壽の物とする也、

〔物類稱呼〕

〈二/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1538 海鰕ゑび 關西にていせゑび(○○○○)、關東にてかまくらゑび(○○○○○○)と云、又年の始にかざり海老とする物は、關東にてもいせゑぴ也、西國にては其海の産なれ共、いせゑびと呼、又江戸にて小なる物を芝ゑび(○○○)といふ、大坂にて備前ゑび(○○○○)といふ、

〔大上﨟御名之事〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1538 女房ことば
一えび かヾみ物(○○○○)

〔庖厨備用倭名本草〕

〈八/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1538 鰕〈○中略〉 鰕味甘性温小毒アリ、治病ノ功多シ、陽道ヲ壯ニシ、乳汁ヲ下シ、痘瘡ヲ托出ス、煮汁ハ風痰ヲ吐ス、羮ニスレバ鼈瘕ヲ治ス、五野雞病ヲ主ドル、小兒ノ赤白遊腫ニハツキクダキテ付ル、ツキタヾラシ膏トナシテハ蟲疽ニ付ル、食禁、水田溝渠ニ生ジタルハ毒アリ、鮓ニシテハ尤毒アリ、熱飯ニテ鮓ニシタルモ毒アリ、死スル時ニ鬚ナキモノ、腹下通黑ノモノ、煮テ色白クナルモノ皆毒アリ食スベカラズ、小兒モ雞狗モ食スレバ、脚カヾマリテヨハシ、猫ニ食セシムレバ腰カヾマル、病人多食スレバ風氣ヲ動シ疥ヲ發ス、
海鰕〈○中略〉 海鰕味甘性平毒アリ鮓ニシテ飛尸蚘蟲ヲ主ドル、口中ノ甘䘌齲齒ニヨシ、頭瘡ニモヨシ、疥癬風瘙身痒ヲサリ、山蚊子人ノ肉ニ入タルヲ治ス、初食シテ瘡發スレバ則愈ル也、

〔本朝食鑑〕

〈九/江海無鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1538 鰕〈訓惠比
釋名海老〈源順曰、俗用海老二字、今爲海鰕之名、〉
集解、大抵鰕者磔鬚鉞鼻、背有斷節、尾有硬甲、足多好躍、其腸屬腦、其子在腹外之如榴花、有海河二種、伊勢鰕、鎌倉鰕者海鰕之大也、眼紫黑而前有黃處、突出如疣子口、有四鬚、其兩鬚長過一二尺、其兩鬚如長針根、似針柄而有硬刺、殻如鋸沙而尖、手足有節如蘆筍、掌指如毛、肉上之殻有節、是近尾硬甲也、尾端如花葩倶紫色、煮則變紅是紅鰕、龍鰕、鰕抷鰝之類乎、本朝自古稱海老、以爲賀壽饗燕之嘉殽 也、正月元日門戸立松竹、上懸煮紅海老及柚柿之類、又蓬萊盤中盛煮紅海老、是亦祝壽之義也、延喜式主計部、有海老一斤、是伊勢、攝津、和泉等州貢之乎、凡大海鰕出水而久不死者數日、故遠致海濱而鮮者多、又海中有數尺大老鰕、然則頭作盃、鬚作簪、及丈餘者亦必有之爾、今有車鰕者、大不六七寸、殼厚而白、或有斑節者、倶煮之則色變純紅、環曲如車輪故名、武江及相豆房總皆多、又有芝鰕者、大不三四寸、殼薄而白、手足鬚亦短細、煮之則淡赤、武之芝江多采故名、其至小者亦味美也、此鰕尾參之江濱海西亦有之、據地殊名、曝乾亦佳、江海小鰕甚多、與雜小魚相交入罟、此混稱雜喉而最愛之、河湖川溪之鰕者不二三寸、兩手長肥、俗稱手長鰕、其餘者細小不一二寸、味極甘美、四五月際繞田流水最多、或秋水蘆蒲之中亦成群、箇中雜喉亦有、采之煮熟曝乾則殼尾鬚足脱去而佳、此俗稱裸鰕、卽鰕米而是梅鰕、蘆鰕、米鰕也、今江州草津驛采川鰕而煮熟鹽水以販之、味尤爲佳、京市所販之鰕雜喉亦倶此類矣、江郡近郊川澤亦此類多而味亦佳、
肉、氣味、甘温有小毒、〈海河倶同、動風熱、蟲積、瘡疥、多食令人吐瀉、鰕子最有毒、俗謂尾不屈者有毒、或曰、與榧子木相反未詳、〉主治、殺瘡動蟲、

〔本朝食鑑〕

〈十/華和異同〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1539
海鰕大曰鰝、北戸錄曰、紅鰕長二尺餘、若此者本邦亦希有焉、嶺表錄曰長七八尺、至丈者未之、可奇耳、李時珍曰、閩中有五色鰕、亦長尺餘、彼人兩兩乾之謂之對鰕、以充上饌、南産志曰、大者名鰕魁、又有鰕拯龍鰕之名、又曰、有赤鍜、黃鰕、沙鰕、水港鰕、斑節鰕、白鰕、泥鰕、梅鰕、狗鰕、盧鰕蘆鰕云蘆花所一レ變、梅鰕云梅雨時出、泥鰕云稻花所一レ化、暴而藁之、小者揉之曰鰕米、李時珍又曰、嶺南有天鰕、其虫大如蟻、秋社後群墜水中化爲鰕、人以作鮓食、凡大者蒸曝去殻謂之鰕米、食以薑醋饌品所珍、本邦亦有鰕米味最佳矣、

〔和漢三才圖會〕

〈五十一/江海無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1539 紅鰕 鰝〈音浩〉 海鰕 俗云伊勢鰕、又云鎌倉鰕、〈○中略〉
按紅鰕勢州相州多有之、紫黑煮之正赤色、口有四鬚、鬚長過一二尺、根有硬刺、殼有鋸沙而尖、手 足有節掌、指如毛、尾端如花葩、是稱海老、以爲賀祝之肴、或謂有榮螺變成紅鰕而半螺半鰕者、人往往見之、蓋悉不然也、紅鰕腹中有子則是、亦山芋變鰻之類矣、

