http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0747 草ニハ、一年生ノモノト、宿根ノモノトアレドモ、木ノ堅http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a849.gif ナル枝幹ヲ有シ、年々成長スルモノト自ラ異ナリ、而シテ舊來ノ本草家ハ之ヲ山草、芳草、濕草、毒草、蔓草、水草、石草、葷草等ニ類別シタリ、種子若シクハ莖、根等ヲ、日常ノ食用ニ供スル爲ニ、特ニ栽培セラルヽモノニハ稻、麥、粟、黍、稗、蕎麥、大豆、小豆、胡麻、大根、蕪菁、牛蒡、茄子、瓜、芋等、其數甚ダ多シ、謂ユル穀類、菜類是ナリ、又花葉ヲ觀賞シ、或ハ藥用ニ供スル爲ニ培養セラレ、採集セラルヽ草本モ亦頗ル多シ、

草總載/名稱

〔倭名類聚抄〕

〈二十/草〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0747 草〈http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001d8cb.gif 字附〉 孫愐切韻云草、〈音早、和名久佐、〉百卉總名也、

〔段注説文解字〕

〈一下/艸〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0747 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000044.gif 百芔也、〈卉下曰艸之總名也、是謂轉注、二http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/000000018eb1.gifhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/000000018eb1.gif 一也、引伸爲艸稿艸具之艸、〉从http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/000000018eb1.gif 〈倉老切、古音在三部、俗以草爲艸、乃別以皁爲草、〉凡艸之屬皆从艸、

〔類聚名義抄〕

〈八/艸〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0747 艸〈音早、百卉摠名、〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/000000018eb1.gif 〈古〉 廿〈今變作此〉 草〈或クサ、ハヤク、ハシメ、フレナリ〉 卉http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001b288.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000045.gif 〈下二正、音諱、クサ、〉 卉〈同〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000046.gif 〈莫http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000047.gif

〔伊呂波字類抄〕

〈久/殖物附殖物具〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0747 草〈クサ百卉摠名也〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000048.gif  蕪 菜〈草也〉 毛 鬯 艸〈艸イ〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000049.gif 〈亦クスカツラ〉 蔍 藿 卉〈已上同古文作http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001b288.gif 、百草摠也、〉

〔書言字考節用集〕

〈六/生植〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0747 卉(クサ)〈本字http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001b288.gif 〉艸(同) 草(同) 荄(クサノネ)〈唐匀、草根也、〉莛(クサノクキ/クキ)〈匀瑞、草莖也、〉莖(同/同) http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000147.gif (同) http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000050.gif (同) 榮(クサバナ) 草花(同)

〔日本釋名〕

〈下/草〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0747 草(クサ) くさ〴〵おほき也

〔東雅〕

〈十五/草卉〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0748 卷柏イハグミ〈◯中略〉 倭名鈔草類に見えし物名、上世より云ひつぎしと見えしは解すべからざる多かり、草を呼びてクサといふ義の如きも猶不詳、〈種字http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001e92e.gif てクサといひ、雜字http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001e92e.gif てクサグサといふが如きは、舊く訓ぜし所なり、是等の語も草をクサといふによれる所と見えたり、是等の詞によりて、草をクサといふ事あるべしとも思はれず、〉古の時には、百濟より諸道の博士并に採藥師等をも番上せしめしとも見えたれば、我國の上世よりいひつぎし所のみにもあらず、韓地の方言をもて呼びし物も相混ぜざる事を得べからず、石薢を呼でスクナヒコノクスネといふは、小彦名神之藥根といふが如く、玄參をオシクサといふも、古語拾遺に見えし天押草といふものヽ如し、また烏扇をカラスアフギといひ、薏苡をヅジダマといふが如き、是等の名も神代より聞えし事の如くに、古語拾遺には見えけり、されど烏扇をカラスアフギと云ひしは、烏扇の字により、薏苡をヅジダマといひしは、其子の珠數の如くなるを云ひしによりしと見えたれば、太古の時にあたりて、かヽる名あるべしとは思はれず、古の名既に亡びたりければ、今呼ぶ所の名によりてしるせし所なるべし、芍藥をエビスグスリといひ、决明をエビスグサといひ、地楡をエビスネといひ、又アヤメタムといふが如き、旋花をハヤヒトグサといひ、大戟をもハヤヒトグサといふが如きは、其始て出でし地方をもて呼ぶに似たり、或は漢名によりて呼ぶ事、忘憂をワスレグサといひ、貝母をハヽクリといひ、白頭翁をオキナグサといふが如き、或は漢音によりて呼ぶ事、芭蕉をバセヲバといひ、蒴藋をソクトクといふが如き、皆是漢字傳へし後に名づけいひし所といひたり、又其名同じくして其物は異なるも少からず、旋花大戟共にハヤヒトグサといひ、卷柏石韋共にイハグミといふの類是なり、彼物によりて此名あるも少なからず、蕗をフヽキといふに因りて、欵冬をヤマフヽキといひ、芡をミヅフヽキといひ、惡實をウマフヽキといひ、芹をセリといふに因りて、茈胡をノゼリといひ、當歸をヤマゼリとも、オホゼリともウマゼリとも、葶藶をハマゼリともいふの類此なり、大なるをばムマとい ひ、オニといひ、小なるをばヒメといひ、似て非なるをばイヌといひ、カラといふが如き、すべてこれ等の例によりて、其義をもとめて、その然るべからざる疑ふべき強て其説をつくるべからず、されば今こヽには唯其釋すべき事あるものをのみ註したる也、其釋を待たずして義おのづから明かなる物をもまた載せず、

〔倭訓栞〕

〈前編八/久〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0749 くさ 草をいふ、年ごとに枯腐るものなればいふなるべし、式陸奧國http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001b2a7.gif (クサ)野神社あり、説文にhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001b2a7.gif 草也と見ゆ、〈◯中略〉草は青きものなるに、詩詞に白草といへるは、胡地〈ノ〉草色は白しといへり、種をいふも草より出たり、なぐさみ種、あつかひ種、かこち種、わらひ種などいふ是也、

〔古事記傳〕

〈五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0749 草は莖多(クヽフサ)なり〈多きを布佐と云ること、これかれ見えたり、〉

〔和漢三才圖會〕

〈九十二本〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0749 名義以時名者 迎春 半夏 夏枯草 欵冬 忍冬以人名者 杜仲 王孫 徐長卿 丁公藤 蒲公英 劉寄奴 何首烏 使君子以物名者 淫羊藿 麋衘草 鹿跑草以地名者 常山 高良 天竺 迦南以形名者 虎掌 狗脊 馬鞭 烏喙 鵝尾 鴨蹠 鶴蝨 鼠耳 牛滕以性名者 益母 狼毒 預知子 王不留行 骨碎補強名之者 沒藥 景天 三七 無名異 威靈仙 沒石子

〔日本書紀〕

〈一/神代〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0749草祖草(カヤ/○)野(ヌ)姫、亦名野槌

〔古事記〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0749野神名鹿屋野比賣神、亦名謂野椎神

〔古事記傳〕

〈五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0749 加夜(カヤ)は此卷末に、以鵜羽葺草とありて訓葺草加夜と註せるぞ本義にて、何にもあれ、屋葺む料の草を云名なり、万葉一卷に、吾勢子波(ワガセコハ)、借廬作良須(カリイホツクラス)、草無者(カヤナクバ)、小松下乃(コマツガモトノ)、草乎苅http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/000000019a0e.gif (クサヲカラサネ)、 又四卷に、板蓋之(イタブキノ)、黒木乃屋根者(クロキノヤネハ)、山近之(ヤマチカシ)、明日取而(アケムヒトリテ)、持將參來(モチテマヰコム)、黒樹取(クロギトリ)、草毛刈乍(カヤモカリツヽ)、仕目利(ツカヘメド)、勤和氣登(イソシキワケト)、將譽十方不在(ホメムトモアラズ)、又八卷に、波太須珠寸(ハタススキ)、尾花逆葺(ヲバナサカフキ)、黒木用(クロキモテ)、造有家者(ツクレルイヘハ)、迄萬代(ヨロヅヨマデニ)、これらを合て思べし、茅(カヤ)と云一種あるも、屋ふくに主と用る故の名なり、さて野神の御名に負給へる故は、野の主とある物は草にて、草の用は、屋葺ぞ主なりける、故草字をやがて加夜(カヤ)とも訓り、上代は大御殿を始て、凡て草もて葺つればなり、

〔和漢三才圖會〕

〈九十二本〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0750 草類按凡草始生、曰苗、〈音妙、和訓奈倍、〉萌出曰芽(○)、〈音牙、和訓女、〉枝葉豐盛曰茂(○)〈音懋、和訓之介流、〉花下柎曰蕚(○)、〈音諤俗云花乃倍太〉、含實曰繩(○)、〈音孕、俗云花乃止知、〉周禮注曰、艾其繩則實不成、又綴實底蔕(○)、〈瓜帶、柹帶、〉應劭、木實曰果(○)、草實曰蓏(○)、〈音裸〉又有http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/000000019a0e.gif果、無http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/000000019a0e.gif蓏、時珍曰、天造地化、而草木生焉剛交于柔、而成根荄(○○)、柔交于剛、而成http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000007.gif (○○)、葉蕚(○○)屬陽、華實(○○)屬陰、由是草中有木、木中有草、得氣之粹者爲良、得氣之戻者爲毒、故有五形〈金木水火土〉五氣、〈香臭臊腥膻〉五色、〈青赤黄白黒〉五味、〈酸苦甘辛鹹〉五性、〈寒熱温凉平〉五用、〈升降浮沈中〉神農嘗而辨之、黄帝述而著之、

〔書言字考節用集〕

〈十/數量〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0750 三草(サンサウ/○○)〈麻、藍、紅花、木棉、麻、荏、〉

〔大和本草〕

〈二/數目〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0750 三草 麻 藍 紅花

〔地方要集録〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0750 畑方作毛見分〈三草四木之類、雜穀野菜之類、〉 三草は〈麻、木綿、藍なり、タバコ、藺、紅花共六草(○○)とも云、〉

〔書言字考節用集〕

〈十/數量〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0750 八草(ハツソウ/○○)〈菖蒲、艾葉、車前、荷葉、蒼耳、忍冬、馬鞭、繁蔞、〉

〔大和本草〕

〈二/數目〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0750 八艸 菖蒲 艾葉 芣苡 荷葉 蒼耳 忍冬 馬鞭艸、蘩蔞

草類別

〔大和本草〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0750 目録艸之一 菜蔬類〈六十七種〉 艸之二 藥類〈七十九種〉 艸之三 花艸〈七十三種〉 園艸〈十八種〉 艸之四 蓏類〈九種〉 蔓艸〈三十七種〉 芳艸〈十六種〉 水艸〈三十六種〉 海艸〈二十八種〉 艸之五 雜艸〈百三十七種〉 菌類〈二十五種〉 右艸類、自艸之一以下至此、凡五百二十八種、〈◯節略〉

〔和漢三才圖會〕

〈九十二本〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0751 草類神農本草經一百六十四種、漢魏唐宋良醫代有増益、除穀菜外、凡得草屬之可醫藥者六百一十種、分類、曰山、曰芳、曰濕、曰毒、曰蔓、曰水、曰石、曰苔、

〔大和本草〕

〈一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0751本艸書本草綱目ニ、品類ヲ分ツニ可疑事多シ、菊、艾、茵、蔯、青蒿、黄花蒿ハ皆香氣アレドモ、芳艸類ニ不載シテ隰艸ニノス、然ドモ此草高燥ノ地ニ宜シ、殊ニ菊及地黄ハ甚隰土ヲ忌ム、隰草ト稱スベカラズ、惡實、欵冬、地膚、蓼、蘘荷ハ、今世俗皆爲佳疏、良賤所賞也、然ルニ菜類ニ不之、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000051.gif 菜、落葵、苦瓜ハ不菜、然ドモ爲菜類、蘆ハ水草也、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/000000019f20.gif 艸類ニノス、連翹ハ蔓草ナリ、不于隰地、然ニ隰草ニノス、胡椒ハ蔓草ナリ、然ニ諸木實ト同ク味果類ニノス、故ニ人誤認テ木實トス、常山ト莽艸ハ木ナリ、非草品之毒艸、石龍芮止扁ハ、本艸曰無毒、然ルニ毒草類ニ載之、羊蹄ハ非水艸、虎耳草酸醤艸植之令石則可也、然非石草、水芹有芳香、水草也、非辛辣之物、然ニ葷辛菜トス、馬勃ハ芝栭ノ類ナリ、然ニ苔類ニ載タリ、水草類ニ海藻、海蘊、海蔕、昆布、石帆、水松等ノ海物ヲ載タリ、淡水ニ生ズル草ト雜記ス、河海淡鹹ノ別ナシ、苔類ニ、陟釐、乾苔ノ海物ヲ卷柏、玉柏、屋遊等山陸ノ産物雜記ス、水菜類ニ所載ハ皆海菜ナリ、水草類ノ内、海藻以下數品ト同類ナリ、然ラバ則海艸門一類ニシテノスベキニ不然、海草門ナシ、是亦魚品ニ河海ヲ不分ガ如シ、山海經爾雅等書皆以竹爲艸、又竹ヲ非木非草トシ別爲一類説アリ、然ニ綱目ニ竹ヲ苞木類ニノセタリ、〈◯中略〉論物理蔓草ハ皆左旋ス、順天之左旋也、左旋トハ左ヨリ上リ右ニ落ルヲ云、天道ハ左旋ス、日月星皆同ジ、人ハ北ヲ背ニシ南ニ向ヘバ、左ハ東右ハ西ナリ、日月天行皆東ニノボリ西ニヲツ、是左旋ナリ、順 ナリ、茶臼ノメグルモ、蔓艸ノ物ニマトフモ皆左旋ナリ、右ヨリ上リ左ニ落ルハ右旋ナリ、逆ナリ、或ハ茶臼ノ旋ルモ、蔓艸ノ物ニマトフモ皆右旋ト云人アリ、非ナリ、ヨク思フベシ、人力ヲ以テセズシテ、天氣ト茶臼ト、蔓草トノメグリヲ以テ考フベシ、

〔倭名類聚抄〕

〈十七/稻〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0752 穀 周禮注云、五穀(○○)、〈音谷、和名毛美、日本http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001e292.gif 私記云、五穀以都々乃太奈豆毛乃、今按五穀、一説云、稷麻豆麥禾也、見禮記月令注、〉禾、稷、菽、麥、稻也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈九/稻穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0752 原書〈◯周禮〉疾醫、以五味五穀五藥其病、注云、五穀麻黍稷麥豆也、與此所http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 引異、按原書職方氏、豫州其穀宜五穀、又云、并州其穀宜五種、注並云、五種、黍稷菽麥稻也、其目與此合、然於疾醫五穀、於職方氏五種、其注各別、則鄭意五穀五種不同也、源君引周禮注、以黍稷菽麥稻五穀者誤、後漢書明帝紀注、引鄭玄注周禮云、五穀、桼稷麥麻米也、亦恐誤、又按大戴禮注漢書注五穀、並與疾醫注同、孟子注、淮南子注、後漢書班彪傳注、皆以桼稷菽麥稻五穀、與此合、又史記、黄帝藝五種、索隱云、五種即五穀也、顏師古漢書注、亦謂五種即五穀、蓋源君渉是等書而誤也、

〔類聚名義抄〕

〈九/殳〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0752 五穀〈イツヽノタナツモノ〉

〔伊呂波字類抄〕

〈古/飮食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0752 穀〈コク、亦作穀、五穀、九穀、〉 〈命穀子午黍、丑亥粟、寅戌稻、卯酉麥、辰申麻、己未大豆小豆、〉 五穀〈コヽク 黍〈キビ〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001dc54.gif 〈アハ〉 菽〈マメ〉 麥〈ムキ〉 稻〈イネ〉也 亦云稷 麻 豆 麥 禾也〉〈異本云、稻穀、大麥、小麥、大豆、小豆、常用之、〉

〔下學集〕

〈下/數量〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0752 五穀〈一粟黍類、二稻糯類、三豆類、四麻、五麥、是也、〉

〔運歩色葉集〕

〈古〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0752 五穀〈粟黍 豆 稻糯 麥 麻〉

〔倭訓栞〕

〈前編三/伊〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0752 いつくさのたなつもの 神代紀に五穀をよめり、五種の種(タナ)つ物の義なり、五穀を稻粟稗麥豆と定めたまひしは、天照大神の制なり、西土にては、月令素問、周禮注、谷梁傳注、楚辭注、孟子注等、各異ありて一定せず、されど稗は收入ず、孟子にも五穀も、稗にしかずといへり、古事記 には稻粟小豆麥大豆と見ゆ、

〔拾芥抄〕

〈下末/飮食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0753 五穀 稻穀 大麥 小麥 大豆 小豆〈内法之時常止小豆胡麻云云〉 〈或〉麥 黍 米 粟 大豆〈近代用此等之由、或光平所院也、移徒之時用之、〉止大豆 小豆 加菉豆 胡麻云云〈諸家説不同也〉 〈或〉粳米〈甘〉 麻〈酸〉 大豆〈醎〉 小豆〈苦或麥〉 黄黍〈辛〉

〔異制庭訓往來〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0753 五穀之類、黍稗大麥小麥大豆小豆糯粳粟稻之比、非農人而列倉如星、

〔大和本草〕

〈二/數目〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0753 五穀 禾 麻 粟 麥 豆〈素問藏氣法時論曰、五穀爲養、五畜爲益、五菜爲充、五果爲助、月令、以黍稷麻麥豆五穀、孟子註、以黍稷菽麥稻五穀、楚辭註、以稻稷麥豆麻五穀、〉

〔農術鑑正記〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0753 古の五穀は、稻麥粟黍大豆也、庭訓には粳糯早稻晩稻、熟田に植、蕎麥大豆小豆粟麥稗等は、畑山畠に植と記、今の五穀は稻の類、麥の類、粟黍稗大豆の類、胡麻蕎麥等也、

〔黍稷稻粱辨〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0753 物理論曰、百穀者三穀各二十種爲六十種、蔬菓各二十種共爲百穀、注曰、粱者黍稷之總名、稻者漑種之總名、三穀各二十種爲六十、蔬菓之類、所以助穀之不http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 及也、穀名攷、五穀禾麻粟黍豆也、周禮注、又以麻黍稷麥豆五穀、六穀者黍稷稻粱麥蓏、八穀者黍稷稻粱禾麻菽麥、九穀者黍稷秫稻麻大小豆大小麥、鄭玄曰、九穀無秫大麥、而有粱蓏、右各爲説、其實無考也、〈◯註略〉五穀之字出于周禮孟子、而無其目、則其實未得而知也、鄭玄周禮註、五穀之目、則依月令四時所http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 嘗而爲説焉、或除麻而收稻、以爲五穀、或除稷收稻以爲五穀、素問云、五穀爲養、麻麥稻黍豆、配肝心脾肺胃、然古書有五穀之稱、而不其目、則今無適從、按百穀之内、擧五穀而稱之、則配五行而立之目者、或然矣、但其實則無覈證已、或難曰、五穀之内、民命之所繫、稻米爲大矣、其餘則稱爲雜穀、而鄭玄之五穀、從月令而除稻米者、何有據、子之從之、又何所考、而必其然耶、曰、月令所稱之五穀、則配四時之五行而嘗之、故鄭玄云、麥實有孚甲木、黍秀舒散屬火、麻實有文理金、菽實孚甲堅合屬水、稷五穀之長屬土、此言牽合附會似 臆斷、雖然月令所稱周家之禮也、亦不廢、則姑從鄭説而可也東方朔占書、欲五穀之收否、但看五菓之盛衰、李主小麥、杏主大麥、桃主小豆栗主稻、棗主禾、占書出於六朝好事者之手、不證也、蓋北方無稻種、古之所謂中國與今之中國、延袤大小不同矣、江南則於禹貢周官、在于荒服之例、故周有稻人、漢有稻田使者、別掌稻米之政而漕運轉輸又甚難焉、是以北方此物至乏、縱有此物、供宗廟禮食耳、不常食也、故古者五穀品目不稻米六穀則始收之、且彼邦中國無稻米、以麥粟常食、或雕胡薏苡給其不http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 及也、而江南及我邦以稻爲常食、如雕胡薏苡則棄而不顧、我方唯關東之國、唯相州之民常食稗粟、雖然豪富及商賈之類、則亦不朝夕之膳也、其餘州則貧民以麥爲常食、食稗粟者或少矣、此習爲常、故後儒以今料古、以我推彼、而云中華則聖賢所出、秀氣所鍾之邦也、其食當我邦之上、歆羨渇望、欲指而嘗http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 之、是以反疑古書、欲其説以實http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4d.gif 之、母乃鑿乎、可浩歎矣、右辨五穀之名目一條

〔日本書紀〕

〈一/神代〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0754 一書曰、〈◯中略〉伊弉册尊爲軻遇突智焦而終矣、其且終之間、臥生土神埴山姫及水神罔象女、即軻遇突智娶埴山姫稚産靈、此神頭上生蠶與http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 桑、臍中生五穀、(イツクサノタナツモノ)、一書曰、〈◯中略〉是後天照大神、復遣天熊人往看之、是時保食神實已死矣、唯有其神之頂化爲牛馬、顱上生粟、眉上生蠒、眼中生稗、腹中生稻、陰生麥及大豆小豆、天熊人悉取持去而奉進之、于時天照大神喜之曰、是物者則顯見蒼生可食而活之也、乃以粟稗麥豆陸田種子、以稻爲水田種子、又因定天邑君、即以其稻種、始殖于天狹田及長田、其秋垂穎八握、莫然甚快也、

〔古事記〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0754 速須佐之男命、〈◯中略〉又食物乞大氣津比賣神、爾大氣都比賣、自鼻口及尻、種種味物取出而、種種作具而進時、速須佐之男命立伺其態、爲穢汚而奉進、乃殺其大宜津比賣神、故所殺神於身生物者、於頭生蠶、於二目稻種、於二耳粟、於鼻生小豆、於陰生麥、於尻生大豆、故是神産巣日御祖命、令兹成種、

〔古事記傳〕

〈九〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0755 稻種、五品の中に、此のみ種と云るは、いかにと云に、まづ下に成種とあるを以見るに、此に生(ナ)れるは、五品ながら其實なり、然るに餘の四品は、種と云ねど、おのづから實のことなるを、稻は伊禰とのみ云ては、穗に在時の名にして、實とは聞えず、莖ながら生たる如聞えて、まぎらはしければなり、

〔日本書紀〕

〈五/崇神〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0755 七年十一月、疫病始息、國内漸謐、五穀(イツヽノタナツモノ)旣成百姓饒之、

〔延喜式〕

〈八/祝詞〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0755 龍田風神祭龍田〈爾〉稱辭竟奉皇神〈乃〉前〈爾〉白〈久〉、志貴島(シキシマ)〈爾〉大八島國知(シラシ)〈志〉皇御孫命〈乃〉、遠御膳〈乃〉長御膳〈止〉、赤丹〈乃〉穗〈爾〉聞食〈須〉、五穀(タナツ)物〈乎〉始〈氐〉、天下〈乃〉公民〈乃〉作物〈乎〉、草〈乃〉片葉(カタハ)〈爾〉至〈万氐、〉不成一年二年(ナラザルコトヒトトセフタトセ)〈爾〉不在(アラズ)、〈◯下略〉

〔江家次第〕

〈三/正月〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0755 御齋會竟日南榮作棚居五穀〈左右各十一坏、以白布之、〉

〔執政所抄〕

〈下/六月〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0755 十五日祇薗御幣神馬事〈◯中略〉五穀四斗五升〈各九升〉 稻 大豆 小豆 大麥 小麥 已上政所出納備進之

〔書言字考節用集〕

〈十/數量〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0755 六穀(ロクコク/○○)〈稻、黍、稷、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000052.gif 、麥、瓜、〉

〔書言字考節用集〕

〈十/數量〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0755 八穀(ハツコク/○○)〈黍、稷、稻、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000052.gif 、禾、麻、菽、麥、〉

〔大和本草〕

〈二/數目〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0755 八穀 稻、黍、大豆、小豆、大麥、小麥、粟、麻、〈小學紺珠〉日本紀神代卷ニ、稻麥大豆粟稗ヲ記ス、是上古ヨリ我邦ニ所在也、日本紀欽明天皇十二年、以麥種一千斛百濟、可上世此種也、

〔書言字考節用集〕

〈十/數量〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0755 九穀(キウコク/○○)〈稷、秫、黍、稻、麻、大豆、小豆、大麥、小麥、〉

〔拾芥抄〕

〈下末/飮食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0755 九穀 稷 稻 黍 米 菽 麻 大豆 小豆 大麥

〔大和本草〕

〈二/數目〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0755 九穀 稷、秫、黍、稻、麻、大小豆、大小麥、〈周禮鄭玄註〉

〔日本書紀〕

〈二十四/皇極〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0755 元年八月甲申朔、天皇幸南淵河上、跪拜四方、仰天而祈、即雷大雨、遂雨五日、溥潤天 下、〈或本云、五日連雨、九穀(○○)登熟、〉於是天下百姓、倶稱萬歳、曰至徳天皇

〔日本書紀通證〕

〈二十九/皇極〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0756 九穀〈謂黍稷秫稻麻大小麥也、三農生九穀、卓氏藻林引藝文、〉

〔傍廂〕

〈後篇〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0756 九穀皇極天皇紀に、元年八月、天皇幸南淵河上、跪拜四方、仰天而祈、即雷大雨、遂雨五日、溥潤天下、〈或本云、五日連雨九穀登熟、〉於是天下百姓、倶稱萬歳、曰至徳天皇云々、この細注の九穀は、谷川士清が紀の通證に、黍、稷、秫、稻、麻、大麥、小麥、大豆、小豆、これを九穀といふは誤れり、彦麿云、九穀の九は、五の誤字なり、麥は大麥、小麥、蕎麥、穬麥なべて麥の一種なり、粟は丹黍、秬黍、秫粱米なべて粟の一穀なり、米は黍http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a9f9.gif なべて米の一穀なり、豆は大豆、烏豆、燕豆、大角、小豆なべて一穀なり、薭は胡麻、荏、香藁、葟子なべて一穀なり、されば九字は五字の誤なる事うつなし、

〔書言字考節用集〕

〈六/服食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0756 雜穀(ザフコク/ザコク)

〔令義解〕

〈一/職員〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0756 大炊寮頭一人掌諸國春米、雜穀(○○)、分給、〈謂凡諸雜穀者皆於此寮收領、更分充諸司、假令粟充主水、大豆充大膳之類也、〉諸司食料事

〔儀式〕

〈五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0756 正月八日講最勝王經儀〈十四日儀准之〉十四日昧旦、東西二寺盛雜穀於漆器廿二具、列立南榮楹外、〈左右各十一具、中階上闕而不列、〉山城國以稻廿四荷、〈以四束一荷〉左右相分列立龍尾道上庭

