鯛/名稱

〔新撰字鏡〕

〈魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1369 鯛〈都聊反、太比(○○)、〉 鱧〈禮音太比〉

〔本草和名〕

〈十六/蟲魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1369 鯛〈音徒聊反〉又有尨魚、〈治體相似、出崔禹、〉和名多比、

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1369 鯛 崔禹錫食經云、鯛〈都條反、和名太比、〉味甘冷無毒、貌似鰤而紅鰭者也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1369 按説文、鯛骨端脆也、非此義、玉篇廣韻竝云、魚名、是蓋崔氏所云者、又按崔氏狀鯛云、似鰤而紅鱗、其爲太比疑、西土後世所謂棘鬣卽是、閩中海錯疏、棘鬣似鰤而大、其鬣如棘紅紫、嶺表錄異名吉鬣、泉州謂之鬐鬣、又名奇鬣

〔類聚名義抄〕

〈十/承〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1369 尨魚クロタヒ 平魚タヒ 鯛〈音貂タヒ〉魴〈音方タヒ〉 鰟〈或〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01892.gif 〈タヒ〉

〔伊呂波字類抄〕

〈知/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1369 海鯽〈チヌ〉

〔同〕

〈太/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1369 鯛〈タヒ〉

〔和爾雅〕

〈六/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1369 棘鬣(タイ)魚〈奇鬣、吉鬣、赤鬃、赤鯮並同、〉 紅魚(タイ) 赤女(アカメ/○○)〈江魚之名也、見日本紀、〉 烏頰魚(スミヤキタイ/○○○)〈閩書〉 黃穡魚(ハナヲレダイ/○○○)〈閩書〉 海鯽(チヲ)〈閩書〉尨魚(クロダイ)〈與海鯽相似而不同〉 金線魚(マトヨリダイ/○○○)

〔日本釋名〕

〈中/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1369 鯛 たいら魚也、其形たいら也、故に延喜式に平魚とかけり、又俗語にひら(○○)と云〈或曰、棹尾(タヒ)道味(タヒ)魚朝鮮の名也、〉

〔東雅〕

〈十九/鱗介〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1369 鯛タセ 舊事紀に天孫の尊の、海神の宮に赴き給ひし時の事共、しるされし所に見えし魚の名、赤女卽鯛也としるされだり、古事記にはまた赤海鯽魚としるし、日本紀にしるされし 所も、舊事紀の如くにして、一説に赤鯛としるされしをば、讀てアカダヒと云ひしなりさらば此物の名は太古の時には、アカメといひしを、後にはタヒと云ひし也、アカメといひしは、アカは卽赤也、メとは太古の俗禽魚類を呼ぶに、メと云ふ詞をもてせし常の事也、また後にタヒとよびし事は、三韓の方言によりしと見えたり、卽今も朝鮮の俗、此魚を呼びてトミと云ひ、道味魚の字を用ゆ、其トミといふは、彼國のいにしヘタヒと云ひし語の轉ぜしなり、〈(中略)鯛の字をもて魚名とせしは、禹錫食經の外には、廣益玉篇に鯛魚名と注し、鄭望膳夫錄に、鱠莫於鯽魚、鯿魴鯛鱸次之と見えしのみなり、其餘訓詁之書の如きは、鯛字或は收め或は收めず、禹錫食經旣に失ひたれば、其全書を、見るに及ばず、倭名鈔に引用ひし所をも、世の人疑ふ事に成たり、我幼き頃ほひに、或人閩書の南産志に、嶺表異錄、興化志、宋志、海錯疏等を引てしるせし、棘鬣、吉鬣、髻鬣、奇鬣、過臘などいふ名ある者をもて、此にタヒといふもの卽是也といひし程に、其後にまた正字通を考るに及びて、其注せし所の如きは、鯛舊注引説文、骨魚脆也、按長箋它魚不然、疑爲鱏魚、宜鱏魚、鼻端脆骨と見えしかば、遂に鯛字をもて、魚名とする事、所出未詳などいふになりたり、説文に見えし所の如きも、其文全しとも見えず、或は殘缺の字ありしも知るべからす、我國の如きは、太古の時にありて、旣に此物の名聞えたりけり、漢にしても亦然ぞあるべき、さらば宋時南方の俗、名づけ云ひしな待て、始て其名ありぬべしとも思はれず、古にいふ所の鯛魚、宋時の俗呼びて棘鬣といひ、明の世に至て、吉鬣髻鬣奇鬣、過臘等の名ありしは、又各其方言に依りしとこそ見えたれ、閩書等の者に見えし所も、棘鬣似鯽而大、其鬣如棘、紅紫色と見えたり、禹錫食經にも、似鯽而紅鰭者也といひき、これかれしるせし所異なりとも見えず、〉

〔隨意錄〕

〈五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1370 鯛都僚切、又丁聊切、並音雕、字書唯云魚名、亦不何魚、方俗訓曰多伊、予〈○冢田虎〉汞嘗之解、南嶺子云、日本書紀書海鯽魚、〈仲哀紀〉延喜式稱平魚、閩書之棘鬣魚也、今俗用鯛字、取乎平魚以爲多伊、蓋略多伊羅之方言也、

〔物類稱呼〕

〈二/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1370 棘鬣魚たひ 豐前にてへいけ(○○○)と稱す、蟠龍子曰、鯛をへいけと云は、平魚なるべし、延喜式に平魚、今按に東武にて辨慶鯛(○○○)といふ物を、肥前唐津などにては、へいけと呼、又土佐の海にへうだひ(○○○○)と云、其子をへうご(○○○)と云有、是も平魚の轉語なるべし、
櫻鯛(○○)〈堺鑑に、櫻鯛泉州堺の名産なるよし見えたり、東武にても櫻の花盛の頃此名有、〉麥藁鯛(○○○)、中國四國ともに四月出る鯛を云、前の魚(○○○)、津の國にて稱す、〈攝州西宮社前の海上にとる物を前の魚と呼、東武にて江戸前うなぎと云が如し、〉甘鯛(○○)、畿内西國、東武共にあまだひ(○○○○)と呼、出 雲にてこびる(○○○)といふ、關東にて興津鯛(○○○)と呼、〈駿州興津にて多く是をとる、鱗に富士のかたち有と云つたふ、〉
鳥頰魚くうだひ(○○○○○○○) 東武にてくろだひ(○○○○)と云、畿内及中國九州四國ともにちぬだひ(○○○○)と呼、
此魚泉州茅渟蒲より多く出るゆへ、ちぬと號す、但しちぬと尨魚(くろだい)と大に同して小く別也、然ど も今混じて名を呼、又小成物をかいず(○○○)と稱す、泉州貝津邊にて是をとる、因て名とす、江戸にて は芝浦に多くあり、

〔大上﨟御名之事〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1371 女房ことば
一たひ おひら(○○○)

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1371 鯛〈都條反音彫〉
釋名、赤女、〈訓阿加米、日本紀、〉平魚、〈延喜式〉櫻鯛、〈日本紀神卷、所謂彦火火出見尊失兄鉤、後探赤女口而得之、赤女卽赤鯛也、延喜式大膳有雜平魚平魚楚割、至今後宮妃嬪呼鯛曰御平也、歌書謂、春三月櫻桃花開而漁人多採之、故曰櫻鯛也、〉集解、鯛本朝鱗中之長、形色倶可愛、在水中則紅鱗動光、自古供宗廟之祀、薦至尊之膳、從在之國之、故神祇大膳内膳等式悉載之、或曰、能通神靈、永壽無疆、然通家爲例、而冠昏大饗之餽贈必用之規祝焉、但備前之國俗不美、此憎神皇之鉤、其謬迷可笑焉、于今四方江海有之、大者四五尺、小者一二寸、倶味甘美、大者噉人、蜑婦必腰帶小刀而拒之卽去矣、漁人多釣之、或擧網得之、名其網地引、又曰卷網

〔本朝食鑑〕

〈十/華和異同〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1371
接字書鯛都僚切、音彫、骨耑脆也、或曰、魚名、唐崔禹錫初明魚名曰、鯛似鯽而紅鰭者也、閩書南産志有棘鬣魚卽鯛也、曰似鯽而大、其鬣如棘紅紫色嶺表錄異名吉鬣、泉州謂之髻鬣、又名奇鬣、或曰過臘、莆人謂之赤鬣、興化志曰、赤鬃似棘鬣而大則二魚也、宋志棘鬣與赤鬃味豐在首、言味豐在眼、十月味尤佳、淅人屠本畯海錯疏、過臘頭類鯽、身類鱖、又類鰱、肉微紅味美、尾端有肉、口中有牙如鋸、好食蚶蚌、臘 來春去、故名過臘、今考之則紅紫棘鬣者、江都漁市謂小瀧之類乎、赤鬚謂御前魚之類乎、本邦四時倶采鯛、就中三四月最多、此與過臘相乖矣、然據土地而殊乎、南産志方頭者甘鯛也、黃穡者鼻折鯛也、烏頰者黑鯛、而崔民所謂尨魚也、海鯽者知奴(チヌ)鯛而黑鯛之屬也、中華北地無之乎、韓人亦不之、

〔和漢三才圖會〕

〈四十九/江海有鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1372 鯛(たひ)〈音彫〉 棘鬣 奇鬣 吉鬣 赤鬃 平魚延喜式 和名太比
按、俗謂扁者平、〈太比者平字訓下略〉本草綱目三オ圖會等不之、可知中華希有之物也、近世淅江寧波海 中有之、蓋春夏唐船多來朝時、鱰〈比伊乎、又云志比良、〉附舶來矣、秋冬歸帆時、此地鯛附舶多渡唐焉、
鯛形似鯽而扁、其鱗鬣淡赤白、離潮則變赤、鬣特紅、其肉白味美、最爲本朝魚品之上、四時共多、諸國皆有、種類亦多也、大抵一二尺、其小者一二寸、名加須吾鯛(○○○○)
攝泉之内海所取者、總稱前之魚之、播州明石浦之産亦佳也、北國新潟邊之産有大者三四尺、西海對馬邊之産形短眼大也、並味不攝播之鯛也、〈○下略〉

鯛種類/鯛産地

〔延喜式〕

〈三十一/宮内〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1372 諸國例貢御贄 和泉國〈鯛、鰺、〉

〔延喜式〕

〈三十九/内膳〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1372 年料 和泉國〈鯛鰺○中略〉伊勢國〈鯛春鮓二擔廿籠二度○中略〉丹後國〈(中略)小鯛腊一石二斗○中略〉讀岐國〈鯛鹽作廿隻○中略〉大宰府〈(中略)鯛醬四斗八升二缶○中略〉 右諸國所貢、並依前件、仍收贄殿供御

〔毛吹草〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1372 駿河 澳津鯛 淸水鯛 武藏 鯛 上總 鯛 若狹 鼻折小鯛 備後田島鯛〈三月大アミニテ多取也〉 安藝 野路浮鯛 紀伊 鹽鯛 讃岐 魚島鯛 肥前 野茂小鯛 肥後 長洲腹赤鯛〈ヤキタイニシデ、京江戸ニ遣ス、〉

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1372 鯛〈○中略〉
集解、鯛、〈○中略〉四方江海有之、〈○中略〉就中攝州西宮社前海上菜者曰前魚(○○)、是神前之魚故也、毎歲十月二十日、近境群漁釣鯛以奉供西宮之社壇而祭神、其鯛形平圓色鮮紅肉脆白味極美、佳賞不言、世人最珍之、其餘駿豆相總越佐讃豫藝播紀泉諸州最多、筑之九州亦多、倶以前魚同稱前魚勝、一 種有頭角鼻直而如拆者、曰鼻折鯛(○○○)、一種有鱗色不紅潤而帶微黑、形扁長而頭不圓、略類尨魚、味亦不佳、江都漁市名旦小瀧鯛(ヲタキ /○○○)、是總之小瀧所産也、一種形色如常、有肉中大骨節邊著瘤子、俗所謂諸海之鯛、過阿波鳴戸灘、而骨勞則生瘤未果然、一種有頭角扁小而嘴尖鱗鬐淺紅者、比鯛則細小、不過一尺餘許、然味極甘美、肉亦脆白最無毒、而久痾之人亦食之無害、江都盛賞之、名曰甘鯛(○○)、或曰奧津(○○○)鯛、是駿之奧津多産也或曰甘鯛之大者、色帶白而味不美、此謂白皮甘鯛(○○○○)、兩種甘鯛京師亦有之、自住吉泉界來名曰久志鯛(クジ /○○○)、是名義未詳、一種有小鯛而鱗鰭紅自頭後尾前一條銀絲、曰絲績鯛( ヨリ /○○○)、味亦稍美、一種形類小瀧、而鱗紋如鵰尾之斑、名曰鵰羽鯛(○○○)、一種淡紅嘴如笛形、曰笛吹鯛(○○○)、味最下品也、一種鱗有五色錦紋形如鰈魚而肥大七八尺許者、名曰錦鯛(○○)、此江都漁市亦所稀有、偶有之則見者如堵、價十倍也、若斯之類不勝計、今記其近而已、〈○中略〉
黑鯛(○○)、〈一名尨魚〉今按和名載崔禹錫食經曰、花魚與鯛相似灰色是也、鱗鰭頭尾光如鐵鉛之磨、其味稍美有毒、但民間之食而不至官家之庖、最下品也、或曰、呼尨魚之小者知奴鯛(チヌ /○○○)、日本紀神功后自角鹿停田門、食於船上時、海鯽(チヌ)魚多聚船傍、源順曰、海鰤訓知沼、然則日本紀海鰤者今之知奴(チヌ)鯛乎、一種色略似黑鯛而長尾者號曰海頭(○○)、訓加比豆、最有毒、漁人漫食之、必醉如酲也、一種似黑鯛而眼大、形肥色暗紫曰夷鯛(○○)、俗稱西宮夷三郎所一レ釣也、一種似黑鯛而小不四五寸許者、有黑白横紋相家重重不混雜島鯛(○○)、一種色似黑鯛而鰭長曰炭燒鯛(スミヤキ /○○○)、其腸甚有毒、誤食之則發熱如燔、醒後遍身皮膚壞爛、一種色黑肉硬、齒如人之齒石鯛(イシ /○○)、一種色黑鰭長頭大眼繊如野猪頭猪鯛(○○)、六種倶味不佳、極下品而民間亦疎之也、
藻臥魚〈訓如字、名義不詳、〉附加牟鯛(○○○)〈○中略〉
一種有加牟鯛者、頭大堅鱗柔薄、色淺赤帶金色、其味者不佳、故倶爲民間之供也、

〔魚鑑〕

〈下〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1373 たい〈○中略〉大は二尺餘小は一二寸、かすごといふ、生煮ともに味ひ美し、四時ありとはい へど、櫻花盛りのころ長美しよつてさくらだい(○○○○○)と稱ふ、種類しげし、ゑびすたい(○○○○○)暗紫色なり、くちみだい(○○○○○)常のたいに比ぶればその口尖る又くだいかんだい(○○○○○○○)、へだい(○○○)、小正だい(こせう /○○○○)、しまだい(○○○○)、又石だい(○○○)ともいふ、すじだい(○○○○)、はなをれだい(○○○○○○)等みな味ひ劣れり、

〔浪花の風〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1374 魚類は江戸よりも澤山なり、味ひは其種類によりて甲乙あり、鯛抔名物ゆゑ、西宮(○○)の邊にて漁せしもの味ひよろし、

〔攝陽群談〕

〈十六/名物土産〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1374 櫻鯛(○○) 住吉郡境浦ニアリ、夫木集和泉國ニ比ス、今攝泉ニ懸テ網之、春ヨリ夏ニ至リ、多ク捕得ルヲ以テ世ニ號之事非也、當浦ノ鯛厚味ニシテ鱗ノ櫻色成ニ因テ號タルノ所樽タリ

〔雲州消息〕

〈中本〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1374給枝柹甘於蜜房、人丸之姓知所以乎、况櫻(○)鯛柳鯖可春遊、三種之物、千金還輕、某謹言、
乃刻 右京大夫藤原

〔詞花和歌集〕

〈九/雜〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1374 花をゝしむ心をよめる 大藏卿匡房春くればあちかたのうみ一かたにうくてふいをの名こそをしけれ

〔八代集抄詞花集〕

〈九〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1374 春くればあちかたの 櫻魚なるべし、〈○中略〉櫻咲比鯛數不知浮び寄を取を櫻鯛と云也、

〔赤染衞門集〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1374 梅の花にかざして人のおこせたりしに、香のわうかりしかば、
春ごとに櫻たひ(○○○)とそきゝしかど梅をかざせるかぞつきにける

〔橘庵漫筆〕

〈二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1374 攝南今宮村(○○○)は、往古は御厨子所へ日々供御の料の魚調進の處なり、由緖有ところにて、現在も諸役御免なり、然る例によつて今に不絶、正月十三日には、上御所、院御所、執柄家へ大鯛を獻上す、村長差添、兩人大紋を著し參内す、事濟て京兆尹兩御奉行所へ御禮を遂て歸村す、此一 件古式有とかや、

〔甲子夜話〕

〈五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1375 或人ヨリ聞ク、駿海産ノ甘鯛ヲ生干ニシタルヲオキツ鯛(○○○○)ト稱シテ名品ノ一ナリ、今ハ興津鯛ト書テ、興津ノ産ナリト覺ユル人モアルハ誤ナリ、是ハ駿城ニ烈祖ノ在ラセラレシトキ、奧女中ノオキツト云シモノ、宿下リシテ戻リタルトキ、生干甘鯛ヲ獻ジタリ、殊ニ御口ニ協ヒ、戯ニオキツ鯛ト御諚アリシヨリ名高クナリ、其地ニテ專ラオキツ鯛ト呼ニ至レルコトナリトゾ、カヽルコトサへ轉訛多キモノナリケリ、

〔橘庵漫筆〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1375 京師へ出る若狹小鯛(○○○○)と稱するものは、たとへば飯蛸の夫限に而、大きくならざる如く、それ限の小鯛なり、鯛の中に別種なり、年始に用ふる對馬小鯛は、常の鯛の子なり、小鯛ならず、依て風味を若州のものとは大に相違せり、無鹽にて京大坂に小鯛と稱する物みな鯛の子にして小鯛ならずと若狹の人はいへり、

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1375 尨魚 崔禹鋭食經云、尨魚、〈和名久呂太比(○○○○)〉與鯛相似而灰色、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1375 本草和名鯛條載尨魚云、治體相似、出崔禹、按似鯛灰色者、今關東謂之久路太比、關西謂之知沼(○○)、辨色立成海鯽魚亦當尨魚、別爲二似非、然關西有一種呼久路太比、與知沼自別、源君所擧或指是久路太比耶、

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1375 海鯽 辨色立成云、海鯽魚〈知沼(○○)、魚見下文、〉

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1375 按仲哀紀有海鯽魚多比、雖其訓不一レ同、然有魚字是可證、〈○中略〉按閩中海錯疏、烏魚似鰤而大、尾鬣倶黑、力能跋扈、是可以充知沼也、

〔出雲風土記〕

〈島根郡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1375 凡南入海所在雜物、〈○中略〉鎭仁(チニ/○○)、

〔出雲風土記〕

〈秋鹿郡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1375 南入海、春則有鯔魚、須受枳、鎭仁(チニ/○○)、鰝鰕等大小雜魚

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1375 鬼鯛(○○) 丹後ニアリ、如石堅シテ不食、只爲床頭玩物

鯛利用

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1376 鯛〈○中略〉
肉、氣味、甘温無毒、〈崔禹錫食經曰、味甘冷無毒、予平野必大)按多食之、令人患熱瘡癬疥、若嗜之久食則生癰疽痰火熱積、然則性温者明矣、自王侯以下至商農、干日食之而被毒者少焉、故曰毒、〉王治、煮食炙食共能益人補五臟、温中滋氣血、常食而悦顏色、侖人延壽、潤肝腎調腸胃、治久洩虚痢、痢水氣腫滿、或作膾與生薑山葵同食則利胸膈、開胃進食止虚潟、〈○中略〉
頭及鰭尾、燒食則香美可愛、
眼胞眼眶肉、或煮或燒食之、則佳味不言、
腹腴腸倶味殊美、〈兮以腸作醢醬、或以子合之味逾美、同爲珍賞、就中以攝泉豫讃之産上品、延喜式大膳謂、大宰府獻梁作鯛醬此類乎、凡筑紫諸州亦鯛多而美也、故泉攝海人運米穀于海西、鬻壹對日薩之市、歸時買生鯛數百、用大鍼魚背、皆深秘不其穴、生入大竹籃舷浸水、魚猶活潑于水中而不死、或作醬淹歸來傳送于京師江都、而大求其利、近世皆若斯爾、〉子多食之令人嘔吐、有蟲積者可之、〈遠來者以鹽收之、故多以靑魚孑而混之味最減、〉干鯛、〈白者爲上、黃赤次之、〉延喜式内膳有之、今世多用爲嘉儀之贈、公私相同、故商賈以爲貨〈本朝毎歲始千門萬戸令雙靑松雙靑竹相對而立上横引于注運繩、而中間懸于干鯛雙尾海老煮紅一箇及橙橘白柿昆布海藻裏白讓葉等數品、官家用大干鯛、其餘中小任意用之、號曰懸鯛、是祝壽耶、辟邪耶、未何然、但我邦之舊流例也、〉

〔武家調味故實〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1376 一このみてまいるべき物、〈○中略〉たい、

〔庖丁聞書〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1376 一出門に用る魚鳥、〈○中略〉鯛、

鯛事蹟

〔古事記〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1376 海神悉召集海之大小魚問曰、若有此鉤乎、故諸魚白之、頃者赤海鯽魚於喉鯁、物不得食愁言、故必是取、於是探赤海鯽魚之喉者有鉤、

〔日本書紀〕

〈二/神代〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1376 海神乃集大小之魚逼問之、僉曰、不識、唯赤女〈赤女鯛魚名也〉比有口疾而不來、固召之、探其口者、果得失鉤、〈○中略〉
一書曰〈○中略〉時海神便起憐心、盡召鰭廣鰭狹而問之、皆曰不知、但赤女(アカメ/○○)有口疾來、亦云、口女有口 疾、卽急召至探其口者、所失之針鉤立得、於是海神制曰、偁口女(クチメ/○○)從今以往、不餌、又不天孫 之饌、卽以口女魚、所以不進御者、此其緣也、

〔古事記傳〕

〈十七〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1377 此一書、上には赤女と云て、下に口女といへるはいかに、初に赤女とあるは、口女を寫誤れるに、や、また亦云口女云々の注も心得ず、こは一本にかくありしを、後人の注せるにや、

〔年々隨筆〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1377 魚は何よりも鯛よろし、神代紀に、赤女比有口疾云々、注に赤女鯛魚名也、〈○中略〉日本紀のおもても、まづはたひの、事とみえたれば、御饌にたてまつらぬにやあらん、かうたぐひなくうまきものゝくちをしき契なりけり、しかれども御元服の理髮の大臣、干鯛を奉る事あり、今もつねに奉るときく、かた〴〵いぶかしき事也、こゝに正明おもふ事あり、尾張國知多郡の浦々、篠島ひまり島などにてとる魚にヂンメ、ヂンナメ、アイナメ、アカメ(○○○)、クヂメ(○○○)などめといふ魚なほ多かり、これらみな藻魚の種類にて、たひよりは味淡く毒なき小魚ども也、〈○中略〉そのアカメは赤もど、こともいふ、紅色にて三四五寸ばかりあり、江戸にても常みる物也、クヂメは淡黑色なり、くうもどこともいふ、赤女と口女とは、鯛と黑だひとのごとし、さて又一種今やがて赤鯛ともいひ、又めだひともいふ物有、〈○中略〉これすなはち赤女の大品にて、味淡く藻魚の屬なり、鯛の種類にはあらず、その口の大きにひろごれるは、かい探られし故にもやあらん、はかなき方言を據にすなれど、やがてあかだひといふ事もあると、めだひと鯛女とかよひてきこゆると、赤女がその小品なると、口女がその種類なると、かた〴〵よしありげなり、さて又書にみえたる名字どもをとかば、赤女とあるは、女は藻魚島物といへる數品を攝ねたる種類の名、その中に一種ことに色あかき故の名にて、すなはちめだひをさしていへる也、〈しばらく大小品を混じて、赤女といへるとみるべし、〉口女は同種類ゆゑまぎれたるつたへ、鯛女は鯛に似たる女といふ事とみて、すべてよくかなひたり、〈○下略〉

〔日本書紀〕

〈二/神代〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1377 一書曰、海神召赤女口女〈○中略〉赤女卽赤鯛也口女卽鯔魚也、

〔比古婆衣〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1378 口女
因に亦女のことを考ふるに、鯔の類に目と唇の朱らみたるがあるをシクチといへり、〈○中略〉出羽の秋田わたりにては、鯔をシロメといひ、しくちを、ア力メといふ〈○中略〉とその國人かたれり、このアカメといへる、決て古名の遺れるなるべし但し、紀に赤、鯛魚也と書るは、漢名に當たるなれど、その當否はおぼつかなし、

〔日本書紀〕

〈八/仲哀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1378 二年六月庚寅、天皇泊子豐浦(トヨラ)津、旦皇后〈○神功〉従角鹿發而行之、到渟田門、食於船上、時海鯽(タヒ/○○)魚多聚船傍、皇后以酒灑鯽魚、鯽魚卽醉而浮、面時海人多獲其魚而歡曰聖王所賞、〈○賞恐賚誤〉之魚焉、故其處之魚至于六月、常傾浮如醉、其是之緣也、

鯛雜載

〔萬葉集〕

〈九/雜歌〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1378水江浦島子一首幷短歌
水江之(ミヅノエノ)、浦島兒之(ウラシマコガ)、堅魚釣(カツヲツリ)、鯛釣矜(タヒツリボコリ)、〈○下略〉

〔萬葉集〕

〈十六/有由緣幷雜歌〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1378酢醬蒜鯛水葱
醬酢爾(ヒシホスニ)、蒜都伎合而(ヒルツキカテテ)、鯛願(タヒモガモ)、吾爾勿所見(ワレニナミセソ)、水葱乃煮物(ナギノアツモノ)、

〔古今和歌六帖〕

〈三/水〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1378 たひ(○○)
逢事をあこぎの島にひくたひのたびかさならば人もしりなん

〔散木弃謌集〕

〈六/悲歎〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1378 ひくしまといふ所のあまども、くだりにもまうできて、ものども心ざして侍けるが、こ、のたびもまうできて、鯛といふ魚をとりいでゝ侍けるを見てよめる、
たつ浪のひく島にすむあまだにもまたたひ(○○)らかに有ける物を

〔延喜式〕

〈一/四時祭〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1378 春日神四座祭
祭神料〈○中略〉鰒、堅魚、烏賊、平魚(○○)、海藻各六斤、 散祭料〈○中略〉鰒、堅魚、平魚(○○)各六斤、

〔延喜式〕

〈二十四/主計〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1378 凡諸國輸調、〈○中略〉雜魚楚割鯛捄割(○○○)、鯛腊(○○)、蠣腊各十六斤十兩、

〔延喜式〕

〈三十二/大膳〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1379 賀茂神祭、齋院陪從等、人給食料、
雜平魚(○○)、雜魚楚割各七斤十四兩、

〔延喜式〕

〈三十九/内膳〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1379 六月神今食料〈十二月准此○中略〉 干鯛(○○)六隻、〈○中略〉甘鹽鯛(○○○)四隻

〔西宮記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1379 一天皇元服
寬仁不御箸幷臺等、〈○中略〉鯛乾(○○)少々鯛醬(○○)〈召讃岐國、給宣旨、〉

〔類聚雜要抄〕

〈一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1379 一聟娶御前 臺三本〈普通定○中略〉
三進大盤一枚干物五坏、〈(中略)干鯛(○○)〉 四進大盤一枚、生物五坏、〈フスマ切鯉、鯛(○)、○中略〉 七進中盤蚫汁加居、〈鯛平燒(○○○)、〉

〔新猿樂記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1379 七御許者、食飮愛酒女也、所好何物、〈○中略〉鯛中骨(○○○)、

〔宇玉造小町子壯衰書〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1379 䑎煮北海之鯛(○○○○)

〔安東郡專當沙汰文〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1379 元德元年己巳十三月注
一音木寄御田一町、神戸住丁部等沙汰分、段別籾二斗二升、〈納定○中略〉號鯛鯯代錢十二文成之、〈但鯛專當之御菜料、鯯馬子饗菜料也、○中略〉
一宮中奉納之時、安濃東酉郡正權專當等、寄合直曾祓料、看魚以下之物買老、太意日記事、〈○中略〉
生鯛(直會料)三隻〈勢二尺一二寸計、代錢百五六十計歟、〉

〔親元日記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1379 文明十五年正月廿二日丙辰、東殿へ雁一、鯛五、するが鯛三、以御又進之、御精進解、

〔殿中申次記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1379 正月十四日
一御盃(永正十三)臺二、白鳥一、雁二、鯛十、鯉一、貝蚫一折、柳十荷、 例年進上之、但今日參、 右京(細川)大夫殿
十七日
永正十三ヨリ十八年マデ同前
一同〈○善法寺〉御太刀一腰、金鯛廿枚進上之、例年之儀也、

〔三好筑前守義長朝臣亭〕

〈江/御成之記〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1379 三月〈○永祿四年〉卅日未刻御成〈○中略〉 進士美作守請取調進獻立次第 式三獻〈(中略)をき鯛○中略〉 二獻鯛 十六獻、つぐみ、かも、たいの子(○○○○)、

〔相州文書〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1380 本城御前樣御臺所毎月納肴從昔相定帳面改而被仰出
魚之代定
鹽にても無鹽にても可隨意
一六七寸之鯛 壹ツ 代十文 一一尺之鯛 壹ッ 代十五文 一一尺五六寸鯛 壹ッ代卅文
以上鯛ならば以此積渡〈○中略〉
右所定置無沙汰ニ付而者、船持可地頭迄、可越度、若又臺所奉行幷由比淸五郎左衞門至于非分之儀申懸者、則可且安者也、仍如件、
庚申二月廿三日
國府津之船主村野宗右衞門