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈三十/無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1540 鰕 エビ 一名何〈鄭樵爾雅註〉 長鬚公〈事物異名〉 虚頭公 曲身小子〈共同上〉 魵〈正字通〉 長髯公〈類書纂要〉
鰕ハカハエビノ總名ナリ、〈○中略〉淡鹹ノ二産アリ、ツエツキエビ(○○○○○○)〈京若州〉ハ、一名テナガエビ(○○○○○)〈本朝食鑑〉ハタサエビ(○○○○○)、〈豐後〉カレキ(○○○)、〈勢州山田〉タチカセエビ(○○○○○○)、〈同上津〉城州淀川ノ名産ナリ、江戸ニモアリ、長三寸許、首大ナリ、前兩足身ヨリ長シ、黑白二種アリ、黑キ者ハ子アリ、八閩通志ニ草蝦頭大身促、前兩足大而長、生池澤中ト云是ナリ、一種江州堅田ヨリ出ル者ハ、長サ一寸許、一手甚長大ニシテ一手ハ小ナリ、堅田エビ(○○○○)ト呼、一名カハエビ(○○○○)、〈江州〉テンゴウエビ(○○○○○○)、〈備前〉テンボエビ(○○○○○)、テンボウエビ(○○○○○○)、カタエビ(○○○○)、〈加州〉是邵武府志ノ大脚蝦ナリ、一種蕁常ノ川エビノ形ニシテ、色白キ者ヲシラサエビ(○○○○○)〈備州〉ト云、一名シラサイ(○○○○)、〈豫州〉是白蝦ナリ、八閩通志ニ、白蝦生江浦中卜云フ、常ノ川エビハ淡靑黑色ナリ、豫州ニテテンス(○○○)ト云、是靑蝦ナリ、琵琶湖ノ大エビハ大サニ寸ニ過ギズ、皮鬚硬ク下品ナリ、春夏秋トルト云フ、又田中及ビ池澤ニ生ズル者ハタエビ(○○○)ト云、是泥蝦ナリ、土州ニテ長サ三寸許、流水泥中ニ生ズルヲツチホリ(○○○○)ト云、コレモ亦泥鰕ナリ、邵武府志ニ、蝦小者俗呼泥蝦、生田塘池沼中熟之、色白者殻軟、色紅者殻硬又可食ト云フ、梅鰕ハツユエビ(○○○○)、八閩通志ニ、梅蝦、梅雨時出洲渚間ト云フ、四五月田畔流水ニ小蝦最多シ、是梅蝦ナリ、又秋水蘆蒲中ニモ亦群ヲナス、是蘆蝦〈八閩通志〉ナリ、凡蝦煮熟曝、乾則殻尾鬚足脱去ス、コレヲハダカエビト云是蝦米ナリ、廣東ノ蝦米淸商將來スルモノアリ、長七八分、時珍食物本草ニ江陰有銀鉤鰕、色白如銀、又有鷹爪鰕、大如鷹爪皆味之鮮美、人所珍貴者也ト云、珠璣藪ニ鷹爪大蝦米ト云フ、〈○中略〉米鰕糠鰕ハ蝦ノ最モ小ナルモノヲ云、琵琶湖ノヌカエビ(○○○○)ハ秋トル、至テ細小二三分ニ過ギズ、味美ナリ、大エビノ子ニ非、別ニ一種ナリ、〈○中略〉 海鰕 ウミエビ
海中ニ産スル蝦ノ總名ナリ、品類多シ、イセエビ(○○○○)ハ閩書ノ蝦魁ナリ、一名蝦抷、龍蝦〈共同上〉季遐〈水族加恩簿〉、此蝦ハ志州ノ鳥羽ニテ漁シ、勢州ヨリ京師ニ來ル、故ニ伊勢エビト云フ、阿州ニテモ此名ヲ呼ブ、勢州尾州ニテハ志摩エビト云フ、江戸ハ鎌倉ヨリ來ル、故ニ鎌倉エビト云フ、佐州ニテモ此名ヲ呼ブ、肥州長崎ニテエビガ子〈同名アリ〉ト云フ、海蝦中ノ大ナル者ニシテ上品ナリ、ソノ形狀ハ兩眼紫黑色ニシテ、前、ニ黃ナル處アリテ、高ク出テ疣ノ如シ、口ニ四ノ鬚アリ、其二ハ長サ一二尺ニ過グ、其二ハ長針ノ如ク、根ハ針柄ニ似テ硬刺アリ、殼ハ肌麤ニシテ尖リ、手足ニ節アリ、蘆筍ノ如シ、背ニ硬甲相連リ、尾端ハ花瓣ノ如クニシテ、倶ニ紫色ナリ、煮時ハ全身深紅色トナル、古ヨリ慶事ニハ必用ユ、故正用ニ已煮タル者ヲ以テ門戸ニ掛ケ、春盤ニ上ス、此物海水ヲ離レテ久ク死セザルコト數日、故ニ遠ク京師ニ致ス者、猶能身ヲ動シ、鬚脚ヲ搖カス、又偶數尺ノ老蝦アリ、又勢州ニハ足ゴトニ鉗(ハサミ)アルモノアリ、五色鰕ハ龍蝦ノ五色ニシテ、兩ノ大鬚白キ者ナリ、ケンエビハ龍蝦ノ一種、兩鬚扁大ニシテ長シ、相並デ劒ノ如シ、一名ツノナガエビ、勢州一種クルマエビ(○○○○○)ハ閩書ノ斑節蝦ナリ、尋常ノ蝦ノ形ニシテ大サ六七寸ニ過ギズ、殼厚クシテ白ク節ゴトニ紅斑アリ、煮ル時ハ全身深紅色曲リテ車輪ノ如シ、武州、相州、豆州、房州、總州皆多シ、曝乾スル者、十尾ゴトニ繩連スル、モノ薩州ヨリ出ス、〈○中略〉一種芝エビ(○○○)ハ武州ノ芝ニテ多クトル、大サ三四寸ニ過ギズ、殼薄ク白シ、手足鬚倶ニ短細、煮トキハ淡赤色、是亦鷹爪蝦ノ屬ナリ、ソノ至小ナルモノ、諸州ニ産ス、味亦佳ナリ、曝乾シテ遶ニ送ル、ソノ名多地名ヲ以テ呼ブ、一種毘沙門エビ(○○○○○)ハ一名海老、〈勢州〉エビノヲバ〈熊野〉エビガ子〈薩州〉長サ七八寸倒ニシテ腹ノ方ヨリ見レバ、毘沙門天ノ形狀アリ、薩州ニハ甚大ナル者アリ、肉ヲ食フ上品ナリ、一種ウチハエビ(○○○○○)ハ一名タビエビ、〈土州〉手ナガエビ、カシのエビ、アシナガエビ、〈共同上〉形海老〈勢州〉ニ似テ扁シ、其首殊ニ扁大ニシテ長團扇ノ如シ、徑二寸餘、長三寸 許、尾ハ下ニ曲リテ海老ニ同ジ、一種アナゴ(○○○)〈尾州〉ハ一名イシハジキ、〈肥後〉タイコウチ、〈攝州〉シヤクエビ、〈讃州〉長サ一寸餘、一手ハ小ク、一手ハ長大ニシテ、堅田エビノ形ノ如シ、是モ亦邵武府志ノ大脚蝦ナリ、

〔日本山海名産圖會〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1542 海鰕(ゑび)〈漢名蝦魁、釋名紅鰕、エビは總名なり、種類凡卅餘種、其中に漢名龍鰕といふは海蝦なり、〉
俗稱伊勢海鰕と云、是伊勢より京師へ送る故に云なり、又鎌倉より江戸に送る故に、江戸にては鎌倉鰕と云、又志摩より尾張へ送る故に、尾張にては志摩鰕(○○○)と云、又伊勢鰕の中に五色なる物有甚奇品なり、鬚白く背は碧重のところの幅輪綠色、其他黃赤黑相雜、〈○中略〉
鰕の腸腦に屬して、其子腹の外に在り、眼紫黑にして前に黃なる所あり、突出て疣子のごとし、口に鬚四ツあり、二ツの鬚は長さ一二尺、手足は節ありて蘆の筍のごとし、殼は悉く硬き甲のごとし、好飛で踊る、是海中の蚤なり、蚤亦總身鰕におなじ、
エビの訓義は柄鬚(えび)なり、柄は枝なり、胞といひ、江と云も、人の枝、海の枝なり、蝦夷をエビシといふは、是毛人島なるになぞらへ、正月辛盤(ほうらい)に用ゆるは、海老の文字を祝したるなるべし、

〔延喜式〕

〈二十四/主計〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1542 凡中男一人輸作物〈○中略〉海老一升、

〔出雲風土記〕

〈島根郡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1542 凡南入海所在雜物、〈○中略〉鰝鰕海松等之類至多、不名、

〔出雲風土記〕

〈秋鹿郡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1542 南入海、春則有〈○中略〉鰝鰕等大小雜魚

〔田氏家集〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1542海老卅字絶句
脱泉枯又槁、躅脊長髯稱海老、應朝中緋衣一大夫、形消命薄不明時好

〔大館常興日記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1542 天文八年十二月廿日、海老十籠爲歲暮祝儀、北畠殿より進上之御賀例也、則以佐披露申之、仍海老をば政所代蜷川新右衞門尉かたへ納申之、請取〈富左かたへ充所也〉出也、

〔親俊日記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1542 天文十一年正大十八日己亥、永原與三右衞門所へ海老五十爲音信遣之、

〔毛吹草〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1543 伊勢 海老 相摸 海老〈伊勢エビノゴトシ〉 近江 小ノ濱海老

〔雍州府志〕

〈六/土産〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1543 鰕魚 鰕有數種、淀川之所産、其形小而其髯至長、湯煮一沸則其色如朱、兩脚屈蟠如老翁之倚一レ杖、土人稱杖衡鰕、又自近江堅田來者稱熬鰕、其味美與勢多蜆貝一雙

〔續江戸砂子〕

〈一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1543 江府名産〈幷近在近國〉
淺草川手長海老 兩國橋の少上、又本所竪川横川にあり、
揚場川手長海老 牛込御門の外、吐水より下手の御堀、
八足の中二足すぐれて長し、山州淀川杖つき海老の等類也、〈○中略〉
芝苗蝦( あみ/○○) 大きさ一寸にたらざる小海老也、備前筑後などより鹽辛にして出ると同じ、小毒あり、痔便血瘡疥を發す、
芝海老 芝浦の名産也、車海老よりちいさく、全身やはらかにして甘美也、秋のすへよ9初冬に至りさかん也、
鎗倉蝦 上方にていふ伊勢海老也江府は鎌倉より出ルゆへにいふ也、又伊勢海老とも云、

〔八丈物産志〕

〈二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1543 アシナガエビ(○○○○○○)ハ形チ圖〈○圖略〉ノ如クシテ、夜中網ニテ捕ル、犬ヒサ六七寸ニ及ビ、島人食フニミハ多クシテ味美ナリト云、

蝦蛄

〔和爾雅〕

〈六/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1543 蝦蛄(シヤクハ)〈言其行如尺蠖也、又云サクナゲ(○○○○)、言其色似石楠花也、蝦姑、蝦公並同、〉

〔本朝食鑑〕

〈九/江海無鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1543 石楠花鰕〈訓志也久奈計
釋名〈色如石楠花故名、海西俗稱石花鰕、是亦石楠之略號乎、〉
集解、狀類鰕而平、頭尾相同、有鬚有手足、比鰕則細多如切、背有細節、倶色灰白帶碧、味不佳、是閩書南産志所謂鰕姑、開元遺事載其名曰、狀如蜈蚣、尾如僧帽、泉人謂之靑龍、實能形容之
氣味、甘平無毒、〈蠻人漬油煉膏、故瘍醫用之、疣膿則性温乎、〉 主治、能消癥痕蟲積小便、或曰、大者頭中有石、如石首魚之頭石、專治石淋及諸淋小便不通、蠻人呼謂於久里加牟幾利、肥之長崎狸俗稱淋石、予〈○平野必大〉未此鰕大而有頭石也、

〔本朝食鑑〕

〈十/華和異同〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1544 石楠鰕
卽鰕姑也、〈○中略〉本邦以石楠花名、本草未之、