菜蔬

〔倭名類聚抄〕

〈十七〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0756 菜蔬部〈◯中略〉葷菜類〈◯中略〉海菜類〈◯中略〉水菜類〈◯中略〉園菜類〈◯中略〉野菜類〈◯下略〉

〔倭名類聚抄〕

〈十七/葷菜〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0756 葷菜 唐韻云、葷〈音軍、今按大小蒜之摠名也、〉臭菜也、兼名苑注云、草間食曰(○○○○)菜蔬(○○)、〈在疏二音、和名菜蔬久佐非良、〉

〔類聚名義抄〕

〈八/艸〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0756 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000053.gif 蔬〈正〉蔬〈俗、音疎、クサヒラ、〉 葷〈音蘍、音鬼http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001dc00.gif 、臭菜、クサナ、〉

〔伊呂波字類抄〕

〈久/殖物附殖物具〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0756 蔬〈クサヒラ、菜可食、正作http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000053.gif 、〉 葷〈クサナ、臭菜也、〉 蕕〈クサナ、臭菜也、〉 茸〈同〉

〔大和本草〕

〈二/節飮食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0757 李笠翁曰、論蔬食之美者、曰清、曰http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/000000018454.gif 、曰芳、曰馥、曰鬆脆而已、又曰至美之物皆利于孤行、言ハ菜ノ可食者四アリ、清トハ天然キレイナル物、山蔬、水草、果蓏ノ類ナリ、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/000000018454.gif トハ人力ニテhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/000000018454.gif クスル也、園菜ノケガレタル物モ、水ニ一日カ一夜ヨク浸シ、ワラ縄ナドニテヨク洗ヘバhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/000000018454.gif クナルヲ云、芳馥ハ香ヨキヲ云、鬆脆トハヤハラカニモロキ物ヲ云、此四ノ者ハ宜食トナリ、是皆脾胃ノ好ム處ナリ、又味ノスグレタル物ハ他物ヲマジヱズシテ、只一種煮ルベシ、竹筍松蕈ナドノ類ナリ、又曰、本性酷好之物、可以當藥、言生付テ好メル物ハ不害、郤テ藥トナル也、然レドモ過食飮スレバ又必爲害、

〔書言字考節用集〕

〈十/數量〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0757 五菜(ゴサイ/○○)〈韮、薤、葵、葱、藿、〉

〔拾芥抄〕

〈下末/飮食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0757 五菜〈醫書説〉葵〈甘〉韮〈酸〉藿〈酸〉韮〈苦〉葱〈辛〉

〔大和本草〕

〈二/數目〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0757 五菜 韭 薤 葵 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001b512.gif  藿

〔伊呂波字類抄〕

〈古/飮食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0757 五辛(○○)〈大蒜(オヲヒル) 慈http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001b512.gif (ニラ) 角http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001b512.gif (アサツキ) 蘭http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001b512.gif 〈タヽルネヒル〉 興蕖(クレノオモ) 已上見于僧尼令

〔運歩色葉集〕

〈古〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0757 五辛〈大蒜 葱 薤 蘭 葱興渠〉

〔書言字考節用集〕

〈十/數量〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0757 五辛(ゴシン)〈大蒜 茖http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001b512.gif  韮http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001b512.gif  蘭http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001b512.gif  興渠〉

〔拾芥抄〕

〈下末/飮食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0757 五辛 大蒜 薤葱 茖葱 蘭葱 興蕖〈已上見令僧尼又梵網經、多異説云云、〉又ヒル クレノヲモ キ ニラ アサトキ〈此可葷之由、有院宣云云、〉

〔大和本草〕

〈二/數目〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0757 五辛 又曰五葷、本草蘇頌曰、昔人正月節食五辛、以辟癘氣、謂韮薤http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001b512.gif 蒜薑、時珍曰、其辛臭昏神伐性也、

〔書言字考節用集〕

〈十/數目〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0757 道家(ダウケ)五葷(ゴクン/○○)〈韮、蒜、芸、薹、胡妥、薤〉

〔書言字考節用集〕

〈十/數量〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0757 七(/○)菹(シヨ/○)〈韮、菁、茆、葵、芹、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001b3c1.gif 、筍、〉

〔拾芥抄〕

〈下末/飮食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0757 七種菜(○○○) 薺(ナツナ/アマナ) 蘩蔞(ハコヘ) 芹(セリ) 菁(アヲナ/カフナ) 御形(コキヤウ) 須須之呂(ススシロ) 佛座(ホトケノサ)

〔大和本草〕

〈二/數目〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0758 人日七種菜荊楚歳時記云、正月七日以七種菜羮、今按、歳時記無七種之名品、國俗人日ニ所用七種ト稱者、芹薺鼠麴草〈一名佛耳草、倭名母子草、或以爲黄花蒿邪蒿者非也、二種正月未苗、〉蘩蔞、 佛座〈一名田平子〉菘〈蔓菁之類、和俗稱之曰菜、在水田水菜、又曰浮菜、在陸田畠菜、於諸國京菜、〉蘿蔔〈大根也〉此七種若菜ノ事、公事根源ニ見エタリ、菘ヲ菁トス、

〔拾芥抄〕

〈下末/飮食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0758 十二種若菜(○○○○○)若菜 菌(クサヒラ/キノコ) 莒(ヲヽハコ) 蕨(ワラヒ) 薺(ナツナ) 葵(アフヒ) 芝(シハ/ヨロイクサ) 篷(ヨモキ) 水蓼(タテ) 水雲 菘(カウシ/タカナ) 芹(セリ)

〔御觸書集覽〕

〈一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0758 天保十三寅年四月八日野菜物等、季節いたらざる内、賣買致間敷旨、前々相觸候趣も有之處、近來初物を好ミ候儀増長いたし、殊更料理茶屋等ニ而ハ競合買求、高直之品調理致し候段、不埒之事ニ候、譬バ、きうり、茄子、いんげん、さヽげの類、其外もやし物と唱、雨障子を懸、芥ニ而仕立、或ハ室之内〈江〉炭團火を用、養ひ立、年中時候外れに賣出し候段、奢侈を導く基ニ而、賣出し候者共、不埒之至ニ候間、已來もやし初物と唱候野菜物類、決而作り出し申間敷旨、在々〈江〉も相觸候條、其旨を存じ堅賣買致間敷候、尤魚鳥之儀ハ、自然之漁獵ニ而賣出し候は格別、人力を費し、多分失脚を懸ケ飼こみ仕立置、世上〈江〉高價ニ賣出し候儀ハ、是亦不相成候、若相背候者有之においてハ、吟味之上、急度咎可申付候、右之趣、町中〈江〉可觸知もの也、四月右之通、被仰出候段、從町御奉行所仰渡候間町中不洩様早々可相觸候、寅四月八日   役所(町年寄)

藥草

〔和漢三才圖會〕

〈九十二本〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0758 藥品 凡諸藥多用(○○○○)草(○)、故字从草、今金石木土之劑皆爲藥、而草木根梢、收採惟宜秋末春初、春初則津潤始萌、未枝葉、秋末則氣汁下降、悉歸本根、諺曰、賣藥者兩眼、用藥者一眼、服藥者無眼、非虚語也、醫不能識藥、惟聽市人、市人又不辨究、皆委採送之家、傳習造作、眞僞好惡並皆莫測、

〔伊呂波字類抄〕

〈古/飮食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0759 五藥(○○)〈赤箭 人參 伏苓 石昌蒲 天門冬〉

〔拾芥抄〕

〈下末/飮食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0759 五藥〈赤箭 人參 茯苓 石昌蒲 天門冬 或説 石昌蒲 茯苓 天門冬 人參 懷香〉

〔書言字考節用集〕

〈六/生植〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0759 百草(○○)〈醫家五月五日、采衆草百種、陰乾燒灰、收爲藥物、〉

〔和漢三才圖會〕

〈九十二本〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0759 百草本綱、五月五日采百種草、陰乾、燒灰和石灰團煆研、傅金瘡血亦傅犬咬、又治腋臭及瘰癧已破、〈各有方〉又取百草花汁醸酒服之治百病、或采百草花、水漬泥封埋百日煎爲丸、卒死者納口中即活也、按、牝鹿銜草以飴其牡、蜘蛛齧芋以磨其服、虎中毒箭清泥而解之、野豬中毒箭薺苨而食、〈見朝野僉載、及五雜俎、〉蓋三獸之事未之、蜘蛛之所爲予面見之、犬中馬錢毒則呑水解之、又蛇見蛞蝓之涎則避地不到又犬鼠共好油、而見桐油則不敢近、〈誤舐桐油犬毛悉脱〉物猶知藥與http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 毒、況於人乎、

〔嬉遊笑覽〕

〈十二/草木〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0759 江戸にて本草學問する者出來しは、松岡恕庵召れてよりなり、其頃日記享保六年辛丑二月、松岡玄達を京師より呼下され、旅宿小傳馬町三丁目糠屋七兵衞、七月三日御暇にて罷登、路金十兩相渡、壬七月九日京師儒醫松岡玄達、大坂儒醫古林見宜、大坂藥種屋伏見屋市左衞門、平野屋久兵衞、堺藥種屋小西彌左衞門、是ハ二月以來御當地逗留中、旅籠代并普請入用、本國へ罷歸候路金、野呂玄次、夏井松玄、本賀徳運、是ハ御當地逗留の内普請代并藥草(○○)見分に被遣候雜用金、都合金高百七拾七兩二分拾一匁七分五厘、同九月二十二日當六月十二日の記有之、勢州松坂駝堂と申仁、紀州豆州へ藥草見分に罷越候様仰付られ、無恙相勤、此度在所松坂へ歸度奉願、昨二十 一日林良喜老へ被召呼、勝手に罷歸候様被仰候、白銀三枚頂戴、旅宿本石町四丁目仁兵衞店六郞次郞屆來ル、同七年壬寅四月二十五日桐山太右衞門、下總國千葉郡小金の内瀧臺野にて爲御藥園十五萬坪拜借被仰付、桐山は藥店なり、同年八月二十八日、今度芝新網町に罷在候浪人安部友之進、相州大山より八王子邊藥草御用に被遣候、爲路金五兩、町欠所金の内より下置れ、出雲守様より年番此方へ仰下らる、採藥使記は享保五年庚子駒場御藥園御用屋敷の預り、植村左平治政勝採藥の台命を承り、其時より寶暦三年癸酉に至るまで間斷なく、三十餘年採藥の爲に諸國巡行し、人の行ざる處も巡見し、藥物はさらなり、奇事に至まで書紀し、九卷の書として寶暦五年丙子に獻上しぬ、されども藥物捜察は其學問廣く鑒定精細ならざれば益なきことなり、

鬪草

〔倭名類聚抄〕

〈四/雜藝〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0760 鬪草 荊楚歳時記云、五月五日有百草之戯、〈鬪草、此間云、久佐阿波世(○○○○○)、〉

〔嬉遊笑覽〕

〈十二/草木〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0760 宗懍荊楚歳時記曰、競採百藥、謂百草以蠲除毒氣、故世有鬪草之戯といへり、〈◯中略〉七修類稿に、風俗鬪百草戯、獨盛於呉、故荊楚記、有端午四民鬪百草之言、未其始也、昨讀劉禹錫詩曰、若共呉王百草、不如應是欠西施、則知于呉王與西施也、おもふに禹錫が詩は、唯その國の風俗をもて作れるまでにて、必しも呉王西施が故事あるにはあらじ、〈◯中略〉又すまふ取草にて童ども勝負を爭ふ戯あり、〈◯中略〉又稻草或は燈草(タヽミノhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f0000631069.gif )など束ね括り、三寸ばかりに截て立れば下廣がりて立なり、是も前の如く三ッよせて相撲とらすことおなじ、又松の葉の股を互に引かけて切たるを負とするを松葉きりといふ、此等のわざは異なれども鬪草の類なり、◯按ズルニ、鬪草ノ事ハ、遊戯部物合篇ニ詳ナリ、宜シク參看スベシ、

稻/名稱

〔眞本新撰字鏡〕

〈十二/諸食物調饌〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0760 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/000000019acc.gif 稻〈伊禰古文〉

〔倭名類聚抄〕

〈十七/稻〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0760 稻〈芒穗等附〉 廣志曰、有紫芒稻、赤穬稻、〈今案稻熟有早晩、取其名、和名早稻和勢、晩稻於久天、或又處々有之、〉

〔箋注倭名類聚抄〕

〈九/稻穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0761 按稻謂黏者、秔謂少不黏者、説文、稻稌也、稌稻也、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a9f9.gif 沛國謂稻爲http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a9f9.gif 、秔稻屬、蜀都賦、黍稷油油、稉稻莫莫、本草陶注云、道家方藥有倶用稻米粳米、此則是兩物、蓋唐韻擧一類二物以釋之、猶秔稻之稻、非秔稻二字稻字也、玉篇秔秔稻也、亦同意、然則唐韻稻則http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a9f9.gif 下條載之、源君訓稻爲以禰者、蓋非二物、則宜漢書東方朔傳注云、稻有芒之穀總稱也、齊民要術、引楊泉物理論云、稻者乃粳之總名也、蘇敬亦曰、稻者穬穀通名、匡謬正俗云、所謂稻米者、今http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a9f9.gif 米耳、然後以稻是有芒之穀、故於後通呼http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a9f9.gif 、總謂之稻、孔子曰、食夫稻、周官有稻人之職、漢置稻米使者、此並非指屬http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a9f9.gif 之一色、段玉裁曰、今俗槩謂黏者不黏者未http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif穅曰稻、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a9f9.gif 稻秈稻稉稻、未穅之稱也、既去穅曰http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a9f9.gif 米秈米秔米

〔類聚名義抄〕

〈七/禾〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0761 稻〈音道、イネ、和タウ、〉 稌稌〈音吐、甾、イネ、〉

〔伊呂波字類抄〕

〈伊/殖物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0761 稻〈イネ、漢語抄云、美之路乃以禰、青稻白米、〉 稌 秔〈已上同〉

〔段注説文解字〕

〈七上/禾〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0761 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000054.gif 稌也、〈今俗http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001e061.gif黏者不黏者、未穅曰稻、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a9f9.gif 稻秈稻秔稻、皆未穅之偁也、既去穅則曰http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a9f9.gif秈米秔米、古謂粘者稻、謂黏米稻、九穀攷曰、七月詩、十月http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001eacb.gif 稻爲此春酒、月令乃命大酋、秫稻心齊、内則襍記、並有稻醴、左傳進稻醴粱糗、是以稻爲黏者之名、黏者以醸也内則糝http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001c0ea.gif稻米http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001abe7.gif 人職之餌餈、注亦以爲稻米、皆取其黏耳、而食醫之職牛宜稌、鄭司農説、稌稉也、是又以稉釋稻、稉其不黏者也、孔子曰、食夫稻亦不必專指黏者、言職方氏揚荊諸州亦但云、其穀宜稻、吾是以知稌稻之爲大名也、玉裁謂、稻其渾言之偁、秔與稻對爲析言之偁、稻宜水、故周禮稻人掌下地、〉从http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001b108.gif 聲、〈徒晧切、古音在三部、〉

〔漢書〕

〈六十五/東方朔〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0761 東方朔、字曼倩、〈◯中略〉馳鶩禾稼稻秔之地、〈師古曰、稻有芒之穀總稱也、秔其不黏者也、音庚、〉

〔日本釋名〕

〈下/米穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0761 稻 いはいつくし也、ねは苗也、なえの反はね也、いねとはいつくしき苗也、諸穀にすぐれて苗まづいつくしむべし、

〔神代卷藻鹽草〕

〈二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0761 稻ハ命ノ根也、熟田ニ殖ユ、

〔東雅〕

〈十三/穀蔬〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0761 稻イネ 舊事紀に、五穀は火神軻遇突智の子、稚皇産靈神の化生せし所也とも、また葦原中國の保食神の化れる所也とも見えたり、古事記には、軻遇突智の姊大宜津比賣神の化れる 所也とも見えたり、太古の俗いひつぎし所、其説已に同じからずとは見えたれど、日神其種子をとり得給ひて、天狹田長田に殖しめられしより、世の人始て粒食する事を得しといふに至ては、異なる説ありとも見えず、稻の如きは、保食神の腹より生れしとも、大宜津比賣神の目より生りしともいふなり、名づけてイネといひ、亦轉じてはシネといひし義の如きは不詳、〈◯註略〉倭名鈔に、按ずるに稻熟に早晩ありて、其名を取る、早稻はワセといふ、晩稻はオクテといふと註せり、ワセといふは、ワはハなり、ハといひワといふは轉語也、ハとは早といふが如し、セとはシネといふ語を合呼びし也、オクテ又はオシネともいふなり、オクといひオシといふ、共に是晩の義也、テといひネといひ、またセといふは、皆轉語にして、シネといふ語を合呼びし也、

〔倭訓栞〕

〈前編三/伊〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0762 いね 稻をいふ、飯根の義なるべし、いなともよむは轉ぜる也、後漢書に日本宜稻と見ゆ、物理論に、稻者漑種之總稱といひ、爾雅翼に、稻米粒如霜、性尤宜水、一名稌、而有粘有黏、今人以黏爲http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a9f9.gif 、不黏爲秔とみゆ、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a9f9.gif はもち、秔はうる也、

〔本朝食鑑〕

〈一/穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0762 稻〈訓伊禰〉釋名〈(中略)必大(平野)按、稻者漑種之總稱也、又言通呼秔糯二糓稻、或謂專指糯以爲稻也、然本邦自古指秔糯以爲稻也、古者惟有早晩之分、今以早中晩而分之、其稻苅乾之後、經春簸而爲米、是粳米而俗稱宇流之者也、秔與稉同、〉集解〈◯中略〉夫稻者本邦古來爲米之總稱、而農家別謂在田茂生者爲稻、米之不稈芒穗稃籾、訓毛美、此亦農家之通稱也、稻有早中晩之分、早稻者熟實少、若雖實多稻美者久保、中晩者雖遲實多稻美、就中以晩白米第一、作上饌之食

〔本朝食鑑〕

〈二/華和異同〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0762 稻今本邦處處所種謂大唐米者、似粳而粒小、有赤白二色、其熟最早、六七月收之、而米亦多、恐是綱目之秈米也乎、

〔隨意録〕

〈五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0763 物茂卿云、在田曰稻刈穫曰禾、去藁曰粟、去殼曰米米而未舂曰糲、已舂曰粱、皆一物也、而稻爲糯、粟爲秫、粱爲粟中之一種、皆後世醫家之説、非古言、予謂此説粗也、不乎古言也、詩曰、黍稷稻粱、農夫之慶、内則曰、飯黍稷稻粱、白黍黄粱又曰、稻醴清糟、粱醴清糟、以此等經傳之、稻又一種名、而非唯在田之名、況論語曰夫稻夫錦、明是稻、一種嘉穀、豈以田與錦相對、乃言之乎、粱又一種名、非唯舂之謂也、其粟及米之稱、則固如其説也、禾則嘉穀之總名、詩曰、十月納禾稼、黍稷重http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001aa13.gif 、可以見焉、黍稷重http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001aa13.gif 都稱之禾稼也、春秋曰、大無麥禾、亦凡謂秋成穀禾也、誰非刈穫之稱、然穀種之名義、漢晉以降諸説不一、

〔傍廂〕

〈後篇〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0763 稻穀稻とは田に生ひ立ちあるをいふ、禾(あは)とは刈りて根なきをいふ、䅇(もみ)とは藁を去りたるをいふ、米とは殼を去りたるをいふ、糲とはいまだ舂かざるをいふ、粱とは既に舂きたるをいふ、武家の知行萬石千石などいへるは䅇也、殼を去りて米とすれば、萬石は四千石となる、千石は四百石となる、故に千石といへるは、よつ物にて即千俵なり、

〔古今和歌集〕

〈十五/戀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0763 題しらず そせい法し秋の田のいね(○○)てふこともかけなくになにをうしとか人のかるらん

〔延喜式〕

〈八/祝詞〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0763 祈年祭御年皇神等(ミトシノスヘガミタチ)〈能(ノ)〉前(マヘ)〈爾〉白(マフサ)〈久、〉皇神等〈能〉依(ヨ)〈左志〉奉〈牟、〉奧津御年(オクツミトシ/○○○○)〈乎、〉手肱(タナヒヂ)〈爾、〉水沫畫垂向股(ミナワカヽタリムカモヽ)〈爾、〉泥畫寄(ヒヂリカキヨセ)〈氐、〉取作(トリツクラ)〈牟、〉奧津御年〈乎、〉八束穗(ヤツカホ)〈能、〉伊加志穗(イカシホ)〈爾、〉皇神等〈能、〉依〈左志〉奉者、初穗(ハツホ)〈乎波〉千穎八百穎(チカヒヤホカヒ)〈爾〉奉置〈氐、〉瓺閉高知(ミカノヘタカシリ)、瓺腹滿雙(ミカノハラミチナラベ)〈氐、〉汁(シル)〈爾母〉穎(カヒ)〈爾母〉稱辭竟奉〈牟、〉

〔祝詞考〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0763 五穀の中に、稻は最末に熟故(ミノル)に、奧といへり、譬ば同じ稻にても、晩なるを奧てといひ、又遲きことをも、萬葉におくてなるといへるが如し、

〔八雲御抄〕

〈三上/地儀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0764 田〈◯中略〉 民の草〈◯中略〉 とみくさ(○○○○)〈田の花也◯中略〉 なかひこのいね〈ことしあたらしきいね也、神に奉るなり、〉

〔言塵集〕

〈五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0764 稻 とみ草 民の草原

〔藻鹽草〕

〈三/地儀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0764 田富草〈あすよりはそとものをだに袖ぬれてと草のさなへうへつらんかも、とみとはよまず、これ稻の異名也、◯中略〉 すめらみ草(○○○○○)〈いね也〉

〔倭訓栞〕

〈前編十八/登〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0764 とみくさ 富草と書り、梁塵抄に稻をいふと見えたり、されば相模家集に、み山なるとみくさの花といひ、詞花集に、打むれて高倉山につむものはあらたなる世のとみくさのはな、とよめるは、山に意あるにあらず、高倉山は、伊勢外宮の山也、

〔枕草子〕

〈四〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0764 りんじのまつりのでうがくなどは、いみじうおかし、〈◯中略〉夜ふけぬれば、猶あけてかへるをまつに、君だちのこゑにて、あらたにおふるとみ草の花(○○○○○)とうたひたるも、此たびはいますこしおかしきに、〈◯下略〉

〔神樂歌入文〕

〈下〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0764 閑野あめ(末)なるひばり、よりこやひばり、とみくさ、とみくさもちて、抄云、富草は稻を云也、今按にとみ草の事、いろ〳〵云て慥かならぬことなれど、此歌にては御説も似つかはし、

〔詞花和歌集〕

〈十/雜〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0764 後冷泉院御時、大嘗會主基方御屏風に、備中國たかくら山に、あまたの人花つみたるかたかきたるところによめる 藤原家經朝臣打むれてたかくら山につむ物はあらたなるよのとみ草のはな

〔詞林采葉抄〕

〈九〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0764 水陰草(○○○)  當集第十卷歌云 天川水陰草ノ秋風ニナビクヲミレバ時ハキニケリ此水陰草ハ、稻ノ一名ト見タリ、其故ハ、銀河天水ノ惠ニテ、苗代水ノ始ヨリ、稻花成熟ノ時マデ、雨露ノ恩ニ浴スル也、是天漢ノ水陰ノ草ト云心ナリ、

〔萬葉集抄〕

〈十二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0765 水かげ草とは、稻の名也といへり、水におふる草なれば、みづかげぐさと云成べし、さてみづかげといひいでんための諷詞に、あまのがはとおけり、そらのいろはみどりなるに、あまのがはのしろきは、しら浪のうかびたるやうにみゆれば、水のかげのうつりてみゆるによそへて、あまのがは水かげぐさとつヾくるなり、

〔藻鹽草〕

〈三/地儀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0765 田水かげ草〈是も夏の田也、あるひはたヾいねの名ともいふ、〉

〔藏玉和歌集〕

〈夏〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0765 水懸草(○○○)  夏田とくうへて(天智天皇花盡異名)吾田の面に秋まちて水かけ草ぞ苅しほとなる

〔新勅撰和歌集〕

〈四/秋〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0765 七夕後朝の心をよみ侍ける 藤原清輔朝臣天河水かけ草にをく露やあかぬわかれの涙なるらん

〔藻鹽草〕

〈三/地儀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0765 田たのみ草(○○○○)〈いね也◯中略〉 秋待草(○○○)〈夏田也、異名也、〉

〔藏玉和歌集〕

〈夏〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0765 秋待草  夏田水かけて秋まつ草のよな〳〵に露とみゆるはもしほたるかも(基俊詠出)

〔倭訓栞〕

〈中編二/伊〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0765 いなだね(○○○○) 古事記に稻種と見ゆ、尾張姓の祖に武稻種命あり、

〔出雲風土記〕

〈飯石郡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0765 多禰郷、屬郡家、所天下大神大穴持命、與須久奈比古命、巡行天下時、稻種墮此處、故云種、〈神龜三年改字多禰

〔日本書紀〕

〈二十七/天智〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0766 元年正月丁巳、賜百濟佐平鬼室福信矢十萬侯、絲五百斤、綿一千斤、布一千端、韋一千張、稻種三千斛

〔東大寺正倉院文書〕

〈十〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0766 大倭國天平二年大税帳山邊郡天平元年定、大税穀捌仟捌伯伍拾伍斛貳升捌合、〈◯中略〉穎稻貳仟壹伯肆拾肆束〈◯中略〉 用貳伯束〈赤舂米四斛料八十束、小麦一斛直廿束、賀麻伎種稻百束、〉

〔倭訓栞〕

〈中編二/伊〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0766 いなむしろ(○○○○○)〈◯中略〉 後の歌には、稻の筵に似たるをも、稻を筵にしくをも、又稻こくに用うるわら筵をいへり、

〔夫木和歌抄〕

〈十二/秋田〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0766 田のうへの月 西行上人夕露のたましくを田のいなむしろかへすほずゑに月ぞやどれる秋田 中原師光朝臣いなむしろしくや門田の秋風に民のみつぎをいそぐ比かな

稻初見

〔日本書紀〕

〈一/神代〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0766 一書曰、〈◯中略〉天照大神、復遣天熊人往看之、是時保食神實已死矣、唯有其神之頂化爲牛馬、〈◯中略〉腹中生稻、〈◯中略〉天照大神喜之曰、是物者則顯見蒼生可食而活之也、乃〈◯中略〉以稻爲水田種子、又因定天邑君、即以其稻種始殖于天狹田及長田、其秋垂穎八握莫莫然甚快也、