〔梧窻漫筆〕

〈拾遺〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1380 神君、〈○中略〉黑田長政の御旗本へ白銀二百枚を借したるに、程を歷て其人の返濟せんとて持參せしを、初め借し申したる時兼ねて進上すべしと思ひたりとて受け取らず、さて今朝吉鬣魚を貰ひたり、まゐらすべしとて、料理人を召して吉鬣魚の身所は鹽にして貯ふべし、中打あらを潮煮にして客に饗すべしと申されたり、

〔有德院殿御實紀附錄〕

〈十七〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1380 ものゝ味をしろしめし分られしこと、またたぐひなく庖所の者どもも驚くまでなりしこと、しば〳〵ありしとなり、ある日鯛を奉りしに、これはしめ鯛(○○○)なりと仰あり、御膳番御膳奉行のたぐひたれもしらず、賄頭をして魚商に尋ねしに、しめ鯛とは死せし鯛をいへりと申ければ、いかでかゝる俚言までしろしめしけるぞと、皆人驚きあへり、

〔雜件錄〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1380 寶曆十一年巳十二月活鯛(○○)之義ニ付伺書書拔 活鯛(○○)之儀奉申上候書付 御賄頭
御膳御用幷被進御鯛活鯛直御仕入、去々卯年十二月奉申上候、豆州川奈村名主四郎左衞門元仕入申渡、幷江戸請負人室町壹町目肴問屋大和屋久兵衞、本小田原町壹町目肴問屋石津屋平六申合相勤候處、是迄御膳御用幷被進、且又去辰年御轉任御兼任將軍宣下御祝儀御用、當巳年御産御用御振舞、右大御用共、少モ無御差支相勤申候、然處前書申上候、元仕入仕候四郎左衞門儀、當夏中ヨリ病氣ニ而御用難相勤、御免願差出申候故ニ付而者、江戸請負人大和屋久兵衞、石津屋平六儀モ難相勤旨願出候、依之當時直御買上御用相勤候室町名主助右衞門江申渡、所々吟味爲仕候得共、只今迄之御手當ニ而、元仕入丈夫ニ御請負可仕者、差當無之候ニ付、御鯛商賣仕候、江戸問屋共不殘江爲相尋候處、右問屋共申聞候者、御鯛之儀、一體風雨之砌、諸肴しけ等之節、專一御用立候儀ニ御座候得共、永く御圍等仕候付、餌飼幷番人等附置、或者風雨之節簀船損ジ、其上出水之砌者、鯛揚り捨り多く御座候ニ付、不存寄諸失脚相掛り、只今迄之御手當ニ而者、引合不申候間、自然ト御鯛御仕入御手薄ニ罷成候間、無是非御用御免之儀申上候儀ニ御座候、總活鯛問屋共不殘〈江〉、右御用被仰付、爲御手當年々四拾五人扶持宛被下置、幷爲元仕入一ケ年金貳百兩、御前借被下、段々御用立候上、極月ニ至御勘定皆濟可仕候、左候得者元仕入丈夫ニ仕、御膳御用御衣向とも、如何樣之大御用被仰付候共、大勢ニ而右之積を以、銘々御仕入仕候間、聊御差支無之、御用相濟、其上誠ニ永久之御用、奉冥加至極、難有段一統願書差出候旨、名主助右衞門申出候、右之通被仰付候得者、別紙下札之通、一ケ年百俵餘も相增候得共、段々吟味爲仕候處、諸失脚も多く相掛、只今迄之被下物ニ而者、實ニ取續兼候趣ニ御座候、尤書面之通相成候得者、一體御用向丈夫ニ被成候儀ニ付、願之通可申付哉奉伺候、尤書面之通被仰付下置候ハヾ、當時活鯛總問屋共左之通御座候、
本小田原町壹丁目
鯉屋藤左衞門 西宮
左衞門〈○以下五人略〉
右之者共於町奉行申渡有之候樣仕度奉存候、右之段町奉行御勘定奉行〈江〉被仰渡下候樣仕度奉存候、以上、
巳十二月 宇田川平七〈○以下二人略〉

〔鶉衣〕

〈前篇拾遺〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1382 百魚譜
人は武士、柱は檜の木、魚は鯛とよみ置ける世の人の口にをける、をのがさま〴〵なる物ずきはあれども、此魚をもて調味の最上とせむに咎あるべからず、糸かけて臺に居たる男ぶりさへ、外に似るべくもなし、しかるをもろこしにはいかにしてか、ことに賞翫の沙汰も聞へず、是に乘ける仙人もなし、されば夷三郎殿も、他の葉武者には目もかけず、たゞ是にこそ釣もたれ給へ、龍を鱗の司といふは、食味はなれたる理屈にして、さは是を料理せんと、學びたる人は、むがし愚なる名をもこそとゞめたる、

鐵甲魚

〔百品考〕

〈下〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1382 鐵甲魚 和名タヒムコノゲシパチ(○○○○○○○○○) マツカサウヲ(○○○○○○)臺灣府志、鐵甲魚、鱗硬如甲、去其皮方可食、
海魚ナリ、長サ四五寸、鱗六角ノスヂアリ、鮫ノ如シ、堅シテ石ノ如シ、他國ニテハ食セズ、惟長崎 ニテ皮ヲサリ食、フ、マツカサウヲト云、

〔烹雜の記〕

〈前集上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1382 多湊ぶり
佐渡に三十種の異魚ありといふ、〈○中略〉鯛の聟源八、〈○圖略〉 鯛に似て極めてちひさく、鱗は甚するどし、

〔下學集〕

〈上/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1382 鱈(タラ)

〔運歩色葉集〕

〈魚名〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1382 鱈(タラ) 多樂(同)〈俗書也〉

〔書言字考節用集〕

〈五/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1383 黃顙(タラ)魚〈本草〉黃䰲(同)〈同上〉鱈(同)〈和俗所用〉

〔尺素往來〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1383 巡役之朝飯、明日可勤仕候、此間依霖雨、美物雖得候、〈○中略〉魚類者〈○中略〉多樂、

〔和爾雅〕

〈六/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1383 㕦魚(タラ)〈見于東醫寶鑑、俗名大口魚、〉

〔和漢三才圖會〕

〈四十九/江海有鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1383 㕦魚〈魚詁〉 鱈〈俗字〉 大口魚〈東醫寶鑑〉 俗云多羅 魚之大口者曰
按㕦魚、狀略類鱸、〈○中略〉性喜寒、夏月全無、故俗作鱈字矣、

〔日本釋名〕

〈中/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1383 大口(タラ)魚 まだら也、其皮少まだら也、まの字を略す、

〔安齋隨筆〕

〈二十〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1383 鱈 タラとよむ、此の字は字書になし、吾が國にて作りたる字なる故、訓ありて音なし、支那には鱈なきゆえ、文字もなきなり、朝鮮には此の魚あり、大口魚と名付く、亦一名口大魚と云ふ、朝鱆人の著したる東醫寶鑑と云ふ書に、見えたり、タラと云ふ字は、字書には本草類にも、支那の書になければ、漢名も正字もなきなり、我が國にては鱈の字を用ふべし、然るに鱈の字を不用して、朝鮮の大口魚口大魚の字を用ふる人あり、何ぞ我が國の字を捨てゝ、隣の、國の字を用ひんや、

〔大上﨟御名之事〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1383 女房ことば
一たら ゆき(○○)

〔親元日記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1383 文明十五年正月十三日丁未、佐々木田中四郎五郎殿〈貞信〉より雁二、雪(○)五まいる、十七年九月十七日乙丑、朝倉初雪魚、東山殿樣御所樣各一進上之

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1383
釋名〈鱈字古書未之、本朝所製也、然於義相協、曾聞鱈魚當冬月初雪之後、必多採之、故字從雪歟、〉
集解、雪魚略類于鱸、而大、口細鱗大頭堅骨、頷下有細鬚而難見、頭中有白石二箇、若棋子之小、若蛤殼之碎、端有鋸齒、鱗色靑黃帶白、久則淡白皮薄肉白鰭尾共軟、味甘淡而爲佳珍也、東西南海未見、但北 海諸濱多出之、三越佐能及若丹但等州、或奧羽海濱向北之處毎冬采之、海人二三里釣之網之、邇磯岸者稍小、大者多䱊中者少䱊、最可賞美、小者無䱊、自九十月二三月之夏月全無、性喜寒而不暖、味宜鹽而不生、初采之畦先以鹽盈口腹則久而不腐、偶雖些臭氣亦稍可、又以微鹽者名曰一鹽(○○)、其味爲上品、以多鹽者下品、生鮮者淡白、短味惟賞新奇耳、今時官家珍賞之、故北州及奧羽之太守刺史等爭獻之、孟冬開爐茗會之際、京師江都好新奇、或冠婚大饗之餽賞之不平魚也、古者未此名、中古以來賞之乎、一種有俗稱介黨(スケトウ/○○)、色微黑帶白而形小、味亦不佳、最爲下品
肉(○)、氣味、甘平無毒、〈或曰大温有毒、又曰得昆布海藻海雲及蔓菁獨活葱白胡椒芹菜等良、〉主治、補中益氣、令人强健、開胃消食、解宿酒、利水道、若炙食則進食披胸鬱、煮炙共多食而無害、〈○中略〉
腸(○)有菊腸、雲腸、强腸、菊腸者淡赤色如菊花之開、味淡甘可煮食、或漬好醋食也、雲腸者細長色白、如畫雲之白堆、味美與肉同煮則最有佳味也、强腸者微赤帶白、生則可煮食、鹽則强堅難斷、牙齒不及、故漬水良久而可用、三種同可嘉賞也、
子(○)味淡甘可愛、生食最佳、與肉及雲腸同煮食亦絶勝也、與腸肉同作醢食、或用醢漬水去鹽而可煮、或和好酷食、倶爲佳品
干鱈(○○)〈卽鱈之白鴦也〉經日曝微温亦然乎、以白者上品黃者次之、帶紅者爲下品、取純白者略炙過、用木杵㨶破去、手中揉之則細軟如素絲之亂味極美、煮食亦可、一切病痾之人食之無害、能益氣進食、令皮膚肥健、惟恐硬堅難消則傷胃耳、世稱好角力者常嗜之則增力十倍、久而能扛鼎、或曰、救荒亦有此理哉、

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1384 夻魚 東醫寶鑑曰、夻魚俗名大口魚、性平味鹹無毒、食之補氣、腸與脂味尤佳、生東北海、今案大口魚ハ北土ノ海ニ多シ南海ニハ生ゼズ、西州ニハ北海ニモ生ゼズ、朝鮮甚多シ、寒國ニ生ズ、冬春多ク捕ル、夏秋ハ無之、生ナルヲ煮テ食シ、鹽ニ淹スモヨシ、爲脯味最ヨシ、四五月マデ可 食、白者爲佳品、黃爲下品、大ニテ肉厚ヲ爲好、京都ニハ北土ヨリ多來ル、其子及腸亦佳シ、凡タラハ油ナクシ、テ性カロク、諸病ニ妨ナシ、國俗ニ鱈ノ字ヲ用ユ非正字、頭ニ小石二アリ、

〔殿中申衣記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1385 十月三日
一初鱈 三 武田大膳大夫

〔親元日記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1385 寬正六年正月十日戊午、就今日御成美物已下被之方々、〈○中略〉齋藤越中入道、雁二、來一折、〈○中略〉以上親元申次分、鱈ノ腸ヲ不來(コズ)〳〵ト云テ正月用タツ、不來〳〵ト云ハ名詮アシキニヨリテ、中比ヨリ來(クル)〳〵ト書タリ、

〔貞丈雜記〕

〈六/飮食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1385 一くる〳〵とは、ぶりのわたの事也と、宗五一册拔書にあり、〈○中略〉節用集に來々(クル〳〵)自能州出也、昔は不來(コズ)ト云也、今世祝而曰來々也と見ゆ、能登國より出し名物也、

〔文祿四年御成記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1385 初獻御盃參候、〈○中略〉御三獻〈○中略〉干鱈、〈○中略〉與ノ御膳〈○中略〉烏賊、鱈、

〔毛吹草〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1385 越前 鱈

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01893.gif

〔類聚名義抄〕

〈十/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1385 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01893.gif 音荒

〔運歩色葉集〕

〈魚名〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1385 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01893.gif (アラ)

〔書言字考節用集〕

〈五/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1385 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01864.gif (アラ)

〔倭訓栞〕

〈中編一/阿〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1385 あら 魚に一種あらと稱するものあり、䲄魚也といへり、産後の古方などに用來れり、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01893.gif と書は二合の作り字也、

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1385 阿羅魚
釋名〈古來未此魚名、故字義不詳、惟以俗稱記之耳、〉
集解、今四方有之最爲下品、形色略類鱈而大、但頭骨堅鱗鰭硬、味亦淡不美三四月采之、京師俗謂、味惡不食、而能治産後血暈、故曝乾、或燒爲霜用之、江都亦官厨不食爲民間之食、然以其鮮者魚餅(○○) 則有微味、最爲血之功也、兩越賀能等州多采之、就中越後漁市、作此魚餅而鬻之、傳至信州甲州之山郭、農樵以賞美之、信甲、者嶮岨之地、而江海隔絶且無魚鹽之利、故、若斯乎、
氣味、微甘冷無毒、主治、療産後血暈及諸失血、血熱、血廠、滯下、紅痢、或主金瘡折傷破傷風等證

〔大和本章〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1386 アラ 鯛三似テ鯛ヨリヨコセバク長シ、所々黃黑色マダラナリ、又大口魚ニ似タリ、長一二尺三尺ニ至ル、口ヒロク頭大ナリ、味ヨクシテ鯛ニ似タリ、冬春多シ、病人食之無妨、若水云、アラハ敏魚ナルベシ、厨人以爲下品、乾タルハ産後ノ血暈ヲ治ス、能血ヲ收ム、和流ノ外醫婦人科用之、

〔毛吹草〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1386 越前 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01893.gif (アラ)

〔新撰字鏡〕

〈魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1386 鯼〈子紅反、石首魚也、爾戸(○○)、〉

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1386 鯼 字指云、鯼〈音聰、和名伊之毛知(○○○○)、〉其頭中有石、故名石首魚也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1386 字指二卷、晉李彤撰、見隋書、今無傳本、按文選江賦注引字林云、鯼魚出南海、頭中有石、一名石首、字指蓋本於此、〈○中略〉按本草綱目所載鯼魚、則食療本章所謂鯮魚、與石首之鯼同、蓋同名異物耳、按駿河俗呼志良久知、蓋與邇倍同類異種、

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1386 鮸(○) 唐韻云、鮸〈音免、辨色立成云、仁倍(○○)、一云久智(○○)、〉魚名也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1386 段玉裁曰、隋煬責貢四方、海錯幾盡、首曰鮸魚、今江淅人所食、海中黃花魚、乾之爲白鮝、卽此魚也、一名石首魚、首中有二石、江賦注引字林、鯼魚頭中有石、一名右首、然則此魚又名鯼、依段説鮸魚卽鯼魚、源君分爲二條、非是、但久知有白黑二種、白者大不滿尺、謂之白久知、又呼以之毛知、黑者大至四五尺、謂之邇倍、至漢名分別也、又按開寶本草云、石首魚、頭中有石如碁子、乾食之名爲鮝、初出水能鳴、夜視有光、爾雅翼引臨海異物志云、小者名䠓水、其次名春來、李時珍曰、石首魚、拾遺錄鮸魚、臨海志黃花魚、生東南海中、其形如白魚、扁身弱骨、細鱗黃色如金、首有白石二 枚、瑩潔如玉、腹中白鰾可膠、

〔類聚名義抄〕

〈十/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1387 石首魚〈ニヘ〉 鮸〈音免、、ニべ、一云クチ、〉 鯼〈イシモチ〉http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01895.gif 魛〈イシモチ〉

〔下學集〕

〈土/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1387 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01896.gif (イシモチ)

〔書言字考節用集〕

〈五/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1387 鯼(イシモチ)〈通作鯮、事見異吻志、順和名、宜本草綱目、〉石首(同)魚 鮸(同)〈出仁〉黃花魚(同)〈並見本草

〔物類稱呼〕

〈二/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1387 石首魚いしもち 京江戸ともにいしもち(○○○○)といふ、西國及四國にてぐち(○○)と云、駿河にてしろぐち(○○○○)といふ、此魚かしらの中に石有、よつて名とす、又江戸にてにべいちもち(○○○○○○)と云有、別種なり、是にべといふ魚rの小なるもの也、
鱁鮧にべ 此魚の小なる物を土佐にてしらぶ(○○○)と云、大なる物を四國にてぬべ(○○)といふ、又そぢ(○○)共いふ、備前にてそこにべ(○○○○)と云、にべとは魚の腹中に鰾膠(にべ)あるゆへに名とす、

〔東雅〕

〈十九/鱗介〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1387 鮸ニベ〈○中略〉 ニベといふものは、其犬なるをいひ、イシモチとは其小しきなるをいふ、イシモチとは其頭中に石あるをいふ也、クチの義不詳、〈通雅に鯼石首魚也、一名免魚、小者䱕亦名黃花魚、温海志名黃靈魚、卽小石首魚也と見えたり、鮸は卽免魚也、又李東璧本草に、鮸魚腹中白鰾可膠と見えたり、此の俗膠をニベといふ、此魚の名によりしと見えたり、倭名鈔に鮸鯼わかち出せしは、其大小同じからねば、異なるものとやなしぬらん、正字通の如きも、全くこれ別物なりといひけり、、説文、爾雅翼、異物志通雅等、、皆一物とす、二物なりとは見えず、〉

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1387 鯼〈子公切、訓石持、〉
釋名、鮸、〈音兎、訓久知、或訓仁倍、〉右首魚、〈訓石持、源順曰、鯼音聰、知名伊之毛知、其頭中有石、故亦名石首魚、按江都魚市謂小者曰石持、中者曰久知、大者曰仁倍、石持者頭中有石之稱、仁倍者腹中有鰾膠之稱、鰾膠亦訓仁倍、京師俗通謂久知也、〉
集解、四時倶有之、生東南江海中、西海亦有之、其形略類鮒而長狹、色淡黃白、鰭長鱗細、頭短小、尾無岐、肉脆脂少、小者味美、中者次之、大者味淺不佳、頭中有二石、不圓不方、或瑩潔、或暗濁、如玉礫之碎小者、大抵比鱈魚、頭石則稍小也、腹中有白鰾爲膠、粘物甚固、筑之博多、肥之長崎、工匠作中華朝鮮之弓弩、皆用此鰾膠及諸魚之鰾、云未詳、或以鰾膠止血藥最有驗爾、 氣味、甘平無毒、〈或曰冷〉主治、開胃消食、益氣調中、最治下痢、療五淋、〈○中略〉
頭中白石、主治、下石淋諸淋及小便不一レ通、或解砒毒菌毒蟲毒

〔本朝食鑑〕

〈十/華和異同〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1388
鯼子紅切、音宗、羅願爾雅翼曰、鯼出南海、首中有石如棊子、一名石首、此與本邦石首魚同、李時珍鯼性啖魚、其目䁓視故謂之鯼、似鱤魚腹稍起、異物志以爲石首魚非也、或疑時珍所謂黃色如金、又臨海志名黃花魚者、是石首未網裡之前、活潑如責鯉之金色也、海中大鮸不然、但帶紫色耳、

〔和漢三才圖會〕

〈四十九/江海有鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1388 鮸(にべ/くち)〈音免〉 石首魚 江魚 黃花魚 石頭 和名仁倍 一云久智〈○中略〉
按鮸四時倶有之、略類鮒、形長狹、色淡黃白、鰭長、鱗細、尾無岐、肉脆脂少、其大五七寸、九月爲盛、此時味甚佳、
阿古〈名義未詳〉冬月鮸之大者、俗呼曰阿古、甚賞味之
仁倍 似鮸而小長、灰靑色、首有石、其大者六七尺、取腹中白鰾以爲膠、粘物甚固、工匠及弓人爲必用物、蓋和名抄仁倍、久知爲一物、今俗爲各別
凡首中有石魚、鯛、鮸、幾須、吾呉魚也皆治淋病、〈於久里、加牟木利同切矣、〉

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈二十九/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1388 石首魚 ニベ ソコニベ(○○○○)〈雲州備前〉 一名元鎭〈水族加恩簿〉 新美舍人〈同上〉黃魚〈事物異名〉 王魚〈同上〉 黃瓜〈閩書〉 金鱗魚〈同上〉 鰉魚〈典籍便覽〉 菩薩魚〈雨航雜錄〉 免魚〈通雅〉 鮸〈正字通〉 鰵〈同上同字〉
海産ナリ、形狀ハ略鯽魚(フナ)ニ類シテ狹長シ、鰭長ク鱗細ク、頭短ク小ニシテ尾ニ岐ナシ、肉脆ク脂少シ、小ニシテ二三寸ナルヲイシモチ〈同名アリ〉ト云、味美ナリ、又ウバグチ(○○○○)、〈筑前〉シログチ(○○○○)、〈駿州〉ト云、是䠓水ナリ、一名梅首、〈雨航雜錄〉梅童、〈同上〉梅魚〈大倉州志〉黃梅魚、〈福州府志〉大頭魚、〈同上〉其長サ七八寸ナルモノハ味イシモチニ次グ、コレヲクチ(○○)ト云フ、グチ(○○)〈筑紫預州〉又オキアヂ(○○○○)〈雲州〉ト云、春中多ク貨ル、是春來ナリ、一名

〔釋日本紀〕

〈十六/秘訓〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1389 肥後國風土記曰、玉名郡長渚濱、〈在郡西〉昔者大足彦天皇〈○景行〉誅球磨噌唹還駕之時、泊御船於濱云々、又御船左右遊魚多之、棹人、吉備國朝勝見以鉤釣之、多有獲、卽獻天皇、勅曰、所獻之魚此爲何魚、朝勝見奏申、未其名、止似鱒魚耳、歷御覽曰、俗見多物、卽云爾倍佐爾、今所獻魚、甚此多有、可爾倍魚(○○○)、今謂爾倍魚其緣也、

〔享保集成絲綸錄〕

〈四十九〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1389 享保十七子年六月
一にべ魚之事、町方ニ而出次第被差出候儀者先無用ニ候、御用之時者其節々可相達事、
一只今迄御申付置候、房州其外浦々ニ而、一度ニ三十本以上捉候はゞ、是者とれ次第參候樣ニ御申付可之事、
六月

〔鶉衣〕

〈前篇拾遺〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1390 百魚譜
かながしらといふ名のめでたくてぞ、産屋の祝儀にはつかはれ侍る、さるを石持といふものゝ、かね(銀)持ともいはゞ、世にいかばかりもてなされむを、益なき名をもちて口をしとや思ふらん、

コイチ

〔和漢三才圓曾〕

〈四十九/江海有鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1390 古伊知(こいち)魚 正字未
按古伊知、狀似鮸、而鱗巨於鮸、口長於鮸、又似烏頰魚(スミヤキタイ)、大五六寸至尺餘、秋月出焉、肉白脆味不佳最下品也、

キスコ

〔書言字考節用集〕

〈五/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1390 鱠殘魚(キス)〈博物志、呉王闔閭江行、食魚、鱠、棄其殘餘於水此魚、故名、又、詳本草、〉王餘(同)魚〈同上、本草、〉

〔物類稱呼〕

〈二/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1390 幾須古きすご 關酉にきすこ(○○○)、江戸にてきす(○○)と云、伊勢の白子にてあめの魚(○○○○)と云、〈雨ふる日多くとる魚也、故に名とす、然ども別也、〉紀州にてだうほう(○○○○)と、云、 和漢三才圖會四十九江海有鱗魚幾須吾 正字未詳 其大者名古豆乃(○○○) 紀州名之道保、其名義正字未

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1390 幾須子魚
釋名〈古來未此魚名、故以俗稱之、〉
集解、處處江海四時倶有之、形略類魳魚而色白、頭稍短、類波絮、而鱗太頭尖、大者不八九寸許、細鱗而尾無岐、肉潔白淡甘可愛、作膾爲勝、魚餅炙食亦佳、頭中有二白石、如鯼頭石而小、最瑩潔也、自江上河者曰河幾須(○○○)、狀薄小而不圓、色亦帶碧也、在江海治曰海幾須(○○○)、狀圓太而肥、色最白也、漁人以蛤蜊及鰕餌釣之、或擧網采之、江都之芝濱品川中川、七八月際、官客市人泛畫般、張水嬉而爭釣之、最爲武江之勝遊、房總海濱多采之、最大、駿相海上及諸州所在有之、一種狀、圓肥大、有黑白虎斑者曰虎幾須(○○○)、味亦美也、
氣味、甘平無毒、主治、開胃進食、多食無害、百病倶無禁忌、以生乾者、尤爲毒也、 發、明、此魚潔白淡甘可愛、可百病上レ忌、故世醫與鯔、鰺、藻魚、鰭白、甘鯛等類、倶使病家常食一レ之、竟未害者、宜哉、

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1391 キスゴ 大サ七八寸、ニ至ル、猶大小アリ、其肉潔白性カロク好シ、佳品ナリ、病人食シテ無妨、ナマビ亦佳シ、叉肉餻トスベシ、首ノ内ニ小石アリ、石首魚ノ如シ、此魚冬春ハ少ク夏秋多シ、本草不載、凡中華ノ書ニテ未之、故ニ漢名未知、國俗鱠殘魚ヲキスゴト稱ス、甚誤レリ、本草鱠殘魚ノ集解ヨク見ルベシ、無鱗魚ナリ、キスコニハ鱗多シ、鱠殘魚ハ俗ニシロウヲト云モノ也、虎キスコ(○○○○)關束ニアリ、キスコニ似テ虎ノ文アリ、味モ亦キスコニ似タリ、長五六寸七八寸アリ、穴キスコ(○○○○)、常ノキスコヨリ長ク、尾ノ方小ナリ、身ニ處々赤處アリ、ヒレ赤シ、味不美、性ヲトル、

〔魚鑑〕

〈下〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1391 きす〈○中略〉河海の二種あり、海産のもの、その狀少く圓く肥へ色白く、大四(サ)五寸にすぎず、四時共にあり、卽、まぎす(○○○)といひ、一にしらきす(○○○○)、又海ぎす(○○○)といふ、その肉潔白にして味甘美し、最上なり、〈○中略〉又川ぎす(○○○)、靑ぎす(○○○)は同種なり、形ち圓くこへふとりて、吻尖り尾にいたりてほそれり、或は碧色を帶ものあり、味ひ佳といへども小毒あり、病者は忌べし、又黑白の虎斑ありて、頭丸く狀はぜに似たるを虎ぎす(○○○)といふ、肉白く味ひ淡し、生飪ともによし、又沖ぎす(○○○)あり、狀きすに似て目丸くこけ深く、大尺(サ)餘に及ぶ、味ひよしといへども、腥氣あり、食料とならず、只魚餅の上覆に用ゆ、これ一類別種なり、

〔毛吹草〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1391 山城 宇治川小白魚(キスコ)

〔續江戸砂子〕

〈一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1391 江府名産〈幷近在近國〉
中川鱚(きす) 夏の末秋に至りてさかん也、大さ七八寸に至る、猶大小あり、性かろし、病人食して妨なし、佳品也、〈○中略〉虎鱚きすに、似て虎の斑あり、性きすにおなじ、上方西國にはなきよし、

〔食物和歌本草〕

〈六〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1391 鱠殘魚(キスゴ) きすごたゞ中をゆるくし胃をつよむ鱠となして食べき也

鯔/名稱

〔新撰字鏡〕

〈魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1392 䲃〈七孝反、奈與之(○○○)、〉 鯐(○)〈豆久(○○○)良〉

〔本草和名〕

〈十六/蟲魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1392 鯔〈側其反、似鯇而大頭、出崔禹、〉 和名奈與之

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1392 鯔 孫愐切韻云、鯔〈側持反〉名魚也、遊仙窟云、東海鯔條、〈鯔讀奈與之、條讀見飮食部、〉

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1392 按開寶本草、鯔魚似鯉身圓、頭扁骨軟、生江海淺水中、按鯔自生海邊田間渠中、隨長入海、其魚無子、小者呼伊奈(○○)、呼須波之利(○○○○)、至尺餘者呼菩良(○○)、有相似而大至三四尺、俗呼米奈太(○○○)、大鱗紅頰、有子、漁人或呼赤目(○○)、神代紀赤目魚卽是採是魚子鹽乾之、名加良須美(○○○○)、謂菩良子(○○○)者誤、靈異記訓釋、鯔名吉、安東郡專當沙汰文又作名吉、今伊勢、尾張、近江國俗以名吉字音之、今俗呼菩良、新撰字鏡云䲃(○)七孝反、奈與之、今昔物語亦用䲃字、因字形近而誤、今俗加良須美用鱲子(○○)字、鱲蓋䲃字之譌、

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1392 鰢(○) 唐韻云、鰢〈音馬、辨色立成云都久良(○○○)、〉魚名也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1392 伊勢俗、鯔之小者呼都久良、此條又次鯔魚、則知都久良之爲小鯔魚也、東俗呼須波之利、〈○中略〉按鰢不形狀、其物未詳、

〔類聚名義抄〕

〈十/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1392 䱇〈音蛆、ナヨシ、〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01900.gif 鯔〈通正音畄、ナヨシ、〉 鮦〈音同、爲堅魚義未詳、ナヨシ、サメ、〉 魴〈音房、ナヨシ、〉 鱧〈音禮、ハム、ナヨシ、〉鰢〈音馬、ツクラ、〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01901.gif 〈ナヨシ〉

〔伊呂波字類抄〕

〈奈/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1392 鯔〈ナヨシ〉

〔下學集〕

〈上/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1392 鯔〈或作名吉(ナヨシ) 鯐(スバシリ)〉

〔運歩色葉集〕

〈魚名〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1392 名吉(ナヨシ) 〈伊セ鯉〉 鯠(スバシリ)

〔壒囊抄〕

〈一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1392 魚類字 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01902.gif (スバシリ)

〔和爾雅〕

〈六/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1392 鯔(ナヨシ)魚〈弛頭魚、子魚、烏魚並同、〉 䰵魚(エブナ/○○)〈似烏魚而小、見于閩書、或云鮫鰒、〉

〔尺素往來〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1393 巡役之朝飯明日可勤仕候、此間依霖雨美物雖得候、〈○中略〉魚類者〈○中略〉名吉、