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈三十/無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1544 海鰕〈○中略〉
一種シヤクナギ(○○○○○)ハ、シヤクナゲトモ云、一名シヤコシヤク(○○○○○○)、〈防州〉シヤックハエビ(○○○○○○○)、〈九州〉シヤツパ(○○○○)、〈肥前〉シヤクウ(○○○○)、〈勢州菰野〉オニエビ(○○○○)、〈雲州〉ボロシヤク(○○○○○)、〈讃州〉ヤマメエビ(○○○○○)、〈食療正要〉是漳州府志ノ蝦姑ナリ、一名靑龍〈開元天寶遺事〉管蝦、〈增修埤雅廣要〉海邊斥地ニアリ、形蝦ニ類シテ扁ク、ソノ濶サ頭尾相侔シ、鬚アリ手足アリ、蝦ニ比スレバ細クシテ多シ、背ニ節アリ、十二三片ナル者ハ稀ナリ、閏年ニハ十三片アリトモ云フ、灰白色ニシテ碧ヲ帶ビ、蝦色ノ如シ、煮ル時ハ淡紫色ニ變ジテ、石南花色ノ如シ、故ニシヤクナギト云フ、長二三寸、大ナル者ハ七八寸、筑前ニテハ食品トス、味蝦ニ勝レリト云、月夜ニ捕ル者ハ肉ナシ、暗夜ニ捕ル者ハ肉多シ、備前兒島ノ人言、斥ノ泥中ニ居ルヲ春採食フ、上品トス、ツリシヤク(○○○○○)ト字、海中ノ者ハ夏トル食セズ、アナシヤク(○○○○○)ト云フ、此外品類尚多シ、

細魚/海糠魚

〔新撰字鏡〕

〈魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1544 䲑阿彌(○○)

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1544 細魚〈海鱇附〉 漢語抄云、細魚、〈宇留里古(○○○○)〉海糠魚、〈阿美、今按所出並未詳、〉

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1544 按閩中海錯疏載塗苗、引海物異名記云、謂之醬蝦、細如針芒、海濱人醎以爲醬、廣東新語云、蝦最小者銀蝦、狀如繡針、以紵布網、網大丈有二尺、以二罾http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m02010.gif 繫之、口向上流

〔類聚名義抄〕

〈十/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1544 細魚〈ウルリ(○○○)、一云ウルリコ、〉 海糠魚〈アミ〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m02011.gif 〈アミ〉 魽〈ウルリ〉

〔和爾雅〕

〈六/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1544 醬蝦(アミ)〈苗蝦、線蝦、泥鰕並同、〉

〔新猿樂記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1544 四郎君受領郎等、刺史執鞭之圖也、〈○中略〉常擔集諸國土産、貯甚豐也、所謂〈○中略〉備前海糠(○○)、

〔毛吹草〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1545 備前 海糠魚 肥前 海糠

〔本朝食鑑〕

〈九/江海無鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1545 鮩〈訓阿美、或曰阿美佐古(○○○○)、〉
集解、狀極細小類鰕、實非鰕類、雖糠鰕、苗鰕、醬鰕之名、漁家常謂、竟未http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m02012.gif 長成鰕者、但以形之相似而名乎、別有鰕子如http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m02012.gif、能成群、漁人窺之布網采之、春末夏初秋初中最多、炎暑嚴寒時希矣、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m02012.gif二種、其色淺紫帶黑者江東多采、其色潔白首尾兩端純紅者海西多采、備之三州、肥之二州最多、作醬作醋送之江東、或貢獻于上厨、其味更好、江東紫黑者、鹽煮及薑醋進之、極爲下品

〔和漢三才圖會〕

〈五十一/江海無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1545 海糠魚 糠鰕〈本綱〉 和名阿美 俗云阿女(○○)
夏糠鰕(○○○) 自立夏立秋出、其大者不四五分、色白帶微赤、備前海上多以布網之作醢名糠鰕鹽辛
秋糠鰕(○○○) 九十月盛出、其大六七分、色白頭與尾正紅、豐前中津多取之、備前亦少有之、

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈三十/無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1545 鰕〈○中略〉
備前ノアミハ一名アミザコ、アメエビ(○○○○)、雲州大和本草ニ一寸許ノ小エビナリ、此マヽニテ大ニナラズ、備前筑後ノ泥海ニ多シ、海邊ノ潮ノ入溝河ニアリ、味ヨケレドモ小毒アリ、鱁鮧トシ、又乾シテ遠方ニ送ルト云、〈○中略〉アミハ閩書ノ苗蝦、八閩通志ノ塗苗及醬蝦ナリ、アミシホカラハ廣東新語ノ蝦醬ナリ、備前ニ一種アミヨリ至テ小ク、三分一ナル者アリ、アナヽミ(○○○○)ト云、又アナアミ(○○○○)ト云、一名アメゴリ(○○○○)、〈加州〉ツチアミ(○○○○)〈長州〉穴居シテ色白黑味美ナレドモ毒アリ、瘡ヲ發ス、甚臭シ

海蛸

〔本草和名〕

〈十六/蟲魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1545 海蛸〈所交反、貌似人、躶而圓頭、〉海肌子、〈長丈餘名海肌子、長尺餘名海蛸子、〉髑妾子、〈江東名之〉小鮹魚〈頭脚幷長一尺許者、出崔禹、〉和名多古(○○)、

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龜貝〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1545 海蛸子 本草云、海蛸子、〈今按蛸正作鮹、取交反、見唐韻、和名太古、俗用䖣字、所出未詳、〉貌似人裸、而圓頭者也、長丈餘者、謂之海肌子

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龜目〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1546 廣韻云、蛸、蠨蛸喜子、又云鮹海魚、形如鞭鞘、並所交切、唐韻蓋與廣韻同、源君以注云海魚、欲鮹爲太古、新撰字鏡亦云、鮹所交反、太古、古事記、日本書紀、延喜式等書、亦皆作鮹、然證類本草引陳藏器云、鞘魚似馬鞭、尾有兩、岐、如鞭鞘故名之、唐韻所載鮹字卽是、則鮹非太古也、按太古其貌似蠨蛸而在海中、故得海蛸子、之名、皇國從之、又單作蛸、與蠨蛸別、故改虫從魚、以其物食用也、猶蚶或作魽、蟹或作一レ䲒、字形雖海魚之鮹、然作字之原自異、源君見皇國古籍作一レ鮹、以爲唐韻鮹字者誤、〈○中略〉按古今注云、蠅虎一名蠅狐、本書廣本引作蠅䖣、蓋俗字也、疑海蛸子以蠨蛸名、蠨蛸蠅䖣竝蛛蜘之屬、故俗又用䖣也、則其字似瓜、〈○中略〉按本草和名云、海蛸、〈○中略〉長尺餘名海蛸子云々、出崔禹、此亦源君誤引、按文選江賦注引南越志曰、鋸蝫一頭、尾有數條、長二三尺、左右有脚、狀如蠶、可食、是可以充太古、出雲風土記亦以蜛蝫太古、本草圖經烏賊魚條章擧亦卽是、本草綱目謂之章魚、閩中海錯疏謂之鱆、嶺表錄異、章擧、形如鳥賊、閩越間多采鮮者、燁如水母、以姜酢之、

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龜貝〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1546 小蛸魚 崔禹錫食經云、小蛸魚〈和名知比佐木太(○○○○○○)古、一云須留女(○○○)、〉

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龜貝〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1546 按章擧之小者有小八稍魚、見東醫寶鑑、俗呼十夜太古(○○○○)、有望潮、見閩中海錯疏、俗呼飯太古(○○○)、崔氏所謂小蛸魚不果是何物、又今俗呼須流米者(○○○○○○○)、烏賊魚之屬(○○○○○)、本草圖經、烏賊魚條、其無骨者名柔魚、閩中海錯疏、柔魚似烏鰂而長、色紫、一名瑣管、柔有骨如三層紙厚、白而差紉、云無骨非也、是可以充須流米也、未源君是否

〔下學集〕

〈上/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1546 蛸(タコ)〈一作䖣〉

〔和爾雅〕

〈六/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1546 章魚(タコ)〈章擧、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m02013.gif 魚、章拒並同、或云海蛸子、〉 鱆魚(イヽダコ/○○)〈望潮魚同見于閩書〉 石距(アシナイダコ/○○)〈石鮔同〉

〔東雅〕

〈十九/鱗介〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1546 海蛸子タコ 日本紀私記に、貝蛸はカヒダコといふと注したり、並に義不詳、〈タコとはタは手也、コは猶海蛸子の子の如し、語助也、其手多きをいひしと見えたり、スルメといひ、カヒダコ(○○○○)といふ、並に不詳、卽今烏賊の類に、スルメイカ(○○○○○)といふあるは、其大なる事、小蛸子の如くなるをいひしと〉 〈見えたれど、今の如きは、小蛸子をスルメといふ事は隱れて、烏賊の名の如くにはなりたり、閩書に據るに、石距一名八帶、大者至能食一レ猪、居石穴中、人或取之、能以足黏石拒人といふものは、倭名鈔の海蛸子、今俗にいふ足長蛸也、章擧一名紅擧、似烏賊而差大、味更珍好といふは、倭名鈔の小蛸魚、今俗にタコといふ是也、鱆魚一名望潮魚、腹内有白粒大麥といふものは、今俗にいふ飯鮹なり、其大小に隨ひて、各其名ありて、極て小にして蜘蛛の如くなる者を、クモダコ(○○○○)といふに至れり、〉

〔大上﨟御名之事〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1547 女房ことば
一たこ たもじ(○○○)