〔古事記〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0766 食物乞大氣津比賣神、爾大氣都比賣自鼻口及尻、種種味物取出而、種種作具而進時、速須佐之男命立伺其態、爲穢汚而奉進、乃殺其大宜津比賣神、故所殺神於身生物者、〈◯中略〉於二目稻種

稻種類

〔草木六部耕種法〕

〈十二/需實〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0766稻種秘訣稻種ハ其品類極テ多ト雖ドモ、古代ハ出雲稻四種、古志稻二種、日向稻四種、笠縫稻二種、都合十二種ノミ、後世ニ至ルニ及テハ濫名頻リ興リ、紛錯混亂殆ド記載スベカラザルニ至レリ、〈◯中略〉所謂 出雲稻四種トハ、赤粳(アカシネ)、赤糯(アカモチ)、黒粳(クロシネ)、黒糯(クロモチ)是ナリ、古志稻二種ハ、沼垂粳、沼垂糯(ヌタリモチ)ナリ、日向四種トハ、白粳、白糯、青粳、青糯是ナリ、笠縫稻二種トハ、鶴http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000055.gif 粳(ツルクヒシネ)、鶴http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000055.gif 糯是ナリ、以上十二種ハ上古ヨリノ稻種ニシテ、今ノ世ニ耕種スル諸稻ノ根元ナリ、

〔耕稼春秋〕

〈六〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0767 石川郡稻名〈◯中略〉都合八十三色寶永之頃御郡に作る稻を記、總じて稻の名は所によりて替る故、年々に異名多なる、〈其故はhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001da75.gif 一色の内より異風なるhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001da75.gif を撰出し、少宛試に植る百姓有故に品々多し、御領國郡々不殘是を改めば、五百色計は有べきものなり、〉

〔農術鑑正記〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0767 穀物小名多く、稻の類百穀に餘るべし、譬ば早稻に、雀しらず、廿日わせ、大つわせ、櫻わせ、もちわせ、くまのわせ、北國わせ、千本、猶數品多、國所にて小名ちがひあり、

〔新撰字鏡〕

〈禾〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0767 秔〈俗作粳、同加衡反、不黏稻也(○○○○)、與禰志良久、又奴可、〉

〔本草和名〕

〈十九/米穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0767 粳米〈楊玄操音古行反、俗秔字也、〉http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000056.gif 米〈音匕、是被含稃殼、未熟者曰http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000056.gif 、〉米粉一名爛米、〈已上三名出崔禹〉和名宇流之禰(○○○○)、

〔倭名類聚抄〕

〈十七/米〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0767 秔米 本草云、粳米一名http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000056.gif 米、〈粳音庚、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000056.gif 音匕、和名宇流之禰、〉

〔箋注倭名類聚抄〕

〈九/稻穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0767 按本草和名粳米條云、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000056.gif 米音匕、是被含稃殼熟者曰http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000056.gif 、米粉一名爛米、已上三名出崔禹http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000056.gif 米上不一名、蓋兼擧粳米http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000056.gif也、故醫心方粳米條引崔禹云、又有粃米、是被含稃殼、未熟者曰粃、是知http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000056.gif 米即粃米、又見其曰又有、可粳米之一名、且http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000056.gif 米之出崔氏食經、非http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4d.gif本草也、蓋源君從本草和名http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000056.gif、以其粳米條、誤爲秔米之一名、又以爲本草文、並非、又按集韻秕或作http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000056.gif 則知http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000056.gif 是粃字之省、粃於稻穀具之、訓之比奈世、倍可㆕以證http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000056.gif 米之非秔米別名也、

〔類聚名義抄〕

〈七/禾〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0767 秔〈音庚、稻、ウルシネ、今粳ハル、〉 秔〈正、〉 稉〈同〉

〔同〕

〈七/米〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0767 粳〈古行反、音庚、アラヌカ、正秔、ウルシネ、〉 粇http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000057.gif 〈二俗〉 粃〈http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000058.gif 二正、音比之去聲、音匕、ウルシネ、〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000059.gif 〈ウルシネ〉 粱〈音梁、ウルシネ、〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001da86.gif 〈彩字歟、ウルシネ、〉 粳米〈ウルシネ〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000056.gif 米〈同〉

〔下學集〕

〈下/草木〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0767 粳(ウルシネ)

〔書言字考節用集〕

〈六/生植〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0768 秔(ウルシネ/ウルコメ) 粳(同)

〔段注説文解字〕

〈七上/禾〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0768 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000060.gif 稻屬〈凡言屬者、以屬見別也、言別者以別見屬也、重其同則言屬、秔爲稻屬是也、重其異則言別、稗爲禾別是也、周禮注曰、州黨族閭比郷之屬、別介次市亭之屬、別小者屬別並言、分合並見也、稻有至黏者http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a9f9.gif 是也、有次黏者稉是也、有不黏者稴是也、稉比http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a9f9.gif 則爲不黏、比於稴則尚爲黏、稉與稴爲飯、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a9f9.gif 以醸酒爲餌餈、今與古同矣、散文稉亦偁稻、對文則別、魏都賦、水澍稉稌、陸蒔稷黍、蜀都賦、黍稷油油、稉稻莫莫、皆稉稻並擧、本艸經秔米稻米殊用、陶貞白乃不分別、其亦異矣、〉从禾亢聲、〈古行切、古音、在十部、〉http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000061.gif 俗秔〈更聲也、陸徳明曰、稉與粳皆俗秔字、〉

〔日本釋名〕

〈下/米穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0768 粳(ウルシネ) うるはしいね也、味よければ也、

〔東雅〕

〈十三/穀蔬〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0768 稻イネ〈◯中略〉 粳は一名http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000056.gif 、ウルシネといふと註せしは、ウルと云ひしは潤也、潤の字讀てウルヒといふが如き即是也、〈倭名鈔に〉其實の光潤あるを云ひし也、

〔食物知新〕

〈一/穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0768 粳米〈別録中品〉發明、凡粳米白色而堅http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a849.gif 、比糯米則不潔白、故名濡白米(ウルシネ)

〔倭訓栞〕

〈後編四/宇〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0768 うるしね 粳をいへり、粇も同じ、糯に對しいへばうるけたる義にや、延喜式に穫字を書たれば、秋穫の多きをいふにや、黍粟にいふも同じ、

〔和漢三才圖會〕

〈百三/穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0768 粳〈音庚〉 秔 和名宇流之禰〈◯中略〉按、西南地暖而早熟、東北地寒故晩熟、如畿内則中和地以爲正時、〈◯中略〉凡八九月苅收者即中稻也、自此早爲早稻、遲爲晩稻、畿内及濃州尾州江州之産爲上、肥後讃州播州次之、加州能州米爲飯多殖、而味劣矣、奧州津輕多肥土、不糞培而能茂生、稻長四五尺、其米却不美、琉球國米、一年再熟、謂之琉米、南方者然、閩田一歳再熟、至嶺南則三收、又天竺土溽熱、故稻歳四熟云云、 眞臘國有水稻、高丈許、隨水而長、

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈十七/麻麥稻〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0768 粳 ウルシネ〈和名鈔〉 ウルゴメ ウルノコメ ウルチ〈江戸〉 一名大米〈盛京通志〉 散米〈事物異名〉 米一名玉粒〈事物異名〉 扎匣阿木 白粲〈共同上〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001b5cc.gif 珠〈名物法言〉 長腰〈故事成語考〉 日日食用ノ米ナリ、早中晩ノ分アリ、ワセヲ早粳ト云、六十餘種アリ、ナカテヲ中粳トモ遲粳トモ云、八十餘種アリ、オクテヲ晩粳ト云、八十種許アリ、

〔延喜式〕

〈三十二/大膳〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0769 新嘗祭 宴會雜給親王以下三位已上并四位參議 人別餅料粳米糯米各八合〈◯中略〉四位五位并命婦 人別餅料粳米糯米各四合

〔日本書紀〕

〈二十九/天武〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0769 十年八月丙戌、遣多禰島使人等、貢多禰國圖、其國去京五千餘里、居筑紫南海中、切髮草裳、粳稻(イネ)常豐、一殖〈◯殖原作http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f00006502bc.gif 、今據一本攺、〉兩收、

〔新撰字鏡〕

〈米〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0769 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000062.gif 〈毛知米(○○○)〉

〔倭名類聚抄〕

〈十七/米〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0769 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000063.gif  蒼頡篇云、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000063.gif 〈奴亂反、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000063.gif 米和名毛知乃與禰(○○○○○)、〉米之黏也、

〔類聚名義抄〕

〈七/米〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0769 糯〈俗通http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000064.gif 字、奴亂反、俗又奴貨反、モチノヨネ、〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000063.gif 米〈モチヨネ、上奴亂反、〉

〔同〕

〈七/禾〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0769 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a9f9.gif 〈奴亂反、黏秔、俗奴http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001e2f3.gif 反、今糯、〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001aa26.gif 〈正〉

〔下學集〕

〈下/草木〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0769 糯(モチ)

〔易林本節用集〕

〈毛/草木〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0769 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001aa26.gif (モチヒ/タ) http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a9f9.gif (同)〈稻之粘可酒、亦作糯、奴臥切、〉

〔和爾雅〕

〈六/米穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0769 糯(モチコメ) 〈http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000063.gif 米、稌米、粘米、稻米並同、〉

〔東雅〕

〈十三/穀蔬〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0769 稻イネ〈◯中略〉 倭名鈔に、〈◯中略〉http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000063.gif は米の黏也、モチノヨネと註せしは、モチとは即黏するをいひしなり、

〔本朝食鑑〕

〈一/穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0769 糯米〈俗作餅米〉釋名http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000063.gif 、〈(中略)必大(平野)按、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000063.gif糯同字、源順爲奴亂反者未詳、〉集解、糯有赤白大小之殊、以大而白上、蒔種苅收與稻同其土地水旱亦相同、其種名稍多有早中晩之別、但以中晩勝、諸州倶有、江東山北雖多有、而不五畿濃尾江勢紀播海西諸州之産、本邦自古作餅作強飯、倶詳各條、未酒者、但有乾果之造爾、又有寒曝者、糯米浸水盛桶而曝于寒天霜雪、經 正二月取出、日中晒乾以收之、用時爲末造餅、或先用糯米粉、研水粘著于盤内以暴寒、至正二月而收之、造餅彌好、凡糯之禾稈最強、爲用優於稻藁也、

〔和漢三才圖會〕

〈百三/穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0770 糯〈音懦〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a9f9.gif 〈本字〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001aa26.gif 〈同〉 古者糯爲稻、今者粳糯通稱稻、 和名毛知乃與禰本綱、糯其性黏可以醸http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 酒、可以爲http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 粢、可以蒸糕、可以熬餳、可以炒食、其類亦多、其穀殼有紅白二色、或有毛、或無毛、其米亦有紅白二色、赤者酒多糟少、一種有粒白如霜三四分者、氣味〈甘温〉痘疹用之、取其解http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 毒、能醸而發之、老人小便數者作粢糕夜食止冷洩、入瀉白散咳、但性粘滯難化、小兒病人最宜之、久食發癰疽瘡癤、合酒食之酔難醒、久食緩人筋、〈小猫犬食之、亦脚屈不行馬食之足重、〉按糯似粳而圓肥、色亦正白、有早中晩、以中稻佳、性粘堪餈糕及http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001dc85.gif 、故名餈米(モチコメ)酒不歳而味變、故今不酒、惟用爲美淋酒耳、諸國皆種之、河州渚播州明石之産爲上、赤糯者粘少、故種之者稀、又秈之種有糯、名之大唐糯、粘少性輕、故病人以爲餈食、一種有未熟糯〈奈末毛知〉者、土地不宜處生之、似糯而少粘、似秔而甚粘、故爲粢不美也、堪熬餳、又爲美淋酎可也、亦醸酒易敗、豐州小倉、肥前唐津産多是也、備前播磨肥後亦少出之、

〔成形圖説〕

〈十六/五穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0770 餅米〈新撰字鏡〉餅乃米、〈和名鈔〉毛知志禰、〈餅稻なり〉http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a9f9.gif 、〈音愞、俗作http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001aa26.gif 、◯中略〉稌、〈音徒、爾雅、廣韻http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a9f9.gif 稻也、詩豐年多稌、◯中略〉秫稻、〈呂氏春秋 晉書陶淵明爲彭澤令、公田悉令秫稻、妻子固請粳、乃使一百五十畝種秫、五十畝種http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 粳、 通雅引内則云、菽麥蕡稻黍粱秫惟所欲、七者以稻與http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 秫稱、秫爲糯稻爲稉、稉即秔淵明種秫、以取酒是也、有此確證以正本艸之誤、〉大師古〈稻紀〉毛知とは黏氣ありて、物に附著するの稱なり、〈黏は根張(ネバル)と訓り、根張ものは引離がたきよしなり、〉黐も亦おなじ、

〔異制庭訓往來〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0770 二者書寫之故實者、〈◯中略〉色紙蒔繪之上墨不著、則入糯粉之、

〔成形圖説〕

〈十六/五穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0770 餅米〈◯中略〉鎧餅の本は、凡軍陣の粮は、糯米を最上とす、糒になし、餅に作りて、少く食ひても早く飢ゑず、遠に 齎にも重荷にならず、殊に餅になしたるは、臨時に煨燔ば即食ふべし、又片(ヘギ)餅強(コハ)餅などいふものも、久しきに儲ふる供へなり、

〔清良記〕

〈六上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0771 五穀雜穀其外物作分號類之事〈◯中略〉餅稻之部一盆餅   一京餅   一大坂餅  一鉢合(ハチカウ)餅  一黒鉢合餅 一鷄餅  一鉢割餅 一御座有餅 一香餅(カウハシ)   一千本餅  一二節餅  一赤餅   一柳餅  一青柳餅 一烏餅   一霜赤餅右十六品の内上の八大上々の米也、下の八とても、上米なれども、晩稻は田地をとりけるにより、其稻種子かへりて不善、種子を吟味して、上田に植てはみな上米也、餅といふは、何稻も上白米也、此外大米畠稻にも餅あり、

〔延喜式〕

〈五/齋宮〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0771 五月節糯米一斗五升、大角豆三升、〈(中略)已上供料〉糯米五斗、米一石、大角豆一斗五升、〈已上官人已下料〉

〔延喜式〕

〈十七/内匠〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0771 御斗帳一具、〈◯中略〉黏料糯米二升、同宮〈◯齋宮〉自伊勢齋宮入京儲料、御輿一具〈並料物單功同野宮〉四尺屏風四帖料、〈◯中略〉糯米八升、〈張布料〉

〔延喜式〕

〈三十二/大膳〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0771 鎭魂〈皇后宮東宮亦同〉大直神一座 座別〈◯中略〉糯米三升〈(中略)已上七種神四座菓餅料〉雜給料 參議已上 人別糯米一升四合〈◯中略〉 五位已上卅人 人別糯米七合五勺、〈◯中略〉 六位已下二百六十人 人別糯米六合七勺

〔延喜式〕

〈三十五/大炊〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0771 凡諸國年料所進糯米、寮官撿校勿他粒雜糅、又雜雜隨到量收訖即申省、

〔延喜式〕

〈三十七/典藥〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0771 凡合藥所須、〈◯中略〉蒸乾黄芩五十斤料、糯米七斗、毎年申省請受、

〔延喜式〕

〈四十九/左右兵庫〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0772 凡踐祚大嘗會新造神楯四枚、〈◯中略〉其料、〈◯中略〉糯米六升二合、〈著裏料〉

〔延喜式工事解〕

〈二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0772 糯米六升二合〈著裏料〉糯米ハ〈◯註略〉水ニ浸シ磨シテ泥ノ如クナラシメ、煮熟シテ厚糊トナシ、用テ以テ布ヲ黏著スルノ料ナリ、

〔東大寺正倉院文書〕

〈二十八〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0772 越前國天平四年郡稻帳越前國郡稻帳天平五年潤三月六日史生大初位下阿刀造佐美麻呂(http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f00000b2010.gif 裏書http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f00000b2011.gif )糯米參拾斛料稻陸伯束〈斛別廿束〉足羽郡捌拾束  大野郡肆拾束  江沼郡貳伯捌拾束 加賀郡貳伯束

〔東大寺正倉院文書〕

〈十五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0772 尾張國天平六年正税帳葉栗郡天平五年定穀壹萬捌阡陸伯伍拾漆斛捌斗漆升〈正税◯中略〉糯米穎捌拾束

〔建久三年皇大神宮年中行事〕

〈十二月〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0772 同夜〈◯十八日〉私御饌供進事〈◯中略〉抑御飯料、糯米五斗、麴五升、御神田預兼日運進、於酒米者、自御倉下也、

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000065.gif

〔倭名類聚抄〕

〈十七/稻〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0772 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000065.gif  唐韻云、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000065.gif 〈音兼、漢語抄云、美之呂乃以禰(○○○○○○)、〉青稻白米也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈九/稻穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0772 按説文有稴、訓稻不黏者、玉篇、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000065.gif 亦稴字、段玉裁曰、稻有至黏之者http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a9f9.gif 是也、有http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a9f9.gif、稉是也、有黏者http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000065.gif 是也、稉與http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000065.gif飯、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000063.gif 以醸酒、爲餌餈、今與古同、然則http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000065.gif 者宇流之禰之最不黏者也、唐韻訓青稻白米、未據、其義亦不詳、

〔段注説文解字〕

〈七上/禾〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0772 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000066.gif (○)稻不黏者、〈凡穀皆有黏者、有不黏者、秫則稷之黏者也、穄則黍之不黏者也、稻有不黏者、即稴是也、今俗通謂不黏者秈米、集韵類篇皆云、方言江南呼(○○○○○)粳爲(○○)秈(○)、亦作籼作栖、按説文玉篇、皆有稴無秈、蓋秈即稴字、音變而字異耳、廣雅曰、秈稉也、渾言不別也、〉从禾兼聲、讀若風廉之廉、〈風廉之廉、疑當同、食部作風溓溓力〉 〈兼切、亦胡兼切、〉

〔東雅〕

〈十三/穀蔬〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0773 稻イネ〈◯中略〉 倭名鈔に、〈◯中略〉http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000065.gif は青稻白米也、漢語抄にミシロイネといふと註せしは、其實の白きをいひしなり、

〔多識編〕

〈三/穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0773 秈、今按占城米、異名占稻、〈綱目〉早稻、

〔和爾雅〕

〈六/米穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0773 赤米(タイタウゴメ)〈http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001ac0e.gif 同、所謂大冬米(○○○)也、〉

〔倭訓栞〕

〈後編十一/多〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0773 たうぼし(○○○○) 大唐米ともいふ、秈也といへり、ほしは乾の義にや、

〔庖厨備用倭名本草〕

〈二/穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0773 秈米 倭名抄ニ秈米ナシ、多識篇ニ和名ナシ、増補日用食性ニ、ヤキゴメトイヘルハ誤レリ、考本草、其種ハ占城國ヨリ來ル、又名占米(センヘイ)、粳ニ似テ粒小シ云云、今各處ミナアリ、高仰處ニ倶ニ種ベシ、其熟スルコトハヤシ、六七月ニ收ムベシ、品類モ多シ、赤白二色アリ、粳米ト大同小異、元升〈◯向井〉曰、此註ヲミレバ、秈米ハ西國ニ多キタイタウナルベシ、タイタウゴメニ赤白二色アリ、其粒ホソク長シ、味ウスクシテ乾キヤスク、飯ニシテネバリナク、性カロクシテ消シヤスシ、凡唐天竺其外異國ヨリ來ル米ハ、ナリ形氣味トモニ、日本ノタイタウゴメノ如シ、故ニ本草ニ云、處々ノ米ハ滋養之功ナシ、恒ニ飢ニ充ルニヨシ、南方ノ火稻ハ人ヲ補益ストイヘリ、此一種タヾ日本ノ白米ニ同ジカルベシ、日本ノ米ハ粒フトクミジカク、味アツクカワキガタク、飯ニシテネバリアリテ性ヲモシ、本草ニ云粳米ナルベシ、朝鮮ノ米ハスコシ似タリ、唐人初メテ日本ニ來ルモノハ、日本ノ米ハ性ツヨシトテ、湯トリ飯ニシテ用フ、彼是案ズルニ、籼米ハ日本ノタイタウ米也、種テ米多ク收ム、民家ノ食糧タスケ多シ、

〔本朝食鑑〕

〈一/穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0773 稻一種有大唐米者、本是移種于中華之種、俗稱唐乾、其稻繁茂而早熟、故處處種之、雨易腐風易墜、粒小色赤、味不佳、然煮飯倍初、民間足食、但憂、米性薄而易http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/000000017140.gif 、一種有鼠米者、海西最多、江東亦儘有、味美有 香、其香雖佳、亦嫌鼠氣故食之者少矣、

〔大和本草〕

〈四/穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0774 秈 本艸又占稻ト云、時珍云、秈似粳而粒小、其熟最早、六七月可收、有赤白二色、近世異國ヨリ來ル故、國俗ニ大唐米ト云、西土ノ俗タウボシト云、色赤シテ小粒ナリ、飯ニシテネバリナク、味淡クシテ消化シ易ク性カロシ、痰多ク積滯アル人、飯トシテ食スベシ、又コガシトス、臘水ニ一兩日浸シテ後、日ニサラシ收置、煮テ食スレバ、瀉痢ヲトヾム、又秈ノ陳倉米ヲ藥ヲ丸スル糊トスルニ宜シ、本艸時珍ガ説ニ、陳倉米ニ用之、蒸晒爲之トイヘリ、穀トモニ貯ヘヲケバ、十年二十年ヲヘテモ不腐、味淡キユヘ蟲ハマズ、鴨ニカヘバ卵ヲ多クウム、舊穀盡ル時秋早ク熟シ、實ヲ收ル事多ク、米http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a849.gif クシテ他粳ヨリ飯多シ、故民利之多クツクル、民用ニ利アリ、秈ヲワセゴメト訓ズルハ誤ナリ、田ニアルトキ颶風ニアヘバ脱ヤスシ、又白米アリ潔シ、形状同ジケレドモ、實ヲ收ムル事、赤米ヨリ少シ、故ニ農多クウヘズ、本艸ニ秈其種占城ヨリ閩ニ來ル、赤白二色アリ、粳ト大同小異トイヘリ、凡諸稻其品甚多シ、然其形色性味相似タリ、只秈ノミ諸稻ト不同、今諸州各處皆之ヲウフ、

〔大和本草〕

〈附録一/穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0774 秈 凡異邦ノ南國皆種之爲粮、其價甚賤、毎百斤直銀二三匁、今日本ノ諸州アマネク種フ、早ク熟ス、最民用ニ利アリ、性カロクシテ病人可食久ニ堪フ、モミニテ貯レバ二三十年ヲ保ツ、

〔和漢三才圖會〕

〈百三/穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0774 秈〈音仙〉 占稻 早稻 俗云大唐米 又云野稻(○○)本綱、秈似粳而粒小、始自閩人得種於占城國、宋眞宗遣使就閩取三萬斛、分給諸道種、故今皆有之、高仰處倶可種、其熟最早、六七月可收、有赤白二色、與粳大同小異、按秈本此天竺之種、而宋時始種于中華、而傳於本朝、故呼曰大唐米、今亦西國多種之、能繁茂而早熟、凡粳米亦有赤白二種、特此米赤者多、白者少、故通稱䊫、〈音催赤米、〉苅收盛籾於鍋、入水少許、蒸熬晒乾 磨礱以去稃爲米、如不蒸則舂易碎、是一異也、日向之産烏赤色良、薩摩之産鮮赤色次之、凡赤米能舂去糠、乃白色帶微紅文、爲飯能倍殖不粘、温時有香氣甚佳、冷則風味疎、而食之易飢、以爲賤民食、又有秈糯、謂之大唐糯、而有赤白二種、共稍粘、

〔食物知新〕

〈一/穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0775 秈米〈綱目〉釋名占稻〈同上〉唐芒子(タウバウシ)、〈和名〉其種自占城國來、西土多種之、有赤白二種、白者早熟而鮮明、故名秈、和俗從異邦來物、通稱唐、故呼唐芒子、又作大寒米(タウボウシ)、又名占城米(チヤンハコメ/○○○)

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈十七/麻麥稻〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0775 秈 タイトウゴメ(○○○○○○) トウボシ(○○○○)〈筑前〉 トウボウシ(○○○○○)〈加州糯名〉 一名占米〈食物本草〉 粘〈通雅〉 秈稻〈同上〉赤白二種アリ、粳糯ノ分アリ、皆性輕クシテ、病人ノ食トナスベシ、柔ナル飯モ、冷ニナレバhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a849.gif クナル、コノ種モト舶來ナル故、タイトウゴメト云フ、唐山ノ大冬米ヲ以テコレトスルハ非ナリ、増、秈米ハ皆早稻ニシテ晩稻ナシ、赤白ノ二種アリト雖ドモ、白粒ヨリハ赤粒ノ者實多キユヘ、多クハコレヲ栽ユ、肥前蓮池ヨリ來ル者ヲ上品トス、コノ品性輕シト雖ドモ、最下品ニシテ賤民ノ食ナリ、病人食フベカラズ、唐山ノ大冬米ト云ハ、泉州府志閩書等ニ出ヅ、然レドモ大冬トアリテ米字ナシ、香煎ニハ秈米ヲ用ユ、其方陳皮茴香各二錢四分、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001b5b8.gif 苡仁八分、秈米一錢半、夏月一錢二分、山椒八分、右各炒爲細末、加燒白鹽少許、點湯服以代茶、コレ京都祇園ノ名物ナリ、祇園コガシトモ云フ、

〔清良記〕

〈七/上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0775 五穀雜穀其外物作分號類之事太米之事一早大唐 一白早大唐 一唐法師 一大唐餅 一小大唐 一晩大唐 一唐穗生(ホセイ) 一野大唐右八品何れも替り有、此内餅は米少して不善、其外は白地を嫌はず、上田には彌能、其上飯にし ては食多し、農人の食てよき稻也、第一日損少して蟲喰ず、風こぼれにあふ事又餘にすぐれたり、是のみにて其外こなしに手間不入、能事あまた有稻也、右の稻數合九十六色、たれとても不殘つくるにはあらざれども、それ〴〵の田地相應の所を用るにより、村々里々にあり、何稻にもかぎらず、數年よく耕糞よくしたる田地に、能時分を積りて作れば實入吉、太米田地をきらはずといへども、よき土には實多し、

〔土佐國水土私考〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0776 土佐國粳米有早中晩之收、各處種類甚多、氣味不少異矣、出于幡多郡者呼名晩實最爲下品、一種大唐米、通國呼名太米、蓋此種中古自西土來乎、故得此名、或説以秈米此物、與本艸所http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 言多脗合之、此物比諸粳則氣味淡薄、故常食而有大益、嘗聞斯地産斯人、則天必生穀食、以遂其性命、得之則生、不得則死、然則太米之産於此州、即此州萬民之天也、世之士夫或謂卑賤之食而愧常食http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 之、其亦不天乎、