〔物類稱呼〕

〈二/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1393 鯔なよし〈此魚の總名也、世にぼら(○○)と云、日本紀に云口女(くちめ)これなり、〉 極小なる物を江都にてをぼこ(○○○)と云、〈東國に小兒をおぼこと云、故に此魚の小なる物を云、〉加賀にてちよぼ(○○○)と云、土佐にていきなご(○○○○)と云、〈土州にてはいきなごを鹽辛とす、銀びしことよぶ、〉小なるものを關西關東ともにいな(○○)と呼、〈いなは稻の莖くされて魚と成といへり、然る時はいなとは稻魚なるべし、いにしへは魚を魚(な)と稱せしなり、〉洲走遠州にてはしり(○○○)と唱ふ、
漁人簀の四方に網を張て、是をとるを簀引と云、因て簀走の名有、一説に此魚河と海との潮境 を往來する頃を賞して洲走の名有とぞ、江戸にては六月十五日より洲走と呼、十四日迄をい なと云也、九月にいたり、泥味なく脂多くして、いよ〳〵味ひ美也、色又さらし洗ふたるが如し、 此時を畿内にてこざらし江鮒(○○○○○○)と稱す、泉州堺の名産なり、
なよし、ぼら、伊勢ごい、長崎にまくち(○○○)と云、勢州及尾張にてめうぎち(○○○○)と云、
いせごいとは勢州鳥羽の海濱にて多く是をとり、又鯉に類するをもつて、いせ鯉と云、關西の 稱なり、東國にはぼらどのみ呼也、又まくちとは、上古くちめといひし詞の遺りたる也、めうぎ ちとは名吉(なよし)の音義を用たる也、

〔比古婆衣〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1393 口女(○○)
鯔は〈○中略〉俗に菩良また伊勢鯉ともいへり、〈○中略〉此魚延喜式諸國の送御、まだ御饌の料などにもすべて載られず、其ほか古書どもに怠、然る例見えたることなし、〈○註略〉さてまた此魚をなよしといふは名吉の義にて、〈運歩集に名吉又伊勢鯉〉かの不天孫之饌、卽以口女魚以不進御者、此其緣也、とある古事を、忌々しみて、此を食料とするうへに、言忌して名吉と呼かへたるものなるべし、〈出羽の秋田わたりにては、ミヤウケチ(○○○○○)ともいふとそ、名吉と書く字音の訛れるなり、〉

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1393 鯔〈旨而反、音支、訓那與志、〉附〈女那多魚〉 釋名、口女〈日本紀訓久知米〉伊勢鯉、 名吉、〈讀如字〉腹便、〈或曰腹太、倶訓波羅不登、〉http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01903.gif 、〈音咨、訓母羅、〉江鮒、〈訓如字〉簀走、〈訓須波之利http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01902.gif 、〈上同、壒囊、〉鯐〈音走、訓同上、〉鮠、〈音危、訓同上、按、鯔者此魚之總名、而魚色鯔黑故名之、(中略)腹便者此魚肚腹圓肥也、江鮒者小鯔如鮒、攝之難波漁市稱此名也、簀走者小鯔能跳走、江都魚市稱此名也、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01903.gif 鯐倶未詳、是和字乎、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01902.gif 鉏九切、音驟、字書曰白魚也、壒囊假用、大者鯔、口女、伊勢鯉、名吉、腹便、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01903.gif 、小者江鮒簀走之類、海俗所謂自小至大、逐年有名、然未之、但漁家之戯稱乎、鮠者鮎鮧之類、本邦爲http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01111.gif 魚名、倶未據焉、〉
集解、鯔魚江海處處有之、小者江河淺水中亦生而能跳如飛、連行成陣、倶似鯉魚、狀圓、頭扁、背黑、肚白、性喜食泥而未餌者、故不之、若構池通潮以畜之者貪餌、故釣之如鯽、或以網采之、小者以簀亦采之、其法編蘆葦簀、簀之四端繞設小罟、以舒水面者數卷相連、旣待潮來時、四圍運于小艇、擧篙棹波面、或拍手扣舷、呼號踊躁則小鯔驚、跳走于簀上者以午數之、悉入四端小罟而不逃、此俗謂簀引、故稱魚曰簀走、是鯐鮠江鮒之類也、京師江都同作鮓、味最可好、作鱠亦美、難波泉界號曰江鮒鮓、傳送于京師、或以次于江之鯽鮓、濃之鮎鮨之後焉、大者亦味逾甘美不鯉鮒、但有些泥味爾、連行群集、漁人若幸遇此時則所得甚多、〈○中略〉
附錄、女那多(メナタ)魚〈狀全與鯔同而大者也、海俗所謂老鯔魚、又曰、鯔類而別一種也、其大者六七尺及丈餘、鱗鰭硬大、背靑於鯔、味極甘美多脂勝于鯔、生食煮食倶好、多子滿腹、漁家稱鯔右子者、悉女那多之種也、是似理、諸腸可食、臼亦大而佳、江東多有、芝江亦采之、此亦勢州海濱最爲絶勝、或曰、此華之靑魚也、魫骨如琥珀、狀大味美、可五侯之鯖老乎、然未之、〉

〔本朝食鑑〕

〈十/華和異同〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1394
鯔魚之子曰鯐、字書未此字、本邦之人因象製字耶、或謂http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01902.gifhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01902.gif 徂九切、音驟、白魚也、此亦未鯔子之由、皆以多聚跳走之稱乎、太平御覽名跳䱓、載嶺表異錄曰、跳䱓乃海味之小魚䱓也、捕魚者中春於高處卓望魚兒來如陣雲、活二三百歩旣見報漁師、遂摪舡爭前而迎之、舡衝魚陣罟網、但魚兒因驚跳入舡、逡巡而滿、以此爲䱓、故名之跳、又云、船去之畤不魚陣之中、恐魚多壓沈故也、今本邦志州鳥羽之江采鯔亦若斯矣、宋馬志曰、性喜食泥、然則今動覺泥味者宜矣、往時有一官人、築別墅于河邊、構小池湖水養小鯐數十頭、俗稱於保古、經三年池邊之缺壞、悉決水爲涸、不一箇鯐 魚衆皆疑之、紬視池底之土則有魚之形而取之泥也老漁聽之曰、凡鯔鯐之類者、江海腥泥所化也、故無子、稱其子者盡是米那多(メナタ)之子也、然勢土之産、其子甚多、李時珍亦謂、其子滿腹、則鯔魚有子者不訛乎、或曰、鯔之大者謂米那多、近寓肥之長崎http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01904.gif 華商四五輩、以問靑魚之狀、本邦之米那多全似之、時珍謂、鯔狀如靑魚、恐是米那多者、華之靑魚矣、予〈○平野必大〉未之、他日可證也、海西人謂、獺者老鯔所化也而未其眞、凡獺喜食之、恐不此理矣、

〔大和本草〕

〈十三/河魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1395 シクチ 河鯔ニ似タリ、大河ニアリ、又其形頗海鯔ノ如シ、頭ハ海ボラヨリ薄ク身壬海鯔ヨリセバシ、鱗大ナリ、長四尺ニ至ル、目紅シ、四時捕、病人食之無傷、河魚ノ上品ナリ、小ナルヲエブナ(○○○)ト云、又アカメ(○○○)ト云、一尺餘ナルヲヤスミ(○○○)ト云、地ニヨリテ形味カハル、大池泥河ニ生ズルハ肉赤ク脂多キ事海鯔ノ如シ、味厚ク美シ、病人ニ不宜、沙石多キ河ニ生ズルハ、肉白ク脂少ク味淡美、病人食ツテ無害、
河鯔 シクチ(○○○)ト別ナリ、海鯔ヨワ圓ク色少赤シ、不腥海鯔ヨリ味美シ、河魚ノ佳品トス、

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈二十九/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1395 鯔魚 クチメ(○○○)〈日本紀〉 ナヨシ〈和名鈔勢州 尾州〉 メウギチ(○○○○)〈勢州〉 イセゴヒ(○○○○○○○) クロメ(○○○)〈肥前〉 マクチ(○○○)〈長崎〉 シロメ(○○○)〈加州〉 ハラブト(○○○○)〈本朝食鑑〉 一名鳥魚〈漳州府志、泉州府志、〉 蛇頭魚〈餘姚縣志〉 梭魚〈訓蒙字會〉 柳根鱭、〈盛京通志〉 水魚〈郷藥本草〉
魚ノ大小ニ因テ方言各異ナリ、筑前ニテハ四年ナルヲボラト云、秋田ニテハ極テ大ナルヲボラト云、薩州ニテ老テ四尺計ナルヲカネウチボウ(○○○○○○)ト云、丹後田邊ニテ五六尺ナルヲトフリボラ(○○○○○)ト云、讀州丸龜ニテボラノ稍小ナルヲ、コデツポウ(○○○○○)ト云、秋田ニテ一尺餘ナルヲメウゲツ(○○○○)ト云、勢州桑名ニテ八九寸一尺許ナルヲニサイ(○○○)ト云、長州ニテ一尺許ナルヲカンヅカ(○○○○)ト云フ、
䰵魚、〈閩書〉イナ〈筑前ニテ二年ナルヲ云、勢州桑名ニテ六寸許ナルヲ云、播州ニ、テハ四寸以上ヲ云、〉ヅボ(○○)、〈秋田ニテ七八寸ナルヲ云〉ヅボウ(○○○)、〈仙臺〉クロメ(○○○)、〈筑前〉ナイシ(○○○)、〈雲州〉又スバシリ、〈筑前ニテ三年ナルヲ云故ニ、大和本草ニイナヨリヤヽ大ト云、〉ハシリ(○○○)、〈遠州〉又チヨボ(○○○)、〈川州ニテ五寸許ナルヲ云、鮓ヲチヨボ〉 〈ズシト云、〉又コツプラ(○○○○)、〈秋田ニテニ三寸ヨリ四五寸マデナルヲ云〉ツクラ(○○○)、〈江戸ニテ小ナルヲ云〉
撥尾魚 、〈閩書〉エブナ(○○○)、〈筑前ニテ一年ナルヲ云〉スヾメズシ(○○○○○)、〈大坂〉スバシリ(○○○○)、〈勢州播州ニテ三寸許ナルヲ云〉
初生一寸許ナル者ハアシノミ(○○○○)、〈播州〉ギンコ(○○○)、〈勢州桑名〉ギンバク(○○○○)、〈同上〉イキナゴ(○○○○)、〈土州、鹽藏スルモノヲ、ギンビシコト云、〉ヲボ(○○)コ、〈江戸〉ノボコ(○○○)、〈勢州津〉ヂゴヒ(○○○)、〈薩州〉又一寸ヨリ一寸餘マデヲヤチミゴ(○○○○)、〈羽州秋田〉二寸マデナルヲデンブク(○○○○)、〈勢州〉テンブク(○○○○)〈同上〉ト云又、二寸許ナルヲテゴロボ(○○○○)、〈濃州〉デコロボ(○○○○)〈勢州〉デコ(○○)〈同上〉ト、云、鯔魚ハ圓身扁頭ニシテ色黑ク腹白シ、水中ニ連行シ、能跳飛シテ水上ニ出、河海ノ別アリ、馬志ノ説トコロハ河産ナリ、カハボラ(○○○○)ト云味佳ナリ、李時珍ノ説トコロハ海産ナリ、ウミボラ(○○○○)ト云、漳州府志ニ海烏ト云、海鹽縣圖經ニ海蔗ト云フ、一種シクチボラ(○○○○○)アリ、一名シユクチ(○○○○)、〈卷懷食鏡〉ヒクチ(○○○)、〈備後〉メナズ(○○○)〈志州〉、ドウナイ(○○○○)、〈防州〉アカメ(○○○)、〈加州〉メナダ(○○○)、〈江戸〉兒ヲメアカ(○○○)〈豫州〉ト云、閩書ニ赤目烏ト云、頭ボラヨリ扁ク目唇倶ニ赤シ、身ハ狹ク長シ、味ハボラニ勝レリ、大ナル者ハ四五尺ニ至ル、ソノ鮞胞ヲ連子テ乾シタルヲカラスミ(○○○○)ト云、コレヲ鰿子(カラスミ)〈餘姚縣志〉ト云、康熙字典ニ、唐韻http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01800.gif 子魚子脯出新字林、俗作鰿誤ト云フ、此カラスミ、馬鮫魚(サハラ)ノカラスミト形狀ハ同レドモ、魚黃赤ニシテ脂多ク、味甘美ナリ、馬鮫魚http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01800.gif 子ノ味、辣澀ヲ帶ルニ異ナリ、勢州土州ヨリ出ス、茶家ニハ肥前野母ノ産ヲ貴ブ、土州ニテハ九月土用中ニコレヲ取ル、時ヲ過ルトキハ、全ク鮞ナシト云、時珍其子滿腹有黃脂味美ト云ハ赤目烏ナリ、常鯔ニハ子ナシ、水獺喜食フ者モ亦赤目烏ナリ、

〔魚鑑〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1396 いな〈○中略〉 初生をおぼこ(○○○)といひ、微しく育たるをゑふな(○○○)といふ、閩書南産志及南寧府志に撥尾といふ、二歲のものをいな(○○)といひ、三歲をすばしり(○○○○)といふ、閩志には䰵魚と名づく、四歲以上をぼら(○○)といふ、卽鯔魚なり、十歲以土をとゞ(○○)といふといへり、

鯔産地

〔毛吹草〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1396 志摩 鳥羽鯔(ナヲシ)

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1396 鯔〈○中略〉 曾聞、伊勢之鳥羽、桑名海濱多采之、其美者餘州不及、全無泥味、九、十月之際、此魚群聚海中暖處、漁人登高以窺其成陣處、乃下網截流取之、若漁人貪多久留滯、則群魚驚跳入船、竟壓沈于船、最可恐戒也、卽以可魚多矣、土人作生乾披鹽引、或作鮓糟等類、而獻之郡守刺吏、郡守刺史亦貢獻于上厨、及餽于親交而賞美之、商賈亦運傳于江都魚市以鬻之、予〈○平野必大〉曩使京次于桑名時、市人語予曰、斯江上八九月、大鯔成群、陣陣如雲向東南去、漁人爭網之、此時城湟園池之鯔魚、亦悉相引、聚于水閘柵處ネ出、而活攝跳揚耳、海俗謂、此鯔悉至鳥羽之海岸、是會暖處歟、欲子歟、未何爲而至、土州泉州亦多不勢州産

〔攝陽群談〕

〈十六/名物土産〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1397 佃䰵魚(エブナ) 同郡〈○西成〉佃村ノ川〈神崎ノ川下也〉ニアリ、漁者四方ニ網ヲ置廻シテ捕之、號テ狩網ト云、此魚ノ味甚他ニ勝テ宜ヲ以テ、多鮨ニ作ル、
簾引魚 同郡〈○河邊〉尼崎長洲濱ニ於テ漁者捕之、竹ヲ以テ簾ヲ編、礒ニ置廻シテ其中ニ入ル鮠(スバシリ)ナリ、簾引シテ魚ヲ捕ノ業、此所ノ漁者始テ造之、

〔出雲風土記〕

〈島根郡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1397 凡南入海所在雜物、〈○中略〉鯔(ナヨシ)〈○中略〉海松等之類至多、不名、

〔藝備國郡志〕

〈上/安藝〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1397 土産門
鯔魚 安南郡氏名島邊、佐東郡江場海邊多取之、〈○中略〉翼形小者隨海潮噞喁、而游泳于水上、或網之、或釣之、一時得數百喉之、則近江之鮒、山城之鯉亦不之、鮓藏者亦可也、

鯔利用

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1397 鯔〈○中略〉
氣味、甘平無毒、〈或曰冷也、鯔喜食泥、而有泥土之味、又有鹹味故曰性冷、〉主治、五勞七傷及一切虚羸者、常可之、或婦人最可食、披氣血鬱結、消痰解熱及熱痢消渴、開胃利五臟、令人肥健、與百病忌、故俗稱藥魚也、〈○中略〉
腸中臼子、〈鯔魚腸中有肉塊臼形者、不過龍眼孑大、號曰http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01903.gif、或似法馬之形、〉氣味、甘平無毒、主治、去腸胃舊垢穢滓及血塊食積、宜與味醬同煮食而好、作醢亦可、

〔食物和歌本草〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1398 鯔魚
なよしこそ胃をひらきつゝ五臟利しやせたる人を肥しこそすれおC 鯔事蹟

〔日本書紀〕

〈二/神代〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1398 一書曰、時海神便起憐心、盡召鰭廣鰭狹而問之、皆曰不知、但赤女有口疾來、亦云有口女(○○)口疫、卽急召至、探其口者、所失之鉤立得、於是海神制曰、濔口女從今以往、不餌、又不天孫之饌、卽以口女魚以不進御者其緣也、
一書曰、〈○中略〉海神召赤女口女問之時口女自口出鉤以奉焉、赤女卽赤鯛也、口女卽鯔魚(○○○○○)也、

〔日本靈異記〕

〈下〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1398 禪師將食魚化作法花經覆俗誹緣第六
吉野山有一山寺、名號海部峯也、帝姫阿倍天皇御世有一大僧彼山寺、精懃修道、疲身弱力、不起居、念欲食一レ魚、語弟子言、我欲魚、汝求養我、弟子受師語、至於紀伊國海邊鯔(○)八隻小櫃而歸上、時檀越三人遭道而問之言、汝持物何物之也、童子答言、此法花經也、從持小櫃魚之汁、其臰猶魚、俗念非經、帥至於大和國市邊、俗等倶息、俗人逼言、汝之持物非經、此魚也、童子答曰、非魚當經也、俗强令開、不逆拒、開櫃見、化法花經八卷也、俗等見之、恐異而去、彼一俗念猶奇見遂、而竊窺往、童子至於山寺、向師具陳於俗等事、禪師聞之、一恠一喜、知天守護、然食彼魚、時窺往俗見、五體投地、白禪師言、雖實魚體、而就聖人之食物者、化法花經、也、我愚癡邪見、不因果、而犯逼惱亂、願罪脱賜、自今已後爲我大師恭敬供養、自爾俗成大檀越、供養禪師、當知爲法助身於食物者、雖雜毒而成甘露、錐魚宍而非犯 罪、魚化成經、天感齊道、此復奇異事也、
鯔〈名吉(ナヨシ)〉

鯔雜載

〔土左日記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1399 けふ〈○承平五年正月元日〉は都のみぞ思ひやらるゝ、こゝのへのかどのしりくめなはの、なよし(○○○)の頭ひゝらぎら、いかにとぞいひあへる、

〔安東郡專當沙汰文〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1399 元德元年己巳十一月注之
一宮中奉納之時、安濃東西郡正權專當等寄合、直會祓料、肴魚以下之物等買之、大意日記事、〈○中略〉名吉(○○)十五隻計〈方々ノ料代錢三百計歟、高直之定、○中略〉
一毎年五月五日節供料、御田半之丁部面々方、干名吉一隻宛上之間、專當使郡令入部、五月一日安乃津市大略取集之歟、方々支配之次第、
七隻長官進之 二隻七殿進之、〈冢子ノ分也〉二隻多聞大夫殿進之、〈家子ノ分也〉二隻政所大夫方進之、已上十三隻方々進之、所殘之分專當得分之、但彼魚對捍之時者、代錢二十文宛取之、
一常樂寺御田米、無牢籠之時、魚等所進之送文案、〈爲後日注置之、長進分、〉
進上 名吉十三隻
右任先例進上如件 嘉元二年五月三日 安東郡權專當吉貞上

ヒヾ

〔物類稱呼〕

〈二/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1399 齋魚ひゞ 常州水戸にてふぢかけ(○○○○)と云、佐渡にて島まはり(○○○○)といふ、

〔大和本草〕

〈十三/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1399 ヒヾ
琵琶湖ニアリ、長六七寸、形色似鯔魚、只鱗細キノミ、

血引魚/ヒメチ魚

〔和漢三才圖會〕

〈四十九/江海有鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1399 血引魚(ちひき) 正字未
按血引魚形似鰡、而大者二三尺、全體深赤色、肉亦如血、味不美、故惡其色之者少、 比女智魚(○○○○) 夏月雜肴中交來於魚市、大五六寸、形似鰷、而身過半赤如血、肉白柔、

鱸/名稱

〔新撰字鏡〕

〈魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1400 鱸〈落胡反、須々支(○○○)、〉 䱒〈於業反、埋藏便腐臭、須々支、〉

〔本草和名〕

〈十六/蟲魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1400 鱸、〈落胡反〉俗名鱸鮭、〈出崔禹〉 和名須須岐

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1400 鱸 崔禹錫食經云、鱸〈音盧、和名須須木、〉貌似鯉而鰓大開者也、四聲字苑云、似鱖而大靑色、

〔類聚名義抄〕

〈十/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1400 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01905.gif 鱸〈今正、音廬、スヾキ〉 鮬〈音枯、セヒ、〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01906.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01907.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01908.gif 〈今或正、スヽキ、〉

〔伊呂波字類抄〕

〈須/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1400 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01905.gif 〈スヽキ〉 俗名鱸鮭〈出崔禹已上スヽキ〉

〔下學集〕

〈上/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1400 鱸〈松江鱸魚、巨口細鱗也、〉 鮬(セイゴ) 䱾(セイゴ)

〔日本釋名〕

〈中/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1400 鱸 其身白くしてすゝぎたるやうに、きよげなる魚なり、其小なるを松江(セウガワ/○○)と云、せいご(○○○)なり、もろこしの松江(ズンガウ)のすゞきは、日本の鱸より小なりと云、是せいごなるべし、

〔東雅〕

〈十九/鱗介〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1400 鱸スヾキ〈○中略〉 我國太古の世にありて、魚名聞えし事、此物よりさきなるはあらず、されど又スヾキと云ひし義の如きは聞ゆべくもあらず、〈(中略)出雲國風土記には、波多須々支といひ、舊事紀、古事記等の書には、口大之尾翼鱸と見えしにょりぬれば、スヾキと云ひし事の緣も、自ら明かなるにや、古語にスヾといひしは、小しきにして小しきなるを云ひけり、其尾翼は口大きなるに及ばねば、かく名づけ云ひしと見えたり、〉

〔古事記〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1400 水戸神之孫櫛八玉神、爲膳夫、獻天御饗之時、〈○中略〉地下者、於底津石根燒凝而、栲繩之千尋繩打延、爲釣海人之口大之尾翼鱸(○)〈訓鱸云須受岐〉佐和佐和邇〈此五字以音〉控依騰、而打竹之登遠々登遠々邇、〈此七字以音〉獻天之眞魚咋也、

〔古事記傳〕

〈十四〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1400 口大は、大口を寫誤れるなるべし、萬葉に狼をも大口乃眞神(オホクチノマガミ)とつゞけ云り、さて鱸の形をば、漢籍どもにも巨口細鱗といへり、

〔萬葉集〕

〈三/雜默〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1400 柿本朝臣人麻呂覉旅歌
荒栲(アラタヘノ)、藤江之浦爾(ノブヂエノウラニ)、鈴寸(スヾキ/○○)釣(ツル)、白水郎跡香將見(アマトカミラム)、旅去吾乎(タビユクワレヲ)、

〔羅山文集〕

〈七十/隨筆〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1401 或問曰、鱸魚細小僅數寸見本草綱目、然則赤壁賦所云巨口細鱗松江之鱸卽亦是歟、余曰、不然、范史左慈傳、慈有方術、座間釣松江鱸于盆中、長三尺許云云、李時珍所説未詳、

〔庖厨備用倭名本草〕

〈八/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1401 鱸魚 倭名抄ニスヾキ、多識篇同ジ、考本草一名四鰓魚、ナリアヒ鱖(サケ)ニ似テ色白ク黑點アリ、巨口細鱗ニシテ四鰓アリ、長サワヅカニ數寸、元升〈○向井〉曰、本朝先輩此數寸ト云ニョリ、鱸魚ヲアユトイヘルハ穩當ナラズ、本草註ノ如キハ疑ナクスヾキ也、但長サ數寸ノコトハ、筑後柳川ノ入江ノ海ザカヒニ、ハクラ(○○○)ト云魚アリ、其形色數ニテ本草ノ説ノ如シ、李時珍ミタル鱸魚ハ此ハグラナルニヤ、是モスヾキノ類ナリ、アユハ白色黑點ニ非ズ、大小長短ハ土地異方ノカハリニモヨルベシ、三尺ノ鱸魚ヲ釣ト云古事モアルヨシ聞傳穴タリ、
鱸魚味甘性平小毒アリ、五臟ヲ補ヒ筋骨ニ益アリ、腸胃ヲ和シ水毒ヲ治ス、鮓トナシ膾トナシテ尤ヨシ、日二曝シヤハラガシテ香美也、肝腎ニ益アリ、胎ヲ安ジ中ヲ補フ、食禁多食スレバ病ヲ生ズ、肝ヲ食スベカラズ、合食禁、乳酪ト同食スベカラズ、鱸毒アタルニハ蘆根汁ニテ解ス、

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1401 鱸〈音盧、訓須須木、〉
釋名、小者曰鮬(セイゴ)、〈黑色曰盧、此魚白質黑章故名、(中略)今世訛世比世比古、以名小鱸乎、〉
集解、東南江海四時倶出、小者數寸、大者三五尺、巨口細鱗、似鱈而白質黑章、頭大鰭硬、有四鰓而大開、或有黑點亦間有之、川河者味美脂多、江海者味淺脂少、

〔本朝食鑑〕

〈十/華和異同〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1401
李時珍所謂呉中松江之鱸長僅數寸、是本邦之鮬(セイゴ)也、明流寓舜水朱氏亦見鮬爲松江之鱸、味亦同焉、然則不本邦之大鱸者遠矣、

〔大和本草〕

〈十三/河魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1401 河鱸 海鱸ト形狀同ジ、味甚美ナリ、海鱸ニマサレリ、夏秋尤多シテ味ヨシ、其大者三四尺計、其小者六七寸アルヲセイゴト云、一尺内外ナルヲハクラト云、味甚美ナリ、小者性カ白 シ、中夏松江ノ鱸モ河鱸也、長數寸、本草ニイヘリ、セイゴトハ松江ナルベシ、

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1402 鱸魚 大ナル者二三尺、三月以後七月マデ肥ユ、暑月多クシテ味ヨ、シ、八月ヨリヤスル、夏秋サシミ鱠トシ鮓トス、夏月腸ノ味ヨシ、クモワタト云腸アリ、脂多ク味ヨシ、病人忌之、小ナルヲセイゴト云松江(セウガウ)ナルベシ、中華松江ノ鱸ハ其大サ日本ノセイゴノ如シト云、中華ノ鱸ハ小ナリ、本草ニノスル處、長僅ニ數寸トアリ、河鱸味尤ヨシ、暑月ノ佳品ナリ、出雲ノ松江ノ湖ノ鱸味最スグレタリ、海ト河トノ間ニアルモ味ヨシ、漁人釣之、或戈ニテツキテトル、鰷魚ヲセイゴト訓ズルハ非ナリ、鮴魚ハアユ也、セイゴハ小鱸也、

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈二十九/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1402 鱸魚 スジユキ〈古事本紀〉 スヾキ 一名松江魚〈名物法言〉 橙虀錄事〈水族加恩簿〉 紅文生盧淸臣〈同上〉
此魚大小ノ名、諸州各異ナリ、筑前ニテハ六七寸ナルヲセイゴト云、稍大ナルヲハ子ゼ(○○○)ト云、一尺内外ヲハクラ(○○○)ト云、讃州ニテハ六七寸ナルヲセイゴト云、或ハセイ(○○)ト云、一尺餘ナルヲコバ子(○○○)ト云フ、雲州ニテハ一尺許ナルヲチウハン(○○○○)ト云、伯州ニテハアンザシ(○○○○)ト云、水戸ニテハセツパ(○○○)ト云ヒ、一尺ニ過ルモノヲスヾキト云フ、備前ニテハ三四寸ナルヲセイゴト云、七寸許ナルヲセイト云、一尺許ナルヲコバ子ト云フ、勢州ニテハ四五寸マデヲセイゴト云フ、一尺五寸ナルヲマダカ(○○○)ト云、マダカヨリ大ナルヲスヾキト云フ、同桑名ニテハ八寸許ナルヲセイゴト云、一尺二寸許ナルヲマダカト云、二尺ニ近キモノヲハ子(○○)ト云、二尺以上ヲスヾキト云、江戸ニテハ一年ヲセイゴト云、二年ヲフッコ(○○○)ト云、三年ヲスヾキト云、濃州ニテハ一年〈二寸許〉ヲシイノハ(○○○○)ト云、二年〈六寸許〉ヲセイゴト云、三年ヲマダカト云、四年ヲスヾキト云、鱸魚ハ巨口細鱗ニシテ、大口魚ニ似テ白質黑章ナリ、頭大ニシテ鰭鬣硬ク、棘鬣魚ノ如シ、性錫ヲ好ム、錫丸ヲ以釣ベシ、故ニスvキト名ク、腹中ニクモワタアリ、形蜘蛛ノ如クニシテ脂多ク味美ナリ、夏月コレヲ賞ス、大口魚ニモクモワタアリ、 形重雲ノ如キ故名ク、ソノ名混ジヤスシ、ソノ鮞細碎ナリ、乾シテ鰿子ト爲ベシ、鱸魚ニ河海ノ別アリ、カハスヾキ(○○○○○)ハ脂多シテ味勝レリ、江鱸〈寧波府志〉ト云フ、正字通ニ、天下之鱸皆兩腮、惟松江鱸四腮ト云、ウミスヾキ(○○○○○)ハ脂少味淺シ、正字通ニ、海鱸大者四五尺、其内毳者尤美ト云、寧波府志ニ、海中四腮鱸、皮緊脆而肉厚、呼曰脆鱸ト云フ、〈○中略〉鱸魚ノ小ナル者ヲセイゴ(○○○)ト云、大和本草ニハ、松江ノ音ナルベシト云、淞江艫魚數寸ト云故ナリ、或ハセイ〈攝州讃州〉トモ云、和名鈔ニ漢語抄ヲ引テ世比ト云時ハ、ソノ名古シ、一説ニスヾキトセイゴト種異也、セイゴハスヾキヨリ形扁クシテ脂少ク、味淡シト云、孰レカ是ナルヲ知ラズ、若シ別種小爲ストキハ、顧起元ガ魚品ノhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01909.gif ヨクセイゴニ充レリ、