〔本朝食鑑〕

〈九/江海無鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1547 蛸魚〈訓多胡
釋名鮹、〈式〉海蛸子〈源順〉大者名海肌子、〈上同、蛸本蟲名、説文堂蜋子也、爾雅及詩疏長踦喜子白蛸卽嘯蛸、然則以章擧之長足蛸乎、按鮹音捎、延喜式悉用此字、源順曰、蛸正作鮹、所交反、見唐韻、和名太古、俗用䖣字、所出未詳、貌似人裸而圓頭者也、本朝自古蛸鮹二字通用、今亦隨此而可也、本草有鮹魚章擧異矣、陳藏器曰、形似馬鞭尾有兩岐鞭鞘也、此亦別一種也乎、〉
集解、海上處處多有、采之無時、大者入網、或漁人用小片板、表著鉤裏著烏賊骨及鱧魚等而泛水則蛸乘板上餌至岸、驚欲逃而掛鉤、或以繩絆磁壼、一繩連二三壼于水中、久而小蛸入壼來矣、狀似烏賊而大、八足多疣子、色白帶微赤、或赤皮者亦有、眼口有腹下足上、八腿交股之中間、白皮中有雙小烏之骨子、又如菱實之小而黑色、或形一如鴉、一如鳶、故俗號鳶鴉也、其腹似袋、肉薄味不佳、但足肉多味亦美不生食、宜煮食、若漫煮之則肉硬勞齒牙、故先以萊菔根牛房根之七八次、而煮熟則軟美倍常、或用煎茶水而煮熟亦好、或先煮熟取出、懸北窻以風者五六刻時、復煮熟則軟美而可也、或以味噌汁煮熟者久亦可、冬月先煮之露宿而凍則軟寒而味佳、又煮之亦可也、漁市曝乾貨之呼曰干鮹、延喜式主計部有乾鮹鮹膳、大膳有干鮹、隱岐、伊豫、讃岐貢乾鮹、華人生以薑醋食、謂味如水母、是不煉其調和乎、本朝之人煮熟以薑酷之、味不鰒魚、此韓愈所謂章擧也、大者八九尺及一二丈、若斯者長足卷取人、入水而食、其足疣當人之肌膚則吮血甚急、故不水沒而乍斃焉、捕犬鼠猿鳥亦然、或夜出水上岸捧腹昂頭怒目、蹈其八足捷走如飛、入田圃芋而食、田夫夜見之而驚叫爲怪、日中亦無人則出矣、或田夫竊覘之、用長竿而打撥則獲之亦有焉、今後越海及佐渡海上風靜潮平時、倏忽遙視互 人立波上、其容如浮屠、高大而頭撑蒼穹、呼稱海法師、海俗謂是大章擧之所一レ化也、大抵佐渡及出羽之海采大蛸魚曝之、以傳送于難波市、及一二丈者多、其頭懸于樓上高欄則足垂掃地、是害人之物乎、一種有身小足長細、呼日足長蛸、味亦不佳、帥是石秬乎、
肉、氣味、甘鹹冷無毒、〈通俗稱大温動熱破血者未詳〉主治、養血益氣强筋壯骨、能入足少陰經血分、或療痔漏、逐産後瘀血
飯蛸、〈附蛛蛸〉集解、江東未之、謂房總及芝江偶有一レ之、未其眞、攝泉紀播等州海濱采之、狀似章擧而極小、一箇不二三寸、腹内有白米飯充滿味佳、腹足倶可之、或糟或䱒以傳送于江東、味劣于煮鮮者、是源順所謂貝鮹歟、本朝式主計邵亦有貝鮹鮨也、一種無腹飯市腹空、小足細長如蜘蛛、呼曰蛛鮹、丹但越賀等北海多采之、按氣味主治上同、

〔本朝食鑑〕

〈十/華和異同〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1548
蛸、章魚一名章擧、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m02013.gif 魚、音佶、時珍曰、章魚生南海、形如烏賊而大、八尺、身上有肉、閩粤人多採鮮者薑醋食之、味如水母、韓退之所謂章擧馬甲柱、鬪以恠自呈者也石距亦其類、身小足長、入鹽燒食極美或疑薑醋食、味如水母、予〈○平野必大〉謂有何疑乎、章魚煮食則有美味、生食則如生水母耳、惟疑身上有肉、其身上之肉薄硬不佳、而足肉厚脆而味最美、石距者今之蛛蛸味短、其燒食極美者未其佳也、南産志曰、鱆魚一名望湖魚、廣南有蟹亦名望湖、蓋名同質異、紫色腹圓有腹無頭、頭在腹下多足而長皆環口、上有圓文星聯凸起、腹内有黃褐色、質如卵黃、有黑如烏鰂墨、有白粒大麥、味皆美、按有白粒者、今之飯蛸也、然未章擧之類而有黑者、又曰石距一名八帶、章擧一名紅擧、又有塗婆、章擧別名、似石距而帶短、此本邦未見者歟、柔魚蘇頌曰、越之柔魚與烏賊相似、但無骨、南産志謂、似烏賊而長色紫、是亦章擧之類乎、

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1548 章魚〈本草〉 大ダコ(○○○)、小ダコ(○○○)、クモダコ(○○○○)、イヽダコ(○○○○)アリ、海中ニテ人ニスイ付テハナレ ズ、血イヅ、人ノツバキヲ以テヲトスニヨクヲツ、〈○中略〉但馬ニアル大ダコハ甚大ナリ、或牛馬ヲトリ、又夜泊ノ小舟ニ手ヲノベテ人ノ有無ヲサグルト云、又夜ヒカル、丹後熱松ノ海ニテ蟒ト章魚トタヽカヒ、ツイニ蟒ヲ海へ引入ル、蟒傍ノ木ニマキツキタレドモ、松ノ枝サケテ引シヅメラル、今ニ松殘レリト云、諸州ニテ大ダコ人ヲトル事アリ、

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈三十/無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1549 章魚 タコ セキダコ(○○○○)〈筑前大者〉 一名河北小吏〈典籍便覽〉 章鋸 章拒〈共同上〉 章巨〈寧波府志〉 紅擧〈閩書〉 滄浪頭〈水族加恩簿〉 望潮魚〈廣奧記〉 八梢魚〈束醫寶鑑〉 文魚〈同上〉 章花魚〈正字通〉 海和尚〈山東通志同名アリ〉
京師ニ來リ市モノ、皆播州二見浦ニテ漁シ、攝州兵庫ヨリ送ル、兵庫ニテハ漁セズ採ル法ハ長繩ニ長瓦壼〈タコソボト呼〉中ニ紅帛片(モミノキレ)及紅熟番椒(トウガラシ)少許入レタルモノ、數箇ヲ連綴シ、海底ニ沈メ置ク時ハ、必章魚壼中ニ入テ出デズ、陸ニ引擧テモ敢テ出デズ、指爪ヲ以壼底ヲ搔ク時ハ、便皆走リ出、ソノ壼久ク用ル者ハ、外ニ蠣殻及小介粘著シテ異形ヲナス、好事者用テ花尊(ハナイケ)トス、薩州ニテ用ル者ハ磁壼ニシテ底ニ大孔アリ、章魚ハ身小ニシテ八足長大ナリ、足ニ疣アリ、二道ニ相並テ釘ノ如シ、釘ゴトニ竅アリ、色ハ白クシテ微紅ヲ帶ブ、又全ク赤皮ナル者アリ、雙眼及口皆足上ニアリ、腿交中間白皮中ニ鳶烏ノ形ナル骨ヲ包ミテ臍ノ如シ、形色烏賊魚ノ鳶烏ト同シテ大ナリ、腹ハ袋ノ如シ、肉薄味亦佳ナラズ、俗ニドウビント云フ、章魚大ナルモノハ、八九尺或ハ一二丈ニシテ、雞犬ヲ捉食ヒ、人牛ヲ捕ルモノアリ、或ハ海中ヨハ足ヲノベテ、船中人ノ有無ヲサグルコトアリ、小ナルモノモ、夜中陸ニ上リ、腹ヲ上ニシ足ヲ下ニシテ、健走スルコト飛ガゴトクシテ、菜圃ニ入、茄ヲツミ、芋ヲホリ食フ、晝ニテモ人ナキトキハ出ト云フ、若州加州等北地ニハ尋常ノ小ナルモノナシ、皆大足ノミヲ賣ル、徑三四寸ナルモノアリト云フ、乾ダコ(○○○)全ク暴乾スルモノアリ多クハ石距ナリ、長サ七八尺ナル者アリ、又刮リ薄片トナスモノアリ、色潔白ナリ、讃州ヨリ出ス、子ヲ藤ノハ(○○○) ナ(○)ト云、播州ノ二見名産ナリ、二三寸ノ長サノ絲ノ如キ者ニ、粟粒ニ似タル者多ク簇リ連リテ、儲ノ花穗ニ似タリ、黃白色ナリ、鹽藏シテ遠ニ送ル"湯(スヒモノ)トナシテ珍トス、此ヲ海藤花ト云フ、一種小ダコハ、十月比多ク京師ニ來ル、故ニ十夜ダコ(○○○○)ト云フ、東醫寶鑑ノ小八梢魚俗名絡蹄ナリ、一種イヽダコ(○○○○)ハ、江戸ニナシ、攝州、泉州、紀州、播州ノ海濱ニテ多ク取ル、絡蹄ヨリ小ク、足共ニ長サ五七寸、或二三寸、腹内ニ白米飯ノ如クナルモノ充滿ス、柑瓤ノ形ノ如シ、俗ニ飯ト呼ブ、漳州府志ニモ俗爲飯ト云フ、全ク煮食味美ナリ、十二月ヨワ出、春中盛ナリ、三月二至レバ味頓ニ減ズ、或ハ糟藏シ、或䱒(シホヅケ)シテ遠ニ送ル者ハ、味鮮ナル老ニ劣レリ、源順ハコレヲ貝鮹ト云フ、是閩書ノ鱆魚、一名望潮魚ナリ、備前ノ片上ニハ、絡蹄ノ大サナル者アリ、ソノ地ノ名産ニシテ他所ニナシ、紅螺(アカニシ)殼ニテトルト云フ、ソノ飯大ナル故ニ切リテ食フ、一種クモダコ(○○○○)ハ形狀イヽダコト同クシテ、腹小ク空クシテ飯ナシ、足細長ニシテ蛛ノ如シ、小ナル者ハ寸許、丹後、但州、越前、加州多クトル、華夷蟲魚考、寧波府志、典籍便覽ノ望潮一名塗嬉ナリ、勢州津ニテアナダコ(○○○○)ト云ハ、形小クシテイヽダコノ如クナレドモ飯ナシ、イヽダコヨリ後レテ出毒アリ、食ヘバ必醉フ、是又一種ナリ、クモダコトイヽダコトハ雌雄ノ如クナレド、モ、國ニヨリテ有無アレバ別種ナルベシ、一種アシナガダコ(○○○○○○)ハ、一名テナガダコ(○○○○○)、マンブク(○○○○)、〈防州〉クチナハダコ(○○○○○○)〈雲州〉形章魚ニ同ジクシテ足最長シ、食ヘバ必醉ヒ、又斑ヲ發ス、是石距ナリ、一名石拒、〈寧波府志〉八帶魚、〈東醫寶鑑、漳州府志、〉八則魚〈山柬通志〉雲州及讃州ニテハ、石距ハ蛇ノ化トコロト云フ蛇化ノコト若州ニ多シ、筑前ニテハイヽダコノ九足ナル者ハ蛇化ト云、八足ノ正中ニ一足アルヲ云フ、石距ノ子ヲシメダコ(○○○○)攝州ト云、