〔毛吹草〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0776 土佐 太米餅(タイタウモチ/○○○)〈白米ナリ〉  肥前 白太米(シロダイタウ/○○○)  日向 赤太米(アカダイタウ/○○○)〈大隅薩摩三箇國作之〉

〔農術鑑正記〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0776 大唐稻は、昔は肥前の白大唐、日向の赤大唐とて名物也、今諸國に多く作る、

〔紀伊續風土記〕

〈物産二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0776 秈(タイタウコメ)〈本草〉 牟婁郡處々より出づ、方言キアカ(○○○)と呼ぶ者、赤秈米なり、

大人米/コビトジマ

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈十七/麻麥稻〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0776 粳(○)増、一種オホイネ(○○○○)ト云モノアリ、苗ノ形尋常ノ者ニ同クシテ、高サ八九尺ニモ及ブ、米粒ノ大サ常米ニ倍ス、中粳ナリ、近年種ヲ傳テ處處ニ栽ユ、即集解時珍ノ説ニ、眞臘有水稻高丈許ト云、又留青日札ニ、供大人米ノ名アリ、曰摩掲陀國有異稻巨粒、號曰供大人米ト云是也、又一種コビトジマ(○○○○○)ト稱スルモノアリ、形状尋常ノ者ニ似テ、水田ニ培養スルトモ、僅ニ七八寸ニ過ギズ、其實大サ胡麻ノ如シ、近年種ヲ傳テ盆ニ栽テ愛玩ス、

〔兎園小説〕

〈十集〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0776 鶴の稻(○○○) 輪池 この稻は十數年前に、奧州白河領に鶴のくはへ來ておとしヽ稻穗なり、これをうゑて種とりて、こヽにもつたはりしを、淺草關氏の園中にうゑてみのりしなり、穗の長さ九寸ばかり、粟粒凡八十五六七、粒の長さ三分五厘、廣さ一分二厘ほどあり、或人のもち米なりといひしほどに、やがてねりて試みしが、至りて淡味なり、これは朝鮮の種なるべしといひあへり、平田篤胤曰、藁よはくて用に堪へざれば異國の産なる事明かなりといへり、西教寺曰、鶴は朝鮮よりわたると聞き及べり、さてかくばかり大粒なる米をみし事はあらず、もしは慈恩傳にみえし大人米(○○○)なるべきかといへり、按ずるに、慈恩傳にも、大人米は烏豆より大なりとみえたれば、いかヾあらん、高田與清曰、駿河國に米宮といふあり、いにしへ異國より渡りしとて、烏喰豆よりも大なる米を神體とせり、これ大人米なるべしといへり、

〔大唐西域記〕

〈八〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0777 摩掲陀國、周五千餘里、城少居人、邑多編戸、地沃壤、滋稼穡、有異稻種、其粒麤大香味殊越、光色特甚、彼俗謂之供大人米

〔續高僧傳〕

〈四上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0777 唐京師大慈恩寺釋玄弉傳一山城之北可五里許、至曷羅闍姞利http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/0000000187e9.gif、唐言新王舍也、餘傳所稱者是矣、又北三十餘里至那爛陀寺、唐言施無厭也、贍部洲中寺之最者勿此矣、〈◯中略〉弉歴諸國、風聲久遠、將其寺、衆差大徳四十人、至莊迎宿、莊即目連之本村也、明日食後僧二百餘、俗人千餘擎輿、幢蓋香花來迎、引入都會衆相慰問、訖唱令寺、〈◯中略〉寺素立法通三藏者、員置十人、由來闕一、以弉風問、便處其位、日給上饌二十盤、大人米一升、檳榔、豆蔲、龍腦香、乳http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/000000016e48.gif 蜜等、淨人四、婆羅一、行乘象輿三十人從、大人米者秔米也(○○○○○○○)、大如烏豆、飯香百歩、惟此國有、

芳米

〔和爾雅〕

〈六/米穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0777 芳米(カバシコ)

〔食物知新〕

〈一/穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0777 香稻米〈山公醫旨〉 釋名香發(カバセ)、〈和名〉此米香氣勝他米芬香、故名、筑前州種之、供上膳也、山公醫旨云香稻米味甘軟、其氣香甜、紅者謂之香紅蓮、其熟最早、晩者謂之香稻米云々、今按蘇頌所謂、香粳長白如玉者是也、但不穀、故不多種也、氣味、甘温無毒、主治、開胃益氣調中、滑澀補精、惜不能多種耳、〈山公醫旨〉

〔東垣食物本草〕

〈一/穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0778 香稻米香稻米、味甘軟、其氣甜香可愛、有紅白二種、又一種紅而長者、三粒接之、約長寸許、比他穀收最晩、開胃益中、滑澀補精、惜人不多種耳、

〔毛吹草〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0778 筑後 芳米(カバシコ)  豐前 芳米

袖ノ子稻/法師子稻

〔散木弃謌集〕

〈三/秋〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0778 いねのたふれたるをみておぼつかなたが袖のこ(○○○)にひきかさねほうしごのいね(○○○○○○○)かへしそめけん

〔散木集註〕

〈秋〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0778 そでのこ、ほうしご、ともに稻名也、

〔松屋筆記〕

〈七十四〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0778 袖のこほうしごなどいふ稻名按に、末句〈◯俊頼歌〉かへしそめけんと有は誤也、顯昭注本にかぶしに作れるをよしとす、顯注云、そでのこ、ほうしご、ともに稻名也、かぶすとは、稻の實の成て傾くをいふ也云々、かぶしは古事記〈上卷〉八千矛神の御歌に、夜麻登能(ヤマトノ)、比登母登須々岐宇那加夫斯(ヒトモトスヽキウナカブシ)云々、〈山本の一本薄項傾の義なり〉神代紀〈下卷十二丁表〉に頗傾此云歌矛志(カブシ)云々、天智紀〈三年〉に垂穎而熟(カブシテアカラメリ)云々、徒然草〈百五段〉に、かぶしがたちなどはとよしと見えて云々、四季物語〈十一月段〉にゑぼしうちかたぶきたるかぶしがたちをかしきもの成べし云々なども見ゆ、丹後守爲忠家初度百首に、山田苗代を爲忠、うぢ山のすそのヽ小田の苗代にいくらかまきし袖の子の種、夫木集〈秋三〉秋田部に、御集花山院御製、 秋の田を吹くる風のかうばしみこや袖のこるにほひなるらん、按に異本に、かうばしき袖のこのとあり、印本は誤れり、又家集如覺法師、さよ衣たちのヽひだに耳なれて袖のこなたにすがるなく也、按に、さよ衣たち野はひだといはん料の序、及袖の子といはん縁語におけり、ひだは衣のひだに引板(ヒダ)をよせ、袖のこなたは、袖の此方に袖の子と水田(コナタ)をふくめてよせたるなり、〈◯中略〉ほうしごの稻は、今の俗にボウズイネ(○○○○○)と呼て、芒なき種類也、曲洧舊聞に、洛下〈一作中〉稻田亦多、土人以稻之無芒者和尚稻、亦猶淅中人呼師婆粳、其實一也とあるは、同日の談也、曲洧舊聞一卷、新安の朱弁、字は少年が撰にて、知不足齋叢書中に收たり、

〔増補雅言集覽〕

〈二十四/曾〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0779 そでのこいね 信友云、ほうしごの稻ト云ヘルハ、若狹ニテ稻穗ノ芒ノ無キ一種アルヲ坊主稻ト云ヘリ、信濃ニテモ然イフト國人イヘリ、決テコレナルベシ、サテ袖のこトハ、僧ノ托鉢シ米ヲ乞アリクニ、與フル米ヲ鉢ノ子ト云フヲオモヘバ、古ハ僧ノ托鉢シテ米ヲ受ルトキ、袖ヲヒロゲ鉢ヲ載テ、米ヲ受ルナラヒナリケンヲ、其ヲ袖の子ト云ヒシナルベシ、太平記〈參考本卅三ノ二十三丁〉ニ、京都兵亂ニイタク荒衰ヘタル状ヲイヒテ、飢ニノゾミタル人ノ疲レ乞スルコトヲ、道路ニ袖をひろげト云ヒ、今モ袖乞ト云フモ、其唱ノ殘レルニオモヒ合スベシ、又袖の子に引かさねト云ル引トハ、僧ニ布施ヲ配與フルヲ引ト云ヒ、又茶ヲ配與フルヲ引茶ト云フ、又饗應ニ酒杯又肴物ナド客ニ配ルヲ引ト云ヒ、引物トモ云フ、其料ノ杯ヲ引杯ト云ヒ、肴物ヲ引物ト云フナドノ引ニテ、米ヲ引カサネテ得タルサマ也、コノ意ヲエテ、稻ノタフレタルニヨミナセルナリ、

〔散木弃謌集〕

〈三/秋〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0779 秋の田をよめる山里はいでいこのへるたもとご(○○○○)に風そよめきて袖しぼるなり

〔散木集註〕

〈秋〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0780 たもとごは稻名なり、但つねにはちもとご(○○○○)といふを、たもとごともいふにや、此集にもちもとごとかきたるもあれど、末の袖しぼるによせて、たもとごとよめるにもやあらん、五音かよひたれば、ちもとごをたもとごとよみなせるにもや、此人のうたには、其例おほく侍り、

〔古今著聞集〕

〈十八/飮食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0780 俊頼朝臣秋のすゑつかたに、たなかみといふ所へ罷たりけるに、いねをかけつみたるを、あれはなにといふいねぞととひければ、法師子のいね(○○○○○○)なりといひける、又あしたに、きのふの法師子のいねにて、御みそうづとて、くはせたりければよみ侍ける、きのふみし法し子のいねよのほどにみそうづまでになりにけるかな

紫芒稻

〔草木育種後編〕

〈下/穀菜〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0780 紫芒稻(むらさきいね/○○○)〈松江府志〉 常の稻を植る法の如くなるべし、葉紫黒色なり、勢州にて此葉をとり、紫色の染料に用ゆといふ、又糯米にて芒なきものあり、火燒糯(○○○)〈授時通考〉といふ、又芒あるものを長鬚糯(○○○)〈同上〉といふ、

岡稻

〔本朝食鑑〕

〈一/穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0780 稻種圃者曰岡穗(オカホ/○○)、又稱岡稻、倶不宜、惟民食可足、

〔清良記〕

〈七上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0780 五穀雜穀其外物作分號類之事畑稻之事一畑早稻   一野稻   一薄色   一野餅   一毛黒〈ダウゴ稻ニ似タリ〉 一毛白〈白稻ニ似タリ〉 一畑我社   一畑法師  一畑定法師 一野けは  一野ざらし   一野赤餅右十二品いづれも白米也、苗にするは、三月初より次第に田稻のごとく、實植は畑を能打起して溝をかき、先へ糞をかけて種子を蒔也、土はおんぢよし、眞土其次、きろは惡し、切々中をけづり、草を引事專也、草に痛む稻なり、

〔農業全書〕

〈二/五穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0781 畠稻〈又旱稻共、又ゐなかにては野稻とも云、〉畠稻の種子も色々あり、土地所の考して、利分のまされるを作るべし、粳あり糯あり、其中に占城稻(ちやんはんいね)と云は、糯にて米白く、その粒甚ふとく、穗の長さ一尺餘もありて、其から大きに高くして葦のごとし、是畠稻の名物なり、土地にあひたる所にては、おほく作りて過分の利潤を見るべし、凡旱稻(ひでりいね)を作る地は、水田にしては水乏しく、又畠にして濕氣ありて、兩様ともに宜しからざる地に是をうゆれば、水稻にも勝れて實ある物なり、肥たる地は尤よし、大かたの土地にても、濕氣ありて、少深く和らかなる地に宜し、糞のしかけ手入、取分ほどらひある物なり、心を盡して作るべし、苗地の事、冬よりくはしくこなし、雪霜にあはせてさらし置たるに、熟糞をうちをきて、籾を水に浸す事、三日にして取あげ、日にあて口の少ひらくを見て、灰ごゑを用ひて、横筋を少深くきり、麥の蒔足(まきあし)ほどに、むらなくまき、土をおほふ事も麥に同じ、若地かはきたらば、うすき水ごゑをそヽぎて、土をおほふべし、猶相つヾきて旱せば、其後も度々水をそヽぐべし、苗二三寸にもなりたる時、畦のたかき所をふみ付べし、但うるほひある時はふみ付べからず、同じく種子を蒔時分の事、二月半より四月まではくるしからず、さて移しうゆる事、甚肥たる地を好むにもあらず、荒しをきたるを、秋より度々耕し、細かにこなしをきて、苗の長さ七八寸なるを待て、がんぎを少ふかく切て、灰ごゑを以て、葱をうゆるごとく、一科に三四本、磽地ならば四五本づヽうゆべし、かぶ殊の外ふとる物なれば、肥地ならば、かたのごとく薄くうゆべし、中うち芸り培ふ事、麥とかはる事なし、中うちの度ごとに色を見て、よく熟したる糞水をうすくしてかくべし、總じて甘味のつよき物なるゆへ、濃糞又はあたらしくつよき糞をば、必用ゆべからず、虫氣する物なり、唐にて毎度旱損する國に、此旱稻のたねを、他國より求め來りて作りてより後、飢饉のうれへを助りたりと、農書に記せり、是占城稻のたねと見えたり、何れの村里にも、田には水乏しく、畠にしては濕氣ありて、 思ふやうに耕作のなりがたき所、かならずある物なれば、畠稻の作り様心あひをよく考へて作り試べき事也、思ひの外相應して、水稻の利分におとらざる事もあるなり、

〔大和本草〕

〈四/穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0782 占城米 陸田ニウフ、粒大ナリ、民俗ニハ野稻ト云、粳アリ糯アリ、糯米ハ味カロシ、常ノモチ米ハ水ニ久シク浸シテ後ニ蒸ス、俄カニ浸シムシテハ熟セズ、之ハ水ニ浸シテ即時ニムシテ能熟ス、

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈十七/麻麥稻〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0782 粳増〈◯中略〉集解時珍ノ説ニ、旱稻ト云ハ、ハタケゴメ、一名ボンデン、又テンヂクナエ、タウイネトモ云、一名旱稜、〈正字通〉陸稻、〈六書故〉陸地ニ栽テ茂盛ス、苗短クシテ小粒ナリ、微ク臭氣アリ、然レドモ味甚ダ甘シ、コレニモ粳糯ノ別アリ、穗ニ芒ナキモノモアリ、惟早中晩ノ別ナシ、陸生ノ品類十餘種アリ、

〔成形圖説〕

〈十六/五穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0782 畠稻〈◯中略〉岡稻(ヲカイネ)はむかし皇孫瓊々杵尊、襲の高千穗峯へ天降玉ひし時、深霧にぎさへに晦蒙(クラクオホヒ)しを、稻穗をもて打撒玉ひしかば、忽に開明なることを得給たりしより、高千穗峯の名は出來けるなり、今其地に陸稻多く生るなどいふこと、日向風土記に載たり、〈◯中略〉さて其撒栽られしは陸稻にして、今の世に至るまで、霧島の地には歳々種を下さずして、自生の野稻多しといふことも、紀中の文にしるし、且はその地の民相傳へて、其種をしも霧島稻の名を存しけるは、少縁(ヲホロケ)ならぬ事なるぞかし、今に至るまで西州の農夫は、稻の初穗をもて必霧島神廟に獻を、俗の恒となし來るも、所由あるをしるべし、此吾邦の陸稻世にあらはれし始なるぞ、按に西土のいにしへは、皆陸稻なりき、本艸時珍云、古者惟下種成畦故祭祀謂稻爲嘉蔬、此陸稻の證なり、夫下種に成畦とあれば、泥淖の中に畦をなすべからざるにてしるべし、又詩周頌に、豐年多稌とあるを、稌は稻利下濕と注せり、稻にしては下濕にこそうヽるを、かく分ていひしは、水田の稻といふことぞ、

〔齊民要術〕

〈二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0783 旱稻旱稻、用下田白土黒土、〈◯註略〉凡下田停水處、燥則堅http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001efe6.gif 、濕則汙泥、難治而易荒、墝埆而殺種、其春耕者殺種尤甚、故宜五六月暵http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 之、以擬http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000067.gif、麥時水澇、不納種者、九月中復一轉、至春種稻、萬不一、〈春耕者十石收五、蓋誤人耳、〉凡種下田、不秋夏、候水盡地白、背時速耕、杷勞頻煩令熟、〈過燥則堅、過雨則泥、所以宜速耕、〉二月半種稻爲上時、三月爲中時、四月初及半爲下時、漬種如法、裛令開口、耬http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001aeee.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000068.gif之、〈http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000068.gif 種者、省耕而生、科又勝擲者、〉即再遍勞、〈若歳寒早種慮時、晩即不種、即恐芽焦也、〉其土黒堅疆之地、種未生前、遇旱者、欲牛羊及人踐之、濕則不一跡入稻既生、猶欲人踐壟背、〈賤者茂而多實也〉苗長三寸、杷勞而鋤之、鋤惟欲速、〈稻苗性弱不草、故宜數鋤http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 之、〉毎一雨、輙欲杷勞、苗高尺許則鋒、大雨無所作、宜冒雨薅http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 之、科大如概者、五六月中霖雨時、拔而栽之〈栽法欲淺令其根須四散則滋茂深而直下者聚而不科、其苗長者亦可拔去、葉端數寸、勿其心也、〉入七月復任栽、〈七月百草成、時晩故也、〉其高田種者、不極良、唯須廢地、〈過良則苗折、廢地則無草、〉亦秋耕杷勞令熟、至春黄場種、〈不濕下〉餘法悉與下田同矣、

〔王氏農書〕

〈二十七/穀譜集〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0783 旱稻稻之名一、而水旱之名異、蓋水稻宜上流、旱稻宜下田、〈◯中略〉今閩中有占城稻種、高仰處皆宜之、謂之旱占、其米粒大而且甘、爲旱稻種甚佳、北方水源頗少、惟陸地沾濕處種稻、其耕鋤薅拔一如前法、一種有小香稻者、赤芒白粒、其米如玉、飯之香美、凡祭祀延賓以爲上饌、蓋貴其罕也、

〔經濟要録〕

〈八/百穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0783 旱稻ハ俗ニ畠稻ト云フ、此ニモ早中晩、及ビ粳モ糯モアリテ、甚多種ナル者ナリ、先年予〈◯佐藤信淵〉遊歴中ニ、諸國ヨリ此畠稻ノ種子ヲ聚メシニ、大平、治部、五十日、熊糯、日陰早稻、堤固(カタメ)、旱糯、霖雨早稻(アメフリワセ)、振袖糯、波潛(ナミクヽリ)、八尺糯等、凡十七種ヲ得テ、此ヲ門人白井忠藏ト云者ニ預テ、此種子ヲ失ザランコトヲ命ゼリ、白井ハ、上總國埴生ノ郡岩川村ノ豪農ナリ、

〔牧民金鑑〕

〈十一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0783 安永七戌年十一月十四日申渡旱損所〈江〉當戌年岡稻植付候處、出來方宜有之候間、右體干損所之村方ニ而、岡稻等無之場所〈江〉は、 右籾才覺いたし、蒔附試候様可致候事、戌十一月

〔牧民金鑑〕

〈十一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0784 明和五子年十月四日申渡書付各御代官所御預所村々地先海邊附遠淺の場所、并本田の内に〈茂〉、潮入場所、御取箇附無之場所は、以來湖稻籾植付候様、村々吟味可遂候、海邊遠淺之場所は、稻苅株〈江〉居芥殘寄洲出來、追年地高に相成候得ば、本田御高入にも相成、御益の事に候、既に當子年備前守支配所葛西領村々地先海表〈江〉試植付候處、湖稻出來いたし候、右體海邊付、并潮入の場所吟味いたし、以來植付時節、湖稻籾植付候様可致候、右之趣申渡候様、松右近將監殿被仰渡候間、得其意以來無忘却、右體の場所巨細致吟味、植付可相成場所有之候はヾ、凡反別書附御取箇方〈江〉可差出候、以上、子十月

早稻

〔類聚名義抄〕

〈七/禾〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0784 早稻〈ワセ(○○)〉 稙〈音陟ワセノタネ〉 稑〈音六オクテ、ワセ、〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001aa13.gif 〈或〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000077.gif 〈俗〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000078.gif 〈稻不粘、サクワセ、〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000079.gif 〈正〉 稴〈或〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000080.gif 〈俗〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001aa19.gif 〈正、ワセオクテ、〉

〔伊呂波字類抄〕

〈和/殖物附殖物具〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0784 早稻〈ワセ〉 稑〈先熟田稑種〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001aa17.gif 〈已上ワセ〉

〔八雲御抄〕

〈三上/地儀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0784 田〈◯中略〉 わせ〈はやき也◯中略〉 はやわせ 門田わせ〈万◯中略〉 ゆきあひのわせ〈万、をとめごにゆきあひのわせと云り、〉 むろのはやわせ

〔下學集〕

〈下/草木〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0784 早稻(ワセ)

〔書言字考節用集〕

〈六/生植〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0784 早粳(ワセ)〈時珍云、粳稻六七月收者、〉 早稻(同)

〔藻鹽草〕

〈三/地儀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0784 田わせ田〈さやき也、わがせこがわさ田つくれる秋の田のわさほのほぐみとよめり、〉 わせ〈これもはやき也、あるひはむろのはやはせとも云り、〉 門田わせ ゆ きあひのわせ〈をとめごに行あひのわせと云り〉 かつしかわせ〈下總かつしかといふ所にありと云々〉

〔日本釋名〕

〈下/米穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0785 早稻(ワセ) はやし也、はとわと通じ、しとせと通ず、やの字を略せり、

〔倭訓栞〕

〈前編三十七/和〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0785 わせ 倭名鈔に、早稻をよめり、爾雅翼に、秈比於秔小、其種甚早、今人爲早稻と見ゆ、わははやの急語、せはしね反也、一説にわせは走る也、はしるをわしるともいふ、早く出る稻を走り穗といひ、凡て早く出る穀菜どもにはしりといへり、歌にはやわせとよめり、

〔成形圖説〕

〈十六/五穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0785 宇流志禰〈◯中略〉和世〈◯註略〉早手(ハヤテ)〈手といふ義、中手の所にいへり、〉早代(ハシロ)〈匠材集、志呂はせと通へり、〉早稉、〈本艸、時珍云、六七月收者なり、〉早稻〈幾暇格物論、閩書云、春種夏熟曰早稻、〉早禾〈農書〉http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001aa13.gif 稻〈農政全書、櫃田淺浸處宜http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001aa13.gif、〉

〔段注説文解字〕

〈七上/禾〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0785 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000081.gifhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001aa19.gif 也、〈此謂凡穀、皆有早種者、魯頌傳曰、先種曰稙、謂先種先孰也、釋名曰、青徐人謂長婦稙長、禾苗先生者曰稙、取名於此也、〉从禾〈凡氾言諸穀、而字从禾者、依嘉穀言也、〉直聲〈常職切、一部、〉詩曰、稙稚尗麥、〈魯頌閟宮文、按稚當稺、郭景純注方言曰、稺古稚字、是則晉人皆作稚、故稺稚爲古今字、寫説文者用今字襲之耳、〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000082.gif 疾孰也、〈謂凡穀有此者、邠風傳曰、先孰曰http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001aa13.gif 、周禮内宰注鄭司農云、後種先孰謂之稑、按土宜物性即同一種而有不同、故大司徒必辨十有二壤之物、而知其種、司稼掌巡邦野之稼、而辨http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001aa19.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001aa13.gif 之種也、〉从禾坴聲〈力竹切三部、〉詩曰、黍稷種稑、〈邠風七月文、按七月及閟宮皆作重、許種下不偁而偁於稑下、蓋本作重、轉寫易之也、〉http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000083.gif 稑或从翏、〈翏聲也、今周禮作稑、毛詩作http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001aa13.gif 、〉

〔清良記〕

〈七上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0785 五穀雜穀其外物作分號類之事早稻之類一古出擧成(フルジフナシ) 一廿日早稻 一四十早稻 一蓑早稻 一薫早稻 一馬嫁早稻 一黒早稻 一庭たまり 一内たまり 一丹波早稻一九王ノ子 一畑早稻右十二品は古來の名也、此外餅太米に早稻有、其外今時者色々の名ありといへども、それは其田地等不相應成により、種子かへり又は惡敷http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000084.gif おそくわれば、色々に變ずる事有り、植前後は此事記ごとくにして、二月彼岸に種子蒔、四月初より同月廿日時分迄に植仕廻、六月末七月の 初にかりて、其跡の田地には蕎麥を蒔、小秬小菜を蒔て、九月末に取て、其跡へ早麥を作り、來年中田晩田をおこし、苗代にする粮料あてがふ、此早稻作る事、百姓の一の徳也、此三度の作何もさほど閙敷なき時分々々仕付て、熟しけるも、其ごとくなるによつて、こなし時も女の隙有てよし、末の暇を奪はず、人手のつかゆるなし、如此早稻中田晩田段々順々に作出ざれば、男女閙敷事只一度にかさなり、手廻しよからず、然れば此早稻は戰場の足輕に似て、將棊にては歩兵のごとく、百姓の爲のみにもあらず、領主諸士百家の爲なり、米の稀なる時出來て、切目の專度を助け、其外考るに其利不勝計

〔耕稼春秋〕

〈六〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0786 石川郡稻名早稻やよ岡 彌六早稻 ちつこ〈松本共云〉 日の出 三浦 三納 かけ餅 須の谷 赤早稻 大唐早稻 示野 五々百餅 孫左衞門 雀餅 神子早稻 津輕 盆餅 ついなひき 川原早稻〈坊主早稻共云〉 引ずり 彌六餅〈へちばり共云〉 羽ひろ〈わさくさ共云〉 ぼつこり ぼうず 新保 下林 江戸 遲早稻 早大唐

〔萬葉集〕

〈十/秋雜歌〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0786http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/000000018d02.gif 嬬等(ヲトメラガ)、行相乃速稻乎(ユキアヒノワセヲ)、刈時(カルトキニ)、成來下(ナリニケラシモ)、芽子花咲(ハギノハナサク)

〔袖中抄〕

〈十九〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0786 ゆきあひのわせ顯昭云、ゆきあひのわせとは、ところの名をわせに讀つけたる也、万葉歌に、ゆきあひのさかのふもとにひらけたるさくらのはなを見せんこもがな此歌にて心えあはするに、前のわせの名も、所につけたるときこゆる也、

〔萬葉集略解〕

〈十下〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0786 行あひのわせとは、夏と秋と行あふころみのる早稻をいふなるべし、