鱸産地

〔毛吹草〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1403 山城 鱸 出雲 白瀉鮬 松江鱸

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1403 鱸〈○中略〉
今洛之淀宇治爲上品、播紀泉勢尾參遠駿豆相江都房總等州最盛、洛西北海亦雖之、不東南之美也、但雲州松江多出、味亦稱美、松江之名據呉之松江以號之耶、古事本紀謂、天孫降臨之時、事代主於出雲國小濱、造天之御舍天御饗、時櫛八玉釣口大尾翼鱸天之眞魚咋也、註訓鱸曰須受岐、然則雲州産鱸魚者尚矣、松江者今太守之城邊也、松江小濱同州而殊處乎未詳、古者山城國貢獻之、詳于式大膳部、〈○中略〉今時亦自公侯士民、大饗嘉儀最所佳賞也、

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈二十九/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1403 鱸〈○中略〉
城州淀川、宇治川、武州小松川、相州相摸川、播州、紀州、泉州、勢州、尾州、參州遠州、駿州、房州、總州等東南ノ産最盛ナリ、西北海ニモ有レドモ、東南ノ美ニ及バズト云、然レドモ惟雲州松江ノ鱸名産ナリ、味モ優レリ、〈○中略〉雲州ノ城下ヲ松江ト云、又呉松城ト云フ鱸魚ニ因テ呉ノ松江ノ名ヲ取レルモノナリ、湖アリ、大サ二里許、夏月湖中ニ於テ鱸魚ヲ取リ、十月以後ハ湖ヨリ海暖ニ向ヒ落ルヲ取ル、長サ五尺ニ至ル者アリ、湖ハ海ヲ去ルコト數町ニ過ギズ、ソノ間ノ川流瀨ノ早キ處ニテ網ヲ 用テ採ル、十月ノ雷ヲスヾキヲトシト云、此時特ニ多シ、ソノ川ニ漁場三アリ、橋本、中網、下網ト云、又海際ニ於テ最密ナル網ヲ用テ採ヲ外網ト云フ、凡鱸魚四時倶ニ出、然レドモ三月ヨリ七月ニ至ルマデ體肥ユ、暑月出ルコト多クシテ、味亦佳ナリ、九月ヨリハ體瘦、故ニ他州ニテハ暑中ニ賞ス、惟雲州ニテハ冬賞ス、味亦佳ナリ、他州ノ産ハ大者ハ三四尺ニ至ル、雲州ノ産ハ大者ハ五尺ニ至ル、此其異ナリ、

〔魚鑑〕

〈下〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1404 すゞき〈○中略〉下總銚子の産をよしとす、然れども角田川の下に養ふときは、水の淸きに膄、潮の鹹からざるに化して、終に善美兼盡す、その肉は卽玉鱠にして、夏月の珍、これに過るものなし、

〔雍州府志〕

〈六/土産〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1404 鱸魚 河海共有之、字治川所産稱河鱸、特爲珍味、伏見川之産亦次之、今按延喜式山城國贄有鱸魚、然則自古賞之者乎、

〔延喜式〕

〈三十一/宮内〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1404 諸國例貢御贄 山城國〈平栗子、氷魚、鱸、〉

〔延喜式〕

〈三十九/内膳〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1404 年料 山城國〈氷魚、鱸魚、○中略〉 右諸國所貢、並依前件、仍收贄殿供御

〔出雲風土記〕

〈島根郡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1404 凡南入海所在雜物、〈○中略〉須受枳(スヽキ)、〈○中略〉海松等之類至多、不名、

鱸利用

〔宜禁本草〕

〈坤/蟲魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1404 鱸魚 甘平、安胎補中、作鱠尤佳、益肝腎五藏、和腸胃、食之宜人、不甚發一レ病、張幹思之宜筋骨水氣、多食宜人、暴乾甚者美、一云多食發痰癖及瘡腫、忌乳酪

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1404 鱸〈○中略〉
氣味、甘微温無毒、〈本綱曰、有小毒、孟詵曰、中鱸魚者蘆根汁解之、按此説是也、予(平野必大)用鱸發病者、於主病藥方中、加蘆根、山査、姜炒、黃連、略有治驗、若獨多用盧根汁則味甘、有嘔噦之、掌禹錫曰、多食發痰癖瘡腫、然則此亦動火之類乎、少食者未此害、則性微温者明矣、〉主治、潤肌肉、益筋骨、和腸胃、治水氣、或安胎補中、羮鱠尤佳、作蒲鋒亦佳、
發明、俗謂川河之鱸、脂肉甚美而有毒、江海之鱸、脂肉最淺而無一レ毒、是不獨鱸、而一切鱗物皆有此理焉、 于今愛其潔白淡味而嗜之、多食中毒者鮮矣、故冠宗奭所謂雖小毒甚發病、此確論也、李廷飛曰、肝不食、剝人面皮、然今亦煮諸腸者、但用脬與回腸、而味美脂多、其餘微少麁淺不嚼、何愛肝哉、子、氣味、甘温有毒、多食動癖積、最忌嬰兒也、作唐墨亦佳、

〔大草家料理書〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1405 一川鱸料理の事、但差、味は上也、酢鹽はしやうが酢上なり、又煎酒中也、辛し酢下也、一海鱸は汁にするは上也、さしみは中也、

鱸事蹟

〔平家物語〕

〈一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1405 鱸の事
淸もりいまだあきのかみたりしとき、いせの國あのゝ津より、舟にてくまのへまいられけるに、大きなるすゞきのふねへおどり入たりければ、せんだち申けるは、むかししうの武王のふねにこそ、白魚はおどり入たるなれ、いかさまにもこれ孔はごんげんの御利しやうとおぼえ候、まいるべしと申ければ、さしも十かいをたもつて、しやうじんけつさいのみちなれども、みづからてうびして、我身くひ、家の子らうどうどもにもくはせらる、

〔應仁記〕

〈二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1405 今出川殿勢州下向之事
室町殿ハ〈○足利義政、中略、〉京都ノ依忿劇、御臺所坂本へ御忍有テ御暇乞ノ御對面御一獻有、〈○中略〉御舟十二艘ニテ、廿四日〈○應仁元年八月〉明、方ニ江州山田ノ浦ニ御著アリケルニ、雜嘗船ニ鮓ト云魚一尺計成ガ飛入ケ叺、疎忽ナル者取テ海へ投入ケレバ、又鱸一ツ入ケリ、〈○中略〉本朝ニハ平ノ淸盛公熊野參詣之時、舟へ鱸飛入ケルヲ天ニ祭テ、後ニ太政大臣ヲ極メ、天下ヲ治テ振其威、吉例一方ナラズトテ、是ヲ料理テ御酒モリ有ケリ、

鱸雜載

〔吾妻鏡〕

〈十一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1405 建久二年八丹一日丁丑、今日大庭平太景能、於新造御亭盃酒、其儀强不美、以五色、鱸魚等肴物

〔三好筑前守義長朝臣亭江御成之記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1405 三月〈○永祿四年〉卅日未刻御成〈○中略〉 進士美作守請取調進獻立次第、〈○中略〉十七獻、からすみ、せいご(○○○)、はまぐり、

〔御湯殿の上の日記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1406 慶長十五年七月十八日、いたくらすゞき(○○○)しん上す、

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1406 鮬 唐韻云、鮬〈音枯、漢語抄云、世比(○○)、今訛婢妾妾婢也、〉婢妾魚也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1406 玉篇、鮬、鱖鯞也、爾雅、鱊鮬、鱖鯞郭注小魚也似鮒子而黑、俗呼爲魚婢、江東呼爲妾魚、爾雅翼云、鱖鯞似鯽而小、黑色而揚赤、今人謂之旁皮鯽、又謂之媛妾魚、蓋其行以三爲率、一頭前行、兩頭從之、若滕妾之狀、故以爲名、段玉裁曰、鯞音同婦、鱊鱖音近鮬、鯞音近鱖、婦卽今俗謂之鬼婆子是也、郝曰、此魚似鯽而狹長、黑色細鱗、大者僅三寸也、按此魚未詳、
○按ズルニ、後世鮬ヲセイゴト訓ジ、鱸ノ小ナルモノトス、鱸ノ條ヲ參看スベシ、

イサキ

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1406 伊左幾魚〈名義未詳〉
釋名奧鮬(オクセイゴ)〈陸奧稱之〉
集解、江東常有、夏秋尤多、形略類鮬而淡黑、圓身細鱗、背有一條黑線、味最不佳、魚中之下品民間所嗜也、一種有小舌女(コシタメ/○○○)者、此亦類同、

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1406 イサキ 長一尺バカリ其形メバルニ似テ長シ、頭小ニ淡黑色ナリ、早ク敗レヤスシ、下品ナリ、新鮮ナルハ味可也、無毒、

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1406 魬魚 唐韻云、魬〈扶板反、上聲之重、又輕音、漠語抄云、波里萬知(○○○○)、〉魚名也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/能魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1406 按、扶屬奉母脣音、並母之輕、與此云重同、波利末知未詳、今關西俗呼夫利之小者波末知(○○○○○○○)、未是同否、嶧山君曰、雜字簿海鰱、可以充夫利也、

〔類聚名義抄〕

〈十魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1406 魬〈扶板反、ハリマチ、〉 魬魚〈同〉

〔下學集〕

〈上/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1406 魬(ハマチ/○)鰤(ブリ/○)魳(ブリ)

〔壒囊抄〕

〈一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1406 魚類字 魬(ハマチ)、

〔饅頭屋本節用集〕

〈不/生類〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1407 鰤(ブリ)

〔書言字考節用集〕

〈五/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1407 鰍(イナダ/○)〈未詳〉 魬(ハリマテ/ハマチ) 〈順和名〉 鰤(ブリ)

〔日本釋名〕

〈申/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1407 魚師(ブリ) あぶらおほき魚なり、あぶらの上を略す、らとりと通ず、

〔倭訓栞〕

〈中編二十/波〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1407 はりまち 和名抄に魬をよめり、今はまちといふものにや、壒囊抄にはしか記せり、

〔倭訓栞〕

〈中編二十二/不〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1407 ぶり 魚師をいふ、あぷりの義なるべし、ぶりやきとて別に製あるもの也、薩摩にてさうじといふ、蝦夷におそほろすけといふ、鰤をよむは二合の意にや、唐韻には鰤は老魚也と見えたり、

〔物類稱呼〕

〈二/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1407 鰤ぶり この魚の小なる物を江戸にてわかなごと云、五畿内及西國四國にてわかなと云、又つばすと云、一尺程なるを、西國にて目白と云、一尺餘り二尺にも至るを、江戸にていなだと云、北陸道及奧州にてふくらぎといふ、關西にではまちと云、漸大になりたるを、江戸にてわらさとよぶ、是を北陸逍にでらぎといふ、霜月の頃、三四尺五六尺となる、是則ぶりなり、薩摩にてそうじといふ、筑前、及上總にて大うをといふ、

〔日本山海名産圓會〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1407
鰤は日本の俗字なり、本草綱目に魚師といへるは、老魚又大魚の總稱なれば、其形を不釋、〈○中略〉日本にて鰤の字を制しは、卽魚師を二合して、大に老たるの義に充たるに似たり、又ブリといふ訓も老魚の意を以て、年經りたるのプリにより、て、プリの魚といふを濁吾に云習はせたるなるぺし、小なるをワカナコ(○○○○)、ツバス(○○○)、イナダ(○○○)、メジロ(○○○)、、フクラキ(○○○○)、ハマチ(○○○)、九州にては大魚(○○)とも稱するがゆへに、年始の祝詞に協(かな)へる物ならし、

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1407 鰤〈音師、訓無利、〉 釋名、魬、〈音販、又辨、〉鰍、〈音秋、源順曰、魬漢語抄訓波里萬知、今訓波萬知、京師鰤魚小曰魬、江都此曰鰍、訓伊那多、鰍本與鰌字同、今玆誤用乎、又有和羅佐、此亦魬鰍之類、又西海有一種大鰤赤鼻者、號曰鼻赤、其性未詳、〉
集解、鰤形圓大而細鱗、頭大口尖、背蒼腹白、肉中有紫血色一條、内有細刺、如鮪鰹之紫血肉、倶號曰血合也、大者七八尺許、小者形扁、倶生者味甘酸不美、淹者味甘膩稍美、乾者亦佳、又削肉去皮作條、曝乾者呼曰鰤筋、或以鮮者鱠、和姜芥醋而食亦稍可、然官家不用而爲民家之用也、今以丹後之産上品、越中之産次之、其餘不二州之産、但肥筑海濱采者亦不二州之物、凡自冬至春賞之夏時偶雖之而不用、曾聞、師魚連行、自東北之洋西南之海、然比丹後之海上、魚肥脂多味甚甘美、故以丹産上品、丹之太守刺史爭獻貢之
肉、氣味、甘酸温有小毒、〈乾淹二物倶氣味甘、微温無毒、〉主治、滋潤氣血人肥健
發明、凡魚性温而令人醉者多矣、醉者必有毒若河豚、堅魚、師魚、鯖之類、倶宜乾用而不生用也、惟師魚作絶則無毒、或生用亦多嗜食之、則動血、生熱、湧疾、發瘡、令人嘔吐、是純甘膏脂然乎、故今俗用瓮器而炙之、使土器以消爍于膏膩、此土氣開膈胃而魚性淺輕、以除動火嘔吐之患哉、

〔本朝食鑑〕

〈十/華和異同〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1408
孫愐唐韵、鰤老魚也、山海經、壓㶁之水有師魚、食之殺人、陳藏器亦謂、魚師大者有毒殺人、李時珍曰、今無識者、予〈○平野必太〉謂、本邦何時爲此名乎、世人時時食之、然未人也、

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1408 鰤 鰤ノ字ハ昔ヨリ國俗ニブリトヨム、然ドモ出處未詳、本草ニ魚師トイヘルハ別物ナルカ、其形狀ヲノセズ、唐韻ヲ引テ曰、鰤ハ老魚也ト、然ラバ鰤ト魚師ト一物カ、又本草引山海經曰、魚師食之殺人トアリ、ブリハ微毒アレドモ人ヲ殺サズ、サレドモ松前蝦夷ノブリハ殺人ト云、凡ブリハ病人ニ不宜、又瘡疥ヲ發シ痰ヲ生ズ、有宿食及癤瘡金瘡人不食、丹後鰤ハ味美ナリ、若狹ナド隣國ナレドモ、ブリノ味ヲトル、丹後ブリ、油多キ故鹽脯トナラズ、筑紫ノブリハ鹽脯 トスベシ、鰤ノ小ナルヲハマチト云、江戸ニテイナダト云、筑紫ニテヤズト云、地ニヨリテ名カハレリ皆一物也、三月ニ多ク捕ル、ヤズニモ色ノ少アカキアリ、少大ナルヲ目白ト云、小ブリナリ、ブリヨリ小ナル故味ウスク毒ナシ、ハマチ、丹後若狹攝州等ノ産ハ味ヨシ、筑紫ノ産ハ味淡ク酸シ、目白ハ味ヨシ、凡丹後ノサバカレイアヂブリナド皆脂多味美、一種ヒラスト云モノアリ、ブリニ似テ大ナリ、ブリニ比スレバ味淡ク無毒、其小ナルヲサウジト云、味淡美ナリ、

〔和漢三才圖會〕

〈四十九/江海有鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1409 鰤(ぶり)〈音師〉 魚師 魥 和名波里萬知、略曰波萬知
本綱、鰤〈唐韻云老魚也〉大者有毒、食之殺人、今無識者
按鰤身圓大而細鱗、〈○中略〉六月其小者五六寸名津波須、西國號和加奈、炙以蓼醋之、九月一尺許者名眼白、十月近二尺者名魥、〈波萬智〉江東稱伊奈多、爲魚軒芥醋食最美、如鮾則令人醉、〈凡醉者可毒、河豚魚鰤鰹鯖之類、然鮮者不醉、〉仲冬長三四尺、最大者五六尺者名鰤、削肉去皮作條、曝乾者曰鰤筋、阿蘭陀人賞味之、呼曰羅加牟、用猪豕油之、
鰤腌 冬春食之脂多味厚、過春月則味變不食、丹後爲上、越中及防州瀨戸崎雲州艫島亦佳也、此魚自少至老時改名、初在江海徐出太洋、而復自東北海連行、終西海對州焉、以爲出世昇進之物、稱之大魚、貴賤相饋爲歲末之嘉祝、〈未毒殺人者、蓋自對州、入中華海則甚大甚老、故得老魚師魚之名毒亦甚乎、〉

〔魚鑑〕

〈下〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1409 ぶり〈○中略〉 肥前にやづ(○○)といふ、丹後の與謝、雲州の艫島を名産とす、他州もあり、五六月をわかなご(○○○○)、八月より十二月までをいなだ(○○○)、年を越すものをはなじろ(○○○○)、二歲の秋より冬までをわらさ(○○○)、四五歲のものをぶり(○○)といふ、又ひらまさ(○○○○)、ぶりに似て味ひ美し、ぶりのるひなるべし、四月頃䱊を生む、

〔安東郡專當沙汰文〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1409 元德元年己巳、十一月注之
一宮中奉納之時、安濃東西郡正權專當等寄合、直會祓料、肴魚以下之物買之大意日記事、〈○中略〉 大魚(祓料)一隻〈若無大魚者、ワラサ(○○○)ニ隻計歟、代錢百四五十計歟、〉

〔大館常興日記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1410 天文九年四月十九日、大魚〈はまち(○○○)ぶゑん〉一折、諏神左みやげ也、

〔藩翰譜〕

〈十二下/稻葉〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1410 紀通〈○稻葉〉京極丹後守高廣が國に使して、其國に出ではべる鰤給るべきよしを乞ひしに、京極さる腹あしき人にて、稻葉は我領の土産乞ひ受けて、奉行頭人に送らん苞苴の料にこそすれ、ござんなれ、すべき樣こそあれとて、鰤百一一に首うち切て送てけり、紀通大に怒て京極が家人の此所通らん奴、打つて此恨晴さん者をと待ち居たる、

〔毛吹草〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1410 越中 鰤 丹後 伊禰浦鰤 出雲 友島鰤 壹岐 鰤 對馬 鰤

〔日本山海名産圖會〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1410
丹後與謝の海に捕るもの上品とす、是は此海門にイ子と云所ありて、椎の木甚多し、其實海に入て魚の飼とす、故に美味なりといへり、北に天の橋立、南に宮津、西は喜瀨戸、是與謝の入海なり、魚常に此に遊、長ずるに及んで出んとする時を窺ひ、追網を以これを捕る、〈○中略〉
或云、鰤は連行て東北の大浪を經て西南の海を繞り、丹後の海上に至る比に、魚肥脂多く味甚甘美なり、故に名産とすと云、

〔鶉衣〕

〈前篇拾遺〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1410 百魚譜
鰤は節饗の比もてはやされ、梅咲ころを世に匂ふ、

鰤鮖

〔和漢三才圖會〕

〈四十九/江海有鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1410http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01910.gif (しわら) 正字未
按鰤http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01910.gif 狀似鰤而略扁、帶淡赤色、細鱗白腹、夏秋西海多出、小者二三寸、大者三四尺、肉味稍勝、而可煮可炙可膾、

〔新撰字鏡おN 魚〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1410 鰺〈乘勞反、鮭、阿地(○○)、〉

〔本草和名〕

〈十六/蟲魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1410 鰺〈貌似http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01911.gif 〉鯼〈子公反、頭中有石、〉一名石首魚〈出崔禹〉和名阿知、

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1411 鰺 崔禹錫食經云、鰺〈蘇遭反、與騷同、和名阿遲、〉味甘温無毒、貌似鯼而尾白刺相次者也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1411 按類聚名義抄云、鰺鱢俗正、干祿字書云、摻操上俗下正、故鱢俗作鰺、〈○中略〉按崔氏狀鱢、爲鯼皮中有白垢尾白刺連々逆々、其爲阿知疑峰山君曰、寧波府志有靑筴魚、當是阿知、又按説文、鱢、鮏臭也、周禮曰、膳膏鱢、非此義

〔類聚名義抄〕

〈十/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1411 鰺鱢〈俗正音同、上、アヂ、〉

〔下學集〕

〈上/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1411 鰺(アヂ) (アヂ)

〔東雅〕

〈十七/鱗介〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1411 鰺アヂ 義不詳〈(中略)或人の説にアヂとは味也、其味の美をいふなりといへり、萬葉集に據るに、鳥の名またアヂといふあり、古にアヂといひし、別に義やありけむ、詳なる事を知らず、鰺字正字通には繰字之僞也と見えたり、彼にしても字義すでに闕けぬと見えたり、崔氏が説に、尾白刺相次者也といふ事、他魚のある所にもあらず、此にいふアヂなる事、疑ふべからず、此にアヂと云ふ物は、其大小種類また一つならず、

〔物類稱呼〕

〈二/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1411 鰺あぢ 紀州にてとつかは(○○○○)、土佐にてとつばこ(○○○○)と云、小しきなる物を西國にて<ruby><rb>こびらこ、相州にてぢんだんご(○○○○○)、加賀にてさくざね(○○○○)と云、此魚播州室津にて多く捕る、故にむろあぢ(○○○○)の名有、

〔本朝食鑑〕

〈九/江海無鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1411 鰺〈音騷、與鱢同、訓阿遲、〉
集解、源順謂崔禹錫食經曰、鰺似鯼而尾白刺相次者也、此非白刺而硬鰭如鱗、背後兩邊相對、自腮下尾前、其肉中亦黑血肉、綿綿成條、無鱗、靑黑色、大者蒼黑色、不一尺餘、駿豆房總之海濱采者最美、西北南海亦有、鰺性喜成群游好海糠食、故漁人窺而網采之、鯨好鰯鰹好鯷亦同、此類不少、凡自春末秋末多采之就中其不六七寸許、而圓肥者味甚香美、最宜炙食、或作鮓、作煮、作膾亦佳、絶勝品類、呼號中脹(ナカフクラ/○○)、而上下倶賞美之、是江都之珍也、漁浦常采爲腊鮝亦好、冬春之際、魚瘠無味、故專乾曝之民間之用、一種有室鰺(○○)者、狹小肉薄、故不生食、曝乾作腊而稍好、漁家言、此魚者播之室津多采之、故穃室鰺、一種有島鰺(○○)、類鯧魚而狹、味亦不佳、最爲下品、 肉、氣味、甘温無毒、〈源順載食經言、或曰小者甘平、大者甘温未詳、〉主治、未何病而無害、或謂破血、故瘍醫禁之、然此魚食鮩故耶、
疣背魚(○○○)〈俗訓伊保世
釋名、島鰺、〈俗爲鯧名訛矣、鰺之別種也、〉
集解、疣背卽鯧也、頭小身正圓、狀如鯿鯽鯛鰈而腦上突起、連背如瘤疣、故俗號疣背魚、無鱗、色白似雲母紙、或有斑紋、肉厚味美、炙之可食、不煮膾、然魚性多涎脂之故也、味雖美不上品
肉、氣味、甘温無毒、主治、俗稱治小皃龜背、未之、多食動蟲積也、腹中子有毒不之、

〔本朝食鑑〕

〈十/華和異同〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1412
字彙曰、鰺鱢字之譌、鱢、蘇曹切、音騷、魚腥、續字彙不譌字、謂蘇刀切、音騷、鯤鰺也、崔禹錫辨爲魚名、其狀大抵相似矣、
疣背魚
本草謂鯧魚也、時珍曰昌美也、以味名、或云、魚游於水群魚隨之、食其涎沫於娼、又有䱽魚、鯧鯸魚、昌鼠之名、陳藏器曰、狀如鯽作炙食至美、嶺表錄云、形似鯿魚腦上突起連背、身圓肉白、南産志曰鱂魚屠本畯疏、鱂板身口小項縮肥腴少鯁、小者形匾曰鯧、又小者形圓曰斗底、又黃蠟樟亦鯧也、鱗金點而差厚、小者名鮨鯿、以其好交群魚娼然故名鯧、又有䱽魚身扁色紫無鱗、以其首鋭腹廣尾細如鏢鎗故名、又有黃彡、似鯧差長、鱗細黃赤色、考此數言則本邦疣背魚無疑、此鎗及黃蠟樟黃彡略似鮦耳

〔和漢三才圖會〕

〈五十一/江海無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1412 鯵〈音騒〉 鱢〈同〉 和名阿遲〈○中略〉
按鰺無鱗魚背靑腹微白、小者二三寸、大者尺餘、形似鯖而背後兩邊相對、自腮下尾末、硬鰭如白刺鱗、其肉中黑血肉、綿綿成條、性喜成群游、好海糠食、自春末秋末多采之作鮓、煮炙膾其味甘美、其品類甚多、 棘高鰺(イラタカ /○○○) 大三四寸、皮厚刺硬作http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01913.gif 、最爲下品
室鰺(○○) 多出於播州室津故名之、形似鰺而略圓、有白刺、眼大、冬月作http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01913.gif 、東海亦多出、味脆不佳、爲下品
目高鰺(○○○) 喙長兩眼之間廣、又目大而口小者名目太鰺
島鯵(○○) 似鯵而略扁有横文、尾耑有刺鬣、三四月出、
滅托鰺(○○○) 似鰺而稍扁、尾前帶黃無刺鰭

〔魚鑑〕

〈下〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1413 あぢ〈○中略〉 鱗なく蒼黑色、身中に一條の逆鱗あり、大サ一二寸より六七寸に至る、大なるもの尺に及ぶ、春の末より秋の末に至るまで尤多し、就中夏月ゆふがしのものを、酒媒の珍とす、大サ一二寸、肥圓く腹中あみ滿つ、これをなかふくらといふ、生熟皆香美なり、上下ともに賞美す、冬は瘦て料理にあたらず、只脂となす、又丸あぢあり、相似て劣り小毒あり、一種むろあぢ、播磨室の海に多し、ゆへにしかいふ、狀圓く肉あつし、脂につくるべし、房州布良より、その半乾のものを出す上とす、一種しまあぢ狀あぢに似て、全身まなかつをのごとし、小なるをゑのはといふ、庖丁家尤重んず、

〔延喜式〕

〈三十一/宮内〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1413 諸國例貢御贄 和泉國〈鯛、鰺、〉

〔延喜式〕

〈三十九/内膳〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1413 年料 和泉國〈鯛、鯵、〉

〔毛吹草〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1413 伊豫 ムロ鰺

〔續江戸砂子〕

〈一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1413 江府名産〈幷近在近國〉
江戸前鰺 中ぶくらと云、隨一の名産也、總じて、鯛平目にかぎらず、江戸前にて漁を、前の魚と稱して、諸魚共に佳品也、

〔類聚符宣抄〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1413 皰瘡事
太政官符、東海、東山、北陸、山陰、山陽南海等道諸國司、 令疫之日治身及禁食物等事漆條〈○中略〉
一病愈之後、〈○中略〉廿日巳後若欲魚宍、先能煎炙、然後可食、〈○中略〉但鯖及阿遲(○○)等魚者、雖乾腊、愼不食、〈○中略〉
天平九年六月廿六日

〔相州文書〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1414 本城御前樣御臺所毎月納肴從昔相定帳面改而被仰出
魚之代定 鹽にても無鹽にても可隨意〈○中略〉
一大あぢ 壹ツ幷わかなこ 代二文〈○中略〉
庚申二月廿三日 國府津之船主村野宗右衞門

鯖/名稱

〔新撰字鏡〕

〈魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1414 䱜〈食客反、加是佐波、〉 鱕〈加是佐波〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01879.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01880.gif 〈上佐波、下奈万豆、〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01914.gif 〈波江、又左波、〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01915.gif 〈左波〉

〔本草和名〕

〈十六/蟲魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1414 鯖〈組經反、出崔禹〉和名佐波、

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1414 鯖 崔禹錫食經云、鯖〈音靑、和名阿乎佐波(○○○○)、〉味鹹無毒、口尖背蒼者也、
鱕魚(○○) 唐韻云、鱕〈音番、漢語抄云加世佐波(○○○○)、〉魚有横骨鼻前、如竹斤斧者也、御覽鱗介部云、新婦魚、〈辨色立成和名上同〉

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1414 按、廣韻鱕甫煩切、屬非母、番附袁切、屬奉母、淸濁不同、此以番音鱕恐誤、或是蕃字脱艸冠也、又按本草和名引崔禹、以鱕爲韶陽魚一名、注云、鱕是鯤之名、朝出求食、夕還入母腹中者曰鱕、然則崔氏以韶陽魚子鱕、然出入母腹中者䱜魚非韶陽魚、又按新撰字鏡、鱕同訓、䱜亦同訓、魶訓加西魚、亦疑同物、有今俗呼鐘木鯊、或名加勢夫加、其狀似絡絲之挊、所謂加勢佐波當此魚、閩書南産志有雙髻鯊、寧波府志了髻鯊、蓋亦是物、〈○中略〉玄應音義引薛翊異物志云、鐇䱜有横骨在鼻前、狀如斧斤、江東呼斧斤鐇、故謂之鐇䱜也、孫氏蓋依之按呉都賦注引皆作鱕、與引唐韵合、然説文無鱕字、蓋古以其形如斧斤鱕、後从魚作鱕也、呉都賦注又云、䱜魚二十餘種中此其最異者、此魚所擊無中断也、有出入魚子、朝出求食、暮還入母腹中、皆出臨海、〈○中略〉所引〈○御覽文〉蓋修 文殿御覽也、今無傳本、按太平御覽鱗介部十二引臨海水土記曰、新婦魚、似䱦魚長一丈、又鱗介部十引南越記、鱕魚、鼻有横骨鐇、海中波浪爲之涌、海船逢之必斷、是二魚並載、則新婦魚與鱕魚同而漢語抄以鱕魚加勢佐波、辨色立成以新婦魚加勢佐波者、二家其説不同也、源君以其所訓同、合鱕新婦魚一者誤、按新婦魚未何物