〔延喜式〕

〈二十四/主計〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1550 凡諸國輸調、〈○中略〉乾鮹九斤十三兩、〈○中略〉鮹腊四斤、
凡中男一人輸作物、〈○中略〉乾鮹〈○中略〉雜魚脂各二斤、

〔北山抄〕

〈三/拾遺雜抄〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1550 裏書(大饗) 新任饗〈○中略〉
暑日羞膳次第〈○中略〉
五獻䖣(タコ)〈以下或六獻後、鱗煎物鷄頭草、〉

〔親元日記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1551 文明十三年七月廿五日戊戌、貴殿御進上鴨二、蛸一折、 十五年四月廿日壬午、御方御所樣より五種、〈鯛、佐渡蛸、鹽引、貝蚫、烏賊、〉柳五荷御拜領、五月九日辛丑、兵庫殿御進上、鯛五、干蛸一折、以上長谷へまいる、

〔文祿四年御成記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1551 御二獻 蛸 御五卷小蛸魚 三ノ御膳 蛸 御相伴二ノ膳 蛸 諸大夫衆二ノ膳 たこ 御能之時藥屋本膳 たこ

〔文祿四年御成記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1551 御二獻 小蛸魚

〔四條流庖丁書〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1551 タコキリモルベキ事 タコヲバ前へ置テ可出、扨飯ノ御回(メグリ)ナラバ、如何ニモ薄ク丸ク可切、御肴ニハ少厚ク長ク切ベシ、何ニモイボヲスキ、皮ヲムキテ可切也、

〔日本山海名産圖會〕

〈四〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1551 章魚(タコ)〈○中略〉
越中富山滑り川の大鮹は是亦牛馬を取喰ひ、漁舟を覆して人を取れり、漁人是を捕ふに術なし、故に船中に空寢して待てば、鮹窺ひ寄て手を延、船のうへに打かくるを、目早く鉈をもつて其足を切落し、速に漕ぎかへる、〈○中略〉又、此疣一ツを服して、一日の食に抵(あ)つれども足れりとすなり、この餘の種類、人のよく知る處なればこゝに略す、

烏賊/スルメ

〔新撰字鏡〕

〈魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1551 鷦〈哀都反、鰔伊加(○○)、〉 鰒〈薄角反、伊加、〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01997.gif 〈伊加〉

〔本草和名〕

〈十六/蟲魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1551 烏賊魚、〈陶景注云、鴨烏所化也、崔禹云、垂矼而浮、烏鳥翔欲之、因驚卷捕而殺之、故以名之、〉一名河神之吏、〈出崔禹〉一名河伯度事小吏、〈出古今注〉 和名以加

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龜貝〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1551 烏賊 南越志云、烏賊、〈今按烏賊並從魚作鰞鱡、鱡亦作鰂、見玉篇、和名伊加、〉常自浮水上、烏見以爲死啄之、乃 卷取之、故以名之、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龜貝〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1552 玄應音義引埤蒼云、鰞鰂魚腹中有骨、出南郡、背有一骨濶二寸許、有鬐甚長、口中有墨、瞋則濮人、陶隱居云、此是http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01237.gif 烏所化作、今其口脚具存、猶相似爾、陳藏器云、海人云、昔秦王東遊、棄算袋於海、化爲此魚、其形一如算袋、兩帶極長、墨猶在腹也、蜀本圖經云、背上骨厚三四分、〈○中略〉按説文、鰂、烏鰂魚也、从魚則聲、又載鯽字云、鰂或从卽、是鰂鯽形聲字、其謂之烏者以腹中有一レ墨之故耳、作烏賊假借也、羅願曰、卷取烏、似是理、爲得、但羅氏謂烏所化故名一レ烏者亦非是、

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龜貝體〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1552 烏賊墨 野王案、鰞鰂魚、背有一大骨、腹中有墨、〈和名以加乃久呂美(○○○○○○)〉今案背大骨、卽俗所謂甲(○)也、

〔類聚名義抄〕

〈十/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1552 烏賊魚〈イカ〉

〔下學集〕

〈上/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1552 烏賊(イカ)

〔和爾雅〕

〈六/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1552 烏賊(イカ)〈烏鰂、烏鱡、鷦鰂、墨魚、纜魚並同、〉 明黶〈鹽乾者名明鴦〉 脯鮝(スルメ)〈淡乾者名晡鮝〉 海螵蛸(イカノカウ/○○○)〈烏賊骨也〉 烏賊墨(イカノクロミ/○○○) 柔魚(アヲリイカ)〈與烏賊相似、但無骨、〉 瑣管(シヤクハチイカ)

〔大上﨟御名之事〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1552 女房ことば
一するめ(○○○) よこかみ(○○○○)、する〳〵(○○○○)とも、 一いか いもじ(○○○)
○按ズルニ、和名類聚抄ニハ、スルメヲ小蛸魚ノ一名ト爲セリ、事ハ海蛸條ニ在リ、參看スベシ、

〔東雅〕

〈十九/鱗介〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1552 烏賊魚イカ〈○中略〉 イカの義不詳、大小また其類あり、〈イカとは、イは發語の音にて、カとは其腹内に甲あるを云ひしと見えたり、(中略)閩書に見えし烏鰂類、亦有數種、その柔魚似烏賊而長、色紫、晒乾食之と見えしものは、此にいふスルメイカ(○○○○○)といふ類也、瑣管或云柔魚、第差小爾といふは、此にシヤクハチイカ(○○○○○○○)といふ類也、墨斗似http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00040.gif而小といふは、比にクモイカ(○○○○)といふもの、其小なる蜘蛛に似たるをいふ也、舜水朱氏はスルメとなすものは、柔魚とも梢魚ともいふ、その骨細薄なる者なりと云ひけり、〉

〔秇苑日渉〕

〈八〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1552 魚醬
烏賊醬〈○中略〉 烏賊、説文作鰞鰂、玉篇鰂或作鱡、埤雅曰、烏鰂八足、絶短者集足在口、縮喙在腹、懷板含 墨、一名纜魚、毎大風、遠岸則http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m02015.gif 前一鬚矼、近岸則黏前一鬚纜、癸辛雜識續集曰、世號墨魚、爲烏賊、何爲獨得賊名、蓋其腹中之墨可僞契劵、宛然如新、過半年則淡然如字、故狡者專以此爲騙詐之謀、故諡曰賊云、閩書曰、烏鰂一名墨魚、一名纜魚、大者名花枝、又名海若白事小吏、又名河伯從事、晒乾者閲淅謂之明府、其骨曰海螵蛸、閩小記曰、墨魚一名算袋魚、閩人名之花枝、嶺南雜紀曰、墨魚海豐名http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m02081.gif、較他産脆美、正字通曰、一名黑魚、酉陽雜爼曰奮説名河伯從事小吏、古今注曰、一名河伯度事小吏、事物異名曰、一名河伯、一名兪黝、毛勝水族加恩簿曰、甘盤校尉、〈烏賊名甘盤〉吐墨自衞白事有聲、宜噀墨將軍