〔萬葉集〕

〈十/秋相聞〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0786水田橘乎(タチバナヲ)、守部乃五十之(モリベノイヘノ)、門田早稻(カドタワセ)、苅時過去(カルトキスギヌ)、不來跡爲等霜(コジトスラシモ)

〔萬葉集〕

〈十四/東歌〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0786 相聞爾保杼里能(ニホドリノ)、可豆思加和世乎(カヅシカワセヲ)、爾倍須登毛(ニヘストモ)、曾能可奈之伎乎(ソノカナシキヲ)、刀爾多氐米也母(トニタテメヤモ)、右四首、〈◯三首略〉下總國歌、

〔空穗物語〕

〈初秋二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0786 かくて宮おとヾくに〴〵よりまいれるきぬ御らむじて、すまゐのせちに、仁壽殿ふぢつぼの御しやうぞく、いかできよらにして奉らむ、〈◯中略〉いかにぞ御ほにどもれいのかずさぶらふや、よしのりいふ、御ほには、わせのよね(○○○○○)をおほせにつかはせこけむ、ことしはわせのよねいとをそきとしなりといふ、

中稻

〔運歩色葉集〕

〈那〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0786 中稻(ナカテ)

〔書言字考節用集〕

〈六/生植〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0786 遲稻(ナカテ)〈時珍云、粳稻八九月收者、〉 中稻(同)

〔成形圖説〕

〈十六/五穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0786 宇流志禰〈◯中略〉中手、〈字類抄◯中略〉中手稻、〈◯註略〉二番物、〈俗云二番早稻〉 中稻、遲稻、〈以上本艸綱目、時珍云、八月收者爲遲稻、〉半夏稻、〈蔡邕月令章句、十月http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001eacb.gif 稻、人君嘗其先熟、故在九月熟者謂之半夏、按に半夏稻亦中稻の事ぞ、周の十月は今の八月なり、禮記舍人懸http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001aa19.gif 稑之種、註後種先熟曰稑、稑亦作http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001aa13.gif 、毛詩黍稷重稑、疏上に同じ、周禮亦おなじ、〉中手は節中年稻(ナカトシイネ)にて、手(テ)は年(トシ)の約たるなり、祝詞式に奧手のことを奧津御年とあるにてしるべし、年は勢と通ふがゆゑに、和勢ともいひ、又年稻を約めて志禰ともいへり、

〔清良記〕

〈七上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0786 五穀雜穀其外物作分號類之事〈◯中略〉疾(トシ)中稻之事一佛の子 一壹本子 一備前稻 一小備前稻 一畔越(アコシ) 一小畔越 一野鹿(ヤロク) 一大白稻 一小白稻 一大下馬 一http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001de57.gif 張(スハリ)  一疾饗膳(トキヤウセン) 右十二色は疾中稻にして、いづれも上白米也、早稻の次に出る、一内藏 一今大塔 一上蜆毛 一小法師 一晩饗膳 一大とご 一半毛(ナカラケ) 一白我社(ワレコソ) 一清水法師 一定法師 一小けば 一大兒(チコ)右合十二品いづれも上米にて、早稻疾中晩中稻と順々に植、又其ごとく熟する也、雖然上農下農の替り有て、前も後に成事有、三月始に種子を蒔、四月末に植て、八月末に苅取分、

〔耕稼春秋〕

〈六〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0787 石川郡稻名〈◯中略〉中稻ちく 石立彌六 礪波彌六 小崎 小彌六 赤彌六 藤四郞〈ちく共云〉 三七餅 稻泉 小白 柏野田 大佛餅〈彌六餅共云〉 雀しらず 若狹彌六 大彌六 矢筈彌六 太郞兵衞餅 京はやり はな打 唐千餅

〔曾根好忠集〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0787 七月中我まもるなかての稻ものきは落てむら〳〵ほさき出にけらしも

晩稻

〔類聚名義抄〕

〈七/禾〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0787 晩稻〈オクテ(○○○)〉

〔下學集〕

〈下/草木〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0787 晩稻(ヲクテ)

〔易林本節用集〕

〈遠/草木〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0787 晩稻(ヲシネ)

〔書言字考節用集〕

〈六/生植〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0787 晩粳(ヲシネ/ヲクテ)〈時珍云、粳稻十月收者、〉晩稻(同)

〔和爾雅〕

〈六/米穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0787 晩稻(ヲクテ/ヲシネ)〈晩米、糈並同、〉

〔八雲御抄〕

〈三上/地儀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0787 田〈◯中略〉 をしね(○○○)〈をそき也〉 おくて〈をそき田なり〉

〔藻鹽草〕

〈三/地儀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0787 田をしね〈おそき也〉 おくて〈同上、又云、おくてのを田とも、〉

〔言塵集〕

〈四〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0788 一稻いなくぼとは稻の種の名也、〈◯中略〉葉白と云はおくて也、

〔日本釋名〕

〈下/米穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0788 晩稻 おくれて出る也、おそく穗にいづる也、ては出也、

〔圓珠庵雜記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0788 おしねはおそいねといふことを、そいの反しなれば、つヾめていへるなり、おくては奧手にて異名なるべきを、おほくはおくてとよめり、

〔傍廂〕

〈後篇〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0788 おしねとをしねとは異なりおしねは晩稻にておくてなり、早稻をわせといふ對言なり、をしねは小稻にて、美稱なれば、早稻晩稻共にいへり、新勅撰集、散木集などに、わさ田のをしねとよみしは早稻なり、新撰六帖に、濱田のをしね打ちなびき早刈しほに成りぞしにける、とあるもわせなり、續古今集に、しら露のおくてのをしね云々、新續古今集に、夕霜のおくてのおしね云々とよみしは、おくて即おしねなり、おしねはおくてにて、をしねはわせおくてともにいへり、

〔増補雅言集覽〕

〈十二/遠〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0788 をしね、〈小稻〉春海が假字拾要云、をは發語也、をざヽ、をすヽきなどいふをと同じ、稻としねは古へ通はしいへり、孝昭天皇の御名を、古事記に御眞津日子訶惠志泥命とあるを、日本紀に觀松彦香殖稻天皇としるされたるは、稻を志泥の假字に用られたる也、又催馬樂に、みしねつくともあり、此外に古人の名に甘稻などいへる類多くありをしねといふ詞は、古き歌には見えず、堀川百首に、仲實朝臣、秋田かるをしねのひたははへたれど稻負鳥の來なくなるかな、また俊頼朝臣、秋かりしむろのをしねをおもひ出て春ぞたなゐにたねをかしける、又同じ朝臣の散木集に、かつしかのわさ田のをしねこぎたれてなきもたゆれどつきぬ涙か、又同じ朝臣の新古今集に入たる歌に、うき身にはやまだのをしねおしこめて世をひたすらにうらみわびぬる、新撰六帖に、光俊朝臣、浦風に濱田のをしねうちなびきはやかりしほになりにけるかな、これらの歌はたヾ稻といふべきを、をしねといへる也、さるを安元二年十月右大臣家歌合に、初雪とい ふ題にて、清輔朝臣、をしねかるしづの菅がさ白砂に拂ひもあへずつもる雪哉、とよみて、自判に田は秋こそかる物にてあるを、雪ふらん時はいかヾなど申人ありしかど、それは僻事なり、十月にかる所おほかり、おしねといふは、おそきいねなれば、かきあひてこそ侍れといへり、こは古き證もなく、たヾ清輔朝臣の臆説にいひ出たる事と見ゆ、契冲は此清輔朝臣の説をとりて、ソイの反しなれば、おそいねを約めておしねといへるにて、俊頼朝臣の歌は誤也といへり、こはうけられぬ事也、契冲が説に俊頼朝臣は歌に堪能なるまヽに、ほしいまヽにをしねの詞をつかはれしならんといへるはたがへり、俊頼朝臣よりも先輩なる仲實朝臣の歌にもよめるをば、いかでわすれけん、歌に堪能なればとて、あらぬ詞をよみいづるといふことあるまじきなり、稻をしねといへる詞なき事ならば、ソイの反によりて、おそいねの義となすもことわりあれど、さならでもしねといふ詞あるからは、これのみソイを約めたる詞とはいひがたし、さて事は少しも古きかたにこそよるべきを、清輔朝臣のいへる事をのみ證として、それより前なる仲實俊頼などの歌を誤也とせん事心ゆかず、たとへ後の人のいへる事也とも、正しき證あらばよるべけれど、清輔朝臣の説も、證もなき臆説なるをや、この朝臣は世の人にそむきて、ひがごとをおほくいひけるよし、俊成卿の正治奏状にも見ゆ、また今ある奧儀抄袋草子にも、あらぬひがごとの多きをおもへば、いかで此朝臣のみより所となすべき、契冲がおそいねの事をよしとおもへるは、ソイの反しなるになづめるもの也、五十音になづむ時は、ことの心をうしなふ事おほし、初學の人心せよ、廣足按に、稻をしねといふことは、和名抄祭祀具にhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000069.gif 米、〈和名久萬之禰〉また稻穀部に糙、〈加知之禰〉秳、〈乃古利之禰〉秔米〈宇流之禰〉などもあり、天智紀に稻種(タナシネ)ともよめり、歌には新勅〈秋下、爲家、〉かた岡のもりの梢も色づきぬわさ田のをしね今やからまし、續古〈秋下、入道前太政大臣、〉しらつゆのおくてのをしね打なびき田中の井どに秋風ぞふく、同〈同、雅成親王、〉秋の田のをしね色づく今よりやねられぬいほのよさむなるらん、新後 〈秋下、教定、〉露むすぶ門田のをしねひたすらに月もるよはヽねられやはする、拾玉〈二早苗〉小山田のをしねのなへのとり〴〵にみゆるうゑめのすがたなるかな、長秋詠草、〈中、田家鶯、〉ますらをが秋のをしねをまつがきにまだ春ふかき鳥の聲かな、雲葉集、〈前内大臣家〉もみぢばをそめてしぐるヽ秋山におくてのをしねほしやわぶらん、貞治年中行事歌合、關白良基公不堪田奏、此秋は千町のをしね數そひて作るに堪ぬ坪付もなし、これらの歌いづれもたヾ稻の事によめるをおもふべし、

〔成形圖説〕

〈十六/五穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0790 宇流志禰〈◯中略〉奧手、〈萬葉集◯中略〉於志祢、〈◯註略〉遲稻(オソイネ)、後稻(オクレイネ)、田床(タトコ)〈床は即地なり、此者久しく田地に在るより呼べり、〉晩稻〈爾雅翼、本艸時珍云、十月收者爲晩稻、又云、諸本艸獨以晩稻粳者非矣、今按に吾邦古の時に、凡稻の名を奥年となも稱て、晩稻の事に係てしは、稻の最上ものなるがゆゑなり、さらば彼土のむかしも、かくぞありて、晩稻の事を稉とのみせるもありぬべし、時珍却てしりぞけしは、方なるを圓にせしともいふべし、通雅云、東璧專以糯爲稻、殆泥http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001eacb.gif 稻之注乎、晩稻未必盡是http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001aa26.gif 也、〉http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001aa19.gif 、〈禮記、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001aa19.gif 稑之種、註先種後熟曰http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001aa19.gif 、詩疏http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001aa19.gif童註同、〉稰、〈内則註、稰音http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001c12e.gif 、熟而http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001eacb.gif 之曰稰、正字通云、即今晩稻也、是此間の俗謂出來刈也、宜しくhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001aa17.gif の字と照し考ふべし、〉晩米、〈本艸必讀〉晩禾、〈説文〉奧手は即奧年なり、奧は後(オクルヽ)と通ふ、其熟の遲をいへり、年は前にいへるがごと、穀の名なれば、猶晩禾とあるにひとしきぞ、さるを奧手は唯晩の義とのみ解は、手といふこと、何なるわけをしるべからず、

〔清良記〕

〈六上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0790 五穀雜穀其外物作分號類之事〈◯中略〉晩稻之事一黒小法師 一黒定法師 一小兒 一大白草 一小とご 一下蜆(エビ) 一大堂後稻 一大ぎんばる 一打稻 一邊土稻 一小ぎんばる 一赤我社(ワレコソ) 一井手口 一小堂後稻 一大ゑはる〈◯一本作大へはる下同〉 一小白草 一鹿威(ヲトシ) 一小ゑはる 一晩半毛(ヲソナカラケ) 一赤髭 一小的草 一赤草 一雀稻 一霜稻右廿四品は晩稻也、其内上十二は晩中稻の次、下十二は一の晩稻也、三月中時分苗代を仕廻、五 月中節を前に當て植、九月始に苅取、此外種々の名は有といへども、何も皆種子かへりて、國々里々に私に名を付る、農の諺に云、帷子麥に袷稻といふ云心は、麥は帷子を著て蒔、稻は袷を著て植よといふ事なれば、早くしてよしとの心也、又云、五月のしろにうへんより、四月の荒に植るにはしかじといへり、しろとは打おこしたる田を、牛馬にてとろりかきたる事也、荒とは打おこしたるまヽをいふ、是上に同じはやくうへよと云心也、

〔耕稼春秋〕

〈六〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0791 石川郡稻名〈◯中略〉晩稻そより 黒餅 赤餅 目黒 越後白 撰出し よぶし しらか眞手 三九郞 眞手 石割 岡倉 遲岡倉 遲藤四郞 よごれ 出來穗 高尾屋 犬のゑ餅 疇越餅〈五々百共云〉 みの笠 大眞手 忠縄〈四ふしと云〉 ぬぎ黒 こきごろ 大しろ 遲彌六 御坊餅 新保御坊餅 ござれ餅 づら彌六 鹿島白 能と白 大穗

〔續日本紀〕

〈二十/孝謙〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0791 天平寶字元年八月甲午、勅曰、〈◯中略〉今年晩稻稍逢亢旱天下諸國田租之半、寺神之封不此例

〔躬恒集〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0791 秋田かる所み山田のおくての稻をかりほしてまもるかりほにいく夜へぬらし

〔曾根好忠集〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0791 八月中あしげなるおくての稻をまもるまに萩の盛は過やしぬらん

〔倭名類聚抄〕

〈十七/稻〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0791 穭 唐韻云、穭〈音呂、後漢書穭讀於路賀於比(○○○○○)、俗云比豆知(○○○)、〉自生稻也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈九/稻穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0791 後漢書獻帝紀注、引埤蒼云、穭自生也、按説文無穭字、古只作旅、後漢書光武紀、嘉穀旅生注云、旅寄也、不播種而生、故曰旅、今字書作穭、音呂、古字通、漢書天官書注、晉灼曰、禾 野生曰旅、今之飢民采旅也、皆謂播種自生之稻、自生之稻必不稠茂、故訓於路加於比也、其比豆知謂穫後再挺穗者、非自生稻也、開元十九年、楊州奏穭生稻二百一十五頃、再熟稻一千八百頃、其粒與常稻異、再熟稻可以充比豆知、康熙字典引番禺志云、稻再生曰稻孫、亦是也、

〔後漢書〕

〈九/獻帝〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0792 建安元年八月癸卯、是時宮室燒盡、百官披荊棘、依牆壁間、州郡各擁彊兵、而委輸不至、群僚http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/000000017140.gif 乏、尚書郞以下、自出採http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a9e2.gif 、〈http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a9e2.gif 音呂、埤蒼曰、穭自生也、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a9e2.gif穭同、〉或http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/000000017140.gif 死牆壁間、或爲兵士所http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 殺、

〔類聚名義抄〕

〈三/木〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0792 橾梠〈オロカオヒ、ヒツチ、〉

〔同〕

〈七/禾〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0792 䅎〈俗莠字、羊酒反、ヒツチ、〉 穭〈音呂、ヲロカオヒ、俗云ヒツチ、〉

〔八雲御抄〕

〈三上/地儀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0792 田〈◯中略〉 ひつち〈万、又生也、〉

〔藻鹽草〕

〈三/地儀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0792 田ひつち田〈又生たる也、かれる田におふる也、〉

〔運歩色葉集〕

〈比〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0792 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000070.gif 米(ヒツチ)

〔書言字考節用集〕

〈六/生植〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0792 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001dc5a.gif (ヒツチ)〈韵略、稻再生者、〉 穭(同)〈順和名、刈採之後自生稻曰穭、〉

〔日本釋名〕

〈下/飮食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0792 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000071.gif (ヒツチ) 稻の再生して實なるを云、秋田をかり水をおとして後、干土(ヒツチ)より出て、みのるものなればひつちと云、

〔東雅〕

〈十三/穀蔬〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0792 稻イネ〈◯中略〉 倭名鈔に、〈◯中略〉穭は自生稻也、オロカオヒといふ、俗にはヒツチといふと註せしは、オロカオヒは即自生也、ヒツチとは乾土也、舊説ヒツチは再生也、刈れる田に生ふるなりといひけり、〈藻鹽草に〉刈たる田の水落しあとの土に生るをいふ也、

〔物類稱呼〕

〈三/生植〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0792 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000071.gif ひつぢ〈いねかりたる跡に自生ず〉 尾州にてひうちと云、〈是は轉語なり〉佐渡にてまヽばえといふ、伊勢白子にて二ばんごと云、越前にてひとてといふ、

〔倭訓栞〕

〈前編二十五/比〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0792 ひつぢ 倭名抄に穭をよめり、自生稻也と注せり、歌にひつぢぼともよめり、又しとせとも、まヽばえともいへり、稻をかりし後に、干土より再生するをいふ也、よて稻孫とも いへり、易の反生をもよめり、稂をよむは非也、肥前には一年再熟の稻ありて、稻孫を民間の食用とす、又此草を産帶の中に入るヽ事、又産室の片疊に是を用うるは、故實ありといへり、尾州にひうち、越前にひとてといふ、

〔一話一言〕

〈二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0793 ひつぢいね明の焦周が説楉に云、南海稻經穫再生、名稻孫穗穉、これ今いふひつぢいねなり、按易説卦傳、其於稼也爲反生(/ヒタチ)、このヒタチはひつぢいねなるべし、

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈十七/麻麥稻〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0793 粳増、〈◯中略〉已ニ稻ヲ刈テ後、又苗ヲ生ジテ穗ヲ結コトアリ、諸州ニアリト雖ドモ、暖國ニ非ザレバ、實ヲ結コト甚稀ナリ、土州ニ最多ク、民用ニ利アリ、又九州地方ニモアリト云フ、コレヲヒツチボト名ク、ヒツヂバエ、又ヒトデ、〈越前〉ヒウチ、〈尾州〉マヽハエ、〈佐渡〉シトテ、〈若州〉シトヽ、〈同上〉漢名稻孫、〈呂氏春秋〉一名反生、〈易經〉再熟稻、〈農政全書〉金洲、〈閩書南産志〉白香秫、〈同上〉

〔古今和歌集〕

〈五/秋〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0793 題しらず よみ人しらずかれる田におふるひつぢのほに出ぬはよを今更に秋はてぬとか

〔後撰和歌集〕

〈五/秋〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0793 ふたりのおとこにものいひける女の、ひとりにつきにければ、いまひとりがいひつかはしける、 よみ人しらずあけくらしまもるたのみをからせつヽたもとそほづの身とぞ成ぬる返し心もておふる山田のひつぢ(○○○)ぼはきみまもらぬどかる人もなし

〔曾根好忠集〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0793 七月中我宿の門田のわせのひつぢぼをみるにつけてもおやの戀しき

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈十七/麻麥稻〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0794 粳増、〈◯中略〉紀州熊野本宮山中水澤中ニ、自然生ノ者アリ、年々繁茂ス、里俗空海ノ栽ル所ト云フ、然ルニ稻ハ天下ニ普シト雖ドモ、其始ハ皆穭生ナリ、又仙臺城州、伏見稻荷山ニモアリト云、

稻莖

〔倭訓栞〕

〈中編二/伊〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0794 いながら(○○○○) 古事記にみゆ、稻莖の義成べし、

〔古事記〕

〈中/景行〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0794是坐倭后等及御子等諸下到而、作御陵、即匍匐廻其地之那豆岐田〈自那下三字以音〉而、哭爲歌曰、那豆岐能(ナヅキノ)、多能(タノ)伊那賀良(イナガラ/○○○○)邇(ニ)、伊那賀良爾(イナガラニ)、波比母登富呂布(ハヒモトホロフ)、登許呂豆良(トコロヅラ)、

〔古事記傳〕

〈二十九〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0794 多能伊那賀良邇(タノイナガラニ)は、田之稻幹(タノイナガラ)になり、

〔倭訓栞〕

〈中編二/伊〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0794 いなくき(○○○○) 稻を刈たる跡のかぶ也

〔後拾遺和歌集〕

〈十一/戀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0794 題しらず 藤原顯季朝臣鴫のふすかり田にたてる稻ぐきのいなとは人のいはずもあらなん

〔新葉和歌集〕

〈六/冬〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0794 題しらず 前中納言爲忠あさな〳〵霜をく山のをかべなる苅田の面にかヽるいなぐき

〔新撰字鏡〕

〈禾〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0794 秸〈古八反、稾也、又作䓀、古木反、肥稾役也、阿波保、〉

〔同〕

〈草〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0794 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000072.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001e0e2.gif 〈同和良(○○)、藁同、〉 藁〈可万〉

〔箋注倭名類聚抄〕

〈九/稻穀具〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0794 按説文、稾、稈也、稈禾莖也、禾嘉穀也、玄應音義引倉頡篇云、稾禾稈也、則知禾本謂粟莖、以爲稻莖者轉注、廣雅、稻穰謂之稈、是也、又昭二十七年左傳、楚鄔將師令郤氏且蓻http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4d.gif 之、或取一編菅焉、或取一秉http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a9a5.gif 焉、王念孫曰、楚於職方荊州、其穀宜稻、所http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a9a5.gif 者稻穰也、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a9a5.gif 即稈字、王念孫又曰、今江淮間以稻稈席蓐、謂稾薦、是稻稈亦稱稾也、

〔類聚名義抄〕

〈七/禾〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0794 稈〈古旱反禾莖〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a9a5.gif 〈或並正〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/000000019afd.gif 〈古活反、禾革、ワラ、〉 稾〈正〉

〔同〕

〈七/米〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0794 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000073.gif 〈ワラ〉

〔伊呂波字類抄〕

〈和/雜物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0794 藳〈亦作http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000073.gif 、禾粺也、〉

〔下學集〕

〈下/草木〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0794 藁(ワラ)

〔易林本節用集〕

〈和/草木〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0795 藳(ワラ)〈禾莖〉

〔和爾雅〕

〈六/米穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0795 藳(ワラ)〈稿、稾禾稈、禾穰、稻艸並同、〉 稈心(ワラシベ)〈稭、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001b6b0.gif 、秸並同、〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001b33a.gif (ワラノハカマ)〈禾皮曰http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001b33a.gif

〔書言字考節用集〕

〈六/生植〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0795 稾(ワラ/ワラシベ) http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000074.gif (同) 稭(同) 稾心(ワラシベ)

〔段注説文解字〕

〈七上/禾〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0795 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000075.gif 稈也、〈廣雅左傳注皆云、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001a9a9.gif 稾也、叚借爲矢榦之稾、屈平屬艸稾之稾、〉从禾高聲、〈古老切、二部、〉

〔延喜式〕

〈三/臨時祭〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0795 畿内堺十處疫神祭〈◯註略〉堺別、〈◯中略〉薦一枚、藁一圍、

〔延喜式〕

〈六/齋院〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0795 人給料、〈◯中略〉錢八十九貫七十二文、〈(中略)六十四文辛紅彩色夾纈絹四疋料藁八圍、直別八文、〉三年一請雜物〈◯中略〉 藁卅七圍〈直、練絹并染紅花料、〉

〔延喜式〕

〈十三/圖書〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0795 凡年料所造紙二萬張〈廣二尺二寸長一尺二寸〉料、〈◯中略〉藁五百圍、〈河内國所進〉

〔延喜式〕

〈十四/縫殿〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0795 雜染用度退紅帛一疋、紅花小八兩、酢一合、藁半圍、薪卅斤、絲一絇、紅花小二兩二分、酢三勺、藁小半圍、薪廿斤、

〔延喜式〕

〈十五/内藏〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0795 御服料小許春羅二疋、白綾十四疋、〈◯註略〉色綾六疋、〈新羅文〉用度、〈◯中略〉藁三千八百十八圍四斤八兩、

〔延喜式〕

〈四十九/左右兵庫〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0795 凡二季大祓横刀八口、〈金裝二口烏裝六口〉其料、〈◯中略〉伊豫砥二顆、麁砥二顆、稾八圍、〈已上磨刀料〉

〔延喜式工事解〕

〈一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0795 稾八圍ハ磨刀ノ料ニ非ズ、鍛錬ノ時燒テ灰トナシ、用テ以テ折疊鑠合スベキノ用ナリ、

〔北山抄〕

〈七/都省雜事〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0795内印雜事下諸國符交易進上修理諸司料藁事

〔續修東大寺正倉院文書〕

〈三十二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0795 造佛所作物帳藁六百卅圍〈自島宮運車九兩〉 賃錢六百卌五文〈三車各七十五文、六車各七十文、〉

〔日本歳時記〕

〈五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0796 八月此月早稻の稈(わら)を收置べし、布をさらし、紅花を用ひ、絹布を染、毒をけす、其外用多し、

〔倭名類聚抄〕

〈十七/稻〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0796 稻〈芒穗等附◯中略〉 薩珣云秉〈音丙、訓以奈太波利(○○○○○)、見毛詩也、〉禾束也、〈◯薩珣以下十九字原脱、今據一本補、〉四聲字苑云、穧〈在詣反、今按田野人所謂捒稻之捒字、所出未詳、宜此字歟、〉刈把數也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈九/稻穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0796 按伊奈太波利、蓋稻手張之義、謂禾盈http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 握也、〈◯中略〉按説文秉、禾束也、从又持http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 禾、薩氏蓋依之、〈◯中略〉按稻曰束、見令式、謂束稻也、當時田野人或從手作捒用之爲之之字也、束或作捒見集韻、新井氏曰、捒字當多波奴、〈◯中略〉廣韻、穧、刈禾把數也、與此義同説文、穧、穫刈也、

〔類聚名義抄〕

〈七/禾〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0796 秉〈イナタハリ〉

〔伊呂波字類抄〕

〈伊/植物〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0796 〈イナタハリ、亦作http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000076.gif 、〉 穧〈同〉

〔倭訓栞〕

〈中編二/伊〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0796 いなたば 禾把也、又穧をよめり、