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1415 鯆魚(○○) 唐韻云、鯆、〈音甫、辨色立成云奈波佐波(○○○○)、〉大魚名也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1415 按廣韻、鯆訓大魚、音甫在上聲九虞、又鯆、鯆䱐魚名、亦作http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01777.gif 、音逋、在平聲十一模、雖二音、然其義無異、鯆䱐一名江豚、然則此所擧鯆魚卽上所載䱐http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01777.gif 、源君分http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01777.gif 鯆魚二條、非是、辨色立成訓鯆爲奈波佐波允、源君從之亦非、

〔類聚名義抄〕

〈十/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1415 鯆〈音甫 ナハサバ〉 鯖〈音靑 アチサハ サバ〉 鱕〈音番 カセサバ〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01917.gif 〈サバ〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01879.gif 〈アチサバ〉

〔下學集〕

〈上/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1415 鯖(サバ)

〔書言字考節用集〕

〈五/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1415 靑魚(サバ)〈本草〉鯖(同)〈同上〉刺鯖(サシサバ)

〔日本釋名〕

〈中/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1415 鯖 さばは小齒(サハ)也、さはさゝやかの意小也、此魚こと魚にかはりて齒小なり、

〔東雅〕

〈十九/鱗介〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1415 鯖アヲサバ〈○中略〉 サバの義不詳、古語に多きを謂てサハといふ、其聚る事、多(サハ)なるを云ひしに似たり、〈(中略)蘇頌圖經に、靑魚生江湖間と見えて、字亦作鯖、此にいふサバとは見えず、舜水朱氏も靑魚サバにはあらず、大なるもの五六尺に至ると云ひけり、さらば食經に見えし所の如きは、其名同じく物異なるなり、朝鮮の俗、また靑魚といふものあり、束醫寶鑑にも圖經本草を引て、非我國之靑魚也と注せり、彼にして靑魚といふは、(中略)此にしてはニシンといふもの是也、〉

〔倭訓栞〕

〈前編十/佐〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1415 さば 倭名鈔に鯖をよめり、小齒の義、他魚に異れりといへり、されど鈔にはあをさばと見ゆ、鯖の字西土にいふ物は異れり、唯崔氏食經の説相似たり南産志にいふ靑貫も亦近し、貝原氏の説に夏秋漁人夜此をつる、漁火千万海上に連り、觀者目を驚かす、伊勢物語の歌に、 はるゝ夜の星か澤邊の螢かも家すむ里の海人のたく火か
とよめるが如しと見えたり、げに此歌をよくもあらぬ體のやうに評せし説も侍れど、星夜一天のけしき、人皆常になるゝ所にして、宇治瀨田をはじめ、山川の螢能登出雲などの鯖の漁火より沼海の國にあまのたく火の數かぎりなきありさまは、親しく見る人ならではかく比類し、よく形容したる意味は辨へがたくこそ、

〔雲州消息〕

〈中/本〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1416 所給枝柹甘於蜜房、人丸之姓知所以乎、況櫻鯛柳鯖(○○)可春遊、三種之物、千金還輕、

〔大上﨟御名之事〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1416 女房ことば
一さば さもじ(○○○)

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1416 鯖〈訓佐波、或曰阿乎佐波、〉
釋名鱕〈音番、漢語抄訓加世佐波、〉鯆、〈音甫、辨色立成訓奈波佐波、鯖或作靑魚、以色名、按源順以魚有横骨在鼻前竹斤斧鱕、太平御覽曰、鱕者新婦魚也、今未斯之類、惟靑魚鼻邊有縱骨如釵之細小、若乃靑魚之大則鼻骨亦大、而如竹斤斧耶、鯆者唐韻曰大魚名皀、字書謂、江豚別名、然則非鯖之類、而和名所謂鯆魚亦今未斯之類、訓鯆謂加世、則乾枯之稱乎、訓鱕謂奈波則言鮮時靑斑如繩之http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01550.gif 乎、〉
集解、東南西北江海所在有之、雖采無一レ時、而自春末秋末最多采之、似師魚而小、鱗亦至細背正靑色、中有蒼黑虎紋、或如繩之纒、尾邊兩兩相對有角刺之硬鰭、凡生用不佳、而多食則醉、作䱒食則不醉、呼鰌曰刺鯖、氣味勝于生魚、故上下賞美之、今時七月十五日、用生荷葉强飯膳、又以荷葉刺鯖之、先供家君及子孫、而臣僕次第飱之、號曰荷供御、此是官家士商、並本朝通俗之祝例而未何時之濫觴焉、

〔本朝食鑑〕

〈十/華和異同〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1416
鯖者華和尤異、本邦鯖魚中華未之、崔氏食經所言相似耳、近聞華客語曰、五侯鯖甚大、北京希有、故自南京之近海獻之、捕大魚置于水中、用繩緊縛魚之首尾、而總結其繩尾、總結處上著大銀環、環中 貫繩懸舷去、則經過萬里竟不死、生獻于御厨也、南産所謂靑貫略似本邦之鯖焉、

鯖産地

〔延喜式〕

〈二十四/主計〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1417 凡中男一人輸作物、〈○中略〉鯖醬(○○)、小鰯、阿米魚各六斤、
能登國〈○中略〉中男作物〈○中略〉鯖 周防國〈○中略〉中男作物〈○中略〉鯖 讃岐國〈○中略〉中男作物〈○中略〉鯖 伊豫國〈○中略〉中男作物〈○中略〉鯖 土佐國〈○中略〉中男作物〈○中略〉鯖

〔延喜式〕

〈三十九/内膳〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1417 供御月料 能登鯖一百四十二隻

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1417 鯖〈○中略〉
古者用之爲神祗之供、延喜式載之、能登、伊豫、土佐、讃岐、周防等州多貢之、今以能登之産上品、越中佐渡次之、與東南之産大略相同、惟頭圓小肉、味最脆美、勝于餘州、其越佐之産亦略似相劣、周防長門之産、其次之次也、其州太守刺史爭獻之王饌也、

〔新猿樂記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1417 四郎君、受領郎等刺史、執鞭之圖也、〈○中略〉常擔集諸國土産、貯甚豐也、所謂〈○中略〉周防鯖(○○○)、

〔出雲風土記〕

〈秋鹿郡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1417 凡北海所在雜物、〈○中略〉佐波、

鯖利用

〔宜禁本草〕

〈坤/蟲魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1417 靑魚(サバ) 甘平無毒、肉主脚氣濕痺、古作鯖字、膽眼晴取汁注目主目暗、〈塗痛〉頭中有枕、療心痛水氣、蒸曝乾水硏服之、日華子云、治脚軟煩滿心、益氣力葵蒜、服朮人勿食、

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1417 鯖〈○中略〉
肉、氣味、甘酸温有小毒、〈按http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01913.gif 甘平無毒〉主治、止虚泄調冷痢、然有破血之功、又治大便閉、不虚實、用生鯖眼、入肛門而導、則大便快利、
刺鯖、氣味、主治倶詳于前、〈刺鯖法取鮮鯖腸及鱗、自背傍骨而割開之、使全體不別如楚割、而後䱒之、用一ケ頭入于一ケ頭中鰓間、而兩ケ相聯作一重、此號曰一刺、今漁市所販者是也、其色以赤紫者上、塗鰯油而乾則然矣、是漁家所深秘也、〉
鯖醬、氣味、甘鹹無毒、按主計式有之、古者所在之諸州獻之乎、〈今世有背腸醬者、其法於靑魚腹中、去諸腸則右白膜、膜中有黑腸而添大骨内、名曰背腸、取之和鹽作醢、是賀州之産也、或以骨肉鰭頭尾、細剉碎入背腸中、調和鹽麴醢、號曰背腸醬、是長州防州之産、亦以爲佳品、其州守刺史獻之贈之也、〉 防方、代指腫痛、〈未膿者用鯖醬、時々傅之則痛止腫消、〉

〔庖厨備用倭名本草〕

〈八/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1418 靑魚〈○中略〉 元升曰、俗此枕骨ニテ作リタルヲベツカウト云、タイマイトイヘリ、俗ノナラハシナリ、
靑魚味甘性平毒ナシ、韮白ト同ジク煮テ食スレバ、氣力ヲマシ、脚氣脚弱煩悶ヲ治ス、枕骨、眼睛汁、膽皆各病ヲ治スル功用アリ、合食禁、丹石、胡荽、葵菜、此類合食スベカラズ、

〔食物和歌本草〕

〈六〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1418 靑魚(サバ)
さばの肉脚氣に足のほあきつゝしびるゝによし氣力ます也
鯖膽(サバノキモ)
鯖のきも赤く目はれていたむ治し熱瘡にぬれ忽にいゆ

鯖雜載

〔類聚符宣抄〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1418 皰瘡事
太政官符、東海、東山、北陸、山陰、山陽、南海等道諸國司、令疫之日治身及禁食物笋事漆條、
一病愈之後、〈○中略〉廿日已後、若欲魚宍、先能煎炙、然後可食、〈○中略〉但鯖及阿遲等魚者、雖乾腊愼不食、
天平九年六月廿六日

〔今昔物語〕

〈十二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1418東大寺花巖會語第七
今昔、聖武天皇東大寺ヲ造リ給テ、先ヅ開眼供養シ、給フニ、〈○中略〉其ノ日ノ朝、寺ノ前ニ使ヲ遣シテ令見メ給フニ、一人ノ老翁籮ヲ荷テ來レリ、其籮ニハ鯖ト云魚ヲ入タリ、〈○中略〉天皇然レバコソ、此レハ夢ノ吿有レバ、只者ニハ非リケリト信ジ給テ、此ノ籮ヲ見給ヘバ、正シク鯖ノ入タリト見エツレドモ、花嚴經八十卷ニテ御マス、

〔延喜式〕

〈三十二/大膳〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1418 宴會雜給 大歌立歌、人別〈○中略〉大鯖一隻、〈○中略〉 右新嘗會宴食料、依旬件

〔古事談〕

〈一/王道后宮〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1419 或人云、鰯ハ雖良藥公家、鯖ハ雖劣物供御云々、後三條院ハ、鯖頭ニ胡淑ヲヌリテ、アブリテ常聞食キト範時語ケリ、

〔親元日記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1419 文明十五年六月七日戊辰、畠山左衞門佐殿より進上、公方樣へ鯖子十桶、同背腸十桶、

鰯/名稱

〔新撰字鏡〕

〈魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1419 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01918.gif 〈伊和志(○○○)〉

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1419 鰯 漢語抄云、鰯、〈以和之、今按本文未詳、〉

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1419 按、鰯字諸書無見、或是皇國製字、新撰字鏡http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01918.gif 同訓、又按閩中海錯疏、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01919.gif馬鮫而小、有鱗、大者僅三四寸、是可以充伊和之也、

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1419 鯷魚 陶隱居本草注、鮧魚今之鯷魚也、四聲字苑云、鯷〈音題、漢語抄云比志古以和之、〉小鮎魚、黑而少味也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1419 按、郭璞注爾雅云、鮎別名鯷、江東通鮎爲鮧、陶亦云、鮧魚是鯷魚、則知鯷卽鮧之一名、王念孫曰、鯷亦黏滑之稱、鯷之言䊓、釋詁曰、糧黏也、廣韻則以鮧鯷同字、依之鯷從題省、後世諧聲鮧字、猶鮎後或諧聲作一レ鯰、然則鯷魚卽鮎魚、説文鮷大鮎也、四聲字苑爲小鮎者、不何據、以小鮎魚鯷爲二物是、

〔類聚名義抄〕

〈十/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1419 鯷〈音題 ヒシコイワシ〉 鰯〈イハシ未詳〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01920.gif 〈イハシ〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01921.gif 〈イワシ〉

〔伊呂波字類抄〕

〈伊/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1419 鰯〈イワシ、音未詳、〉

〔同〕

〈比/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1419 鯷〈ヒシコイワシ〉

〔下學集〕

〈上/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1419 鰯(イハシ) 鯷(ヒシコ)

〔日本釋名〕

〈中/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1419 海鰛(イハシ) いやし也、魚の賤き者也、或曰よはし也、とりてはやく死るゆへ也、

〔東雅〕

〈十九/鱗介〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1419 鰯イワシ 倭名抄に漢語鈔を引て、鰯はイワシ、鯷はヒシコイワシといふ、今按鰯字未詳と注したり、漢語抄に堅魚を鰹に作りし例に依らば、弱魚の字また鰯に作りしも知るべからず、イワシとは弱也、其水を離れぬれば、たやすく死するをいふ也、鯷讀てヒシコイワシといふ、義 も亦不詳、〈(中略)閩書に鰛魚似馬鮫而小、有鱗大者僅三四寸と見えしもの、卽是イワシ也、過にし比、閩中の商舶、長崎に來りて、食料を官所の人に請ひし、單に一八之の字あり、解する者なかりしに、譯人の老いたるが、イハス也といひしによりて、其請ふ所をゆるしき、後に聞きしに、淅省閩中の俗、同じく此物を呼びて、イハスといふ事、こゝに同じといふなり、これは只此國の方言に倣ひて云ひしなり、鯷魚は倭名鈔に引用ひし本草注にも、鮧魚一に鯷魚といふ、四聲字苑にも鯷は小鮎魚とも見えたれば、卽是崔禹錫食經に見えし鯰ナマヅと注せしものなり、ヒシコイワシといふべき物にあらず、またヒシコイワシといひし義不詳、ヒシコとは、イワシコといひし語の轉ぜしに、や、イワといふ語を引結びて呼ぬれば、ヒといふべきが故也、また大隅國風土記に、必志里といふ事を解して、隼人の俗に、海中之洲をばヒシといふと見えし事もあれば、はじめ夫等の地方より出しを呼びて、ヒシの小鰯などいひし事、ウミエビ、シマアヂなどいふが如くなりけむも知るべからず、又此魚は魚醬となしぬる物なれば、ヒシホイワシと云ひし詞の轉ぜしにや、ヲホの二音轉じてコといふは、方俗よのつねの事なり、〉

〔物類稱呼〕

〈二/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1420 鰯いは(ワ)し をむら(○○○)、〈女詞也〉をほそ(○○○)、〈同斷〉あかいわし(○○○○○)といふ物は鹽につけたるを云、肥前の長崎にてからがき(○○○○)と云、中國にてやすら(○○○)と云、
鰻ひしこ(○○○)いはしの屬也 相摸及西國にてかたくちいわし(○○○○○○○)と云、又片口(○○)と計もいふ、駿河にてくだいわし(○○○○○)と云、上總にて小いわし(○○○○)、下總、及常陸にてせぐろ(○○○)とよぶ、今按に上總の國にて小いはしと稱すといへども、子の字の義にはあらず、又鰯の小きをも小いはし(○○○○)といふ、秋をもて氣とす、是にまがふなり、ひしこを云は小きいはしの如しと云意なるべし、又西國の産物に銀ひしこ(○○○○)と云有、是はこゝに云鯷にはあらず、鱰(しいら)といへる魚の子を鹽漬になしたる物也、又鯔の小しき物を製したるをもいふ也、なを蟹の條下を合せて見るべし、又ごまめ(○○○)と云物有、是はいはしにてはなし、ひしこの干たる物也、相摸及越後奧の津輕にて干鰯と云、仙臺にてひいご(○○○)と云、加賀にてかいぶし(○○○○)と云、九州にてすぼし(○○○)、又片口(○○)とも云、伊賀及伊勢出雲又奧州の内にて田つくり(○○○○)と呼、按にごまめとは常の稱號也、春の始に小殿原又田作りなど唱へて祝し侍る、是稻梁を植る物、干鰯干鯷をもつてす、故に田つくりの名有、又すぼしと云、るは、簀の上に干を云也、

〔〈浪花襍誌〉街迺噂〕

〈一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1420 鶴人、小さい鰯のことをはかり(○○○)といひ、大ぶりなをよみ(○○)といひやす、

〔尺素往來〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1420 巡役之朝飯明日可勤仕候、此間依霖雨美物雖得候、〈○中略〉魚類者〈○中略〉鯷魚(○○)幷雜魚等、

〔大上﨟御名之事〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1421 女房ことば
一いはし むらさき(○○○○) おほそ(○○○)とも きぬかづき(○○○○○)共

〔醒睡笑〕

〈一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1421 謂被謂物之由來
鰯をば上﨟がたのことばに、むらさき(○○○○)ともてはやさるゝ、むらさきの色はあゆにはましたといふえんとや、されば下主らしきいわしも、其人のすきなれば、鮎の魚にもまさるよのふ、

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1421 鰯〈漢語抄訓以和之
釋名、鯷、〈音題、訓比師古、〉御紫(ヲムラ)〈訓乎牟羅、鰉小鰯魚也、本朝自古稱之、然考本綱及字書則鮎鮧之別名也、御紫或曰紫、訓牟羅佐岐、本朝禁裏宮閨之兒女、忌鰯之賤名御紫、鰯之鹽糟其肉色紫黑故名乎、然紫者藤氏攝關之服色、以此名魚而不憚者、爲其美味也乎、按鰯和字也、古來無音釋、故今論之則鰯音弱、言魚出永卽死、性柔弱易餧敗也、〉
集解、四方江海所在盛有、所無全無、形似鰺而小圓、有細鱗而易落、背蒼黑而腹黃白、多膏脂而光耀、大者六七寸小者一二寸、性相連群行自澳至磯、至時波赤如血、此謂鰯之鼻赤有光故也、漁人預識下網采之、或曰、鯨來則大鰯多來、鰹至則小鰯多至、是鯨鰹喜食、故自大洋鰯而來至歟、鰯鮮者作膾作炙、醜者炙食、又倶用好醋和醬而煮食亦佳、其味在頭、諺謂鰯頭有鴈味是也、或有甘鹽者、有糟漬者、有鹽麴漬者、號曰黑漬、有乾者、古爲下品、大概爲民間之食者、忌其鯹臭也實臭氣與鯯略同、而秦之藁鮑亦此類乎、然其味殊可賞、故官家亦時時嗜之、

〔本朝食鑑〕

〈十/華和異同〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1421 鰯 本草諸家未之、南産志曰、緼魚似馬鮫而小有鱗、大者僅三四寸是鰯乎、

鰯産地

〔延喜式〕

〈二十四/主計〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1421 凡中男一人輸作物、〈○中略〉小鰯阿米魚各六斤、〈周防國小鰯七斤〉大鰯鮨十五斤、備中國〈○中略〉中男作物〈○中略〉大鰯、比志古鰯、安藝國〈○中略〉中男作物〈○中略〉比志古鰯、

〔毛吹草〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1421 攝津 干小鰯〈世ニコレヲゴマメ、又コトノハヲト云、〉 丹後 鰯 伊豫 宇和島鰯

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1421 鰯〈○中略〉
常之水戸、豫之宇和、肥之松浦、並貢獻于官厨、延喜式神祇有鰯汁、主計有乾鰯鰯鮨、紀伊、若狹、丹後、 備中、備後、安藝、周防、讃岐等州獻之、今京師所鬻自泉之岸和田、勢之桑名多運轉來、其餘若丹及四國西海亦然、江都最盛、南自相豆駿遠參尾勢泉紀、東自房總常羽奧及北海多運漕來、

〔新猿樂記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1422 四郎者、受領郎等刺吏執鞭之圓也、〈○中略〉宅常擔集諸國土産、貯甚豐也、所謂〈○中略〉伊豫(○○)手箱、〈又砥、又鰯、〉

〔攝陽群談〕

〈十六/名物土産〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1422 兵庫(○○)鰯漬 同郡〈○矢田部〉兵庫ノ津ニアリ、當浦ノ漁者大網ヲ下テ引之、則潮ヲ以テ製之、鰯胥トス、香味甚美ナル事、諸國ニ勝タリ、
同簾干小鰯 同所ニ製之、胥鰯ノ所餤、簾ヲ白濱ニ置テ、炎天ニ干乾テ、能干タル時升ニ量リ、市店ニ送ル、魚小ク光在テ銀魚ノ如シ、

〔魚鑑〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1422 いわし〈○中略〉 處々海濱多しといへど、東武の内海の産、所謂江都前(ゑど /○○○)にして味ひ美く、他州の産に勝れり、

〔春波樓筆記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1422 相州鎌倉の海にて漁する鰯は、口曲りて片口(○○)と呼ぶ、

鰯利用

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1422 鰯〈○中略〉
凡都城之市民用之爲常飯之佐、田隴山海之民別造醬汁以代未醬豉汁、是曰鰯汁、然則民間日用而如一日不一レ此物也、
小鰯〈卽鯷也〉處々最多采之、以鮮者多爲土民之用、或爲醢以獻國守刺史、守吏亦贈于四方、或充上饌、號曰鰻漬、今諸州雖多造一レ之、其淨鮮香美者殆不桑名之産、又自松浦五島來者兼鯷、同漬于茄子、生薑、生蓼、蜀椒、番椒、蒜葫之類、其味最足賞、此亦間雖同類、然不松浦五島之産也、乾者號曰鱓、訓伍眞米、鱓本鰻驪之類、今訛名之歟、京師五畿勢賀濃尾及四國中國西海東北諸州、倶種稻粱者、以乾鯷細剉、和灰而培之、或和糞汁亦有之、故稻粱豐盈米秋甘實、因號乾鯷田作、又用乾鰯亦若此、號曰乾香也、倶是聲價極賤利用增貴、以漁家一年所鬻諸魚之價而論之、則鰯之利用十倍焉、於是謂魚中之貨 殖、惟鯨與鰯耳、今世歲賀昏儀之供膳、必以乾鯷、大豆、或鹽乾鰯、鹽乾小鯛http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01922.gif、爲規祝之供、此亦取田作之義歟、或稱小殿腹(コトノハラ)、而祀子孫繁榮之義也、凡乾鯷、人人平生之佳肴、而朝夕用之不厭、又采其不寸者、聯乾爲帖號疊鰯、此亦酬獻傳巵之嘉肴、或以爲茗酒小會之具焉、
肉、氣味、甘鰔温無毒、〈按多食令人胸滿吐痰、或重瘡毒及小兒蟲積、〉主治、滋陰壯陽、潤氣血笳骨、補臟腑經絡、養老育弱、令人肥健長生、乾鯷亦同〈或曰微温〉最增氣力陽事、惟不産婦小兒、而多食則起血暈蟲積也、〈○中略〉
附方、産後腹痛、〈鰯魚頭黑燒存性、毎服一字温酒下、〉凍腫作皸、〈鰯頭黑燒調麻油之〉
宇留女鰯、〈名義未詳〉按此亦似鰯而圓長、頭類小鯔而尖、細肉多細刺、多脂多臭、細鱗有光、生用味惡、乾用稍佳、氣味微温無毒、主治、略與鰯同而劣矣、攝泉紀丹但若等州多採之、故京師漁市多鬻之、江都亦有駿豆相之海濱來者也、

鰯雜載

〔延喜式〕

〈二十四/主計〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1423 凡諸國輪調、〈○中略〉漬鹽雜魚、乾鰯各卅六斤、

〔古事談〕

〈一/王道后宮〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1423 或人云、鰯ハ雖良藥公家、鯖ハ雖劣物供御

〔後水尾院當時年中行事〕

〈上/正月〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1423 一正月朔日〈○中略〉先あしたの御はんを供ず、鰯とかいふ御まなを、白き土器に入て、同じ土器おほひて奉る、〈是をきぬかづき(○○○○○)といふ、至極衰微の時節よりはじめて、其嘉例をうしなはで、今に奉るとか、ふたをおほふは、彼御まな下ざまに專用ものなれば、おほひかくすにこそ、〉

〔古今著聞集〕

〈十六/興言利口〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1423 妙音院入道殿〈○藤原師長〉仰らるべき事有て、孝道朝臣のわかゝりける時、けふたがはで祗候すべきよし仰ふくめられたりけるに、孝道仰を承ながらうせにけり、ひめもすにあそびありきて、夕べに歸り參じたりければ、入道殿大きにいからせ給ひて、御勘發のあまりに、贄殿の別當なりける侍を召て、麥飯に鰯あはせにて只今調進すべきよし仰られければ、則參らせたりけるに、孝道にくはせられけり、

〔相州文書〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1423 本城御前樣御臺所毎月納肴從昔相定帳面改而被仰出事 魚之代定 鹽にても無鹽にても可隨意〈○中略〉
一いはし 貳ツ 代壹文〈○中略〉
庚申二月廿三日 國府津之船主村野宗右衞門

〔有德院殿御實紀附錄〕

〈十七〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1424 三浦の代官日野小左衞門正晴齋藤喜六郎直房に命ぜられ、うるめ鰯をめして御膳に供へられし事も有しとなり、

〔塵塚談〕

〈下〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1424 鰯魚予〈○小川顯道、享保頃人、〉若年の頃は夥しく取れしと見へて、毎日鰯魚多く來れり、四五十年以前より、いはし賣邂逅來る也、五十年以前迄は、相州三浦三崎、安房國邊には、大網といふありけり、紀州邊の大商人、獵船數艘こしらへ、船はたらきの者數百人召抱置、鰯を取て油にしぼり、干鰯にして諸國へうり出し、鰯拂底に成しゆへに取續がたく、皆々大網をしまひ、家居諸道具等までうり拂ひ、國々へ歸り大網斷絶なり、

〔鶉衣〕

〈前篇拾遺〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1424 百魚譜
鰯といふものゝ味ひ、ことにすぐれたれども、崑山のもとに玉の礫にするとか、多きが故にいやしまる、たとへ骸は田畠のこやしとなるとも、頭は門を守りて天下の鬼を防ぐ、其功鰐鯨も及ぶべからず、

〔新撰字鏡〕

〈魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1424 鮥〈盧各反、己(○○○○)乃志呂、〉 鰶、鯯、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01923.gif 、䱥、鮗、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01924.gif 、〈六字、己乃志呂、〉

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1424 鯯 四聲字苑云、鰶〈子例反、字亦作鯯、和名古乃之呂、〉魚名似http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01816.gif 而薄、細鱗者也、

〔類聚名義抄〕

〈十/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1424 鰶〈コノシロ〉 䱥〈コノシロ〉 鯯〈同〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01902.gif 〈コノシロ、魚子〉

〔伊呂波字類抄〕

〈古/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1424 鰶〈コノシロ、亦作鯯、〉

〔下學集〕

〈上/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1424 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01916.gif (コノシロ) 䱞(コノシロ)

〔壒囊抄〕

〈一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1424 魚類字 鯜(コノシロ)

〔書言字考節用集〕

〈五/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1425 鱅(コノシロ)〈本草、魚中之下品、其臭如屍、蓋魚之庸常以供鱃食者、故曰鱅曰鱃、〉 饈(同)〈音秋見上〉 鯯(同)〈日本紀、順和名、出津、〉 鰶(同)〈與上同〉 鮗(同)〈未詳〉鯜(同)〈同上〉

〔和爾雅〕

〈六/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1425 鱅魚(コノシロ)〈鱃魚同、見于本草綱目、〉 鰶(コノシロ)〈靑鰶也、靑鯽、靑脊並同、見于閩書、〉 鯯(コノシロ)〈見于日本紀、文字集略云、鯯與鰶同、〉

〔物類稱呼〕

〈二/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1425 鱅魚このしろ 此魚の小なる物を、京都にてまふかり(○○○○)と云、中國及九州共に、つなし(○○○)と云、薩摩にては、ながさき(○○○○)と云、此魚長崎に多し、故になづく、筑前にてはだらご(○○○○)と云、又土佐の海にはらかた(○○○○)と云魚有、是はすぢごのしろ(○○○○○○)といふもの也、今按に、鯯童(こはだ/○○)と云、魚は、江月芝浦品川沖上總下總の浦々より是を出す、西海にはこれなし、鰶(このしろ)の子にあらず、別種也、駿河にてつなし(○○○)と呼は小鰭( はだ/○○)也、此國にてこはだ(○○○)と云物は、江戸にてさつぱ(○○○)と云魚なり、このしろ、こはだ、さつぱは是皆種類也、或人の云、世間に子生れて死し、又生れては死す事有、其家にては子生るゝ時胞衣と鰶とを一所に地中に藏れば其子成長す、尤其子一生このしろを食せざらしむ、

〔皇都午睡〕

〈三編上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1425 上方にて買(かう)て來るを、江戸にては買(かつ)て來る、〈○中略〉つなぜ(○○○)をこはだ(○○○)、

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1425 鯯〈音制、訓古乃之呂、〉
釋名、鰶、〈子例反、順曰字作鯯、〉鱅〈按海上鱅魚其臭如尸、故近世以鱅爲鯯、是恐訛焉、鱅者生而有尸氣、鯯者燒之如茶毗之氣、然則於理不相恊耶、〉
集解、源順曰、似http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01816.gif 而薄細鱗者也、大者五六寸、背蒼腹白而有光、肉白多細鱗、炙可食而煮不食、或以鮮作鱠、小者江都曰小鰭(コハダ)、京師曰麻宇加利、字作鯯童、惟民間之食、而賤士亦不用、獨以小鰭鮓、雖味稍可、亦不賞也、通俗謂、富士山下有大河、入江多鯯魚、是山神所愛也、故詣富嶺之人最忌之、或市街淫祠祭狐神者、亦供制魚、此亦狐之所嗜、凡婦女忌之者多、是因其尸氣乎、自古稱此魚名者尚矣、孝德帝時、有鹽屋鯯魚者、本紀訓鯯曰擧能之盧、以魚名人者不燭鯯魚、有仁德朝吉備雄鯽、武烈朝平群鮪臣、舒明朝大件鯨連之類、〈○中略〉
肉、氣味、甘温有小毒、〈或曰、與赤苣同食、則令人煩悶吐血、〉主治、煖腸胃、益筋力、多食則動風熱、發瘡疹、破血損氣、傳稱、百病 忌之、
發明、此魚中之下品最賤者也、古老謂、今下民賤夫好嗜鯯魚、而患癩癬楊梅廢疾者多、夫我邦者神明之國、人者萬物之靈、然鯯之尸氣染薫人之靈質、以汚神明之祠廟、則天譴神罰竟無逃、故下民之受廢者當矣、愚按此言未當貍、若夫然則何供士嶺稻荷之祠而不責乎、且下民之廢疾者不獨鯯魚之害、常嗜鯨鮪鱶鯸之熱毒、芥椒、蒜韭之温辣、或遇濕地泥席之汚冷、露骸、凍肌之坐臥、或依妓娼婢尼之荒淫、積惡、陰禍之舊罪、而感風寒暑濕之屬、以永絶人間之歡樂、于嗟可嘆也、縱使雖士大夫而能不思之、則豈可罪乎哉、
附方、傳染疫瘧、〈及傳尸、勞瘵、小兒疳勞等症、神供鯯頭一箇、節分鰯頭一箇、歲砌懸鯛頭一箇、海鰻鱺頭一箇、同曝乾細剉入瓮子、泥封燒存性、別用人參五分鼈甲牡蠣各一錢、細末與前藥合、煉蜜丸胡椒大、温酒下加麝香一分辰砂三分、尤妙、傳稱神授、〉