〔本朝食鑑〕

〈九/江海無鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1553 烏賊魚〈訓伊加
釋名烏鰂〈源順曰、烏賊並從魚作鰞鱡、鱡亦作鰂、時珍曰、羅願爾雅翼云、九月寒烏入水化爲此魚、有文黑法則、故名烏鰂、鰂者則也、蘇頌曰、南越志云、其性嗜烏、毎自浮水上、飛烏見之以爲死而啄之、乃卷取入水而食之、因名烏賊、言爲烏之賊害也、或曰、此魚水中逐小魚、小魚疾走不之、乍出腹中之黑汁、令水溷黑、則小魚昏迷不動、因食之、故曰烏賊、諸説未詳、〉
集解、江海處處毎采之、自春二三月秋七八月最多、冬月亦尚有矣、形如小囊、口在腹下足上、眼在口上、八足聚繞口之旁、其八足交腿之中間、有白皮包雙黑骨、如菱實之小、或似小烏小鳶、故俗號鳶烏、略與章魚同、有白鬚長過尺、全體倶著淡黑薄皮、皮上有斑肉、白如銀、味甚淡美、背上有一甲骨、狀如兒戯之小舟、又似二箸葉、外如鮫皮之白沙、内似燒鹽之塊、重重有紋、卽是海螵蛸也、烏賊腹有黑汁而如墨淋、古人所謂烏賊之血味亦美也、常噀腹墨水溷黑自衞、以防人害、然漁人識而網采、漁童尖利竹梢、自岸上窺而刺之、又鰂好小鯷及蛤蝦、故作餌而釣之、一種有泥障烏賊者、腹背如障泥、比常之烏賊則稍廣大、而肉軟味亦勝美、
肉、氣味、甘鹹平無毒、主治、益胃補肝、通婦人月經、療小兒雀目、今俗所謂性温動熱、患諸瘡之人、固禁不食、是有試歟、有據歟未詳、若謂風氣則呉瑞日用之説也、
骨、〈卽海螵蛸也、俗曰烏賊甲、〉氣味、鹹微温無毒、〈惡白及白歛附子、能淡鹽、伏礑縮銀、〉主治、瘧痢聾瓔少腹痛、眼翳流涙、前陰痛腫、五淋、小 兒疽疾、婦人肝傷不足血枯血瘕、經閉崩帶、令人有一レ子、〈○中略〉
附方、熱眼赤翳、〈攀晴貫瞳、及風熱攻眼、或血風或流涙不止、用烏賊骨、黃連、黃栢、雀白屎、各等分、辰砂減半、龍腦少計細末、和乳汁鷹羽眼則愈甚妙、〉眼胞生瘡、〈烏賊骨粉、黃栢末各等分、和以楊梅皮煎汁而點之、〉婦人血崩、〈海螵蛸末鹽湯下〉湯火瘡傷、〈烏鰂骨粉爲細末、用http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m02016.gif硏碎作粘、同和匀傅之、〉停耳出膿、〈海螵蛸半錢、麝香一字爲末、以蘆管吹入耳中、〉跌撲出血、〈及金傷血不止、用烏賊骨末之、〉
鯣〈訓須留女〉釋名〈字書音湯赤鱺也、又音亦鱺也、然本朝爲乾烏賊者久矣、假用者乎、宋大明曰、乾者鮝、英瑞曰、鹽乾者名明鮝、淡乾者名晡鮝、鮝音想、乾魚之總稱也、按此鮝者乾烏賊而與今之鯣同者乎、〉
集解、鯣者用太刀烏賊、其腹背狀細長、故名之乎、或號筒烏賊、此亦據形名之、若用尋常之烏賊、則乾肉薄枯色黑、味亦短焉、太刀者乾肉厚肥、色黃白微赤、軟脆而味尚美矣、大抵太刀宜乾、亦宜鮮、常之烏賊宜鮮不乾也、古者混稱烏賊、延喜式神祇民部主計等部、有若狹、丹後、隱岐、豐後貢烏賊、是皆今之鯣也、近世以肥之五島上品、丹後、但馬、伊豫次之、古來用賀祝之饗膳、今亦然矣、源順引崔氏食經曰、小蛸魚訓須留女、此亦同種乎、
氣味、甘温無毒、〈以日爲温〉主治、患噎膈之人食之則寬膈進食、或强筋骨也、
雛烏賊〈訓比伊加〉是烏賊之子也、有黑白二種、黑者常之烏賊子、白者泥障之子也、狀與烏賊同、但背骨細小如芒刺、今作羹食、其味最美、和黑汁及醬而煮、呼號黑煮、凡雛多食則動蟲積、令人惡心、一種身細小而長如竹管、號尺八烏賊、是瑣管歟、猴染亦小烏賊歟、倶南産志載之、

〔本朝食鑑〕

〈十/華和異同〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1554 烏賊
一名墨魚、又名纜魚、日華曰、魚有兩須風波卽以鬚下矴、或粘石如纜、故名纜魚、蘇頌曰、腹中血及膽正如墨、可以書一レ字、若逾年則迹滅、惟存空紙爾、世言、烏賊懷墨而知禮、故俗謂是海若白事小吏也、物類相感志云、烏則過小滿則形小也、南産志曰、又名河伯從事、晒乾者閩淅謂之明府、又曰、柔魚似烏鰂而長色紫、漳人晒乾食之、其味甘美、瑣管、或云、卽柔魚、第差小爾、又有一墨斗鎖管而小、亦能吐墨、又有 猴染、大於墨斗、小於鎖管、此今之太刀(タチ)鰂、障泥(アオリ)鰂、雛鰂之類乎、

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1555 烏賊魚 此類多シ、コブイカ(○○○○)大ニシテ味ヨシ、水イカ(○○○)長クシテ緣ヒロシ、柔魚閩書曰、似烏賊而長、色紫、漳人晒乾食之、其味甘美トイヘリ、是スルメ(○○○)ナリ、骨ウスシ、乾タルヲ多食ヘバ消化シガタシ、凡烏賊性本草ニ益氣强志トイヘリ、柔魚ノ性最然リ、河豚鰹魚ナド一切魚毒ニアタリタルニ、スルメノ手煎ジ服スベシ、瑣管スルメヨリ小ナリ、長ク骨ウスシ、食之柔軟、又サバイカ(○○○○)トモ云、アブリイカ(○○○○○)廣大ナリ、障泥ニ似タリ、ヤハラカニシテ味ヨシ、小イカ(○○○)アリ、凡烏賊魚無人、病人不食、難消化、肉饉トシテ可ナリ、海鰾鮹ハイカノ甲也、藥ニ用ユ、功能多シ、本草可考、世醫云、歷久ヲ用テ尤良、

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈三十/無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1555 烏賊魚 イカ ゴイカ(○○○)〈熊野〉 カウイカ(○○○○)〈加州〉 コブイカ(○○○○)〈霎州〉 マイカ(○○○) 一名甘盤〈水族加恩簿〉 甘盤校尉〈同上〉 黑魚〈事物異名〉 兪黝 河泊 白事小吏〈共同上〉 海若白事小史〈閩書、事物紺珠ニ史ヲ吏ニ作ル、〉 河泊從事〈同上鱉ト同名〉 烏則魚〈山東通志〉 鰾鮹魚〈名物法言〉 小史魚〈通雅〉 銀瓶魚〈同上〉 骨、一名烏鰂骨、〈本經逢原〉 海飄硝〈官邸便方〉 未起骨〈郷藥本草、村家方、〉
イカハ二三月ヨリ七八月ニ至マデ最多シ、冬月尚アリ、身ハ長大ニシテ足ハ小也、形ハ小囊ノ如ク、口ハ腹下足上ニ在リ、雙眼口上ニ在テ相並ビ、八足短シテ珠アリ、口旁ニ聚繞フ、八足ノ中間ニ白皮アリテ雙黑骨ヲ裹ム、小烏ノ形ノ如シ、故ニ俗ニ鳶烏ト呼、ソノ狀章魚(タコ)ニ同ジ、加州ニテコレヲ採リ、風乾スルヲアケボノ(○○○○)ト呼ビ、センバカラシト名テ酒ノ芼(サカナ)トス、八足ノ外ニ白鬚二條アリ、長サ尺ニ過グ、コレヲカクレ足ト云フ、〈○中略〉身ニ淡黑薄皮アリテ、上ニ斑點アリ、肉ハ色白ク銀ノ如シ、味淡美ナリ、皮中ニ一骨アリ、小舟及ビ箬(チマキザヽ)ノ葉ノ形ノ如ク、厚サ三四分、輕虚ニシテ色白シ、外ハ鮫(サメ)皮ノ如ク、内ハ燒鹽ヲ刮ルガ如ク、重々紋アリ、卽海螵蛸ナリ、俗名イカノカウ和方書ニ白龍ト云フ、腹ニ墨汁アリ、墨ノ如シ、味亦美ナリ、〈○中略〉越前加賀ニテ、肉ヲ濶ナ一分許、長サ一寸許ニ切リ、 墨ニ和シ鹽藏ス、イカノ黑ヅクリト云フ、又子腸ヲ鹽藏シ食フ、味極メテ美ナリ、本草滙ニ、烏賊子腸有補腎之功ト云フ、烏賊ハ雨中ニ多ク出、故ニ豫州ノ諺ニ日ダコ兩イカト云フ、漁童竹梢ヲ刮リ尖ラシ、岸上ヨリ窺テ刺シ捉ル、又小魚蝦ヲ餌ト爲テ釣ル、一種コブイカ(○○○○)ハ、形大ニシテ味良ト、大和本草ニ云リ、雲州ニテハ尋常ノイカヲコブイカト云フ、一種ミヅイカ(○○○○)ハ、長クシテ緣ヒロシト、大和本草ニ云ヘリ、筑前ノ人ハ瑣管(タチイカ)ヲミヅイカト云フ、一種アヲリイカ(○○○○○)ハ常ノイカヨリ廣大ニシテ障泥(アヲリ)ノ如シ、肉軟ニ味亦美ナリ、閩書及福州府志ニ、烏賊大者曰花枝ト云ヘリ、熊野ニハ常ノイカニモ、大サ六尺許ナル者アリト云フ、一種ミヽイカ(○○○○)ハ、身短ク濶ク左右ニ緣アリ、赤黑雜靑色ニシテ小朱點アリ、全身大サ一寸許、夏月出、一種ヒイカ(○○○)〈攝州〉ハ、身狹長二寸許、足ト共ニ淺靑色、身ニ小靑點アリ、八九月ニ有リ、〈○中略〉一種シヽボイカ(○○○○○)、〈攝州〉常ノイカノ形ニシテ小ク、身淡黃赤色ニシテ靑黑斑アリ、足ハ紅黑色ナリ、大サ五六分ヨリ一寸四五分ニ至ル、二三月ニアリ、他月ニハ無シ、一種タツイカ(○○○○)〈丹後〉二月ニ甚多シ、身足共ニ長サ三寸、コレヨリ小ナルモノモ多シ、色ハ淡黑ナリ、骨ハ常ノイカニ異ナラズ、先全煠ク時ハ骨自ラ鍋中ニ脱落シ、墨ト腸トハ内ニ結ス、再煮テ食フ、稀ニ内ニ飯アルモノアリ、一種、ハリイカ(○○○○)〈攝州〉體ニ横條アリ、
附錄柔魚、 スルメイカ(○○○○○) スルメ(○○○)〈熊野〉 シヤクハチ(○○○○○)同上體ニ赤黑斑アリ、後ニハ白色トナル、骨ナクシテ、剃刀ノ如キ狹細ナルモノアリ、至テ薄ク光アリテ透徹ス、コレヲ銀ザヽノハト云フ、此イカヲ乾シテスルメトス、常ノイカヲ乾セバ薄クシテ色黑味短ナリ、肥前ノ五島ヨリ出ヅルモノハ、形大ニシテ上品トス、五島ズルメ(○○○○○)ト云フ、是ハアヲリイカヲ用ユト云、丹後但馬ヲ次トス、加州ニテハ、カウイカ〈ツネノイカナリ〉ヲ用テスルメトス、コレヲ五島ト呼ブ、形圓ニシテ肉厚ク味佳ナリ、豫州吉田、石州津和野ニテ製スルモノハ、瑣管ノ大ナルモノナリ、形狹クシテ長サ尺許、厚クシテ味佳ナリ、一種サバイカ(○○○○)〈大和本草〉ハ一名尺八イカ(○○○○)、〈同上〉タチイカ(○○○○)、〈本朝食鑑〉ツヽイカ(○○○○)、〈同上〉タテイカ(○○○○)〈勢州〉サ(○) スイカ(○○○)〈因州〉ミヅイカ(○○○○)、〈筑前〉ヨシミツイカ(○○○○○○)、〈熊野〉形狹長二三寸許ニシテ竹筒ノ如シ、煮ル時ハ骨出テ、良光ノ如木ヲ著スルニ似タリトテ、熊野ノ方言アソ、骨ハ桑魚ト同ジ、是鎖管ナリ、〈○中略〉一種ベ(○○○○)ニイカハ一名ベイカ(○○○)、〈備前備後〉ベカ(○○)〈同上〉マツイカ(○○○○)〈攝州〉身狹ク末微濶ク緣アリ、足ト共ニ色赤シ、足ノ末ハ黑シ、骨ハサヽノ葉ノ如シ、魚ノ大サ二寸ニ過ギズ、八九月ニアリ、是猴染ナリ、