〔安齋隨筆〕

〈前編十一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0796 穎幾束 倭名類聚鈔國郡部に、穎幾束と見へたり、束の事詳ならず、然れども田令義解に云、段地穫稻五十束、束稻舂得米五升也、於町須五百束也とあり、束の稻舂て米五升を得るとあれば、いまだ磨らざる時は、一束の稻の米一斗計あるべし、是にて大概一束の分量をしるべし、和名抄に、稻幾束とも穎幾束ともあり、同事なれども、穎字を宜とすべし、又云、右にいまだ磨ざる時は一斗計あるべしと云たるは、モミを磨るを以て云也、舂て得米五升と云も大概を云なるべし、一莖に稻の多少年の熟不熟によつて不同あるべし、されども大概を知るべき也、

〔令義解〕

〈三/田〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0796 凡田長卅歩、廣十二歩爲段、十段爲町、〈謂段地http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001eacb.gif 稻五十束、束稻舂得米五升也、〉

〔日本書記〕

〈二十五/孝徳〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0796 大化二年正月甲子朔、賀正禮畢、即宣改新之詔曰〈◯中略〉其三曰、初造戸籍、計帳、班田收授之法、〈◯中略〉凡田長三十歩、廣十二歩爲段、十段爲町、段租稻二束二把、町租稻二十二束、

〔東大寺正倉院文書〕

〈三十六〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0797 長門國天平九年收納大税目録帳合伍郡天平八年定正税穀壹拾貳萬漆伯肆斛伍升貳合〈◯中略〉全稻爲穀玖仟肆伯肆拾參束肆把得穀(○○)玖伯肆拾肆斛參斗肆升〈束別得(○○○)一斗(○○)

〔大安寺伽藍縁起流記資財帳〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0797 合稻貳佰貳拾萬壹阡陸佰陸束捌把參分半通分稻一百八十八萬五千七百六十六束八把分半見一百卅三萬六千四百十六束七把二分毎年未納五十四萬二千八百七十八束八把八分半朽失無實惡稻六千四百七十一束二把〈◯中略〉天平十九年二月十一日 都維那僧靈仁〈◯以下署名略〉

〔東大寺要録〕

〈六〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0797 封戸廿一箇二千七百戸〈◯中略〉土佐國百烟〈◯中略〉租稻四千束 代米百廿石〈束別三升(○○○○)〉

〔倭名類聚抄〕

〈十七/稻〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0797 稻〈芒穗等附◯中略〉 唐韻云、穗〈音遂、和名保(○)、〉禾穀末也、

〔類聚名義抄〕

〈七/禾〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0797 穗〈音遂ホ〉 穗〈正遂米〉 初穗〈ハツホ〉

〔伊呂波字類抄〕

〈保/殖物附殖物具〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0797 穗〈ホ禾穀末也〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/000000019bae.gif 〈同〉

〔藻鹽草〕

〈三/地儀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0797 田ほなみ ほむけ〈ほのむきたる也〉 はつほ いなぼ いなば〈いねかるにおちちりたるほ也、又おちぼひろふなどよめるは、こはらはべのひろふ物也、又人のおちぶるヽにもよめるか、〉

〔日本釋名〕

〈下/米穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0797 穗 尾也、おとほと通ず、穗のかたちけだものヽ尾に似たり、

〔東雅〕

〈十三/穀蔬〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0798 稻イネ〈◯中略〉 倭名鈔に、〈◯中略〉穗はホ、禾穀末也と註せしは、天神此國を呼び給ひて、千秋五百秋長瑞穗國とものたまひし事もあれば、太古の俗に穗を呼びてホと云ひしは、これを最とし秀となしぬる、美稱とこそ見えたれ、最の字讀てホといひ、秀の字讀てホツと云ひしが如き即此義也、

〔倭訓栞〕

〈前編二十八/保〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0798 ほ〈◯中略〉 穗は火より轉ぜり、穗の出初る色皆赤し、稻穗を本とす、貫之集に、田まもる家ほある所と見えたり、神代紀に穎をよむも同じ、江次第に苅本謂之稻、切穗謂之穎、本穎國司貯積之總名也と見えたり、

〔倭訓栞〕

〈中編二/伊〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0798 いなぼ 稻穗の義、神代記に穗一字もよめり、

〔日本書紀〕

〈二/神代〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0798 一書曰、〈◯中略〉天照大神手持寶鏡、授天忍穗耳尊、〈◯中略〉又勅曰、以吾高天原所御齋庭之穗(イナボ)亦當御於吾兒

〔日本書紀〕

〈十五/顯宗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0798 白髮天皇二年十一月、播磨國司山部連先祖伊與來目部小楯、於赤石郡、親辨新嘗供物、〈一云、巡行郡縣、收斂田租也、〉適會縮見屯倉首縱賞新室以夜繼http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 晝、〈◯中略〉億計王起儛既了、天皇次起、自整衣帶、爲室壽曰、〈◯中略〉出雲者新墾、新墾之十握稻之穗、於淺甕醸酒、美飮喫哉、〈◯下略〉

〔神宮雜例集〕

〈一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0798 一供奉始事大同二年二月十日、大神宮司二宮禰宜等本記十四ケ條内朝夕御饌條云、皇大神宮倭姫命戴奉〈天、〉五十鈴宮〈爾〉令入坐々鎭〈理〉給時〈爾〉大若子命〈乎〉大神主〈止〉定給〈天、〉其女子兄比女〈乎〉物忌定給〈天、〉宮内〈爾〉御饌殿〈乎〉造立〈天、〉其殿〈爾〉爲〈天〉、拔穗田稻〈乎〉令拔穗拔〈天、〉大物忌大宇禰奈共爲〈天、〉令舂炊供奉始〈支、〉

〔夫木和歌抄〕

〈十二/秋田〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0798 建長五年毎日一首中 民部卿爲家風わたるの田のはつほのうちなびきそよぐにつけて秋そしらるヽ正治二年七月當座三百歌合 民部卿範光 いろ〳〵にかど田のいなぼふきみだる風におどろくむらすヾめ哉

〔藝藩通志〕

〈五/災祥〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0799 文政六年秋、惠蘇郡高野山組十一村に、兩岐の稻を生ず、村々大抵稻一把に二穗の物、必二三莖あり、寒地惡處かく瑞穗の多く出るは希代の祥なれば、里正等采りて、これを進獻せしを、又社稷の神に納めらる、

〔類聚名義抄〕

〈三/頁〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0799 穎〈役餅反、穗穎、禾穎、カヒ(○○)、〉

〔伊呂波字類抄〕

〈加/殖物附殖物具〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0799 穎〈カヒ稻穎〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000085.gif  稃〈已上同、穀皮也、稻皮也、〉

〔段注説文解字〕

〈七上/禾〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0799 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000086.gif 禾末也、〈穎之言莖也、頸也、近於采及貫於采者皆是也、大雅實穎實栗、毛曰、穎垂穎也、禹貢鄭注曰、百里賦入總、謂刈木也、二百里銍、銍斷去稿也、三百里秸、秸又去穎也、四百里入粟、五百里入米者、遠彌輕也、禮器稟鞂之設、鄭注穗去實曰鞂、鞂與秸同物、鄭注尚書曰、去穎謂其 也、注禮器曰、去實謂用其穎也史記曰、錐處嚢中穎脱而出、非特其未http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 見而已、少儀刀http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001524a.gif 刃授穎、是則穎在錐、則郤於末、在刀則http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001524a.gif 於刃、在禾則郤於采也、渾言之則穎爲禾末、析言之則禾芒乃爲秒、〉从禾頃聲、〈余頃切、十一部、〉詩曰、禾穎穟穟、〈大雅生民文、今詩作禾役、毛曰、役列也、玉裁按、役者穎之叚借字、古支耕合韵之理也、列者http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001aa45.gif 之叚借、禾穰也、此穎通穰言之、下章之穎則專謂垂者、〉

〔倭訓栞〕

〈前編六/加〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0799 かひ 日本紀に牙字をよめり、芽に同じ、甲の音轉もあり、日本紀の麁鹿火を、古事記に荒甲に作れり、字書にも甲は草木初生の莩子也と見えたり、〈◯中略〉穎字をよむ義同じ、

〔地方新書〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0799 籾永〈永ハ穎ノコト也、永モ穎モ同韻ナレバ、假借シテ、省畫ノ永字ヲ用ユルナルベシ、ナホhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001d21b.gif ニオノ字ヲ假借シ、段ニ反ノ字ヲ用ユルト同ジ、或云、永ハ穎ノ草體ノヘンヲ取リhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000087.gif ナルヲ、永トセシナルベシトイカヾ、◯中略〉永ハ普通ノ俗書ニ、永樂錢ヨリ起ルトスルハ當ラズ、未ダ永樂ノ年號ナキ時ヨリ永錢ノ號アリ、農政座右ニ、水府藥王院文書ニ、穎錢ト云コトアリ、又鎌倉八幡社人大伴忠雄ガ相模志料ニ、永高ノ永、舊ハ穎ナルベシ、延喜式和名抄等ニ、穎稻又本稻本穎等ノ名アリ、終ニ田畠ノ高ヲ、何貫文ト云名ハノコリシナラント、一段二百五十歩、一歩二把ヅヽノ稻把ヲ刈リ出シ、此一把ヨリ二升ヅヽノモミヲ出シ、米トシ テ一升ヲ得ルナリ、此直穎錢一文ナリ、二百五十歩ハ二百五十文、是即チ百疋ナリ、

〔延喜式〕

〈八/祝詞〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0800 祈年祭御年皇神等(ミトシノスヘカムタチ)〈能〉前(マヘ)〈爾〉白(マフサ)〈久、◯中略〉 奧津御年〈乎、〉八束穗(ヤツカホ)〈能〉伊加志穗(イカシホ)〈爾、〉皇神等〈能〉依〈左志〉奉者、初穗(ハツホ)〈乎波〉千穎八百穎(チカヒヤホカヒ)〈爾〉奉置(オキ)〈氐、〉瓺閉高知瓺腹滿雙(ミカノヘタカシリミカノハラミチナラベ)〈氐、〉汁(シル)〈爾母〉 (カヒ)〈爾母〉稱辭竟奉〈牟、〉

〔江家次第〕

〈四/正月〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0800受領功課事本穎條〈本穎國司貯積之總名也、正税公廨雜稻出擧是也、諸國置此三色稻主税式、苅本謂之稻、切穗謂之穎、〉

〔江次第抄〕

〈四/正月〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0800 本穎條 勘解由勘文第一條載之、本穎者國司貯積之總名也、正税公廨雜稻出擧事也、諸國置此三色稻、多少見主税寮式、春以此稻於人、取其利雜用、不其本也、其本利共至秋返之、本稻者又宛明年種子也、九章云、稻者切本謂之稻、切穗謂之穎、莖ナカラヲバ稻ト云、モミナカラ置ヲバ穎ト云、

〔東大寺正倉院文書〕

〈十〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0800 大倭國天平二年大税帳養老二年撿欠穀壹仟肆伯伍拾玖斛伍斗肆升參合穎稻參仟參伯貳拾壹束捌把半養老四年撿缺香山正倉穀壹伯漆拾貳斛漆斗漆升宇智郡欠穎壹仟貳伯伍拾陸束養老七年撿欠香山正倉穀貳伯伍拾玖斛漆升合稻穀捌萬伍仟貳伯陸拾肆斛肆斗漆升伍合

〔東大寺正倉院文書〕

〈三十四〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0800 隱伎國天平二年正税帳周吉郡天平元年見定稻穀玖伯壹拾捌斛參斗伍升玖合穎稻陸仟壹拾肆束捌把壹分、此中雜用漆伯玖拾參束參把伍分 出擧壹仟伍伯參拾束 利漆伯陸拾伍束 并貳仟貳伯玖拾伍束遺參仟陸伯玖拾壹束肆把陸分合定稻穀玖伯壹拾捌斛參斗伍升玖合穎稻伍仟玖伯捌拾陸束肆把陸分

〔延暦交替式〕

〈太政官符、應正税本稻依舊擧http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 穎事、撿案内、太政官去年九月十七日下諸國符偁、自今以後、出擧正税、給穀收穀、立爲恒例者、是則絶租税耗損之源、改吏民塡備之弊、今被右大臣宣偁、奉勅、如聞、稻有早晩各任土宜、而盡穎爲穀、種子難辨、宜本者收穎、利者納穀、不本穎充種子、其承前之事、總納穎稻、計帳之日、更出令糙、甲乙所進、丙丁代糙、至欠損、糙者塡之、遂乃富強之人、拱手無勞、貧弱之家、合門受弊、自今以後自糙自進、本稻之外、不穎、其用盡舊稻、一依前符、若有限收穎及遺舊稻、國郡官司、科違勅罪、損秏贓重者、亦計贓科之、後任國司、阿容受領、與同罪者、諸國承知、依件行之、<br/>延暦十八年五月十七日〉

〔日本後紀〕

〈十四/平城〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0801 大同元年八月乙酉、參議東海道觀察使從三位藤原朝臣葛野麻呂言、延暦十七年格、出擧正税、給穀收穀、立爲恆例者、而今奉勅、稻有早晩、各任土宜、而盡穎爲穀、種子難辨、宜本者收穎、利者納穀、不本穎、廻充種子、本稻之外、不穎、若有限收http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 穎者、國郡官司、科違勅罪者、今或國司等、偏執此格、公廨利稻并年中雜用、皆悉令糙、其收穎穀之意、本爲遠貯、而今日勞糙、明年盡用徒有民弊、曾无公益、伏望依延暦十一年十一月廿八日格、年中雜用并公廨等稻、不糙、以省民弊者、許之、

〔朝野群載〕

〈二十六/諸國公文〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0801 主税寮勘上野國解文事〈◯中略〉承保三年税帳〈注勘文〉正税本穎四十萬束 利稻十二萬束定納官租穀〈不注〉雜塡納穎三千六百九十束〈◯下略〉

〔眞本新撰字鏡〕

〈二/米〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0802 糅(○)〈如救反、雜飯曰糅、〉 籾http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000088.gif 〈二上古文〉

〔倭名類聚抄〕

〈十七/稻〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0802 穀(○) 周禮注云、五穀、〈音谷、和名毛美(○○)、◯下略〉

〔類聚名義抄〕

〈七/米〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0802 籾(○)〈正モミ〉

〔同〕

〈九/殳〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0802 穀〈音谷、モミ、〉

〔伊呂波字類抄〕

〈毛/飮食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0802 穀〈モミ〉 <tmc code="ra00000 26870"/>〈同、亦作籾、〉

〔和爾雅〕

〈六/米穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0802 穀(モミ)〈粟我並同〉

〔朱子談綺〕

〈下/米穀稻子〈モミ〉〉

〔九章算術〕

〈二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0802 粟米〈以御交質變易〉粟米之法〈◯註略〉 粟率五十〈◯中略〉  稻六十

〔九章算術音義〕

〈粟米〈上相玉切、下莫禮切、粟者禾之米之未春米者、穀實之無殻粟者、米之率也、諸米不等以粟爲率、故曰粟米、〉〉

〔日本釋名〕

〈下/米穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0802 粟(モミ) もゆる實也、もゆるはおひ出るを云、もみをまけばもえ出づ、からを去たる米をまきては生ぜず、

〔東雅〕

〈十三/穀蔬〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0802 穀モミ 倭名鈔に穀はモミ、日本紀私記に讀てタナツモノといふと註せり、其義は並に不詳、〈モミとはモはモエ也、モエとは萌也、ミは實也、其萌芽を發すべき實をいふ也、(中略)穀の字の如きは、五穀といひ、六穀といひ、八穀九穀なども云ひて、百穀といふに至りぬれば、凡穀種みな呼て穀といふべければ、日本紀には、其字讀てタナツモノとはいひけり、亦讀てモミといふが如きは、むねと稻實をいふ事にやあるらん、我國の俗に、籾の字創造りて、モミとよむ事、日向國風土記に其字みえたれば、因り來る所既に久しき如くは見えたり、〉

〔倭訓栞〕

〈前編三十三/毛〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0802 もみ〈◯中略〉 倭名抄に穀をよめり、最實の義、もはほめていへり、粟もよむべし、賦役令義解に籾字を用う、字書に出たれど其義なし、或は稻子をよめり、又孚穀をもいふ、

〔和漢三才圖會〕

〈百三/穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0803 穀〈音谷〉 籾〈和字〉 和名毛美、田物(タナツモノ)、實也、略而曰毛美、〈◯中略〉按穀〈穀同〉五穀九穀之總名也、而今唯粳糯稱毛美、凡在田時爲稻、〈和名以禰〉苅http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f0000650dff.gif芒稃者爲穀、〈和名毛美〉今俗作籾字、其禾芒之形、微似劍脊刀鋒、故从刄乎、

〔地方新書〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0803 籾籾ハ最實ノ義ナリト云、粟モ同ジ、サレド粟ニアハト云訓モアレバ、ソレヲサケ、米甲ニ稜刄ノアルニツキ、籾ノ字ヲ新造セシト見ユ、賦役令義解ニ、籾ノ字ヲ用タリ、籾、續日本紀、元明天皇紀ニ見ユ、續字彙ニ、金鏡ヲ引テ、唐ノ則天后制スル字ナルベシト云、

〔續字彙補〕

〈未/米〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0803 籾(ヂ)〈女梨切、音尼、見金鏡、〉

〔塵袋〕

〈九〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0803 粟ノ字ヲ米ト云フコトアリ如何米ヲ粟ト云ヘル事多シ、アハトモ心エラレヌベキ事モアリ、漢朝ニ鷄ヲツクリテ、其クチバシニ、勝ノ字ヲカキテ、クハヘサセテ、サホノサキニ置テ、六人ヲサダメテ、勝ノ字ヲ我サキニトラント、アラソハシムルニ、ハヤサホニノボリテ、トリタルモノニハ、米三斛ヲタマハスル事アリ、サヤウニシテ、タマハル米ヲバ鷄粟トナヅケタリ、又漢書曰、大倉之粟腐不食ト云ヘル注ニ、言積日久、米符赤也云ヘリ、カサクチテ紅梅イロニナリタル也、コレラハ粟ノ字ナレドモ、米ナル心アキラカナリ、臣軌云、務農則田墾、田墾則粟多、粟多則人富ト云ヘリ、是レモ心ハ米ナルベシ、粟ノ一字アハニモ米ニモワタル事如此、コノユヘニ先年ニ鎭西ノ八木ヲ宋朝ニワタス事ヲ、トヾメラレシトキ、顯朝卿、米ヲ粟實トカキタリシヲ、定副卿アハノミハ何ゾト、アザケリタリケルヲカヘリキキテ、顯朝卿トガメテ、ハカリナキイサカヒニナリタリトキコエキ、

〔黍稷稻粱辨〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0803 禾者在田之稱、粟有殼之稱、米無殼之稱、晏子之脱粟米、公孫弘脱粟飯、皆謂殼也、禹貢曰、四百里粟、五百里米、春秋傳曰、甸粟而納之王宮、米而藏之御廩、而九數有粟米之法、粟二十斗、當米 十斗、是粟米之辨也、又呂氏云、粟穀也、有殼曰粟、無殼曰米、是也、然而單謂粟則兼粟米而言、胡渭禹貢錐指曰、穀者粟米之通稱、粟米對擧、則有殼曰粟、無殼曰米、單言粟則粟亦是米、春秋定五年、歸粟于蔡、僖十三年、秦輸粟于晉、戰國策、張儀言舫船載粟、自泛山江以至郢、史記、主父偃言、秦輓粟起負海之郡、以輸北河、計其道里、並阻且長、有殼者難於轉輸、其所謂粟、當即是米也、論語與粟五秉、孟子移粟河東、亦皆謂殼者也、或曰、古者稱粟者、乃五穀之總名、西漢以來所稱之粟者、則謂小米也、是皆以今所http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 習而律古而已、非通論也、亦不博考古書之過也、右辨粟米名義一條

〔令義解〕

〈三/賦役〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0804 凡土毛臨時應用者、〈◯註略〉並准當國時價、價用郡稻、〈(中略)凡官稻之源、出田租、即分爲三、一曰大税、二曰籾穀(○○)、三曰郡稻也、〉

〔續々修東大寺正倉院文書〕

〈四十六〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0804 籾穀帳納籾四百六十三石  養老七年七月九日粟田久治良〈◯以下署名略〉

〔續修東大寺正倉院文書〕

〈四十五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0804 謹啓合粟壹萬玖伯玖斛〈廿二斛四斗四升〉見定壹萬捌伯捌拾陸斛伍斗陸升宮裏收納七千六百卅四斛五斗六升〈外廿九斛〉山口庄收納三千二百五十二斛籾貳仟壹伯玖拾肆斛壹斗參升宮庄收納一千七百卅一斛一斗三升櫟本庄收納四百六十三斛以前、撿定粟籾如前謹以申聞、謹啓、天平十年八月十五日

〔續日本紀〕

〈二十六/稱徳〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0805 天平神護元年二月庚寅、左右京籾各二千斛、糶於東西市、籾斗百錢、

〔文徳實録〕

〈五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0805 仁壽三年三月丁巳、以穀倉院籾鹽、給京師患疱瘡

〔空穗物語〕

〈藤原の君〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0805 そのつみにおそろしきやまひつきて、ほど〳〵敷いますかる、いちめまつりはらへせさせんとする時にの給、あたら物を、我ために、ちりばかりのわざすな、はらへすとも、うちまきによねいるべし、もみ(○○)にてたねなさばおほく成べし、

〔新撰字鏡〕

〈草〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0805 芒〈乃支(○○)〉

〔倭名類聚抄〕

〈十七/稻〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0805 稻〈芒穗等附◯中略〉  薩珣切韻云、芒〈音與亡同、和名乃木、〉禾穗芒也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈九/稻穀具〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0805 乃歧見http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/000000018041.gif 集歌、今俗或訛呼乃偈、〈◯中略〉説文、芒草端也、按禾芒亦芒之一端、

〔東雅〕

〈十三/穀蔬〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0805 稻イネ〈◯中略〉 倭名鈔に、〈◯中略〉芒はノキ、禾穗芒也と注せしは、ノとは直也、キとは凡物の光鋭なるを、古語にはキといひ、ケといひけり、

〔倭訓栞〕

〈前編二十三/乃〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0805 のぎ 新撰字鏡に芒をよめり、芒刺をいふ也、のげ のぎの俗語也

〔倭名類聚抄〕

〈十七/稻〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0805 粃(○) 野王按、粃〈比之反去聲、和名之比奈世(○○○○)〉、穀實、但有皮而無米也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈九/稻穀具〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0805 今本玉篇、米部無粃字、禾部有秕字云、穀不成也、按左傳若其不http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif粃稗也、杜預注、秕穀不成者、顧氏蓋本之、説文、秕不粟也、又有http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/ra0000026862.gif、云惡米也、周書有http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/ra0000026862.gif、然則訓穀不http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 成、秕字從禾、不米、然慧琳音義引玉篇云、粃穀之不成者也、或作秕、所見玉篇似米以禾爲或字、不今本、源君所據、或與慧琳同、故其字從米也、

〔類聚名義抄〕

〈七/米〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0805 粃〈秕二正、音比之去聲、和名シヒナセ、シヒタ、〉

〔伊呂波字類抄〕

〈志/飮食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0805 粃〈シヒナ、シヒナセ、穀室但有皮而無禾也、〉

〔書言字考節用集〕

〈六/服食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0806 秕(ミヨサ) 秕(シイナセ/シイネ)〈韵會、穀不成也、〉

〔日本釋名〕

〈下/五穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0806 秕 みなしいね也、みなを略す、しいなとも云、ねな相通ず、

〔東雅〕

〈十三/穀蔬〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0806 穀モミ 倭名鈔に、〈◯中略〉粃はシヒナセ、穀實但有皮而無米也、と註せしは、シヒナセは、猶シネナシといふが如し、其稻實のなきをいふなり、

〔倭名類聚抄〕

〈十七/稻〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0806 秳(○) 唐韻云、秳〈音活、漢語抄云、乃古利之禰(○○○○○)、〉舂穀不潰者也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈九/稻穀具〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0806 按乃古利之禰、殘米之義、謂穀爲米、猶有皮者也、今俗呼(○○○)阿良(○○)

〔伊呂波字類抄〕

〈能/飮食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0806 秳〈ノコリシネ、舂穀不潰者也、〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000089.gif 〈同〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000124.gif /糠

〔新撰字鏡〕

〈禾〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0806 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000124.gif (○)〈空外反、米皮也、糠也、須久毛(○○○)、〉

〔倭名類聚抄〕

〈十七/米〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0806 米〈◯中略〉 爾雅注云、糠(○)〈音康、和名沼賀(○○)、〉米皮也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈九/稻穀具〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0806 按糠訓穀皮http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000124.gif糠、則知糠亦阿良奴加也、穎曰米粃、即精米上細糠也、李時珍曰、糠諸粟穀之http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/000000019ce2.gif 也、其近米之細者爲米粃、是可以充古奴加也、

〔類聚名義抄〕

〈七/禾〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0806 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000124.gif 〈音會、ヌカアラヌカ、〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000090.gif 〈スクモヌカ〉 穅〈音康、ヌカアラ、糠俗、〉

〔同〕

〈七/米〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0806 粳〈古行反、音庚、アラヌカ、〉 粇http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000057.gif 〈二俗〉 糠http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000091.gif 〈音康ヌカアラ、或穅、〉 糩〈俗http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000124.gif 字、若外反、音會、アラヌカ、〉

〔伊呂波字類抄〕

〈古/飮食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0806 糠〈コヌカ(○○○)〉

〔日本靈異記〕

〈上/序〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0806 諾樂藥師寺沙門景戒、熟瞰世人也、〈◯中略〉欲他分惜己物、甚流頭於粉粟粒以啖http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4d.gif 糠、〈◯中略〉糠〈ヌカ〉

〔和爾雅〕

〈六/米穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0806 糠(ヌカ/コヌカ)〈米粃、穅並同、米皮也、〉 稃(スリヌカ/アラヌカ)〈http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001ac6c.gifhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000092.gifhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000093.gif 並同、〉

〔書言字考節用集〕

〈六/服食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0806 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000124.gif (ハシカ)〈韵會、麁糠也、〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000124.gif (アラヌカ) 稃(同)〈爾雅、穀皮、〉 麤( 同)糠〈韵會〉 稃(スリヌカ)

〔日本釋名〕

〈下/米穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0806 糠 米のぬけがら也

〔東雅〕

〈十三/穀蔬〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0806 穀〈◯中略〉 ヌカとはヌク也、ヌクとは脱(ヌク)也、其實の脱けしをいふ也、日本紀には、糠讀てカ ラといふ、カラとは即穀皮也、

〔倭訓栞〕

〈前編二十一/奴〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0807 ぬか〈◯中略〉 糠をよむは脱(ヌケ)皮の義なるべし、新撰字鏡に粇もよめり、粉ぬかはhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000094.gif をよめり、