〔本朝食鑑〕

〈十/華和異同〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1426
方日升韻會曰、䱥魚可醬、晉虞嘯傳、天時尚温、䱥魚鰕酢未致、文字集略或作鰶、源順以四聲字苑之語而證之、南産志曰、鰶魚如鰣而小鱗各靑鯽、又名靑鱗、以其鱗脊倶靑也、冬月味腴此亦與本邦之䱥同、

〔和漢三才圖會〕

〈四十九/江海有鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1426 鰶(つな/このしろ)〈音際〉 鯯〈音制〉 靑鱗魚 鱅〈音庸〉 饈〈音秋〉 和名古乃之呂、又云豆奈之、
關東名古波太
按本草有鱅無鰶、今考合之鱅鰶一物也、狀似鰱及鰣而扁、其脊蒼腹白光澤、眼珠圍紅、大抵五七寸、未見二尺以上者、肉中細刺如毛、頭小而不於形、然本草謂頭最大有四五十斤、恐是時珍之説不可也、〈藏器之説爲正〉腹中有小肉塊如臼形、似鰡之臼、脊中有繊鬣如線者、其肉作膾載食、炙之甚臭、如屍氣、但塗椒未醬炙食佳、煮食不可、〈○中略〉今其小者曰都奈之、或名小鰭大者曰古乃之呂
富士山麓江河之交多有鰶、人以爲山神所一レ愛、故詣富士人、或寅歲生人不鰶者、愚昧惑説也、 木鯯〈岐豆奈之〉 玳似鰶而小、鱗大二三寸、夏月出有雜肴中、其肉不柔、最下品、

〔後水尾院當時年中行事〕

〈下〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1427 一まゐらざるものは、〈○中略〉このしろ、

〔新猿藥記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1427 四郎君、受領郎等剌史執鞭之圖也、〈○中略〉常擔集諸國土産、貯甚豐也、所謂〈○中略〉伊勢鯯、

〔出雲風土記〕

〈島根郡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1427 凡南入海所在雜物、〈○中略〉近志呂(コノシロ)、〈○中略〉海松等之類至多、不名、

〔萬葉集〕

〈十七〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1427放逸鷹夢見感悦作歌一首幷短歌〈○中略〉
乎登賣良我(ヲトメラガ)、伊米爾都具良久(イメニツグラク)、奈我古敷流(ナガコフル)、曾能保追多加波(ソノホツタカハ)、麻都太要乃(マツダエノ)、波麻由伎具良之(ハマユキクラシ)、都奈之(ツナシ/○○○)等流(卜ル)、比美乃江過底(ヒミノエスギテ)、多古能之麻(タコノシマ)、等比多毛登保里(トビタモトホリ)、〈○中略〉
右守〈○越中〉大伴宿禰家持、九月〈○天平二十年〉二十六日作也、

〔萬葉集略解〕

〈十七〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1427 このしろを、遠江人はつなしといへりとぞ、このしろの一名なるべし、

〔慈元抄〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1427 問曰、歌故に幸に逢たる人ありや、答曰、昔有馬の王子零ぶれ給て、下野國まで下り給、其國五万長者とて富人あり、其に立寄せ玉ひて、奉公すべき由を宣ふ、長者奉置、〈○中略〉其比長者獨の娘を持たり、かねては常陸の國司に參すべきよし、約束有ければ、彼王子忍逢給ひて、無程懷姙有ければ、國司より催促ありけれど、娘は早死したりしとて、喪葬の儀式をなして野邊に送る、棺にはつなし(○○○)と云魚を入て、燒て烟を立、彼魚の燒匂ひ、人を燒に似たればなり、其心を讀る、
東路の室のやしまに立煙たが子のしろにつなし燒らん、このかはりに燒とよめり、それよりしてこのしろと云となむ、

〔塵塚談〕

〈下〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1427 河豚、鰶魚我等〈○小川顯道、享保頃人、〉若年の頃は、武家は決て食せざりしもの也、鰶魚は此城を食といふひゞきを忌て也、〈○中略〉鰶魚は今世も士人以上は喰はざれども、魚鮓にして士人も婦人も賞翫しくらふ、

〔運歩色葉集〕

〈魚名〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1427 鯡(ニシン/○)

〔書言字考節用集〕

〈五/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1428 鯡(ニシン) 鰎(同)〈未詳〉 鯟(カド/○)〈未詳〉 鯟鯑(ガドノコ/○○)

〔和漢三才圓會〕

〈四十九/江海有鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1428 鯡(にしん/かと) 鯟〈音東〉 共俗用 俗云爾之牟、或云加登

〔物類稱呼〕

〈二/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1428 靑魚かど一名にしん つくしにて高麗いわし(○○○○○)といひ、又せがい(○○○)共云、阿部氏の云、此魚あつまる時は、沫を吹て水面に浮ぶ、雪の降たるが如し、網をもつて是をとる、腹に子有て滿り、干て數の子と云、和俗鯟(かど)の字を用、東海に出るをもつてなるべし、今按に津輕にてなまにし(○○○○)と云は、干たる魚をにしんといへば、生のにしんと云意なるべし、又江戸にてかどいわし(○○○○○)と云て、鰯の中に交りてあるもの也、松前の旅客に問ひ侍しに、少しかはる樣におぼへぬると答侍りし、

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1428 鯟〈德紅切、訓加登、〉
釋名、二親魚數子、〈訓加豆乃古〉鯟鯑、〈訓加登乃古、鯟雖華字倭之音義、此魚獨出東海、餘國未之、故以從東而借用歟、二親者父母也、凡人之多子者依于父母、故鯟之數子其多非他魚所能及、是以名乎、鯟鯑卽數子也、鯑字未詳、加登乃古、加豆乃古、同一物也、以登豆二訓相通、而誤以鯟子數子歟、暫從世穩用數子字一爾、〉
集解、總房常奧羽及南部津輕蝦夷等海濱多出焉、自九十月春二三月之、大者一二尺、形似鯯而長、眼大如朱、鱗軟易落、其色蒼碧有光、肉脆多脂不純白而帶紅、中多細刺、味似鰯而美也、炙食最佳、或作鮓作糟亦好、倶以數子滿腹者上、自古多用數子而不鯟、近來略爲貴人之食也、乾數子形如肥皂莢而爲片相連、倶箇々連胞、生者不乾、故悉爲乾來、新者黃白色爲上、陳者紅黑紫色爲下品、又有松前數子者、形大色黃味亦甘美、最珍賞之、自東海諸濱秋冬之際、運轉于諸國、至臘月正月市中多鬻之、餘月全無、于今本朝流俗歲首、家家以數子規祝之一具、而取子孫繁多之義、此亦田作、海老懸鯛乾鰯之類乎、凡用數子法、臘月取乾數子數枚、漬水洗去塵沙而涵之四五日、或六七日令濕透則軟熟、其水經宿生腥臭之氣、則以新汲水之、然後待其濡熟而用之、調醬汁及煎酒尤佳、或漬未醬酒糟等亦可、惟無炙煮之法爾、
肉、氣味、甘温無毒、〈或曰有毒、按數子生乾倶氣味相同、乾者得醋則味苦澀不食、生則不然、〉主治、助陽補陰、温中健氣、數子亦主治相同、多 食動蟲積、發瘡毒、胸塞煩渴而如醉飽
發明俗所謂數子性温、其故有三、一曰、數子漬臘月正月嚴寒之水、而經宿易之、氷雪凝凍而濡熟取之、生食亦冷氣不人部是爲温之故也、二曰、數子旣無炙煮之用、若遇天氣熅之時則生鮾臭、此堪于陰于陽者而爲温之故也、三曰、生于陽國之水中而長于陽、是亦爲温之故也、鮮者長陽、乾者腐陽、是事物自然之理、譬群木生土、材木腐土、亦此理也、

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈二十九/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1429 靑魚 詳ナラズ〈○中略〉
朝鮮ニテハカドヲ靑魚ト云、〈○中略〉カド一名ニシン、高麗イハシ、筑前セガイ、朝鮮房總常奧羽州殊ニ南部津輕蝦夷ニ多シ、九十月ヨリ春二三月ニ至マデトル、春トル者ヲ良トス、冬トル者ハ油ナシ、大ナル者ハ一二尺、形鯔魚ニ似テ扁ク、又靑花魚ニ似テ、眼大ニシテ赤ク夜光アリ、鱗薄軟ニシテ落ヤスシ、捕レバ速ニ自ラ脱ス、色靑クシテ光アリ、肉ハ脆ク美ニシテ紅色ヲ帶ブ細刺多クシテ鰛味ノ如シ、炙リ食味鰛魚ニ勝レリ、或ハ鮓ト爲シ、或ハ糟藏ス、南部方言カド、脊肉ノミ乾タルヲニシント云、全クヒラキテ乾シタルヲ、ハニシト云、味美ナリ、津輕ニテハ生ナル者ヲニシント云、冬ニシン春ニシンノ名アリ、脊肉ノミ乾シタルヲミガキニシント云、全ク乾タル者ハ京師ニ來ラズ、脊肉ノ乾シタル者ハ多ク來ル、賤民ノ食トシ、又猫ノ食トス、其子ヲカズノコト云、一胞細卵數ナシ、風乾シテ四方ニ出ス、用テ歲首及ビ嫁聚ノ祝具トス、子孫繁榮ノ義ニトル、又カドノコノ轉語ナリトモ云、數胞ヲ合テ形ヲ正方ニコシラヘタルヲヨセト云ヒ、又ヨセカズノコト云フ、形扁長ニコシラヘタルヲノシカズノコト云フ、呂氏春秋ニ魚之美者東海之鮞ト云ハ、カズノコナルベシ、

〔庖丁聞書〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1429 一出門に用る魚鳥、〈○中略〉數の子、

〔毛吹草〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1429 陸奧 鯟(カド)

〔魚鑑〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1430 にしん〈○中略〉 奧羽蝦夷の海多く出す、近來下總銚子浦、大利根の川口にも是を得る、

〔採藥使記〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1430 重康曰、蝦夷松前ノ海ニカドト云フ魚アリ、一名ハニシントモ云フ、其形チイハシニ似テ大ク色靑ク、味モ佳ナリ、此魚聚ル所沫ヲ吹キテ水面ニ浮ム、雲ノ降リタルガ如シ、網ヲ以テ是ヲ捕ル腹ニ孑アリテ滿テリ、乾テ數ノ子ト云フ、和俗專ラ歲始其外嘉儀ニ用ル是ナリ、

〔蝦夷行記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1430 商賣は皆旅人にして、百姓と稱する者は皆國人なり、百姓の業田作はせず、唯鯡をとりて、十五の一を以て運上とし、餘分を以て衣食とす、是松前中の收納物也、此鯡獵誠に天下一の大獵成べし、さればこそ此干鯡をこやしに用ゆる國々は、南部津輕出羽北國近江へかけて是を用ひ、かずの子は天下一同に用ひて、すくなしとせず、此魚年來敢而不獵と云事なく、其とる時分にはおのづからより來りて、時節をたがへず、春分十日過より來る、凡二十日程の内に、三度寄來りて、獵を得れば翌年迄の渡世ゆたかに濟なり、獵時分は武家をはじめ、松前中の者老幼男女上下一同、此業にかゝる事、誠に田作の秋と異なる事なし、春分より初り凡二十日ほどに取仕廻て、鯡數の子それ〴〵に干あげ俵物とし、小船に積で江刺へ廻す、此時江指へは北國船いりこみ、鯡數の子の相場を立て買取、其國々へ積廻す、松前近邊の鯡は、松前城下へ積登せ、城下にて賣拂なり、

〔下學集〕

〈上/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1430 鮊(カマス)

〔壒囊抄〕

〈一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1430 魚類字 䰽(カマス)

〔運歩色葉集〕

〈魚名〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1430 䰽(カマス)

〔和爾雅〕

〈六/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1430 梭魚(カマス)〈梭子魚、梭仔魚並同、〉

〔書言字考節用集〕

〈五/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1430 魳(カマ) http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01925.gif (同)〈未詳〉

〔大上﨟御名之事〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1430 女房ことば
一かます くちすぼ(○○○○)

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1431 魳〈帀沓師三音、義同、訓加麻須、〉
釋名、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01926.gif 、〈先顯切、音銑、〉鮊〈釋師鍊〉梭子魚、〈按http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01926.gif 鮊、字彚曰、倶魚名、鯛音臼、其九切、師錬下學集用此字也、近世用魳字、字書惟爲魚名耳、梭子魚今間稱之、或曰、長崎市人逢中華船客而指此魚、問曰、本邦以何名之乎、客曰、梭子魚、愚(平野必大)謂、諸魚曰水梭花、則於魚相當矣、然閩書南産志、梭魚如織梭、豐肉脆骨、此謂魳魚乎、〉集解、形如鰺而細鱗、有光色、有淡黑、有鉛白、觜尖如鋒頭、首尾狹尖、身圓肥而最似織梭、大者不數寸、脂多味美、又有細刺、惟宜炙食、不膾烹也、處處江海有之、作鮝而多賞美、脂多者色淡赤、脂少者色黃白、京師難波漁市採其子一二寸者美、一種色淡黑形短小、漸不三四寸者、脂少味佳、曰志豆岐魳、其魚有黑腸美味者、亦曰志豆岐、海市作醢而獻于國守、國守獻上厨四方、世以爲珍、尾勢之産最爲上品、賀越亦出而不佳、
肉、氣味、微温無毒主治、補五臟、調氣血、添陰精、潤肌肉、輕身、黑髮、惟有蟲積濕痰者不食、多令嘔吐也、作鮝尤可人、赤鮝者脂多潤血、白鮝者脂少順氣爾、

〔和漢三才圖會〕

〈四十九/江海有鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1431 梭子魚(かます) 魳〈音帀〉 鮊〈音白〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01926.gif 〈音銑、以上自古用來、〉 俗云加末須
按梭子魚形似鰯而靑黑色、肚灰白細鱗光澤、首尾狹尖、身圓肥似織梭之形、大抵六七寸、自備前多爲鮝出之、其色黃赤者脂多、黃白者脂少、炙食味美、病人食亦不敢忌、奧州松前之産、近于二尺者有、
志築鮊(シツキカマス/○○○) 形小不三四寸、色淡黑者脂少、其腸作醢名志築、自淡路志築始出得名今尾州勢州之産亦佳、
鮊子(カマスコ/○○) 春月自播州多出、大二寸、灰白色脂多、此非梭子魚之子、實曰以加奈古(○○○○)者也、〈詳于無鱗魚下

玉筋魚

〔和漢三才圖會〕

〈五十一/江海無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1431 玉筋魚 俗云以加奈古(○○○○) 又名加末須古(○○○○)〈○中略〉
按其大一二寸無鱗、白色脊微靑似梭子魚之形、然本是別種、春末腹在鮞、凡春分時攝州一谷始多取之、立夏播州明石浦鹿瀨盛取之、夏至前後讃州八島及下關取之、〈目一谷次第至西海〉其翌日更無之、亦一異也、〈其盛出時泝浪如山、一網幾千萬難測量、〉初春偶有之者大三四寸、背靑腹白、蓋此舊魚也、盛時以布網之、用潮水臇之、脂 多浮于釜中、扱取爲燈油、與鯨鰯油相並矣、所熬魚亦黃而脂尚有之、〈甘温微毒〉以送四方賤民食、其利用廣大亞于鯨鰯

〔攝陽群談〕

〈十六/名物土産〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1432 同〈○佃〉梭鱬(イカナゴ) 同所〈○西成郡佃村〉ニ捕之、梭似(カマス)ノ子ニ魚タルヲ以テ、世ニ梭魚子(カマスコ)トモ云リ、別邊郡尼崎、矢田部郡兵庫津等ノ浦邊ニモ網之、魚油ヲ煎採テ、其辛ヲ市店ニ送リ、或ハ田圃耕作ノ家ニ求メ埋之地ヲ肥セリ、

針魚

〔本草和名〕

〈十六/蟲魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1432 針魚〈口長四寸如針、故以名之、出七卷食經、〉和名與呂都(○○○)、一名波利乎(○○○)、

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1432 針聚 七卷食經云、針按、〈和名波利乎、一云與呂豆、〉口長四寸如針故以名也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1432 今俗呼左與利、〈○中略〉按東山經湛水多箴魚、其狀如儵其喙如箴、郭氏曰、出東海、今江東水中亦有之、

〔類聚名義抄〕

〈十/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1432 針魚〈ハリヲ、一云ヨロド(○○○)、〉

〔和爾雅〕

〈六/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1432 鱵魚(サヨリ/ハリウヲ)〈箴魚、針魚、針觜魚銅哾魚並同、〉

〔書言字考節用集〕

〈五/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1432 鱵(サヨリ)〈本草、大小形狀並伺鱠殘、但喙尖有一細骨針爲異耳、〉銅哾魚(同)〈又云姜公魚並本草、〉針魚(同)〈又作細魚、並俗字、〉

〔東雅〕

〈十九/鱗介〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1432 針魚ハリヲ〈○中略〉 ハリヲとは卽針魚也、ヨロヅの義不詳、卽今サヨリといふもの是也、〈舜水朱氏、サヨリは鱵魚一名針觜魚といふ者也といひけり、神武天皇御歌に、クヂラサヨリといふ事を、釋に鯨魚多く集れるなりといひけり、さらばサヨリといふは、その多(サハ)に依(ヨ)る也、ヨロヅといひしも、亦此義なるべし、ヨロヅは萬なり、〉

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1432 細魚〈訓佐與利(○○○)○中略〉
集解、形似幾須子而長圓大者二三尺、頭小眼大、上啄短寸許、尖如劒頭、下啄長四五寸、黑如鐵針、而尖頭滯赤、倶軟而不堅利、鱗極細而色淡蒼、肉潔白如氷、味甘淡可愛、作膾尤佳、或作炙食、蒲鋒亦倶好、京師江都及處處江海多有、其類一也、惟有沖細魚者、春末夏初采之、形略相同而味最減、作脯曰三摩、義未詳、漁家稱細魚最大多津也、 氣味、甘冷無毒、〈按味淡甘無温熱之性、多食則腹脹水瀉、故曰冷、〉主治、袪瘴毒、消腸胃積熱、補肝腎、强筋骨、多食則動蟲積、腹脹冷瀉、
附方、脚氣腫痛、〈以鮮者頭尾骨鬣、而塗醬汁、炙之點胡椒末之、〉

〔本朝食鑑〕

〈十/華和異同〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1433 細魚
細魚者鱵魚也、一名銅晩魚或名姜公魚、李時珍曰、俗云姜太公釣鍼、此傳曾也、又曰、大小形狀並同鱠殘、但喙尖有一細黑骨如一レ鍼爲異耳、東山經云、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01927.gif 水北注于湖中箴魚、狀如鯈、其喙如鍼卽此、太平御覽載臨海異物志曰、銅哾魚長五寸似鯈魚、予〈○平野必大〉按李時珍言、形色並同鱠殘者不然、箴魚素有細鱗而靑色、背後有黑條二道、其言似鯈者固好、今本邦之箴魚圓肥大者過尺爾、

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1433 鱵魚(サヨリ) 形小クシテ圓ク長シ、上ノクチバシ短ク、下ノ喙長シ性平ニシテ毒ナシ、病人可食、又スヽト云魚アリ、サヨリニ似タリ、クチバシ上下共ニ其長サヒトシ、又サヨリニホ子ノアヲキコト綠靑ノゴトクナルアリ、味モ性モ不好不食、西州ニテエイラクト云、又ナガサレト云、

〔和漢三才圖曾〕

〈四十九/江海有鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1433 鱵(さふり)〈音針〉 銅哾魚 姜公魚 針口魚 和名波利乎、一云與呂豆、 俗云佐 與利
本綱鱵生江湖中、大小形狀並同膾殘魚、但喙尖有一細黑骨、如鍼爲異耳、 三才圖會云、針口魚口似針、頭有紅點、腹兩旁自頭至尾有白路銀色、身細尾岐、長三四寸、二月間出海中
按上二説、並鱵小者也、大抵名眞鱵魚者身七八寸下啄三寸許、如鐵針黑尖、上啄一寸許、尖如劒、身 圓形似梭子魚、而頭小帶微赤色、眼大腹白、其鱗極細、其骨黑色、肉潔白、味甘淡作膾最佳也、東北海 者大長二三尺者有、蓋海中魚其謂江湖者未審、

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈二十九/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1433 鱵魚 ヨリトウヲ(○○○○○)〈延喜式〉 ヨロト〈和名鈔〉 ヨロツ ヨリツ(○○○) ハリヲ〈共同〉 〈上〉 サヨリ〈京〉 サイヨリ(○○○○)〈越前〉 ナガイハシ(○○○○○)〈薩州〉
雲州ニテ一尺許ナルヲスクビ(○○○)ト云、小ナル者ヲサヨリト云フ、紀州熊野ニテハ、此魚ヲオキサヨリ(○○○○○)ト云フ、方言ニサヨリト呼ブモノハ、江戸ニテサンマ(○○○)ト呼モノナリ、サンマハ勢州津ニテサイ(○○)ロト云、播州讃州ニテサイラト云フ、 一名針嘴魚〈食物本草〉 針銀魚〈盛京通志〉 針魚〈鎭江府志〉 針口魚〈彚苑詳註〉龍頭魚〈通雅〉
サヨリハ形雞魚(キス)ニ似テ長ク一尺餘、大ナル者ハ二三尺ニ至ル、身圓頭小眼大ナリ、上喙ハ短ク尖リテ劒ノ如シ、下喙ハ長ク色黑クシテ鐵針ノ如シ、尖頭ハ微赤ヲ帶ビ、倶ニ軟ニシテ堅利ナラズ、鱗極テ細ク色淡蒼、肉潔白ニシテ冰ノ如シ、味甘淡膾ト爲シ、肉餻、ト爲スベシ、又一種形相似テ上下喙ノ長サ相等キ者ヲスヽト云、又一種サヨリノ形、狀ニシテ、色靑ク綠靑ノ如ク、食べカラザル者ヲエイラクト云、一名ナガサレ〈筑前、豐前、〉シマガマス、〈江戸〉ミヤサヨリ、〈勢州桑名〉ダツ、〈同上〉又一種上觜長ク下觜短クシテ、身扁ナル者ヲ觀音ウヲ〈肥前唐津〉ト云フ、

〔食物和歌本草〕

〈六〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1434
さよりこそ脚氣の藥よくあぶりこせうだまりを漬て用る

〔鶉衣〕

〈前篇拾遺〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1434 百魚譜
鱚さよりは、をさなき心地ぞする、大男の髭口そらして、くふべきとも覺へず、

〔延喜式〕

〈七/踐祚大嘗會〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1434 凡供神御雜物者、大膳職所備、〈○中略〉與理刀魚(○○○○)筥十一合、〈別納一斗五升〉

〔延喜式〕

〈二十四/主計〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1434 凡中男一人輸作物、〈○中略〉與冶魚(○○○)刺〈○中略〉雜魚腊各二斤、〈○中略〉與理度(○○○)魚鮨二斤、
遠江國中男作物〈○中略〉與理等(○○○)魚腊、

〔延喜式〕

〈考異/二十四〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1434 與冶魚刺、案呂作台、因誤作冶、无等字者亦脱文、蓋遠江國作物中所謂與理度魚腊是也、

〔延喜式〕

〈三十二/大膳〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1435 雜給料 參議已上 人別〈○中略〉與理刀魚五兩二分、
宴會雜給 親王以下三位以上幷四位參議 人別〈○中略〉與理刀魚五兩 四位五位幷命婦 人別〈○中略〉與理刀魚二兩二分

〔延喜式〕

〈三十二/大膳〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1435 同節〈○九月九日〉文人料 押年魚與理刀魚各二兩
○按ズルニ、前後引ク所ノ和名本草、倭名類聚抄、西宮記等ニ據ルニ、與理刀ハ蓋シ與呂豆、若シ クハ與呂止ト同語ニテ、針魚ト同物ナラン、

〔西宮記〕

〈正月〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1435 内宴〈内藏寮申謂雜物(中略)與呂止(○○○)二籠〉

サンマ

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈二十九/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1435 鱵魚〈○中略〉
サンマ(○○○)ハ勢州津ニテサイロ(○○○)ト云、播州讃岐ニテサイラ(○○○)ト云フ、

〔皇都午睡〕

〈三編上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1435 上方にて買(かう)て來るを江戸にて買(かつ)て來る、〈○中略〉さいらをさんま、

〔和漢三才圖會〕

〈四十九/江海有鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1435 佐伊羅(さいら)魚 乃字羅岐(○○○○)
按佐伊羅狀似馬鮫(サハラ)而狹長、背似鱵、大者八九寸細鱗頷短、冬春多出於紀泉及西海、脂多取爲燈油、或作䱒、以詐名鱵販之、伊賀大和土民好食之、魚中之下品也、故鱵稱眞佐與利(○○○○)之、

〔魚鑑〕

〈下〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1435 さんま 漢名しれず、秋冬の交、房總海多し、淡鹽して鬻ぐ、又鮮なるもの、炙食するによし、上饌に充らず、病者によからず、京都にてはさより(○○○)と稱ふ、

啄長魚

〔和漢三才圖會〕

〈四十九/江海有鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1435 啄長(だす)魚 正字未詳 俗云陀須
按啄長魚形色似鱵而大、長二三尺、啄上下均、長七八寸、黑色背正靑細鱗、骨亦靑色而硬、其肉白氣腥味不美、有江海中、常游水面

梳齒魚

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1435 梳齒魚 辨色立成云、梳齒魚、〈東人云阿波我良(○○○○)

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1435 按太平御覽引魏武四時食制曰、疏齒魚、味如猪魚、出東海、潘岳滄海賦曰、比 目疏齒者蓋是、又按東人猶邊鄙人、見人倫部、按梳齒魚未詳、峰山君曰、阿波加良、魚品所載火筩 觜也、江戸俗謂之矢簳魚(○○○)

〔類聚名義抄〕

〈十/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1436 梳齒魚〈アハガラ〉

〔書言字考節用集〕

〈五/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1436 矢簳魚(ヤガラウヲ) 梳齒魚(アガラ)

〔倭訓栞〕

〈中編二十七/也〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1436 やがら 魚にいふは笴に似たる故なり、色赤みありて其形狀うなぎのごとく細長くて觜長く三分の、一に居て、尾に一線ありて長くひけり、彙苑詳注にいふ戴帽魚なりといへり、

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1436 簳魚〈訓也加羅伊乎
釋名〈簳箭竹也、魚之形如箭、嘴鬣如羽筈故名、俚語謂、昔能登守平敎經所射之箭、化爲此魚也、不用、〉
集解、東海時有、西海最多、形長狹圓肥如竹筩箭幹、略似細魚而嘴短、與細魚反、細魚上吻長、簳魚上下吻長如鴈嘴之長、紋如細鱗微赤尾有岐、岐中垂紅絲一條、肉白味麁類刀魚、而好食之者鮮矣、〈簳魚大抵無鱗、然類細魚鱗文、故入有鱗條、肉、氣味、甘温無毒、主治、通膈解痰、今使噎膈反胃之人啣簳魚之嘴、而自其嘴中食則其食不反、此未之、或肉亦療噎膈反胃也、〉

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1436 鮹魚(ヤカラ) 本草ヲ見ルニ、今關東ニヤガラト云魚是乎、細長クシテ箭ノ如ク圓ナリ、又馬ノ鞭ノ如シ、色少アカシ、觜短ク尾ニマタアリ、又觜長キモアリ、肉白シ、膈噎ノ病ヲ治スト云、西州ニモアリ、タコ(○○)ト訓ズルハアヤマレリ、無毒、

〔下學集〕

〈上/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1436 鮲(コチ)

〔書言字考節用集〕

〈五/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1436 鯒(コチ) 鯃(同) http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01928.gif (同) 鮲(同)

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1436 鯒〈音踊、訓古知、〉 釋名鮲、〈音伏〉魥、〈音http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01929.gif 、按三字皆和俗通用、鯒取跳踊之義、鮲取伏沈之義、級取形如履靸之義乎、〉
集解、形似小鯰而平狹、細鱗尖尾、頭大口濶、鰓後有長鬣相對、背灰色、腹黃白、大者二三尺、小者寸餘、江都相江房總所所多有、一種濶腹有黃赤虎斑者、間自駿常之海濱來焉、
肉、氣味、甘平無毒、〈或曰温有毒〉主治、開胃進食、肥肌肉、健筋骨、調赤白下痢及金瘡下痢、而順血生肌、止泄瀉、通小水、補兩腎、療遺尿、或小兒疳疾可用、惟患眼之人不食耳、
發明、世傳、鯒魚無毒、能益人補五臟、故稱藥魚也予〈○平野必大〉毎疑之、往年有一官士産婦、調經百日之後、忽血暈不人事、擧家驚惶而馳使吿于官醫某、某他道不歸、又來吿于予、予亦欲他道、遇于塗、竟至彼家而診産婦、則顔色赤黯、直視振顫、診其脈則六賑浮洪、右關弦濇、故識傷食滯胃、熱毒動血、仍問主人曰、此婦先食何物乎、主人曰、今日無別食、惟午飯倂喫煮鯒切肉四五片、其鯒有些餒腥爾、予素聞食餒鯒醉者、此識遇鯒之餒而熱毒動血、爲製吐法之、以取胃膈之魚毒、而後用香砂平胃去木香黃連、神麯、山査、犀角及淸魂散遂愈、然則鯒非藥魚而有微温小毒之性耶、

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1437 コチ 國俗魥ノ字ヲ用ユ、性不好無人、本草不之、其性未詳、未漢名、或曰蟾化シテコチトナル者稀ニ有之、本草ニ鯼アリ、近之、