〔食物和歌本草〕

〈一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1557 烏賊(イカ)
烏賊こそは鳥目の藥虫を殺し臍を取卷腹のいたむに、

〔令義解〕

〈三/賦役〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1557 凡調〈○中略〉正丁一人、絹施八尺五寸、〈○中略〉若輸雜物著、〈○中略〉烏賊卅斤、

〔延喜式〕

〈二十四/主計〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1557 凡諸國蝓調、〈○中略〉烏賊十斤、〈○中略〉
凡中男一人輸作物、〈○中略〉烏賊、〈○中略〉雜魚腊各二斤、〈○中略〉
若狹國
調〈○中略〉烏賊〈○丹後、出雲、隱岐、筑前、豐前、亦有烏賊調、〉

〔延喜式〕

〈三十七/典藥〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1557 諸國進年料雜蘂 攝津國卅四種、〈○中略〉墻薇根烏賊骨各四斤、播磨國五十三種、〈○中略〉香孺烏賊骨各十六斤、備前國卌種、〈○中略〉黃蘖烏賊骨各十斤、

〔播磨風土記〕

〈完禾郡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1557 石作里〈本名伊和〉伊加麻川、大神占國之時、烏賊在於此川、故曰烏賊間(イカマ)川

〔祇園會御見物御成記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1557 六こん まきずるめ

〔親元日記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1557 文明十三年四月九日癸丑、貴殿御進上干鯛一折、十烏賊一折、卅以上、廿四日戊辰、淡路殿より明後日之美物進納、鳥三、鯛十、烏賊卅、使石成彦左衞門、

〔文祿四年御成記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1557 與ノ御膳 烏賊 御相伴三ノ膳 生烏賊 御能之時樂屋 三ノ膳 いか

〔續視聽草〕

〈三集二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1557 大烏賊(○○○)
大烏賊乘込之儀承糺、上總國天羽郡金谷村彦三郎海中より取上候、古今稀成大いかニ而、右體之 品中々人力ニては漁事難相成趣御座候、足を鰐ニ喰切られ浮出候を取上候由ニ而、三切ニ致し、去月廿二日、本小田原町一丁め尾張屋次右衞門方へ乘込候旨、尤其節温氣ニ而日數相立多くハ腐候而、取捨候由ニ相聞申候、依之別紙麁繪圖面入御覽申候、此段申上候、以上、
子十一月朔日 町奉行
猶以眞烏賊ニ而者無御座候、あをりいかに御座候哉、 長サ貳間半、横六尺餘、足之丸サ貳尺程、○圖略

〔牛馬問〕

〈四〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1558 一客有て夜話す、一人が曰、我船而海邊を過るに、舟郎が曰、希見事こそ候へ、各見物し給へとて般をとゞむ、其指す所を見れば、大なる蛇岸に臨て水中を窺ふ、水中よりは大なる烏賊、岸に向て蛇を取らんの勢ひ有、兩物間近く成ければ、烏賊波を汲墨を噀て、彼の蛇にそゝぎかくれば、蛇は斷々にきれて、海中に落、見るもの奇と感ぜざるはなし、其後又他に往て夜話す、客の曰、近き比或人烏賊を料理するに、彼もとより庖丁の業に疎ければ、烏賊をあらふの方をしらず、腹中の墨やぶれ、手を添所こと〴〵く黑く、殆俹(アクミ)はてたる折から、彼が兒蝮にさゝれたるとて泣叫、其親大に驚あはて、彼烏賊を捨て走寄、黑き手も不厭、そこ歟こゝ歟と撫摩て、いたはるほどに、此兒も眞黑になりて、痛む所も見へざるに、疼暫時の間に愈て、泣をとゞめ、遊ぶ事常のごとし、皆人不審し、烏賊の墨、蝮の毒を解哉といへり、此兩人の話を聞に、烏賊の墨、諸蛇の毒を解する事疑ひなし、本草に烏賊骨〈海螵蛸といふ〉蝎螫疼痛を治とあれども、墨の能を不載、姑く書して後人に備ふ、

海月

〔本草和名〕

〈十六/蟲魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1558 海月〈貌似月在海中、故以名之、〉凝月〈煮時卽凝、故以名之、〉一名水母、〈水母者、蛇名、形如覆笠無目、蝦入其頭中目、出崔禹、〉 和名久良介(○○○)

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龜貝〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1558 海月 崔禹錫食經云、海月一名水母、〈和名久良介〉貌似月在海中、故以名之、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龜貝〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1558久良介輔仁、新撰字鏡http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m02017.gif 同訓、古事記久羅下、卽是、〈○中略〉本草和名引同、興化府志云、博物記云、晨風爲http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01479.gif 、海月爲水母、與崔氏所一レ云合、文選江賦、海月水母兼擧、注引南越志 云、海岸間頗有水母、東海謂之蛇、正白濛々如沫、生物有智識耳且、故不人、常有蝦依隨之、蝦見人則驚、此物亦隨之而沒、食經所謂水母卽是、文選注文又引臨海水土物志云、海月大如鏡、白色正圓、常死海邊、其柱如搔頭大、中食、不食經海月

〔下學集〕

〈上/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1559 海月(クラグ) 水母(カリクラグ)