〔本朝食鑑〕

〈二/華和異同〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0807 糠糠者諸米之殼、而本邦謂之荒糠、其近米之細者爲米粃、粃者紕薄之義也、又名米皮糠、今本邦稱糠者、皆近米之細糠也或曰、儉年人多交以http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/ra0000017993.gif 食、和劑蒸煮以救http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/000000017140.gif 、此本邦民間亦然矣、

〔和漢三才圖會〕

〈百三/穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0807 稃(すりぬか)〈音孚〉 糠(ぬか)〈穅同〉 稃〈俗云須利沼加〉 糠〈和名沼賀〉 小麥稃〈俗云保宇條〉按稃籾皮也、今人以礱(スリウス)磨穀取米、其麤皮謂稃、凡花之房曰柎、麥之皮曰麩、殼之殼曰稃、其字皆音同、稃性温、冬可以防寒、夏以避http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 暑、藏雞卵於稃久不鮾(アザレ)、草木不寒者、覆稃於根凍、糠康也、空也米皮去其内、以空之也、可以養犬馬、如荒歳人亦食之、或煮豆和糠及鹽收藏、名糠未醤賤民日用食、又以糠爲田圃培鰛培之(イワシコヘノ)右、蓋鰯多出房州總州、運送之大坂、畿内農人用好之、東北地凍、而非糖不可、故畿内之糠、多運送干武陽、關東農人重之、土地之異同然耳、

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈十七/造醸〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0807 米粃 コヌカ ヒヌカ 一名細糠〈稻ノ集解〉 糖衣〈白朮ノ條下〉モミハ一名フナハリ、スクモ、〈防州〉モスヌカ、〈南部〉漢名礱糠、〈群芳譜〉舂杵頭細糠 米ヲ春トキ、杵ノ先ニツキ、タルコヌカナリ、

〔播磨風土記〕

〈神前郡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0807 粳岡者、伊和大神與天日桙命、二神各發軍相戰、爾時大神之軍、集而舂稻之、其粳聚爲丘、一云掘城處者、品太天皇〈◯應神〉御俗參度來百濟人等、隨有俗、造城居之、又其簸置粳云墓、

〔播磨風土記〕

〈賀毛郡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0807 粳岡、右號粳岡者、大汝命令稻於下鴨村、散粳飛到於此岡、故曰粳岡

〔續日本紀〕

〈三十/稱徳〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0807 寶龜元年八月庚戌、皇太子〈◯光仁〉令旨、如聞道鏡師、竊挾砥粳之心、爲日久矣、〈◯下略〉

〔續日本紀考證〕

〈九/稱徳〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0808 砥粳〈砥當紀略http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4d.gif 舐、狩谷氏曰、粳疑糠字、史記呉王濞傳、舐糠及米是也、案新撰字鏡云、秔俗作粳同、加衡反、不黏稻也、與禰之良久、又奴可、則作粳亦通、〉

〔吾妻鏡〕

〈四十二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0808 建長四年三月十九日癸卯、今曉三品親王〈◯宗尊〉關東御下向也、〈◯中略〉午剋著御于野路驛、〈◯中略〉御雜事米卅石、白米二石〈宣旨斗定〉大豆三石〈同斗◯中略〉藁八百束糠(○)十石、

米/稱呼

〔倭名類聚抄〕

〈十七/米〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0808 米 陸詞切韻云、米〈莫禮反、和名與禰、〉穀實也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈九/稻穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0808 按説文、米粟實也、象禾黍之形、粟嘉穀實也、禾嘉穀也、是嘉穀其艸曰禾、其實曰粟、去其秠米、轉謂凡穀脱http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 秠亦曰米、非其本訓也、

〔伊呂波字類抄〕

〈與/飮食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0808 米〈ヨネ〉

〔同〕

〈古/飮食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0808 米〈コメ〉

〔易林本節用集〕

〈與/草木〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0808 米(ヨネ)

〔同〕

〈古/食服〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0808 米(コメ)

〔段注説文解字〕

〈七上/米〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0808 米粟實也、〈http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/0000000186a0.gif 部曰、粟嘉穀實也、嘉穀者禾黍也、實當人粟、擧連秠者言之米、則秠中之人、如果實之有http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 人也、果人之字、古書皆作人、金刻本艸尚無仁者、至明刻乃盡改爲仁、鄭注冢宰職、九穀不粟、注、倉人掌粟入之藏云、九穀盡藏焉、以粟爲主、粟正謂禾黍也、禾者民食之大同、黍者食之所貴、故皆曰嘉穀、其去秠存人曰米、因以爲凡穀人之名、是故禾黍曰米、稻稷麥苽亦曰米、舍人注所謂六米也、六米即膳夫食醫之食用六穀也、賓客之車米筥米、喪http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001e292.gif 之飯米、不黍梁稻稷四者、凡穀必中有人而後謂之秀、故秀从禾人、〉象禾黍之形、〈大徐作禾實是、米謂禾黍、故字象二者之形、四點者聚米也、十其間者、四米之分也、篆當四圜點以象形、今作長點誤矣、莫禮切、十五部、〉

〔日本釋名〕

〈下/米穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0808 米 こめは小實(ミ)也、みとめと通ず、一説にこもる也、もみの内にこもる也、もとめと通ず、下を略せり、よねはいね也、いとよと通ず、いねのみ也、

〔東雅〕

〈十三/穀蔬〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0808 穀モミ〈◯中略〉 舊説にヨネとは、ヨはヨシといふ詞也と見えたり、ネは種也、其嘉種なるを云ひし也、〈稻をイネといひ、米をヨネといふが如きも轉語なり、又根をネといひ、苗をナヘといふも、轉語也、ネといふ言葉を開呼ぶときはナヘなり、是等の事に依りても、古語の相轉ぜし、また各其義ありし事を知るべし、種をタネと云ひしは、其初田穀の種子を呼びしに起れるに似たり、〉

〔食物知新〕

〈一/穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0808 粳米〈別録中品〉 吾國自神代毛血、而爲穢物食、惟以米穀斯民、故名世根也、今通呼古女、古女即顧命也、又稱菩薩、是乃朝鮮語也、

〔物類稱呼〕

〈三/生植〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0809 米こめ〈よね〉 遠江國天龍の川上にてぼさつと稱す、〈此所にては米といはずして、ぼさつとのみとなふ、〉按に諸國より大峯或は羽黒山などへ詣るもの一七日齋す、其内はぼさつと稱して米とは呼ずとなん、西國又は朝鮮の方言にも、穀を菩薩と云よし見えぬ、

〔倭訓栞〕

〈前編九/古〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0809 こめ 米をいふ、小實の義成べし、八木といふ事東鑑に見えたり、麝香米あり、光粳米也といへり、

〔倭訓栞〕

〈前編三十六/與〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0809 よね 日本紀倭名抄に米をよめり、かしよねあらひよねなどいふ是也、善米(ヨシネ)の義なるべし、又こめと横音通ぜり、

〔日本書紀〕

〈二十四/皇極〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0809 二年十月戊午、蘇我臣入鹿獨謀、將上宮王等而立古人大兄天皇、于時有童謠曰、伊波能杯儞(イハノヘニ)、古佐屢(コサル)渠梅(コメ/○○)野倶(ヤク)、渠梅多儞母(コメダニモ)、多礙底騰裒羅栖(タゲテトホラセ)、歌麻之之能烏膩(カマシシノヲヂ)、

〔空穗物語〕

〈藤原の君〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0809 たちばな一くはむとの給、五月なかの十日比、たちばなこれはなつてなし、この殿のみそのにあり、みそかにいちめとりてまいる、このいちめのはらに、五ばかりにて有、はヽをゑじておとヾに申、こヽのたちばなをとりてなん、まゐりつると申さんといひつれば、あはこめ(○○)をつヽみてなんくれたりといふ、

〔空穗物語〕

〈藏開下〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0809 かくてみちのくにのかみたねみがもとより、せにまんまくたてまつれり、よね(○○)はにしの御くらに三百石つまれたり、おろしてつかはる、くらはよつを三にはよねども、一にはかねなどつまれたり、

〔空穗物語〕

〈國讓中〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0809 そのくらのまへに、十一けんのひはだや有、それはおさめどのにて、よねよろづの物をおさめたり、

〔撮壤集〕

〈中/稻穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0810 米(コメ) 八木(○○)〈同〉

〔運歩色葉集〕

〈葉〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0810 八木(ハチホク)〈米名〉

〔易林本節用集〕

〈波/衣食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0810 八木(ハチホク)〈米也〉

〔書言字考節用集〕

〈六/服食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0810 八木(ハチボク)〈本朝俗謂米爲八木、支那謂松爲十八公之類也、〉

〔庭訓往來〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0810 兵粮八木、鞍替糒袋〈◯中略〉油單等雜具、心之所及奔走之、兼又定被存知歟、

〔通俗編〕

〈三十八/識餘〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0810 拆字 晉藝術傳、以肉爲内中人、清異録以粥爲雙弓米、今謂米曰八木、茶曰草木中人乃其類、

〔小右記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0810 天元五年五月十七日戊申、晩景詣室町、伊與介未八木百石解文

〔玉勝間〕

〈六〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0810 八木米を八木といふはふるきこと也、小右記の寛仁萬壽のころのところに、八木十石、八木卅石など見えたり、

〔吾妻鏡〕

〈十三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0810 建久四年十一月廿七日庚寅、永福寺藥師堂供養也、〈◯中略〉還御之後卷絹百、染絹百、宿衣一領、八木百石、送文〈於近江國沙汰云云〉等被僧正旅館

〔東大寺造立供養記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0810 同〈◯建久〉六年三月十二日、大佛殿供養也、〈◯中略〉鎌倉前右大將源朝臣〈◯頼朝〉者、當寺大檀越也、從相模國率數萬軍兵、令上洛、爲此供養也、始則以八木一萬石助成、〈◯下略〉

〔梵舜日記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0810 天正十一年正月九日、南豐軒牛甫來儀也、因幡勘左衞門女房方ヨリ、妙修十三年佛事トテ、八木壹石、料足壹貫文來也、

〔享保集成絲綸録〕

〈三十四〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0810 享保十四〈酉〉年四月一近年は八木澤山ニ有之付而、米屋共八木買置候而も不苦候、〈◯中略〉右之通、町中可觸知候也、

〔東雅〕

〈十三/穀蔬〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0811 穀モミ〈◯中略〉 民間の語に、穀をよびて菩薩(○○)といふ事あり、此語はもとこれ韓地方言に出しなり、雞林類事に、かの方言白米を漢菩薩といひ、粟を田菩薩といふとしるせり、又俗間に糠味噌といふものヽ、糠と鹽とを和して造れるを、名づけてサヽヂンといふ、是は佛經を書寫するに、菩薩の字畫を省きて、ササとしるす事あり、さればササとは菩薩の義也、ヂンとは塵といふ字の音を以て呼ぶなり、これも米を菩薩といふ事に依れるなり、

〔倭訓栞〕

〈前編二十八/保〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0811 ぼさち〈◯中略〉 俗に菜穀を菩薩といへり、遠江天龍川の上にては專ら稱す、

〔玉勝間〕

〈十四〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0811 米粒を佛法ぼさつなどいひならへる事穀物をおろそかにすまじきよしをいふ時に、米粒などを佛法といひ、東國にては菩薩といふ、これ大切にして、おろそかにすまじきよしなれば、然いふ心はいとありがたけれども、佛菩薩より尊き物はなしと心得たる心よりしかいふなれば、言はいとひがごとなり、神とこそいふべけれ、まことに穀はうへもなきものなれば、神とも神と申すべきものなり、

〔鹽尻〕

〈七十一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0811 天竺呼米粒舍利(○○)、佛舍利亦似米粒、是故曰舍利、〈秘藏記〉舍利者稻穀也、駄都者佛體也、〈慈恩上生經疏〉

〔倭名類聚抄〕

〈十七/米〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0811 米〈◯中略〉 説文曰、粒(○)〈音立、伊奈豆比(○○○○)、〉米甲也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈九/稻穀具〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0811 今俗呼古米都夫、按都比都夫一聲之轉、圓訓都夫良同語、

〔類聚名義抄〕

〈七/米〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0811 粒〈音立、イナツヒ、ツヒ、俗http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000090.gif 、〉

〔伊呂波字類抄〕

〈伊/飮食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0811 粒〈イナツヒ〉

〔日本靈異記〕

〈上/序〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0811 諾樂藥師寺沙門景戒、熟瞰世人也、〈◯中略〉欲他分己物、甚流頭於粉粟粒以啖http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4d.gif 糠、〈◯中略〉粒〈ツビ〉

〔下學集〕

〈下/草木〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0811 粒(ツブ)

〔書言字考節用集〕

〈六/服食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0812 粒(コメツブ)〈字http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001922c.gif 米顆〉 米顆(同)

〔東雅〕

〈十三/穀蔬〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0812 穀モミ 倭名鈔に、〈◯中略〉粒はイナツヒ、〈◯中略〉と見えたり、〈◯中略〉イナツヒとは、イナは稻也、ツヒは粒也、

〔和漢三才圖會〕

〈百三/穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0812 穀〈◯中略〉米〈◯中略〉 米顆謂粒 和名伊名豆比 今云古女豆布 官女呼米曰宇知末木

米品

〔易林本節用集〕

〈久/衣服〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0812 黒米(クロゴメ/○○)

〔延喜式〕

〈五/齋宮〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0812 年料供物黒米卌石〈雜供酒料〉

〔延喜式〕

〈十四/縫殿〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0812 凡染手六人、各日黒米一升五合、

〔延喜式〕

〈十六/陰陽〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0812 庭火并平野竈神祭〈坐内膳司〉神座十二前〈各六前◯中略〉 糈米烏穀各二斗

〔延喜式〕

〈十七/内匠〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0812 凡番上工卌八人、各日黒米二升、

〔延喜式〕

〈三十二/大膳〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0812 平野夏祭雜給料駈使雇夫單五十人食料、黒米人別日二升、鹽二勺、功直隨時、賀茂神祭齋院陪從等人給食料白米三斗、〈膳部等食料〉夫十五人〈京職所進〉黒米一斗八升、〈夫食料〉同祭齋院司別當已下四人食料夫四人〈京職所進〉黒米四升八合、鹽四勺八撮、醤滓四合、〈並夫食料〉

〔北山抄〕

〈七/都省雜事〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0812一上雜事〈◯中略〉年料米可黒事〈或有許、申他上、加一合精代勘納、延喜七年宣旨、〉

〔本草和名〕

〈十九/米穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0813 稻米一名稌米、〈音土〉烏米(○○)一名http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000096.gif 、〈辛http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000097.gif 反〉一名糲米(○○○○)、〈音頼、烏米耳、謂舂一斛之糲八斗之米也、已上四名出崔禹、〉和名多多與禰(○○○○○○)、

〔倭名類聚抄〕

〈十七/米〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0813 糲米 崔禹錫食經云、烏米一名糲米、〈糲音刺、和名比良之良介乃與禰(○○○○○○○○○○)〉、烏米謂一斛之糲八斗之米也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈九/稻穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0813 按比良、平也、比良之良介、謂白之最麤也、今俗呼久呂古米、〈◯中略〉本草和名引同、烏米下有耳字、按有耳字、無耳字、並不讀、恐有誤字、八斗之米亦恐八斗之http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001ac65.gif 米之脱誤、説文、粟重一http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001aa46.gif 、爲十六斗大半斗、舂爲米一斛糲、九章算術曰、粟率五十、糲米三十、烏米之名未聞、

〔九章算術〕

〈二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0813 粟米〈以御交質變易〉粟米之法〈◯註略〉 粟率五十   糲米三十

〔九章算術音義〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0813 糲米〈盧達切、麤也、凡粟五斗得糲米三斗、故粟率五十而糲率三十、〉

〔倭名類聚抄〕

〈十七/稻〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0813 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000098.gif (○) 唐韻云、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000098.gif 〈音與造同、漢語抄云、毛美與禰(○○○○)、一云加知之禰(○○○○○○)、今按本朝式等所謂爲糙者、舂稻成穀之名也、〉米穀雜也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈九/稻穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0813 按類聚名義抄亦有毛三與禰之訓、新井氏曰、毛美謂皮之稱、未皮之穀、漬之令萌、則毛美蓋萌實之義、愚謂毛美與禰、謂穗得http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 穀也、加知之禰、加知擣也、猶舂也、言擣穗獲穀也、糙即米穀雜、則知半脱穀半不穀者、以充毛美與禰、加知之禰恐不允、

〔類聚名義抄〕

〈七/米〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0813 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000098.gif 〈音造、モミヨネ、一云カチシネ、〉

〔伊呂波字類抄〕

〈毛/飮食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0813 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000098.gif 〈モミカ見于格〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000098.gif 米〈モミヨネ、又カチシネ、〉

〔朱氏談綺〕

〈下/米穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0813 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000098.gif 米〈クロコメ〉

〔東雅〕

〈十三/穀蔬〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0813 穀モミ〈◯中略〉 倭名鈔に、糙は米穀雜なり、漢語抄にモミヨネ一にカチシネといふ、今按ずるに、本朝式等所謂爲糙者舂稻成穀之名也と註せしは、モミヨネとは、モミは穀也、ヨネは米也、米穀相雜れるを云ひしなり、カチシネとは、カチは搗也、シネは稻也、稻を舂きて其穀を脱せしな り、即今俗に黒米といふもの是也、

〔倭訓栞〕

〈中編二十六/毛〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0814 もみよね 倭名抄にhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000098.gif をよめり、穀米の義、今いふ黒米なりといへり、

〔延暦交替式〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0814 太政官符、應http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000098.gif 諸國古稻事、得民部省解偁、被太政官去延暦五年三月廿八日宣偁、諸國正税、除論定公廨、并年中雜用之外、殘穎滿卅萬束、宜却正税帳、若不及者、留帳勘申者、諸國不http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000098.gif、古稻稍多、交替之日、彼此有煩、爲http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000098.gif 之時、還陳秏損、望請除年中出擧雜用之外、不束把、咸皆爲http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000098.gif 者、省宜承知、依件施行、延暦十一年十一月廿八日

〔易林本節用集〕

〈乃/食服〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0814 能米(ノウマイ/○○)

〔書言字考節用集〕

〈六/服食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0814 能米(ノウマイ) http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/000000019cfc.gif (コヽメ) 能米(同)

〔庭訓往來〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0814 能米、馬大豆、秣、糖、藁、〈◯中略〉或買貸或乞索令進候、

〔庭訓往來抄〕

〈下〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0814 能米(ノウマイ)ハ、クロ米ヲ云ナリ、

〔執政所抄〕

〈上/正月〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0814 修正事〈大治三年正月有寺家、子細沙汰可案主爲成歟、〉四日 阿彌陀堂修正事佛供料能米六石六斗 同薪直例米六斗六升 件佛供等年預成下文、以見參所司寺家、八日 法成寺金堂修正七箇夜事能米三石四斗 佛供料 薪直米三斗四升乃米拾貳石貳斗五升 七箇夕御湯漬御飯料〈加去四日阿彌陀御料豆薪直一石二斗五升〉乃米拾四石     同唐菓子料〈夜別一石加固阿彌陀堂定五合〉米拾五石八斗    土器直料十貳石御湯漬土器四千五百重直、二石八斗御明坏二百重直、〈◯中略〉 已上佛供料乃米等、榎並御庄年貢内也、將又北陸道御封例米諸國御封也、舊年ニ預成下文、下知出納等其勤也、

〔養和二年記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0815 養和二年三月十四日甲申、今日三位中將殿、御祈料能米五石請取了、飢饉年無懈怠下行之條、偏諸佛諸神御沙汰也、

〔易林本節用集〕

〈波/衣食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0815 粕米(ハクマイ/○○)

〔書言字考節用集〕

〈六/服食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0815 白米(ハクマイ)〈又云精米〉

〔延喜式〕

〈一/四時祭〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0815 鳴雷神祭一座白米五斗、糯米二斗、大豆小豆各一斗、春日神四座祭醸神酒并駈使等食料〈前祭請之〉黒米四石、〈◯中略〉白米三斗六升、〈◯中略〉右祭料依前件、春二月、冬十一月上申日祭之、〈◯中略〉物忌一人食、日白米一升二合、鹽一勺二撮、預神部二人、別日白米一升六合、鹽一勺六撮、仕丁二人、〈常陸國鹿島神封仕丁〉別日黒米二升、鹽二勺、

〔延喜式〕

〈十五/内藏〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0815 雜染藍染綾一百疋、〈◯中略〉白米九斛六斗、〈命婦以下料〉黒米七斛二斗、〈仕丁料〉雜作手卅三人 造御櫛手二人、〈◯中略〉冬日黒米二升、仕丁五十一人、日米二升、

〔延喜式〕

〈三十六/主殿〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0815 供奉年料〈中宮准之〉泔料白米月別二斗

〔北山抄〕

〈七/都省雜事〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0815内印雜事下諸國符充民部省主計主税寮等官人以下食料白米事、

〔執政所抄〕

〈上/二月〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0816 根本中堂三番頭事〈二日被上也〉佛供白米十石件白米御庄年貢也、將又北陸道御封也、年預下家司成下文、出納等兼日舂精遣之、

〔東大寺正倉院文書〕

〈三十七〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0816 紀伊國天平二年大税帳紀伊國司解 申天平二年收納大税并神税事合七郡天平元年定大税稻穀肆萬伍仟貳伯捌拾漆斛貳斗參升伍合〈◯中略〉雜用捌阡陸拾束年料白米參伯漆拾壹斛肆斗料漆阡肆伯貳拾捌束

〔東大寺正倉院文書〕

〈十五〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0816 尾張國天平六年正税帳尾張國司解 申收納天平六年〈◯以下數字虫損〉合八郡天平五年定穀貳拾伍萬捌阡肆伯肆拾斛壹斗捌升壹合〈◯中略〉年料舂白米漆伯肆拾壹斛 充穎稻壹萬肆阡捌伯貳拾束大炊寮酒料赤米貳伯伍拾玖斛 充穎稻伍阡壹伯捌拾束

〔東大寺要録〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0816養東大寺盧舍那大佛記文貞觀三年歳次辛巳春三月十四日戊子行大會事〈◯中略〉一僧供 導師一人供料 白米二斗〈一斗飯料一斗http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001f6ca.gif 餅料〉 粮米一斗八升〈餅料〉

〔空穗物語〕

〈俊蔭〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0816 うばいとつかいいよきてづくりのはりの、みヽいとあきらかなるに、しなのヽはつりをいとよきほどにすげて、お〈◯お原脱、今據一本補、〉うなのきぬにぬひつくとみ給へし、それだにいかがはべるだに、それにかヽりてこそは、いきめくらひ侍れ、たちぬる月にもおもとの、御ことの給かたらはむとて、まかりたりしかば、しろきよね(○○○○○)三斗いつます、たち〈◯たち原作かち、今據一本攺、〉かたななど〈◯な〉 〈ど原作なす、今據一本改、〉くれて侍りしをこそは、とかくにし侍しか、

〔吾妻鏡〕

〈四十二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0817 建長四年三月十九日癸卯、今曉三品親王〈◯宗尊〉關東御下向也、〈◯中略〉午剋著御于野路驛、〈◯中略〉御雜事米卅石、白米二石、〈宣旨斗定◯中略〉贄殿入物、〈上白米三斗、宣旨斗、◯中略〉入夜著御于鏡宿、佐々木壹岐前司泰綱儲雜事云云、〈◯中略〉御雜事能米卅石、白米二石、〈宣旨斗定◯中略〉 贄殿入物〈上白米◯下略〉

〔伊呂波字類抄〕

〈志/疊字〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0817 麞牙(○○)

〔易林本節用集〕

〈之/食服〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0817 麞牙(シヤウガ)〈米名〉

〔書言字考節用集〕

〈六/服食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0817 麞牙(シヤウガ/シラゲ)〈白米似麞牙、故云爾、〉

〔倭訓栞〕

〈後編九/志〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0817 しやうが〈◯中略〉 麞牙は東鑑に見えたり、米の事也といへり、

〔玉造小町子壯衰書〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0817 女答予曰、吾是倡家之子、良室之女〈一作娘〉焉、壯時憍慢最甚、衰日愁歎猶深、齡未二八之員、名殆兼三千之列、〈◯中略〉衣非蝉翼著、食非麞牙飡、

〔南畝莠言〕

〈上〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0817 よく精たる米を麞牙といふ、今俗にも猿の牙のごとき米などヽいへり、按ずるに、日本紀略花山院寛和元年三月十八日の紀に、施以麞牙百斗、又明月記源平盛衰記等にもみえたり、

〔白氏長慶集〕

〈十六/律詩〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0817 官舍閑題職散優閑地、身慵老大時、送春唯有酒、銷日不棊、祿米麞(○)〈士良切〉牙(○)稻、園蔬鴨脚葵、飽餐仍晏起、餘暇弄龜兒、〈龜兒即小姪名〉

〔日本紀略〕

〈八/花山〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0817 寛和元年三月十八日壬戌、少納言外記等、參會六波羅密寺、修善根、施以麞牙百斗

〔吾妻鏡〕

〈六〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0818 文治二年正月廿一日庚子、法皇〈◯後白河〉今年六十御寶算也、仍可御賀之旨、爲申行之、上絹三百疋、國絹五百疋、麞牙等、〈◯中略〉所上京都也、 六月一日丁未、今年國力凋弊、人民殆泥東作業、二品令憐愍給之餘、仰三浦介、中村庄司等、相模國中爲宗百姓等、給麞牙、〈人別一斗云云〉

〔新撰字鏡〕

〈米〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0818 粺(○)〈傍卦反、去、與禰志良久(○○○○○)、〉 粳http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000099.gif 〈同、柯彭反、饘、志良介米(○○○○)、〉

〔眞本新撰字鏡〕

〈十二/諸食物調饌〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0818 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000100.gif 米〈米志良久〉 精http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000101.gifhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000102.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000103.gif http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000104.gifhttp://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/ra0000016679.gif 〈八字米志良久〉

〔倭名類聚抄〕

〈十七/米〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0818 粺米 楊氏漢語抄云、粺米〈粺音傍卦反、去聲之輕、與把同、和名志良介與禰、〉精米也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈九/稻穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0818 按之良介與禰、謂白米也、今俗呼下白米、之良介、舂米令白之義、新撰字鏡、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000105.gif 舂也、治米也、志良久、〈◯中略〉按九章算術云、糲米三十、粺米二十七、謂舂糲三斗得粺米二斗七升也、五曹算經同、説文、粺http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/000000019cfc.gif 也、又云、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/ra0000016679.gif 米一斛舂爲九斗也、今本説文九斗誤八斗、鄭玄詩箋、糲十粺九、亦謂是也、

〔伊呂波字類抄〕

〈志/飮食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0818 粺〈シラケヨネ精米〉 精〈同〉

〔書言字考節用集〕

〈六/服食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0818 粺米(シラゲ)〈順和名、精米也、〉 精米(同) 白米(同)