〔和漢三才圖會〕

〈四十九/江海有鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1437 鯒(こち)〈俗字〉 正字未詳 俗云古知
按鯒狀似小鱣而身圓、頭大扁口濶下唇重疊最醜、鰓後長鬣對生、背灰黃色細鱗、脊自頸至尾有一道短鬣、腹白臍以下有一道長鬣尾窄、其大者一二尺、肉厚白爲臛甘美、〈眼病人忌之〉骨鬣甚硬、肉中亦有硬骨、誤咽鯁則難脱、庖人從腹斜切則骨少、
娑娑良鯒 形相似而腹大有黃赤彪文、肉中有硬骨

鰹/名稱

〔新撰字鏡〕

〈魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1437 鱨〈市羊反、加豆乎(○○○)、〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01930.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01931.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01932.gif 〈三字加豆乎〉

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1437 鰹魚 唐韻云、鰹〈音堅、漢語抄云、加豆乎、式文用鰹魚二字、〉大鮦也、大曰鮦、小曰鮵、〈音奪〉野王按、鮦〈音同〉蠡魚也、 〈蠡魚見下文、今按可堅魚之義未詳、〉

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1438 按説文無鰹鮵字、玉篇鮦、鱧魚也、小鮦也、説文鮦魚名、一曰http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01833.gif 也、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01833.gif 鮦也、顧氏蓋依之、蠡當魚作一レhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01833.gif 、而本草白字蠡魚一名鮦魚故源君引不魚、然恐非顧氏之舊http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01833.gif 卽玄鯉魚、下文有本條、不以充加都乎、按加豆乎是加多宇乎之急呼、加多卽頑愚之義、本朝月令所引高橋氏文云、磐鹿六獦命、顧舳多追來、卽磐鹿六獦命以角弭之弓遊魚之中、卽著弭而出、忽獲數隻、仍號曰頑魚、此今諺曰堅魚今以角作鉤柄堅魚此之由也、今漁人釣魚、見其群集、則取餌投散其所集海上、魚爭噉之、於是削鹿角鉤、隨投隨獲、實如高橋氏文、所言加豆乎之爲頑魚可知也、然則堅魚假借字耳、本居氏云、是、魚古皆乾脯用之、如賦役令、大神宮儀式帳、貞觀儀式、及延喜式之皆以斤、可其堅實過他魚脯、故名曰堅魚、其説亦通、後人作鰹、蓋皇國所製二合字、與鰹鮦字同、源君不鰹之爲二合字、以爲唐韻鰹字、然以鰹卽蠡魚非此間所謂堅魚、云未詳以疑之、未之深攷也、按加豆乎、西土無是物、無漢名可一レ充、

〔類聚名義抄〕

〈十/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1438 堅魚〈カツヲ〉鰹音堅、〈カツヲ〉、鮵〈音奪、カツヲ歟、〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01933.gif 〈音常、カツヲ、〉 䱰〈カツヲ〉

〔伊呂波字類抄〕

〈加/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1438 鰹魚〈カツヲ〉 鯛〈䗍魚〉 堅魚〈已上同、俗用之、〉

〔下學集〕

〈上/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1438 鰹(カツウヲ)

〔日本釋名〕

〈中/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1438 鰹 かつをはかた魚也、ほしてかたくなるゆへなり、たとつと通ず、うを略す、

〔貞丈雜記〕

〈六/飮食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1438 一かつをと云魚は、古はなまにては食せず、ほしたる計用ひし也、ほしたるをもかつをふし(○○○○○)とはいはず、かつをと計いひしなり、かつをはかたうを也、ほせばかたくなる故也、かたうをゝ略して、かつをといふなり、されば古は堅魚と書て、かつをとよみしを、後に鰹の字を作り出したり、俗字なり、朝鮮國にては松魚と云也、〈松のひでの如く肉の色赤き故也〉

〔古事記傳〕

〈四十一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1438 堅魚と云魚は、漢國の鰹は當らず、加都袁(カツヲ)と云名は、加多宇袁(カタウヲ)の切(ツヾマ)りたるにて、卽 堅魚(カタウヲ)とは書るを、〈古書には皆此字を書り〉後に此二字を合せて、此方にて鰹字は作れるにこそあれ、〈渓國の鰹字を當たるには非ず、漢國の鰹は鱧(ハム)にて堅魚(カツヲ)とは太(イタ)く異なり、〉さて古にいはゆる鰹節(カツヲブシ)のことにて、貞觀儀式、延喜式などに多く見えたる皆是なり、〈○下略〉

〔萬葉集〕

〈九/雜歌〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1439水江浦島子一首幷短歌
春日之(ハルビノ)、霞時爾(カスメルトキニ)、墨吉之(スミノエノ)、岸爾出居而(キシニイデ井テ)、釣船之(ツリブ子ノ)、得乎良布見者(トヲラフミレバ)、古之(イエシヘノ)、事曾所念(コトゾオモホユル)、水江之(ミヅノエノ)、浦島兒之(ウラシマコガ)、堅魚(カツヲ/○○)釣鯛(ツリタヒツリホコナリ)釣矜、及七日(ナヌカマデ)、家爾毛不來而(イヘニモコズテ)、海界乎(ウナサカヲ)、過而榜行爾(スギテコギユクニ)、〈○下略〉

〔物類稱呼〕

〈二/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1439 松魚かつを 一種すぢかつをといふ有、皮の上に縱に白き縷三四條有、是を加賀にてたてまんだらと云、又關西にてうづわとて小なる物有、よこわとよぶ有、今按にうづわ一名茶袋、又しぶわといふもの有、是等を江戸にて小がつをと呼て賣也、然共別類也、よこわと云はめじかと云魚の子也、

〔〈浪花襍誌〉街迺噂〕

〈一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1439 千長、〈モシ〉うづはといふは、どんな魚で厶りやす、鶴人、江戸でいふめじか鰹のやうなもんで厶りやす、

〔尺素往來〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1439 巡役之朝飯明日可勤仕候、此間依霖雨美物雖得候、〈○中略〉魚類者〈○中略〉魚味鰹、

〔大上藺御名之事〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1439 女房ことば
一かつほ おかつ(○○○) から〳〵(○○○○)共

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1439 學鰹〈訓麻那加豆乎(○○○○○)
釋名、鯿、〈音編〉魴、〈首旁、方也、扁也、其狀方其身扁也、倶訓上同、學鰹之名未詳、或謂學如學文之學也、鰹堅魚也、凡鰹之鱠世、最所賞美、而非生鮮者必醉也、京師海遠鮮鰹不至、紀勢雖多亦路隔難至、但以魴之膾擬鰹之膾而賞美之、故名之乎、此説未證、然俚俗之説此類最多矣、〉
集解、京師之珍賞而攝泉紀播最多矣、小頭縮項穹脊濶腹扁身細鱗、其色靑白腹内有肪、味共美腴、鮮者作膾最賞美、作醬炙亦佳、諸骨軟弱可喰、然不牙齒也、或背鰭連骨、半身自項後尾前、縱切作偃 月之形、而後横切細薄、則其中洞濶上聯下放、以摸箏柱之象而作膾、味亦稍佳、但是庖人費功之事、而京俗傳爲美玩耳、今京近諸州作鮓作糟漬而餽贈之、亦雖珍而不鮮也江都芝濱及駿豆總奧之海邊稀采之、然不京近諸州之物哉、
肉、氣味、甘温無毒、主治、調五勞七傷一切虚損、消蟲積穀食、凡諸病無忌、但傷寒家忌之、

〔本朝食鑑〕

〈十/華和異同〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1440 學鰹
學鰹者魴也、李時珍所言與本邦之與鰹異、其言火燒鯿者未之、似鯛之類、是詩所謂頻尾乎、

〔本食朝鑑〕

〈九/江海無鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1440 鰹〈漢語抄訓加豆乎○中略〉
其狀似眞黑而小、似目鹿而圓肥、頭大觜尖無鱗、蒼黑有光膩、或有白斑、腹亦白色如雲母泥、背有硬鰭尾前兩片似鋸齒、尾有岐而硬、中大上下小類織梭之形、肉色有深紅、有淺紅、深紅者味必厚、背上兩邊肉中有黑血肉一條、呼稱血合、味不紅肉、〈○中略〉煮熟之中外作一レ白、而入冷水則逾潔白、呼號奈萬里、此亦爲佳、近時庖人僞雉肉者、皆以鰹之奈萬里上、眞黑目鹿衣之、於玆夏月上珍貴賤甚賞美之者不鯉鱸之膾也、〈○中略〉魚性易餧、遇炎熱尚然、故相武之漁人用礦塗魚、則堅固不敗以亂鮮焉、是以肉堅無味無腥、皮面小爛者爲證、然難分辨最傷人可恐哉、大抵中魚毒者、通俗曰醉、就中中鰹者如酲、面赤頭眩身發紅暈、甚者吐瀉及氣絶欲死、然失命者少、但中石灰鰹者死亦有之、故漁家固禁之、近頃若斯者全無之、又肉中有小白蟲如短絲、是濕熱之所爲乎、采之經三四日則然、皆謂有蟲者必有毒也、凡漁人釣鰹以犢角及鯨牙削揩作鉤、而釣者無餌、以鐵鉤而釣者以鯵鰯餌、或以塘網之、若乘釣時遇群鰹逐餌而來、則驚跳入舡不魚陣之中、恐魚多壓沈于船、故遙望群鰹之至則急棹船去矣、海俗所謂鰹之小者曰渦輪(ウツワ)、最小者曰横輪、冬月多采之、其氣味略與大鰹同耳、
肉、氣味、甘温有毒、〈或曰無毒、按魚餧則醉、縱雖鮮、用宿經日者、作膾作炙及䱒而食則必醉、苦急飮冷水亦甚醉、此不毒也、其最鮮者雖冷水、而不醉、復雖餧敗者、至醉倒昏迷而竟不死、此不毒也、然此魚少有醉之理則不毒而何乎、故爲毒者宜矣、犀角、橄欖、津波葉、宇爾、加宇留、干觴鯣能解鰹毒、〉 主治、温中調腸胃、故久痢久瀉之人用鮮鰹、和好醋芥薑及太蒜山葵食則愈、若多食則不熱毒之陰害也、

〔本朝食鑑〕

〈十/華和異同〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1441
華人全未本邦堅魚之事、源順引唐韻玉篇而論之、然二家倶言鱧魚、故猶未明、自序所謂假借之義矣、

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈二十九/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1441 鯧魚 マナガツホ マナガタ(○○○○) 一名鱂魚〈典籍便覽〉 娼魚〈同上〉 鏡魚〈廣東新語〉
此魚攝州泉州播州海中ニ最多シ、東海ニハ稀ナリ、ソノ形小頭縮項身濶ク圓ニシテ薄ク、鱗最細ナリ、鮮ナル者箏柱ノ形ニ切テ鱠トス、又酷藏糟藏ト爲シ、鹽乾シテ遠ニ致ス、世ニ魴漁ヲマナガツホト訓ズルハ非ナリ、飭魚ハ淡水ノ産ナリ、

〔食物和歌本草〕

〈二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1441 鰹(カツホ)
かつほには毒のあればぞ人もえふ殊に病者は食せぬぞよき

〔食物和歌本草〕

〈五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1441 魴黑(マナガツホ)
まながつほ胃の氣調五臟利し穀をこなして食をすゝめり

鰹種類

〔本朝食鑑〕

〈九/江海無鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1441 鰹〈○中略〉一種肉粘如飴者呼稱餅鰹(○○)、一種有皮止黑白斑三四條者、呼稱筋鰹(スジ /○○)、倶雖味美而中者多矣、一種有石灰鰹(○○○)者、夏児最多、

〔日本山海名産圖會〕

〈四〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1441 堅魚〈○中略〉
魚品は 縷鰹(すぢかつを)、横輪鰹(○○○)、餅鰹、宇津和鰹(○○○○)、ヒラ鰹(○○○)等にて、中にも、縷鰹を眞物として、次に横輪なり、此二種を以て乾魚に製す、東國にて小なるをメジカ(○○○)といふ、

鰹産地

〔延喜式〕

〈二十四/主計〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1442 凡諸國輸調、〈○中略〉堅魚九斤、〈西海道諸國十一斤十兩○中略〉煮堅魚六斤七兩、
凡中男一人輸作物、〈○中略〉堅魚一斤八兩三分、〈西海道諸國二斤○中略〉煎堅魚煮汁各十二兩二分、
志摩國調〈○中略〉堅魚〈○中略〉庸輸鮑堅魚鯛楚割、 駿河國〈○中略〉煮堅魚二千一百卅斤十三兩、堅魚二千四百十二斤、〈○中略〉中男作物、〈○中略〉堅魚煎汁、堅魚、 伊豆國〈○中略〉調、〈○中略〉自餘輸〈○中略〉堅魚、 相摸國〈○中略〉中男作物、〈○中略〉堅魚、安房國〈○中略〉中男作物〈○中略〉堅魚、紀伊國〈○中略〉調〈○中略〉堅魚〈○中略〉中男作物〈○中略〉堅魚、阿波國〈○中略〉調〈○中略〉堅魚五百三拾五斤八兩、 土佐國〈○中略〉調〈○中略〉堅魚八百五拾五斤〈○中略〉中男作物〈○中略〉堅魚、豐後國〈○中略〉調〈○中略〉堅魚卅四斤十四兩〈○中略〉中男作物〈○中略〉堅魚、 日向國〈○中略〉調〈○中略〉自餘輸〈○中略〉堅魚

〔毛吹草〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1442 武藏 ハタシロ筋鰹(○○○○○○) 安房 目黑鰹(○○○)〈分テ多キ故、當國田ノ養ニ用之、〉 備前 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01934.gif (マナカツヲ) 紀伊 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01934.gif 筋鰹 肥前 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01934.gif

〔本朝食鑑〕

〈九/江海無鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1442 鰹〈漢語抄加豆乎〉
集解、處處江海雖之、而土佐阿波紀伊伊勢駿豆相房總陸奧等諸州最多採之海西諸州亦所在采之、京師冬月希有紀勢及海西諸州傳一レ之、路遠魚餧夏秋不至然不江東之多、土佐紀伊之産味厚肉肥乾堅則爲上品、生食則味過美而易飽、阿波伊勢次之、駿豆相武之産、味淺肉脆生食則爲上品、乾堅則味不足而稍薄、房總陸奧次之、

〔日本山海名産圖會〕

〈四〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1442 堅魚(かつを)
土佐阿波、紀州、伊豫、駿河、伊豆、相摸、安房、上總、陸奧、薩摩、此外諸州に採るなり、四五月のころは陽に向ひて、東南の海に群集して浮泳す、故に相摸土佐紀州にあり、殊に鎌倉熊野に多く、就中土佐薩州を名産として、味厚く肉肥乾魚の上品とす、生食しては美癖なり、阿波伊勢これに亞ぐ、駿河伊豆相摸武藏は味淺肉脆く、生食には上とし、乾魚にして味薄し、安房上總奧州は是に亞、

〔塵塚談〕

〈下〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1443 松魚といふ魚は、伊豆相摸水戸岩城平邊に、多くあつまりし魚なりけるに、文化七午年頃より南部松前邊にて多く取れる樣になれり、同十酉年の夏は、伊豆相摸には至て少し、水戸岩城邊はかはれる事もなきよし、伊豆相摸の海をば、遠沖を廻り東海へ出しと見へたり、是天地の氣の南より北するともいふものにや、

〔浪花の風〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1443 松魚は絶てなし、偶出ることありても、十月より末にて、初松魚賞玩することは絶てなく、土地の人は、今も猶毒魚なりとて、鮮肉は食ふものなき故なり、

〔紀伊續風土記〕

〈物産八〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1443 鉛錘魚〈○中略〉本國海中に皆産す、殊に牟婁郡に多し、浦々の漁人この魚を採うて、生鮮のものは近きに鬻ぎ、鹽藏のものは遠きに售り、又尾と鰭と脊とを去り、其餘全く切敲きて醢とし、タダキといゝ、又腸許を醢となし酒盜といひて諸方へ出す、此二品は田邊莊、浦々にて製するを上品とす、又年々浦々にてカツヲブシを製し出すこと、其利甚大なり、

鰹事蹟

〔本朝月令〕

〈六月〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1443 朔日内膳司供忌火御飯
高橋氏文云、挂畏卷向日代宮(カケマクエカシコキマキムクノヒシロノ)御宇大足彦忍代別(オホタラシヒコオ シロワケ)天皇〈○景行〉五十三年癸亥八月〈○中略〉是月行幸於伊勢、轉入東國、冬十月、到于上總國安房浮島宮、〈○中略〉此時太后〈○景行后八坂入媛〉詔磐鹿六獦命、此浦聞異鳥之音、其鳴駕我久々(カクカク)、欲其形、卽磐鹿六獦命乗船到于鳥許、〈○中略〉還時顧舳魚多追來、卽磐鹿六獦命以角弭之弓、當遊魚之中、卽著弭而出、忽獲數隻、仍號曰頑魚(○○)、此今諺曰堅魚、〈今以角作釣柄釣堅魚此之由也、〉

〔看聞日記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1443 永享五年十月十五日、自内裏御魚味三種〈鯉一、鯛三、マナガツヲニ、〉被下畏悦、

〔北條五代記〕

〈七〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1443 東海にて魚貝取盡す事附人魚の事
鰹鮪は毎年夏に至て、西海より東海へ來る、伊豆相摸安房の浦につり上る初鰹、しやうぐはんなり、天文六年の夏、小田原浦近く釣舟おほくうかび鰹をつる、此よし北條氏綱聞召、小舟にめされ、海士のしはざを御見物、珍事の御遊、盃酒に興じ給ふ所に、鰹一つ御舟へとび入たり、氏綱喜悦に おぼしめし、勝負にかつうをと、御祝詞なゝめならず、卽時酒肴に用ひらる、然におなじき七月上旬、上杉五郎朝定武州へ發向のよし吿來る、氏綱出陣、同十五日の夜いくさに、氏綱討勝て武州を治め給ひぬ、其比は四芳に敵有て、毎日戰ひやん事なし、氏綱賞翫し給ふ件の鰹は、勝負にかつうをともてはやし、常に支度し、諸侍戰場門出の酒肴には、鰹をもつばら用ひ給ひぬ、

〔相州文書〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1444 本城御前樣御臺所毎月納肴從昔相定帳面改而被仰出
魚之代定 、鹽にても無鹽にても可隨意〈○中略〉
一かつほ(なまひ) 壹ツ 代十二文〈○中略〉
庚申二月廿三日 國府津之船主村野宗右衞門

〔駿淸遺事〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1444 慶長十六年四月廿九日、菴崎ヨリ三澤ノ郷迄ニ鰹一萬本程寄取之〈但綱ニテ引也〉

〔當世武野俗談〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1444 勝間龍水
新和泉町に家主役をして手習指南して、筆名は勝間龍水とて、御府丙に名高き者あり、〈○中略〉或時母女房寺詣りに行留守なり、折節四月の頃にて初鰹賣來、鰹を呼調へ喰んと直段をす、一貫文に調へしに錢一文もなし、日頃母親信心者にて、持佛堂淸にかざり、三具足光りかゞやきける、彼道具を不殘持出し、難波町の仕廻ものやへ賣て鰹を調へ、其近所の俳諧の宗匠平砂湖十買明などを招き、大に舞うたひして樂けり、母親歸て大に驚きなげくといへども、曾て何とも思はずして笑ひ爭はず居たり、希有の男なり、

〔守貞漫稿〕

〈二十七/夏冬〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1444 四月朔日
今日以後初漁ノ松魚ヲ江戸ニテハ特賞之、目テ初松魚(○○○)ト云、或ハ鰹ノ字ヲ用フ、トモニカツヲト訓ズ、先年ハ一尾價二三兩トス、近年漸賞之コト、薄キ歟、價金一二分ニ過ズ、

〔蜘蛛の糸卷〕

〈追加〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1444 初鰹 天明の頃、我家の長臣渡邊松右衞門石町の豪富林治左衞門が許に至り、〈今も此大家おとろへ、賤しきくらしとなり、〉初鰹の振舞に逢ひし時、林が手代に價を尋ねければ、今日は安し、壹本貳兩貳分なりと云ひしとて、立ち歸りて我〈○岩瀨京山〉が父へ語りたるを、我等傍にありて聞きし事ありき、我父鰹を好まれしゆゑ、出入の魚屋常に持ち參りしが、初鰹は高價なりしが、秋の古脊に至りては、肥大なるも價二百孔に過ぎず、今は初鰹も貳兩三兩をなさず、古脊も貳百孔の物なし、いかなる故やらん、

〔兎園小説〕

〈七集〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1445 金靈幷鰹舟の事
ことし乙酉の夏のほど、鰹の獵のありしこと、むかしより多くあらざる事なりとて、右の房州の客の語るをきくに、〈○中略〉壹ケ處にて釣溜〈鰹の獲船を釣りためといふ〉十五艘或は廿艘ばかりづゝも出づる、中にもあまつは二百艘も出づるよし、凡一艘にて鰹千五百本二千本位づゝ、六月六日比より同十四五日比は、毎日打續き夥敷獵のありし事、めづらしとてかたりしまゝ、筆のついでにしるしおきぬ、
文政八乙酉初秋朔 交寶堂誌

鰹雜載

〔令義解〕

〈三/賦役〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1445 凡調〈○中略〉正丁一人、絹施八尺五寸、〈○中略〉若輸雜物者、〈○中略〉堅魚卅五斤、〈○中略〉煮堅魚廿五斤、堅魚煎汁〈謂熟煮汁曰煎也、〉四升、

〔類聚符宣抄〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1445 皰瘡事
太政官符、東海東山北陸山陰山陽南海等道諸國司侖疫之日治身及禁食物等事漆條、
一病愈之後、〈○中略〉二十日巳後、若欲喫魚宍、先能煎炙、然後可食、但乾鰒堅魚等之類、煎否皆良、〈乾脯亦好○中略〉
天平九年六月廿六日

〔延喜式〕

〈七/踐祚大嘗祭〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1445 凡應神御由加物器料者、〈神語號雜贄、同爲由加物、〉九月上旬申官差下部三人遣三國先大 祓後行事、〈○中略〉堅魚海藻滑海藻各二斤、〈(中略)已上當郡所輸〉堅魚鰒各四斤〈(中略)巳上阿波國麻殖那賀兩郡所輸〉

〔徒然草〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1446 鎌倉の海に、かつをと云魚は、彼さかひにはさうなき物にて、此比もてなすものなり、それもかまくらの年よりの申侍しは、此魚おのれらわかゝりし世までは、はか〴〵しき人の前へ出る事侍らざりき、頭は下部もくはず、きりてすて侍りしものなりと申き、かやうの物も、世の末にな、れば、上ざままでも入たつわざにこそ侍れ、

〔盍簪錄〕

〈二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1446 僧兼好小説記、鎌倉海有魚名鰹、土人不甚珍一レ之、郷耆老言、俺等少時此魚不鼎爼僕隷下人、不其首、毎致狼義世趨末造、如此者亦充膳羞、可見當時不此魚、今也此魚爲海味上品、自王侯而下至甿庶之家、聶而爲膾、鹵而爲脯、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01935.gif 而爲挺、漬而爲醢、煎而爲膏、函封甕閉苞苴、千里無日不一レ其用而挺之用最廣、歲時吉席無此不禮、飮饌調和無此不味、其利遍于域中、沼海諸州所在有之、而土州勢州者最佳、春夏之交、盛集漁人、削鹿角鉤距、隨投隨獲、至數十萬頭、中國未此、或人云、唐客來長崎銀䍋魚卽是、亦未甚賞一レ之、兼好之時、距今未四百年、而此魚顯晦、乃至如此、是知天地之間、生物有常、而人之好尚、隨時變遷焉耳、〈丁酉正十七日〉

〔庖丁聞書〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1446 一出門に用る魚鳥、〈○中略〉かつほ、

〔鶉衣〕

〈前篇拾遺〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1446 百魚譜
鰹は芥子鮓の風味、上戸は千金にかへむとも思ふらむを、鎌倉の海の素性を、兼好にいひさかされたるいと口をし、鰹節となりては木の端のやふにも思はれず、その梢とも見へずして、花の名をさへ世にちらしぬる、

〔新撰字鏡〕

〈魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1446 鰈〈坐盍反、比目魚(○○○)、〉

〔説文〕

〈十一/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1446 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01936.gif 〈比目魚也、从魚枼聲、土盍切、〉

〔本草和名N 十六/蟲魚〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1446 王餘魚、〈郭璞云、王餘、皆雖二片其實一魚也、不比行者名王餘也、比行名比目也、搜神記云、昔越王爲鱠、割魚而未切、墮半於海中魚、名曰王餘也、出七卷食經、〉和 名加良衣比(○○○○)、

〔倭名類聚抄〕

〈十九/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1447 王餘魚 朱厓記云、南海有王餘名、〈和名加良衣比、俗云加禮比(○○○)、〉昔越王作鱠不盡、餘半棄水、因以半身魚、故曰王餘魚也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈八/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1447 按加良、美稱、是魚形似韶陽魚而味最美故名、今俗呼加禮比源君時俗同、〈○中略〉隋書珠厓傳、一卷、僞燕蓋泓撰、太平御覽引朱崔傳、所引朱厓記蓋是、今無傳本、按漢書武帝紀、珠厓儋耳、注云、二郡在大海中崖岸之邊、出眞珠、故曰珠瓱、則朱厓當珠厓、呉都賦劉逵注云、王餘魚、其身半也、俗云、越王鱠魚未盡、因以殘半水中魚、遂無其一面、故曰王餘也、是其事、本草和名引搜神記亦云、昔越王爲魚、割魚而未切、墮半於海中、化名、名曰王餘也、出七卷食經、而今本搜神記不載、〈○中略〉按爾雅、東方有比目魚焉、不比不行、其名謂之鰈、郭氏云、狀如牛脾、鱗細紫黑色、一眼、兩片相合乃得行、今水中所在有之、江東又呼爲王餘魚、又郭氏比目魚賛云、比目之鱗、別號王餘、雖二片、其實一魚、協不密、離不疏、是以比目王餘一物、又臭都賦、雙則比目片則王餘、劉逵注、比目魚東海所出、王餘魚其身半也、蓋賦依爾雅比目曰雙、依越王之事王餘曰片、蓋諸魚兩邊各一目、此魚一片雙目相比、故名比目、一片如割去之狀、故或名王餘、其實比目王餘古今異名耳、至比不一レ行古人之附會、郭氏一眼兩片相合乃得行之説亦不據、劉氏注以王壁爲比目之半、非是、至爾雅翼乃云、王餘長五六寸、身圓如筋、潔白而無鱗、若已鱠之魚、但目兩點黑耳、博物志曰、臭王江行、食鱠有餘、棄於中流、化爲魚名呉王鱠餘、今猶呼鱠殘魚、又名銀魚、李時珍依之、是與越王作鱠墮半於海中化爲上レ魚其事絶相似、還混王餘魚於鱠殘魚也、

〔類聚名義抄〕

〈十/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1447 王餘魚〈カラエビ、俗云カレヒ、〉 海鯽魚〈カレヒ〉

〔伊呂波字類抄〕

〈加/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1447 王餘魚〈カレヒ、カラエビ、〉

〔下學集〕

〈上/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1447 鰈(カレヒ) 鰕魿(カレヒ) 王餘魚(カレヒ)、〈上三名同魚也〉

〔壒囊抄〕

〈一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1448 魚類字 鰯(カレイ) 王(同)餘魚

〔和爾雅〕

〈六/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1448 比目魚(カレイ/ウシノタカレイ)〈魪魚、鰈、鰜魚、魼魚、婢http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01937.gif 魚、箬葉魚鞋底魚並同爾雅注云、江東又呼爲王餘魚、今按本草綱目時珍云、劉淵林以鰈爲王餘魚、蓋不然、〉 鰈魦魚(クツソコカレイ)〈出于閩書

〔日本釋名〕

〈中/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1448 鰈 かたわれ魚也、此魚一方は色かはりて白くして目も一方につけり、かたわれのごとし、たわを略せり、いはいを也、うをいを通ず、をの字を略す、

〔物類稱呼〕

〈二/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1448 比目魚、かれい、ひらめ(○○○)、 畿内西國ともにかれいと稱す、江戸にては大なる物をひらめ(○○○○○○○○)、小なるものをかれい(○○○○○○○○○)と呼、然れども類同くして種異也、
常陸上總下總の浦々にて、大なるを鰈(かれい)といひ、小なるを平目(ひらめ)どいふ、江府の魚市に至る時は則 名を變ず、又ある漁子、此魚兩種相偶して、洋中を游ぐ、頭、をならぶる時は、左右の違ひ有物なり といへり、貝原翁は、かれいといふは、かたわれ魚の略なりといえり、
越後にては、小なる物をこつぺら(○○○○)と呼、〈こびらめと云の誤にや〉佐渡にて大なる物を、さかむかひ(○○○○○)と云、江戸にて云霜月びらめ(○○○○○)を、越後の糸魚川にて、あさば(○○○)となづぐ、江戸に云ほしびらめ(○○○○○)を、駿河にて、まつかはびらめ(○○○○○○○)といふ、一種このはがれい(○○○○○○)と云有、〈至て小なるものなり〉泉州にて岡田かれい(○○○○○)と云、鞋底魚うしのした(○○○○○)一名くつぞこ(○○○○) 關西及東國の海邊にてうしのしたと稱す、江戸にて舌びらめ(○○○○)と呼、備前にはくちげ(○○○)と云、越前にてはゞがれい(○○○○○)と云、

〔大上﨟御名之事〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1448 女房ことば
一かれい ひらめ(○○○) かため(○○○)とも、