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈三十/無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1559 海蛇 クラゲ 一名借眼公〈水族加恩簿〉 同體合用功臣〈同上〉 海噬〈典籍便覽〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m02018.gif 〈事物紺珠〉 槎潮〈同上〉 鮓魚〈事物異名〉 水母仙〈同上〉 乍魚〈八閩通志〉 白皮子〈藥性纂要〉
朱氏雜記ニ、生名爲水母、乾http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m02019.gif 則卽爲海哲ト云、廣東新語ニ、乾者爲海蜇、八月間乾者肉厚而脆、名八月子尤美ト云フ、事物紺珠ニ、蛇線及ビ水母線ヲ蛇鬚ノ異名トス、彙苑詳註ニ、水母線海物也、澄瀾挺質、凝沫成形、號水母線、閩人謂之蛇ト云フ、皆非ナリ、水母ハ泥海ニ生ズ、故ニ備前筑後ニ多シ、江戸ニハ無シ、形ハ覆荷葉ノ如ク、水垢ノ凝結スルニ似タリ、波ニ隨ヒ潮ヲ逐ヒ海面ニ浮ブ、眼口ナク手足ナシ、廣東新語ニハ、有口無目トイフ腹下ニ物アリ、絲絮ノ如ク長ク曳ク、コレニ魚蝦多ク隨フ、コノ物蝦ニヨリテ往來ス、水母ハ自ラ動クコト能ハズ、故ニ水母目鰕ト云、〈○中略〉味淡ク微腥ニシテ佳ナリ、生ナル者ヲトリ櫟(クヌギ)ノ葉ヲキザミタルヲ雜へ、桶ニ入、水ヲイレ、蓋ヲ掩ヒ置キ、時々水ヲ換ル時ハ、久クシテ敗レズ、又一法、水ヲ用、鹽四合ヲ加へ淹ス、久クシテ敗レズ、 トウクラゲ(○○○○○)バ、廣東新語ノ海蜇ナリ、舶來アリ、色黃白ニシテ薄ク葦ノ如ク形圓ナリ、細ク切リ、薑煎酒ヲ以テ食フ、味淡シ、嚼テ聲アリ、今本邦ニテモ製ス、白礬(メウバン)水ヲ用テ淹シテ、簾上ニ攤乾(ヒロゲ)スレバ、白色トナル、〈○中略〉一種水母、色赤キ者アリ、アコーラ(○○○○)〈備前〉ト云、形傘ノ如クシテ、細長ノ紐多シ、觸レバ斷落シヤスシ、若手誤テソノ身及紐ニフルレバ、甚ダ疼痛ス、
總州銚子浦ニハ、ナマクラゲ(○○○○○)、〈紅絲アリ〉アヲクラゲ(○○○○○) シロクラゲ(○○○○○) ヤナギクラゲ(○○○○○○)等ノ品アリ、一種ミヅクラゲハ、海上ニ浮游ス、泥海ニハナシ、形圓カニシテ色白ク光アリ、絲ヲ曳キ魚蝦コレニ 附ク、四ノ黑點アリ、卽足ナダ、攝州尼崎ニテハ索麪クラゲト呼、防州且村ニテハ、ブツツウクラゲト云、雲州ニテハ、 ドウクハンクラゲトイフ、食フベカラズ、楫ヲ以テ掠メ取リ、沙上ニ擲ツ時ハ、膨脹シテ氷玉ノ如シ、松前ニハ大サ三寸許ニシテ、紫色ナル者アリ、又土州羽根浦ニ、フグト云モノアリ、〈河豚ノ方言ハフグト云フ〉ミヅクラゲニ同クシテ、中ニ鍼ヲ藏ス、若螫サルレバ、甚人ヲ害ス、又備前兒島及勢州ニ、ミヅクラゲト形狀同ジクシテ、肌滑ナラズシテ小ク、色紅ニシテ血道ノ如キモノアリ、若シ誤テ此物ニ觸ルレバ、蕁麻(イラグサ)ニ螫レタルガ如シ、薩州ニテ イラト云フ、

〔古事記〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1560 天地初發之時、於高天原成神名、天之御中主神、〈○中略〉次國稚如浮脂、而久羅下那洲多陀用幣琉之時、〈琉字以上十字以音〉如葦牙蒔騰之物、而成神名宇麻志阿斯訶備比古遲神、〈此神名以音〉

〔古事記傳〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1560 久羅下(クラグ)は、和名抄に、崔禹錫食經云、海月一名水母、貌似月在海中、故以名之、和名久良介とあり、此物海中を漂蕩ひ行く物にて、其形晝晴たる天(ソラ)に月の白く見ゆるに甚よく似て、信に海月と名けつべきさましたる物なりとそ、〈○下略〉

〔元亨釋書〕

〈四〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1560 釋勸修、姓紀氏、父母禱佛神子、母夢星光入懷、覺而孕、自稚孩肉、不戯劇、家人戯以海月口、兒乃病數日生瘡、其形宛如海月、父母驚歎、誓曰、此瘡速差、奉兒於三寶、言已而痊、〈○下略〉

〔海道記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1560 海月は、潮のうへに水にうつるかげともに、これうき世を論じて、人をいましめたり、
浪のうへにたゞよふ海の月もまたうかれ行とぞ我を見るらん

〔延喜式〕

〈三十一/宮内〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1560 諸國例貢御贄〈○中略〉 備前國〈甘葛煎水母〉

〔類聚雜要抄〕

〈一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1560 一母屋大饗
同饗應差圖 海月

〔甘本山海名産圖會〕

〈五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1560 水母〈一名借眼公 海舌〉
諸州に産して備前殊に名産とす、又唐水母、朝鮮水母と云は、肥前に産す、元は異國より長崎へ傳 送せし物なれば、かく號り、今は本朝にも其法を覺えて製し、同く唐水母と稱す、其製法は石灰と明礬とに浸し晒して、血汁をされば、色變じて潔白なり、又備前は櫪の葉を少し炙り、臼にて舂き、鹽水に和し浸すなり、其外數種あり、中にも水々母、又色黑き物赤きものは皆毒ありとて、漁人これを採事なし、
形は蓮の葉を覆ひたるが如く、其邊に足の如き物めり、色は紅紫にて、眼も口もなく腹の下に糸のごとく、絮のごとく長曳く物あり、魚蝦かならず是に隨附す、俗にこれが眼を借りて游ぐともいへり、故に借眼公の名あり、〈○中略〉是を採るには、九月十月の頃、海上に浮漂ひて流るを、舟より攩(タマ)網を以て採る、波荒き時は礒へうちあぐるもあるなり、

〔類聚雜要抄〕

〈一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1561 一仁和寺殿競馬行幸御膳幷御遊酒肴事〈○中略〉
次御酒肴五種〈蚫、干鳥、蛸、小鳥、海月、大盤居之、〉

〔大草殿より相傳之聞書〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1561 一海月切樣は、いかにもながくきりてよし、あへ候は、けしとはじかみと、かつをを三ツ 一ツにしてすりて、すこしすにてあへ候、またすたてを又さし候、酒にてあへたるもよし、一方のれうりによるべし、くらげをあらひ候時は、先一あらひ仕候而、其後こぬかをふり掛ケ候て、もみあらふ也、其後きりて、又よき酒にてもあらふ也、其後あへ候、

〔四條流庖丁書〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1561 一海月之事、差ミ海月ノ時モ、酷ハクルミ醋ニテ參ラスベシ、アへ海月ノ時モ、クルミ酢ニテアエテ可參候、〈○下略〉

〔よめむかへの事〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1561 一しき三こんのとゝのへの事〈○中略〉
一ひきわたし くらげ〈かはらけわなし○下略〉

〔厨事類記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1561 海月ハ或説云、酒ト鹽トニテ、メデタクアラヒテ、方ニキリテ、鰹ヲ酒ニヒタシテ、其汁ニテアラフベシ、酢イルベシ、キザミ物〈ハジカミ〉イルベシ、キカバトテ、橘皮ヲモサス也、故實晴時ハ、タヾ 細ク切テ、ソクヒニテ打違天盛之、

〔後葉和歌集〕

〈十/物名〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1562 くらげを海の月といふよし、人の申しけるを聞て、 祭主親定母
ふかくすむちひろのそこもみるべきにくらげにみゆる海の月哉

〔夫木和歌抄〕

〈二十七/海月〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1562 家集戀歌中 源仲正
我戀は海の月をぞ待わたるくらげのほねにあふ夜ありやと

海鼠

〔本草和名〕

〈十六/蟲魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1562 海鼠〈出崔禹〉 和名古(○)

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龜貝〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1562 海鼠 崔禹錫食經云、海鼠〈和名古、本朝式加熬字伊里古(○○○)、〉似蛭而大者也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龜貝〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1562古依輔仁、今俗呼奈万古、對熬海鼠立稱也、熬海鼠見延喜大神宮、主計寮、大膳職、内膳司、主膳http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m00023.gif 等式、閩小記云、土笋、卽沙噀也、謝在杭作泥笋、樂淸人呼爲沙蒜、寧波府志云、沙噀、塊然一物如牛馬腸臟、頭長可五六寸、胖軟如水蟲、無首尾、無目無皮骨、但能蠕動、觸之則縮小如桃栗、徐復擁腫、土人以沙盆、揉去其涎腥、雜五味之、脆美爲上味、輔仁源君所云古可以充沙噀、其生者俗謂之奈末古、賭者云伊利古、伊利古者海參也、類腋云、呉偉業海參詩、莫辨蟲魚狀、休疑草木名、但將滋味輔、勿藥養餘生、注、海參産登萊海中、五雜組云、其能温補、足人參、故曰海參、遼東海濱有之、一名海男子、醫林四書云、海參出海中長岐島、夷人稱海蛆黑白二色、長二三寸、大寸許、周身有肉刺、而黑者爲佳、一種無肉刺色帶白、名曰肥皂參、次之、村瀨氏曰、長岐印長崎之誤、蓋漢人不伊利古之製、海舶歲來長崎之、因名曰海參、海蛆亦當海鼠、〈○中略〉醫心方引云、貌似馬蛭、而大者五六尺、小者一二尺、體上小角連數十枚、如革囊而䱛縮、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m02020.gif 々膨々者、是也、按貌似馬蛭四字句、而大者五六尺六字句、源君節引失句、下總本者下有也字、廣本同、嶧山君曰、寧波府志抄噀、可以充一レ古、今俗呼奈万古、食物本草海參、可