〔九章算術〕

〈二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0818 粟米〈以御交質變易〉粟米之法〈◯註略〉 粟率五十〈◯中略〉  粺米二十七

〔九章算術音義〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0818 粺米〈傍卦切、精於糲也、凡粟五斗得粺米二斗七升、故粟率五十而粺率二十七、詩曰、彼疏斯粺、鄭康成注云、米之率糲十、粺九、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001ac65.gif 八、侍御七、〉

〔倭名類聚抄〕

〈十七/米〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0818 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001ac65.gif 米(○○) 唐韻云、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001ac65.gif 〈贓洛反、與作同、楊氏漢語抄云、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001ac65.gif 米萬之良介乃與禰(○○○○○○○)、〉精細米也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈九/稻穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0818 按末之良介乃與禰、眞精米也、謂最令白之米也、今俗呼上白米者是也、

〔東雅〕

〈十三/穀蔬〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0818 穀モミ 倭名鈔に、〈◯中略〉漢語抄に、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001ac65.gif 米はマシラケノヨネ、精細米也、粺米はシラケヨネ、精米也といふ、烏米一名糲米は、ヒラシラケノヨネといふと註せしは、シラケとは精也、〈シラとは白也、ケは詞助也、〉マといふは眞也、精なるをいひ、又次ぐをヒラといふ、ヒラとは猶平等といふが如し、尋常の 如くなるをいふ也、

〔段注説文解字〕

〈七上/http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/000000019cfc.gif

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0819 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000106.gif 、糲米、一斛舂爲八斗http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001ac65.gif 〈此糲米亦兼粟米稻米言也、詩生民召旻音義、左傳桓二年音義、皆引字林http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001ac65.gif 子沃反、糲米一斛舂爲八斗也、與九章算術、毛詩鄭箋皆合、然則許在張蒼之後鄭呂之前斷無乖異、各本八斗譌九斗、繆誤顯然、經傳多叚鑿爲http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001ac65.gif 、〉从http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/000000019cfc.gif 丵省聲、〈鍇有省字今依之、篆體減一畫、則各切、古音在二部、〉

〔九章算術〕

〈二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0819 粟米〈以御交質變易〉粟米之法〈凡此諸率、相與大通、其特相求、各如本率、可約者約之、別術然也、〉 粟率五十〈◯中略〉  http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001ac65.gif 米二十四

〔九章算術音義〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0819 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001ac65.gif 米〈音作、精於粺也、凡粟五斗得http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001ac65.gif 米二斗四升、故粟率二十四、春秋左氏傳曰、粢食不http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001ac65.gif 、俗作鑿〉

〔倭名類聚抄〕

〈十七/米〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0819 米〈◯中略〉 唐韻云糏(○)〈先結反、漢語抄云、古米佐木(○○○○)、一云阿良毛止(○○○○)、〉米麥破也、

〔伊呂波字類抄〕

〈古/飮食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0819 糏〈コメサキ、アラモト、米麥破也、〉

〔和爾雅〕

〈六/米穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0819 米粞(クタケゴメ)〈碎米也〉 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/S01000000107.gif (コメノスリクス)〈米屑也〉

〔書言字考節用集〕

〈六/服食〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0819 糏(アラ)〈米糏麥糏〉

〔和漢三才圖會〕

〈百三/穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0819 穀〈◯中略〉米〈◯中略〉 米麥破者曰糏、〈和名古女佐木、一云阿良毛土、〉俗云小米(○○○○)、

〔東雅〕

〈十三/穀蔬〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0819 穀モミ 倭名鈔に、〈◯中略〉糏は米麥破也、漢語抄にコメサキ、一にアラモトと註せしは、〈◯中略〉コメサキとは、コメはヨネの轉語にて則米也、サキは裂也、其碎け裂けしを云ふ也、即今俗に粉米(ココメ)といふ者是也、アラモトの義は未詳、

〔本草和名〕

〈十九/米穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0819 陳廩米(○○○)〈陶景注曰、入倉陳赤者也、〉一名粢、〈稷米在廩爲粢音咨、〉http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001ac64.gif 米、〈解工反、陳者紅臰之米名曰紅米、已上出崔禹、〉和名布留岐與禰(○○○○○)、

〔類聚名義抄〕

〈七/米〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0819 http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001ac64.gif 〈音紅、陳臭米、〉

〔宜禁本草〕

〈乾/五穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0819 陳倉米 軍倉中陳赤者、用醸醋妙、鹹酸温、下氣除煩渇、調胃止泄痢、補中益氣、〈熱冷〉食即〈熱冷〉、衍義曰、陳者性冷、頻食自利、與經所http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 説稍戻、煮亦無膏、

〔和漢三才圖會〕

〈百三/穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0819 陳倉米 陳廩米 老米 火米 〈俗云大比禰古米〉 本綱、久入倉陳赤者名陳倉米、有火蒸治成者、有火燒治成者、故名火米、北人多用粟、南人多用稉及秈、年久者性凉、下氣除煩渇、調胃止洩、治霍亂大渇、按陳倉米用十年以上者、疫痢禁口痢、及止嘔吐、藥中入用、然倉米値四五月濕熱、多蛀蠹穿孔、俗稱宇登、凡陳臭米曰http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001ac64.gif 、〈粠同〉貯官庫兵粮者、浸黄栢汁蒸治之、經數百年亦如新、凡新米爲飯不殖、其味厚美、病人食之消化遲、惟堪粥、陳米飯多殖味淡、病人食亦易化、

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈十七/造醸〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0820 陳廩米 フルゴメ ヒネゴメ 一名老米〈長松ノ附方〉 老陳米〈食物本艸〉 黄倉米〈附方〉 廩〈康熙字典〉年久シク倉廩ニ貯ヘ置タル米ナリ、糠ヲ去ラザル時ハ、數十年モ貯フベシ、久シキ時ハ漸ク黄色ヲ帶ブ、

〔倭名類聚抄〕

〈十七/米〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0820 糄米(○○) 唐韻云、糄〈音與篇同、今按俗云燒米、夜木古女(○○○○)、可糄米二字、〉燒稻爲米也、孫愐切韻云、糄〈方典反〉新粳燒而舂之得米也、

〔箋注倭名類聚抄〕

〈九/稻穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0820 按説文無糄字、古蓋用扁字、造糄、以新穀未秠者熬過、舂之令扁、簸去麤糠也、

〔食物知新〕

〈一/穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0820 糄米〈切韻〉釋名、燒米(ヤキコメ)〈和名〉孫愐切韻云、糄方典切、新米燒而舂之得米也、制作和漢一也、以名燒米、氣味、甘温無毒、〈又曰難消〉主治、益氣力精、糄米不本草、但注穎曰、新米不人動風氣云々、蓋糄米乃取未熟者、少炒舂之生食、非善食、不以食脾胃虚弱及小兒病人

〔名物六帖補〕

〈三/飮膳〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0820 燋米(ヤケコメ/○○)

〔重修本草綱目啓蒙〕

〈十七/麻麥稻〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0820 粳 増、〈◯中略〉ヤケゴメト名クル者アリ、城趾ニ多シ、黒色ニシテ焦米ノ如シ、和州信貴山、奧州二本松ノ長者倉、阿州一宮長門守成祐墟、上總萬木ノ墟等ニアリ、漢名黒米ト云、秋灯叢話云、康熙甲子、武昌郡廣福坊堀地得黒米數十斛、堅如石、炒研爲末、治膈證神、傳爲僞漢陳友諒積粟所、格致鏡原引伽藍記云、西方佛沙伏國有昔尸毘王倉庫、爲火所燒、其粳米焦、然於今猶在、若服一粒永無瘧患、彼國人民須以爲藥ト云ヘリ、

米産地

〔毛吹草〕

〈三〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0821 山城 山城米  大和 山邊米  河内 石戸米  近江 膳所米  出羽 庄内米  播磨 龍野米  備前 石戸米  伊豫 一本瀬米

〔本朝食鑑〕

〈一/穀〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0821 稻米之赤白紫烏堅鬆大小香臭不同、而以白堅大上、以赤紫烏鬆小次、香臭最下品也、故五畿濃尾之米爲本邦第一、其土肥沃豐饒、他國不相及、近紀勢播四國中國九州次之、其中肥前日向海西之南境、地和暖、土潤沃、而米肥白堅大、此亦九州之最、故肥有一年再熟之稻、而其穭(ヒツチ)漸爲民間之食、亦是不五畿濃尾之米也、隅薩對馬之米、赤烏小鬆之類而最惡矣、參遠次于尾陽、其米雖堅實而不肥大、駿豆亦次之、自相武關東諸州、亦不駿豆、其中陸奧之土地雖豐饒廣遠、而不粘堅、米亦雖白潤肥大而不堅實、然賦税多以賑江東、故江都米穀之貴賤、悉據奧之豐凶也、丹波丹後但美、若者京師之山北、其土地雖稍美、不江紀播乎、能賀三越飛信甲、亦北邊山鄙之瘠土、米穀粗惡價亦卑賤也、於兹可本邦諸州米穀之大槩若http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 斯而已、

〔雍州府志〕

〈六/土産〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0821 米穀 近江http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/000000018041.gif 波播磨之所産爲宜、自所々齎來於京師米店之、

〔續古事談〕

〈二/臣節〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0821 宇治殿〈◯藤原頼通〉平等院ツクリテ庄園ヨセラレケルトキ、所々ノ米ヲスコシヅヽ、ナガビツノフタニ、スナゴノヤウニ、マキナラベテ、ソノ上ニチヒサキフダヲツクリテタテヽ、ソノ所ノヨネトカキテ、モチテマイリテ、御覽ゼサセケルニ、河内國玉櫛ノ庄(○○○○○○○)ノ米一ニヨカリケリ、

〔新猿樂記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0822 四郞君受領郞等刺史執鞭之圖也、〈◯中略〉宅常擔集諸國土産、貯甚豐也、所謂〈◯中略〉尾張(/○○)秬(コメ/○)〈◯中略〉鎭西(ツクシ/○○)米(/○)等、

〔拾遺和歌集〕

〈七/物名〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0822 おはりこめ(○○○○○) すけみ池をはりこめたる水のおほかればいひのくちよりあまるなるべし

〔張州府志〕

〈二十三/海東郡〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0822 土産 戸田米 出戸田村古今以尾張米、爲日本第一、就中戸田米、充邦君供御、故擅其名

〔一話一言〕

〈三十一〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0822 諸家深秘録抄御當家御代々諸事始之事一寛永九年ヨリ奧州仙臺(○○○○)ノ米穀始テ江戸へ廻ル、故ニ今江戸三分ノ二ハ、奧州米ノ由、其比仙臺ニテハ、米ノ値段金壹兩ニ七石四斗程仕リシト也、但今程ハ金壹兩ニ貳石四斗程ノ由也、

〔本朝世事談綺〕

〈五/雜事〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0822 仙臺米奧州米江戸入津の始は、寛永九年なり、これ年々おこたらず來ると、諸家深秘録にみえたり、

〔雲州消息〕

〈中末〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0822 宮御封米事右如仰早可下遣之由可遣綱丁所、他國米糠粃相交云々、此國〈◯伊豫〉之米殊加精好、〈◯中略〉即日 伊豫守藤原

米賣買

〔延喜式〕

〈四十二/東西市〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0822 米㢆(○○)〈◯中略〉 右五十一㢆東市米㢆〈◯中略〉 右卅三㢆西市

〔延喜式〕

〈五十/雜〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0822 凡王臣家、及諸商人船、許入太宰郡内、但不此擾勞百姓、及糴(○)米(○)買http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4d.gif 馬、若有違者、依法科罪、

〔東寺執行日記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0822 元徳二年五月二十日、洛中米穀和市(○○○○)之事、右穀者民之天、國之本也、頃年豐饒之處、近 日依和市之不定、有衆庶之飢饉云々、太不然、所詮新穀出現之程、任弘安之例、以宣旨一斗錢百文交易者也、今度之此難不弘安例、以寛宥之儀此所下定也、於違犯之輩者、可嚴衆議候也、

〔東寺百合古文書〕

〈三十二〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0823 米和市事四石七斗三升七合〈小斗定和市百文別六升充〉 代七貫八百九十文〈三百九十文相違〉已上上使納分同注進分一代官注進和市事米四石七斗三升七合〈小斗定和市百文別一斗一升八合歟〉 代四貫二十九文〈三貫八百六十一文相違〉已上米分〈◯下町〉

〔下古京町々所藏古文書〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0823 精撰追加條々一以八木賣買停止之事〈◯中略〉永祿十二年三月十六日 彈正忠〈朱印〉

〔集古文書〕

〈三十二/下知状〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0823 天正十二年下知状〈所藏不詳〉米之坐事、脇賣於猥者、前々より今以如有來、可成敗之状如件、天正十二年四月七日米之座中(上下京)

〔七十一番歌合〕

〈中〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0823 卅五番 左 米賣(○○)山陰や木の下やみのくろ米の月出てこそしらげ初けれ戀せじと神の御前にぬかづきてさんくの米の打はらふ哉◯按ズルニ、米賣買ノ事ハ、産業部商業篇ニ詳ナリ、參看スベシ、

米雜載

〔釋日本紀〕

〈八/述義〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0824 日向國風土記曰、臼杵郡内知鋪郷、天津彦火瓊瓊杵尊、天降於日向之高千穗二上峯時、天暗冥晝夜不別、人物共通、物也難別、於玆有土蜘蛛、名曰大鉗、小鉗、二人奏言、皇孫尊以御手稻千穗籾、投散四方、必得開晴、于時如大鉗等所http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 奏、搓千穗稻籾投散、即天開晴、日月照光、因曰高千穗二上峯、後人改號智鋪

〔延喜式〕

〈八/祝詞〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0824 大殿祭〈◯中略〉屋船久々遲命、〈是木靈也〉屋船豐宇氣姫命〈登、是稻靈也、俗詞宇賀能美多麻、今世産屋、以辟木束稻於戸邊、乃以米散屋中之類也、〉御名〈乎波〉奉稱〈利氐、〉皇御孫命〈乃〉御世〈乎〉、堅磐常磐〈爾〉奉護〈利、◯下略〉

〔倭訓栞〕

〈前編四/宇〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0824 うちまき(○○○○) 散米をいふ、大殿祭の祝詞の註に、今世産屋、以辟木束稻於戸邊、乃以米散屋中といひ、四時祭式の大殿祭條に、御巫等散米、酒、切木綿、殿内四角退出と見えたり、辟木は、屋船久々能遲命、是木靈也にあたる、束稻は、屋船豐宇氣姫是稻靈也にあたる、散米は、新嘗に枉津日神の入來らんを饗和して去らすため也、もと天孫日向高千穗の峯に天降りたまひし時より事起れる事、日向風土記に見えたり、産屋の打撒の事は、紫女日記に見え、客忤の打撒の事は、源氏物語に見えたり、

〔政事要略〕

〈二十六/年中行事〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0824 同日〈◯十一月中丑日〉宮内省奏御宅田稻數事同氏〈◯多米宿禰〉系圖云、志賀高穴太宮御宇若帶天皇〈◯成務〉御世、小長田命以米入大籠、而獻天皇也、因改命宗多米連姓

〔本朝世紀〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0824 長保元年三月七日庚申、午後左大臣、内大臣、著左仗座、召神祇官并陰陽寮仰云、駿河國言上解文云、日者不字御山燒由、何祟者、即卜申云、若恠所有兵革疾疫事歟者、此間、太宰府貢上雨米(○○)一http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001dec1.gif 、涌出油一瓶等奏聞、即上卿覽了、下給辨官文殿已了、其解文曰、太宰府解 申請官裁事 言上異端状管豐前國京都郡雨米事副進彼國解文一枚 同國京都〈◯都下恐脱郡字〉解文一枚彌勒寺講師長祐牒状一枚 雨米一裹〈◯中略〉長徳五年正月一日               正六位上行大典酒井宿禰

〔百練抄〕

〈四/一條〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0825 長保元年三月八日、太宰府進雨米一裹、令諸道勘申

〔兎園小説〕

〈七/集〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0825 松前大福米いにしへより仁人義士貞婦孝子の天感によりて、或は米穀或は錢帛の、不慮にその家に涌出せし事、和漢にためし少からねど、正しく國史に載せられしは、書紀天智紀云、三年冬十二月、淡海國言、坂田郡人小竹田身之猪槽水中、自然稻生、〈◯中略〉これらは遠く見ぬ世の事にて、いと疑はしく思ひしに、近ごろ松前の藩中に、よくこれと似たる事あり、その由來を傳へ聞くに、寛永十七年春二月廿二日、松前の家臣蠣崎主殿友廣の家に、米數升涌き出でけり、是よりして或は一升或は二升、日々に涌出せずといふことなし、かくてこの年の夏四月下旬に至りて、その事やうやくやみしかば、友廣あやしみ且祝して、大福米と名づけつヽ、主君公廣朝臣に進上して、ことのよしをまうしヽかば、人みな驚嘆せざるはなし、主君すなはちその米數斗を受けとらして、一箇の瓶にこれを納め、又その事を略記せしめて、倉廩中に藏め給ひ、その餘の米は、皆こと〴〵く友廣に取らせ給ひぬ、これより後の世に至り、不慮にその瓶をひらかせて、その米を見給ふに、絶えて蟲ばみ朽つることなく、且遠からずゆくりなき吉事ある事もありけり、かヽりし程に、當主章廣朝臣〈公廣朝臣より八世歟〉家督の後、文化四年春三月廿二、日ゆくりなく松前の采地を召しはなされて、奧の伊達郡 簗川へ移され給ひしとき、彼大福米をも簗川へ運送せしめ給ひしに、その米は近きころ迄、もとのまヽにてありけるに、このとき見れば、蟲ばみ朽ちて、米粉(コヾメ)の如くになりしもの、既になかばに及びしかば、その朽ちたるを篩ひ袪て、そのまたき米をのみふたヽび瓶に納めさせて、簗川におかせ給ひき、かくて文政元年の冬十一月廿一日、松前家の勘定新役の者、倉廩中なる米穀を展撿することあるにより、大福米の瓶を見て、未だその事をしらず、則これを主公に訴ふ、主君云々と説き示させて、封をきらせて見給ふに、曩に篩ひわけしより、十年にあまれども、一粒も損ずることなく、あまつさへいたく殖えまして、瓶七八分目になりにたるを、章廣朝臣見そなはして、且驚き且悦び、次の年の春のはじめに、その米を幾合か簗川より齎らして、老父君道廣朝臣へ云々と告げ給へば、老侯怡々斜ならず、昔よりして大福米の瓶の封皮をゆくりなく披く事あるときは、吉事ありとか傳へ聞きたり、しかるに吾家舊領にはなれし時、この米過半減少せしに、今又殖えしは、故こそあらめ、賀すべし〳〵と宣ひし、そのよろこびの餘りにや、このころあわたヾしく使者を以て、己が父にその米一包を贈り給はり、この米は箇様にと、その來歴を示させて、件の瓶に附けおかれし舊記録、おちもなく寫しとらして給はりければ、家嚴しきりに嘆賞して、かヽれば今より遠からず大吉事あらせ給はん、いにしへもさるためしあり、その事どもは云々と、則上に録したる天智紀をはじめとして、和漢の故事を抄録しつヽ、をさ〳〵ことほぎまゐらせし、これよりの後わづかに三稔、文政四年の冬十二月七日に至りて、かのおん家にゆくりなく、こよなき大吉事あり、松前の舊領を元のごとくに返させ給ふ台命を蒙り給ひて、おなじき五年四月十五日に、志州章廣朝臣父子〈是より先に嫡男千之助殿任官あり、主計頭になられたり、〉もろともに歸國の御暇を給はりて、同月廿八日に、江戸の邸を發駕あり、既にして五月下旬に、松前の城に著き給へば、君臣上下おしなべて、みなとし來の愁眉を開きて、笑坪に入らずといふものなし、これに依りて大福米をも、又松前へ 運送せしめて、舊所の倉に藏めらる、この時にして事毎に、公私となく大小となく、慶祥すべてあまりあり、かの大福米の名の、むなしからぬも奇といふべし、〈◯中略〉文政八年七月朔 琴嶺瀧澤興繼謹誌

稻雜載

〔令義解〕

〈三/田〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0827 凡官田應丁之處、毎年宮内省、預准來年所種色目、及町段多少、依式料功、申官支配、〈謂色目者、稻白黒爲色也、稻名爲目也、〉

〔令義解〕

〈八/廐牧〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0827 凡廐、〈◯中略〉日給細馬、粟一升、稻三升、〈謂稻者半糠米、故稱升也、〉豆二升、鹽二勺、中馬、稻若豆二升、鹽一勺、駑馬稻一升

〔延喜式〕

〈五/齋宮〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0827 凡諸國送納調庸、并請受京庫雜物、積貯寮庫配雜用、〈◯中略〉馬秣稻百廿束、〈太神宮司所充、三時祭別卌束、〉

〔日本書紀〕

〈十五/顯宗〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0827 二年、是時天下安平、民無徭役、歳比登稔、百姓殷富、稻斛銀錢一文、牛馬被野、

〔日本書紀〕

〈二十四/皇極〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0827 元年五月丁丑、熟稻見、

〔日本書紀〕

〈二十七/天智〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0827 三年十二月、是月淡海國言、坂田郡人小竹田史身之猪槽水中、忽然稻生、身取而收、日々到富、栗太郡人磐城村主殷之新婦床席頭端、一宿之間、稻生而穗、其旦垂穎而熟、明日之夜更生一穗、新婦出庭、兩箇鑰匙自天落前、婦取而與殷、殷得始富

〔扶桑略記〕

〈五/天武〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0827 七年三月、因幡國貢稻一莖中有八千粒

〔日本書紀〕

〈二十九/天武〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0827 七年九月、忍海造能麻呂、獻瑞稻五莖、毎莖有枝、由是徒罪以下悉赦之、 八年、是年〈◯中略〉因幡國貢瑞稻、毎莖有枝、

〔續日本紀〕

〈一/文武〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0827 元年九月丙申、京人大神大網造百足家生嘉稻

〔三代實録〕

〈三/清和〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0827 貞觀元年十月廿八日庚戌、上野國獻嘉禾一莖三十穗、兩岐稻一莖九穗

〔春波樓筆記〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0827 吾日本、米穀を以て食の第一とす、世界の諸邦此の米かつてなし、五十度外にしては、 牛肉を以て上食とし、其の餘は麥、粟、稗を以てす、人の生命食にあり、吾國の米穀味甘くして淡く、膏油あつて身體を潤す、また酒に造りて美味、他邦米ありとも、日本米の如くならず、酒に造りて夏月腐り、味を變ず、故に燒酒とす、味辛し、糯米亦他になし、支那月餅(ヱペイ)と云ふ者あり、八月十五夜に造る餅なり、予〈◯司馬江漢〉長崎に遊ぶ時、之を喰するに餅にあらず、今云ふ落鴈の如し、米の粉を熬りてつぐねたる物なり、吾國の如く糯米なき事知るべし、又曰く、天竺赤道に近き諸島、サーゴボームと云ふ樹の皮を製して黍の如し、之をサゴ米と云ふ、其の餘麥を以て食とす、吾國の禁にして他邦に船を出ださず、故に他國の事を知る者鮮し、吾等蘭學を以て之を知る、余江漢曰く、〈◯中略〉山中米なき地、病者あれば、米を以て藥とす、效驗あり、都會の人常食とす、

〔傍廂〕

〈後篇〉

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0828 無病長壽の靈藥食料の最第一にて、不死の靈藥の長たる物は米なり、人々一日に三度食ふ故に、たヾ飢渇をしのぐ爲のみと思ふは、大なる誤なり、第一は、http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/000000017140.gif を凌ぎ、氣根を強くし、腎精をまし、力量をそへ、手足を健にし、いきほひ盛なるは米のよき故なり、皇朝人の長壽にて武勇勝れたるも、異國人の短命にて非力なるも、米のよしあし、諸の食料なべての藥品などは、このかたはしにも及ばず、酒菓子すべての物、飯の上にいづることあたはず、何れも十日、廿日、一年、二年なしとて、一命にかヽはらず、米食は半日くはざれば、氣力おとろへ、一日くはざれば、大病の如く、三日くはざれば、死人のごとくなり、いと尊き靈藥にてぞありける、

〔黍稷稻粱辨〕

http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/SearchPage.png p.0828 蓋中華之地、江北少稻、故貴賎常食黍稷之雜穀、又或雜之以彫菰薏苡之類、而給食之不http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 及也、江南常食稻米、貴賤共不麥粟也、古者江南爲中國之外、而其中國之人、賤者不稻米、唯天子有稻人稻田使者之官、掌於祭祀禮食耳、〈◯註略〉論語曰、食夫稻夫錦、於汝安乎、以稻對錦、且三年不食者、則佳品珍膳而非常食也、〈◯註略〉朱氏詩集傳曰、稻即今南方所食稻米也、可見稻者南 方貴賤常食也、上古以來至李唐五季、北方此物至少、平民不常食也、鄂爾泰授時通考載丘瓊山言曰、宋太宗詔江南之民諸穀、江北之民種秔稻、又眞宗朝取占城稻種、散諸民間、今世江南之民皆雜蒔諸穀、江北之民、亦兼種秔稻、昔之秔稻惟秋一收、今又有早禾焉、二帝之功利、及民遠矣、然則趙宋以前、北方之王公士民、皆以黍稷常食、而以稻爲佳品珍膳而已、本草謂、稻即人所常食者、李時珍者産于南方、而不北方以是爲珍膳也、夫北方則皆以粟爲民命、故稷總稱禾、又稱穀也、即指粟而已堯舜時棄爲田正、稱曰后稷者、粟雖下品、以民之常食而命之所http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 頼也、且古五穀不遍祭、以稷該之者、亦此義也、説文以稷爲五穀之長者、其義本于此、近讀張習孔雲谷臥餘、而益知北方以粟麥常食、而稻米至少也、曰嘗疑孔子食稻衣錦之言、謂居喪固不華美、豈能絶粒不食乎、蓋予江南人無貧富貴賤、皆飯粳米、後歴抵北土、始知民間皆飯粟麥、惟貴者方http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/00000001bcd2.gif 粳米http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4d.gif 飯、故孔子以稻對錦而言也、且春秋時漕運未通、稻米尤爲得、由此觀之、則古之中國無稻米、斷然而可知也、宋應星天工開物曰、凡穀無定名、百穀指成數言、五穀則麻菽麥稷黍、獨遺稻者、以著書聖賢起西北也、此亦道中國之無http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 稻也、可以并見吾之言有http://ys.nichibun.ac.jp/kojiruien/image/gaiji/7f000003ac4a.gif 證焉、右辨中國無稻米一條


Last-modified: 2019-03-15 (金) 09:48:59 (390d)