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1448 鰈〈音蝶、訓加禮比、〉
釋名、比目、〈訓比良女〉王餘魚、〈訓加禮比、鰈比目、王餘、中華之名而本朝亦用之、近俗謂、大者號比羅女、小者號加禮比、然類同種殊乎、鰈猶屧也、屧者履中薦、而猶女人之鞋底也、名品最多、〉
集解、處處多有、形似魴而平薄、頭小嘴尖、雙眼相並而近在背向上、表黑有細鱗、裏白無鱗有細紋、腹在脇小而近鰓下、自秋冬春初子滿腹大者二三尺小者有差、春末夏初最多采之、其種類多矣、一種 大一二尺或五六寸、裏之白皮有黑點者、號曰星鰈、一種大者尺許、或自七八寸一二寸者、表之黑皮鰭之兩邊、自上向下有黑片石子而相聯者、號曰石蝶(イシカレイ/○○)、江郡最多、味亦殊美、官家賞之不少、炙食則兩鰭軟脆香美也、一種大者不六七寸、形比尋常之小鰈則狹小肉薄、雖子滿腹味不佳、號曰藻鰈(モ /○○)、又曰霜月鰈(○○○)、一種形略同而有表裏無鱗者、號曰雌坂鰈(メイタ /○○○)、一種有片口(○○)、此亦鰈之類、或曰似藻魚何是、所稀有也、又一種有水戸鰈(○○○)、此京師所謂鯛魚之類乎、
比目、集解、俗稱平目、字義不相叶也、其狀比鰈則黑處色薄、其肉亦瘠而味不美、子亦滿腹、味稍佳、而亂于鯛子、今武江春夏之際、小鰈最多、其無背石者恐是平目之子矣、大者二三尺許、尚味不佳、或作鮝、亦味惡、惟鮮者作鱠羮、作炙及蒲鋒、然倶不美爾、
内、氣味、廿平無毒、〈或曰微温、俗謂鰈之骨http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01938.gif拔、常可之也、〉主治、益氣力、補脾胃、無諸病禁忌、唯多食鬱肺氣、或塞胸閉胃而必妨食、
發明、本草日、甘平無毒、孟読曰、多食動氣、又本朝舊稱肺閉一レ胃、然則性平無毒者、豈有動氣鬱閉之理耶、是未試者之言也、予〈○平野必大〉毎試之、鰈之犬者微温、而多食則有鬱閉動氣及生熱動血之毒、惟石鰈甘平無毒最無諸病之禁忌耳、
子、氣味、甘微温有小毒、多食則動蟲積人嘔吐、小兒最可之、
蒸鰈出兩越及若州、而就中前越者爲上、近在江都漁市、或家家製之、然不越之産、味亦最美、其法采鮮鰈多子者、以鹽水之令半熟、而取出陰乾數日、號曰蒸鰈
乾鰈、尋常之乾脯也、出泉紀等州、炙食而香美可愛、一種犬不一寸餘者作脯、名曰木葉鰈、是泉之珍品、號岡田鰈者也、

〔本朝食鑑〕

〈十/華和異同〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1449
鰈與比目本同類也、今本邦以二名而分之、有氣味形色之異、李時珍爲一物者未詳、閩書南産志曰鰈 魦魚名漯沙、漯音撻、魚在江行漯漯也、又名貼沙、今閩廣以此魚比目、不比目又一魚也、按比目諸書倶言比並也、魚各一目相並而行也、是未解得、細視魚形則黑爲表白爲裏、其黑處頭中有兩眼、相並甚邇、然則非他魚之相並而行也、大抵此魚多名義、上林賦謂之魼、相胠也、呉都賦謂之魪、相介也、段公路北戸錄謂之鰜兼也、臨海志名http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/km0000m01937.gif 、臨海風土記名奴屩、宋沈懷遶南越志名版魚、房千里南方異物志名箬葉、皆因形也、

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1450 比目魚 此魚背黑ク腹白クシテ魚ノ半片ノ如シ、カタワレイヲト云意ニテ、略シテカレイト名ヅク、目ハ一處ニ二アリ近シ、一名鰈、二種アリ、一種ハツ子ノカレイ也、一種ハ鞋底魚ト云、關東ニテ平目ト云、カレイ、クツゾコ共ニ腹ヲ地ニスリテヲヨグ、〈○中略〉
鞋底魚(クツゾコカレ/○○○) 中夏ノ名也、クツノソコノ形ニ似タリ、本邦ニテモクツゾコト云、倭漢同名也、又水カレイ(○○○○)トモ云、カレイト同類ニテ別ナリ、肉ウスクホソ長シ、味比目魚ニヲトル、無毒病人無妨、綱目ニ比目魚ト一物トス、然レドモ相似テ別ナリ、閩書ニ鰈魦魚形扁而薄、名鞋底名、左目明右目晦昧、今閩廣以此魚比目、不知比目又一魚也トイヘリ、綱目ヨリ閩書ニ書ス處詳ナリ、可從、

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈三十/無鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1450 比目魚 シタビラメ〈江戸〉 ウシノシタ〈東國〉 ウシノシタガレイクツゾコ クツゾコガレノ大和本草 ミヅガレイ同上 ヤナギガレイ(○○○○○○)播州 シタ(○○)同上 セキ(○○○○○○)ダガレイ サヽガレイ(○○○○○)〈仙臺〉 土用ガレイ(○○○○○)〈勢州龜山〉 シンマキ(○○○○)〈同上桑名〉 ゲタ(○○)〈備州〉 クチゲ(○○○)、 クチゲタ(○○○○)〈共ニ同上〉 シンチヤウ(○○○○○)〈藝州〉 ムマノシタ(○○○○○)〈讃州〉 カレイ〈越後〉 バヾガレイ(○○○○○)〈越前〉 子ヅクチ(○○○○)〈水戸〉 クチソコ(○○○○)〈筑前太宰府〉 セツタノウラガハ(○○○○○○○○)〈同上福岡〉 丁銀ガレイ(○○○○○)〈丹波〉 一名箬鰈〈海鹽縣圖經〉 箬獺〈新修餘姚縣志〉 篛魚〈時珍食物本草〉 鰈魦魚〈閩書〉 漯〈音撻〉沙 貼沙魚〈共同上〉 偏口〈山東通志〉 泥鞋魚〈八閩通志〉 拖沙魚 卑末魚 鰈沙〈共同上〉 孥屩魚〈正字通〉
此魚カレイノ一種ナリ、形カレイヨリ、狹長ニシテ薄シ、故ニクツゾコ、及ウシノシタノ名アリ、〈○中〉 〈略〉早ク鯘シ下品ノ物ユへ京師ニ來ラズ、播州ニテハ十二月ニ多シ、味佳ナリト云フ、一種一片ハ靑ク、一片ハ白キ者ヲアヲシタ(○○○○)〈攝州〉ト云、一種ムマノシタ(○○○○○)〈攝州〉ハ、微ク圓大四五寸許、色微黃ヲ帶、横ニ黑條アリ、又シマガレイ(○○○○○)同上其云フ、以上三品五六月ニアリ、
比目魚ハカラエヒ、〈和名鈔〉カレヒ、〈同上〉カレ、〈○中略〉一種モガレイ(○○○○)ハ一名アブラガレイ(○○○○○○)、加州ウラジロ(○○○○)〈越前、越中、若州、〉肉脆ク軟ニ味淡ク水ノ如シ、故ニミヅヒラメ共云フ、多子ナル者ヲ採リ、鹽水ニテ蒸シ、半熟タルヲ海濱沙上ニ多ク置キ、草席ヲ以テ蓋罯シテ後、數日乾スモノヲムシガレイト云、味鮮魚ニ勝レリ、兩越若州丹後ヨリ多ク京師ニ來ル、〈○中略〉又勢州ノモガレイハ形短八寸二分、濶サヒレヲ去テ三寸三分、右黑左白、上ノ尖ノ處ニ口アリ、至テ小クニ分餘、目ハ口ニ近ク大サ三分許、一種ヒラメ(○○○)ハ一名ミヅガレイ(○○○○○)、トイダ(○○○)、仙臺大口ガレイ(○○○○○)、一説大者ヲ戸板(○○)ト云魚譜此魚左片灰黑色カレイヨリ色淺シ、右片ハ白色、大者ハ二、三尺許、春夏味美ナリ、冬月ハ佳ナラズ、江戸ニテハ三月ヒラメ(○○○○○)ト稱シ春賞ス、若州ニハ冬賞ス、四五尺ナル者アリ、松前ニモ五尺ナルモノアリ、又仙臺ニテハ秋時味最佳ナリト云、長四尺許ナル者アリ、又腹色亦者アリ、一種ホシガレイ(○○○○○)ハ、大ナル者ハ一二尺、小ナル者ハ五六寸、白皮ニ黑點アリ、一種石ガレイ(○○○○)ハ、大ナル者ハ尺餘、小ナル者七八寸ヨリ一二寸ニ至ル、右ノ方黑ク鱗ナシ、黑片石棋石ノ、大サノ如ナル者相連リツク、肉ノ味殊ニ美ナリ夏出、江戸、ニ多シ、炙食テ其鰭軟脆香美ナリ、一種メイタガレイ(○○○○○○)〈攝州〉ハ、一名エテガレイ(○○○○○)〈京〉コソガレイ(○○○○○)、〈勢州〉コウソガレイ(○○○○○○)、〈同上〉カンザウガレ(○○○○○○)、〈播州〉ヤマガレ(○○○○)、〈同上〉メタカヾレイ(○○○○○○)、〈豫州〉長サ九寸、濶サ鰭共ニ五寸許、右片ハ灰黑色茶褐ヲ帶ブ、鱗微シアラシ、左片ハ雪白ニシテ、至テ細ナル鱗アリ、口甚小ク、ソノ傍ニ兩目高ク出、夏秋コレアリ、京ニハ多ニ至テ來ル、粟子(マコ)ナル者臒(シラコ)ナル者共ニアリ、一説形霜月ガレイニ略同シテ、表裏鱗ナキ者ヲ雌板ガレイ(○○○○○)ト云フ、〈野必大〉一種クチボソガレイ(○○○○○○○)ハ、長サ六寸許、若狹ガレイヨ丿微シ濶シ、口細ク尖ル、右片黑色深シ、肉厚ク粟子アリ、四時共ニアリ、 加州ニテコレヲ上品トス、一種バンゴ(○○○)ハ形圓ニシテ厚シ、加州ノ産ナリ、一種アカヾレイ(○○○○○)ハ肉厚シ、バンゴヨリハ薄シ、右片色黑シ、子ノ色ウツリテ赤色ヲ帶ブ、子大ナリ燒キ食フ、上品ナリ、然ドモ人ヲシテ醉ハシム、一種比丘尼ガレ(○○○○○)ハ一名ナメタガレ(○○○○○)、仙臺肉フクレテ甚柔ナリ、乾シテモ硬クナラズ、下品ナリ夏出、一種譽田ガレイ(○○○○○)ハ一名カツタイガレイ(○○○○○○○)、仙臺ヨリ出、一種サカムカヒ(○○○○○)ハ極大ナリ、佐州ヨリ出一種メクラガレイ(○○○○○○)ハ、目甚小ニシテ見ヘガタシ、攝州ニ出、此外ニ但馬ガレ(○○○○)、因幡ガレ(○○○○)、ヤマブシ(○○○○)、マルガレ(○○○○)、シロミヅガレイ(○○○○○○○)、ヤイトガレイ(○○○○○○)、ヒダリガレイ(○○○○○)、水戸ガレイ(○○○○○)等品類尚多シ、一種木葉ガレイ(○○○○○)ハ一名モミヂガレイ(○○○○○○)、岡田ガレイ(○○○○○)、〈泉州〉小ヒラメ(○○○○)、ヲチバガレイ(○○○○○○)、〈阿州〉シイノハ(○○○○○)、〈丹後〉此ハヒラメノ小ニシテ、寸許ヨリニ寸許ナルヲ、頭尾背腹相重子テ乾カス者ナリ、隱州、讃州、阿州、淡州、泉州ヨリ出、一種モンゾウ(○○○○)〈攝州〉ハ一名コノハ(○○○)、同上小ヒラメヨリ形狹シ、

〔後水尾院當時年中行事〕

〈下〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1452 一まゐら、ざるものは、王餘魚〈是は俗にかれひとかいふ御まな也、いかなるゆゑにまゐらぬか、其子細をしらず、若名の文字王餘魚と書といふ事を云事か、本草綱目には膾殘魚王餘魚とも云とみえたり、呉王闔閭の魚膾を食して、のこりを水に投ぜられしに、化して魚となりたるよし也、さらば王餘の心は、たがひもやあらん、其上膾殘魚は注體かれひとはみえず、しろうをとかいふものゝ大概叶ふやうなれど、長四五寸などやうにみえたり、これしまた相違せり、いかなゐ魚にか、又かれひ目の一所によりて付て、そのてい異やうなれば、まゐらずなどいふ女房などあれど、これもおの〳〵のすがた也、其ものゝ申に類せず、ことやうにもあらばこそ、〉

緋魚

〔書言字考節用集〕

〈五/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1452 緋魚(アカウ)

〔和爾雅〕

〈六/龍魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1452 緋魚(アコ)〈興化府志云、其泡如緋、有一種紅魚全緋、一種新婦魚近緋、〉

〔物類稱呼〕

〈二/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1452 阿古あこ 加賀國にてはちめ(○○○)と稱す、此魚播磨攝津國などに稀に有、冬月藻魚の大なる物をあこ(○○)と呼て賞翫す、和漢三才圖會に見えたり、あこは赤魚(あこを)也と云

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1452 赤魚(アカヲ)〈訓阿加乎
釋名〈色赤如火、故俗曰赤魚、〉
集解、頭大口濶眼亦不小、形略似甘鯛而大、尾無岐細鱗長鰭、全體倶赤如丹、肉脆白而味淡美、處處雖 有江都最多、相豆總海濱采而運之、近俗恐河豚多一レ毒、以鯛鯒䲍(ヲコセ)、赤魚之類之、然味最減矣、惟鯛魚味厚、赤魚味淡而足用、一種有赤鱒者、或號赤松、默全類赤魚、色深紅味亦同矣、
肉、氣味、甘平無毒、主治、調脾胃、益氣血、進食止瀉、與諸藥物禁、故俗曰藥魚

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1453 緋魚 其色如緋、有一種紅魚、金緋一種婦魚近緋、右ハ王氏彙苑ニ出タリ、今筑紫ノ方言ニ馬ヌス人(○○○○)ト云魚アリ、形狀紅鬃魚ノゴトク、長五寸許、鯛ノ類ニ非ズ、其首ハタバルノゴトシ、口ト目ト大ナリ、色ハ甚赤クシテ朱ノゴトシ、是緋魚歟、赤魚其形狀頗メバルノゴトシ、色赤クシテ黃色マジレリ、無毒、病人食ツテ無害、赤キ事馬ヌス人ニ及バズ、アコノ類多シ、色紅ナラザルアリ、黃點多キモアリ、又長州ノ海ニカラカゴ(○○○○)ト云魚アリ、アコヨ丿小ニシテ赤キコトアコヨリ甚シ、順和名エ綱魚ヲカラカゴト訓ズ、

〔和漢三才圖會〕

〈四十九/江海有鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1453 緋魚(あかを) 赤魚俗 俗云阿加乎 又略阿古〈○中略〉
按緋魚狀略似鯛而厚濶、眼甚大而突出、其大者二三尺、細鱗鰭窄、尾倶鮮紅如緋、肉脆白、味甘美、關東多有、冬月最賞之、攝播希有之、以藻魚大者赤魚而代之、
赤鱒〈俗云阿加末豆〉 狀類緋魚又似鱒、色深赤味亦不佳、

目張/沖目張

〔物類稱呼〕

〈二/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1453 目、張めばる(○○○) 陸奧仙臺にてそい(○○)と云、又すい(○○)ともいふ、
藝州にてめばるの兒を呼でなるこ(○○○)と云、一種沖めばる(○○○○)と云有、其色黑味ひ厚し、病人食ふこと なかれとなり、

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1453 眼張魚〈訓来波留
集解、大概類赤魚而眼大瞋張、惟口不濶大、味亦略同、有黑赤二種、江都及相豆總房諸朔江濱倶多、京師亦有之、
肉、氣味、甘平無毒、主治、與赤魚略同、世傳謂、利小水、消蟲積、明目强筋力、祛肝腎之邪氣也、赤色者補腎 健脾、調五臟之虚、多食則動蟲令人泄瀉

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1454 目バル 目大ナル故名ヅク、黑赤二色アリ、小ナルハ四五寸、大ナルハ一尺二三寸アリ、食之有人、皮ニアブラアリ、皮ヲ去テ病人食之無傷、春多ク冬少シ、メバルノ類數品アリ、形狀皆カバレリ、メバルノ子ヲ鳴子ト云醢ニス、藝州蒲刈ノ名産ナリ、食スレバ口中ニテナル故名付ク、黑キ大メバルアリ、胎生ス、〈○中略〉
奧(オキ)目張 メバルノ類ニ非ズ(○○○○○○○○)、色ハ淡黑ニシテメバルニ似タリ、目大ナリ、メバルヨリ形セバシ、味メバルニ異ナリ味ヨシ、石首魚ノ形ニヨク似タリ、口ハメバルヨリセバシ、長六七寸八寸ニ不過、

〔和漢三才圖會〕

〈四十九/江海有鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1454 眼張魚(めばる) 正字未詳 俗云米波留
按眼張魚狀類赤魚、而眼大瞋張故名之、惟口不濶大、味〈甘平〉赤似緋魚、春月五六寸、夏秋一尺許、播州赤石之赤眼張、江戸之緋魚共得名、
鬼眼張魚 形同而色不赤微黑、其大者一尺餘、赤黑二種其蟾蜍所化也、

〔毛吹草〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1454 播磨 明石赤目張 安藝 雷師(カミナリ)〈メバルノ子ト云〉

〔藝備國郡志〕

〈上/安藝〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1454 土産門
鳴子 安南郡蒲刈之漁人、取目張魚之遺子於海巌之際以醢之、其色或靑黃或紫黑、食之則齒牙之間有聲、故名曰鳴子、毎歲磁器盛之充方物、以獻東武矣、

ガウザ

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1454 ガウザ 色ハメバルニ似タリ、黑シ、メバルヨリ口小ニ、長七八寸ニ不過、味メバルニヲトレリ、然頗ヨシ、又淡赤色ナルアリ、

キコリ魚

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1454 キコリ魚 長七八寸、或一尺五六寸許、淡黑色スコシ赤色ヲ帶ブ、横スヂカヒニ筋三四或五六條アリ、首ハソゲルガ如シ、其形狀鯛ニモ目張ニモ似タリ、目ハ端ニヨレリ、目少赤シ、味ハメバルニ似タリ、脂ナクシテ淡美ナリ、無毒、

藻魚

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1455 藻魚〈訓毛(○○○)字乎〉附笠子魚
集解、細鱗長鰭尾無岐、肉淡白味美脂少、不尺許、黑色雜白點、如胡麻蒸渣之黑白相交、俗稱胡麻加羅(○○○○)此爲上品、又有騮色者、有形稍短而黑者、此俗稱黑加羅(○○○)倶味減矣、大概肉味雖赤魚眼張相似、此魚爲勝、

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1455 藻魚 長七八寸、其色淡紅ナリ、綠色モマジレリ、無毒、攝州ニテ藻魚ト云ハ西土ニテアコト云魚ナリ、別ナリ、

〔和漢三才圖會〕

〈四十九/江海有鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1455 藻魚(もいを) 礒眼張魚 正字未詳 俗云毛以乎、西國俗云以曾女波流(○○○○○)、
按藻魚狀似眼張魚而眼不大、鰭長赤尾亦赤無岐、肉淡白、脂少味甘平佳、諸病不妨、大近于尺、冬月其大者俗呼曰阿古乎、〈赤魚之略言歟〉最賞之、又有白點者、又有淡黑點者
黑加羅 藻魚之屬、形稍短而黑、〈或云加良須〉

〔魚鑑〕

〈下〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1455 もうを 西國にいそめばるといふ、鱗細く鰭長く、頭面あかをに似て、尾に白黑の斑點あり、この魚胎生なり、味ひ極上品なり、別て冬月美(うま)し、

〔毛吹草〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1455 尾張 那古屋藻魚

笠子

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1455 藻魚〈訓毛宇乎〉附笠子魚〈○中略〉
一種有笠子魚者バ略與藻魚相似、而頭圓大觜尖長鱗麁、色灰白味最劣焉、

〔魚鑑〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1455 かさご 俗にあんぽんたん(○○○○○○)といふ、狀もうをに似て、頭圓く大く觜尖り、鱗あらく、味下劣なり、赤黑兩種、又鬼笠子(○○○)の類あり、

鮎魚女

〔書言字考節用集〕

〈五/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1455 石斑魚(アイナメ)〈本草、生溪間水石處、長數寸、白鱗黑斑如虎文、〉

〔物類稱呼〕

〈二/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1455 鮎魚女あいなめ 奧州にてねうを(○○○)といひ、又しんじよ(○○○○)と云、同國南部にてはあぶらめ(○○○○)と云、佐渡にてしゞう(○○○)と云、駿州にてべろ(○○)と云、〈○中略〉 奧州の方言にねうをと云、しんじよといふは、あいなめといふを愛す女と云意にて寢うをといひ、又寢所と云なるべし、又べろ上いへるは、東國片鄙の小兒舌のことをいふ也、四國にても舌をべろと呼もの稀に有也、さればあいなめと云を、なめるといへるこゝうにて、駿河にはべろと名づくる歟、なめるとは關東にて云、畿内にてねぶると云におなじ、

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1456 鮎魚女(アヒナメ)〈訓阿比奈玄
釋名〈形略似年魚故名、稱女而罪年魚之雌、年魚生河、鮎魚女巫海、孕䱊亦殊矣、日本紀及萬葉集訓魚稱奈也、〉
集解、狀似年魚而短、色黑鰭稍長而小、硬鱗、比年魚則細、大者鱗亦稍大、味亦比年魚則極劣、江都品川芝濱江王多采之、或夏秋間釣之、
肉、氣味、甘蔕無毒主治未詳、然魚市老商所謂比赤魚、眼張、藻魚、則多脂而羶、故多食生熱、或曰、與赤魚、眼張、藻魚、氣味主治相同、

旗代魚

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1456 旗代魚〈訓波多(○○○○)志呂
釋名〈漁家所謂魚紋黑白相疊如旗之黑白分染、故龍宮有戦鬪則以此魚旗、因號旗代也、是誕之可笑者不用、或作旗白亦不相當、〉
集解、細鱗長鰭尾無岐、色以黑爲上、白者味劣、略雖似藻魚、而形扁首短鬐亦細脆、肉美白味甘淡而佳也、以上五種魚之氣味雖相類、而以藻魚旗代勝、眼張次之、鮎魚女有膩味不佳也、
肉、氣味、甘平無毒、主治、與藻魚赤魚等同、病家以毒、好爲常食、醫亦依病而供之、

〔和漢三才圖會〕

〈四十九/江海有鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1456 鬐白(はたしろ)魚 古世宇(○○○)京俗 名義正字未
按旗代魚、狀略似藻魚、而扁身短首纖鬐、其鱗有黑白文、肉脆白淡甘、冬春出焉、京師不之、唯以毒爲佳、

金首

〔運歩色葉集〕

〈魚/名〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1456 金首(カナガシラ)

〔書言字考節用集〕

〈五/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1456 鯄(カナガシラ) 〈未詳〉方頭(同)魚

〔物類稱呼〕

〈二/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1457 方頭魚かながしら 參河にてかなご(○○○)と云、越後糸魚川にていぢみ(○○○)と呼、常陸下總にてぎす(○○)と云、〈其かしら角ありてかたし、故にかなかしらといふ、〉

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗鐵頭魚〈俗訓加奈加志羅
集解、處處多有、頭骨高起、堅硬如鐵兜、圓身長鰭、尾有岐而硬、背鰭至尾如刺而紅、鱗細而略紅、肚白帶黃、大者不尺、味亦不佳、近代擧世誕子之家、必以此魚賀膳、取其頭頸堅固之義、冠䈂婚姻之儀亦然焉、
肉氣味、微甘有毒、〈按小鮾則必令人醉〉〉

〔和漢三才圖會〕

〈四十九/江海有鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1457 銅頭魚(かなかしら) 正字未詳 俗云加奈加之良
按銅頭魚、處處多有之、冬春盛出、大者六七寸、頭骨高起硬而赤、頗似銅色故名之、圓身長鰭尾有岐、而硬、背鰭至尾如刺而赤、細鱗淺紅而腹白帶黃、眼眶淺黃、肉〈甘平〉、世俗子出生家、必以此魚賀膳、取堅固之義矣、如無鮮魚時用乾者

魴鮄

〔書言字考節用集〕

〈五/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1457 魴鮄(ハウ〴〵) 魴鮄(コトヒキ)

〔倭訓栞〕

〈中編十九/波〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1457 はうぼう 方帽と名けしにや、方頭魚也といへり、佐渡にさみうを(○○○○)と云ひ、薩摩にぼこ(○○)の魚といふ、

〔物類稱呼〕

〈二/動物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1457 保宇保宇ほう〴〵 佐渡にてきみうをと云、薩摩にてぼこの魚と云、

〔和漢三才圓會〕

〈四十九/江海有鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1457 保守婆宇(ほうばう) 正字未
按保宇婆宇魚、狀色氣味共似銅頭魚而大、其吻有硬鬚、而尾鰭有五彩色、其鱗細於銅頭魚、大者尺餘、炙食甚甘美、肉厚白、冬春以賞之、

〔魚鑑〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1457 ほうぼう 佐渡にきみうを、西國にことひき(○○○○)、又ほこのうを(○○○○○)といふ、俗に魴鮄の字を用ゆ、漢名未詳、その狀かながしらに似て、少しく黑色なり、鬐長くして身にひとし、表白くして淡赤し、 裏深綠に翠碧の圓點あり、翅下に刺あり、肉雪白、味甘美し、冬月のは上選なり、あるひは寧波府志の竹麥魚とす、詳ならず、

タナゴ

〔本朝食鑑〕

〈八/江海有鱗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1458 棚子魚〈訓如字、名義不詳、〉
集解、形如琶湖之鮒而小、細鱗白色、大者六七寸、生河長海、凡魚之胞如絹囊包粟粒、或有紅瑪瑙珠子、惟棚子魚及鱣鮫胞中懷自我之形(○○○○○○○)、如人胞中裹一レ兒(○○○○○○)乎、此漁家常稱怪異者也、

〔大和本草〕

〈十三/海魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1458 鱮魚 一名鰱魚 本草綱目曰、好群行相與也、又曰、狀如鱅而頭小形扁、細鱗肥腹、其色最白、失水易死、蓋弱魚也、今案本草所載、其形狀悉クタナゴナリ、今見之、コノシロノ如ク頭小ニ形扁ク、鱗細ク色白シ、漁人ニ問ニ、好ンデ群行スト云、味頗ヨク、性亦輕クシテアシカラズ、病人食シテ無害、タナゴノ子ハ胎生ス、卵生セズ、他魚ニ異レリ、河魚ニモタナゴアリ、與此不同、

〔和漢三才圓曾〕

〈四十九/江海右鱗魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1458 鱮(たなご)〈音序〉 鰱 俗云太奈古〈○中略〉
按鱮狀似鮒而扁如鱅、口尖白鱗、其肉白、味不美、胎生、凡魚胎生者有數種、鱣、鮫、鱮、鱝、阿名古魚、佐加太魚、

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈二十九/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1458 鱮魚 タナゴ(○○○) ニガブナ(○○○○)關東 ニガヒラ(○○○○)防州 センピラ(○○○○)勢州 シブナ(○○○)〈筑紫〉 シブタ(○○○)〈同上〉 ムシブナ(○○○○)〈京〉 タビラ(○○○) タビラコ(○○○○)〈共同上〉 センパラ(○○○○)〈尾州〉 ボテ(○○)〈江州〉一名鱊鮬〈爾雅〉 鱖鯞〈同上〉 魚婢〈爾雅註〉 妾魚〈同上〉 鯜魚〈爾雅疏〉 靑衣魚〈䲙魚註〉 鰟魮鯽〈同上〉蓮魚〈八閩通志〉 增一名鰱子魚〈盛京通志〉
タナゴニ川海ノ別アリ、鱮魚ハカハタナゴ(○○○○○)ニシテ、流水中ノ小魚ナリ、首小身扁ク濶ク鱗アリテ棘鬣(タイ)魚ニ似タリ、長サ一二寸、夏月庭池ニ養フテ兒玩トス、數品アリ、腹下ノヒレ白色ナルモノヲシロタビラ(○○○○○)〈京〉ト云、一名シロダイ(○○○○)、〈江州〉シロヒラ(○○○○)、漢名白蓮〈福州府志〉ト云、又腹下ノヒレ紅色ナルモノヲアカダビラ(○○○○○)〈京〉ト云フ、一種秋ニ至リテ身モ紅色ヲ帶ビテ美ハシキモノヲ、アキタビラ(○○○○○)〈京〉ト云、 一名センニチガヒ(○○○○○○)、〈江州石部〉ケイセイボテ(○○○○○○)、〈同上守山〉漢名紅蓮〈八閩通志〉ト云フ、又腹下ノヒレ黑色ナルモノヲ、クロタビラ(○○○○○)〈京〉ト云、又全身黃色ヲ帶ルモノヲキタビラ(○○○○)ト云、一名シブヒラ(○○○○)、漢名黃鰱〈大倉州志〉ト云、一名金色韃、〈同上〉又ウミタナゴ(○○○○○)ハ海中ニ生ズ、形棘鬣魚ニ似テ小ク、頭小ク身扁色白、長サ四五寸ヨリ尺ニ近キモノアリ、胎生ナリ、漢名海鯽〈閩書〉ト云フ、

〔食物和歌〕

〈本草/三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1459 種魚
たなごこそ懷妊の藥朝夕に食して其子難産もなし

〔運歩色葉集〕

〈魚名〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1459 鱠(エソ)

〔多識篇〕

〈四/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1459 鰣魚、和名惠曾、

〔庖厨備用倭名本草〕

〈八/魚〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1459 鰣魚〈○中略〉考本草、夏ノ初時ニアリ、其形秀テ扁ニ少シ、魴ニ似テ長シ、白色銀ノ如シ、〈○中略〉元升〈○向井〉曰、此説ヲミレバエソニハ非ズ、エソハ形圓ク、イセゴヒノナリアヒニ似タリ、色ヤヽ白ケレドモ、銀ノ如キニアラズ、

〔書言字考節用集〕

〈五/氣形〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.1459 鰣(エソ)〈本草〉 鱠(同)

〔大上﨟御名之事〕